searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

NORIさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
神社仏閣そぞろ歩き
ブログURL
https://templeswalk.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
大阪、奈良、和歌山を中心に神社仏閣を巡ります。
更新頻度(1年)

84回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2019/06/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、NORIさんをフォローしませんか?

ハンドル名
NORIさん
ブログタイトル
神社仏閣そぞろ歩き
更新頻度
84回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
神社仏閣そぞろ歩き

NORIさんの新着記事

1件〜30件

  • 岩湧寺の秋海棠

    今回訪れたのはこちら岩湧寺です。岩湧山第一駐車場から15分程歩きます。お寺の駐車場もありますが、道中は車同士の対向もままならない細い道なので、避けるのが無難かと思います。【所在】大阪府河内長野市加賀田3824【山号】湧出山【宗派】融通念仏宗【開基】役小角(伝)【本尊】十一面観世音菩薩像【岩湧寺】この寺は、岩湧山北側中腹に位置し、文武天皇の勅願寺で役小角の開基であるとされている。境内には本堂(市指定文化財...

  • 談山神社の青椛

    今回訪れたのはこちら談山神社です。ホンマはおふさ観音さんへ参る予定だったんですけど、あそこの狭い境内の密を避け、談山神社さんへ。この時期の談山神社さんは人なんてほぼいません。【所在地】奈良県桜井市多武峰319【主祭神】藤原鎌足公【社格等】旧別格官幣社     別表神社【談山神社】舒明・皇極二代の天皇の世、蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていました。 この時、中臣鎌子(後の藤...

  • 等彌神社の青椛

    今回訪れたのはこちら等彌神社です。【所在地】奈良県桜井市桜井1176【主祭神】上津尾社:大日霊貴命     下津尾社右殿(八幡社):磐余明神、品陀和気命     下津尾社左殿(春日社):高皇産霊神、天児屋根命【社格等】式内社(小)     旧県社【等彌の社】その西の麓(ふもと)に鎮座する等彌神社は、十世紀前半に制定せられた『延喜式』の神名帳にすでに記載があり祈年祭の幣帛に預かった古社でありますとともに、...

  • 戒長寺

    今回訪れたのはこちら戒長寺です。【所在】奈良県宇陀市榛原戒場386【山号】戒場山【宗派】真言宗御室派【開基】聖徳太子(伝)【本尊】薬師如来【戒長寺】戒長寺は、薬王院戒場山戒長寺と号する真言宗御室派の寺院で、薬師如来坐像を本尊とし、戒場薬師とも呼ばれています。その創建年代等は、明らかでありませんが、所蔵する仏像などから平安時代後期には、相当な寺観を呈していたと想像されます。眼下の「戒場遺跡」では、12世...

  • 若草山

    今回訪れたのはこちら若草山です。※訪れたのは7月下旬です。新型コロナウィルス感染拡大防止の為、若草山頂駐車場は8月5日~31日まで閉鎖されています。【若草山】標高342m、笠を三つ重ねたような姿で三笠山とも呼ばれます。駐車場から300mの山頂展望所からは、南には春日大社の神山御蓋山、眼下に興福寺境内や平城宮跡、遠くに生駒や金剛の山々など、素晴らしい眺望が楽しめます。一心に芝を食む鹿の群れにもよく出会います。山...

  • Snap 28

    ...

  • 石山寺 ー西国三十三所観音霊場・第十三番札所ー

    今回訪れたのはこちら石山寺です。【所在】滋賀県大津市石山寺1丁目1-1【山号】石光山【宗派】東寺真言宗【開山】良弁【本尊】如意輪観音【石山寺】聖武天皇の勅願により天平十九年良弁僧正によって開基され、歴朝の尊崇あつい由緒ある寺院である。西国巡礼十三番の札所。本堂は滋賀県最古の木造建築で、内陣は平安中期。外陣は淀殿の補修になるもの。本尊観音は勅封になっている。堂内「源氏の間」は紫式部が「源氏物語」を書いた...

