searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
もそっと撮り鐵
ブログURL
http://mosoatsu.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求めてパシャパシャと。下手の横好きなりに試行錯誤中。
更新頻度(1年)

57回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2012/06/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、もそあつさんの読者になりませんか?

ハンドル名
もそあつさん
ブログタイトル
もそっと撮り鐵
更新頻度
57回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
もそっと撮り鐵

もそあつさんの新着記事

1件〜30件

  • 秋の陽の下で(長野電鉄)

    秋色の舞台を悠々と渡る老優3500系。彼が地下鉄日比谷線で活躍していた頃、家族で上野動物園や秋葉原の電気街に行くときなど利用していたものでしたが、そのときとはまるで取り巻く風景が違うので、懐かしさよりも新鮮味が勝ります。もっと早く訪ねるべきだったかな。HiSEのときよりも若干鉄橋に近づいてみたものの、地味な被写体のためもう少し大きめに撮影した方が良かったかと少々反省。ぐるりと巻かれた赤帯に多少救われました...

  • 御神木に見守られ(長野電鉄)

    線路端に鎮座する神社の御神木。秋色の装いで、老優3500系の山登りを見守ります。既に後継車の運行は始まっており、こちらのタイムリミットは再来年とのことですが、まったり、思うように収めるなら今のうちでしょう。どうやら画面手前は、このかいわいではあまり見られない水田のようですね(ちなみに背後はりんご畑でした)。季節を変えて、再訪してみたい気持ちがザワザワと・・・。(いずれも11/15撮影)...

  • 秋晴れの長電へ(長野電鉄)

    青空に恵まれるようになってきた今日この頃。先月に続き「偉い人」にお許しを乞い、秋深まる長野電鉄へ日帰りパシャリ旅を(今年は県外はこれで終わり・・・のつもり)。一番の定番スポット、みんな大好き上路式のガーダーが連なる鉄橋・・・夜間瀬川橋梁。河原が整備されて、以前よりスッキリ見通しが良くなったそうです。寄って良し、引いて良し。あーでもない、こーでもないと、カメラを持って右往左往。どう構えても楽しめる鐵...

  • プチ鉄・江ノ電の顔(江ノ島電鉄)

    仕事が早く終わったので、大幅に寄り道・・・カバンに忍ばせていたカメラをごそごそ取り出して。新しい車両にはそれなりの魅力があり、私自身は昭和至上主義というわけではないつもりなのですが、やはり私はオッサン、佳き時代の人懐っこい顔をした車両を見るとホッとします。このおなじみ江ノ電の顔はまだ引退の話を聞きませんが、昨今の鉄道マニアのマナー低下やコロナの影響でしょうか、このところ他社の旧型車両の引退は告知さ...

  • りんごの丘を行く(長野電鉄)

    収穫間近の赤い味覚と長電との構図を求めて、上条駅かいわいをレンタサイクルで右往左往。美味しそうにたくさん実ってはいるのですが、あくまで撮りたいのは鉄道写真・・・でも線路脇の樹だけ実があまりなかったりして、けっこう難儀しました。先の記事で、日比谷線を撮った場所に戻って。陽光を浴びるりんご越しに特急ゆけむり・・・もとい、小田急HiSEと8年ぶりに対面。4連に短縮されていますが特別感はまだまだ健在なのは、さす...

  • 朝もやの中、実る味覚(長野電鉄)

    寝ても覚めても曇りや雨が続き、写欲も下がってしまった先月と今月。下旬になってようやく日差しが期待できるようになり、天気予報を目を皿のようにしてチェック(;^ω^)家族に少々わがままを言って、信州・長野電鉄へ夜行バスを利用しての強引日帰りトリップと相成りました。朝は太陽はもやの中。終点にほど近い線路端では信州を代表するおなじみ秋の味覚が収穫を待っていました。正直、主力の車両がだいぶ前からステンレスの通勤型...

  • 初秋、日差しの下(小田急電鉄)

    掛け干し、構図に対する面積の割合を増やそうと、縦位置でも撮ってみました・・・が、ちょっと窮屈な感じでしょうか?やはり、鉄塔をつまみ上げたくなりますな・・・模型じゃないって(;^ω^)反対側から。雲が多くなってきてしまって、気をもみましたが。この後もう一本、と待ちましたがお天道さまはご隠居してしまってお開きです。しかし晴れの日、続きませんねえ・・・今これを書いているときも、外は冷たい雨。写真は光が大切なの...

