searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • 【緊急報告】突然ですが・・・

    ブログのタイトルを変更することにしました! 『毒義母ストレス、ときどき密会』 ↓ 『アラフォー「はなえ」の生きる道』 就業中のお昼休憩時間だけど…取り急ぎご報告まで! ブログランキングに参加しています。応援のクリックをいただけたら嬉しいです。 【PR】家族・恋愛・仕事のお悩み相談【無料】 相性などの簡単な占いから、複雑で深刻な悩み相談まで、「寄り添う」ことをモットーとして大勢の相談者を悩みから救ってきた先生の鑑定が無料で受けられます。通常なら【3,000円】の鑑定料金がかかるところ、このページをご覧いただいてる読者さん限定で、以下の鑑定番号を通知すれば「無料鑑定」が可能です。鑑定番号:【878…

  • ~離婚の真相~ なぜ夫が離婚を呑んだのか?

    夫は何の条件もなくすんなり離婚を呑んだわけではありません なので離婚確定となった経緯を書こうとおもいます。 私はスイッチが入ると実行に移すのも早い性分でして… 「やるぞ」という強い意志のもと勢いで丸め込んだような形です。 単純に私が離婚請求した場合に有利になるのは当然で 夫の不倫や義母から受けた精神的苦痛を理由に離婚請求して 調停にもつれ込んだ場合にどうなるかはほぼ答えはでています。 そもそも夫には私と本気でやりなおしたいなんて気持ちはない 私はそんな風に夫の気持ちを見抜いていたため 紛争に発展させてまで食い下がることはしないと判断しました。 男性は何かが自分の手から離れていくのを極端に嫌うそ…

  • 【離婚の話】洗いざらい書いていくことにしました

    少なからず私のブログを見てくださっていた方々のためにも 離婚確定となった経緯をザックリではありますがご説明させたいただきます。 ひとまずは別居をするなどで夫の様子をみる方針でしたが この先、何をどうひっくり返しても夫婦の関係が良くなるとはおもえず 結局は同じことが繰り返されていくんだろうなと考えから 離婚確定という流れになった次第です。 私の尊厳を平気で傷つけるような夫の言動も許しがたく 思い返せば腹の立つことばかりでした。 長期に渡って外に愛人を作っていたような人ですから 人としてもあまり信用できません。 まぁ、私も不倫していたので人のことは言えませんが…。 改心するといってもそれを信じるに…

  • 【離婚確定】皆さん今までありがとうございました。

    突然ですが、夫との離婚が本日確定しました。 ここ数日のブログ更新が滞っていたのはこれの影響です。 とにかくご報告まで。 ブログランキングに参加しています。応援のクリックをいただけたら嬉しいです。 にほんブログ村 【PR】家族・恋愛・仕事のお悩み相談【無料】 相性などの簡単な占いから、複雑で深刻な悩み相談まで、「寄り添う」ことをモットーとして大勢の相談者の悩みを解決し救ってきた優れた占い師の先生の鑑定が無料で受けられます。通常なら【3,000円】の鑑定料金がかかるところ、このページをご覧いただいてる読者さん限定で、以下の鑑定番号を通知すれば「無料鑑定」が可能です。鑑定番号:【8787】 ※無料鑑…

  • 無責任なクズリーダー①

    昨日の話の続き。 職務を放棄して仕事から離れた人がいたというお話です。 まず何があったかというお話の前に、私が勤めているのは動物系の情報を発信するWebメディアの会社です。 そこでは多くのライターさんと専属契約をしています。 とはいえクラウドソーシングなどでライターさんを募って単発契約を交わすというやり方ではなく、個別に募集して長期契約を交わし執筆していただく形です。 そのため、事前に記事の執筆テストなどをして契約をするかしないかの判断をします。 今回はこの長期契約ライターさんを探すという業務を私が担当することになりました。 それに関係するお話なのですが、ここであり得ないことが起こったのです。…

  • 人の責任まで負えない人…

    世の中には「責任を負うのが苦手」という人もいると思います。 どういうことかというと一例ですが、 仕事で入社以降すごく順調に業務をこなしていた。 会社の業績アップにも3年間ずっと貢献してきた。 そこを評価され会社で数名のチームを作ることになり、リーダーを任されることになった。すると1か月後に突然、 「自分にはリーダーはできない、すべての責任を自分が負うことはできない。だから会社を辞める」 そんな感じで急に辞職してしまった。 これ、実際に私が以前勤めていた職場であったことです。 チームの中で一つの駒として動いていた時に失敗するぶんには、自分自身が責任を負えばいい。 でもそれが集団のリーダーになって…

  • 浮気のよくあるいい訳、信じない友人

    友人が離婚、その理由が元旦那さんの浮気。 でもを友人から聞きました。 そのとき、私は正直疑いました。 恐らく誘ったのは女性ではなく元旦那さんなのではないかと…。まぁよくある浮気の理由についての言い訳ですが、「きっとそうなのでは?」と思ってしまいました。 離婚して間もないし、落ち込んでいる彼女に対してこういうことを言うのは本当に申し訳ないとは思ったのですが、そのことを友人に話したところ、 「絶対に夫から誘うわけがない」 彼女はそう言いました。 彼女はすごく真面目です。いや、変な言い方ですがバカがつくほど正直で素直な良い子。そんな彼女だからこそ、「馬鹿正直に信じてはいけない」ということを伝えたかっ…

  • 離婚した友人が復縁希望、でも不穏な空気に…

    今日、友人の女性と会ってきました。 昨日もお話したとおり彼女が長年連れ添った旦那さんと離婚 していたとのこと…。 数年ぶりに会ったということで積もる話は沢山ありましたが、やはり会話の中心はほとんどが離婚についてでした。 結論から言うと、正直別れ際はマズい雰囲気で終ってしまいました。 ワケは後ほどお話しますが、まずは友人の離婚についてお話したいと思います。 彼女の離婚理由については「元旦那さんの浮気」がキッカケです。 元旦那さんは本当にいい人で温厚な性格。 怒ったことなんて見たことありませんが、それは友人も同じことを言っていました。 さらに愛妻家かつ子煩悩ということで、はたから見れば理想的な旦那…

  • 友人が離婚、理由は旦那さんの浮気…

    今日、私の友人(女性)から久々にLINEで連絡がありました。 どうやらその友人が離婚したとのことです。 それに絡めて一緒にお酒でも飲もうという誘いの連絡だったので、急遽明日夜に会うことになりました。 離婚したこと自体は、まさに寝耳に水。 以前に会ったのは新型コロナが流行する前だったので2年半ほど前だったでしょうか。 私と違って「元の旦那さんとはすごく仲が良かっただけになぜ?」というのが率直な感想です。 私も何度か元旦那さんと会ったことはありましたが、私の夫と違い本当に優しくていい人。 そしていいパパだったはずです。 そんな素敵なご主人となぜ離婚したのか? LINEで簡単に理由を聞きましたが、ど…

  • 迷い…別居か?いますぐ離婚か?

    昨日、引っ越し(別居)の準備で洋服や小物など色々と整理していました。 最初は何気なく片付けをしていたのですが不意に思いました。 「別居は本当に意味があるのか?」と…。 正直に言って、私は夫と「夫婦として」良好な関係に戻るつもりはありません。いや、もう戻れないでしょう。 あくまでも夫から、「すぐに離婚せず、とりあえず別居という形にしてほしい」 そう頼まれたから“別居”するのであって、決して私の希望ではありません。 ちょっと調べてみたのですが、ある弁護士事務所のサイトでは「別居すると離婚する確率が7割」と書いてありました。 ということは、別居した夫婦の殆どが離婚に至っているということですよね。 確…

  • 義母がストレス?

