searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

molitwさんのプロフィール

住所
台湾
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
なんやかんやで、いま台湾
ブログURL
https://molitaiwan.hatenablog.com/
ブログ紹介文
台湾在住1年目。台湾人の旦那さんと結婚して、日本から台湾に引っ越しました。台湾で出会ったお店や場所や、日々のことを。
ブログ村参加
2020/07/13
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、molitwさんをフォローしませんか?

ハンドル名
molitwさん
ブログタイトル
なんやかんやで、いま台湾
フォロー
なんやかんやで、いま台湾

molitwさんの新着記事

1件〜30件

  • 民權西路の隠れ家 - 別所 Shelter -

    店名は「Shelter」 あなたの新しい隠れ家になりますように、とオーナーは言う。 雰囲気も居心地もバツグンの、隠れ家カフェ。 お洒落だけれどナチュラルで、 バランスが良くて、センスの良さが際立ちます。 いろんなタイプの席があって 友達とのおしゃべりも、1人のパソコン作業も ちょうど良い距離感で、思い思いの時間を過ごさせてくれる空間。 注文やお会計は、こちらのカウンターで メニューはこちら。 カフェラテとケーキをいただきました。 ホットカフェラテ「拿鐵」NT$150 アップルパウンドケーキ「擂茶蘋果磅蛋糕」NT$160 おいしい。 ここのケーキは、ぜんぶおいしい予感がする。 入り口近くのカウン…

  • おいしい眼科 - 宮原眼科 -

    台中にある「宮原眼科」 名前は「眼科」だけれど、ここは眼科じゃない。 美味しいアイスクリームやチョコレートを売っているお店なのだ。 戦前、日本人の宮原さんがこの地に開業した眼科医院。 その建物がリノベーションされて、いまの「宮原眼科」になりました。 店内は華やかで、ファンタジーな世界観。 吹き抜けの天井にむかって伸びる柱は、本棚風になっています。 正面の階段をのぼると、レストラン「醉月樓」が 洋書みたいなティーバッグの詰め合わせ 本棚みたいな商品棚に、本みたいなスイーツやお茶が並ぶ。 CDやレコードみたいなお菓子も パッケージが、どれも凝っていて可愛い。 1つ1つの商品にまで、世界観が徹底され…

  • 小籠包探訪記その7 台中の人気店 - 饕之鄉 李姐的店 -

    感染拡大の影響で、5月から数ヶ月間內用禁止だったこともあり しばらく食べていなかった小籠包。 (小籠包はできたてを食べたい) 久しぶりに、台中で食べました。 2021年のビブグルマンに初選出された、こちらのお店。 横にながーく、かなり広々としています。 奥にも座席あり。これで客席の1/3 20年以上この地で営業しているとのことだけれど、店内はとてもきれい。 創業年数が長い人気店は、改装してきれいになっているお店が多いです。 メニューはこちら。 2人で4品いただきました。 写真奥「酸辣湯」NT$40 「蔥油餅」NT$50 こちらは蔥油餅(ツォンヨウビン) 小麦粉の生地にネギがたっぷり入った、パイ…

  • 公園のおとなりの一軒家カフェ - 2J CAFE -

    台北の街中の、大きなオアシス「大安森林公園」 その近くに、おしゃれなカフェがあります。 インテリアが素敵なお店。 2階席もあります。 こちらの外階段で上へ。 メニューの一部はこちら。 小腹が空いていたので、軽食も一緒に。 「豬肉泡菜烤餅」NT$230/「拿鐵」NT$160/「卡布奇諾」NT$160 「豬肉泡菜烤餅」は、豚キムチをクリスピーな生地ででサンドしたもの。 美味しい! この日は夕方におじゃましたので、間接照明のムーディーな雰囲気。 けれど晴れた日の昼間だと、太陽光が差し込んで雰囲気がぜんぜん違うみたい。 今度は休日の昼間に、テラス席でビール飲みたいなぁ 2J CAFE 台北市大安區建國…

