searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

molitwさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
なんやかんやで、いま台湾
ブログURL
https://molitaiwan.hatenablog.com/
ブログ紹介文
台湾在住1年目。台湾人の旦那さんと結婚して、日本から台湾に引っ越しました。台湾で出会ったお店や場所や、日々のことを。
更新頻度(1年)

26回 / 104日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/07/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、molitwさんの読者になりませんか?

ハンドル名
molitwさん
ブログタイトル
なんやかんやで、いま台湾
更新頻度
26回 / 104日(平均1.8回/週)
読者になる
なんやかんやで、いま台湾

molitwさんの新着記事

1件〜30件

  • 台北のとなり、少しディープな三重へ - 今大魯肉飯 -

    台北市の西側には「淡水河」という大きめの川が流れていて、台北市からその川を越えると、新北市の三重区に入ります。 MRT(地下鉄)でたった1駅3分ほどの距離。それなのに、川を越えたとたん、台北市内とはちょっと違ったディープな雰囲気の漂う街に変わります。 今回は、そんな三重にある魯肉飯の人気店へ。 川を越えて2駅めの「菜寮駅」から、少し歩いたところにあるお店。 写真はたまたま空いたタイミングでしたが、この売り場の前はいつも大行列。 座席は、売り場の奥と向かって右手の2箇所にあります。 このお店の魯肉飯は、お肉の脂身比率がかなり高いのが特徴。 ほとんど脂身です。ぷるんぷるん。 魯肉飯と同じくらい人気…

  • 洗練されたデザインのカフェ - 貳房苑 LivinGreen -

    「iF DESIGN AWARD 2020」で、建築・インテリア部門を受賞したお店が台北にある。 さすが、外観からお洒落感が漂っています。 もとは警察署 兼 宿舎だったという建物。 その後使われなくなって20年が経った後、リノベーションされてカフェに生まれ変わりました。 深いグリーンが外観やインテリアのポイントになっていて、落ち着いた雰囲気。 建設時のことや、設計のこだわりなんかも表示されています。 店内には、趣向の違う席が数種類。 1番個性的なこちらの席。どこに座るのが正解なんだろう。 吹き抜けの階段をあがった3階は、オフィスと会議室になっているようです。 店内をひととおり見てまわった後は、…

  • 思い出の鶏肉飯 - 梁記嘉義鶏肉飯 -

    台湾で鶏肉飯といえば!の有名店。 私にとっては、思い出深いお店でもあります。 MRT松江南京駅のほど近く、オフィスやお店や家や学校が立ち並ぶ中、赤い文字の「鶏肉飯」が目印です。 店頭には写真付きのメニュー。日本語も書かれています。 こちらのお店、約2年ぶりの再訪。 中に入って気づいたのですが、店内リニューアルしてました。キレイになってます。 それにしても店員さんがたくさん! 前回このお店に来たときはまだ日本に住んでいて、初めての台湾旅行、その最初にやってきたのがここでした。 旅行前、台湾マスターの友達から「台湾は美味しいものがたくさんだから、1つだけ頼んで2人でシェアして食べるとお腹いっぱいに…

  • 台北で小さく輝く宝石タルト - illuminé -

    こんなに美味しそうなタルトにしてくれてありがとう。と、フルーツの気持ちになってみる。 台北にある、フルーツタルトとロールケーキの小さな小さなお店。 店内は3席だけで、 タルトとロールケーキの種類はたくさん。 テイクアウトのお客さんも次々とやってきます。 ちょうど席が空いていたので、店内でいただきました。 ドリンクメニューは、台湾の烏龍茶や紅茶、フルーツティーやフルーツジュース。 マンゴーとパッションフルーツのソーダをチョイス。すっきりして美味しい。 タルトはこちらの2種類を。 季節の果物をたっぷり味わえるフルーツタルトも、甘さのバランスが絶妙なモンブランも、どちらもとても美味しい。 タルトもロ…

