searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
もそっと撮り鐵
ブログURL
http://mosoatsu.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求めてパシャパシャと。下手の横好きなりに試行錯誤中。
更新頻度(1年)

47回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2012/06/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、もそあつさんをフォローしませんか?

ハンドル名
もそあつさん
ブログタイトル
もそっと撮り鐵
更新頻度
47回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
もそっと撮り鐵

もそあつさんの新着記事

1件〜30件

  • 早場米の里を、みちのくひとり旅(小湊鐵道)

    引き続き欝々としたご時世ですが、心の健康も保たねばなりません。ということで、ちょいとばかり会ってきました。JRから譲渡され、初めはツアー形式での限定された運行でしたが、最近になり普通列車の運用に就くようになった小湊鐵道の「新車」キハ40形。以前、仙台に住んでいた時期がありまして、機会を見ては周辺のローカル線を訪ね回り、この若葉色のキハにお世話になったものでした。懐かしくも色あせない爽やかなカラーリング...

  • ちょい鐵・江ノ電の顔(江ノ島電鉄)

    お盆、私も数日間の休みとなりましたが、例の禍はともかくとして来る日も来る日も雨続きで、すっかりテンションは下がり家に籠っておりました。猛暑も困りますが、やはり、その時期らしからぬ天気が続くのもイヤなものですね。ただやはり全く線路端に出ないというのもストレスなので、休みの最終日、江ノ電の運用をチェックしてフラッと併用軌道へ。こちら、気軽にサクッと撮るつもりでしたが自動車に被られ・・・三度目の正直、だ...

  • 夏、満開(小田急電鉄)

    夏の花といえばひまわり。小田急線の線路端に、ひまわりを植えてくださっている場所があります。先月、ブログの更新はいつも以上に少なかったのですが、ちょいちょい下見に行き、花が開くのを待ち望んでおりました。8月に入り開花したひまわりは、大人の背を超える高さ。こちらも脚立を担いで行きましたが、ちょうど地元の運営者と思しき方がお立ち台の設営中。仮設の状態でどうぞと促され・・・ありがたく、ありがたく一枚を。(...

  • ちょい鐵・夏を求めて(東急世田谷線)

    暑いあつい夏がやってきました。しばらく休日を家族運用に割いていたのですが、生きて行く上では適度な鉄分補給も必要。この日は仕事が遅くからでしたので、カバンにカメラを忍ばせ東京のまったりライン・世田谷線にちょい鐵へ。線路端をキョロキョロすると、小さな季節の彩があちらこちらに見つかります。数年前に登場した招き猫、今も装飾は継続されてすっかり顔役となっているようです。もう一つの顔、玉電塗装を百日紅の咲く踏...

  • 雨の中、いざ副都心へ(相模鉄道)

    梅雨前線が北進し、関東も本格的に雨降りが続いています。個人的には、雨の日は晴天に次いでカメラを手にしたい条件です。かといって災害になってしまうのは困りますが。ジモ電・相鉄12000系。眼力鋭い、ハマのイケメンナンバーワン電車です。今回はJRへの直通に運用されていることを意識して、新宿行きをドアップで。(1枚目・鶴ヶ峰~西谷 2枚目・鶴ヶ峰駅 7/1撮影)...

  • 2年ぶりの紫陽花登山電車(箱根登山鉄道)

    里の紫陽花が見頃を過ぎるころ、登山電車の紫陽花が見頃となってきます。ただ、台風の被害からの復旧工事にかなりのエネルギーを割いた影響でしょうか、コンディションが今一歩という印象で、まとまり良く撮影できる場所を見繕うのに難儀。どこかで見た構図をなぞるようになってしまいましたが、ご笑覧を。こちらもある程度ご存知の方にはおなじみの場所です。線路の奥に紫陽花があるので、花いっぱいの撮り方は困難。標識類を入れ...

  • 道端の紫陽花と(江ノ島電鉄)

    この日は出社前に寄り道。平地の紫陽花はおおむね見頃を過ぎつつありますが、江ノ電沿いの道端のあまり陽が当たらない一角に見頃を保つ花を発見。グイッと寄って一枚。なんだかんだ300形を待って撮りたいのはオタクの性です。昭和の癒し系のこのお顔、まだまだお元気で。撮影後は藤沢駅の「箱そば」で腹ごしらえをして出勤(;^ω^)(いずれも湘南海岸公園~江ノ島 6/16撮影)...

