chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
風がページをめくる https://kazegapagewo.blog.jp/

風まかせに読んだ本のメモです。ただいま2500歩。 絵本やマンガが多いこのごろです。 今の自分は読んだ本で出来ているカモネ。

引っ越しの条件は、駅近、図書館近。

風の小夜
フォロー
住所
東京都
出身
東京都
ブログ村参加

2019/02/12

arrow_drop_down
  • 『明日も生きていこうと思える絵本101』赤木かん子著

    絵本は楽しくて愉快な物語だけではなく、子どもたちにいろいろなことを知ってほしい、子どもたちの力になりたいと願って作られているものが多く、大人が読んでも面白い、読みごたえのあるものがたくさんあります。絵本の強みのひとつは”短いこと”、10分ほどで読み終われる

  • 『おおきなおおきな にんじん』刀根里衣作

    6匹のうさぎのきょうだいが大きな 大きな にんじんを みつけました。6匹のうさぎのきょうだいはこのにんじんでみんなが にっこりする 使い道を考えることにしました。ヨット、飛行船、お家‥なにが できるかな?たしかにウサギに見えるけど、こんなウサギはいないよね

  • 『なんかひとりおおくない?』うめはら まんな著

    じいちゃんちは、大きな茅葺屋根の家。今年の夏休みも、いとこたちが集まって、みんなでお泊りだ。かくれんぼやドッジボール、スイカ割りをして遊んでいると 知らない男の子が…。じいちゃんにきいたら、座敷童‥。そっか「またね」 ひろいおおくない?楽しい夏休みの間の

  • 『雑菌主義宣言』齋藤孝著

    不愉快な刺激やわずらわしい事柄などに対して、心の免疫力を。雑菌=厄介でわずらわしくて不愉快なこと。不況を生き抜くために必要なのは、雑菌力だった! 「いまの君のままでいいんだよ」のぬるさに気づけ!雑菌を受け入れる感覚を持つために率先して発酵食品を食べる。酒・

  • 『ゆうやけにとけていく』ザ・キャビンカンパニー作

    ジャングルジムのてっぺんでバンザイしている男の子。小石を蹴るふくれっつらの女の子。買い物帰りの親子、アルバムを見ている祖母と孫、お風呂で涙を流す女の子…。それぞれの感情を、夕焼けがやさしく包み込む。今日一日の喜びと悲しみが、ひと筋の光りとなって、空にとろ

  • 『かゆみをなくすための正しい知識』順天堂かゆみ研究センター著

    昨年の夏の終わり頃プツッ プツッとこれがとっても痒くてこの春からも脚にできてもちろん皮膚科に診てもらいお薬は効いてくれていますが、原因は‥鉄欠乏性貧血 ブツブツ、シミ貧血ではありませんが、ギリギリなのです。シミもあります。しっかり摂ります。レバー、赤身肉

  • 『アンとおじいちゃんの妖精図鑑』のぶみ作

    「妖精ってホントにいるの」とおじいちゃんにたずねたアン。おじいちゃんは「妖精は目で見ようとするんじゃなくて感じようとすることが大切だよ いないじゃなくて、どんな妖精がいるかな?と思って花を観てみよう」と教えてくれた。そこへママが恐い顔でやって来て‥自然への

  • 『けったいな生きもの ぴかぴか深海生物』エリック・ホイト著

    表紙のクラゲはクロクラゲのなかまワレは、この細いうでにふれたものをつかまえるナリ。真っ赤な色は、深海では黒く見えるので、だれにも気づかれないナリ。ワレらに脳はないナリ。と生物が話しているような解説文なの。ボクは、わしは、あたくしは、おれは、など。大西洋を

  • 『自分をよろこばせる習慣 今日からうまくいくシンプルな77のこと』田中克成著

    「喜」は、外側から「よろこべる何か」がやってきたときに湧いてくる感情の時に使う漢字です。「悦」は、一言で言うと「自己満足」で湧いてくる感情で、自分の内側から湧いてくるよろこびの時に使う漢字。自分の「悦び」を探すだけで、幸せな人生を手に入れる。すべての物事

  • 『今日も散歩が待っている』山田優子著

    表紙の漫画でキュンとしてしまいます。飼い主さんの気持ちがわかってる。犬にはそんなイメージがあります。犬と暮らす飼い主さんが遭遇した愛犬とのオモシロ体験やほっこりとした時間、愛おしいと感じる瞬間を漫画化して収録。

  • 『露出と色と光りの撮り方教』川合麻紀・川合卓也撮影

    露出はあなたの見ているシーンそのものです私は、いいなって思ったモノをパッと撮る、メモ写真なのですが、ちょっとの露出補正で ずいぶん変わるのですね白飛びや黒つぶれを恐れず積極的に露出を変えるそのほうが、自分の印象通りに撮れることもありますよね。露出と色と光

  • 『なかよしかぜ』角野栄子作

    天気予報です、今日は‥‥ところにより『なかよしかぜ』が吹くことがあります。あれ、へんなこと言ってるなぁ。僕はワクワクしてお出かけして、風船を買った。すると 不思議なことが‥なかよし風は 何をつれてきてくれるかな?タイトルに「かぜ」とついているので目に留ま

