searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Kuroさんのプロフィール

住所
和歌山市
出身
和歌山市

自由文未設定

ブログタイトル
JO3KRPの独り言
ブログURL
http://jo3krp-o.at.webry.info/
ブログ紹介文
アマチュア無線の記事解説(アンテナ、電磁気学、無線局遠隔制御、HRD、CI-V、RRC1258)
更新頻度(1年)

447回 / 365日(平均8.6回/週)

ブログ村参加:2016/07/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Kuroさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Kuroさん
ブログタイトル
JO3KRPの独り言
更新頻度
447回 / 365日(平均8.6回/週)
フォロー
JO3KRPの独り言

Kuroさんの新着記事

1件〜30件

  • バランの基本と応用(33)伝送線路トランス理論(13)伝送線路トランスに使うコア(3)

    (旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」の引用です。ただし、記載図は、こちらで作成しています。その記載図についてですが、今回はエクセルグラフの計算で正しく求めたものではありません。引用本にあるグラフをペイントソフトにて模倣した画です。  ※ここでは、そのグラフの意味するところを読み取っていただくのが主旨なので、この…

  • バランの基本と応用(32)伝送線路トランス理論(12)伝送線路トランスに使うコア(2)

    (旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」の引用です。ただし、記載図は、こちらで作成しています。  引用本とは順番を入れ替えて先に「3.3 伝送線路トランスに使うコア」節p81~84になる内容から紹介していきます。 (本論)  前回の第一章のインダクターのRFCにかかる内容で記したように、広い周波数幅を実現するためには、短い線路を巻いて1/4波長となる周波数を…

  • バランの基本と応用(31)伝送線路トランス理論(11)伝送線路トランスに使うコア(1)

    (旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」の引用です。  引用本とは順番を入れ替えて先に「3.3 伝送線路トランスに使うコア」節p81~84になる内容を紹介するのですが、 (本論)  伝送線路トランスにおけるコアの役割は同相信号を阻止するチョークコイルを形成することです。したがって、このコイルはRFC(Radio Frequency Choke)にほかならないことです。

  • バランの基本と応用(30)伝送線路トランス理論(10)伝送線路トランスの動作とその性質(2)完結

    (旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」の引用です。ただし、記載図は、こちらで作成しています。  「3.1 伝送線路トランスについて」節p75~77になる内容から今回のバランに関する部分を抽出して紹介していきます。 (本論)  伝送線路トランスの結線は、(低い周波数なら)(旧来型の)コンベンショナル・トランスとしても解釈できます。(第3-18図は省略)。…

  • バランの基本と応用(29)伝送線路トランス理論(9)伝送線路トランスの動作とその性質(1)

    (旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」の引用です。ただし、記載図は、こちらで作成しています。  「3.1 伝送線路トランスについて」節p75~77になる内容から今回のバランに関する部分を抽出して紹介していきます。なお、図面は、今回からは、正確な作成が難しいものもあり、模倣図となる場合があります。また、図によっては、作成困難により、省略します。きちんとした図面…

  • バランの基本と応用(28)伝送線路トランス理論(8)アイソレーション(4)完結

     「(旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」の引用です。ただし、記載図は、こちらで作成しています。  「3.1 伝送線路トランスについて」節p74~75になる「(3)アイソレーションということ」のつづきでです。  なお、今回はT1とT2にかかる電位差への記載が引用本とは逆のなっています。多分、引用本側での誤植だと思うのですが、…

  • バランの基本と応用(27)伝送線路トランス理論(7)アイソレーション(3)

     「(旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」の引用です。ただし、記載図は、こちらで作成したものを掲載することとします。  「3.1 伝送線路トランスについて」節p74にある「(3)アイソレーションということ」のつづきでです。 (本論)  この同相電流は、信号源の電圧と抵抗、コイルのインピーダンスから求めることができます。同相部分に対しては負荷抵抗が存在…

  • バランの基本と応用(26)伝送線路トランス理論(6)アイソレーション(2)

     「(旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」の引用です。ただし、記載図は、こちらで作成したものを掲載することとします。※このため、図の内容と本文説明は、原本とは一致していない場合があります。※  「3.1 伝送線路トランスについて」節p73~74になる「(3)アイソレーションということ」の続きです。 (本論)  コンベン…

  • バランの基本と応用(25)伝送線路トランス理論(5)

     「(旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」からの引用です。ただし、記載図は、こちらで作成したものを掲載することとします。  なお、上記引用本では、次項は、「(2) 方向性結合器的考察」としていますが、今回のバランに関しての理論とは離れますので、すべて省略します。  よって、ここからの本論は、 (3) アイソレーションということ  アイソレーション…

  • バランの基本と応用(24)伝送線路トランス理論(4)