  • ファーストショット、紫陽花(江ノ島電鉄)

    早上がりとなったこの日、職場から自宅とは逆方向に寄り道(;^ω^)今年は季節の進みが早く、先月下旬から咲いてきていた紫陽花。手軽に近場の江ノ電で少々どうかなと思い立ちました。藤沢駅から車窓をキョロキョロ物色した上で、まずはとてもよく知られた紫陽花の小径へ。カメラマンポイントというより一種の観光スポットになっているので、気軽な気持ちで雰囲気が撮れればいいかなあ・・・と。平日ですが若い方を中心に、電車とのコ...

  • 箱根のアイスキャンデー(箱根登山鉄道)

    またまた箱根へ。現在の登山電車の多くは3両編成で運行されていますが、一部で2連の列車もあります。某SNSの情報により、旧型が2連となっているとのことでしつこく出動。狙うはこの時期、涼を与えてくれるアイスキャンデーカラーの106号が先頭に立つ姿。できればヘッドライトが点いている状態を収めたく、確実性の高いトンネルの続く区間で。こちらはいつもの定番104号。私としては珍しくドアップ写真を撮ってみました。ただ、こう...

  • みどりを浴びて(箱根登山鉄道)

    5月最終週も箱根へ。今回も元気にヨン・ロク・ハチの旧型が登板。なんだかんだ言っても、撮れるうち乗れるうちに楽しんでおきたい。万緑の中をそろりそろりと歩みます。このスポット、紅葉シーズンはどうなんだろ?と、今から少々気になっています。(1枚目・小涌谷~宮ノ下 2枚目・108号車内にて 5/30撮影)...

  • 田植えシーズン(小田急電鉄)

    初夏の小田急線といえば田植えシーズン。モノトーンだった大地に水が張られ、にわかに季節が動きだします。LSEの活躍末期、このかいわいで水鏡を収めようとけっこう必死でしたが、老優が去りひと段落したことで、逆に気負わずに撮影を楽しめるような気がします。三脚は置き、作業と電車の動きに合わせて手持ちで・・・(正直、やや苦手な撮り方ですが)。少々休耕田が見られるようになっているのが気がかりですが、自宅から安近短...

  • 駆け足で進む花暦(小田急電鉄)

    箱根から下りて、午後は小田急線の田園地帯へ。田植えシーズンを迎えた一角には、早くも梅雨時の花のはずのタチアオイがすくっと。フェンスの類がややうるさい場所ですが、せっかくなので構えてみました。桜の時期がとても早かった今年、引き続き花暦は駆け足で進んでいるようです。...

  • 万緑の陰から(箱根登山鉄道)

    再び箱根登山鉄道の蛇骨陸橋へ。早くも梅雨空モードとなった今日このごろですが、この日の晴れの予報に期待して。前回と同じような写真ですが、太陽の光に輝くみどりの色にはまってしまいました。しかしやや雲の多い空、お目当ての旧型はそうは問屋が卸さず。まあ、この趣味をやっていると「あるある」なことですが・・・。曇り向け?の立ち位置に移動(;^ω^)ちなみにアジサイはさすがにまだ・・・でしたが、同じ県内の平地では五分...

  • 試練を越えて、ビュースポット(箱根登山鉄道)

    2019年秋の台風で箱根登山鉄道が甚大な被害に遭ったことはまだ記憶に新しいですが、最大の被害現場が小涌谷駅付近の谷に架かる蛇骨陸橋(pdfファイルです)でした。昨年夏に仮復旧していましたが今年春になり本復旧が完了、遊歩道も整備されて新しい鉄路を気軽に見学できるようになりました。土木には疎いですが、様々な技術を投じて復旧がなされたさまが伝わってくる現場です。周辺はまばゆい緑。新たに樹木や花も植えられており...