  • 台湾海岸線めぐり・美しい駅と天使の翼 - 多良観光車站 -

    利用者が少なく電車は止まらなくなってしまったけれど、その美しさをひと目見ようと観光客がやまない駅がある。 台湾の東側、台東県の南のほう。 電車が止まらないので、車でむかいます。 このあたりでは、海のすぐ近くを高速が走る。 空と海と緑だけが広がる道。長距離移動も苦にならない、気持ちの良いドライブ道。 目的地に着くと、まずは屋台の歓迎をうけます。 ソーセージ片手に屋台の並ぶ道を抜けると、 小さな小さな駅に到着。 台湾でもっとも美しいといわれている駅です。 電車の通過時刻が近づくと、みんなカメラを構えはじめて パシャパシャ、 パシャパシャ。 駅を楽しんだあとは、もう1箇所。 駅から少し坂道をのぼった…

  • コーヒー求めて、途中下車 - Coffee Stopover -

    コーヒーを愛する人々が集うお店が、台中にある。 お店は2フロアあるけれど小さめで、小さめな席が並んでいて なんとなくお互いの距離が近くて、その濃密さがなんか良いなと感じられる空間です。 世界中の豆も、メイドイン台湾豆も取り揃えていて かわいいネーミングのハウスブレンドも、浅煎り〜深煎りまで5種あります。 私は「1+1 Espresso + 6oz Espresso milk froth」を注文。 1種類の豆を、2種類の飲み方で楽しめるメニューです。 豆は、オリジナルブレンドの中深煎り「DAUBER」で。 香りも良くてとても美味しいし、飲み比べるのがなにより楽しい! コーヒー好きな友達に教えてあ…

  • 絶品ごま油で、いつもの料理に華やぎを - 信成油廠股彬有限公司 -

    地元の人にも観光客にも大人気!な、ごま油のお店があります。 雙連駅から歩いてすぐ、シンプルな外観のこちらのお店。 中に入れば、ほんのりごま油の良い香り。 ごま油はもちろん、 ピーナッツオイルや苦茶油、 ごまペーストや、ピーナッツバターや、炒りごまや、ごまパウダーなどもあります。 ごま油は2種類あって、黒ごま油100%の「黑蔴油」は濃厚な風味。 公式サイトによると、鶏の薬膳スープや油飯におすすめだそう。油の代わりというより、調味料使いにむいていそうです。 白ごま油100%の「芝蔴香油」 は、優しいけれど力強い香り。 こちらの方が”いわゆるごま油”で、炒めもの・和えもの・スープなど、なんでも使えま…

  • 魯肉飯と台湾を味わうお店 - 香満園 -

    台湾らしい雰囲気のお店で台湾のごはんを食べたい、とリクエストされたら、真っ先にここをおすすめするかもしれない。 次から次へとお客さんがやってくる、魯肉飯のお店です。 店内と路面に席があって、活気と熱気に包まれながらの食事は、あぁここは台湾だなぁと実感できます。 看板メニューの魯肉飯は、とろとろお肉に高菜も入って、箸が止まらなくなる味。 副菜の中から選んだ赤いお肉は、塩とタレが効いた強めな味。これにもまた魯肉飯の箸が進んでしまいます。 お店のおじさんが「とろみのあるスープ」って日本語で教えてくれた豚肉のスープ。 優しい味わいのスープも欠かせない。 台湾らしい雰囲気のお店で台湾のごはんを食べたい、…

  • ゆっくりと時が流れるカフェ - 好人好室 x 七二聚場 -

    まだ台湾に引っ越してくる前、台湾在住10年の大先輩に「最近のお気に入りだよ」と連れていってもらったお店。 そのときのコーヒーもキッシュもとても美味しくって、また行きたいなぁとずっと思っていたお店。 やっと行けました。 にぎやかな雙連駅前を横道にはいると、レトロでのどかな雰囲気に変わり そんな通りにお店の小さな入り口があります。 階段をのぼって 看板ネコに挨拶をすませたら、 お店に到着です。 店内はどこも日差しがたっぷり。 メニューの最初には ゆっくり過ごしてねという心配り。 もちろんお目当てのキッシュを注文。 ほうれん草とベーコンときのこのキッシュ。やっぱり美味しい! キッシュもこの空間もゆっ…

