searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

優多りんごさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
収納しないブログ
ブログURL
https://yuringo738.hatenablog.com/
ブログ紹介文
持ち物を減らして「収納術不要」の暮らしを目指すブログ。 節約するより、楽しく働いて稼ぎたい。小学生の娘2人と、36歳の夫の4人暮らし。
更新頻度(1年)

168回 / 365日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2020/01/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、優多りんごさんをフォローしませんか?

ハンドル名
優多りんごさん
ブログタイトル
収納しないブログ
更新頻度
168回 / 365日(平均3.2回/週)
フォロー
収納しないブログ

優多りんごさんの新着記事

1件〜30件

  • かさばらないモノだからこそ、手放そう。

    今年も残すところあと3か月あまり… 早いね。郵便受けに、年賀状印刷の早期割引のお知らせDMが入っていて、もうそんな時期なのねとしみじみ秋の訪れを感じております。 私自身は、もうほとんど年賀状はやり取りしない生活にシフトしているのですが(遠方に暮らす大学時代の友人に、近況報告を兼ねて4、5枚出すくらい)。 夫は会社関係の儀礼的なやり取りを続けているので、毎年150枚くらい書いてるっぽい。で、毎年それくらいやり取りしていると、年賀状のお年玉ナントカってやつで「切手シート」が3、4枚当たったりする。 切手って、もはや日常生活ではほとんど使わない…。 だったら交換しなければいいのに、やはり人間の性で郵…

  • 「ママ友」はいないけど、私は元気です。

    小学生の娘を2人、育てているのですが そういえば「ママ友」という存在が1人もいません。 そもそも「ママ友」の定義というのがよく分からないのですが 「子どもと同じクラス及び学年の子どもの保護者で、日常的に連絡を取り合うなど校外での交流のある人」という意味では、思い当たる限りでは1人もいません。 1年生のころは登校グループの保護者同士でLINEグループ作っていたけど(今日寝坊したので学校は車で送りますとかの諸連絡をする)、それも今や稼働していないしな。 子供たちは、子供たち同士で、どうぞ仲のいい友達と勝手に仲良くしておくれ、って感じで。親同士が必要以上に交流する必要性をあんまし感じないというか、む…

  • 古いブラジャーは、店舗で回収してもらう。

    持ち物にも、新陳代謝が必要ですよね。 新しいモノを手に入れたら、古いモノを手放していく。 そのサイクルを「片付け」とよぶ。 さて、9月に入ると同時に年一回の片付けルーティン「下着の総入れ替え」を実施したところですが↓ yuringo738.hatenablog.com 新しい下着を買ったなら、古い下着を手放すところまでを含めて「片付け」です。 家に着くまでが遠足、っていうアレと同じですね(違) とはいえ、ブラジャーを可燃ごみとして自治体の回収に出すのは心情的にモヤモヤが残る。 下着って、皮膚の一部ともいえるプライベートな衣類だから、ごみ袋に入れる行為にもちょっと抵抗がある。 そんなわけで、私が…

  • モノを減らして、何を得たいの?

    必要ないモノを手放して、手放して、「無駄」をとことん減らした結果、一周回って、なぜか「無駄なものごと」を、以前よりも愛おしく感じるようになった。 例えば、夜空を見上げて月を眺めること。空気のにおいをかぐこと。うさぎの形をしたまんじゅうを食べること。 季節ごとの月に風流な名前をつけたり、わざわざまんじゅうをウサギの形に仕立てたり、今夜は月が綺麗ですねと気になるあの人にLINEを送ってみたり。 なんとも無駄。そして、なんとも愉快で素敵な無駄。 モノを減らして、増やしたいのは、こういう「役に立たない、素敵な無駄」。 私が1番ほしいのは、美しくて、愉快で愛らしい「無駄な時間」なのです。

  • エコバッグ、全然エコじゃなくない?

