searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

みーやんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
たーさん&みーやんお気楽通信 写真部
ブログURL
http://tamifotografia.blog22.fc2.com/
ブログ紹介文
台湾や香港(最近は台湾ばっかり)、国内旅行にちょこちょこ出かけた時の記録を主に載せています。レトロ建築やマンホールを探すのも大好きです。
更新頻度(1年)

191回 / 314日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2019/10/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みーやんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みーやんさん
ブログタイトル
たーさん&みーやんお気楽通信 写真部
更新頻度
191回 / 314日(平均4.3回/週)
読者になる
たーさん&みーやんお気楽通信 写真部

みーやんさんの新着記事

1件〜30件

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその52 何厝風獅爺A

    中蘭風獅爺から離れること約1.8km、何斗村の保安殿という御廟の近くに何厝の2尊の風獅爺の内のひとつがあります立派な台の上に安置されていますね~背の高さは40cmくらいと小さめ、座った姿勢の雌の風獅爺です大きな目がとても特徴的ですね赤いマントを身に着けていますにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその51 中蘭風獅爺

    下蘭風獅爺の少し先、何斗村中蘭の環島北路三段沿いに中蘭風獅爺がありますとあるトーチカの上に祀られていました背の高さは70cmあるかないかくらい、しゃがんだ姿勢の雌の石像です全体が青い色で塗られていて、お腹の部分が黄色と赤の縞模様になっています顔の表情がとってもユーモラスですね~きれいな赤いマントを羽織っていますトーチカの上からの目線で見た風景別の日にここで珍しい光景を見ました風獅爺のマントを交換してい...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその50 下蘭風獅爺

    頂蘭風獅爺からほど近く、とある民家の庭の中に下蘭風獅爺がありました庭の一角に台が設置されていました背の高さは1mくらい、座った姿勢の雄の石像です全体が青い色で塗られていますちょっとユーモラスな表情をしていますね~手には令旗を持っています令旗の旗(qí)という字の音が祈(qí)と同じで、平和を祈念していることを表しているそうですこの村では結婚式の当日、新郎新婦は必ず風獅爺の前に詣で、礼拝をする習慣がある...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその49 頂蘭風獅爺

    后沙風獅爺から離れること約3km、頂蘭村にある象山金剛寺の中に風獅爺があります大きな象の像が門のところにいました寺内の一角に設置されていました背の高さは90㎝くらい、座った姿勢の石像です昔は寺内の花壇に放置されていたようですが、2013年に現在の場所に安置し直されました赤いマントを羽織っていますにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその48 后沙風獅爺

    后盤山風獅爺から走ること約2㎞のところに后沙風獅爺があります背の高さは1.8mくらいの座った姿勢の雄の石像です手には令旗を持っています后沙風獅爺にはとある伝説があります現在の浦邊・后宅・洋山・呂厝・劉澳・長福里の6集落が共同で祀る鴬山廟という御廟がありましたその対面に后沙集落があり、村の災いを鎮めるために風獅爺を建てました後にこの風獅爺とのバランスを保つために、6集落の住民が鴬山廟の前に石将軍の像を建て...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその47 后盤山風獅爺

    風獅爺探しの旅、3日目のスタートです住所が711の7-ELEVEN金寧門市から少し走ったところに后盤山風獅爺があります背の高さは2mくらい。座った姿勢の雄の塑像です手には令旗を持っています令旗の旗(qí)という字の音が祈(qí)と同じで、平和を祈念していることを表しているそうです全体的に平べったい造りになっていますこの像は木を組んだところに石を積んで、その上から石灰ともち米を混ぜたものを塗り付けて作られているそうで...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその46 官裡風獅爺

    昔果山風獅爺から約4km、小西門模範厠の少し先のところにも風獅爺があります青い立った姿勢の雄の塑像で、背の高さは1.5mくらい元の風獅爺は1912年に設置されたのですが破損がひどくなったため、2007年に修繕されました胸には吉祥紋の梅花の中国結びがありますね~手足に甲冑のような装飾がなされていますたてがみが凄いですにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその45 昔果山風獅爺

    后湖風獅爺からバイクで走ること約2.5kmで次の風獅爺に到着です青い色の立った姿勢の雄の塑像で、背の高さは1.5mくらいありました大きな耳が特徴的ですね~右手には黄色い珠を握っています1968年に金門空港を建設する際に昔果山の村民の生活に影響が出ました村民が海辺で貝を拾ったり、網を仕掛けて魚を獲ったりする仕事が不便になったのですその後、村にある御廟の法主天君のお告げで、近隣の軍の協力を得てこの風獅爺を作ったと...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその44 后湖風獅爺2尊

