searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

清里フクロウさんのプロフィール

住所
北杜市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
フクロウの生息する高原・清里より
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kiyosato_001/
ブログ紹介文
清里を中心に八ヶ岳南麓の風景と生き物を紹介
更新頻度(1年)

122回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2009/11/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、清里フクロウさんの読者になりませんか?

ハンドル名
清里フクロウさん
ブログタイトル
フクロウの生息する高原・清里より
更新頻度
122回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
フクロウの生息する高原・清里より

清里フクロウさんの新着記事

1件〜30件

  • ベニテングタケの森

    USJでは、10月16日にマリオ・カフェ&ストアがオープン。スーパーマリオといえば、ベニテングタケ。というわけで、マリオファンではないが、ベニテングタケの出る森を散策してきた。この場所では、例年なら9月中旬~下旬にベニテングタケが発生する。今年はずいぶん遅く発生した。同じきのこを逆方向から。モミジの落ち葉の中のベニテングタケ。イボが落ちているのが残念。例年ならベニテングタケの時期は紅葉より早く、紅葉とのコラボは見られないのだ。紅色の濃い大きなベニテングタケモエギタケチャナメツムタケは少しだけ発生していた。シロナメツムタケカヤタケホテイシメジヌメリササタケキノボリイグチキヌメリガサハナガサタケベニテングタケの森

  • ヤマブシタケ&枯木・倒木に発生するきのこ

    ヤマブシタケは枯枝の付け根に発生することが多い。巨木の根元の腐食部に発生したヤマブシタケ。2~3cmのヤマブシタケ幼菌。サンゴハリタケモドキ同じきのこ。モミの巨木の腐食部に発生。アラゲキクラゲエノキタケエノキタケヌメリスギタケモドキ倒木に群生するナラタケムキタケアイコウヤクタケヤマブシタケ&枯木・倒木に発生するきのこ

  • 八ヶ岳の冠雪と赤い橋の紅葉

    今朝起きて窓の外を見ると、八ヶ岳が雪化粧していた。9月前半までは残暑が厳しかったのに、もう冬の始まりである。カメラをつかんで紅葉スポットの赤い橋へ出かけた。右側に山頂が少し見える山が主峰の赤岳(標高2899m)。赤い橋の駐車場には、朝から多くの自動車が止まっていた。今日は観光客で密になるだろう。八ヶ岳の冠雪と赤い橋の紅葉

  • ベニテングタケ

    台風の通過で昨日までの3日間、雨が降り続いた。近くの森を少しだけ歩いてみたが、あまりきのこは発生していなかった。ベニテングタケ例年は9月にたくさんのベニテングタケが発生するが、今年は初めて見ることができた。クリタケツチスギタケワタカラカサタケフチドリツエタケネズミシメジサンゴハリタケ最近のスーパーでは、間隔をとってレジに並ぶようになっているが、状況が分からず(分からないふりをして)割り込んでくる人を見ることがある。今日は、私がレジの列の先頭にいたとき、私の後ろに割り込んできたお婆さんがいた。私が「後ろに並んでいますよ」と声をかけると、「じゃあ、こっち」と言って隣の列に割り込んだ。完全な確信犯である。レジの人が見かねて、「後ろに並んでください」と声をかけたが、割り込まれた人が「大丈夫です」と言うのでそのままになっ...ベニテングタケ

  • ウストビイラガ幼虫

    8mmほどの小さな幼虫。クリタケの上でじっとしていた。イラガ科の幼虫の多くは毒棘があり、触れると皮膚炎を起こすという。ただし、ウストビイラガの幼虫には毒棘がないらしい。こいつは何だろうと思って触ってしまったが、毒がなくて良かった。ウストビイラガ幼虫

  • ムキタケ

    ムキタケは晩秋のきのこ。きのこシーズンも終わりが近い。ムキタケ天然のエノキタケは、とても美味い。ヤマブシタケサンゴハリタケモドキ(生きたウラジロモミに発生)オオシワカラカサタケニガクリタケスギタケホテイシメジハナイグチカラカサタケシロシメジ?アカモミタケムキタケ