    義母の様子がおかしいようです。 どういうことかというと、夫曰く「どうも訪問介護の職員さんが家に来るようになってからストレスが溜まっている」とのこと。 例えば、ヘルパーさんは自分(義母)にとって最低限必要なもの(生活必需品)は買ってきてくれるけど、「生活に絶対必要でないもの」は買ってきてくれない。 そこに対してものすごいストレスをを感じているそうです。 でもそれは法的に決まっていることだから仕方がないこと。 そんなことは訪問ヘルパーさんが来ることになった時点で説明を受けていたはずです。 ですが、そこに納得がいってないというか満足できないというのが義母という人。 ヘルパーの方が来るまでは私が面倒を…

  • 夫の勘ぐりが嫌…

    別居する日が正式に決まってから、実はまた夫の様子が少しおかしいです。 どういうことかと言うと、やたらと私の仕事のことを聞いてくることが増えました。 とはいえ細かな話ではありますが…。 例えば、業務内容や人間関係について聞いてくるのは特におかしくはないと思います。 でも同僚や上司の性別とか人柄など「普通あまり気にしないでしょ?」、といったことを聞いてくるわけです。 「性別を教えたからって何なの?」って思うし、人柄なんてまだ入社して1ヵ月も経ってないのに理解できるはずもありません。 それに正直それって話す必要はないし、いちいち面倒くさいです。 例の「夜に求められて断ったとき」以来体を求められること…

  • 引っ越しトラブル:番外編

    一昨日・昨日引っ越し業者さんとのトラブルの話 をしましたが、そういえばちょうど今日、某大手引っ越し業者さんのニュースを見ました。 私が依頼を断ったというのが、まさにその業者さん。 そこでちょっと気になったのでその業者さんのことを調べてみましたが、お客さんとの間で結構色々な問題があるようですね。 私のときのように「強引に受注させられそうになった」、なんていう情報もネットではチラホラ。 もちろんその業者さんだけではなく、他の引っ越し業者さんのトラブルについてもネットではかなり出ていました。 それだけ叩かれても次から次への問題が発生するというのは、これはこれで業界全体問題なのではないかと思いましたが…

  • 引っ越し業者とのトラブル②

    引っ越し業者さんとのトラブルのお話 の続きです。 大手引っ越し業者さんへの依頼を止めることをを伝え電話を切ったあと、10分ほどして担当営業所の所長さんという方から電話がありました。 すると、まず先方から「大変申し訳ありませんでした」とお詫びの言葉がありました。 そのうえで、再度引っ越しの依頼を検討してほしいというのです。 しかし私の中で一つ疑問に思っていたことがあったので、まずはその説明をお願いしました。 私が見積もりを聞いて“いったん保留”ということを営業担当者さんにお願いしたのに、「なぜ依頼が決定したということになったのか?」ということです。 そこについて問い合わせたところ、所長さんはこう…

  • 引っ越し業者とのトラブル①

    ゴールデンウィークに入り何かとバタバタです。 ということで、今日は引っ越し屋さんと話をしました。 そしていよいよ別居する日が決定。 2週間後、5/21の土曜日に引っ越しすることになりました。 キリのいいところで6月からというのも考えましたが、やはり1日も早く家を出たいのが本音。 なので業者さんの日程が空いてて一番早い週末、ということでこの日程に決めました。 と順調に引っ越しが決まったようなイメージですが、実が少しだけトラブルが‥‥。 これは今回お願いする引っ越し業者さんとは“別の引っ越し屋業者”のお話です。 一昨日、その別の引っ越し業者(仮にA社とします)の営業担当の人が見積もりの話をしにウチ…

  • 書くか書かないか…、同級生の娘への暴力について

    昨日の夜、学校のママ友と会ってあることについて話合っていました。結論から言ってしまうと、娘や娘の友達に対する「暴力」に関することです。 ただ、この先のお話について詳細を書くのを正直今ためらっています。「いじめ」というかちょっと特殊な状況のお話なのですが、これを書くことによって誰かが傷つくのではないか?もしかしたら社会問題に発展してしまうのではないか?このブログをまさかママ友や学校関係者の方が読んでいるとは思えませんが、もし読んでいる人がいたとすれば、「自分の子供のことかも」「うちの学校の話だ」と気付く人が出てくる可能性があります。そうなれば話が話なだけに厄介なことになるかもしれません。状況から…

  • 義母との皮肉合戦

    とりあえず別居先の家も決まり、直近で残る作業はお引っ越しのみ。 今回持っていく大きな家具としては、娘が使い慣れた学習机や私のドレッサーくらい。 あとは洋服や細々としたものくらいで、それ以外は新しく購入する予定です。 なので引っ越し荷物自体は普通に比べればはるかに少ないです。 しかも調べたら、ゴールデンウィークあとは引っ越し業者さんも比較的暇になるらしいので費用はだいぶ抑えられそう。 とはいえ、やはりタダではないので出来るだけ安ければといったところでしょうか…。 ちなみに夫に別居する物件が見つかったと話したところ、 「そっか、わかった」と一言。 先日私が散々言いまくったので“もう余計なことは何も…

  • 夫が女性社員のお尻を触った結果、そして別居の話…

    以前勤務していた会社の常務、その姪っ子さんであるSさんのお尻を居酒屋で触りまくっていた夫 そのことが会社の同僚の前でバレたことで、“お触り事件”の話が常務の耳にも入ってしまいました。 伝えたのは仕事への信頼度が高く日頃から常務に目をかけてもらっていた、例の女性上司(Mさん)。 つまり、夫に居酒屋で事実確認を迫った人です(※現在は今の会社の上司でもあります)。 これはMさんが後日直接常務から聞いたお話。それを簡単に書いてみたいと思います。 Sさんの‟お尻お触り事件”から数日後のある日、夫は常務に呼び出されたとのこと。 その際、常務から夫に「セクハラを理由に解雇の可能性もある」ということを告げられ…

  • 夫の過去の愚行、やらかし、ただのバカ

    私が以前勤めていた会社、それは夫が今も勤務する関係の会社です。 夫は私と付き合う以前に社内の色々な女性に声を掛け食事に誘っていたとのこと。 その際、「絶対に手を出してはいけない相手にちょっかいを出してしまった」と 昨日お話しました。 その相手というのが、当時の常務(推定65歳?)のSという姪っ子さんだったそうです。 いわゆる“縁故採用”というやつですが、その彼女が入社して2年目になる頃に夫がやらかしてしまったそうです。 何をしたかをいまからお話しますね。 ある日、会社の仲間とSさん、夫の数人で食事がてらお酒を飲みに行ったそうです。 メンバーの中には、私に夫の愚行を教えてくれた女性上司もいました…

  • 女グセの悪かった夫

    昨日のブログの最後に夫の過去の女性関係について少しだけ触れました。 夫は私より10歳年上で、かつては同じ会社の上司と部下。 そのときの会社勤めの際に夫から猛アタックを受けて結婚したわけですが、これは私が入社する前の夫の話です。 会社を紹介してくれた女性上司から聞いた話ですが、夫はとにかく「新人女性社員」に手を付けることで有名だったとのこと。 まぁ”手を付ける”と言っても「最後」までいくわけでなく、とりあえず声を掛けて食事に誘うなどらしいですが…。 とにかく、新しい女性を見ればすぐに声を掛けるチャラ男(死語?)だったそうです。 つまるところ、節操のないただの”女好き”ですね。 とはいえ、そんな軽…

  • 新しい仕事、そして夫の過去

    新しい職場での仕事が始まったということで、今日は少しお仕事に関することを書いていきたいと思います。 とはいえ、まだ就業開始3日目なので大した内容ではありませんが。笑 昨日もお話しましたが、私が配属されたのは「動物に関するあらゆる情報を配信するWebメディア」です。仕事内容として、まずは所属部署における専属ライターさんとのスケジュールや執筆調整に関するメールでのやり取りする業務。 そして読者の方からの問い合わせ対応業務を行うという感じです。 専属ライターさんに関して言えば彼らありきのメディアのため、どんな方々が書いているのかを知ることも重要と言います。 執筆のクセや性格などを書いてもらう記事から…

  • 身軽、先々の不安、そして新しい職場

    審査中の物件についてはまだ連絡はありません。 早く生活を落ち着かせたいところですが、これは焦ってもどうしようもないので仕方がありません。 とはいえ夫に離婚届を書いてもらえたことで、何だか肩の荷が下りたというか軽くなった気はします。 それだけ私にとっては「夫、そして義母との生活は重圧だったのだ」と、あらためて思いました。 もしかしたら私の判断(別居と離婚準備)は間違っているのかもしれません。 これから小学6年生の娘との二人暮らしが始まります。 来年には中学生ということで環境も変わり、加えて思春期にも入る。 母子家庭ということで反抗期に入れば、その先どのようになるかも分かりません。とはいえ、「少な…

  • 離婚届…

    昨日のお話で「冷静に離婚の話をしないか?」と言ってきた夫。 結論から言うと、「別居をしてもダメだと思ったら、半年待たずに離婚を認めてもいい」と言うのです。 夫曰く、私が3時間ほど外出している間に色々と冷静に考えてみたとのこと。 そしてこれまで色々な条件を出してきたけど結局、 「自分と繋がっていてほしい。そう思ったからあんな条件を出した」 そう言ってきました。 これに関しては本音だと思います。 さらに、「家から15分以内とかそんな条件はもういい。もう好きなところに住んでくれ」とも言ってきました。 たった3時間の間でここまで心変わりするものなのかと疑いましたが、そこはあえて私も何もツッコみませんで…

  • まさかの展開!

