searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ゆたたんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
収納しないブログ
ブログURL
https://yuringo738.hatenablog.com/
ブログ紹介文
持ち物を減らして「収納術不要」の暮らしを目指すブログ。 35歳のワーキングマザー。小3&小1の娘と、自動車整備士の夫の4人暮らし。
更新頻度(1年)

131回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2020/01/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゆたたんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゆたたんさん
ブログタイトル
収納しないブログ
更新頻度
131回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
収納しないブログ

ゆたたんさんの新着記事

1件〜30件

  • 「値下げしない洋服屋」で服を買いたい。

    日曜日が仕事だったので、本日の月曜日は代休。雪が降りしきるなか、歯医者とトンカツ屋(ランチ)と書店、デパートをはしご。 ゆたたんの住むまちは日本海側のとある地方都市でして、市内に百貨店はひとつしかありません。人口減がてきめんに進んでいます。 そんなまちの唯一の百貨店「デパートB」。ゆたたんはここで昨秋、ニットを2着、色違いで購入したのですよ。1着1万5000円くらいだったので、2着で約3万円。 けっこう奮発しましたが、ウイルス禍で「お出かけ用の服」を購入する機会がここ1年めっきり減っていたので、せっかくなら家でちょっと素敵な服を着て気分よく過ごしたいなあと思って。季節のはじめに、「定価」で買っ…

  • 靴クリームを、手放す。メンテナンス道具を放置した結果。

    今日は月イチの日曜出勤デー。勤務は午後からなので、ちょこっと掃除。 靴箱から靴を出して、敷板でも拭こうかなと思って手を付け始めたら… ちょこっと掃除…の、つもりだったのが… 玄関に、大問題が発生。 というか、玄関の靴箱に。 ↑上記に収納していた、無印のラタンかご(上から3段目)に、カビが生えていた!! ひええ。 中身は子供たちのマフラーが入っているのだけど、今まで全然気が付かなかった。いったい、いつからカビが生えていたのだろう… そして!! ここ最近出番がなかった冠婚葬祭用のパンプスにも、カビがあ!! さらに!! 1年以上はいていなかった夫のブーツ(くるぶし丈)にも、カビがあ!! ひええ!! …

  • デニムが1本もなくても、生きてゆけます。

    先週の爆雪に続いて、今週は朝から冷たい雨が降り続いています。 こんな日は、ふだんなかなか時間が取れない、洋服の手入れにいそしむことにしましょう、そうしましょう。 スカート裏の裾のほつれおハサミで取り除いたり、 ジャケットの袖口の毛玉を取ったり、 セーターにブラシをかけたり。 数が少ない分、1枚1枚に、きちんと愛情を注いであげたいよ。 幅1メートルほどの小さなスペースに収まるワードローブ。 夏服、冬服含めて40着ほどで毎日のコーディネートは、事足りる。 あらためて手持ちの洋服を眺めてみると、自分の好みがよくわかる。 例えば… ☆ジャケットは断然、ネイビー派。 ☆パンツより、スカートが好き。 ☆ト…

  • さよなら、ファッション誌。

    新型コロナウイルス禍で、圧倒的に手に取らなくなった(購入しなくなった)モノ。 その一つに、「ファッション誌」がある。 感染が本格的に拡大する前から、なんとなーく感じていたことではあったのだけれど↓ yuringo738.hatenablog.com 夏頃の第2波、年末からの感染の再拡大、そして首都圏をはじめとした「緊急事態宣言」の再発令。毎年、2、3回は買い物やらなんやらで出かけていた東京にも、昨年は1回も行かずじまい。それどころか急にテレワークが推奨されるわ飲み会も極力控えるようお達しが出るわ、軒並み外出の機会が減る始末。 つくづく… 「洋服」って、相当の割合で「対他者」のために纏うものだっ…