    怒ってます。あたい、怒ってマッス! なぜかって? 帰宅したら、郵便受けに、「ご愛顧に感謝」という名目のごみ(粗品と呼ぶらしい)が放り込まれていたからさ。 中身は、へんな迷彩柄の「エコバッグ」だったわさ。 いらねえ~。つかわねえ~。 社名の入ったエコバッグ、いらねえ~。心の底から、200%ごみ~。そっこー、捨てる~。 だけど、「未使用の品」をごみ袋に入れるのって、環境を大切にしたい派のあたいにとっては身を引き裂かれるくらい辛いコトなんだわ。 かといって、200%のごみを家のなかに1日たりとも置いておきたくないの。 心を鬼にして、捨てるッ! こんな…こんな理不尽なことって、ある? 勝手に200%完…

  • 仕事着を「白いブラウス」で統一しようと思う

    秋、来る。 秋冬の仕事服は長袖の薄手ブラウスにジャケットを羽織って、下はタイトスカートにタイツ合わせ、というのが定番です。 ブラウスは5、6枚をヘビロテで着るので、10月から4月まで約7カ月間、みっちり着まくると1シーズンで傷みが出てくる。昨シーズンの秋冬用ブラウスは、季節の終わりに買い足した白いブラウス(ソージュのシルクブラウス)1枚を残して全てリサイクルに出してしまったので、今年は買い足しが必須。 と、いうわけで、早速、ZOZOで注文を済ませました。早割で10%オフだった上に、タイムセールで1000円の割り引きが付いた。シーズン終わりのセールで「値引き」されている服を見るのは、うらさみしい…

  • 「断る」という、習慣。

    週末、娘と一緒に本屋さんへ行ってきました。店頭では、まだ夏の文庫フェアをやっていた。読んでみたいと思っていた小説があったので、新潮文庫コーナから1冊を手に取ってレジへ。 お会計を済ませた後、店員さんがレジ下から、おもむろに何かを取り出した。 手のひらに乗る程度の、小さな「うちわ」が、4枚。 (店員さん) 「文庫をお買い上げの方にノベルティを差し上げています。お好きな栞(しおり)を一つ、お選びください」 どうやら、うちわではなく「うちわ型の栞」だったようです。 文庫のオリジナルキャラクターが印刷されていて、けっこう、かわいい。 つい、その中の一枚を選びそうになる。 …けれども。 (私) 「ありが…

  • 悲しい結末になりがちな、液体調味料の話。

    ああマズイ、、やってしまった。気を付けていたはずなのに、やってしまった。 「特殊調味料」の、賞味期限切れ…。 以前、義母から頂いた「根昆布だし」(液体)。500ml入り。 プラスチックのボトルに入っている。常温保存の調味料置き場の奥から、出てきてしまったよ。普段は特別に気にならないのに、ふとしたときに「なんだこれ?」と手に取ったボトルはたいてい、危険。はい切れていました賞味期限、2021年3月に。半年も前だね。半分くらい使った形跡があるけれど、ボトルには「開封後は要冷蔵(10度以下)」って書いてある。そもそも常温保存していたのが間違っていた。ふたを開けて匂いを確認する勇気はない。SUTERUし…

  • 「仕事用のトップスは6枚」が、最適解かもしれない。

    土曜日、平日(月~金曜)の5日間に着用した仕事用のトップスをまとめて洗濯しました。 MAWAハンガーに干して、乾いたらそのままクローゼットに持って行くパターンです。 おしゃれ着洗いは花王のエマールを愛用。 手持ちの洋服は、アイテム種別にエクセルで管理しています。購入時期と購入価格、月ごとの着用回数を入力して、定期的に「着用単価(購入価格を着用回数で割った数値)」をチェックする↓ 現在、手持ちのトップスは8枚。 そのうち6枚が「職場にも着ていくことを想定したアイテム」です。平日(月~金)に洗濯しなくてもOKなように最低5枚と、予備の1枚を含めた私にとっての「必要数」です。おしゃれ着はタオルなど家…

  • ミニマルに、ひっそりと、でも飾りたい。

    ミニマルな暮らしを心掛けつつ、ちょっとした遊び心は忘れずにいたいよね。 我が屋敷における、ちょっとした「遊びスペース」の一つが、テレビ台の上に設置した飾り棚です。地元の家具屋で売っていた棚を、(夫が)虫ピンと金具を使って漆喰の塗り壁に取り付けてくれた。 かわいいものを飾るって、楽しおす。 サンエックスの人気キャラクター「すみっコぐらし」のミニヌイグルミやらミニ消しゴム(コラボぷっちょの景品)やら駄菓子ガムの包み紙やら。 油っぽいから残されちゃった「とんかつ」と、かたいから残されちゃった「えびふらいのしっぽ」推しです。 子どもたちの趣味ではなく、完全に母(私)の満足のために飾られています。 だっ…