  • ハナイグチ

    今週は、隣町の野辺山で氷点下0.3℃を記録し、清里も0℃付近まで冷え込んだ。紅葉が少し始まっている。ハナイグチ秋のきのこは総じて不作だが、イグチの仲間は比較的よく発生している。列をなすサクラシメジ。バターで炒めて食べる。キノボリイグチ(生きたカラマツの幹に発生)オオキノボリイグチ。周囲には6本ほど発生していた。群生するカラマツベニハナイグチキツネノカラカサ属?ザラエノハラタケフサクギタケショウゲンジキショウゲンジキサマツモドキドクツルタケハナイグチ

  • 山にかかる虹

    今日の昼過ぎ、雨上がりではないのに、きれいな虹が出ていた。眺めていると、すぐに薄くなって消えてしまった。山にかかる虹

  • オオキノボリイグチ

    秋のイグチがたくさん発生していた。来週から1か月は雨が少ない予報になっているので、秋のきのこは今がピークかもしれない。オオキノボリイグチ亜高山帯の登山道沿いで毎年見ることができる。今日は1本だけだったが、コケの中の良い場所に発生していた。ハナイグチ例年より3週間ほど遅れている感じであるが、やや豊作。カラマツベニハナイグチヌメリイグチアミタケショウゲンジアイシメジアオイヌシメジ。点々と30本あまり発生していた。サクラシメジ秋の初めに出るきのこ。この場所では、例年より3週間ほど遅れて発生。サンゴハリタケこちら側に2つ、裏側に2つ発生していた。チシオタケナカグロモリノカサヒトヨタケの仲間夏きのこのチチタケも健在。シラカバの倒木に群生するツノシメジツルタケダマシ?テングタケ科ドクツルタケヒメカバイロタケクリイロチャワン...オオキノボリイグチ

  • ミズキの実を食べるガビチョウ

    外来種のガビチョウは、八ヶ岳山麓で大繁殖していて、自宅の周りでも賑やかな声が聞こえてくる。私の部屋の前にはミズキの木があり、ミズキの実を食べに多くの野鳥がやってくる。ガビチョウのほか、ヒヨドリ、アカゲラ、アオゲラ、メジロなどが実を食べる。実が熟す前から次々にやってきて、実が完熟するころには、ほとんど食べ尽くされてしまう。(自宅の窓から撮影)にほんブログ村ミズキの実を食べるガビチョウ

  • クロラッパタケ

    4連休は行楽客がとても多く、清里は今年いちばんの賑わいだったように思う。自動車が多いのにうんざりしたが、あまり観光客がいない場所へ行ってきのこ撮影をした。クロラッパタケセンボンイチメガサシロヌメリイグチシロスズメノワンヒメコガサヒナノヒガサタマゴタケタンポタケ(あるいはミヤマタンポタケ)掘り出したもの。ツチダンゴに寄生している。チシオタケクヌギタケヒロヒダタケオニイグチキノボリイグチドクツルタケツノシメジスミゾメシメジシロウロコツルタケ?キサマツモドキクロラッパタケ

  • アオイヌシメジ

    秋のきのこが少しだけ発生していた。きのこを見る限り、例年よりも3週間ほど秋の始まりが遅れている感じがする。アオイヌシメジ。一本だけ発生していた。キノボリイグチハナイグチ幼菌。3本だけ発生していた。シロヌメリイグチアミハナイグチカラマツベニハナイグチキイロイグチヤマイグチカラカサタケヌメリガサ科ナガエノチャワンタケ(?)ドクツルタケコシロオニタケ?カバイロツルタケコテングタケキイボカサタケクチベニタケツバフウセンタケチチタケキショウゲンジオオキヌハダトヤマタケ枯草に発生したツネノチャダイゴケアオイヌシメジ

  • ウスヒラタケ&倒木・枯木に発生するきのこ

    シラカバの倒木に発生したウスヒラタケ渓谷の倒木に群生するキアシグロタケ。きのこの香りがたちこめていた。シラカバの倒木に発生したサンゴハリタケヌメリツバタケ。クラゲのよう。キナメアシタケアカツムタケムササビタケチシオタケタケハリカビの生えたチシオタケトビイロノボリリュウタケウスヒラタケ&倒木・枯木に発生するきのこ