  • しまいこんだ古タオル、一掃します。

    もうね、地元では観測史上最大の積雪に加えて地味に新型コロナウイルス感染症も広がってきているし、おまけに除雪中のおじいちゃんがイノシシに噛まれてケガしたとかいうニュースを見ていると、気が滅入るわけです。 なんていうか、諦観? うん、いまのわたしの気持ちにぴったりの言葉だよ。 広辞苑(愛用の電子辞書に内蔵の第五版。古い)で「諦観」を引くと、「あきらめること」とありますな。 辞書のいいところは、ひとつの言葉に、誤解の余地のないシンプルな意味を与えてくれる点です。目の前の事象や心の動き、そういった形のないものを明確な言葉で表してみることは、とらえどころのない物事に輪郭を与えて、ためつすがめつ分析して、…

  • 「製菓用の温度計」の必要度。だって「料理は科学」だからさ…。

    雪により町内に閉じ込められた状態で終わった三連休。「お菓子を手作りしない」が信条の我が家に、増えたモノひとつ。 製菓用の、温度計です。↓ なぜ、急に? 小学生となり♡初恋の季節♡を迎えた娘たちが、来る来月の♡バレンタインデー♡に向けて、カップチョコづくりの予行練習をしたいと言い出したためです。 チョコレートは温度管理が重要…そして料理は、科学! 湯せんで適当にチョコレートを溶かしてもいいのだけど、せっかくお菓子作りに興味を持った我が子。サイエンスを学ぶきっかけになればと、近所のスーパーの成果コーナーに売っていた温度計(ケース付き700円くらい)を買ってきたよ。 80度のお湯で湯せんして、チョコ…

  • 「替えのシーツ」って、いる?

    寝室の窓から眺める景色はまぶしいほどに一面の白で、僕の目からは思わず涙がこぼれたんだ。 って、つまり雪が降りすぎて除雪が全く追い付かず泣きそうってことです。家で粛々と掃除洗濯する三連休だったな。それはそれで楽し。 さて、寝室。六畳の板張りの床に、家族4人布団(厚めのマットレス)を敷いて寝ています。シーツと枕カバーは基本、週1回のペースで洗濯。乾燥機を使うので、朝洗って夜には乾いてる。 ゆえに「洗い替え用のシーツ」は持っていなくて、家族4人で布団4枚、シーツ4枚。 たまに乾燥機かけ忘れた日は、バスタオル敷いて寝る。それでいいじゃん。洗い替えのシーツ保管する場所もいらないし。 シーツは毎週洗って毎…

  • 「自己満足」の極み。家で赤リップを塗る理由。

    ウイルス禍によるマスク生活で、化粧はどんどん、簡素化しておりまして。 ファンデも、口紅も、チークも手放してしまい、いまはクレンジング剤不要で洗顔のみで落とせる「石けんオフメイク」にはまっている私です。 ちなみに口紅を手放したのは8月末 ↓ yuringo738.hatenablog.com 石けんオフへの切り替えを始めたのが昨年の秋。 ↓ yuringo738.hatenablog.com チークとコンシーラーは年末に手放しました。 以前に増してすっからかんになった化粧ボックスの中に、きらめく2本。それでも手放さない、グロス2本。 「アルビオンエクシア」のピンク(PK102)と、 エトヴォスの…

  • スーツ2着を手放す。ウイルス禍で「仕事服選びの基準」が変化しつつある。

    この冬、2着のスーツを手放しました。 私のクローゼットのなかで、仕事服の「土台」となって支えてくれていた2着です。 インナーを変えれば、真夏以外活用できるスーツで、3年以上着用していたお気に入り。そろそろ生地の擦れが目立ってきて、着用感も出てきたので「手放し時」だなと決意し、お別れしました。 ちなみに、私がスーツを好む理由については過去記事に詳しく書いています。 ↓ yuringo738.hatenablog.com 「仕事服の土台はスーツ」だったわけですから、2着手放したならば新しいものを選びに行かなければいけないところなのですが。しばらく「スーツはお休み」しようと考えています。なぜか。 上…