  • 花園あじさい園

    今回訪れたのはこちら花園あじさい園です。2021年最後の紫陽花は去年と同じく此処にしました。【ドライブイン花園あじさい園】高野龍神スカイライン沿いにある標高1040mの山上で花を楽しめるドライブイン。建物の周辺には花園が広がり、春は1000株のシャクナゲ、夏は3500株のアジサイが楽しめる。開花期の眺めは圧巻だ。レストランではアマゴや猪肉などの特色あるメニューを提供。売店では山椒の塩漬けや仏壇用の高野槇の販売もし...

  • 岩間寺 ー西国三十三所観音霊場・第十二番札所ー

    今回訪れたのはこちら岩間寺です。【所在】滋賀県大津市石山内畑町82【山号】岩間山【宗派】真言宗醍醐派【開山】泰澄(伝)【本尊】千手観音【岩間山正法寺縁起】養老六年(722年)、加賀白山を開いた泰澄大師が元正天皇の33歳の大厄の病を法力により治した褒美として建立したことに始まる元正天皇の勅願寺院である。往昔は、後白河・後宇多・正親町天皇等歴代天皇の尊崇厚く熊野、吉野に並ぶ、日本三大霊場の一として隆盛してい...

  • 東大寺 上院

    今回訪れたのはこちら東大寺二月堂、と云うか上院です。裏参道より参ります。陽射しが強すぎますが、二月堂と云えばこの風景。途中で振り返るとこんな感じです。まずはこちらが四月堂です。【三昧堂(四月堂)】法華三昧会が旧暦の四月に営まれていたので、一般には四月堂と言われている。もとは十一面観音像の北側に安置されている普賢菩薩像を本尊としていたとされることから普賢三昧堂とも称している。創建は治安三年(1021)、...

  • 薬師寺

    今回訪れたのはこちら薬師寺です。撮りたくなったので来ました。手付かずの記事が6つ程溜まってきたので、急ピッチの公開です。【所在】奈良県奈良市西ノ京町457【山号】無し【宗派】法相宗【開基】天武天皇(勅願)【本尊】薬師三尊像【法相宗大本山 薬師寺】当寺は、第四十代天武天皇の発願によって飛鳥の地、藤原京に建立(680)され、その後平城遷都に伴って養老二年(718)平城右京六条二坊(現在地)へ移された。金堂本尊薬...

  • 生蓮寺

    今回訪れたのはこちら生蓮寺です。【所在】奈良県五條市二見7-4-7【山号】寄足山【宗派】高野山真言宗【開基】小野篁、嵯峨天皇(勅願)【本尊】地蔵菩薩【生蓮寺 縁起】生蓮寺は嵯峨天皇(西暦786~842)の皇后 懐妊 苦悩の時、地蔵菩薩に祈願をこめ、皇子 安産祈願のために参議小野たかむらに命じて地蔵尊を当寺に安置したのに創まります。その後、弘法大師 空海上人(お大師さま)が、高野山開創の時、生蓮寺に立ち寄り、一尺八...

  • 岡寺の花手水と紫陽花

    今回訪れたのはこちら岡寺です。【所在】奈良県高市郡明日香村岡806【山号】東光山【宗派】真言宗豊山派【開基】義淵(伝)【本尊】如意輪観音【岡寺】東光山真珠院竜蓋寺は俗に岡寺と呼ばれる。天智天皇の御代、義淵僧正によって創建されたと伝え、西国観音霊場33ヶ所の第7番の札所として広く信仰されている。本尊如意輪観音像はわが国の塑像の中で最も大きく、また、体内佛といわれる金銅半伽像は白鳳の様式を示し、楼門・書院等...

  • 七曲坂あじさい園

    今回訪れたのはこちら七曲坂です。【七曲坂あじさい園】豊かな自然に恵まれた国立公園・吉野山。その玄関口にある七曲坂(ななまがりざか)には約4000株のアジサイが植えられており、梅雨の時期にもなるとパステルカラーの紫陽花たちがあちこちで綺麗な花を咲かせます。すぐ近くには無料の駐車場や休憩所も完備。鬱陶しくなりがちな梅雨ですが、自然溢れるここ奈良吉野で思う存分アジサイ観賞を楽しみましょう!(「お土産・お食事処...