  • 温泉街へ日帰りトリップ - 烏来老街・烏来瀑布 -

    台湾にはちょいちょい温泉があります。 台北から車で1時間ほどの烏来も、温泉のある町です。 土曜日の午後にふと温泉に入りたくなって、烏来に向かいました。 烏来の玄関口となっている「烏来老街」は、5分もかからずに歩ききってしまうほどのコンパクトな商店街。 でもどのお店も気になって、なかなか前に進めない。 とりあえずは腹ごしらえ。 行列のできるソーセージやさんで、レモン&ハーブ味をゲットです。おなかがすいていて、写真を撮る前にひとくち食べちゃっています。 老街はまた後でゆっくり見ることにして、先にこちらに向かいます。 トロッコ列車! 写真左に小さく写っているトロッコに乗り込んで、 なかなかはげしく揺…

  • サンセットと夜景に酔いしれて - 草山夜未眠 -

    1週間の仕事にちょっと疲れた金曜日。 すこし早めに仕事を切り上げて、お店へむかう。 台北の北のほう、陽明山の山道をくねくね登った先にあるこのお店。 けっこう高いところにあって、台北(やお隣の新北)が一望できます。 テラス席にはいろいろなタイプのソファー席。 夕陽がとてもきれいに見えます。 注文した料理は、はまぐりのバジル炒めと スパイシービーフ。 もっといろいろ食べたかったのに、景色をみたり写真を撮ったり、夢中になることが多くって食べることを忘れていました。 陽が沈むと、景色は一変。 ライトアップされたお店は、ぐっと色っぽくなって 夜景をバックにミュージシャンの生演奏が始まります。 眠らない夜…

  • 小籠包探訪記その2 - 北大行小篭包 -

    台北101の隣には展示場がたくさんあって、毎週いろいろな展示が催されています。 展示場の結婚フェアをのぞきに行って、歩きまわっておなかがとても空いたので、近くの小籠包やさんで早めの夜ごはんを食べました。 友達みんなオススメだよ、と台湾人の旦那さんが言う、地元民にも人気のお店。 夕方の開店時間に、1番乗りです。 この後はお客さんが続々とやってきました。 牛肉麺と 豚肉チャーハン。 おなかが空いていたので、ついつい炭水化物。 それから、もちろん小籠包。 皮はわりとしっかりタイプで、スープはたっぷり。 はらぺこなからだに美味しいスープが染みわたるのでした。 北大行小篭包 台北市信義區光復南路427號…

  • 涼をもとめて、南投へ 山と羊 - 武嶺・清境農場 -

    前回に続き、南投のお話。 山深い南投なので、山々を楽しみました。まずは武嶺。 武嶺は標高3275m。 台湾の車で行けるところで、いちばん標高が高い場所です。 日本だと富士山に次ぐ標高。 車で行けちゃうのでそんなに高いところにいるという自覚がないのですが、体力のない私は、車を降りたとたん歩くだけで息が切れます。 ポテチだってこうなる。 そんなに高いところに、自転車でやってきている人がたくさんいます。本当にすごい。 この日はすこし雲が多かったですが、見渡す限りの山と空と、なにより澄んだ空気がとても気持ち良い。 快晴の日にもう一度行ってみたいな。 武嶺はタロコ国家公園の一部でもあります。 武嶺 南投…

  • 涼をもとめて、南投へ - 歐郷美邸 -

    日本の夏も暑いけれど、台湾の夏はやっぱり暑い。 すこしでも涼しいところに、と山に行きました。 台湾のまんなか、南投県。台湾唯一の海なし県。 泊まったのは、南投の北のほう、すこし車を走らせればタロコ国家公園にもアクセスできる立地のこちらのペンション。 とてもかわいい外観。 この辺りは「ヨーロピアンスタイル」のペンションがたくさんあります。 ブランコのあるお庭からは、 こんな景色。 気候もちょうど良くて、ずっとゆらゆら眺めていられます。 チェックインのあとは、お茶とクッキーのおもてなしが。 都心の新しいホテルのような設備はないけれど、落ち着いてゆったりと過ごせる場所。 昼間は広がっていた雲も、夜に…

  • 迪化街のオアシス - 夏樹甜品 -

    このお店のかき氷は、佇まいが凛としている。 お買い物ストリート「迪化街」を南から北に向かうと、終盤に出会えるこのお店。 歩き疲れてひとやすみ、にちょうど良いタイミングで出会えます。 こじんまりとしたお店で、色づかいがかわいい。 メニューはいろいろあるけれど、 かき氷の下に杏仁豆腐がひそんでいるこれが、いちばん得した気分。 とてもなめらかな杏仁豆腐に、気持ちもとろとろ。 すっかり体力も回復して、また迪化街に繰り出すのでした。 夏樹甜品 台北市大同區迪化街一段240號 10:30-18:30 アクセス MRT大橋頭駅から徒歩9分/臺北車站から車で7分 参考情報 写真の「杏仁豆腐雪花冰」NT$150…