  • 「色違いで、買わない」という選択。

    秋冬のパジャマは、ユニクロの「ウルトラストレッチセット」(2990円)を愛用しています。毎年、9月の初めに2、3セットを新しく購入するのがルーティン。9月半ば~4月半ばの約8カ月間、毎日順番に着て洗って乾燥機にかけて、ヘビロテで活躍するユニクロパジャマ。今年も新調シーズンがやって来た。という訳で近所のユニクロ詣でをしてきたよ。 パジャマを買い換えるにあたって、ことしは一つの確固たる信念があった。 それは「色違いで買わない」と、いうこと。 ユニクロのルームウエアは、同じ形でも多様な色柄を展開しているので、これまでは「色違いで3セット」といった買い方をしていたのです。 黒ボーダー1着と、茶色ボーダ…

  • Tカードとスタバカードを、モバイル化。財布が1グラム単位で軽くなっていく。

    引き続き、財布のミニマル化を進めています。週末、いつも財布に入れて持ち歩いていた2枚のカードを「モバイル化」しました。 「Tカード」と、「スターバックスカード」です。 Tカード。 ポイント収集には無頓着なので、Tカードは潔く手放してしまおうかとも思ったけれども、スマホのアプリにポイントを移行。画面を提示すれば実物のカードと同じようにポイントを貯めて使ってができるので、ひとまずカードを持ち歩く必要はなくなりました。アプリもいちいち開くのが面倒になったら、いよいよ削除するかもしれません。 スターバックスカード。 このカードを作ったきっかけは、私がメインで使っているJCBのクレジットカードの優待サー…

  • 30年モノの「テレホンカード」を、手放した話。

    引き続き、財布のミニマル化を進めている優多りんごです。 長財布からミニ財布に替えたのを機に、これまで漫然と財布に入れていたカード類の見直しに着手しています。 出てきた、出てきた、出てきたよぉ~。ほぉーら出てきた。 30年モノの、「テレホンカード」。通称テレカ(知ってる) モチーフは、マウントFuji。なんだかメデタイ。テレカの裏面に「1991年4月16日 山梨県 山梨支社発行」と印字があるから、正真正銘「30年モノ」であります。 50度数。使いかけで28度数くらいのところに丸くポチっと穴が空いている。下の方は白く摺れてしまっている。 なぜ、、昭和・平成時代の遺産ともいえるテレカが財布の中に入れ…

  • 「付属の部品」を、捨ててみよう。

    夏場の休日は一日中、家でアイスコーヒーを飲んで過ごしているわけななのですが、アイスコーヒーの合間にアイスティーも好んで摂取しています。 お伊勢丹で買ったガラス製のジャグに水出し紅茶パックをぽんと入れて一晩、冷蔵庫に入れておくと朝にはちょうどいい感じに抽出されています。 今夏はシャインマスカット風味に夢中になり、浴びるように飲んだわ。 さて、このガラス製のジャグ。内側にプラ製の「容器」がはめ込まれています。 ちょうど良く紅茶が抽出された後に、この内側の容器だけを引き抜けば、紅茶パックが取り除ける仕組み。分解図↓ ひと夏、使ってみて、ふと気づいた。 「この内側の容器、なくてもイケるんじゃあ…?」 …

  • 小銭入れを買った話。ミニ財布と2個持ちで荷物を軽量化。

    目下、「お財布のミニマル化」を進めています。 社会人になってから約15年、これまでずっと長財布を使っていたけれど、 キャッシュレス社会の流れもあり、先日ついに「ミニ財布」にチェンジ。 きっかけは、財布から期限切れのクーポンが出てきたこと。 再来店で100円引きとか、10%引きとか、店側の集客戦略にいちいち振り回されるいじましい自分に別れを告げたいと一念発起しました。詳しくは過去記事に↓ yuringo738.hatenablog.com さて、新しく使い始めたミニ財布ですが、いかんせん小さい。ミニと銘打ってるだけのことはある。キャッシュレスが進んだとはいえ、一定の現金は持ち歩く必要がある。 ミ…