    泗湖風獅爺から電動バイクで走ること1.4km、后湖地区にやって来ましたここには新・旧2尊の風獅爺があるんですよ~(^0^)ここの風獅爺は金門空港の滑走路から続く道の路沖殺(T字路の突き当たりに家がある状態)を涼める目的で設置されたそうですこちらは古い方の風獅爺立った姿勢の雄の塑像で、背の高さは2mくらい身体は青色をメインに塗られています飛び出した大きな目、口の中で存在感を放っている牙、頭部も少し突起のようにな...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその43 泗湖風獅爺

    かわいい装飾の民家から少し走ったところに、ちょっと面白い風獅爺があります昔この風獅爺は村の北側にある應公廟のそばに建っていましたしかし長い間の風雨、戦時中の砲火、そして白アリの被害が甚大となったため、村民この風獅爺だけを現在の場所に移転させました移転のお祀りの儀式を行い、風獅爺の修復も行われ現在の姿となりました立った姿勢の雄の像で、背の高さは2mないくらい赤いタスキを身に着けています八の字眉にまん丸...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその42 歐厝風獅爺

    古崗地区から欧厝集落へと移動します集落の中心から少し離れた場所に風獅爺があるんですこの風獅爺は原っぱの中に建っているのですが、戦時中は地雷原の真っただ中にあったそうなんです地雷原の中にあるので誰も御参りすることが叶いませんでしたが、2006年に地雷が完全に撤去されたことで新たにお祀りしなおされたそうです座った姿勢のおそらく雌の像で、背の高さは1.5mくらい口元から頬っぺたにかけて、かなり特徴的ですね~戦場...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその41 古崗風獅爺

    水頭地区から古崗地区へ移動してきましたここにも1尊風獅爺があるんです1785年制作立った姿勢の石造りの雄の像で、背の高さは1.7mくらいほっぺにエクボみたいなものが彫られていて、かわいらしいですね~赤いマントを羽織っていますにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその40 前水頭風獅爺C

    前水頭3尊めの風獅爺があると思われる場所に着いたのですがえっ? 取り壊されちゃってるぅ~?!恐る恐る近づいてみたら……ギリギリ角っこだけ残ってました~ヾ(*´∀`*)ノ本当に間一髪って感じですもう風獅爺だか何なのか分からな状態になっていますね~(´⊙ω⊙`)設置されている位置的に路沖殺(T字路の突き当たりに家がある状態)の解消を目的としていると思われますにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその39 前水頭風獅爺B

    本日は前水頭風獅爺2尊めをご紹介しますこちらの御宅の入口にいます今回もけっこう小さいので、分かりづらいかも(・_・;)というわけで、入口の上に埋まってました~ここも頭だけですね~。雌雄の区別はつきませんです;にほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその38 前水頭風獅爺A

    前水頭地区には全部で3尊の風獅爺があるのですが、そのいずれもが壁に嵌ったタイプになります最初にご紹介するのは、こんな可愛らしいお宅の風獅爺ですパッと見た感じ、どこにも風獅爺の姿が見当たりませんが……この写真の中に写り込んでいるのですが、分かるかなぁ?これでどうだ?正解は、窓枠のところでした~(*^-^*)頭だけ壁に埋め込んであったんですどっとが雄か雌か分かりませんでした~(¯∇¯٥)にほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその37 草っぱらにポツンと立っていた風獅爺

    水頭地区で建築物めぐりをしていた時、草っぱらの中にポツンと立っている風獅爺を発見しました倉庫っぽい建物のところにひっそりいましたよ立ち姿の石造りの雄の像で、高さは1.5mくらいだったと思います手には令旗を持っていますね~にほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその36 金門城風獅爺B

    お次は金門城風獅爺の大きい方の風獅爺についてご紹介します1999年ごろに制作座った姿勢の石造りの雄の像で、背の高さは2mくらい右手には筆、左手には帥印を持っています大きく目を瞠って、迫力のある表情ですね~(⌒∇⌒)赤いマントを身に着けていますにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその35 金門城風獅爺A

    官路邊風獅爺から1.2km離れた場所にある迴向殿という御廟、その敷地内に風獅爺が2尊あります大きいのと小さいのがいるのが分かります?まずは小さい方の風獅爺からご紹介しますね~1387年頃制作これは金門一古い風獅爺なのだそうですしゃがんだ姿勢の石造りの像で、背の高さは30cmくらいかなりすり減ってて分からなかったのですが、もう1尊が雄だったので、こちらは雌なのかなぁ?たぶん赤だったであろうマントを羽織っていますに...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその34 官路邊風獅爺

    夏墅風獅爺から約3キロメートル走ったところにも風獅爺があります畑の中を通る道を走り抜けた先の民家の奥にある草むらの中に建っていました2005年製作のまだ新しい風獅爺です座った姿勢の雄の石像です。背の高さは約70㎝右手に令旗を持っています(平安を祈念するもの)赤いマントを身に着けていますにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその33 夏墅風獅爺

    泊まっているホテルを出て電動バイクで走ること7分で到着です徳邦開発建設という会社の店先に建っています座った姿の雄の塑像で、背の高さは1.5mくらいあります首には金の鈴をかけて、両手に金の球を持っていますカラーリングがまるでドラえもんみたいですね(¯∇¯٥)たてがみは真っ白にペイントされていますにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその32 榜林風獅爺B