  • 虹のおじいちゃんのカラフルな村 - 彩虹眷村 Rainbow Village -

    再開発のため、住んでいる村の家々が解体されることになった という話を聞いて、家のまわりに絵を描きはじめたおじいちゃん。 「虹のおじいちゃん」こと、黃永阜さん その絵が評判となり、解体は取りやめになりました。 それが、台中にある「彩虹眷村(ツァイホンジュエンツゥン)」のはじまり。 どこを見渡してもカラフルで、楽しい気分になれる村! 彩虹眷村のマップはこちら。 村の紹介展示やドリンクスタンド、お土産やさんなどがあり すたすた歩けば10分かからないほどの、小さな村です。 虹のおじいちゃんが絵を描きはじめたのは、2010年。 当時88歳! ポップでキュートなセンスが最高。 台中は日射しが強い。 暑くな…

  • ぷるぷるバーワン - 台中肉員 -

    新しい食べ物に出会った。 その名も「バーワン」 良い名前。 台中にあるこちらのお店は、バーワンの人気店。 1933年創業の老舗です。 店内は、小吃店にしては広々きれい。 メニューは3品のみ。 「台中肉員」と「魚丸湯」をいただきました。 写真左「台中肉員」NT$40/右奥「魚丸湯」NT$30 肉員=バーワンは、片栗粉やさつまいもの粉で、お肉の餡を包んだもの。 揚げタイプと蒸しタイプがあり、このお店は揚げタイプです。 包んでいる皮の部分が、とにかくぷるっぷる! 食べようとすると、ぷるぷるの皮から餡が逃れてしまう。 (バーワンあるあるらしい) 甘じょっぱいタレとパクチー。 お好みで、卓上のピリ辛ソー…

  • 今年も、温泉が気持ちよい季節 - 惠來谷關溫泉會館 -

    ついこの間まで、いつまでも暑いなぁと半袖で過ごしていたのに 先週から急に寒くなった。 温泉へ行ってきました。 谷關の吊り橋 台中の市街地から東に向かった、山の中。 「谷關(グーグァン)」という温泉地があります。 たくさんの温泉ホテルが立ち並ぶ、谷關。 2019年に「星のや」がオープンした場所でもある。 この周辺には、台湾原住民「タイヤル族」が暮らしています。 宿泊したホテルはこちら。 バリ島風の設計に、原住民テイストを融合させたというホテル。 柱や照明の装飾が、繊細でとてもきれい。 お部屋タイプは全11種類。 そのなかの「公主套房=プリンセスルーム」に泊まりました。 キングやクイーンも控えてい…

  • マンゴーの季節だけ営業します - 冰讚 -

    昨年は行きそびれてしまった。 マンゴーの季節だけオープンする、かき氷やさん。 今年は行けました。 MRT雙連駅から歩いてすぐ。 店内には、注文の仕方もメニューも、すべて日本語が併記されている。 台湾で見かける日本語は変なものも多いけれど、このお店はレベルが高め 日本人のお客さんも多いお店。 海外からの観光客がいないにもかかわらず、この日のお客さんは5組中3組が日本人。 人気No1の、マンゴー雪花冰をいただきました。 「芒果雪花冰」NT$160 雪花冰は、ミルク味のふわふわ氷。 そこに、練乳とたっぷりのマンゴーが乗っています。 美味しい。 こだわっているだけあって、マンゴーは濃厚でジューシーで旬…

  • 魯肉飯を語るには、ここは外せない - 金峰魯肉飯 -

    台湾の魯肉飯、有名店は?人気店は?という話で まず最初に名前があがるであろうお店。 その名も「金峰魯肉飯」 魯肉が、金の峰に見えてくる。 お店の場所は、MRT中正紀念堂駅を出てすぐ。 鮮やかな看板と活気に もしこのお店のことを知らなくても、通りかかれば目にとまる、そんなお店。 向かって右手が厨房、左手が客席。 入りやすい、フルオープンスタイル。 メニューの一部はこちら。 魯肉飯と煮卵と、鶏のスープをいただきました。 魯肉飯(中)NT$40/魯蛋 NT$15/蛤蜊雞湯 NT$60 ここの魯肉飯は、みじん切りした椎茸入り。 漬物添え。 お肉は脂身が多め。 この脂身の多さが、私には少し重かった。 香…