  • 「手作り信仰」を、捨てよ。

    私は、ジャムを煮ません。ケーキも焼きません。天ぷらも揚げません。セーターも編みません。夜なべをして手袋を編むなんて論外です。 これらのものは、手作りするより、信頼できる店で買ったほうが美味しいし見た目にもきれいだし、時間の節約になることが明白だからです。 働いて、お金を稼いで、自分の好みのおいしくて美しいものを心置きなく買うのが、私の人生の楽しみの一つです。 過度な「手作り信仰」を捨てると、とても気持ちが軽くなります。 料理が得意ではなく好きではないなら、毎日お総菜を買ったって、いいのです。 掃除が得意ではなく好きではないなら、お掃除ロボットに頼ったり、ハウスキーパーさんを雇ったりして、いいの…

  • 「メルカリ」も「ポイ活」も、やらない派。

    どうにも性に合わないのでやっていないことが二つあります。 一つが「メルカリ」及びそれに類するフリマアプリ。 もう一つがポイ活。 「もう使わないな」と判断したモノは速攻、手放していきたいので、出品するための写真を取ったりアプリで購入希望者とやりとりしたり、梱包したり発送したりといった途方もない手間をかけるのが、けっこう苦痛で。 一度、チャレンジしてみたものの、それ以降は出品側としては、ほとんど使っていません。購入側としては時々つかっていますが。 非メルカリ派の体験記はこちら↓ yuringo738.hatenablog.com 「もう使わないモノ」のために収納スペースや貴重な時間を費やすのが、逆…

  • 下着は、一括入れ替え派。ブラを4枚、ショーツは6枚。

    下着の交換頻度は年1回、夏のボーナスで一括購入、というのが、ここ数年来のルーティンです。ブラとショーツを全て、一度に入れ替えます。 おととしは上下4セットで回していたのですが、洗濯が間に合わなくて焦ることが時々あったので、去年は5セットに増量し、ユニクロのブラトップ2枚を追加購入。ほぼ支障なく過ごすことができたのですが、ショーツ5枚を一年で回すと、ちょっと傷みが早い気がするのが、気になっていました。 この状況を加味して、今年の「下着買い換え計画」を立案。以下。 ①ブラ4枚②ショーツ6枚③ブラトップ(ユニクロ)2枚ショーツを昨年から1枚増やして、6枚に。これらを一括で購入し、古いものはまとめて手…

  • 財布のミニマル化。期限切れのクーポン、悲しや。

    職場の近くにある、おいしい韓国料理屋さん。1000円ちょっとで、とろとろのサムギョプサルと水餃子の定食が食べられる。キムチとスープも付いて、ご飯も大盛りで満腹。 週1ペースで食べに行っていたのだけれど、このところ外食を控えていたので、気付いたら1カ月以上、食べに行っていなかった。 先日、財布の中身を点検していたら、7月半ばに、家族で食事したときにもらった900円分のクーポン券が財布のなかから出てきたよ。クーポンの期限は8月17日で切れていた。ちょうど1週間前だ。 ああ、期限切れのクーポン、悲しや。 このご時世ですからね。でも、チヂミやチゲやキムチの持ち帰り商品もあったし、ちょこっと顔を出して購…

  • 洋服を、「美しく健やかに」消費する。

    あ、この本、絶対に「刺さるやつ」だ…。 紀伊国屋書店で背表紙を見た瞬間に、久々に直感した本。 「すこやかな服」(マール コウサカ著/晶文社) たった一着の服が、自分だけではなく見える世界さえも変えてしまうことを知っている ー「はじめに」より 著者のマールコウサカさんって? 著者紹介欄により引用します 1990年生まれ。東京都出身。大学卒業後、文化服装学院のⅡ部服飾科(夜間)に入学。2016年、在学中にファッションブランド「foufou(フーフー)」を立ち上げる。細部までこだわった美しい服はもちろん、今までにない新しいスタイルの販売方法が注目を集める。それは実店舗を持たず、製品は自身のSNSで公…