    昨日の続きです。 別居先の物件候補のことで夫に相談したところ意見がぶつかり、再び「離婚」の話になりました。 やはりどう考えても夫とは一緒に生活できません。 考えがコロコロ変わるうえ、すぐ感情的になる。 更にどうしても気にくわないのが夫の“上から目線の態度”。 昨日お話したとおり「下手に出てれば調子の乗りやがって」という発言にしても、結局本人も納得してない状況で現在過ごしているということ…。 私としては調子に乗っているわけでもなく単純に、 「別居したい、だから好きな場所に住まわせて」 という話なだけです。 そもそも私はお金を出してもらおうとも思ってないし、自立してやっていきたい。 それなのに「今…

  • 状況急展開…、離婚話へ?

    夫が別居することを正式に認めたたことで、賃貸物件も堂々と探せることに…。 ということで、さっそく不動産屋さんに行ってきました。 数日前から目を付けていた物件があったので、そのお部屋を見に行きました。 間取りも2DKで条件的に問題なし。 少し歩けばスーパーや町医者もあるので住環境も悪くありません。 もちろんマンションということでオートロックもついてます。 なので前向きに入居を考えるということで、不動産屋さんには部屋を押さえておいてもらうようお願いしました。 ただ気になる点が2つ。 1つは、”その家から娘の小学校まで歩いて20分くらい掛かること”。 もう1つは、”今の家からも歩い30分近くかかるこ…

  • 別居決定!

    昨日は娘が急な体調不良(たぶん風邪)でブログを更新できませんでした。 今日になったらケロッと元気になって学校に行きました。 子供の体調って急に悪くなったり、「そう思ったら何てことなかった」なんてことがしょっちゅうですよね(笑) とにかく何ともなさそうで安心しました。 さて、別居のお話の続きです。 とりあえず別居を認めた夫。 それについては感謝という言い方はおかしいけど、とりあえず理解してくれて助かりました。 とはいえ、もちろん一昨日お話した通りの条件付きですが…。 それとは別で、実際別居となると当然引っ越しや部屋の賃貸に関わる費用、それと家具や家電を購入するための資金も必要になります。 夫から…

  • 理不尽かつ自己中な夫、そして別居費用は…

    前回の別居先の話の続きです。 正直言えば、「別居先」を教えることにはためらいました。 でも確かに夫の言う通り、万が一のことを考えれば教えておいた方がいいのかもしれません。 例えば、もし私が日中働いていて娘の身に何かあった場合で対応できないときは、夫に頼むしかない。 しかも“子供を連れての初めての二人暮らし”となれば、やっぱり最初は不安があります。 そう考え、別居先の家は教えることになりました(まだ物件は決まってませんが…) そして私が一番気になったのが「男を家に連れ込むな」という条件。 ほんと“余計な一言” それさえ言わなければ素直に条件をのんで別居に備えようと思っていました。 でもそんなこと…

  • 別居宣言!

    別居の件について…。 昨日ブログを書いたあと、夫に「別居したい」と伝えました。 分かってはいたことですが、まずは当然拒否られます。 「なぜ今出ていく必要があるのか?」 「半年は離婚を待つって話なんだからそれまでは最低でも居るべき」 「義母の介護や外で働きたいというお前(私)の希望を叶えたのに約束が違う」 「急に環境が変われば子供にも悪影響が出るんじゃないのか?」 「どうしても出ていくなら娘は置いていけ」 このようなことを立て続けに言われました。 これを見て、夫が自分中心に物事を考えてることはお分かり頂けると思います。 なぜなら、そもそも私は以前に離婚をしてくれと話をしました。 それを強引に引き…

  • 別居を決意、夫に話しをします!

    嬉しいお話! 今日、念願の新しい会社で面接を行ったいただきました。 結論から言うと”就職決定”です! 面接が終わり、本当に先ほどの夕方頃に人事部長の方から電話をいただき「採用決定しました」との連絡をいただきました。 どういうことかと言うと、どうやらすでに代表(社長)が私の採用を決めてくれていたそうなのです。 先週の会社見学の際に社長と会うことが出来たとお話ししました。 その後、私と会った社長さんが私の元上司の女性と話をしたとのこと。 その際だいぶ印象が良かったとお話されていたそうで、ブランクがあるとはいえTV業界にいた経験は生かせるのではないか。 ということで、とりあえず広報やライターさんとの…

  • 早く引導を渡したい…

    別居準備に伴う物件探しのお話。 シングルマザー(予定)でも「賃貸物件オーナーさんが審査してくれるので物件を見に行った」というお話をしました。 ところが担当者さんの善意で、紹介してくれた部屋のお隣さんは「クレーマー」だと教えてもらいました。 そのためその部屋の空室率が高いとのこと…。 そこを考慮したうえで入居か否かを決めなければいけないのですが難しい問題です。 当然夫には相談できないし、友人に相談しても回答は難しいと思います。 要は、「入居したら日々静かに暮らして迷惑をかけないようにするか?別の物件を探すか?」 この二択しかありません。 仮にその物件に入居したとして、私は何とか気を付けながら過ご…

  • 空き物件の謎…

    昨日お話したとおり、今日は不動産屋さんに行ってきました。 店舗に行くと早速担当の人がすぐに出てきてくれて対応。 細かなことですが、こういう迅速さというのも好感度は高くなりますね。 そして「待ってました」と言わんばかりに候補物件の資料を見せてくれました。 候補物件は1つ。 実は最初2件見つかったそうなのですが、一方のオーナーさんはやっぱり審査は難しいということで断られたそうです。 理由は言ってなかったとのことですが、恐らくシングルマザーで就業予定とはいえ無職というのが引っかかったのでしょう。 とはいえ、1つ物件が見つかっただけでもラッキーです。 立地条件としては、まず第一に娘が一人で学校に通える…

  • 義母よ、あなたは人として何かが欠けてます!

    介護ヘルパーさんに”やらかした義母”のお話。 何をやったかというと、私が思う「人として言ってはいけないこと」 訪問介護と看護が始まったいうことで、私ではなく他人が行うなら少しは謙虚になるかと思いきや、やはり“義母は義母”でした! これは一昨日訪問ヘルパーさんが買いものに行ってくれたときのこと。 基本的には、買い物代行の範囲は義母にとっての生活必需品や薬などが対象です。 逆に言えば「生活必需品に当たらないもの」は対象外。 にもかかわらず、「やれ本を買ってきてくれだのお菓子や飲み物を買ってきてくれだの」と我がまま言い放題! ほかにも前髪や足の爪が長いから切ってくれだのと、「本来ヘルパーさんがしては…

  • 別居へむけて一歩前進、そして義母は…

    今日はちょっと時間がないのでサクっと。 とりあえず、昨日お話した2件目に行った不動産屋の担当者さんから連絡がありました。 私の事情を汲んでくれたうえで、部屋を貸すのを許可してくれそうな物件オーナーさんが見つかったとのこと。 なので、こちらは今週中に不動産屋さんに伺うことになりました。 本当に感謝です! これで別居に向けてさらに一歩前進できたかな。 そして私にとって重要な仕事のこと…。 こちらは昨日元上司と会って会社見学もさせていただきました。 すると、なんと予定にはなかった会社の代表にも会うことができ有意義なお話をさせてもらいました。 聞いたところ、どうやら事前に元上司がだいぶ私のことをプッシ…

  • 不動産屋での屈辱…

    昨日の不動産屋さんでの続きのお話。 夫に内緒で密かに別居できる状況にしておくため、賃貸住宅を探しに不動産屋さんに行きました。 TVなどでも名の知れた大手系列の不動産屋さんでの出来事です。 入店すると愛想よく迎えられ、さっそく担当者さんが現れました。 見た目は30歳前後で、それなりに場数を踏んだように見える落ち着きある方でした。 前もってピックアップしていた3つの物件に加え、念のため別の物件も探そうと場所や部屋の条件を担当者さんに伝えます。 すると色々と物件候補を見せてくれるなど親身になって相談に乗ってくれていました‥‥。 と思っていたのですが、家庭事情やこれから先の状況のことを話した途端に態度…

  • 賃貸相場が高くなっててビックリ!