  • 『3びきのかわいいオオカミ』ユーリーン・トリビサス著

    ふわふわの毛皮に、ふさふさの尻尾を持つ3匹のかわいい狼。一番上の兄さんは真っ黒、二番目の灰色、末の弟は真っ白。ある日お母さんが言いました。おまえたちは広い世界に出ておいき。そして自分たちのお家をつくりなさい。3匹はお家をつくって楽しく暮しはじめると大豚がき

  • 『日本一ズボラな炊飯器レシピ100』炊飯器ブラザーズ著(2870)

    私にピッタリ材料を入れて炊飯のスイッチを押すだけなのです。それも「ふつう」モードでいいんです。私は、サツマイモは炊飯器で蒸かしています。なので、抵抗はありません。無水カレー豚の角煮おでんビビンバ豚バラ大根チーズパンケーキ全部炊飯器でOKつくりたいけど、ご飯

  • 『風流江戸雀/呑々まんが』杉浦日向子著(2869)

    江戸時代の川柳をまんがにしているようです。なので、おもしろい、たのしい、ほほえましい。江戸風流雀はひと月に一句の12ヶ月正月:女房をちっと見直すまつのうち古川柳針箱を探すと女房とんでくる 何を隠しているんでしょうね ウフフ出合いする上をひばりは舞って居る江

  • 『ねことじいちゃん10』ねこまき著(2868)

    岩合光昭さんの映画にもなった。ねことじいちゃんのシリーズです。大吉じいちゃんはネコのタマと二人暮らし。幼なじみの巌さんと、小学校時代に隠した宝物を取りに行き…。四季折々の14話。大吉じいちゃんとタマの日常の一コマにほっこりする。心があたたかくなるコミックエ

  • 『ようかいむらの しとしとあめふり』たかいよしかず作絵(2867)

    ようかいむらに 雨の季節がきました。ところが・・・雨が降りません。そこで 雨女のしとしとさんに 雨を降らせてもらうことにみんな おもいおもいの傘をさしています。おまけ:この本の中に カエルは何匹いるでしょう。足音がするので振り返るとそこには誰もいませんは

  • 『か~~~なむらのそんちょうさん』おおなり修司著

    か~なむらのそんちょうさん。にぎやか~なねこたちがやってきて、やっとめざめました。やわらか~なパンと、あったか~なスープ。きょうは、か~なりひまなので、なめらか~なリズムで花に水をあげます。そのとき、ぼくじょうのおじいさんから、「か~なりぐあいのわるいう

  • 『毎朝、起きるのが楽しい「ひとり暮し」』ソネ・ジュンコ著

    がんを乗り越えてわかった本当の幸せこう言えるように なりたいですね。著者は61歳でがんを患った経験から、今までの自分の思い込みが我慢をうみ、ストレスになっていたことに気づき、「我慢しない」「心地よさを優先する」と決めた。「当たり前」と思っていたが我慢が、実

  • 『まんまる月の夜』前田智子/文、半沢政人/絵

    5月23日は満月 フラワームーンとも呼ぶそうです。夜空に、まんまるの月がぽっかり浮かんでいます。「おーいだれかあ、おもしぇえ話を聞かせてくんねえかあ?」山奥の森で、ふくろうじんちゃが空に向かってひと声あげると…。「じんちゃあ、そんならおらのとっておきの話すっ

  • 『フワフワするめまいは食事でよくなる』坂田英明著

    基本6箇条1.朝起きたらすぐに コップ1杯の白湯を飲む2.朝食では体を温める食材をとる3.昼食は軽めにして糖質を80~100グラム摂取4.おやつにはコップ1杯の常温のハチミツレモン水を飲む5.夕食では体を冷やす食材をとる6.寝る前にコップ1杯の冷たい水を飲む5日間レシピも紹介

  • 『すみっこぐらしの四季めぐり』

    二十四節気、七十二候 風や花、虫に鳥たち‥みんなが季節の移りかわりを 教えてくれます。今は二十四節気の「小満」中で七十二候の「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)中小満とは、みんなが成長する季節。 麦の刈り入れの時期、田植えが始まります。蚕が繭を作るために

  • 『足もとの楽園ちっちゃな生き物たち』ぺんどら著

    ここはどこ?宇宙にあるどこかの星!そうです、これは地球です。見たことのある!?そうなのこれは「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」ジブリの世界です。山歩きが気持ちいい季節です。都会には自然がない!でもこれらの生物を、靴の裏やズボンの裾にくっつけて、町に連れ帰

  • 『もったいないばあさんの おばあちゃん』真珠まりこ著

    もったいないばあさんシリーズになっているようで、これは最新刊です。おもったいばあさんの原点はばあさんの おばあちゃんにありました。おばあちゃんはお米をつくっていました。お米の一粒一粒を「ありがたや ありがたや」。お釜にひっついたご飯を「もったいない、もっ