  • 詰め替えボトルは、買わずとも。

    日用品のパッケージは「剥く派」です。 シャンプーやボディソープ、各種洗剤などの液体を詰める、スプレーボトル。 市販のオシャレボトルに詰め替えてもいいけれど(私も手洗い用の泡ソープは陶製の市販ボトルに詰め替えてます)、表面の派手なフィルムを剥がすだけで、かなり見た目はスッキリス。 週末の家事ルーティンの一つが、「洗剤類の補充」。ボディソープやハンドソープ、寝ぐせ直しスプレーなどを、詰め替えボトルに足す作業。ストックが空っぽになったら、買い出しメモに追記しておく。 ドラッグストアの売り場って、多種多様な洗剤や化粧品のパッケージがずらっと並んで、それぞれの香料が混ざり合った独特の臭気も相まって、長時…

  • 捨てる私は、冷酷ですか。

    いろいろなものを手放してきた。 洋服もアクセサリーも写真も手紙も、36年間の人生で「得てきたもの」全てをそのまま保管していたなら、収納スペースがいくつあっても足りないから。「今」の自分に必要なものを見極めて、必要でなくなったなら、感謝の気持ちを込めて手放す。そして、安易に物を買ったり貰ったりせずに、必要なものかどうかをきちんと見極めて家の中に入れる-。 このサイクルを、人生の中でくるくると回していくことが大事、と思って、暮らしている。 だから、私は、誰かからいただいた「プレゼント」も、時期が来たら、手放していく。 友達でも、家族でも、恋人でも。 大切な人からもらった「プレゼント」って、嬉しいよ…

  • 「おしゃれな人」が、好き。

    たくさんの洋服を持っている人を「おしゃれ」だとは思わないし、突飛な恰好をしている人が「おしゃれ」だとも思わないし、高い服を着ているから「おしゃれ」なわけではないと思うけれども、私は「おしゃれでいたい」と思っている人を好きだなあ、と思う。 「おしゃれでいたい」と思う時、特に「装い」に特化した場面で考えてみると、それはその日に自分が会う人に対する「敬意」の表れだと思うから。 デートのときに、彼氏が新品のシャツを着てきたら嬉しい、と思うタイプです。そのシャツが高価なものか、センスが良いかどうか、似合っているかどうかは別として、「彼女のために、素敵な装いをしよう」と考え、行動してくれたことに対して、敬…

  • 空っぽのボトルに、達成感を感じる日々。

    基礎化粧品を使い切ると、なんだか大きな達成感を得られる。この感覚は一体、なんだろう。飽きることなく、一つのモノの命を最後まで余すところなく生かすことができたという喜びに通じるのかもしれない。まあ、化粧品は消耗品だから、毎日使い続けていればいつかは使い切る日が来るものです。 今週末は、たまたま同時に2種の化粧品のボトルがカラになった。 エトヴォスの美容液(モイスチャライジングセラム)と、フーミーのマルチオイルミスト。 化粧品を使い始める時に、パッケージの裏に日付を書いたシールを張るのが習慣。使い終わった日に逆算して、化粧品のコスパを求めるためさ。あと、化粧品の「消費期限」を意識して使うことで、開…

  • 「なんもしない休日」に、胸を張る。

    お盆の帰省を取りやめて、結婚して初めて、一人で自宅で過ごすお盆休み。 墓参りも行かず…親戚の飲み会にも顔を出さず…ほとんど外出もせず… アクティブな「活動」は、なーんもせずに過ごした3日間でした。 一人の食卓は、台所が汚れない。近所のカレー屋さんでテイクアウトしたスパイスカレーとお惣菜をつまみに、昼からキリンラガーをぐびぐび。 ↓ちなみに、帰省を取りやめた経緯は、こちら。 yuringo738.hatenablog.comna 13日からの三日間、まさに「なんもしない休日」を全うしたよ。まあ…なんもしない、っていっても、いろいろと取り組んだことはある。以下、列挙。 気が向いたら座布団を枕に昼寝…