  • ガーネットオチバタケ&ダイダイガサ

    落枝から発生したガーネットオチバタケ3週連続してガーネットオチバタケを見ることができた。残暑が長引いているためか、このきのこの発生も続いている。落ち葉の葉脈から発生したガーネットオチバタケ傘が7mmほどのダイダイガサ幼菌傘が2-3mmほどのダイダイガサ幼菌。コンペイトウのよう。傘が開いたダイダイガサは、地味なきのこになってしまう。ガーネットオチバタケ&ダイダイガサ

  • ベニチャワンタケモドキ 

    きのこの種類は増えてきたが、秋の美味しいきのこは全く発生していない。今年は不作っぽい。ベニチャワンタケモドキ幼菌ベニヒダタケキナメアシタケ(ミズナラの幹に発生)キナメアシタケ(別の場所)ニカワハリタケクヌギタケチシオタケダイダイガサキサマツモドキイタチタケヒロハアンズタケヒロハホウライタケヒロヒダタケマスタケヌメリスギタケモドキオオワライタケドクツルタケセンボンイチメガサ不明不明不明ベニチャワンタケモドキ

  • ガーネットオチバタケ&シロホウライタケ

    今日は30本近いガーネットオチバタケが発生していた。ガーネットオチバタケは、落ち葉の葉脈や細い枯枝から発生していることが多く、落ち葉を突き破ることもある。左の菌は落ち葉の葉脈から発生し、右の菌は同じ落ち葉の反対側から発生している。近くに発生していたオチバタケの仲間落ち葉の表面から発生したシロホウライタケ枯枝から発生したシロホウライタケガーネットオチバタケ&シロホウライタケ

  • 蕎麦の花と北甲斐亭

    北甲斐亭の看板の前で蕎麦の花が満開だった。清里駅から車で7分ほど。山と畑に囲まれた静かな場所で営業している。9月は原則水曜・木曜日が休業、他の曜日は11時30分から限定30食、生そばがなくなり次第閉店とのこと。山野菜天ざるそば(1450円)7種類ほどの山菜・野菜がサクサクに揚げられていて美味い。お店のウェブサイトhttp://kitakaitei.com/蕎麦の花と北甲斐亭

  • ガーネットオチバタケ

    9月になっても残暑が厳しく、きのこの発生は少ない。1カ月前とほぼ同じ場所にガーネットオチバタケが発生していた。https://blog.goo.ne.jp/kiyosato_001/e/a9685ce73bc491bf35051a11f4838826(別角度)傘は4mmほどの小さなきのこ傘が1~2mmの幼菌ホウキタケマイタケ。八ヶ岳では珍しい。ベニナギナタタケアイタケチチタケクチベニタケツノシメジドクツルタケ不明(ミズナラの幹に発生していた半透明の小さなきのこ)ガーネットオチバタケ

  • ハイイロチョッキリ

    ミズナラの幹に止まっていた。ハイイロチョッキリ

  • ツエタケ

    7月は極端に雨が多く気温が低かったが、8月は一転、猛暑で極端に雨が少なかった。猛暑の年は、秋のきのこが豊作になるという経験則があり、一昨年は、9月1日時点で秋のきのこが大発生していた。https://blog.goo.ne.jp/kiyosato_001/e/fda61732e2f3a1b4e5532a53a90f29d3この年は、お盆過ぎに猛暑は終わり、8月18日には清里で10℃以下まで冷え込んだ。今年は猛暑が長引いているので、一昨年とはパターンが違い、秋のきのこシーズンは遅れるだろう。現在は雨不足で、きのこの発生は少ない。多くの(古い)図鑑には「ツエタケ」として掲載されているが、現在ではいくつかの種に細分化されている(ブナノモリツエタケ、コブリブナノモリツエタケ等)。(同じきのこを掘り出したもの)地上に出て...ツエタケ

