ハンドル名
しんごさん
ブログタイトル
私のガーデニング2
ブログURL
http://shingogarden.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
ハンギングバスケットや寄せ植え作品、オープンガーデン開催など、花のまちづくり活動を御覧ください。
自由文
趣味の園芸がエスカレートし、オープンガーデンやハンギングバスケットの講習など、花のまちづくりや花育活動を行っています。本ブログの前編は、「私のガーデニング(ホームページ)」です。http://www.zc.ztv.ne.jp/shingo/
更新頻度(1年)

105回 / 105日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2016/01/31

しんごさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(IN) 979位 984位 966位 985位 978位 972位 999位 953,108サイト
INポイント 170 300 360 300 340 380 370 2,220/週
OUTポイント 140 370 470 300 310 320 470 2,380/週
PVポイント 1,240 3,080 3,110 3,280 3,120 3,170 3,180 20,180/週
花・園芸ブログ 14位 14位 14位 12位 12位 12位 12位 19,255サイト
ガーデニング 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1,931サイト
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 5,025位 4,904位 5,066位 5,575位 5,848位 5,835位 6,107位 953,108サイト
INポイント 170 300 360 300 340 380 370 2,220/週
OUTポイント 140 370 470 300 310 320 470 2,380/週
PVポイント 1,240 3,080 3,110 3,280 3,120 3,170 3,180 20,180/週
花・園芸ブログ 86位 85位 86位 96位 98位 98位 105位 19,255サイト
ガーデニング 3位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 1,931サイト
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(PV) 1,557位 1,559位 1,546位 1,520位 1,529位 1,503位 1,489位 953,108サイト
INポイント 170 300 360 300 340 380 370 2,220/週
OUTポイント 140 370 470 300 310 320 470 2,380/週
PVポイント 1,240 3,080 3,110 3,280 3,120 3,170 3,180 20,180/週
花・園芸ブログ 12位 13位 12位 12位 12位 12位 12位 19,255サイト
ガーデニング 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 1,931サイト

しんごさんのブログ記事

?
  • 「ヒヨドリ」は、ご遠慮願います。

     夜明けから外で「キーキー」と、かん高い鳥の鳴き声が聞こえてきます。「ヒヨドリ」です。 ガーデンの「ヤブツバキ」の花が大分咲いてきたものの、ヒヨドリが突っつき、花を落としています。 例年なら春の訪れを告げる「メジロ」がこのツバキの花から花へと飛び交っていますが、今年は、ヒヨドリが怖いのか、メジロなどの小鳥が寄りつきません。 パーゴラに吊した夏みかんも、ギャング・ヒヨドリが独占です。ヒヨドリに餌付け...

  • デルフィニウムが順調に生育

     昨日、ガーデンのデルフィニウムに覆っていた不織布を取り外しました。順調に生育しています。 今年はオープンガーデンをしないので、苗を100本に減らしたことから株間が広がり、茎が太くなっています。太いものは直径3㎝ほどあります。 そろそろ支柱をする時期になりますが、これから春の陽気でグングン伸び、5月のGWには2mほどの高さになるのではないか。例年の支柱では短いかもしれません。 ◆ デルフィニウム生育(201...

  • T邸に大鉢2つ植え込み

     T邸には、玄関前を年間を通して鉢植えで装飾させていただいていますが、リビング前にもオファーがあり、大鉢を2つ配置し植え込みました。 メインは、オリーブの木。寄せ植えの花材は、スカビオサ、ブラキカム、ヘリクリサム、オルガノマルゲリータ、オステオスペルマム、ハーブなど。 玄関前両サイドの寄せ植え、特にリースを配置している側は、見ごろとなっていて、更新を見送りました。 ◆ T邸に大鉢2つ植え込み(2019,3...

  • カブラの花でも

     「休暇村近江八幡」に大きな「蕪」の寄せ植えを展示しており、3月12日にブログUPしましたが、その後、花が大分咲いてきました。玄関の庇の下に置いているので日が当たらないものの、これからもどんどん花が咲いてくると思います。 お客さんの反応は、「カブの花やこんなに大きいカブを見たのははじめて・・・」「野菜の花でも飾り方次第・・・」など様々。 ご年配の方も楽しんでいただいていますが、こういう作品は、大勢の子...

  • 新年度役員スタート

     年度末となりました。先般の自治会総会において副会長に選出され、その大役を仰せつかいました。 昨日は、自治会の会計監査及び新旧役員引き継ぎがあり、実質的に事務が引き継がれました。行事と課題も多く、膨大な会計処理にも悩まされそうです。  3年前に永年勤めた公務を早期退職してからは、生活がガラリと一変して、マイペースの毎日を送っていましたが、これから1年間は、自治会用務最優先となります。 本ガーデニン...