  • 成城石井のアイスコーヒー。「100円の価格差」についての考察。

    ひとり自宅で過ごすお盆休み。昼ビール飲むしかないでしょ。近所の酒屋さんに買い出しに行ったら、成城石井コーナーができてて紙パック入りコーヒーが売っていた。 2種類。価格が違う。どちらも1リットル入り。 普通のやつ(299円)と、オーガニック表示のもの(399円)。 その差、100円。この価格差にどのような有意性があるのか気になったので、両方買って飲み比べてみることにしたよ。1人で過ごすお盆って、こういう気まぐれな試みができるから楽しいね。ルルン。 左(黒パッケージ)が普通のアイスコーヒー(299円)、 右(黄土色パッケージ)がオーガニックアイスコーヒー(399円)。 オーガニックの方には「有機J…

  • 帰らない嫁。

    きょうは、毎年恒例の墓参りの日。 夫の実家(車で約30分の県内)に帰省する予定だったのだけれど、 直前で取りやめました。 新型コロナウイルスの感染が、私の住む地域でも拡大していることを踏まえての判断です。一足先に夏休みを取っていた夫は、すでに2人の娘を連れて実家に帰省中。 結婚して13年目、初めて一人で自宅で過ごすお盆です。 実家には、夫のきょうだいも家族を連れて帰省中。 みんな県内在住者とはいえ、親戚が大人数で集まれば感染リスクが高まるのは、確か。 夫は「大丈夫だよ」と楽観視してますが、心配性な私の性格をよくわかっているので、「帰省取りやめ」の判断を尊重してくれました。 帰省するのか、しない…

  • 彼女はジャムを煮ないし、パンも焼かない。

    家でジャムを煮たり、しません。 ジャムは、私にとって「店で買うモノ」もしくは 「義母から頂くモノ」で、あります。 近所のケーキ屋さんがインスタに上げていた、桃のジャムが非常においしそうだったので、買いに行ってきた。白桃と黄桃の2種。どちらも地元産の桃を使ったもの。 今朝は黄桃のほうをパンに付けて食べた。味も香りも濃くて美味なり。 とっても黄色だよ、黄桃のジャム。 「餅は、餅屋」っていう言葉が、私は好きだよ。 餅は、餅屋がついたものが一番、美味しい。だって、専門家なんだもん。素人じゃなくて、プロなんだもん。 ジャムを煮ないのと同じ理由で、私は家で揚げ物もしないし、パンも焼かないし、お菓子も作らな…

  • 「石けんオフメイク」が、石けんで落ちない問題。

    クレンジング不要の石けんオフメイクに切り替えて、約1年。 ベースメイクは、パウダー状の下地とファンデをブラシで顔に乗せて完了、なんだけれど、夏場はより日焼け対策を強化するため、パウダー下地の前に日焼け止め(液体タイプ)と、仕上げにUVパウダーを追加しています。いずれも軽い着け心地にもかかわらず、SPF50と頼もしいスペック。 気に入って使っているのだけど、重ね付けしているせいか、なかなか石けんだけの洗顔では落ち切らない…。特に小鼻の横や目の際に、日焼け止めやパウダーが残っている感じ… やっぱり日焼け止めをしっかり塗ったときは、「石けん洗顔」の前に、軽くクレンジング剤を使ったほうがいいのかもしれ…

  • 鍋は、いくつ必要ですか。

    大量のラタトゥイユを煮た鍋、冷蔵庫にしまう前に粗熱を取っているところ。 煮込み料理に重宝するル・クルーゼの鍋、結婚祝いで大学の同期に頂いたもので、12年間大事に使っている。地味な台所に彩りを与えてくれるオレンジ色。 思い立って台所の鍋類を数えてみた。数えるほど持ってないけれど。 ↓全部で5種類。ル・クルーゼはサイズ違いで2種類ある。 ①ル・クルーゼ(オレンジ・大) ②ル・クルーゼ(赤・小) ③フライパン(レミパン) ④玉子焼き器(無印良品) ⑤ほうろうの両手鍋 ↑この、ほうろうの両手鍋は中段に網が付いていて、蒸し料理にも対応。大振りなので素麺やパスタ茹でたり、枝豆を大量に茹でたり、豚汁を大量に…

カテゴリー一覧
商用