    今日からいよいよ義母の訪問介護が開始。 手続きやら何やらはすべて夫が行ったので詳しいことは私には分かりませんが、何人かの人が家にやってきました。 どうやら義母の場合はリウマチを患っており介護が必要だということで、訪問介護とは別に訪問看護サービスを一緒に行ってくれるところにお願いしたようです。 そのため人数が多かったとのこと。 とりあえず説明については事前に夫から伺っていたようなので、私からは介護と看護の方にフォロー的なお話をさせていただきました。 その後も今日はずっと家に居なければいけないかと思ったら、「大丈夫」とのことだったので私は外出。 実際義母の顔も見たくなかったので、そこは幸いでした。…

  • 水面下で家を出る準備…

    前回は「早期離婚を決意した」とお話しました。 理由についてはこちらを読んで頂ければと…。 さて、その離婚について。 当初話し合った結果、「夫から懇願されたこと」、そして「私自身も諸々の準備が必要」ということから”離婚するにしてもしないにしても半年間は待つ”ということになっていました。 ですが離婚話から以降「夫の態度・言動、そして行動」を見て、やっぱりこのまま半年間も一緒に過ごしていくのは無理だと感じました。 なので色々と想定したうえで再度離婚を進める話をしていきたいと考えてます。 まず、ようやく明日から義母の介護のための訪問ヘルパーさんが家に来てくれることになりました。 おかげで私の就業の話も…

  • やっぱり無理…、離婚を早める決意

    夫が夜に”求めてきた”というお話です。 昨日も書いた通り、色々と私のことを詮索するようになってきた夫。 LINEをしているだけで「男なんじゃないか?」と疑う姿に、少し恐怖と不安を感じるようになっていました。 そんなことがあった一昨日の夜寝室で寝ようとしたところ、不意に夫が私のベッドにもぐりこんできまいsた。 ちなみにベッドは私と夫は別々です。 実を言うと、現在10歳の娘が生まれてから夫と一度もSEXをしたことがありません。 っていうか「求められてきませんでした」。 まぁよく聞く話で、「子供が生まれてから妻を女としてみれなくなった」ということだったのでしょう。 それ自体は私も友人などから話を聞い…

  • 気持ち悪さ「増し増し!」

    昨日、夫の様子や行動がおかしいとお話しました。 そんな矢先、さらに夫が怖くなっていきそうな兆候が見られました。 それこそ今日の昼間のお話です。 週末で元女性上司もお仕事が休みだったということで、昼間から仕事に関するやり取りをLINEでしていました。 「こっちから連絡をし返信が帰ってくる」、そんなことを何度かしていると不意に夫が質問してきました。 「誰から連絡?」と。 別にやましいことは全くないので私も、「新しく務める先の会社の人」と淡々と返事。 その時は、「ふ~ん、そうなんだ」といった感じでした。 ちなみに言うと、私の新しい就業先について夫には「友人の紹介で入れそう」ということになってます。 …

  • 夫からの疑いの目?

    昨日お話した「夫の行動・言動で気になること」。 結論から言うと、私の行動についていちいち様子を伺ってくるようになりました。 どういうことかと言うと、例えば私のLINEに来る連絡について…。 以前も話しましたが「前職の女性上司が現在働く会社」での就業においては、実際に元上司と会って話を聞いたり職場を見学させてもらうことになっています。 でも昨日も書いた通り訪問ヘルパーさんが来週から来るのですが、それまでは義母の世話があるのでまともに外出ができません。 ですので、仕事の内容や質問など現時点ではほぼLINEでやり取りしています。 当然、元上司も日中は仕事をしているので私からの質問への返答は、ほぼほぼ…

  • 夫の様子が気持ち悪い…

    昨日は「夫の態度がおかしくなってきた」というお話を最後にしました。 どういうことか…、それをこれから書いていきたいと思います。 離婚話が一旦落ち着いたあと、翌日から早速早く帰宅するようになりました。 と言ってもテレビ関係の仕事なのでばらつきがありますが、とはいえ早いときは夜7時頃には帰ります。 遅くても夜10時には大体帰ってきています。 まぁ不倫相手ともあっさり別れたし(実際にはフラれた)、とりあえず私には「誠意」でも見せてるフリでもしているのでしょう。 最初はそう思ってました。 ところが何だかこれまでと様子が違い、気持ち悪いぐらい私に話しかけてくるようになったのです。 (adsbygoogl…

  • 呆れた言動、根本的に分かってない夫…

    昨日の続きです。 老人ホームに行くことも訪問介護を受けることを頑なに拒む義母。 その姿に夫も業を煮やし、とうとうこんなことを言い始めました。 「母さんがいつまでもゴネてたら進む話も進まないだろうが!」 「とりあえず1か月だけガマンしてくれって言ってるんだよ!」 「それも出来ないなら明日にでも老人ホームに行ってくれ!」 この発言は私も意外。 何だか切羽詰まってるというか、言い方に焦りのようなものも感じました。 でも何となく気持ちは理解できます。 なぜなら、「あまりにも義母が言うことを聞いてくれなければ、私が家を出て行ってしまうかもしれない!」 恐らくそんなことを夫は考えていたのだと思います。 し…

  • ほんっと、大嫌い!早く自由になりたい!

    義母の世話をどうするか…というお話。 大きく分けるとポイントは3つです。 お互い一緒に暮らしたくない私と義母 できるだけ介護費用を抑えたい夫 ダメなら私と夫が別居 まずお互いに顔も合わせたくないほど嫌い合っている私と義母。 そのことを考えれば、義母が老人ホームに入るか、私が家を出て別居するしかありません。 そこでまず、義母には老人ホームに入ってもらうケースを考えました。 あくまでも私が調べた限りの情報なので正確ではありませんが、だいたい老人ホーム関連の毎月の費用感はこんなものかと…。 ・特別養護老人ホーム→5~15万円・介護付き有料老人ホーム→10~35万円 このほかにもグループホームや介護老…

  • 義母の抵抗、もう面倒くさい

    夫との離婚については、とりあえず一旦保留になったという話を昨日しました。 不本意ではありましたが、私も仕事を始める準備をしたい。 離婚して引っ越しだの色々な手続きだのと並行して仕事の準備をするというのも、何かと大変なのでこれはこれで良しとする考えにしました。 さて、ここでもう一つの問題が義母のこと…。 当然、離婚が保留になったことは義母にも話さないといけません。 でも私に「夫と離婚しろ!」と語気をあらげて言い放ち、さらに夫にもその旨強く言ったという義母が果たして納得するのだろうか? まぁ納得しなければしないで私は構いませんが…。 とりあえず報告については夫に任せるということで、離婚話の翌日に義…

  • 離婚話、決着…

    愛人にフラれ落胆する夫。 その後態度を一変させ「離婚を待ってくれ」と懇願してきましたが、私はそれを拒否。 さらに夫は頭を下げるも再度拒否。 昨日はそこまでの話をしました。 そして最後に夫がとった行動…、それは「土下座をしての懇願」でした。 いくら愛人にフラれたとはいえプライドの固まりのような夫がそこまでするとは、さすがに想定できませんでした。 頭を平に下げ、 「これまでのことは謝る。だから色々と準備や考えたいことがあるので離婚は待ってほしい」 と言う夫。何を考え何を準備したいのか、私には想像がつきません。 ですが一つだけ言えるのは、「本当に自分のことしか考えていない人なんだな」ということ。 (…

  • 破局の経緯、そしてマヌケ夫の態度が一変

    「夫と愛人」との話… 結論として不倫相手とは別れることになりました。 しかも「妻の目の前でフラれる」という珍事。 こんなマヌケな話、そうそうないと思います。 そんなマヌケな夫に興味本位と少しの同情から、「別れ話の流れ」を聞いてみました。 予想通りこんなことでした。 まず夫はLINEで、「私と離婚することになる、だから堂々と付き合える」のような内容を簡単ながら愛人に伝えたそうです。 そして返信がなかなか無かった(30分くらい?)ため、もう一度連絡をします。 すると相手からようやく返信あり。 「奥さんと別れちゃうんだ、へぇ~。」 と、冷めてるというか他人事のような感じ。 (adsbygoogle …

  • 夫よ、ザマアミロ!