  • 『ヤングさんのオーケストラ』なかえよしを作

    ヤングさんは有名な指揮者です。音楽会はいつもお客さんでいっぱいです。ある日新聞記者にたずねられました。「先生はどうして指揮者になられたのですか?」「ええと、賞をとったから、いやその前に、いやその前の・・・」 少年時代に公園で出会った人を思い出し…。  あら

  • 『小さく暮す ころばぬ先の工夫、始めませんか?』

    体変われば暮らしが変わる 人生後半から見直したいこと経験談のなかに、管理できるものだけの生活が「体をいたわる」につながる 引っ越したら お気に入りのタンスが新居に入らなかった・・ この経験、私もあります。おかげで服は‥‥。クローゼットの隅に落ちていた服は

  • アニメ絵本『君たちはどう生きるか』宮崎駿著

    戦争中に火事で母を失った11歳の少年・眞人。父とともに東京を離れ「青鷺屋敷」と呼ばれる大きな家に引っ越して来た。なぞの青サギに導かれ、別世界に足を踏み入れた。そこは、死が終わり、生が始まる、ふしぎな場所で…。長編アニメ「君たちはどう生きるか」のアニメ絵本。

  • 『死神です2』有田奈央著

    ある夜、おばあさんは死神に出会い、残された命があと1か月だということを教えられる。おばあさんは、スイーツをたくさん作ってみたかった。山登りが好きだった。あの国へ行きたかった。いろいろ思いうかべる…。「まだ時間はありますよ」という言葉をきいたおばあさんは、次

  • 『死神です』有田奈央著

    ある満月の美しい夜、ルイが夜中にふと目を覚ますと、死神があらわれて「ある日突然、愛する者を失う人は多いのです。ロッキーともうすぐお別れ・・・・・・と知ることができたあなたは特別ですよ」とつげられます。ロッキーは、ルイが赤ちゃんのときからこの家にいる犬です。この

  • 『着ない服捨てたら「すぐやる人」になれた』ジイ著

    意識低めの怠惰脱出法子どもの頃からなまけ者だった著者が、なまけぐせから一歩ずつ脱出した方法とは。著者は、ただ片づけられない人、ではないみたい。起きたら、ベッドメイキングして、着替える。二度寝防止になる。など生活パターンを変えた。スケジュールは書く。3秒で見

  • 『帰り道』有田奈央著

    ゾッとする怪談えほんシリーズいつもの通学路。こんな道あったっけ?あっ近道だ。この道はどこへ つながっているんだろう何だかヘン 逃げ帰るが落ち葉の影が手にそんな 道がない何かヘンと思ったら逃げてねゾッとする怪談えほんシリーズ

  • 『うで体・あし体 一生歩ける喜び』著

    著者はアスリートコンサルタント。20年にわたってアスリートたちを支えた見えてきた理論。人の体には「うで体」「あし体」の二つのタイプがある。見わけるチェックをすると、私は「うで体」です。タイプ別の「体の動かし方」基礎編・応用編、タイプ別ストレッチが紹介されて

  • 『リカバリー・カバヒコ』青山美智子著

    いっきに読んでしまいました。2度目はじっくりとね。図書館に予約して半年待ちましたから。公園の古びたカバの遊具、カバヒコ。怪我とか病気とか、自分の体の治したい部分とカバヒコの同じところを触れると回復するという。私だったら、どこを触れる?神社になで牛というのが

  • 『水がうまれた』水ってなんだろう1.

    水ってなんだろう。と聞かれても、答えられません。絵本に教えてもらおうかな。水がうまれた。ビックバン、うまれたばかりの地球に星屑が降り注ぎ…宇宙からもたらされて 陸が出来て・・・壮大な話です。海が生まれた時から、地球にある水の量はほとんどかわらない。しかし

  • 『不安をワクワクに変えよう。明日が待ち遠しくなる61の方法』中谷彰宏著

    「なんとかなる。思っている形とは、違う形で。」表紙の裏に書かれている言葉です。プロローグ.事件ではなく物語を見つけよう・昨日と今日は違うと感じると、ワクワクが生まれる。時間が、勇気を与えてくれる。 道ばたの花やショーウィンドウを見ていると、毎日「今日とは違

  • 『ふたりでちょうどいいシニアごはん2』クックパッド

    10の心得1.子育てが一段落し、料理が面倒になり簡単にすませがち。シニア期を健康に過ごすために、食事を見直しましょう。ほかに、時短&簡単、ワンプレート盛りで おしゃれ&片づけ楽ちん、など。肉魚野菜のおかずはもちろん、糖質オフおかずも紹介されているのがうれしい

  • 『小学生がたった1日で19×19までかんぺきに暗算できる本 計算の達人編』

    達人編では 19×19の暗算に加え、簡単な割り算や+-×÷と()の混じった計算なども学びます。長い式の計算の答えを求めるには「根気強く正確な手順で解く力」が求められます。なので長い式の計算にも慣れておくことが必要。そうね、私は、中2で挫折しました。お土産算初めて