  • 初秋、陽差しの下(小田急電鉄)

    例年以上に曇りや雨が続いた先月・・・線路端での釣果もとても少なくなってしまいました。10月に入り、天気図に変化が出てきてようやく晴天の機会が。昼過ぎからフリータイムを捻出し、伊勢原かいわいの線路端へ。名残の彼岸花がまだ鮮やかな色を保っていました。このあたりは小田急沿線でも天日の掛け干しが多く見られるスポット。陽光をたっぷり浴びてズラッと整然と並ぶさまを眺めると、とても喧噪の新宿や横浜から一時間ほどで...

  • 秋雨の下、開く紅(小田急電鉄)

    最後に青空を見たのはいつだったっけ・・・例年以上に日照の少なかった今月。最後の週末もまた時おり雨のぱらつく空もよう。休みをずっと家で悶々と過ごすのもアレなので、雨なら雨なりに撮れればと彼岸花が盛りを迎えた小田急線の線路端に。本来は晴天でピシッーと明快な一枚を撮りたいと皮算用していたのですが、この天候ではそれはとてもかなわず。まあ、秋雨の中という感じが伝わりますでしょうか・・・?...

  • お天道さまよぉ~(小田急電鉄)

    小田急線、今年も稔りの季節となりました。家族運用の都合と天気予報とをニラメッコして線路端に出動する日時をいつにするか吟味していたのですが・・・。例年以上に日照のない今月。まあ、行かずに後悔よりは行って後悔の方が遥かにマシ・・・ということでシルバーウィークの後半にお出かけ。自宅ではイマイチ気を休めることができない今、思うようなものが撮れなくともオッサン独りの時間を持つのは心の安定のために必須です。一...

  • ささやかな夏の祭り(小田急電鉄)

    赤い1000形の特別運行、最後の日曜・・・私的にも夏休み最後の日(;^ω^)駅や線路端、多くの撮影者が集まるだろうと予想はしていましたので、キャパシティは無限に近い秦野の築堤のポイントへ。良い塩梅に夏のムキムキ雲が青空に立ち昇ってくれました。まずは後追いですが下り列車を。上りは線路からだいぶ下がって望遠で雲をムキッと大盛りにして。撮影後、駅前のドトールでアイスコーヒーを。いやぁ暑かった(;^ω^)<忘備録>下りの...

  • 赤+銀、鉄橋を渡る(小田急電鉄)

    小田急線のハイライト、酒匂川橋梁。期間限定の赤+銀、やっぱりここでも撮りたく足を延ばしました。小田原に行き、すぐ折り返して来る彼を待ちかまえて。幾度となく訪ねているこの鉄橋ですが、威風堂々としたトラスは何とも魅力的です。...

  • ゆりゆり・ごりおし(小田急電鉄)

    つかの間の遅い夏休みとなりました。とはいえこのご時世、遠出は控えて小田急線へ。この日の天気予報は湿った空気の流れにより雨が降る時間帯があるとのことで、雨に濡れるゆりゆり(新百合ヶ丘~百合ヶ丘)カーブで撮影をと皮算用して現地へ・・・。しかし雲はやや多いものの青空が見え、そこからキリリと肌を刺すような太陽の光が。雨は一向に降る気配なし・・・聞いてないヨ~ってやつですな。というわけで、まあ記録程度でパチ...

  • 話題の赤い彼(小田急電鉄)

    先月、箱根登山鉄道が復旧したことは記憶に新しいですが、それを記念して小田急全線で赤仕様の1000形が今月中のみの期間限定で運行(pdfファイルです)されています。小田急線でこのような「ちょっと変わった電車」が運行されるというのはめったにないので私もパチリしたいなあと機会を伺っていたのですが、仕事と生活に追われがちでなかなかお出かけできず。この日、スキマ時間を見繕ってちょっと収めてきました。普段は小田原と...