  • 「びわ湖の水草堆肥」の利活用

     今日は、びわ湖で繁茂する水草を刈り取って堆肥にしたものが配布されました。 県内6ヶ所で行われていた「水草堆肥の配布」は、今日が最終日。この堆肥を使うモニターも年々増えていて、雨だというのに軽トラックの長蛇の列ができました。 これまでオープンガーデンなどを通して、環境保全、循環型農業に繋がるこの有効活用の周知や利用促進をしてきただけに、この軽トラの列は、嬉しい思いです。堆肥が大量に貰え、琵琶湖や生...

  • 赤いバラのハンギングバスケット

     妻から職場にスタンド花を飾りたいので、ハンギングバスケットを作ってほしいとオファーがあり、1ケ月前に赤いミニバラと白い小花やリーフで作りました。 今は玄関前に飾られていますが、蕾もまだいっぱい付いています。 バラは、開花期間が短いので、バラを使ったハンギングバスケット作品は長持ちしませんが、この時期は気温が低いので長持ちしています。バラを使うなら、この時期がお値打ちです。 ◆ バラのハンギングバス...

  • 通路のこぼれ種の花苗

     ガーデンの通路にホワイトレース、ネモフィラ、ニゲラ、ボリジなどのこぼれ種がいっぱい生えています。 刈り込んでしまうのもかわいそうなので、この花苗をガーデンのあちらこちらに植え込んでいます。 今春もデルフィニウムなどのブルーガーデンがホワイトレースやシャスターデージーなどの白い花でパステルブルー変わります。デルフィニウムの開花までひと月半です。 ◆ こぼれ種のオルラヤホワイトレース(2019,3,15) ◆ ...

  • 捨てられない古き本

     小屋に、屋外に人から見れば入らないものがいっぱいあります。ゴミのようでもガーデニング資材になりうる廃物や飾り終えた寄せ植えの古い花苗などがゴロゴロしているのは云うまでもありませんが、家の中も同じです。 若い時に20数年間定期購読していた本「山と渓谷」などが本棚を占領していて、日本アルプスなどの山登りをしなくなってから20数年以上、この本を開いたことがありません。 「富士山」「北岳」「奥穂高岳」「間ノ...

  • 芯が伸びてきたハボタン・・・どうするの

      「もう春の陽気です。これからは雪が降ることはあっても、積もることはないだろう。」と、タイヤ交換に行ってきました。 ガーデンのビオラなどの花は、勢いづき、ハボタンは、芯が伸び花芽ができています。 11月、12月のハンギングバスケット教室でハボタンを使うと、「春、芯が伸びてきた時は、どうしたらいいんでしょうか」と質問を受けることがあります。 「寄せ植えのハボタンは、花を咲かすのもいいでしょうが、ハンギ...

  • 休暇村に花咲く「カブ」をディスプレイ

     3月に入り「日牟禮八幡宮」に奉納していた新春の花飾りを搬出しましたが、一方で「休暇村近江八幡」に大きな「蕪」の寄せ植えを展示しています。 まだ咲きかけたばかりなので、見ごろはもう少し先ですが、休暇村を訪れ方が例え野菜の花であっても花の魅力で「花っていいね。」と感じていただければ、そして、コミュニティーが創出されればありがたいと思っています。 「蕪」は、田んぼで廃棄されていたものを利用しましたが、...

  • ガーデンをガラッとイメチェン予定

     マイガーデンのメインガーデンは、昨秋の台風21号でコニファーの大木が倒れ、同時にムベやアケビ、手づくりのディスプレイも全部倒壊してしまいました。 もう管理が大変な高木はイヤだと、秋にドウダン、ヤブコウジ、ツワブキ、ギボウシ、ヤブランなどの低い草木を植えていました。 年始には、竹を細工して大きな輪っかを作っていましたが、久しぶりに作業を再開、植え込みをしていない部分に除草シートを敷きました。 ここに...

  • 今は、「菜の花ロード」(近江八幡市)

     今、白鳥川の『よし笛ロード』は、菜の花やスイセンが咲き、ジョギングやお散歩をする人に心地よい路となっています。 今は菜の花とスイセンですが、あと20日もすれば、びわ湖まで続く桜並木がピンク色に染まります。そして夏は、ひまわり。秋は、コスモスが道路脇をきれいに彩ります。 この「花のまちづくり」活動は、『白鳥川の景観を良くする会』に参画する「おやじ連」や「よし笛会」などが、河川堤防や道路脇のの草刈り、...