    夫に愛人の話で皮肉を言った話の続きです。 所詮愛人だから義母の面倒なんてみてくれないと伝えました。 私はそのまま続けて、 「だって、その彼女さん?その人はきっと”あなたと会ってること”を楽しんでるだけだと思うから」 「ただ一緒にご飯を食べる、お酒を飲む、旅行に行く。それを楽しんでるだけ」 「あとはスリルなんかも楽しんでるんじゃない?」 「妻子持ちの男と不倫なんてゾクゾクしてたまらない!って人もいるからね」 そう話すと夫は噛みついてきます。 「そんなことあるか!彼女だって俺と一緒になりたいって思ってるはずなんだよ」 と、憶測で話す夫…。 ほんとに自分本位でおめでたい性格です。 まぁ、万が一その愛…

  • 不倫相手に遊ばれてるのも気付かない夫…

    昨日の話では、少し夫の愛人についても触れるということを書きました。 正直、ほんとうに夫が愛人を作ろうがどうでもいいくらい気にしてないのですが、ちょっとだけどんな素性かを知りたいのが本音でした。 そこで夫には「どんな女性なのか?年齢は?どこで知り合ったのか?」 そのあたりをツッコんでみましたが、これまた詫びることなく平気な顔で話してきました。 それはいいとして、夫によると浮気相手は20代後半、なんと夫とは20歳以上も年の差。 2年前から関係が始まっていたというので、実際知り合ったのは20代半ばくらいということで、これには私も一瞬驚きました! 職業は取引先企業(クライアント)の広報。 CMか何かの…

  • 夫の逆ギレ、傷つく言葉…

    昨日も話しましたが、娘の養育費を毎月8~10万円頂きたいと伝えました。 すると夫は、”いくら何でも高すぎる”と言います。 これに対し私も「愛人と別れればそれくらい払える」。 そう返すと夫は、 「お前(私)と別れたら誰とと付き合おうが俺の勝手だろう!」 「お前に言われる筋合いはない!」 と、いきなり逆ギレしてきました! さっき私に不倫していることを自供して、少しは反省したかと思えばコレ。 速攻で開き直る夫にはある意味脱帽です。 とはいえ、切れしてくれればくれるほど私も情を捨てて話せるのでいいのですが…。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(…

  • 離婚問題、養育費、再度バトル…

    昨日は夫の不倫事実が確定したことで離婚における「財産分与」が有利になる、というお話をしました。 こちらでも書きましたが、離婚の話になってからの財産分与に関しては「預貯金の半分」以外渡さないと言ってきました。 ですが、夫のいわゆる不貞行為が発覚(自供)したことで私も強く出れるように…。 結論から言うと離婚が決まった場合、大まかな分与対象として「車、預貯金、家財道具」。 これらの査定金額の半分をもらう約束を取り付けました。 もちろん口約束では不安なので「離婚協議書」を作成することにします。 これには上で書いた車や預貯金の分与のほか、養育費なども含める予定です。 養育費の取り決めについてはあとでお話…

  • 夫の浮気確定、離婚話は有利に…

    昨日書いた夫の許せない発言。 お里が知れるだの娘を奪うだのと、まるで義母が夫に乗り移ったかのような言い方に背筋が寒くなりました。 これまでの私なら何も言い返せずに黙っていたかもしれません。 でも、もう何も遠慮することはない。 もし万が一、夫が怒り狂って「やっぱり娘は譲らない」と言ってきても臆さない。 そう覚悟を決めたので夫には言わせて頂きました。 「ねえ、外に愛人いるよね?浮気じゃなくて本気の彼女」 「私ず~っと前から知ってたから…」 よほど予想外だったのでしょう。 夫は、これまで見たことのない驚いた顔で私を見つめました。 まるで何かで喉を詰まらせたような表情で、目は真ん丸。 ある意味わかりや…

  • 離婚、財産分与の話、世間知らずな夫…

    離婚になった場合の財産分与の話 少々ややこしいかもしれませんが、読んで頂ければ嬉しいです…。 こちらでも話しましたが、主な分与対象は「家、車、預貯金」。 (※ちなみにこの時は家の評価額の半分を支払うと言ってましたが、ローンが残ってるので実際は「評価額-ローン残高」分の更に半分の金額でした) その中で一番の問題は持ち家のこと。 簡単に言えば、「いま住んでいるこの家を売るのか売らないのか?」という話です。 結論から言えば、私が引き継いだとしてもローンを払っていけないので私が家を出ることになると思います。 であれば、夫がそのまま家に住み続けて義母と一緒に暮らしていく…。 これが妥当な話でしょう。 本…

  • 離婚、親権、実質決着…

    「離婚した場合、娘は私と暮らしたいと言っていた」という話。 この話をしたあと夫はショックを受けていたようで、「なぜ?」と一言。 それが当たり前とも思っていない夫に、逆に驚きました。 なぜなら、毎日夫が帰ってくる頃には娘はほぼ就寝。 週末もしょっちゅう出かけたり、月一で外泊もしています(たぶん愛人と) そんなものだから、日ごろから「娘とのふれあい」が殆どない夫に娘が付いていくはずがありません。 それすらも夫は気づいてないということです。 でも性格的に相手の気持ちを察することができない、気遣うことができない人だから仕方がないですね。 だから、こうやって離婚の話になってることすらも理解してないのだと…

  • 離婚話、娘の親権問題…

    夫が離婚後の「娘の親権」に触れてきた話の続きです。 私が2回目に離婚したいと告げると夫はこう言ってきました。 「もし離婚しても〇〇(娘)は俺が育てるぞ!親権は渡さないからな!」 案の定、ここについては予想通りの展開です。 なのですかさず私も冷静に返答。 「いえ、離婚しても娘は私が育てます。あなたには育てられません」 「この家に居ても娘の教育には良くないので…」 「申し訳ないけど、嘘ばかりつくお義母さんの元で育てさせるわけにはいかないです」 そして夫も負けじと返してきます。 「母さんのことは分かってるけど、そこは俺が母さんに言えばいいだろ」 「母さんは〇〇(娘)が好きだしカワイイと思っているし、…

  • 「もう無理、離婚しましょう…」、夫の反応

    昨日の離婚関連話の続き、今日は本題に踏み込みます。 娘のお漏らしの話から始まった、この夫婦間の話し合い。 昨日のブログでも話した「姑の大嘘と私の話のどちらを信じるのか?」という問いに対し、夫は義母を信じると言いました。 この時はっきりと、「やはりもう夫婦としては一緒にやっていけない…。」 そう確信し、ずっと心に溜めていた思いを吐き出しました。 「ごめんなさい、もう無理…離婚しましょう」 すると夫は、まさか私がそんな話をしてくるとは思ってなかったのでしょう。 目を丸めて一瞬私を見つめたあと黙り込み、そして両手で自分の顔を覆いました。 その状況が2,3分、いや多分5分近く続いていたと思います。 す…

  • 夫との話し合い、離婚か否か…

    昨日のブログを書いたあと、夜10時過ぎから夫と話合いをしました。 話が終ったのは深夜3時すぎ…。 結論から言うと、離婚の話は出ました。 ですが「一旦保留」という形です。 では何故そうなったのかを話していきたいと思いますが、最初に言っておくととてつもなく長い話になります。 なので、もしこの話に興味があればこの先読んで頂ければ嬉しいです…。 まず、話し合いには初め義母も話に加わろうとしてきました。 ですが私がそれを拒否。 理由は当然「2対1の対決」になると思ったからです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 義母としては納得いかず、…

  • 離婚、話し合い直前…嵐の前の静けさ

    昨日の続き…。 お話した「離婚した場合に娘を引き取るための妥協点」のお話です。 これをもって娘と一緒に住む運びに何とか持っていこうと思います。 妥協点(提案) 1,住む家は今の家に比較的近い場所に住む(転校させる気はないため) 2,週に1~2回は娘が夫の家で晩御飯を食べる 3,とりあえず学校からの帰りは夫の家へ(仕事後に私が迎えに行く) このあたりで考えてみました。 結論から言えば、夫にとっても義母にとっても悪い条件ではないはずです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 色々と詳しく書ければと思いましたが、実は今日このあと夫が帰…

  • 家族会議準備③養育費・娘の親権編

    昨日の続き、今回はもし夫と離婚した場合の「娘の養育費」の件です。 ここについては「私が娘を引き取って(親権をとる)育てていくということになった」という前提で話したいと思います。 まず昨日話した通り、夫の収入は40代男性の平均年収の約3割ほど多いレベル。 なので養育費自体は払ってもらうことはできると思っています。 で、肝心の金額ですが諸々計算したところざっと6万円ほどになりそうです。 もちろんこれはあくまでも目安。 実際はこの額より減る可能性はあります。 まぁ金額が減るのも厳しいですが、それ以上に途中で養育費を払ってもらえなくなるのも困ります。 なので離婚する際には公正証書や調停調書などの書面に…