  • 箱根への誘い・各駅にて(小田急電鉄)

    今回のエントリーはスマホ鐵(?)で失礼します。小田急のいくつかの駅で、登山電車の復旧と箱根への旅を誘うイラストが。まずは登戸駅。車両の番号が・・・やはり「その筋の人」が描いたのでしょうか。こちらは新百合ヶ丘駅。最後に町田駅。こちらは改札の目の前にあってかなり目立つのですが、ちょうど塩梅の良い待合い場所にもなっているようで場所が空くまでけっこう粘りました(;^ω^)社会情勢が安定しませんが、全くのステイホ...

  • 賑わい戻る(箱根登山鉄道)

    お盆となりました。コロナ禍が収まらない中、平時より控えめですが箱根にも賑わいが戻りつつあります。多客に備えてか、しばらく2両編成だった旧型も3連に。宮ノ下にて。使いこなすのがやや苦手ですが動体追従AFで、車両にピントを合わせて撮影しました。こういうのってつい車両の動きに合わせてカメラを振りがちになるんですよね・・・。今年は梅雨が長引き暑さに慣れない中でいきなり猛暑となり、例年に増して暑さがこたえますね...

  • 限定モノを珍しく(箱根登山鉄道)

    限定モノはあまり撮らない私ですが、今回の「ありがとう」付きについてはちょいとしっかり収めておきたいな、と。「鐵」だからという以前に、箱根という場所は幼い頃から家族や友人と幾度となく訪れていて、とても馴染みのある観光地であることが大きいのかな。その要の交通機関でありアトラクションでもある登山電車の復活が単純に嬉しいのです。架線柱の処理に難儀してしまいましたが、森林浴のカーブを行く「ありがとう」を。上...

  • 新たな日常(箱根登山鉄道)

    復旧。「ありがとう」の言葉と共に、新たな登山電車の日常が始まりました。(3枚とも7/28撮影)...

  • 準備万端(箱根登山鉄道)

    アジサイと一緒に撮影後、別の場所で構えて待ったのですが電車が一向に現れず、諦めて箱根湯本に戻ったところまだ試運転は行われているようでした。どうもおそらく大平台までの区間運転に変更となったようです。せっかくなので、駅ナカでこの時期なりの記録撮影を。新調されたマル試看板を掲げて、凛とした表情の老優ヨンロク。乗務員さんも、いよいよ間近となった笑顔の日に向けて準備万端です。昨今の社会事情、まだまだ不安は拭...

  • 彩に導かれ(箱根登山鉄道)

    先日9日、ついに強羅までの全線で試運転が始まり、23日の営業復活に向けて秒読みとなった箱根登山電車。7月も半ばになり少々ピークを過ぎていたものの名物の彩の道。白霧の中、そんな彩に導かれるように「ヨンロク」が姿を現しました。あと少し。(2枚とも7/15撮影)...

  • 雨をついて(相模鉄道)

    6月最後の週末は家族運用・・・あちこち行きたいのはヤマヤマではありますが。ただ日曜日、起きてみると本降りの雨となっていたので許しを得てちょっとだけ地元の相鉄で・・・(;^ω^)昨年5月に撮った12000系の改訂版となります。あの写真を撮った後、次は雨の日に撮ろう撮ろう・・・と思っていたのですが、いつの間にかうやむやになってしまっていました。アウトドアで楽しむ鉄道撮影、晴天が好ましいことが多いのは確かではありま...

  • 深緑の小駅にて(箱根登山鉄道)

    大平台駅手前での折り返しをしばし見学した後、なんとかアジサイとの組み合わせを収めたく塔ノ沢駅へ向かいました。ここでもせっかくなので、旧型の108・109号の編成を被写体に。どうも構図的に収まり良く撮れるのは、緑色の109号の方向だったのですが、オッサン鐵としては、箱根登山電車というとやはり定番のロマンスカラーです。実は幼少の頃は旧いのはイヤで、家族で観光に行ってコレに当たると駄々をこねてしまった記憶がある...

  • 指差確認、緑の中で(箱根登山鉄道)

    ついに7月23日に復旧することが決まった(PDFファイルです)箱根登山電車。引き続き連日にわたり試運転が行われているようです。名物・大平台かいわいのアジサイと撮りたいなあ・・・と思い、再び現地へ向かいました。ところが電車が近づく、あるいは遠ざかる音は頻繁に聞こえるのに待てど暮らせど私の構えている線路端には一向にやって来ない・・・?小一時間ほどたった頃でしょうか。地元の方が通りがかり「電車?今日は下の方で...