     今回も「(旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」からの引用です。掲載図面を確認できるのは、これで最終の図となりますが  改訂新版 定本 トロイダル・コア活用百科  https://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/30/30671/30671_3syo.pdf にて、今回の図面は、すべて確認することができます。 (本論)  この回路では、信号を差動成分と同相成分とに分けて考えて…

  • バランの基本と応用(23)伝送線路トランス理論(3)

     前回の続きで、「(旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」からの引用です。掲載図面は引用できませんが、  改訂新版 定本 トロイダル・コア活用百科  https://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/30/30671/30671_3syo.pdf にて、今回までの図面は、すべて確認することができます。 (前回の続きとして)  (第3-3図)のように、信号源側若しくは、負荷側の場合であ…

  • バランの基本と応用(22)伝送線路トランス理論(2)

     前回の続きで、「(旧)トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社」からの引用です。掲載図面は引用できませんが、  改訂新版 定本 トロイダル・コア活用百科  https://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/30/30671/30671_3syo.pdf にて、今回の図面は、これにて確認することができます。 (本論)  このとき、広い周波数にわたって損失が少ないのは、伝送線路の性質です。 …

  • (番外)別宅付近の雑草対策(夏編)と井戸ポンプの修復作業

     本日、今年になって、別宅付近の3回目となる草刈り作業を実施しました。毎年、梅雨明け直後に実施しているので、いつもだいたい7月20日前後となることが多いようです。  今回の作業は、エンジン草刈機の草刈り作業と合わせて、広い面積部分は、除草剤散布のほうが効果が高いので、両方を併用しました。  ところが、1週間前に除草剤散布に必要な水を井戸からくみ上げる井戸ポンプの動作確認をしたところ、全く動作しな…

  • バランの基本と応用(21)伝送線路トランス理論(1)

    先にバランの応用例として、ビバレッジアンテナを採り上げましたが、ここからは、バランの基本動作について考えてみます。参照しますのは、初めに紹介しました、 トロイダル・コア活用百科 山村秀穂著 CQ出版社  の旧版とします。改訂版での内容は、原書にて確認ください。 (※ 一部は下記「お知らせ」のようにネット上で見ることができます。※)

  • バランの基本と応用(21)ビバレッジアンテナ(19)河川と海岸付近

     前回の湿土と乾土の違いでビバレッジアンテナの性能の違いが明確に出ることから、気になるのは、もっと反射状態が良い、水辺のところにビバレッジアンテナを設置するとその性能はどうなるか?だと思います。実際に試すのは大変ですが、MMANAでのシミュレーションですと簡単にできます。

  • バランの基本と応用(20)ビバレッジアンテナ(18)過去データと同じ特性をMMANA再現

     前回の「(図-4)ビバレッジの7MHz(7.050)」特性と同じとなるように今回使用したモデルで再現したのが、次の (図-6)です。

  • バランの基本と応用(19)ビバレッジアンテナ(17)過去のMMANA指向特性図

     今回発見しました、かつて過去記事で公開していました「135KHz受信用アンテナ」として設計したビバレッジアンテナ(全長80m)のMMANAソフトで作成した指向性パターン図からピックアップして表示するのは、過去のでの7MHzにおける指向特性パターン(アンテナ長:L=2λに相当)です。  使っている(元)データファイルは、MMANAに付属していた「Beverage.MAA」そのものですから、今回設計見本として使用したものと元は全く…

  • バランの基本と応用(18)ビバレッジアンテナ(16)削除記事にあった動作原理説明図

     今回紹介する図面は、今は削除されている(古い)ビバレッジアンテナの動作原理を説明するのに使用した図です。当時、アマチュア無線での交信時において、さらに古い記事で、当ブログ開始間もない時期に書いた記事中の、135KHz帯での受信アンテナとして、ビバレッジアンテナを紹介している記事に関する質問を受けて、そこでは、うまく説明ができなかったので、この図を作成して、元のビバレッジ…

  • バランの基本と応用(17)ビバレッジアンテナ(15)オリジナル架設図

     ビバレッジアンテナ設営時にイメージとして描いたものが図-2です。実際のアンテナはこれを基にして作成しています。当時は、ビバレッジアンテナの動作理論についてもよくは理解できていなかったのですが、いくつかのアマチュア無線向けアンテナ冊子からヒントを得て、見よう見まねで作成したのです。

  • バランの基本と応用(16)製作当時の1:9バラン資料

     ビバレッジアンテナ製作時に記録した古いデータを見つけました。今回紹介しているものと同様なのですが、MMANAでの指向特性の再現データは、今回の表示例よりもきれいに描けています。最終はそれを表示します。今回は、バランが主体で始まったテーマですので、そちらから表示します。 (本論)  以前に実物写真で表示した1:9バランの回路図とその巻き数データです。 (図-1)1:9バラン結線図