  • 家族会議準備②財産分与編

    昨日の「夫との話合い」に備えるというお話で、じゃあ今度は「離婚した場合」の今後について。 まず最初に、「離婚した場合」に解決しないといけない問題点と課題。 素人なのでよく分かりませんが、それらを挙げてみると大きくこんなところでしょうか…。 財産分与(持ち家、車、預貯金など) 養育費の支払い有無 離婚後に娘をどちらが引き取るか(親権問題) まず財産分与については「今住んでいる家をどうするか?」が最大の問題です。 ぶっちゃけ住宅ローンがまだ25年(約4000万円分)は残っています。 その家を仮に私が引き継いだとしても、恐らくローンは払っていけないでしょう。 更にその場合、家の評価額の半分。 そのお…

  • 「家族会議準備①」離婚しない場合の今後…

    「夫との話合い」に備えるというお話の続きです。 私とバトル(口論)したことを、義母が夫に“大嘘を盛りに盛って”チクってくれたおかげで夫が激怒! 義母は私に「〇〇(夫)と離婚しろ!」と言ってきました。それは夫にも言っているでしょう。 なので夫が出張から帰ってきたら、ほぼ間違いなく離婚話が絡む家族会議になると思います。 そんな理由から「離婚した場合と離婚しなかった場合の今後のことについて考えてる」と、昨日お話しました。 昨夜の時点では色々なことが頭をよぎり全然考えがまとまりませんでしたが、ようやくまとまりかけてきました。 まず、「離婚はしない場合」の今後…。 私から夫にこんな提案をしようと考えてま…

  • 姑との冷戦状態に突入

    夫が出張から帰ってくるのは日曜日(予定)。 いよいよ離婚のことも含めた話し合いになると思います。 とはいえ夫からの一方的な話になる可能性もあるので、「話し合い」になればまだマシなのかもしれません。 いずれにしても、今後のことについてある程度は頭の整理をしておこうと思ってます。 まず一番の気持ちとして、私は外に働きに出たいです。 理由は、離婚しようがしまいがある程度の自己資金は蓄えたいから。 そのことを前提に話をまとめておかないといけないと思い、今日はそんなことをずっと考えていました。 でも現時点で、私の中ではうまく話がまとまっていません。 (adsbygoogle = window.adsby…

  • 息を吐くように嘘をつく義母…

    義母とのバトルを強制終了させたことで離婚話については持ち越し。 っていうか夫が出張から帰ってこないことには話の進展はありません。 スマホの音を鳴らないようにしていたので気付かなかったですが、その夫からは深夜私が寝ている間にLINEが届いていました。 内容をみて少し鳥肌が…、 「お前(私のこと)、母さんにとんでもないことしてくれたな!」 「物事にはな、やっていいことと悪いことがあることくらい頭の悪いお前でも分かるよな」 「絶対に許さないからな!俺が帰ったら覚悟しとけよ」 等々、ほかにも沢山…。 もう見るのが恐ろしくなるほどの罵倒責めでした。 確かに義母の顔に水を掛けたのは事実です。 でも実際、こ…

  • 誤算…

    義母からの「離婚発言」は言い合いが直接の原因。 とはいえ、心の中では以前から私が息子(夫)と別れて欲しいと思っていたに違いありません。 それほどまでに躊躇なく「別れろ」と言ってきたのです。 私もいきなり「離婚しろ」なんて言われるとは思っていなかったので、言われたあとに沈黙…。 さすがにその場で「はい、別れます」とは言えず、それどころか「先手を取られた!」とさえ思いました。 義母はリウマチ持ちで私の介護なしではまともに動けません。 昨日ブログで書いたとおり、姑には「世話するのを止めるから家政婦でも雇え」と言い放ちはしました。 しかし、きっと本人は他人を家に入れるのは嫌なはず。 勝手も違うし何かと…

  • 姑の爆弾発言

    昨日の姑の暴言の続きの話です。 聞くと、どうやら姑が住んでいた地方では結婚をする際に結納金のしきたりがあるそうで、それに対する不義理が許せなかったとのこと。 だからそれに対しウチの親は気を遣ったつもりで、当時「そういうのはやめましょう」と言いました。 確かにそういう意味では姑の言ってることは一理あるかもしれません。 でもそれが理由でここまで嫌いになるというのが、私には理解できませんでした。 しかも、それを今でも根に持ってまるで恨み節。 粘着質もいいところ…。 さらに姑は続けます。 「〇〇家をバカにするんじゃないよ!」 「一生許さないからね」 私もこれまでの鬱憤が溜まりに溜まっていたこともあり言…

  • 義母の暴走

    前回の話の続き義母の顔に水をぶちまけ、とうとう牙を剥いたというお話です。 怒り狂う姑が放った言葉…。 それがこちら↓ 「私はね、最初からあんたのことが大嫌いだったんだよ!」 「あんただけじゃなく、あんたの親もね!」 とうとうと言うか、やっぱりというか、姑が本心を出してきました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); でもこの言葉はさすがに許せず、 「は?私はいいとして親がなんだっていうんですか!?」 そう返すと姑はこう言い返してきました。 「あんたと○○(息子)を結婚させるとき、あんたの親は何て言ってきたと思う?」 「こっちはあん…

  • 地獄への道

    昨日の話の続きです 姑が娘に語った一言…。 「〇〇ちゃん、4年生にもなってお漏らしは恥ずかしいわね。みんなに笑われちゃうから気をつけてね」 絶対に黙っててほしいと頼んだにも関わらず、義母は娘に話してしまいました。 しかも言ってはいけないようなことを。 すると娘は泣き出すとともに、 「だってトイレに行きたいって言うのが恥ずかしかったんだもん」 そう言うとさらに大きな声で泣きじゃくりました。 それを見た瞬間、私は激高し「お義母さん、いいかげんにして下さい!」と怒鳴りました! すると義母は「何でよ?本当のことでしょ?」 と、まるで自分は何も悪いことは言ってないような素振り。 その態度がさらに私を苛立…

  • 義母への憎悪

    胃の痛み(急性胃腸炎)が完治していない中、昨日は新たな心配の種と憎悪を感じるできごとがありました。 はっきり言って、私の胃の痛みが治まるどころか悪化しそうなほど…。 主の話は娘のこと。 実は、昨日の夕方頃に娘の小学校の担任の先生から電話がありました。 その時娘はすでに帰宅していたので何事かと思いましたが、どうやら娘が学校でお漏らしをしてしまったということでした。 現在娘は10歳の小学4年生です。 なので一瞬「まさか?」と耳を疑いました。 でももちろん、先生からの話なので嘘なわけがありません。 状況を聞くと、どうやら4時間目の授業が終わりトイレに行こうとしたところ間に合わず教室で漏らしてしまった…

  • 親子そろって「畜生」!そして復讐の準備…

    昨日の話の続きです その前に私の体調ですが、まだ少し胃の痛みはあるものの嘔吐や吐き気、下痢などはおさまってきました。 胃腸炎の症状は人生で初めてでしたが、あんなに辛いとは思いませんでした。 さて私がストレス性の急性胃腸炎になり、そのことを姑に伝えた後の話です。 分かってはいましたが、姑は私の心配どころかこんなことを言ってきました。 「体調管理くらいちゃんとしなさいな!それより私のご飯は?お風呂はどうすればいいの?」 あまりにも非情! そうです。姑は私の身体のことなんかより「自分が困りたくない」という人。 「こんな頭が痛くなるような嫌味や、私を困らせるようなことを毎日言うもんだから体調崩しました…

  • ストレス性急性胃腸炎発症

    昨日は体調を崩してしまい、姑のお世話や娘のご飯、そしてこのブログすら何も手を付けられませんでした。 本当は今もゆっくり寝ていないといけないです。 でも姑と夫の私への対応が余りにもひどく、その怒りが収まらないので横になりながらこれを綴ってます。 さて、昨日は突然のお腹の痛みで朝4時ごろに目が覚めました。 その痛さは尋常ではありませんでした。 さらにお腹は下すし嘔吐もしました。 信じられないかもしれませんが、その症状は20分~30分に一回くらいの頻度で襲ってきました。 想像してみてください、お腹の激痛に加え下痢と嘔吐が20~30分おきに繰り返される地獄を… はっきり言ってすごく辛かったです。 なの…

  • 恥の極み!