  • グリーンとスイーツでひとやすみ - Miss V Bakery Cafe -

    台北の中山駅北側は、かわいいお店がたくさん。散歩が楽しいエリアです。 ふらっと入った横道に、たくさんのグリーンに囲まれてひっそりたたずむこのお店。 店内もグリーンでいっぱい。 看板商品はこちらのシナモンロール。 山積みされていても、あれよあれよという間に売れてしまう。見つけたらすぐに購入しておいたほうが安心です。 この日はシナモンロールはお持ち帰りして、ケーキを食べました。 キュートすぎる、ジャスミンとオレンジのチョコレートタルト。 柔らかい生チョコレートとタルト生地のサクサク感が絶妙で、ナッツやオレンジも混ざって食感が楽しくて美味しい。 写真奥のティラミスも、 なめらかでとても美味しかったで…

  • アートとの距離が近い - 臺北市立美術館 -

    歩道にアートが展示されていたり、入場料のかからないアートスポットがあったりして、台湾では気負うことなくアートに触れることができる、と思う。 そのせいか、しばらく美術館に行ってなかった。ということに気づいたらどうしても行きたくなったので、行ってきました。 台北にあるこの美術館。 おもしろい外観は、花蓮のスターバックスを思い出す。 花蓮のスターバックス 花蓮のスターバックスは日本人の建築家 隈研吾さんの設計です。 台北市立美術館は地下1階〜3階まであって、6つの展示が行われていました。 私がみた3つの展示はどれも、台湾の現代アーティストの作品。 こちらの写真は「藍天之下:我們時代的精神狀況」という…

  • 台湾海岸線めぐり・墾丁でイタリアン - 迷路小章魚 Piccolo Polpo Bistro -

    どうやら墾丁に美味しいイタリアンのお店があるらしい、ということで、こちらのホテルをチェックアウトしたあとランチに向かった。 海辺の小さなお店。 とても洗練されていて(ちょっと台湾らしくないほどに)、開放的で雰囲気も良い。 オープンキッチンからは美味そうな音と香り。 この日はパスタとリゾットを1つずつ注文しました。 麺の食感がおもしろい、シーフードとズッキーニのパスタと 濃厚な、マッシュルームとトリュフと鴨肉のリゾット。 味もやっぱり洗練されていました。 お店を出ると、すぐ目の前はビーチ。 ジェットスキーやバナナボードで盛り上がっています。 夏だなぁ。 迷路小章魚 Piccolo Polpo B…

  • 台湾海岸線めぐり・墾丁 - 夏都沙灘酒店 -

    街中にいるとついつい忘れてしまうけれど、台湾は南国だ。 こちらは台湾のいちばん南、墾丁。 リゾート感も台湾らしさも味わえるナイススポットです。 「夏都沙灘酒店」は、300近い部屋数とプライベートビーチを所有する墾丁きってのリゾートホテル。 『海角七号』という台湾映画のロケ地にも使われていました。 たくさんの部屋は、プロバンス・マルベーリャ・ポジターノの3館に分かれています。 私たちが泊まった部屋は「プロバンス館」のファミリールーム・マウンテンビュー。 見切れていますが、手前にもうひとつダブルベットがあります。スタンダードルームの空きがなくて、夫婦2人で贅沢にも大きな部屋に。 ホテルを出ると、す…

  • 油飯とおばちゃん - 珠記大橋頭油飯 -

    この日はめずらしく事前に下調べをして、お店にむかった。 中国語で注文したかったので、食べたいメニューの中国語を覚えたのだ。 出迎えてくれたお店のおばちゃんの、開口1番の言葉が聞き取れずに 反応が遅れたわたしに対して、おばちゃんはすぐさま日本語で話しかけてきた。 さすが、日本人に大人気のお店。 でもせっかく覚えてきた中国語を使いたくって、私はカタコトの中国語で返事をする。 おばちゃんはやっぱり日本語で話してきて、私は変わらずカタコトの中国語で返す。 そんな風になぜかお互いに外国語を話すというやりとりを経て、このごはんを手に入れました。 もちもちおこわの油飯。目玉焼きと、お肉のスープと一緒に。 目…