  • 若葉をかすめて・その3(箱根登山鉄道)

    GWもまた新緑の箱根へ。前回出会えなかった旧型を求めての再訪です。この日はしっかり朝から登板してくれていました。モミジの若葉が覆いかぶさるカーブで。アクセントに太陽を入れてみましたが、もうちょい絞った方が光芒の塩梅が良かったかな?新緑の奥からフランジ音をきしませ古豪が姿を現します。3月に109号が引退し、ついに残り3両の小所帯となった旧型。有名なアジサイの時期でなくとも、気になる向きは悔いのないよう会い...

  • 若葉をかすめて・その2(箱根登山鉄道)

    前回の記事の続きです。どうしても心がくさくさしやすい昨今ですが、柔らかに萌える緑を目の前にするとしばし忘れることができるように思います。自分なりに考えて密、喧噪を避けての楽しみ・・・バチは当たるまい。やはりこのような時間を過ごすことは必要必急の行いです。(いずれも強羅~彫刻の森 4/26撮影)...

  • 若葉をかすめて(箱根登山鉄道)

    4月下旬の今回は箱根へ。当初は再び長電へ・・・と企んでいたのですが、3回目の例の宣言が出てしまいましたので、さすがに家族の許可が下りないだろうと判断。しばらくは近場にしようということにしました。過去2回の宣言の期間は生真面目に外出自粛を続けた結果、残ったのは余計な脂肪とストレスだけ・・・あと一歩で「○○警察」に昇進しそうでしたので、今回は感染対策をした上で近郊でパチリする、自粛はほどほどにしようと決め...

  • アングルフリーなお立ち台(長野電鉄)

    この鉄道で白眉のお立ち台といえばこの夜間瀬川橋梁。周囲は遮る物はなく上路式でスッキリのガーター橋。架線柱の柱が「片持ち式」というのも嬉しい。鉄道撮影を楽しむには願ったりかなったりのスポットです。青空を遊泳する老優3500系「マッコウクジラ」を見上げるようにして。河川敷は桜の他、萌黄色のカーテンをつけた柳の樹が印象的でした。しかし、車両が小さ過ぎたでしょうか。昨年の秋にもやらかしてしまいましたが。ロマン...

  • 春の追加演習(長野電鉄)

    あまりに足早に去ってしまった関東の桜シーズン。もうちょっと拝みたく、このご時世ですが少々のわがままを。桜が残っている可能性を求めて、例年は4月の中旬に見頃を迎える信濃の国の線路端へ。果樹園の丘を望むお立ち台のたもとに、手を広げたソメイヨシノが。風が吹くたび、はらはらと舞い落ちる花びら。ベストとはいかないものの、なんとかギリギリセーフでホッ。今年は本当に春が早い・・・。(いずれも夜間瀬~信濃竹原にて4...

  • プチ・桜巡り(小田急電鉄)

    記録的な早さで咲き、風雨に見舞われた桜。頑張って保っていてくれたものの、長くはないでしょう。前回の記事の場所で撮影後、出来る範囲で回ることに。開成の釣り堀、池の周りにぐるりと咲く桜を拝借して。春爛漫の中での釣りも、楽しいものでしょうね。小田急線、車両を正面がちで桜と収めることのできる場所は意外に限られているように思いますが、座間の桜並木が寂しくなってしまった今、ここはなかなか良いかも。LSEが現役の...

  • 満開、春のベール(小田急電鉄)

    桜だけが花ではない・・・分かってはいるけれどやはり撮らずにはいられない花。まして、昨年はやむを得ず我慢せざるを得なかっただけに。どこの景勝地というわけではないけれど、穏やかな青空と満開の桜があれば十二分に愉しいものです。(3/29撮影)...

  • 春来る里(いすみ鉄道)

    傾いた陽を受けて光る菜の花を求めて、午前中に撮影した菜の花地帯にもう一度。房総は早場米の里、田植えの準備はすでに始まっています。列車に対しては逆光・・・できれば、前照灯のオンが欲しかったところでしたが。まあ、当方のワガママですね。さて、ソメイヨシノの状況も気になるところですが私の住む神奈川県東部よりも開花が早く進んでいるようす。少々驚きました。おまけに、この時期を書いている今は本降りの雨。うーむ。...