  • 台南のおいしい朝 - 永樂市場(國華街三段)その2 -

    台南のおいしいお店がぎゅっと集まった、永樂市場前のストリートで朝ごはん巡り。 今回は、こちらの記事のつづきです。 molitaiwan.hatenablog.com 春蚵嗲 老鼎魯麵 修安扁擔豆花 さいごに 春蚵嗲 蚵嗲は「オデ」と読みます。 春さんの蚵嗲やさん。 安くて美味しい揚げ物が人気のお店。 牡蠣と野菜がたっぷり入った「蚵肉嗲」をいただきました。 「蚵肉嗲」NT$30/奥はフライドポテト「蕃薯」NT$10 衣がサクサクカリカリ! 中の具はしっとりしていて、食感のコントラストがたまらない。 これは美味しい。 営業時間 10:30-18:30 イートインの座席は数席あり 老鼎魯麵 次は、魯…

  • スイーツみたいなかき氷 - Kakigori Toshihiko -

    このお店のかき氷は、緻密で繊細。 そして美しい。 お店の名前は「Kakigori Toshihiko」 日本の製菓学校を卒業した、台湾人オーナーのお店です。 店内に漂う和の雰囲気。 お品書きも日本風。 「三種起司草莓」いちごと3種類のレアチーズ をいただきました。 「三種起司草莓」NT$330 背が高くてふわっと丸くて、とてもきれいに盛り付けられたかき氷。 いちごの甘さとチーズの酸味が、ちょうど良いバランス。 ふわふわタイプなので、口に入った瞬間にとろけます。 美味しい。 一緒にあたたかいほうじ茶も 台湾のかき氷の相場は、NT$80〜200(フルーツが増えると高くなる) このお店のかき氷は、相…

  • 台南のおいしい朝 - 永樂市場(國華街三段)その1 -

    グルメな街として名高い台南。 その中でも、永樂市場前のストリート「國華街三段」は 人気店がぎゅっとひしめき合っていて、台南観光では外せないスポット。 朝ごはんの時間に行って いろんなお店でちょっとずつ、いろいろ食べてまわりました。 永樂市場(國華街三段)について 金得春捲 富盛號碗粿 好味紅燒土魠魚羹 永樂市場(國華街三段)について 永樂市場は、台南の中心部にあり 台南駅から1.6km、バス停 永楽市場から徒歩1分。 そして、この永樂市場沿いに走るストリートが「國華街三段」 このページトップに載せた写真だと、右に永樂市場、左に「江川」と書かれた看板のあいだにある通りが國華街三段です。 後で紹介…

  • 久々に大スクリーン!快適な台湾の映画館 - 國賓影城 -

    映画が好きです。 とくに台湾に引っ越してからは、映画をみる時間が増えました。 台湾のテレビはチャンネル数がとても多くて、我が家で映るのは160チャンネル。 そのうち20チャンネルほどで映画が放送されていて、毎晩映画をみています。 コロナの感染拡大でこの数ヶ月封鎖されていた映画館も、8月についに解禁。 久々に映画館へ行きました。 わーい! 映画館の設備と、利用方法 映画料金 映画の字幕やタイトル お店の情報 林口昕境國賓影城 映画館の設備と、利用方法 いつも利用している映画館、國賓影城についてご紹介。 もし混みすぎていたら嫌だなぁというのがあって 台北市内は避けて、新北市の新莊店か林口店に行って…

  • ゆったり過ごしたい日は、富錦街へ - Fujin Tree 353 Cafe -

    なんだか、おしゃれなお店が並んでる。 台北の松山空港からも近い、富錦街。 調べてみたら、このエリアに複数店舗出店している「富錦樹グループ」 富錦街をはじめ台北市内や日本にも、飲食店やアパレルショップを展開している会社です。 そのなかの1つ、富錦街のカフェへ行きました。 店内にはアーティストの作品が展示されていて、 シンプルな内装なので、展示が映える。 作品によって、お店の雰囲気も変わりそう。 この日は、ハンドドリップのアイスコーヒーと黒糖ラテ、ティラミスを頼みました。 ハンドドリップには、豆の紹介カードもついています。 選んだのは、メキシコのチアパス州「chicharra」の豆。 レーズン・ド…

  • 海鮮入り台湾小吃なら、ここ - 東石順蚵仔煎 -

    台北の西側に「萬華」という地区がある。 かつては、台湾3大都市の1つに数えられた萬華。 龍山寺や西門など、外国人観光客にも人気の観光スポットがあるエリアだけれど 少し先まで進むと、いっきにディープな空気に変わる。 そんな萬華のディープエリアにある、美味しい小吃店。 店頭の屋台で調理するスタイルで、 店内はすべて客席になっています。 入ってみると、意外と広い。 それでもお客さんが途切れないので、少人数ならだいたい相席。 メニューはこちら。 炒飯・粥・麺類と、主食が豊富です。 蚵仔煎がおいしいと聞いていたので、それを中心に何品か頼みました。 「蚵仔煎(オアジェン)」NT$70 蚵仔煎というと、粉(…