  • ガジュマルの生命力よ - 安平樹屋 -

    ラピュタみたい、という表現がよく使われるけれど それで伝わるのだから「天空の城ラピュタ」という映画は本当にすごいなぁと思う。 こちらは、台湾のラピュタみたいな場所です。 50NT$のチケットで、手に入れたのは ガジュマルたちがあまりにも力強く これでもかこれでもかと生き抜くパワーに ひたすらに圧倒される時間。 併設されたお土産やさんでは、 絶対成功します!!と こちらもなんとも力強いメッセージが込められた、成功ビールが手に入ります。 安平樹屋 台南市安平區古堡街108號 8:30-17:30 アクセス 台南駅から約6km・タクシーで15-30分程 参考情報 ✔︎ 樹屋は、元は19世紀末に建てら…

  • ネコと駅とシュークリーム - 猴硐猫村 -

    世界6大猫スポットのひとつが台湾にある、 ということで 行ってみた。 こちらの猴硐駅周辺が 「猫村」になっています。 レトロで味わい深い駅です。 駅舎で眠るネコに 少しこわいネコに 外で眠るネコに 笑うネコ。 階段をのぼった見晴らしのよい場所には、 カフェが並んでいます。 どのお店も素敵だけれど、このお店を選んだのは このシュークリームがキュートすぎるから。 カフェモカに浸かるネコもいます。 駅前のお土産やさんの お菓子もやっぱりネコ。 気ままにくつろぐネコたちは みんなとても幸せそうにみえました。 猴硐猫村 新北市瑞芳區柴寮路70號 アクセス 台鉄猴硐駅すぐ ✔︎ 猴硐駅までのアクセス 台北…

  • 台湾海岸線めぐり・浅水湾 - 欣藍舎Blue Villa 美食餐庁 -

    台湾の北のほうの、海辺のカフェに行きました。 東シナ海を一望できるこのお店、 1階はプール付きのヴィラになっています。 こんなテラス席も。 前に住んでいた日本の湘南のお店みたいな雰囲気だなぁと思うけれど、 ふとした瞬間に台湾を感じる。 冷たいカフェラテと 甘いキャラメルケーキで、束の間の涼しい時間を手に入れたのでした。 欣藍舎Blue Villa美食餐庁 新北市三芝區淺水灣北勢子45-19號 11:30-19:30/金-土 111:30-21:30 月火定休 アクセス MRT淡水站から車で30分 参考情報 写真のカフェラテ「拿鐵」NT$250 ✔︎ お店の前の浜辺は「浅水湾」というビーチです。…

  • ナイスなアイスを台北で - N-ice Taipei -

    土曜日の夜、早めに夕飯をすませて 夜の散歩と、食後のデザートに。 昨年オープンしたばかりのこのお店は とにかくお洒落です。 インテリア、装飾、グリーン、ハンドソープに至るまで とことんこだわりを感じる。 こんなお家に住みたい。 この日は、ライムシャーベットをいただきました。 ブルーベリーソースをかけると、ぐっと色っぽくなる。 夜のアイスってわくわくするなぁと なんだか童心に帰った夏の夜でした。 N-ice Taipei 台北市大安區大安路一段31巷42號 12:00-22:00 月曜定休 アクセス 忠孝敦化駅から徒歩4分 参考情報 写真のシャーベット「Lime smoothie with ho…

  • 空間が奏でる三重奏を、ふわふわのラテとともに - Trio café -

    最近みつけた居心地の良い場所。 「華山1914文化創意産業園区」の一角にあるこのお店は、 光と影と、喧騒と静寂と、人と自然と 距離感のバランスがとても気持ちの良いお店。 ランチタイムから深夜まで営業していて、お酒のメニューもたくさん。 この日はランチに行きました。 濃厚で香り高い、ポルチーニ茸のリゾット。 マッシュルームのスープつき。 こちらも濃厚。 カフェラテはこんなにふわふわ。 今度はディナータイムに、お酒を味わいにきたいなぁと思っています。 Trio café 台北市中正區八德路一段1號 12:00-深夜1:00/金-土 12:00-深夜2:00 アクセス MRT忠孝新生駅から徒歩4分 …