  • 10年使った愛用品と、買い替えのタイミング。

    「ママこれあげる」と 小2娘(次女)が手渡してくれた、これ。 ↓ 床に落ちていたという、小指の爪ほどの大きさの、透き通った小片。 素材はガラス? プラスチック? なんだか可愛らしい品物の部品のようだけど…アクセサリーの一部か何かかしら? と、おもったらー。 ゆたたん眼鏡(家用)の「鼻当て」でした… 知らないうちに、劣化して外れていたらしい。 数日前から、何だが違和感あったんだよな…(気づけよ) 普段はコンタクトレンズをつけているので、眼鏡は風呂上りのみ使用の度があんまり強くないタイプ。もう10年近く使っているので、そろそろ買い替え時のようです。 ということで、今年の買い物リスト↓に、「眼鏡」追…

  • 静かな冬の日のトイレット。

    在宅で遭難しそうなくらい雪が降り続いていて家の外が真っ白です。 遠くからゴゴゴゴゴと大型重機の音が響いてきます。 除雪を担ってくださっている業者さん頼もしいです。 彼らも雪国におけるエッセンシャルワーカー。感謝感謝です。 当方の地域では大雪による外出自粛が呼びかけられております。 予定していたスマホの機種変更もキャンセルして、家の中で本読んだり掃除したりブログ更新したりしてゆっくり過ごそうとおもいます。 さて、トイレット。 我が家は掃除にトイレブラシを使っていないので、 掃除グッズなどはトイレ内設置の小さな戸棚に全て入れています (奥行15センチ、両開きの扉付き) ↓ トイレ掃除の際は、使い捨…

  • 税込3630円。自分のための買い物を、楽しむ。

    今年の目標。自分のための、ラブリーな買い物を楽しむこと。 少ないモノで暮らしたい欲求のかたまりのよーな私ですが、同じくらい、買い物も大好きなのです。 街角の小さな雑貨屋さん、近所の花屋さん、 きれいな色のコスメ。美しい装丁の写真集や画集。 繊細なデコレーションのお菓子。 センスのいいディスプレーを眺めてわくわくしたり、美しいものを見たり身に付けたりして満足したり。 そんな、「自分のための買い物」を、楽しみたい。 さて、そんな買い物「第1弾」。 商店街の雑貨店で、大判のハンカチ3枚と、缶入りの金平糖を購入。 ハンカチは1枚900円。金平糖は600円。 合わせて、税込み3630円。 ハンカチはウイ…

  • 「苦手な人」への態度は、シンプルに毅然と。

    年明けから、胸糞悪い話かも。すみません。 でも書く。 同僚Aさん(年上の先輩)としましょう。相手によって露骨に態度を変える方がいらっしゃるのです。 気に入らない相手には、わざとつっけんどんな返事をしたり、 電話をガチャ切りしたり。 はっきりいって、かなり大人げない、みっともない振る舞いを、平気でする、お方。 私自身が、そういった態度を取られているわけではないのだけれど、 後輩や同期(主に男性が被害にあいがち。)が、嫌な態度を取られているのを目にすると、こちらまで嫌な気持ちが伝染する。 Aさん、特に嫌いではない相手にはふつうに接するので、嫌な態度を取る相手を選んでいるのだと思う。 「相手によって…

  • 「もったいない」と、つぶやく前に。

    モノを手放す時、つまり捨てる時に躊躇してしまうのは 「モッタイナイ…」という意識が、胸の奥にあるからだよね。 モッタイナイ。MOTTAINAI!! 自分と家族にとって心地いい暮らしを築いていくために。 ここいらでひとつ、「もったいない」の意味を、きちんと把握しておこうじゃありませんか。 手持ちの電子辞書に入っている広辞苑(第五版。古い)で調べてみると、 「そのものの値打ちが生かされず無駄になること」 と、ある。 そう、「もったいない」とは、「値打ちか生かされず無駄になる」ことを指す。 決して、「モノを捨てること」を意味した言葉ではない。 その前提に立って考えてみれば。 例えば、「何年も袖を通さ…

  • 片付けを仕事にしたいワケでは、なかった話。

    収納術不要の暮らし、を目指してモノと向き合う日々を送る私36歳2児の母。 のらりくらりとブログ更新してるけど、一応、整理収納アドバイザー1級(ハウスキーピング協会)の資格を持っている。今はもう会費を払っていないので名乗れないけれど、「ライフオーガナイザー」(日本ライフオーガナイザー協会)の資格も「クローゼットオーガナイザー」の資格も持っていた。今はもう会費を払っていないけれど。(2回いう) どちらも2013年の前半に立て続けで取得したので、ちょうど8年前くらい? 次女が生まれて1年後くらいで、家の中が史上最高に(子供服やらベビーグッズやらで)混沌としていたころのこと。アパート住まいだったので収…