  • 『家が好きな人』井田千晶著

    自分の家が好きで、そこに流れる時間が好きで、そこで過ごす自分もきっと好きな人たち。いつでも温かく包み込んでくれる。日常に散らばるたくさんの小さな幸せ。5軒の住む人を描く、オールカラーコミック&イラスト。部屋の間取り付き。 若~いときの私の理想はナナコさん宅

  • 『マイマイとナイナイ』皆川博子著

    怪談絵えほん2マイマイ(表紙の少女)は、小さい小さい弟ナイナイをみつけた。(蝸牛の上にのっています)マイマイはナイナイを胡桃の中にいれた。あるひ、マイマイの右目がこわれたので、その胡桃を目にはめた。マイマイが眠っているときに、ナイナイは、胡桃の中に夜の夢を

  • 『ようかいむらの すいすいこいのぼり』たかいよしかず作

    こどもの日って なんの日?鯉のぼりは、どうして飾るの?それはね・・一反木綿がていねいに教えます。妖怪村のこどもの日には、みんなで作ったこいのぼりで、今年のふくこいのぼりを決める大会があるよ。みんな、思い思いのこいのぼりを作って、りゅうじん川の上につるしま

  • 『1カ月でいらないモノ8割捨てられた!私の断捨離』なとみみわ著

    断捨離コミックエッセイ片づけ苦手の著者に、やましたひでこさんが来て、言ったこと。「一日ガンバって働いて 家事したり 育児したり 人間関係だって 一生懸命ガンバってんのよね情報もネットやテレビからジャンジャン入ってきて 疲れるよね~ 体も心も脳みそも。だか

  • 『食材2品だけ!魅惑の「だけメシ」食堂』ちはる著

    肉・魚+野菜の食材2つだけで完成するボリュームおかず、何度も作りたい便利な副菜など、全198品を紹介。キッカケは子育て。何時までに、子どもの機嫌のいいときに、栄養も考えて・・・。子どもが食べてくれて、レシピを見なくても作れて、自分も好物 の定番ををつくる。副菜

  • 『花見じゃそうべえ』たじまゆきひこ作

    おどっていますねぇ どんなドタバタのお花見か…。さあて、おたちあい!虫歯ではない歯を抜いて 木に逃げる歯抜きし。「誰だ木を揺するのはあ」、綱渡りで落っこちた軽業師そうべえ。「ておくれじゃ」やぶ医者のちくあん。山伏のふっかいは、この3人に吉野の山で修行させる

  • 『私のがんばらない介護生活』

    「完全でなくてもいい放り出さない介護が いちばん」鎌田實頑張らない介護とは・一人で介護をかかえこまない・積極的にサービスを利用する・介護する側・される側の現状を受け入れる・介護される側の気持ちを尊重する・効率的な介護のやり方を考える具体的な経験談が50以

  • 『どろんこそうべえ』田島征彦作

    ペペン ペンペン・・・おとっとっと綱わたりの綱から落ちた そうべえさん。皆を家に招いて大宴会!ところが夜中に出てきたオケラと、みーんな子どもになって地底に行くことに…みみずがつくってくれた土で、どろんこ遊び。もぐりんわーい。たのしかったあ。数を数えて、も

  • 『そうべえごくらくへゆく』たじまゆきひこ作

    このドタバタ劇にすっかりはまってしまいました。とざい とうざい。えらいこっちゃ 花が咲いたぞ 地獄に咲いた。そりゃ、と 軽業師のそうべえさん。この町内に災難が来るぞ~と、山伏のふっかいさん。すると、ごおおお、と大風が吹いて、そうべえさんもろとも 吹き飛ば

  • 『「星の王子さま」に聞く生きるヒント』稲垣直樹著

    サン=テグジュペリ「星の王子さま」は読んだことありますが、この作品を置きみやげに、空軍のパイロットとして地中海に消えたことは知りませんでした。いえ、忘れてしまったのかもしれません。彼はパイロットで、最初の作品は「南方郵便記」で「夜間飛行」と続きました。砂

  • 『ネコよみくじ』アンジー・ラ・コケットチーム著

    目をつぶって知りたいことを念じながら、パッと本を開くだけ! そこで目に留まった絵や言葉が、きっと今のあなたに必要な言葉。オッドアイの猫アンジーが毎日をハッピーに過ごすためのやっていることが詰まっています。目を閉じて、めくったページは!やりたいことを 全部や

  • 書いて整える1分間瞑想ノート 吉田昌生著

    心が一つのことに集中していたらそれが瞑想基本ステップ1「頭の中にあるものを書き出す」1分間のフリーライティング。思い浮かんだこと、感情、気になっていること、不安なこと、楽しみなこと、やらなきゃと思っていること…など、今頭にあるものを、考えずに1分間、手を止め

  • 『空き家』有田奈央・文

    町のはずれに、いっけんの空き家がある。夏のある日、みんなで空き家の前を通ったとき、いつも閉っている門がなぜか開いて。みんなは、ズカズカと玄関へ、まるで誰かに呼ばれたかのように。家の中には、たくさんのものがそのままある。わたしは、思い切りカーテンをあけた。