    マナミへの紹介料の話の続きです。 前回、マナミがLINEヘッジファンド投資に関する紹介料50万円を請求してきました。 それに対し姑は、「高いからせめて5~10万にディスカウントするようマナミにに言ってくれ」と言いますが、私がそれを拒否。 なので、なんと姑自らマナミに電話することになりました。 昨日も“姑は「どケチ」“という話をしましたがこういう事になると、もの凄いパワーを発揮します! そしていざ姑が電話。 マナミからの返答自体は電話口から聞こえてなかったので、後でマナミから聞いた話を書きたいと思います。 「マナミさん、紹介料の話なんだけど5万円くらいにまけてくれないかしら。その金額じゃないと投…

  • 姑のお金への執着心、そしてどケチ

    前回のマナミから連絡があったというお話。 姑がヘッジファンド投資で2000万円を預けることになったということは以前も何回か話したと思います。 ※詳しくはこちら< その件で義母に伝えてほしいと、LINEにメッセージが入っていました。 要約するとこんな感じです。 ヘッジファンド投資資金を準備してほしい 管理手数料が投資資金の2%が掛かる 成果報酬手数料が運用利益に対し20% と、ここまでは私も調べた限り妥当だったので問題は無いと思います…たぶん。 1つだけ気になったのがこちらです↓ 「投資顧問への紹介料として自分(マナミ)に50万円を払ってほしい」 と…。これってどうなんだろう? 確かにマナミが投…

  • 姑への徹底した「塩」対応

    昨日のブログで話した通り義母の世話を「作業・業務」として行うと決めてからの今日。 どんなことを言われても淡々と「仕事」をこなしました。 飲み物を持ってきてと言われても「はい」。 食事をお願いされても「はい」。 おかずの味が薄いと言われても「失礼しました」。 と、まるで会社の上司への返答するかのように対応しました。 そしてリウマチなのでお風呂のサポートするけどその時は無言。 徹底して「業務」に励みました。 姑はそんな態度が気にくわないのか、それとも単にかまってちゃんなのか? いちいち突っ掛かってくるわけですが、私はLINEを既読スルーするかのように完全無視 これまでは何か言われるたび、注意される…

  • 義母が心の底から嫌いです…

    昨日の話の続きです。 今日、新型コロナの濃厚接触者ということで娘と一緒にPCR検査を受けてきました。 結論から言うと陰性でした。 とりあえず本当に良かったと今は安心しています。 そして姑はというと、 「○○ちゃん、何もなくて良かったね。ばあばもこれで○○ちゃんの近くで話せて嬉しい」 なんだろう? 本人は全くその気はないのだろうけど、何となく言葉にトゲを感じるのは気のせいでしょうか? 娘が泣いてまで姑に気を遣い謝ったというのに、娘には「疑ってごめん」の一言もない。 きっと姑は、人の心の痛みとか理解できない‟鬼”なのだと改めて思いました (adsbygoogle = window.adsbygoo…

  • 姑の顔に唾を吐きかけたかった…

    今日は色々とバタバタでした。 結論から言うと、娘の小学校のクラスメイトの女の子が新型コロナに感染したようで、その子の近くの席に座っている娘は濃厚接触者扱いになりました。 もちろん娘は学校を早退です。 今のところ娘の体調に異変はありませんが、3日間は自宅に最低待機予定とのこと。 その上で明日娘はPCR検査を受けることになりました。 なので私も明日一緒にPCRを受けてくるつもりです。 学校では常にマスクをして窓も開けっぱなしで過ごしているそうですが、休み時間はマスク越しとはいえ一緒に話したりしていたそうなのでかなり心配です。 テレビでも最近10代の子たちの感染数が増えているといいますが、学校を閉鎖…

  • 義母の大嘘炸裂、その3

    今日マナミと会う予定だったけど、急遽LINEで別の日に変更してほしいと連絡が来ました。 なのでこの件はまた後日。 ということで昨日の「義母にブチ切れた」というお話の続きです。 分かってはいましたけど、予想通り義母は夫に昨日のことをチクりました。 すると意外! 夫はこの件について姑の肩をもつどころか私の擁護にまわった感じでした。 「だって母さんがハナエが買ってきた本を突き返したんだろ?」 「だったら自分のせいじゃないか」 さらに追い打ちをかけるように、 「そもそも母さんが経済新聞を読んだって理解できるわけないんだから、投資なんてプロに任せときゃいいんだよ。新聞代が無駄なだけ」 そう言い放ったので…

  • 姑にブチ切れ

    昨日話したマナミからの話は気になるけど、それは明日聞けるから置いておくとして…。 今日はちょっと姑に意地悪な質問をしてみました。 それは、先日から話している義母の投資の勉強のために取ることとなった経済新聞のことです。 私が勉強のために良かれと思って買ってきた経済用語の本を拒絶した義母。 拒否したことで経済新聞を読んでも意味すら分からないというのは安易に想像できましたが、ここはあえて聞いてみました。 「お義母さん、新聞どうですか?いまの経済について興味のある記事でもありましたか?」 内容の意味が分からないのは当然ですが、そもそも家に届いたままの状態で放置されているので新聞自体読んでないことは知っ…

  • 2000万円の投資、そして悪い予感

    今日の昼間、私の友達のマナミが家にきました。 もちろん理由は、以前からここで書いてるように姑への投資勧誘(ヘッジファンド)の話です。 昨日話した通り、もう姑にはアドバイスをすることも世話を焼くこともやめたのでゴチャゴチャしたことは言いません。 面倒だし…。 単刀直入に結論から言うと、2000万円を投資に回すことになりました。 この先10年は預ける予定だそうです。 投資や経済のことを全く知らない高齢者がよくどこかで勧誘されホイホイ話に乗る構図と同じですが、そこは義母が決めたこと…。 一応、マナミには個人的な興味としてヘッジファンドへの投資が本当の話ということは事前に確認済みだったので、姑が決めた…

  • 姑を許さない!

    昨日の話の続きです。 良かれと思って義母に経済新聞が読みやすくなるよう本を買ってきました。 でもウダウダ文句を言われたので、今後二度と「余計なお世話」をするのはやめることにしました。 害があったわけではなりませんが、人の親切をまるで仇で返すような発言はありえない! もう色々とバカらしくなったので、今後一切こちらからは提案なり気遣いすることを止めます。 何があっても、もう姑を許しません。 そしてマナミから月曜日に行ってもいいか?という連絡がありました。 それを義母に伝えると大好きな彼女に会えるうえ、いよいよ投資ができるということで大喜び! (adsbygoogle = window.adsbyg…

  • 心底疲れました…

    今日は昼間の買い物がてら本屋さんに向かい、義母のために本を買ってあげました。 経済に関する最新キーワードが載っていて、簡単な説明が書いてある本です。 昨日も話しましたが、世の中のことにほぼ無知な人がいきなり経済新聞を読もうとしても絶対に理解できないと思ったのでプレゼントしようと購入しました。 最近ではタブレットやスマホで見れる電子書籍が流行ってますが、何せ年齢が70を超えてるので、ここは本の方がいいのかと…。 実際中身を少し読みましたが、結構分かりやすく書いてあったのでさすがの義母もこれなら理解できると思います。 そんな思いで義母に渡したところ、こんなことを言ってきました。 「こんな難しそうな…

  • 毒吐き義母が…

    今日、義母が投資の勉強をしたいと言い始めました。なので私に経済新聞をとってくれと頼んできました。 友人のマナミが来るから事前に少しでも知識を得ておきたいというのです。 でも、ついこないだまで「日経平均ってどこで買えるの?」なんて言うほど経済音痴だった人が、経済新聞を数日読んだところで何も変わらないと思うのだけど…。 と、これが今日の姑との唯一の会話でした。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 食事を出す時も何をしても義母は何も言ってきませんでした。 いつもなら「おかずの味がうすい」だの「ご飯がかたすぎる」だの何かしら嫌味を言って…

  • やっぱりお金儲けのため?