  • 夜風に吹かれて小籠包 - 梁山泊小籠湯包 -

    台湾に小籠包のおいしいお店は数あれど、 テラス席スタイルのお店は珍しい気がする。 にぎやかな西門の街の、小さな横道に いくつかの飲食店が並ぶ小道があります。 こちらのテーブル席を陣取って、 お目当ての小籠包と 酸辣湯と おとなりのお店のチャーハンを頼んで、 熱気を帯びた夜風と、街の喧騒のBGMで 台湾をじわじわ感じた夏の夜でした。 梁山泊小籠湯包 台北市萬華區漢口街二段54-4號 10:00-21:00 月・木定休 アクセス 西門駅から徒歩7分 参考情報 写真の小籠包とスープのセット「B套餐」NT$110 写真の海老チャーハン「蝦仁炒飯」NT$80 ✔︎ 小籠包は、皮がやわらかくてスープたっぷ…

  • 三日月ブランコに乗って - 項錬海岸工作室 -

    海をながめながら三日月のブランコに揺られる、だなんて ファンタジーな空間が花蓮にある。 海と山に囲まれたこの場所には 可愛いネコがいます。 大きなアリもいます。 小さな原住民もいます。 アートが散りばめられています。 原住民料理も食べられます。 自然に囲まれて美味しいごはんを食べてのんびり過ごして 日常のいろんなことから解放される、癒しの空間。 項錬海岸工作室 花蓮縣豐濱鄉石梯坪53-1號 10:00-16:30〜20:00 不定休 アクセス 花蓮駅から車で1.5時間 参考情報 ✔︎ 最低消費額が決まっていますが、1人ドリンク1杯で消費できる額だったと思います。 ✔︎ 写真の原住民料理は「葉っ…

  • 華麗に咲き誇る一輪のかき氷 - 葉月堂・手作雪花氷専売店 -

    こんなにも美しいかき氷を、 どうしたら思いつくのか。 マスターはアーティストだ。 お店にはしめ縄だってあるんだから。 「芒果火花」は、バラの花のようなドラゴンフルーツとマンゴーのかき氷。 ほかにも見目麗しいかき氷の数々。 「西瓜炸彈」はスイカのかき氷。 見た目も味も可憐で癒されます。 あついあつい高雄で、ひんやり美味しい芸術をいただきました。 葉月堂・手作雪花氷専売店 高雄市三民區天祥一路179-2號 月-金 13:00-21:30/土日 13:00-22:00 アクセス バス停 天祥一路すぐ/MRT巨蛋站から2km 参考情報 写真のドラゴンフルーツとマンゴーのかき氷「芒果火花」NT$150 …

  • だがしかし、私たちはバターを愛しているのだ - but.(we love butter) -

    店名にひとめぼれ。 (なんだか哲学的ではないか) 松山空港からほど近い場所にあるこのお店は、ちょっとおもしろい造りになっている。 (でもそこは、行ってからのお楽しみ) 床のメッセージだって哲学的。 気をつけながら階段を進んだ先には、 美味しいバターのスイーツたちが待っている。 カロリーとか気になっちゃったりするけれど、 but!だがしかし! 私たちはバターを愛しているのだ! but.[we love butter] 台北市松山區富錦街102號 13:00-20:30 アクセス 松山機場駅から徒歩8分 参考情報 ✔︎ 写真のスイーツとドリンクは試食です。 試食して気に入ったら、ぜひ購入してくださ…

  • 台中で未来に想いを馳せる - KerKerland -

    10年後の自分が、自分の大切な人たちが、どこで何をしているのか。 そんなことを考えながら、未来の自分にハガキを書いてみる。 可愛いポストカードがたくさん売られているそのお店には、 タイムカプセルがあります。 翌月から10年後まで、120ヶ月分の未来へのポスト。 書き終わったハガキを、届けてほしい年月のポストに投函して いつかのその時を楽しみに待つ。 私と旦那さんは、10年後の自分たちに送りました。 無事にハガキを受け取ることができたなら きっと少し恥ずかしい気持ちで、笑いながら読み合うんだろうな。 KerKerland 審計店 台中市西區民生路368巷4弄16號 月-木 12:00-18:00…

カテゴリー一覧
商用