  • 東大寺 大仏殿

    今回訪れたのはこちら東大寺です。【所在】奈良県奈良市雑司町406-1【山号】無し【宗派】華厳宗【開基】聖武天皇【本尊】盧舎那仏【東大寺】東大寺の大伽藍は、聖武天皇の発願になる盧舎那大仏が大和国分寺の本尊として造立されたのが契機となって成立した。大仏開眼供養会が営まれたのは天平勝宝四年(752)。開基は良弁僧正。東大寺では、天下太平万民豊楽が祈られるとともに、華厳教学を中心に仏教全般にわたる教理研究が行われ...

  • 長谷寺の紫陽花

    今回訪れたのはこちら長谷寺です。【所在】奈良県桜井市初瀬731-1【山号】豊山【宗派】真言宗豊山派【開基】道明【本尊】十一面観音【長谷寺 概要】大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に本堂が建つ。初瀬山は牡丹の名所であり、4月下旬から5月上旬は150種類以上、7,000株と言われる牡丹が満開になり、当寺は古くから「花の御寺」と称されている。また『枕草子』『源氏物語』『更級日記』など多くの古典文学にも登場す...

  • 長弓寺

    今回訪れたのはこちら長弓寺です。【所在】奈良県生駒市上町4443【山号】真弓山【宗派】真言律宗【開山】行基【本尊】十一面観音【長弓寺の歴史】長弓寺の創建についてはいくつかの説があり、定説を見ない。『長弓寺縁起』によると神亀5年(728年)、鳥見郷の豪族である小野真弓長弓が聖武天皇に随行して狩りに出た。同行していた長弓の息子・長麻呂が不思議な鳥が飛び立つのを見て矢を放ったところ矢は誤って長弓に当たってしまい...

  • 般若寺の初夏コスモスと紫陽花

    今回訪れたのはこちら般若寺です。【所在】奈良県奈良市般若寺町221【山号】法性山【宗派】真言律宗【開基】慧灌(伝)【本尊】文殊菩薩【般若寺】寺伝によると629年高句麗の僧慧灌がこの地に寺を建てたのが始まり。その後天平7年(735)聖武天皇の時、平城京の鬼門鎮護のため堂塔を造営されたと伝えられています。京都から奈良への要路にあたるため、治承の兵火で戦火をこうむりましたが、西大寺の叡尊上人により文殊の霊場として...

  • 飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区

    今回訪れたのはこちらこれだけでは分かりませんね。飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区です。【飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区】飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区は、明日香村にある自然公園です。高松塚古墳をはじめとする古墳群や丘陵のある地形を生かした公園で、中心には大きな芝生広場もあります。丘陵には遊歩道が整備されており、散策を楽しむことができます。途中にある展望台からは、田畑や民家が点在する明日香村ののどかな景色が...

  • 秋篠寺

    今回訪れたのはこちら秋篠寺です。【所在】奈良県奈良市秋篠町757【山号】なし【宗派】単立【開基】光仁天皇(勅願)【本尊】薬師如来【秋篠寺】奈良時代末期780年頃、光仁天皇の勅願によって建立され、開山は善珠僧正と伝えられています。平城京西北の外れ「秋篠」の地に建てられたためこう呼ばれています。平安時代末期に戦火のため伽藍の大部分を焼失し、鎌倉時代には今の本堂がもとの講堂の跡に再興されましたが、金堂や東西両...

  • 不退寺

    今回訪れたのはこちら不退寺です。【所在】奈良県奈良市法蓮町517【山号】金龍山【宗派】真言律宗【開基】在原業平(伝)【本尊】聖観音【不退寺 由来】仁明天皇の御勅願により、在原業平朝臣の建立になる当寺は南都十五大寺に数えられた古刹である。大同四年(八0九)平城天皇後譲位の後この地に「萱の御所」を造営せられ、阿保親王(平城天皇の皇子)の没後、その皇子であった在原業平朝臣が承和十四年(八四七)詔を奉じて旧居...

  • 長岳寺の杜若

    今回訪れたのはこちら長岳寺です。【所在】奈良県天理市柳本町508【山号】釜の口山【宗派】高野山真言宗【開基】伝・空海、淳和天皇(勅願)【本尊】阿弥陀如来【長岳寺 案内】長岳寺は花と文化財の寺である。長岳寺は約千二百年の歴史を経ており、平安初期(天長元年)淳和天皇の勅願により弘法大師が創建された寺である。盛時には僧兵三百、宿坊四十八、境内九万四千坪の壮大な寺院であった。千古の歴史の中で栄枯盛衰を経たが今...