  • 日々の暮らし

     5時、小鳥のさえずりで目を覚まし、いつものようにパソコンを立ち上げ、一日がスタートしました。 今朝は冷え込み、霜。ガーデンのデルフィニウムが寒さでぐったりとうな垂れました。 夜中、ゴトゴトと音を立てていた娘は、お菓子を作っていたようで「どうぞ」とメモ書きして、7時に出勤。 妻も朝食、掃除、洗濯を済ませ、休みだというのに8時に出勤。ご苦労さんと見送る。 自分も8時過ぎにはメール、ブログチェックを済...

  • 「山茶花」から「椿」へ

     サザンカの花が終わり、ツバキの花が咲きかけてきました。もう春です。 マイガーデンには、植えた覚えがない「ヤブツバキ」などが4本植わっています。園芸品種でないので、特に花言葉が「謙虚な美徳」といわれるように、控えめな優しさや気取らない美しさを感じます。 ◆ 咲きかけたツバキ(2019,3,8)※※ 「みずの森」での講演ご案内(3/30)※ 「著書:しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内※ 「お家の庭や店頭をお花...

  • あぜ道の花

     田んぼに囲まれた農村部に住んでいながら、田んぼ道を歩くことがなくなりました。 今、近くの田んぼのあぜ道が紫色に染まっています。「ホトケノザ」です。もうこれは雑草とは言えません。 「ナズナ」「つくし」も群生していて、娘たちとあぜ道でよく遊んだことを思い出しました。自分の「花育」の原点です。 ◆ あぜ道のホトケノザ(2019,3,7)※※ 「みずの森」での講演ご案内(3/30)※ 「著書:しんごのオープンガーデンへよう...

  • 満開です。クリスマスローズ

     鉢植えのクリスマスローズが満開になっています。 地植えのクリスマスローズも大分咲いてきましたが、下向きに花が咲くだけに、写真は、寝転んでシャッターを押すことも。 でも、その点、鉢植えはありがたい。そして、それ以上に高温多湿が苦手なクリスマスローズには、夏場に半日陰に移動できるのがメリットですね。 ◆ 満開になったクリスマスローズ(2019,3,6)※※ 「みずの森」での講演ご案内(3/30)※ 「著書:しんごのオー...

  • 草木萌動

     夕べは強い風が吹いていたけれど、今日は朝からいい天気、草木も春を感じて芽を吹いています。 寒くて外での作業が億劫だった冬とももうさようなら、春がやってきます。 農林水産省のHP(トップページ)に『草木萌動(そうもく めばえ いずる)』という『くらしのこよみ』の画像が出ていました。 『春の訪れを感じ、地面や木々の枝々から一斉に草木が芽を吹き始める』頃のこと。 『うつくしいくらしかた研究所』が72の季...

  • 春の「ハンギングバスケット作品展」

     今日は雨。ひと雨毎に春めいてきました。 春のガーデニングシーズンは、全国各地においてガーデニングイベントが開催され、ハンギングバスケットや寄せ植え作品展示も行われます。 寄せ植えの技術を上達したい、魅せる作品を作りたい思われている方には、コンテストに出してみるのが一番だと思います。 日本ハンギングバスケット協会のHPには、全国各地で行われる春の『ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテスト』...

  • 桃の節句、ひな祭り

     今日は桃の節句、ひな祭り。 今年も床の間には、娘の誕生で妻の親からお祝いにいただいた雛人形を飾っています。 健やかに育つようにと願われた娘たちは二十歳を過ぎましたが、毎年今日は、チラシ寿司などをお供えしています。 夕ご飯、娘たちはいなくても家族で祝いです。 ◆ ひな祭り(2019,3,3)※※ 「みずの森」での講演ご案内(3/30)※ 「著書:しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内※ 「お家の庭や店頭をお花で...

  • 「日牟禮八幡宮」の花飾り搬出

     お正月から「日牟禮八幡宮」を彩った花飾りをようやく搬出しました。北向きなので、ハボタンの生育も遅く、まだまだ飾っていてもいいけれど、もう春、解体して持ち帰りました。 搬出作業は、昨日、参拝者が少なくなった夕方と今朝。年末には、寒い中を粘土で餅花を作ったり、竹を細工したことを思い出しながらの解体です。 2012年から始めた神社における「花のまちづくり」のための花飾り。多くの方にご覧いただき、嬉しい言葉...

  • ノースポールの花

     マイガーデンで冬場、寒さに負けずに咲いているのが、ビオラ。そして、ノースポール(クリサンセマム)です。 ノースポールは、比較的寒さに強く、花期が長くて育てやすいので、冬から春の花壇には、ありがたい花です。 ◆ ノースポール(2019,3,1)※※ 「みずの森」での講演ご案内※※ 「日牟禮八幡宮」に花飾り展示中(2月中下旬まで)※ 「著書:しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内※ 「お家の庭や店頭をお花で彩り...