  • ゴイシシジミ

    笹薮の中に2匹のゴイシジミがいた。白黒の水玉模様が美しい。笹に付くアブラムシを食べる。別個体イカリモンガコムラサキ(♀)ミドリヒョウモンゴイシシジミ

  • 巣穴調査:ハクビシンが来る巣穴

    今年調査する3カ所目の巣穴群。東向きの斜面の10メートル程度の範囲に10個ほどの出入り口(穴)が確認できる。巣穴を作ったのは、ニホンアナグマの可能性が高い。最も山側(西側)の穴の前にトレイルカメラを設置して撮影した。3泊4日の調査で、ハクビシンが1回、ニホンジカが1回撮影された。ハクビシンは鼻筋が白いのが特徴(動画をJPEGに変換)。農作物を荒らす害獣である。木登りが得意で、野鳥の巣を襲うこともある。夜行性なので人目につかないが、八ヶ岳山麓には多くの個体が生息しているらしい。ハクビシンが巣穴に入るところ。男の子?1分ほど巣穴に入って、すぐに出てきた。巣穴に出入りしたのは1回だけなので、ここに住み着いているかどうか分からない。草を食べるニホンジカ。今回の調査では、巣穴を作ったと思われるニホンアナグマは撮影されなか...巣穴調査:ハクビシンが来る巣穴

  • シワチャヤマイグチ

    避暑地の清里高原でも30℃前後まで気温が上がる日が続いている。昨年までは扇風機だけで夏をしのいでいたが、ついに私もエアコンを使い始めた。シワチャヤマイグチタマゴタケチチタケシラカバの倒木に発生したウスヒラタケシラカバの倒木に発生したツノシメジヒロヒダタケドクツルタケシワチャヤマイグチ

  • キンモンガ

    森の中で10匹以上のキンモンガを見かけた。色や模様が個体により微妙に違う。エダシャクの仲間不明キンモンガ

  • ガーネットオチバタケ

    暑い日が続いているが、7月の長雨の貯金があるらしく、森の土は湿っていて、新鮮なきのこが発生していた。2016年に新種として名前が付けられたガーネットオチバタケかその近縁種と思われる。今までも何度か見たことがあるが、図鑑に載っていないので、名前が分からなかった。周囲には、このきのこが7~8本発生していた。(八ヶ岳山麓、標高約1,300m)ベニヒダタケオレンジ色の美しいきのこ。ハナガサイグチアカヤマタケキイボカサタケハナホウキタケオニイグチヒロヒダタケツルタケアセタケ属?ニホンカモシカ登山道を歩いていると、ニホンカモシカに会った(28mmで撮影、トリミング)。邪魔をしたくなかったので、ここで引き返した。ガーネットオチバタケ

  • 北杜市商品券(心がつながる応援券)を使う

    北杜市では、各市民に市内で使える3万円分の商品券(心がつながる応援券)を配布した。プレミアム付き商品券ではなく、無料配布なので、市民にとっては現金給付に近い。A券(1万円分)とB券(1万円分)は、スーパー、コンビニ、ガソリンスタンド等で利用できるので使い勝手が良い。C券(1万円分)は、観光業・飲食店等限定なので、地元の飲食店で利用することにした。ハンバーグライス(1,180円)(許可を得て撮影)清里駅周辺でランチを食べるなら、カフェ&レストラン「しらゆり」(清里駅の正面)がお薦め。生姜焼き定食などの定食類やカレーのほか、ピザトーストなどもある。和風のおろしソースで食べるハンバーグは美味い。かつカレー(1,180円)客同士の間隔をあけ(コロナの影響で客は少ない)、窓を開けて換気にも気をつけている。窓の外にツバメや...北杜市商品券(心がつながる応援券)を使う

  • コガネテングタケ

    7月はほぼ毎日雨が降ったが、ようやく梅雨明けした。梅雨の時期にこれほど雨が降ったのは記憶にない。コガネテングタケ(右は幼菌と思われる)ユキラッパタケシロスズメノワン(?)ドクツルタケタマゴタケツノシメジクリフウセンタケイグチの仲間クサウラベニタケコガネテングタケ

  • サマツモドキ

    サマツモドキウスヒラタケトキイロヒラタケテングタケ(?)イヌセンボンタケ不明サマツモドキ

  • ヤマアカガエル

    天気の悪い4連休であるが、静かだったGWとは対照的に交通量はかなり多い。首都圏ナンバーの自動車がとても多い。Gotoキャンペーンは止めるべきと思う。ヤマアカガエル

  • カシワマイマイ♀

    カシワマイマイ♀

カテゴリー一覧
商用