  • 室生寺の石楠花

    今回訪れたのはこちら室生寺です。【所在】奈良県宇陀市室生78【山号】宀一山(べんいちさん)【宗派】真言宗室生寺派【開基】賢憬(賢璟)【本尊】釈迦如来(金堂本尊)    如意輪観音(本堂本尊)【室生寺】天武天皇の勅願により、修験道の祖である役の行者・小角がこの地に初めて寺を建立したと伝えられています。奈良時代末に至り、後に桓武天皇となられた山部親王の延寿祈祷をきっかけに、興福寺の高僧・賢璟(けんけい)...

  • 長谷寺

    今回訪れたのはこちら長谷寺です。【所在】奈良県桜井市初瀬731-1【山号】豊山【宗派】真言宗豊山派【開基】道明【本尊】十一面観音【長谷寺 概要】大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に本堂が建つ。初瀬山は牡丹の名所であり、4月下旬から5月上旬は150種類以上、7,000株と言われる牡丹が満開になり、当寺は古くから「花の御寺」と称されている。また『枕草子』『源氏物語』『更級日記』など多くの古典文学にも登場す...

  • 子安地蔵寺

    今回訪れたのはこちら子安地蔵寺です。【所在】和歌山県橋本市菖蒲谷94【山号】易産山【宗派】高野山真言宗【開基】行基(伝)【本尊】地蔵菩薩【子安地蔵寺由来】当寺は、天平九年(737)、東大寺建立に大きな力を尽くした行基菩薩によって開かれたとされています。御本尊、地蔵菩薩立像も行基菩薩の手によるものと伝えられ、安産・子育の守護に霊験あらたかであるところから通称「子安地蔵」、地元の人からは通称「子安の地蔵さ...

  • 岡寺の石楠花

    今回訪れたのはこちら岡寺です。【所在】奈良県高市郡明日香村岡806【山号】東光山【宗派】真言宗豊山派【開基】義淵(伝)【本尊】如意輪観音【岡寺の歴史】『東大寺要録』「義淵伝」、『扶桑略記』等によれば、天武天皇の皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる。この時、同時に龍門寺なども建立された。現在の寺域は明日香村の東にある岡山の中腹に位置するが、寺の西に隣接する治田神社境...

  • 新家長福寺

    今回訪れたのはこちら新家長福寺です。【所在】奈良県北葛城郡広陵町三吉357【山号】寂明山【宗派】浄土真宗大谷派【本尊】阿弥陀如来【新家長福寺】本堂は何度も修復を重ねていますが約350年前のものです。また、本尊の阿弥陀如来像は天正二年(1574年)に造られたものと伝えられています。本堂前の灯籠は享保元年(1716年)、水船は正徳四年(1714年)と記されています。昔から境内に桜が多く「桜御坊」と呼ばれ親しまれていまし...

  • 花々 令和二年度秋・冬

    ブログに登場することがなかった残念なお花達。...

  • 壷阪寺 夜桜ライトアップ

    今回訪れたのはこちら夜の壷阪寺です。仁王門からの入山です。早速、多宝塔と三重塔。夜空の色が違うのは、撮ってる時間が違うからです。もいっちょ多宝塔と三重塔。多宝塔。大仏さん。三重塔と大仏さん。夜桜。此処より上のライティングが、桜を台無しにしてる気がします。写真的にはレタッチでどうにでもなるんですけど。もう少し左で撮りたかったんですけど、常に人いっぱいでした。最後にもう一度三重塔を撮り、仁王門へ戻り、...

  • 壷阪寺の桜

    今回訪れたのはこちら毎年来ている壷阪寺です。ライトアップを撮りに来て暗くなる前に数枚撮っただけですけど、ボツにするのもアレなので記事にしておきます。【所在】奈良県高市郡高取町壷阪3【山号】壺阪山【宗派】真言宗系単立【開基】弁基上人【本尊】十一面千手観世音菩薩【壷阪寺の歴史】草創については不明な点が多いが、伝承によれば大宝3年(703年)に元興寺の弁基上人により開かれたとされる。後に元正天皇の祈願寺とな...

カテゴリー一覧
商用