    榜林のもう1尊の風獅爺は雄のものより少し離れた場所に建っています石造りの雌の像で、背の高さは120~130cmくらい。同じサイズの台座に乗っています座った姿勢で、首には鈴をかけています右手に筆、左手に印を持っていますね~にほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその31 榜林風獅爺A

    東洲風獅爺から少し走った榜林村には2体風獅爺があります1体目は榜林村のY字路の大きな木の下に建っています座った姿の雄の風獅爺で、背の高さは1.5mくらいあったと思います手には令旗を持っています令旗の旗(qí)という字の音が祈(qí)と同じで、平和を祈念していることを表していますこの像は2004年に村民の王朝明さんが自分で建てました設置の目的は路沖殺(T字路の突き当たりに家がある状態)を封じるためだそうです立派なた...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその30 東洲風獅爺

    瓊林から電動バイクで走ること6km、東洲風獅爺のところにやって来ました私が下調べした時、この風獅爺は黄色い塑像だったのですが、実際に目にしたものは石造りの比較的新しいものでした孚佑廟という御廟の前に建っています座った姿勢の雄の像で、背の高さは120cmくらいだったかと首から合境平安と書かれた古銭を下げていますこの風獅爺には失せ物を探し出し、盗人を捕まえたりして村人を助けたという言い伝えがあります赤いマント...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその29 瓊林風獅爺D

    前回は壁に嵌ったタイプで最大の風獅爺でしたが、今回は最小のものをご紹介しますとある民家の壁に嵌ってました石敢當と一緒に並べられています石彫りで背の高さは20cmくらいたぶん雌の風獅爺ではないかと思われます石敢當はシンプルに「石敢當」とだけ彫られています説明書きによると、この民家の後方に道路があり、なおかつ風が向かってくる場所であるため、石敢當と一緒に設置して路沖殺(T字路の突き当たりに家がある状態)を...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその28 瓊林風獅爺C

    瓊林の4体の風獅爺のうちの2体は壁に嵌ったタイプのものになります民家脇の小道の突き当りに……ありました!壁に嵌ったタイプの中で金門一大きな風獅爺なのだそうです場所柄的に路沖殺(T字路の突き当たりに家がある状態)を封じるためのものと思われますしゃがんだ姿勢で背の高さは80㎝くらい石造りの雌の風獅爺ですパッカリと開けた大きなお口が印象的ですにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその27 瓊林風獅爺B

    2番目に紹介するのは2019年瓊林村で最も古いと言われている風獅爺です背の高さは1mちょっとくらい立った姿勢の石造りの雄の風獅爺です右手には瓊林風獅爺Aと同様に令旗を持ち(平和を祈念している)、左手には印を持っています赤いマントを身に着けていますにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその26 瓊林風獅爺A

    小徑村から瓊林集落へとやって来ました瓊林には全部で4体の風獅爺があるんですよ~環島北路三段沿いに建っています立った姿勢で背の高さは2mあるかないかくらい赤いマントを羽織った石彫りの雄の風獅爺です成功風獅爺Bと同じように、手には令旗を持っています令旗の旗(qí)という字の音が祈(qí)と同じで、平和を祈念していることを表しているそうですにっこり笑ったような表情ですね~(*^-^)にほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその25 小徑村風獅爺

    特約茶室展示館の付近にも風獅爺がありました瓊徑路から小道に入って奥まったところの民家の脇に設置されていました背の高さは50~60㎝くらいだったかと座った姿勢の、おそらく雄の風獅爺だと思われます調べたところによると、戦時中に国軍が建材が不足し、御廟や集落から利用可能な木材や石材を徴収しました。この風獅爺も持ち去られそうになったのですが、防空壕の中に隠されて難を逃れたそうですにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその24 成功風獅爺B

    成功風獅爺Aからさらに海岸側へ歩いて行くともう1体の風獅爺があります背の高さは1.5mくらい。立ち姿の雄の風獅爺です顔を除いて身体は茶色にペイントされています手には令旗を持っています令旗の旗(qí)という字の音が祈(qí)と同じで、平和を祈念していることを表しているそうです赤いマントを羽織っていますこの風獅爺はかなり新しいもののようで、調べても由来が分かりませんでしたにほんブログ村...

  • 2019年台湾風獅爺の旅 風獅爺コレクションその23 成功風獅爺A

    陳景蘭洋楼の近くにも2体風獅爺があります今日はそのうちの1体をご紹介陳景蘭洋楼の入口のすぐ近くに四阿のある広場があるのですが、その一角に建っています座った姿勢の石彫りの雄の風獅爺です背の高さは1mをちょっと超えたくらいまんまるな目と大きな鼻のしっかりとした顔つきですにほんブログ村...

カテゴリー一覧
商用