  • 快走、春のお立ち台(小湊鐵道)

    当初、有名になった「石神の菜の花畑」で撮ろうかと思い偵察をしたのですが平日にも関わらず観光客っぽい方も含めけっこうな人出。気兼ねすることなく思うように撮影するのはやや難しそうでした。今回は車窓からいくつかの見事な「ベルト地帯」を見つけられたことで、そちらに浮気することにしました。自分のペースで楽しむことがベストです。黄色く彩られた築堤。まさに春のお立ち台が完成していました。種を蒔いて下さった方々に...

  • らんまんが始まる(小湊鐵道)

    モノトーンの風景が日に日に賑やかになってくるこの時期。東京近郊で手軽にローカル線の雰囲気が楽しめることで近年人気の小湊鐵道、特に土日は混み合うとのことで敬遠気味になっているのですが、平日に休みを調整できたため出動してみました。五井駅からの車窓をキョロキョロすると、所々で「菜の花ベルト地帯」とでも言いたくなるような黄色い彩が出迎えてくれました。めぼしいところで下車して、ファインダーの中で菜の花を大盛...

  • ○要○急の線路端・その3(小田急電鉄)

    出社前に大きく大き~く遠回りして、小田急線沿線の桜の塩梅を偵察・・・。早咲きの種類でしょうか、一本だけ満開で手を広げていましたので、ありがたくちょい鐵を。パチリした後は「箱そば」で腹ごしらえをして会社へ・・・(;^ω^)さて嵐の週末の後はいよいよソメイヨシノでしょうか。昨年は真面目に我慢に我慢を続けた分、時間を見繕って線路端に出たいと企んでいます。(いずれも3/19撮影)...

  • ○要○急の線路端・その2(小田急電鉄)

    太陽の光を受けて輝く菜の花を求めて再度、陽が傾く頃合いに。どうしても車両は陰になってしまうのが悩みどころですが、ここは多少なりとも存在感が出るVSEで。安近短ですが多少なりとも気持ちは軽くなりました。まだまだ禍の収まらない日々ですが「重々気を付けて」外出しようと思います。...

  • ○要○急の線路端・その1(小田急電鉄)

    前回の記事を踏まえて、1月初め以来久しぶりの線路端へ。春です。カメラを握ることが楽しい季節がいよいよやってきました。我が神奈川県を含む都県では緊急事態宣言が延長されていますから、褒められる行為ではないかもしれません。ただ、この禍となってから一年が過ぎ、どのような場面が危険かということはだいぶ判ってきました。一方で、鉄道の撮影は完全に屋外で楽しむことであり、密になるような案件でなければ感染のリスクは...

  • 我慢の限界

    先日7日で解除される予定だった1都3県の外出自粛要請。ゆるい対策の割にそれなりに感染者は減ってきたにも関わらず直前で怪しい動きがあり、ご存知のように21日までの再度にわたる延長。なぜ新たな対策をするには中途半端な2週間の延長なのか。どう改善されれば解除となるのかあいまいな発信。・・・国を挙げての大運動会のリレーが25日から。そうか。まあ、そういうことなのでしょう。であれば、私は付き合うことはできません。も...

  • ふたたび採用っ

    自粛期間がダラダラと続いてしまっていますが、おかげさまで鉄道ホビダスの「今日の一枚Memories」に2回目の掲載と相成りました。2015年の2月に撮影した富山地方鉄道です。少しでもこのコーナーの富山地鉄率を高めるべく、ちょっと前に2度ほど出したのですが、いずれもボツ。投稿されている数って、どの程度なのでしょうか。三度目の正直でなんとか・・・ムキになってしまいました(;^ω^)今回のゆるい自粛要請、近場であれば感染対...

  • ぼやき

    例の病気の感染者、だいぶ減ってきていますが自粛期間はまだ続いています。今回もまた、人によって温度差あるよなあ・・・。気を紛らわせるために、ン十年振りに模型に手を伸ばしてみたものの、ん~やっぱり、外界の空気を感じながらホンモノを体験することには・・・。解除されたらどこへ行こうか、何を撮ろうか。皮算用だけが空回りしている今日のこのごろです。ぼやき、失礼しました。...

カテゴリー一覧
商用