  • 「使わない理由」を考えてみたら。

    モノを「使い切る」って、達成感があって嬉しいですよね。 今年初!の使い切りアイテムは「ジョー・マローン」のボディ用クリーム。 ↓ ゴムべらで隅々まで、こそげ取って、乾燥しまくりの膝下に塗りましたよ。 甘い香りがなんとも贅沢な気分にさせてくれた「ネクタリンブロッサム&ハニー」。 空っぽの瓶が、嬉しいね。 瓶は取っておいたりせず、速攻で手放します。 このボディクリーム、購入したのは2018年の夏でした。使い切るまで、実に2年半もかかったのです。 なぜ? 多分、最初の「置き場所」がまずかった。 洗面台の横の棚に、置いておいていたのです。 ↓ 見た目も可愛い瓶なのでね、「飾る収納」にぴったりだなと。 …

  • まだ使える…でも手放す決断。

    モノを捨てられない理由は、いくつかある。 「高かったから」「痩せたら着られるかも(洋服の場合)」「置いてあっても邪魔にならないから(巨大な収納空間がある家庭の場合)」… そして、「まだ使えるから」という、金科玉条。 ちなみに、「まだ使える」は、「まだ使う」や「まだ使いたい」とは、まったく別の状態です。 「まだ使える」は、モノ目線。 「まだ使う」と「まだ使いたい」は、持ち主(人間目線)の感覚だから。 ある意味、「モノを捨てられない人」っていうのは、相手の目線で物事を考えられる、心の優しい人、と言い換えることができるかもしれない。 でも。 もっと「自分の目線」で、モノを残すか手放すかを、判断しても…

  • すべての持ち物の配置図を、頭の中に入れておきたい。

    「片付けのシミュレーション」は、家の中にいなくても、できる。 例えば、通勤中の車の中で。歯医者で歯石取り中に。スーパーのレジ待ちの列でも。 名付けて「脳内・エアお片付け」。 例えば、キッチンの食器棚。食器の数や並べ方、キッチンマットやコースターの置き場所にいたるまで。 必要なもの、お気に入りのものだけを残していれば、 「どこに、何が、いくつあるか」を、子細に思い浮かべることができる。 「モノたちの居場所」を、スペースごとに頭の中に入れておけば、 先述のような「隙間時間」に 「脳内・エアお片付け」を、人知れず楽しむことができます。 買い物をするときにも、「この大きさの皿なら、手盛ちのあのプレート…

  • 「手放して良かった行動」ベスト3を挙げてみた。

    私がモノを減らす理由は、モノを減らすことで管理にかかる時間を減らして、身軽にラクに生きたいから。 限られたお金・場所・時間という「かけがえのない資源」を、 自分にとって本当に大事だと思える事柄に、主体性を持って(ここ大事)投入していきたいから。 それは、形のある「モノ」だけではなくて、 日々の暮らしの習慣、「コト=行動」についても、似たようなことがいえると思う。 「みんながやっているから」「憧れの人がやっているから」という理由で、漫然と続けている生活習慣も、思い切ってやめてみることで違う地平が見えてくるかもしれない。 と、いうことで、私が2020年に「手放して良かったと思える行動TOP3」を、…

  • 2021年、欲しいモノTOP5。

    あけましておめでとうございます。 1年の計は元旦にあり、とのことですので、「今年買いたいモノのリスト」を作ってみることにしました。 お買い物は、計画的にネ☆ 【今年買いたいモノ①】 バスタオル&フェースタオル バスタオルとか使わんよ、フェースタオルで顔拭きも体拭きも手拭きも全部兼務というミニマリストさんも多いかと思いますが、うちバスタオル使いたい、だもんで今年は良いタオルを新調したいと鼻息荒くしておりますねん。 もう、うすら5年くらい使っているヘビロテタオルたち… バスタオルとフェースタオル、丸ごと全部取り替えたい。今年ことは。 ちなみに我が家のタオル考については、こちらもご参照ください。 ↓…