  • (追試)指向性係数式の検証(6)進行波直線アンテナの指向性係数式(2)完成

     進行波直線アンテナの指向性特性についての残りの計算です。 (第2ローブについて)  4πsin^2(θ/2)=3π/2 ① sin^2(θ/2)=3/8=0.375  ② sin(θ/2)=√0.375=0.612  ③ θ/2=sin^-1(0.612)=37.73°=37°44’ ④ θ=37.73×2=75.46°=75°28’ ⑤ cos(θ/2)=cos(37.73°)=0.791 ⑥ cos(θ/2)/sin(θ/2)=0.791/0.612=1.29 主…

  • (追試)指向性係数式の検証(5)進行波直線アンテナの指向性係数式(1)

     今回から、進行波アンテナの指向性係数についての検証です。行う手順は、先にやりました高調波アンテナと同じですが、アンテナ軸に直角な面での対称波形とならないため、計算するローブ数が増えることです。  昨日お知らせしました「アンテナ製作講習会(バラン作成)」にかかる情報です。部品担当者が1:1バランを試作して会議の場でお披露目しました。問題はいくつかあるようです。その1つ…

  • (追試)進行波アンテナの指向性係数式の検証(4)高調波アンテナの指向性係数式(4)完成

     昨日の7/11(日)の午後1時から午後3時頃まで和歌山市中央コミュニティセンターで対面会議とZOOM同時開催にて、JARL和歌山県支部運営委員会・クラブ代表者会議を実施しました。その結果、この6月に予定をコロナ感染拡大の影響で延期としていました「アンテナ製作講習会(バラン作成)」については、11/7(日)予定のテクニカル講座で実施することに決定しました。詳細については、わかりしだい都…

  • (追試)進行波アンテナの指向性係数式の検証(3)高調波アンテナの指向性係数式(3)ローブ数の算定方法

     今回もまだ高調波アンテナに対するおさらい部分です。ここで必要な知識は、三角関数、特にsin関数に関する基本の知識です。それについては、  三角関数出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E9%96%A2%E6%95%B0 などを参考としていただくことにして、  前回の最終結果からローブは、x=(nπ)sin^2(θ/2)に対して …

  • (追試)進行波アンテナの指向性係数式の検証(2)高調波アンテナの指向性係数式(2)おさらい

     今回は以前に説明しました、「高調波アンテナの指向特性」でのおさらいです。λ/2長の整数倍となる直線のワイヤーアンテナに片側の先端から給電する場合についての説明となります。このモデルが直線状の進行波アンテナの基となるかたちだからです。

  • (追試)進行波アンテナの指向性係数式の検証(1)高調波アンテナの指向性係数式(1)

     前回のビバレッジアンテナ動作理論説明の補足としての「(ビバレッジなど)進行波直線アンテナの指向特性の発生原理について」記事に対する計算式が正しいかの検証を今回試みました。 (1)今回の検証すべきところ (補足)(ビバレッジなど)進行波直線アンテナの指向特性の発生原理(3)完結  https://jo3krp-o.at.webry.info/202107/article_6.htmlより、    cos(θ/2)・sin…

  • (バラン関係)伝送線路理論(17)平衡線路と不平衡線路の接続(15)インピーダンス整合

     同軸給電線と線状アンテナの接続で紹介しました4分の1波長の地線を4本使用したブラウンアンテナについての補足です。 (元記事)  (バラン関係)伝送線路理論(13)平衡線路と不平衡線路の接続(11)同軸ケーブルとブラウンアンテナ    https://jo3krp-o.at.webry.info/202106/article_47.html (補足)  地線付きの4分の1波長垂直同軸アンテナの給電点インピーダンスを上げるた…

  • (番外)ビバレッジアンテナ(11)給電/終端の支柱跡

     この7月3日に発生した熱海市での大規模土石流については、当地も他人事とは言えません。今回公開する写真をご覧いただくとわかりますが、当地は、山を切り出して造成した切土に位置しており、山側においては崖下となっています。以前は、このような人工的なブロックで整備した状況ではなく、急斜面は土が剥きだし状態の斜面でした。今では、当時の家屋がありませんが、昭和47年あたりだとこの崖…

  • (バラン関係)伝送線路理論(16)平衡線路と不平衡線路の接続(14)平行分岐単体に関する補足

    (補足)  第6.47図(a),(b)は図(c)の回路と等価となります。これは同図(d)のように描くこともできます。この回路における平衡と不平衡成分についての説明となります。

  • 補足)(ビバレッジなど)進行波直線アンテナの指向特性の発生原理(3)完結

     今回で進行波アンテナの指向特性については完結とします。ただ、今回の指向性係数の分母において疑問点もあります。それについては、最終に述べることとします。  また、初めに表示しました「第3.56図 進行波アンテナ」には、「図(b) l=4(λ/2)の場合の近似計算による電界指向性図」が掲載していたのですが、そのパターン図をすぐに描くことが難しかったのと、今回の指向性係数Dの説明ま…

カテゴリー一覧
商用