  • アジサイの路(小田急電鉄)

    毎年のように訪ねている田園のアジサイの散歩道。昨今の社会情勢で、こちらの状態はどうかなあ・・・と気をもんでいましたが、きちんと剪定、雑草の処理もされていて感謝です。今回の一枚は広角レンズで若干ハイアングルにセットして撮影しましたが、本来は垂直に立っているものにパーツがつき「逆ハの字」に写り、気になる場合があります。今回は後処理によりそれを修正してみました。(6/14撮影)...

  • 季節の箱庭、咲きました(小田急電鉄)

    この日は梅雨時にふさわしい空模様。三脚に傘が取り付けられる便利グッズを忍ばせて安近短の小田急線へ。毎年きれいに手入れして下さっている線路端の箱庭。今年もしとやかな色合いで咲きました。ここには様々な花が植えられている一方、編成全体を収めるのは難しいので、コレという正解がないのが楽しく、また悩ましいところ。まあ・・・あーでもないこーでもないと眉間にしわを寄せてファインダーを覗いている時間が一番楽しいの...

  • 来るべき日に向けて(箱根登山鉄道)

    深緑に染まった山々に、小さなロマンスカラーが鉄路をこする音がこだまします。鉄橋、車両ともに相当なベテランですが来るべきハレの日に向けてでしょうか、実に艶やかで美しい装い。いつお客を乗せても良いように、もてなしの準備が着々と進んでいます。頑張れ、箱根登山電車。(備忘録)こちらは私有地内からの撮影になるため、所有者に一声かけ許可を得ています。残念ながら、我々鉄道撮影ファンのマナー問題は事あるごとに取り...

  • 復旧に向けて、トライアル・ラン(箱根登山鉄道)

    昨年秋の台風により甚大な被害を受けた箱根登山鉄道。今夏の復旧に向けて、5月から一部の区間で試運転が始まりました。昨今のコロナ禍の中、鉄道関連の明るいニュースで、日中の時間帯にそれなりの頻度で運転されているとの情報を得て、気になってはいたもののステイホームで悶々と過ごす日々。そして今月に入り・・・自粛要請が緩和されたことを受けて、感染対策の励行を意識しつつお出かけと相成りました。深いみどりの中に包ま...

  • 久々に花咲く線路端へ(小田急電鉄)

    外出の自粛要請が緩和されたということで、手洗いなど心がけつつ久々にカメラを連れ出しました。桜、新緑はとっくに終わってしまいましたが今は今なりに撮れれば・・・ということで、キョロキョロ。線路端にすくっと伸びるタチアオイをお借りして。電車の前面を入れようとするとどうにも花の量感が減ってしまう印象でしたので、こちらは縦位置でパシャリ。GSEでも撮ったのですがマスクをしたお客さんの姿が目立ってしまい・・・展...

  • 映画で想う、雷鳥電車60形(富山地方鉄道)

    (著作権の絡みを避けるため一部加工)当地では緊急事態宣言は続き、まだ我慢の毎日となっています。週末もほぼインドア生活。育児の他はゴロゴロ過ごすのみ。そんな日々の中、もともと映画はあまり観ない私ですが、こんなモノを引っ張り出してきました。富山地方鉄道が舞台となっている「RAILWAYS・愛を伝えられない大人たちへ」です。2011年の春に撮影、その年の冬から公開されたもので、夫婦の愛がテーマなのですが地鉄の風景や...

  • いすみ鉄道・春の思い出

    (2018年撮影)「がまんウィーク」となってしまった今年のGW。またまた、過去の写真を引っ張り出してみます。今回は拙ブログで最も記事が多くなっているいすみ鉄道。母の実家が国鉄型キハが走っていた路線、花輪線の沿線ということもあり、キハは物心ついてからの鐵趣味の原点。地元から日帰り圏内のい鉄で復活すると知ったときには本当に胸が高鳴ったものです。それ以来、特に菜の花の時期には毎年訪ねています。(2017年撮影)こ...

カテゴリー一覧
商用