  • 今年最後の、冷蔵庫リセット。

    さあ、仕事納めしたよ。 というわけで、冷蔵庫を極限までリセット。 残っていた梅ジュース(原液)から、卵、納豆、ヨーグルト。 食べきった。 ↓ 残っているのは… バターとプルーン(保存ボックス入り)、もずく(小分け1パック) クッキー(箱入り)、夫のプロテインと水筒(中身は水) ドアポケットも、微妙に残っていたドレッシングを食べきり。 麦茶も飲み切り。 冷凍庫もすっからかんに。 ↓ 冷凍ご飯も冷凍餃子も、全部食べきり。 しばらく前に生協宅配で届いたシジミ(冷凍)が2パック残っていたので、 これまた少量、ジップロックに入れて冷凍したまま眠っていた長ネギと一緒にみそ汁にして飲みきり。 味噌も、使い切…

  • 2020年、小物類の購入費は13万7511円。

    大晦日イブですなあ…。 洋服の購入記録を総括したついでに、靴や小物類を含めた 被服費全般のリストアップも決行してみました。 暇かい? 暇なのかい? 私よ。 コーヒー淹れてみたよオシャレげな写真撮るためにね! さて、靴、下着類、タイツ、パジャマ(ヒートテック含む)の順で見ていきましょう。レリゴ! 【2020年・購入した 靴リスト】 ・ネイビーのパンプス(ダイアナ) ・ベージュのパンプス(同上) ・黒の晴雨兼用パンプス(ランバン) …計3足、3万8880円。 【2020年・購入した 下着類リスト】 ・ブラ&ショーツ(5セット) ・尻上げガードル(2枚) ・ナイトブラ(2枚) ・サニタリーショーツ(…

  • 2020年の洋服代、33万2418円だった件。

    2020年に購入した衣類をリストアップしてみました。 計26着。 アイテム別の内訳は、 ジャケット4着、カーディガン3着、トップス(半袖、長袖、ニット含む)11着、パンツ6着、スカート2着。 合計金額は、33万2418円。 ちなみに家族分ではなく、ゆたたん一人のみの金額… ひと月あたりの被服費は、約2万7700円。 自分で思っていたよりも、意外と服にお金を使っていました、私。 アナログに手書きリストアップですよ、えへへ。 ちなみに、今年購入した26着のうち、4着はすでにリサイクル煮出したりセカストに売ったりして、手放している。(メルカリ使わない派のミニマリスト) ヘビロテしたためにワンシーズン…

  • 眉毛ブラシ1本分の、喜び。

    イガリシノブさんのプロデュースブランド「フーミー」、通販で注文していた品が、届きました。 ↓ お風呂上がりの顔にシュシュッと吹きかける 「マルチオイルミスト」(左)と、 眉毛描くブラシ。 いままで、アイブロウパウダーの付属品で付いてる細ーいブラシを使っていたのだけど、微妙に使いづらくて。 Twitterでフーミーのブラシ使いやすいという話見つけたので、買ってみた。 ↓ もはや化粧はマスク着用が前提なので、 ファンデは石鹸で落とせるミネラルパウダー、 アイカラーもこれまた石鹸で落とせるものに切り替えています。 チークも、コンシーラーも、マットな口紅も。「マスクで隠れて見えなくなる部分」のアイテム…

  • 「節約」なんか、したくない。

    限られた収入のなかで、妥協せず「欲しいもの」を、選びたい。 ブランド品や高価な宝石、車、豪邸を求めているわけじゃ、ない。 行きつけのスーパーで、心から美味しいと思える、県産大豆を使った味噌を買いたい。 使い心地のいいボールペンを、環境に配慮してつくられたタオルを買いたい。 海外の労働者の賃金を不当に抑えたり、子供を過酷な環境で働かせたり、そんなことをしていない農場で作られたコーヒーやチョコレートを、買いたい。 「安さ」を買い物の最優先事項にしたくない。 ガソリンスタンドで、1リットル当たり5円安くなるキャンペーンを利用するために、休日に30分待ちの行列に並びたくない。 「小銭の節約」を、行動の…