  • 推しの魯肉飯。安定感抜群の人気店 - 黄記魯肉飯 -

    台湾に住みはじめて、1年と4ヶ月。 私はまだまだ魯肉飯を食べたい。 台湾に数えきれないほどある魯肉飯のお店のなかでも、 このお店はトップクラスの人気を誇るんじゃないかと思っている。 行天宮の1駅となり、MRT中山國小駅にある「黄記魯肉飯」 19時前の店頭(2021年3月) これまで6・7回行ったけれど、食事時のお店の前はいつも人だかり。 空いていそうな時間を狙って行ってみたら 15時過ぎの店頭(2021年4月) この日はするりと入れました。 魯肉飯のお店の中で、こちらもトップクラスなのではと思っている、店内のキレイさ。 メニューはこちら。 食べたいメニューはいろいろあるのに、いつも同じ組み合わ…

  • 果物やさん発フルーツ天国行きのかき氷 - 裕成水果店 -

    4月の終わり頃から7泊8日、車で巡ってきた台湾一周旅行。 そのラストを飾ったのが、台南にあるフルーツやさんのかき氷。 これがもう、たまらない逸品。 2000年創業の「裕成水果店」 知名度や外観から、すでに老舗の風格を感じる。 店頭には旬のフルーツがずらり。 大きなスイカも転がってる お店はこじんまりとしていて、店内に3テーブル、店頭に2テーブル。 壁には、紹介された雑誌の切り抜きや、有名人のサインがたくさん。 日本の雑誌でもよく取り上げられています メニューはこちら。 マンゴーたっぷりのマンゴーかき氷と迷ったけれど、 いろいろなフルーツが食べられる「フルーツミツクスアイス」(お店の表記ママ)を…

  • お祝いは、アットホームな老舗ステーキハウス - 紅屋牛排館 -

    5月にコロナの感染拡大がはじまり、しばらく內用=店内飲食が禁止されていた台湾。 少しずつ感染者数も落ち着き(最近は数人/日)、台北・新北では8月3日から內用が再開されました。 この3ヶ月、ほとんど外出せずに過ごしてきたけれど ちょうどやってきた旦那さんの誕生日。 せっかくなので、ステーキを食べにいきました。 台北にある、創業40年のステーキハウス。 落ち着いた雰囲気でとても素敵。 內用再開とはいえ、感染防止対策は必須。2人席なら正面に、4人以上の席なら左右にもアクリル板の仕切りが置かれています メニューはこちら。 1つは「アメリカ産プライム リブアイステーキ」、もう1つはお肉と海鮮が味わえる「…

  • 大将は 夏ニモマケズ 鍋をふる - 炒飯專家 -

    店名は「炒飯專家」 和訳すると、炒飯の専門家・エキスパート。 その名のとおり、炒飯で勝負しているお店。 店構えが渋い。 期待が高まる。 炒飯には、3つのタイプがある。 メニュー左は、スタンダード炒飯。 まんなかの「麻油」は、ごま油炒飯。 右の「燴飯」は、あんかけ炒飯。 ひっきりなしに訪れるお客さん。 彼らのための炒飯を、黙々と作り続ける大将。 「蝦仁炒飯」NT$60 スタンダードタイプの海老炒飯をいただきました。 パラパラし過ぎていない、しっとりした食感。 ネギの他ににんじんとキャベツも入っているけれど、うるさくない。 美味しい! 炒飯のエキスパートは、今日も黙々と鍋を振っているだろう。 炒飯…

  • 上質なコーヒーと音楽 - 道南館 自家烘焙咖啡館 -

    このお店にいると、ここが台湾であることを忘れる。 たまにはそんな場所もいい。 「道南館」は台南中心部の永楽市場の近くに、ほっそり建っています。 店内は、外観と同じ白ベース。 洗練されているけれど、アットホームさも感じるお店。 入り口にある焙煎機はTOPERという会社のもの。格好いい。 2階もあります。 壁に展示されているのは、台湾人の写真家の作品。 台湾の離島、澎湖の写真。ダイナミックな作風 この展示、いつもは日本人アーティストの作品を飾っているそう。 コロナの影響で日本から作品を届けてもらうことができず、いまは台湾人アーティストの展示になっています。 そして、2階の特等席へ。 大きなオーディ…