  • 『歩くだけで効く!おさんぽ整体』小林篤史著

    体の状態チェックリスト7つのうち3つは当てはまりました。・1日5時間以上、デスクに座ってパソコン操作をしている・横断歩道の白い線だけを踏んで渡るのが辛い ちょっとだけネ・階段を一段飛ばしで上るのが辛い これはできませんお散歩体操は、歩きながら行うセルフ整

  • 『おいで…』有田奈央・文

    みどり公園のトイレには、幽霊がでるという噂がある。このトイレを使っている人はいないみたいだ。ところがある日、ぼくは犬の散歩の途中でおなかがいたくなって…。幽霊なんてただの噂だ。想像していたよりもきれいなトイレで、少しほっとした。けど…。 ワンッ!ワン

  • 『きみのこころを つよくる えほん』足立啓美監修

    「もういやだ」「おこられたり」「パズルがうまくだきなかったり」「けんかしたり」なきたくなったり、おこりたくなったりしちゃう。でも、だいじょうぶ!そんな気持ちを教えてくれる友だちなんだ。もやもやとなかよくする魔法を教えるよ 逆境や困難に遭ったとき、そこから

  • 『75歳の親に知ってほしい!筋トレと食事法』大坂貴史著

    科学的に証明されたよい食事・よい筋トレ・よいリラクゼーションとは。 Q&Aと解説の形。(親)地中海食がいいって書いてあったから実践してみようと思う!(子)すでに近い生活しているんじゃない?(親)魚や野菜はよく食べているしな解説:オリーブオイルに変えたから健康

  • 『しあわせの小径』YOH Shomei著

    懐かしい、可愛らしいイラストを眺めているだけで和みます。若い人向けの言葉だよねぇ・・・っとめくっていくと。世の中の誰かや 自分自身や、自分の環境に対していつもいつも不満だらけで文句ばかり言っているいる人は目を閉じて 暗い 暗いと 叫び続けているようなもの

  • 『魔女の一日 魔女になるための秘密』飯島都陽子著

    ハリエニシダのかきねにかこまれた、古びたわらぶき屋根の一軒家。もし、うわさで聞いた魔女の家にそっくりな家が目の前にあらわれたら?勇気のある人は、中をのぞいてみてください。ぼうし、ほうき、いくつものつぼが並んでいます。魔女のおともだちは、黒猫、カラス、フクロ

  • 『わすれていいから』大森裕子著

    はじめて おれがここにきたとき、おまえいたよな。おれはどんどん大きくなって、おまえはゆっくり大きくなった。気がついたら、おまえがいないことが多くなっよな。おまえはすっかり 大きくなってのに、おれは すこし小さくなった気がする。箱は最高だぜ。とじちゃっ

  • 『脳が喜ぶ…生涯健康脳part2実践編!』瀧靖之著(2828)

    脳が喜ぶことをするだけで、脳は一生健康でいられる! 具体的な方法を紹介。 私にもすぐできそうなことを脳は新しいことが好き!・部屋の物の配置を変えてみる・雲の動きを眺めてみる。雲の形から何かの形を連想してみたり、写真に撮って楽しんだりしてみれば、脳はさらに喜

  • 『マンガでわかる!親の家の片づけ』

    大量にある物の仕分けや処分。価値感の相違による親子げんか。相続問題、親族間問題…。「親の家の片づけ=親家片(おやかた)」の困難を乗り越えた体験者たちの知恵と工夫が凝縮された6つのエピソードをマンガで描く心得七箇条2.親の家は物があふれている!4.片づけ計画を立て

  • 『エレベーター』有田奈央著

     ぼくは英会話を習いはじめてから、この古いビルに通うようになった。エレベーターも、古くてゆっくり動いている。ぼくは、一人で乗っていると、ときどき不安になる。だれもいないのに声がしたら、ボタンが動いたら、一人なのに定員ブザーがなったら、まさか 起こるわけが

  • 『悪い本』宮部みゆき著

    はじめまして わたしは、悪い本です。この よのなかの悪いことを、いちばんよくしっています。そんな本なんか、ほしくないとおもったでしょう。でも。いつかあなたは、だれかをきらいになります。なにかが なくなればいい とおもいます。そうしたら、わたしは あなたにおし

  • 『じごくのそうべえ』たじまゆきひこ著

    とざい とうざい。軽業師のそうべいさん ベベン ベンベンと綱渡り。オットット あ~ 落ちて死んでしまったからさあ、たいへん。地獄で出会った4人の男が、才能を発揮して鬼達を相手に大暴れ!ついに地獄を放り出されてしまいます。地獄の絵の迫力と関西弁の勢い。鬼の

  • 『本を読むだけで脳は若返る』川島隆太著

    読書は脳の全身運動である。・本の中身や関係ない。・音読で脳機能が向上する。認知症の症状も改善した。私には関係ありませんが、子どもへの読み聞かせの効果を読み聞かせと脳・親子の脳活動が同期化していく。子育てのストレスも減る。1回10分、週3日で効果あり。・