  • 持ち物と「友情」を結ぶ、ということ。

    低燃費で生きていたい。 余計なモノを持たない。広くはないけれど、すっきりと整えた心地の良い場所で できるだけたくさんの時間を、大事な人と笑って過ごしていたい。 …ゆたたんの「理想の暮らし」を言葉にすると、上記のようになります。 家の中にあるモノたちは残らずすべて、唯一無地の友達のように 愛せるモノであってほしい。 で、世の中に親友と呼べるほどの中になれる人は、そんなにたくさんは、いない。 1人に親友に出会えることだって、奇跡だと思う。 モノも、同じ。そんなにたくさん、出会えない。 出会えることは、奇跡。 人間もモノも、一緒だと思う。 「ちょっと、いいな」では、選べない。 「みんなが素敵と言って…

  • ペーパー類の「備蓄」を、始めた話。

    年末の大掃除、とかは、特にしないけど、 家のなかを見回して、モノを軸に2020年を振り返ってみる。 想定外のウイルス禍で、我が家に新しくお目見えしたのが、 「洗面台の手拭きペーパー」。 ↓ 洗っては拭き、洗っては拭き。 けっこうな消耗品。 できるだけ家の中にモノを増やしたくない、 量も品目も、できるだけミニマムでいきたい主義。 んだもんで、 「手拭き専用ペーパー」ではなく、 台拭きにも掃除にも、キッチンペーパーとしても使えるような 「多目的」に使える品を選ぶことにしました。 ↓ 春先に、トイレットペーパーをはじめとした「紙類の品薄」を体験したので… これまで、使い切ったら購入、をモットーとして…

  • 洋服のコスパは「着用単価」の視点で考えよう。

    洋服の「コスパ」を考えるときには、「着用単価」という考え方が とても大事になる。 着用単価とは、 「購入価格」を、「着用回数」で割ったもの。 例えば、5000円のTシャツを10回着たなら、 「着用単価」は500円 になる。 「着用単価」を基準に「コスパ」を考えると、 ファストファッションや、セール会場での「衝動買い」を ある程度、セーブすることができる。 それは、「価格の安さ」が必ずしも「お得」だとは限らないということが、 感覚的に理解できるから。 例えば、さっきのTシャツの例。 ファストファッションで1000円で買ったTシャツだって、 ワンシーズンに2回しか着なかったら 着用単価は「500円…

  • 「着回し」なんか、考えない。

    クローゼットを快適に保つためのヒントは 「着回しを考えないこと」だと思います。 少ない服で、日々、ストレスなくコーディネートを楽しむ。 そのためには、「あのスカートにも、このパンツにも、何となく合うセーター」を持つのではなく。 「この、白い冬物の膝下スカートに合わせるとめちゃめちゃ可愛い毛足の長いふわふわセーター」を、1枚だけ持っていたほうが、 結果的にストレスなく、装いを楽しむことができると思うのです。 毎日、違うコーディネートで会社に行く必要なんてない。 気に入ったコーデが4、5パターンあれば、 それを順繰り、回していけばいい。 「どんなボトムスにも、何となく合うセーター」、 それって、 …

  • 「一軍の洋服だけのクローゼット」は、無理がある。

    「気の合う友達」みたいな洋服だけが詰まったクローゼットを、めざしたい。 昨日は、夏服から冬服、フォーマルまでクローゼット内の洋服を総点検。 全部で44着ありました。 ↓ 購入価格と、購入した時期も書き出してみました。 いま、手持ちの洋服で最も「古参」なのは、 2015年前半に購入した、2枚のボーダーカットソー。 どちらも「トゥモローランド」で買ったもので、 購入価格は、 白×黒が6600円、 黒×ラメが7350円。 着用回数を調べてみたら、白×黒は計50回、 黒×ラメは99回も着ていました。 「着用単価」は、白×黒が「132円」。 黒×ラメは、なんと「74円」!! だいぶ、着古してきた。 暑す…

カテゴリー一覧
商用