  • 台南の歴史を感じて - 赤崁樓 -

    かつて台南は、台湾の中心都市だった。 そして、オランダに統治された時代があった。 そんな時代を感じられる史跡が、台南にあります。 台南の中心部にある「赤崁樓」 紅毛楼とも呼ばれます。 入場口を抜けると、南側半分は庭園。 御贔屓牌 池のほとりには、石碑を背負った亀たちがずらり。 この亀は、重いものを背負うことが好き(!)な龍の子だそうです。 海神廟 航行の安全を祈って、海神を祀った「海神廟」 2階は眺めがよく、風が吹き抜けて心地よいです。 海神廟の2階 瓶型の門(左)と、魚の屋根飾り(右) 装飾も面白くって、見入ってしまう。 海神廟の隣には「文晶閣」 文晶閣 文晶閣の2階には、試験の神様「魁星爺…

  • 台南のかわいい冰品 - 冰ㄉ • かき氷 -

    台南は、5月上旬ですでに35度まで気温があがっていた。 暑い。 こんなときには、かき氷。 キュートで独創的なかき氷のお店へ行きました。 台南駅からは近いけれど、台南の中心部からは少し離れた場所にあるお店。 小さなお店に、おしゃれな若者が次々とやってくる。 日本の神さま仏さまがずらり 壁にかかっているのは、オールシーズンの定番メニュー。 でもお目当ては、季節限定のフルーツかき氷なのだ! 「初留香」NT$120 こちらは、ざくろ・ぶどう・パッションフルーツ・愛玉ゼリーが入ったかき氷。 杏ソース添え、てっぺんにはミニトマト! すくい方によって味が変わる、楽しい逸品。 写真左「一杯哈蜜瓜冰」NT$10…

  • 鹿の村の、おいしいおにぎり - 麋谷 Migu village -

    前回の記事と同じ恆春で、もう1つリノベーションカフェに行きました。 こちらは、古い米工場からカフェへの生まれ変わり。 淡い色づかいのかわいい外観には、お店を知らなくても足が止まっちゃう。 お店にはいると、なんだか神々しい鹿の壁画。 店内には、米工場時代の設備が一部残されていて 写真右手が、工場のなごりの籾摺り機 その隙間から、鹿がのぞいています。 メニューはこちら。 食事メニューが豊富です。 おにぎりのセットをいただきました。 「南洋緑咖哩燉雞」NT$270 まずは、グリーンカレーとおにぎりのセット。 副菜2種とミニデザート付き。 おにぎりは、5種類から2つ選べます。 こちらは、ベーコンおにぎ…

  • 大きな鳳凰の木の下で - 樹夏飲事 -

    台湾のいちばん南、屏東県の恆春。 そこにあった小さな廃墟と1本の木が、カフェに生まれ変わった。 横から見ると、廃墟の面影が色濃いけれど 正面にまわると、ガラス張りの建物と廃墟が、みごとに融合しています。 なんて格好良い建物なんだろう。 その建物を包み込むように立つ「鳳凰木」 満開になると、濃いオレンジ色の花に覆われます。 ガラス張りなので、店内にも光があふれる。 スイーツメニューはこちら。 ダークチョコレートのケーキをいただきました。 「70%苦甜巧克力蛋糕」NT$130 おともには、フルーツたっぷりのフルーツティーと 「一杯満満水果茶」NT$150 キャラメルラテ。 「愛曬太陽的焦糖拿鐵」N…

  • 食べて!踊って!台東の夜 - 雲棧部落音樂餐廳 -

    台湾原住民がたくさん暮らす台東。 台東には美味しい「原住民料理」のお店が、たくさんあります。 その中のひとつ、こちらのお店へ行きました。 入り口には、民族衣装のスタッフさんが並んでお出迎え。 そして、広い広い店内の 特等席に案内してくれました。 生演奏が行われるステージの、目の前の席。 ライブが行われるステージ。ステージ前の広場には、東海岸のマストアイテム・ブランコ 予約しておいて良かった! メニューはこちら。 ほんとうは、1番食べたかったのは「鹹魚木桶飯」 View this post on Instagram A post shared by Sibyl C (@astral_si) 注文…