  • インドアガーデン・グリーン2

     今日で2月が終わり、春が近づいています。 外で飾っていた寒さに弱い鉢物は、冬が来る前に屋内に入れて越冬させ、寒さや直日光に弱い観葉植物は、年中室内に置いて楽しんでいます。 後者のパキラ、ポトス、ドラセナなどの観葉植物は、年中変わらず、部屋でグリーンの癒やを提供してくれていますが、前者の越冬目的のものは、温度や日照不足で枯れてしまうことがあったり、越冬させるために観賞に値しないものもあります。 そ...

  • もうすぐ春

     季節は少しずつ春に向かっています。ガーデンは、相変わらず彩りを欠いていますが、春の雑草は花を付け、シラーやムスカリなどの球根植物も芽を吹いています。冬の外作業も寒さが和らぎ、これからの季節、気持ちも上向きそうです。 ガーデンが春色に染まるのもあとひと月です。 ◆ シラーの芽吹き (2019,2,27) ◆ 雑草、イヌノフグリ (2019,2,27)※※ 「みずの森」での講演ご案内※※ 「日牟禮八幡宮」に花飾り展示中(2月中下...

  • 「花」の講演、「みずの森」で行います。

     3月30日(土)11時から「草津市立水生植物公園みずの森(映像ホール)」において、「庭からはじまる花のまちづくり ~花の魅力でコミュニティ~ 」と題して、講演をします。 花のもつ魅力、花をまわりの風景と活かしたり、花の組み合わせ、デザインで更にその魅力が高まり、美しくなります。 滋賀県内においても、オープンガーデンやまちを花で飾る取組も各地で行われてきております。 そんなことを映像ホールの大画面でス...

  • 鉢植えのクリスマスローズ、満開

     鉢植えのクリスマスローズが満開になりました。 樽プランターに10年間、植えたままにしていたので、木桶の木片は朽ちて鉢土も流れ落ちていたことから、新しい鉢に植え替えました。できれば株分けして寄せ植えにしたかったが、開花時の株分けを避け、そのまま鉢だけを替えました。 ほんと、クリスマスローズ花は、自分と違い、上品な感じです。 ◆ 鉢植えのクリスマスローズ、満開 (2019,2,25)※※ 「日牟禮八幡宮」に花飾り...

  • クリスマスローズの葉欠き

     地植えのクリスマスローズ5種に花芽がついてきました。でも、花芽は、茂った葉などで隠れていました。   もういらない古葉を欠き、鬱陶しくしている植物を取り除き、スッキリしました。 これから春の陽射しを受けて、花芽・花茎を伸ばし、次々と花が咲いてくると思います。これが咲けばもう春です。〇 昨年のクリスマスローズ(3/24) ◆ クリスマスローズの葉欠き後 (2019,2,24) ◆ クリスマスローズの葉欠き前 (2019,2...

  • ハコベ、ナズナ、ホトケノザ

     ガーデンが春めいてきました。といっても先行は、雑草。「ハコベ、ナズナ、ホトケノザ」などが勢いづいています。 今日は、天気が良く、デルフィニウムの植わるガーデンの除草作業。 これからの季節は、暖かくなって花が咲いてくるけど、草むしりに追われるそうです。 ◆ デルフィニウム春近し、寄せ植えのハボタン(2019,2,23)※※ 「日牟禮八幡宮」に花飾り展示中(2月中下旬まで)※ 「著書:しんごのオープンガーデンへよ...

  • 春近し「ハボタン」

     寄せ植えやハンギングバスケットのハボタンが春を感じかけました。春が近いことを告げています。 3月には、芯が伸びて、春には菜の花が咲きます。ハボタンをたくさん植え込んでいる寄せ植えなどは、もうそろそろ見納め、終盤です。 ◆ 春近し、寄せ植えのハボタン(2019,2,22)※※ 「日牟禮八幡宮」に花飾り展示中(2月中下旬まで)※ 「著書:しんごのオープンガーデンへようこそ」のご案内※ 「お家の庭や店頭をお花で彩りま...

  • びわ湖の「水草堆肥」使いませんか

     春のガーデニングシーズンまでもう少し。今は、春に植え付ける野菜や花の土づくりの時期です。 マイガーデンでは、毎年、デルフィニウムを植え付ける11月前に堆肥を投入し土づくりをしていて、有機物に富んだ土へと改良が進みました。堆肥は、びわ湖の環境改善のために除去された水草の堆肥です。 水草は、昔は自然循環が保たれ、農地への有効な肥料として使われていましたが、今では使われることなく、大発生して、自然環境...