  • 『GIFT』羽生弓弦著

    単独公演アイスショー「GIFT」を成功させた羽生結弦。その彼が紡いだ「GIFT」の物語。卵から孵ったボク。草もキラキラ…走った、叶えたい夢があるんだまっくら。満天の星が照らしてくれた風が教えてくれる僕の”夢”みんなからの”GIFT”絵・CLAMP大人向けの絵本。羽生さん数

  • 『朝、空が見えます』東直子著

    2017年の1月1日から12月31日まで、ツイッター(現X)にその日の空の様子を言葉で伝えていたものを詩の形にまとめる。3月16日と思われる日には、ほんのり甘く晴れわたっています。こんな空かしら4月1日と思われる日には、うすねずの綿に眠っている生き物がいろいろいる空もよう

  • 『一生使える言い換え言葉 好感度も運気もあがる魔法の言葉選び』えらせん著

    一言で、周囲の人を笑顔にしたり、気持ちを楽にさせてあげることができる。投げかける言葉や行動は、自分自身に返ってくる。言葉を変えればポジティブになれる・モノをなくした→大切さを再確認できた・荷物が重たい→筋トレになる・雨でひきこもり→自分時間を確保できる短

  • 『サマーサンタクロース』こがようこ著

    タイトルに惹かれて手に取りました。絵入りのエッセイ集かと思ったら、絵がなくて。絵本の解説をしているわけもなくて。子育て中のあれこれや、自身の子どもの頃の思い出などを、その時々の気持ちに寄り添う絵本を紹介しながら綴る。ほとんど読んだことのない絵本でした。こ

  • 『ワンガリの平和の木 ほんとうにあったおはなし』ジャネット・ウィンター著

    「地球から木がなくなった。わたしの使命は、地球をみどりでおおうことだ」グリーンベルト 聞いたことあります。2004年ノーベル平和賞を受賞。20年前には話題になったのでしょう。でもすっかり忘れていました。1940年ケニアで生まれてワンガリ氏。故郷の木が切り倒されてい

  • 『大切なことに気づく365日名言の旅 世界の空編』

    365日、その日に生まれた偉人の、心が磨かれる言葉を、世界中の空の美しい写真とともに紹介する。upした3月8日は、漫画家の水木しげる氏で、しないではいられないことを し続けなさいとありました。風景は、プレオブラジェンスカヤ教会世界遺産「キジ島の木造教会建築」パラ

  • 『猫の日本史 猫と日本人がつむいだ千年のものがたり』桐野作人・吉門裕著

    「肉球遺跡」古墳時代後期のものと思われる須恵器片に猫の足跡が発見された。弥生時代の遺跡からイエネコの橈骨が発見。猫の起原は弥生時代。でも、「古事記」や「万葉集」には猫の姿はないそうなの。寛平元年(889年)宇多天皇の猫日記朕閑時、述猫消息曰(ひまをみつけたの

  • 『そらのほんやさん』くまくら珠美著

    ある日、仕事に行く途中で、今まで見たことのなかった本屋さんがありました。店主さんたちが 好きな本だけをおいている、こだわりの店。「あら、背中に羽が生えていないけど、下界から来ているの?」そういえば、店主さんも、お客さんも背中に羽が生えています。1話 半分の

  • 『ぼく、いいたいことが あるの』ジャン=フランソワ・セネシャル著

    おばあちゃんへ。ぼくも、つたえたいことがありました。 ジャン=フランソワ・セネシャルぼく、あさ、てがみを かこうとしたんだ。ぼくの いいたいのは…しんじられない。おばあちゃんにもうあえないなんて。一緒に最高傑作をつくった。探検もした。冒険もした。おばあち

  • 『かもめニッキ』週末北欧部chika著

    「いつかフィンランドに住みたい」そんな夢を見ながら 東京の小さなアパートで描き残した「その時だからこそ描けた」絵日記たち。勢いにまかせで、拙くて… けれど、だからこそリアルで懸命な日々に ヘルシンキから愛とコメントの包み紙を添えて。『かもめニッキは、そん

  • 『四季彩 言の葉 百色(ももいろ)図鑑 夢見る色、愛でる色』北山建穂著

    あまたなる色に出逢い、色にときめき、色に遊ぶ贅沢…。12の月を巡りながら、心に響く風景と、そこに顕れし伝統の色を、時に日本の文学作品とともにご堪能ください。(表紙裏)夢見月の章 陰暦の二月白梅色 白梅のような、ほんのりとした赤みを帯びた色。白色に近く、やさ

  • 『歳をとるのはこわいこと?』一田憲子著

    「なりたい自分」を思いい描くという、こそ大事。できるかできないかはわからないけれど、「こうだったらいいなぁ」を先に決めてみれば、未来が私をつれていってくれるかも。そんな予感に、にんまりしています。母親の入院中の父親の世話の話が 気になりました。母がつく