  • 台湾海岸線めぐり・海の隣の「小さな魚の家」 - 小魚兒的家 -

    台東の海沿いにある「小さな魚の家」におじゃましました。 住んでいるのは小さな魚だけれど、 家は大きい。 建物2つに、広いお庭。 お庭からは、海が見わたせます。 台東の海は、深い青色 台東の広い空と広い海が見渡せる、抜群のロケーションのカフェです。 メニューの一部はこちら。 ドリンクメニュー。種類が豊富 ドリンク2品、料理2品を頼みました。 写真奥のドリンク「冬瓜檸檬」NT$60 この日は、5月初旬で30度超え。そして台東の強い日射し。 やっぱり冷たいスムージーが飲みたい! パイナップルスムージー「鳳梨冰沙」NT$120 あぁ、幸せ。 食事はチキンのホットサンド と、 タルタルチキンのホットサン…

  • 台湾式マカロンと紅茶の朝ごはん - 廟口紅茶 -

    渋さが際立つ老舗「廟口紅茶」に、朝ごはんを食べに行きました。 お店のはす向かいには「城隍廟」 廟の出入り口にあるから、”廟口”紅茶。 花蓮でもトップクラスの有名店です。 週末の午前中に行ったら、たくさんの人、人、人! メニューはこちら。 この日は頼まなかったけれど、カウンターに並べられていた「沙拉麺包(サラダパン)」 なんだか懐かしい気分になります。 注文したのは、「西點」と紅茶。 台湾の紅茶は、甘いのがベーシック。 甘い紅茶は苦手なのですが、このお店では少し飲めたので、気持ち甘さ控えめなのかも。 紅茶や酸梅などのドリンクは、2階でつくられています。 それがこの管をとおって、1階に降りてきます…

  • かわいいクマを食べました - 浪花丸 かき氷·島食 -

    ここ数日で、台湾のコロナ感染者が激増しています。 感染者数だけみれば諸外国に比べてまだぜんぜん少ないのですが(たとえば5/16発表の新規国内感染者数は206人/日)、ずっと市中感染ゼロで生活にそれほど大きな影響がなかった台湾。 今回の件でいっきに警戒レベルが上がり、緊張感が増しました。 私はちょうど先週から、台湾中国語(台湾華語)の勉強に本腰を入れはじめました。 しばらくのあいだは、おとなしく家で勉強に励もうと思います。 ちょっと前に行った台湾1周旅行。 紹介したいお店や場所がまだまだたくさんあるので、ブログはしばらく、そのときのお話を書かせていただきます。 というわけで、花蓮でかわいいクマを…

  • メニューはオンリーワンタン - 戴記扁食 -

    このお店には 、メニューがひとつしかない。 潔くてロックなお店。 オールドスタイルな外観に、ちょっとドキドキしながら入店。 メニューが1つだけなので、入り口で何人か、何碗かを伝えたら、注文は完了です。 お店の歴史とこだわりを、手書き&写真で紹介 花蓮名物の「扁食」 扁食は、ワンタンです。 スープには、セロリと油蔥酥(エシャロットを揚げたもの)が入っています。 しっかりとした味で、美味しい! 1つ1つのワンタンは大きくて、お肉がたっぷり。 皮はとても柔らかく、たくさんの「ひだ」がなんだかアート。 台北からの長旅で疲れたからだを、優しく癒してくれる逸品でした。 戴記扁食 花蓮縣花蓮市中華路120號…

  • 神社から教会へ - 新城天主堂 -

    花蓮県に、感慨深い教会がある。 こちらのレモンジュース片手に、教会まで散歩しました。 molitaiwan.hatenablog.com 新城天主堂は、神社の跡地に建てられた教会です。 神社の鳥居や灯籠はそのまま残され、教会の一部になっています。 ノアの方舟のようだと言われている天主堂。 横からみると、ステンドグラスがきれい。 天主堂の入り口にも、灯籠と狛犬。 この場所に神社が建てられた経緯には、日本統治時代の、日本人と台湾原住民との対立があります。 この地では新城事件、タロコ戦役とよばれる日本人と台湾原住民との争いがあり、双方にたくさんの犠牲者が出ました。 殉職した日本人を祀った石碑は、神社…

カテゴリー一覧
商用