  • 『ボクと宇宙人のおにいちゃん』あさお よう著

    従兄弟のお兄ちゃんは、宇宙飛行士のおじさんと、火星人のおばさんとの 子どもで、地球で生まれた。1年に一度、おばあちゃんの家でいっしょに遊ぶ楽しみなんだ。そのお兄ちゃんが木星に引っ越すことになって、ボクは宇宙飛行士になる!。お兄ちゃんは…そんな日がほんとう

  • 『楽しそうな大人になろう。55歳から輝いて生きる人の習慣』中谷彰宏著

    「楽しそうな大人」は、勝ち負け以外の価値を見出している!「できる人」より「感じのいい人」になろう。「かっこいい人」より「ごきげんな人」になろう今日を、どう濃密に生きるかは、自分で決めることができます。・「なめられたくない」と思う時点で、負けている。・花の

  • 『365日のエレガンス』浅野裕子著

    「365日のエレガンス」とは、たくさんのパワーと運を呼び込むための「自分自身との約束ごと」エレガントに生きるヒントを紹介する。 ・「ひとりのときでも美しくふるまう」「自分のために装う」・古いものからどんどん捨てていきましょう。古いものはパワーが衰えている。・

  • 『美しい彩りが伝わる色ことば辞典』

    日本の美しい色名は、風光明媚な環境や美しい自然の賜物。古来から日本人は色に敏感だった。現在、日常的に使う色名はごく僅かで・・・感動した夕焼けを、なんて表現したら・・。あるある。「紅掛空色」はいかが自然の花を見る機会は減ってきているし「木賊(とくさ)色」「女

  • 絵本『そうべえまっくろけのけ』田島征彦著

    軽業師のそうべえさん。大きなお仕事でっせ、空の上の偉いお方を慰めるのやて。そうか、面白そうやな…と、やってきたのはお月さま。暗黒星雲が現われて、星座同しが大げんか!ちくあん先生たち、星の世界でも大暴れ。どうやって月から帰ってきた?ふたご座のある力を借りま

  • 『65歳からはじめる心の若がえり』和田秀樹著

    65歳からは、これからの人生を「自分へのご褒美の時間」として愉しむ。そのための50の気づき。気持ちが若い人が長生きする。・幸せは貯金額より「日光に当たる時間で」決まる。若作りして出かけよう!・なんと!一人暮らしの人ほど認知症は進まない!?。・「おいしい」と

  • 『ねこのまちがいさがし にゃんと1分みるだけ!第3巻』古賀良彦監修

    ねこの写真で間違い探し。第3巻は子猫が多めです!かわいい猫に癒されながら、記憶・集中・注意・判断・想起・空間認知のすべての脳の働きを強化! あーれ~。1問目から、1つ見つからない。2問目3問目はクリア!ホッとしました。楽しみながら解くのが、脳活効果を高める

  • 『「よくむせる」「せき込む」人のお助けBOOK』大谷義夫著

    誤嚥性肺炎を防ぐために自分でできることむせることが増えたらのどトレを!最近、食事中にむせることがあるんです。のど筋トレが紹介されています。これ、やります!さっそく「ィィ~」会話が減ると飲み込み力も低下してくるそうなので、早口言葉・音読などで発声トレーニン

  • 『ここにいるよ』シズカ著

    悲しみにくれるボクに寄り添い語りかける。「ここにいるよ」。大切な存在を失った悲しみを抱きしめ、涙をのり越える絆。この世を去った猫と少年。透ける紙を使った、しかけ絵本。21.5×12.5cmの小さな絵本線で描かれた絵。大事な存在を失って悲しさにそっと寄り添う絵本。

  • 『ちいさなうさぎ きみにあいにきたよ』ナタリー・ラッセル著

    『つきのよるの おやくそく』の続編です。街の小さなうさぎと 茶色いうさぎが 幸せな出会いをしました。きょうは 特別な日。大好きな人と会える、うれしい日。さて、街に着いたちゃいろいうさぎ。あちこち一緒にお出かけ。でも、パーティー会場で、ちゃいろいうさぎが

  • 『孤独をたのしむ本100のわたしの方法』田村セツコ著

    前に読んだ本と かぶっていなことをちょっとメモね。若いときには青春の孤独が年を取れば、老年の孤独が・孤独がないと、人に頼ったり、誰かとつるんでワイワイおしゃべりして、結局なんにもできないものなんですよ。5.現実のお友だちを無理やり探さなくたって、本棚にお友

  • 『1分で血流はよくなる!』塚田真也著

    この本を読もうと思ったのは、腰が痛くなったからなの。整形外科か湿布薬を買おうか、と思っていたからです。原因は、重たい荷物を左肩に提げて歩いたからだと思うのだけど。読むと、「姿勢の偏りよって腰回りの筋肉が硬くなり、血管が圧迫されて血流が滞っています。腰周辺

  • 『おじいちゃんが おばけになったわけ』キム・フォップス・オーカンソン著

    道で倒れて死んじゃったはずのおじいちゃんが、夜になって、エリックのところへやってきました。「この世に忘れ物があると、人はおばけになる」じいじとエリックは一緒に忘れ物をさがします。ついに、忘れ物を思い出したじいじ、それは…「おまえに、さよならをいうのを わ

  • 『ねこのすしやさん』KORIRI著

    寿司屋のもんじゃさん。こだわりは、酢飯。シャカシャカ ホリホリ ぐつぐつ ぶくぶく炊きたてご飯に お酢をかけて シャッシャッきょうも店内は 大賑わいくるくる回るお寿司を つぎつぎにパクパク モグモグ。でも あれ~?お客さん、なにかを腰に巻いていますよどう

  • 『ようかいむらの まめまき』たかいよしかず著

    きょうは 節分 神社で豆まきです。年男の”じゃくじゃく”が舞台から豆をまきます。そこへ 七福神もあらわれて もりあがりますあれあれ子鬼たちが めそめそ「おには~そと!って いいたくないの」みんな なかよしが いちばんじゃ「ふくは~うち!」「おにも~うち!

  • 『ことばのくすり 感性を磨き、不安を和らげる33篇』稲葉俊郎著

    読書という行為は、あなたにとっての「くすり」となるような「ことば」を探すことでもあります。「くすり」となるような「ことば」を定期内服でも頓服でも取り入れていきたいものです。私は言葉を「くすり」を探しているのかもしれません。「歩くこと」も「食べること」も、

  • 『毎日脳活まちがい探しドリル 世界の名画・世界遺産・浮世絵編』川島隆太著

    間違い探しを名画で!母の脳トレで付き合うことがありましたが、名画でなら私もたのしくできそう。集中脳を鍛える!・注意脳を磨く!・記憶脳がアップ!・思考脳を高める!・伝達脳が向上・判断脳が発達・空間認知脳が伸びる!初級の☆から上級の☆☆☆まで表紙の「真珠の耳

  • 『遺伝子が私の才能も病気を決めているの?』上大岡トメ著

    健康、容姿、頭の良さ、運動神経…。今の私は、遺伝のせい? 努力のおかげ? 人体の設計図、遺伝子を理解すれば、新しい自分を発見できる! マンガで解説。 このカラダには、ものすごくたくさんの小さなものたちが搭載されていて、24時間、暗号を使って、何かをやっている。彼

  • 『落語絵本 井戸の茶わん』川畑誠著

     くず屋の清平さんは、ある日、浪人千代田朴斎から古い仏像を買いとった。そしてそれを侍の高木作之進が買いとり、よごれた仏像をみがいていると、50両もの大金が出てきた。この金は受け取れないと、曲がったことは大嫌いな正直者の堅物3人がてんやわんや。それならば金の代

  • 『えんどうまめばあさんと そらまめじいさんの いそがしい毎日』松岡享子著

    「暮らす」ということが大事。いそがしく、たのしくね。松岡享子2人とも働き者で、やりたいことが見つかると、すぐに始めないと気が済みません。庭の豌豆に棒を立てましょう、あらあら草を取らなくちゃ、棒を忘れていますよ。草をウサギに食べさせましょう、あらあらウサギ小

  • 『平安貴族サバイバル』木村朗子著

    平安時代の宮廷社会を生き抜くためのノウハウは今の日本社会を生き抜くためのスキルに似ているのでないだろうか。誰もが平等に機会を与えれることになっているが、実はそれは欺瞞であることは 経済格差が広がるにつれ意識されてきている。見た目とセンスの男社会、教養を武

  • 『藤井旭の天文年鑑2024年版』

    2024年の惑星の動き、流星群、星食、日食、月食、彗星、観測ガイド。毎月の星空ガイド。見えないけど 空でもいろんなことが起きているんだなぁ・・・なんて思いながら夜空を見上げています。2024.1.25月のずーっと下の方にはキラキラのシリウスが見えていた。

  • 『らくちん!大人のひとり鍋』岩﨑啓子著

    昨日今日と冷え込みました。鍋物が美味しい季節に、かんたん、ヘルシー!ごちそうクイック鍋レシピを。ひとり鍋をすすめるワケ。1.栄養バランスを整える2.低カロリーだから 夜遅く食べてもOK!3.味のアレンジがかんたん!薬味が豊富だから飽きない 4.らくちん&クイック調

  • 『自律神経がすっきりと整う まいにちいいこと366』小林弘幸著

    自律神経の乱れを日々整え、心と体の不調を解消するための366日分のコツ。 1月24日1日のおわりに「3行日記」をつける。1.今日よくなかったこと2.今日よかったこと3.明日の目標*ここでも日記ネ。手で書くってやっぱりよさそうね。2この3つが思い浮かばないのが 問題なのよ

  • 『水はうたいます』まど・みちお著

    水は うたいます川を はしりながら永遠に続く 水の大循環を描いているのだけどとにかく絵にビックリ!絵もうたっています。大合唱しています♪このシリーズも 読んでいきます。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、風の小夜さんをフォローしませんか?

ハンドル名
風の小夜さん
ブログタイトル
風がページをめくる
フォロー
風がページをめくる

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用