    昨日話した通り、結局義母には私の友人マナミが勧めてくるヘッジファンドへの投資を「保留」にするよう説得することに決めました。 それで姑にそのことを告げたのですが、これまた一筋縄にはいかない展開に…。 予想はしてましたが案の定「ダダ」をこねたのです。 「なんで投資しないほうがいいの?だってマナミさんがあれだけ自信をもって話してくれたのよ。あなたよりよっぱど信用できるわ!」 いや、単純に親切心で言ってるし、あなたのお金が減る可能性を排除してあげたいだけなんですけど。 そもそも私より信用できるって、どういう意味で言っているのでしょうか? 日頃からリウマチで身体の不自由な姑の面倒を四六時中見て料理も作っ…

  • 素人には危ない仮想通貨

    暗号資産(仮想通貨)投資はどうか?という話。※以後分かりやすくするため仮想通貨という言葉を使います。 初めに言っておくと、「仮想通貨については投資というより現時点ではまだ投機的で、やはり為替取引と同じで素人が手を出すのは危険」、そうマナミは言っていました。 投資と投機の違いは、簡単に言うと「将来が有望な会社やビジネスに長期的視野で資金を投じる行為」が投資、一方「短期的な利益を得ようとする行為」が投機とのことらしいです。 もっと分かりやすく言うと、投機は「安いときに買って、高いときに売る」という取引で、仮想通貨については正にこれが当てはまると言っていました。 とはいえ、仮想通貨を決済に使う企業(…

  • 下手すれば大損!

    為替が素人には向かない理由…それはこういうことらしいです。 まず第一に、為替は世界を通じて1日中動いているから四六時中同行を見ていられるレベルでないと投資には向いてないとのこと。 例えば日本が深夜のときにアメリカやヨーロッパは昼間。では仮に「ユーロ」を買っていたとする。 その時に、いま世界中で懸念されているロシアとウクライナが戦争でも起こそうものなら、影響が強いヨーロッパ、つまりユーロが売られる可能性が強い。 「そうなれば大損だよ」 そうマナミは言っていました。 とはいえそれはあくまでも素人の個人の話。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push…

  • マネーの先行き不安

    このあいだ書いた通り、マナミから現在の世界情勢にからむ株式投資の先行きなどの話を聞きました。 少々小難しい話ではあるのですが、姑のためではなく私自身でも先々投資はしてみたいと考えていたのですごく勉強にはなりました。 ではどんな話だったかというとこんな感じです マナミが言っていましたが、今年の株式相場は良い傾向とは言えないので普通の株式投資や投資信託だと十分な利益を得ることは難しいそうです。 上場企業の株だと会社選別すること自体大変だと言っていたし、投資信託は基本的に株価が上がると見込めるものに資金をつぎ込むとのことなので、いずれにしてもお金を大きく増やすのは厳しいと説明していました。 なら為替…

  • 5000万円を全額投資?

    昨日の投資勧誘話の続きです↓ hanae-whurin.hatenablog.com 義母お気に入りの私の友人、マナミが帰った後のこと。 姑が放ったという強烈な嫌味がこちら↓ 「自分で稼ぐ力も無くて、ただ夫に負んぶに抱っこのあなたと違ってマナミさんは聡明よね~。やっぱり彼女が〇〇(息子)のお嫁さんになって欲しかったわ。そうすれば、投資とかお金を増やせる方法とかいつでも聞けるしね」 この言葉にはさすがにキレた。なので痛烈に言い返して論破でもしてやりたかったけど、そこはグッと耐えた。 なぜなら、何か言い返そうものなら10倍になって嫌味を返してくるから。 正直、もう姑の嫌味を聞くのにも飽きたし面倒く…

  • 安易な儲け話にご用心

    昨日の続き…マナミからの新しい投資への勧誘。 つまり今持っている義父から相続した株を売ってしまって別の投資に乗り換えるという話。 私はてっきり、いま流行りの仮想通貨(暗号資産)やFX(為替)とかだと思ったのだけど、まさか海外のヘッジファンドの話が出てくるとは思わなかった。 投資信託は知っていたけど、正直ヘッジファンドというもの自体ほとんど理解できてなかったので私なりに少し調べてみました。 普通の投資信託は公募で一般的に広く募集するとのこと。 よく銀行とか郵便局とかでもパンレットなんか置いてあるので見かける人も多いと思います。 投資の仕方は、「値下がりしにくいものに投資をし長期で保有→利益を出す…

  • 資産2.6倍への勧誘

    昨日の続きです。 マナミが姑に話した持ち株を売って別の投資に資金を回したらどうか?という話。 そのために知り合いの投資のプロを紹介しくれるそうで「投資助言会社」というところの人だという。 投資助言会社?なんだろうそれ、証券会社じゃなくて? 投資助言って簡単に言えば投資のアドバイスをしてくれる会社ってことだと思うけど、そういった会社の話ってよく詐欺かなんかでニュースに出てくるけど同じじゃないの? 株式投資をほんの少ししかやったことがない私にはちょっと理解ができなかった。 なのでマナミには申し訳ないけど、何となく詐欺なのではと思ってしまったということです。 そして話は続きます…。 では昨日お話した…

  • まさか詐欺?

    昨日のマナミが姑に資産形成の提案をしたという話の続きです。 正直、義母のお金(財産)のことなのでマナミの収入にプラスになるというのなら、お金の話をしても何も咎めるつもりはない。 むしろ好きなだけ提案して成果に繋がって欲しいと思った。 でも何だろう?義母とはいえ、会って2回目で友達の夫の親にいきなりこういう話ってするものなの? それ以前に、ここ数年ほどはLINEでの会話のみで実際には会ってなかった。それが突然連絡して会いたいと言ってきた。 しかも姑からマナミを家に呼べという指示があったにせよ、1週間の間に二度の友人宅訪問。 前回家に来たときも今回もそうだけど、考えてみればマナミはやたらと姑に話し…

  • お金の話、そして変な違和感…

    今日は姑が待ちに待った日。 私の友達、マナミがふたたび家に遊びに来る日だった。 さらに夫も夫でマナミに相当会いたかったらしく、日中私にLINEで連絡をよこしてきた。 「仕事を早く終えて帰るからマナミには夕飯を一緒に食べててってもらえ」と。 二人揃ってどれだけマナミ?芸能人じゃないんだから。 でも結論から言うと、夕食に関してはマナミのほうが夜に用事があるとのことで今回は断られた。 それを夫に伝えると心から残念そうな感じの返信。とりあえず会えなくて残念でしたね(笑) そしていよいよ本命の登場。お昼過ぎくらいに玄関のチャイムが鳴りマナミが到着した。 すると姑の表情が一気に明るくなって、「ハーイ」と大…

  • 人生一の孤独感…

    明日に私の友達のマナミがまた遊びに来ることになっているのだけど、来ることが決まってからというもの姑が気持ち悪いほど機嫌がいい。 まるで恋焦がれる男の子にようやく会える女の子状態。 友達ばかり褒められて複雑な気分だけど、それは別に構わない。 そうじゃなくて、私もすべての家事・義母のお世話と家族のために尽くしているつもりなのに何で認めてくれないのだろう。 褒めてもらいたいわけじゃない。夫にも何か買って欲しいとかそんなことをして欲しいという願望もない。 ただ、義母にはやっていることを認めてほしいだけなのに、それどころか「気が利かない」「友達が嫁になってくれた方が良かった」って、何で私にそんなことを言…

  • 憂鬱になる…

    私の友人のマナミが家に訪れてきてからというもの、姑の口からは毎日のように彼女の話ばかりこぼれてくる。 「マナミさんはまた来るの?いつ来てくれるかしら?」「本当に彼女はいい人よね、話してて楽しいし、何より美人よね~」など…。 聞いていてウザいほど私に言ってくる。 そんなことを夫にも話すものだから、「俺もぜひ会ってみたいな、美人なんだろ?」なんて言う始末。 私の友達のことを変に言われるよりはマシだけど、でもふたり揃って気持ちが悪い。 終いには、「ねえ、ハナエさん。またマナミさんを家に呼んでよ。そうね、今週末あたりなんかどうかしら?」などど姑は言ってきた。 「いやお義母さん、マナミも忙しい身ですから…

  • 嫌味、そして侮辱…

    昨日話した友人のマナミが家に来たという話。 その前に現在のマナミのことを少しお話してみたいと思います。 まず彼女の容姿については、一言でいうと美人。私と違ってスタイルも良く、同じ女性から見ても色気がある。 イメージ的には、何となくだけど「社長秘書」が似合うタイプといえばいいのかな。 その容姿を活かして、学生時代や20代前半くらいまでは夜の世界(いわゆるキャバクラ)でアルバイトをして結構稼いだとのこと。 笑顔を作るのが上手く愛想が良かったので尚更だろう。 今は未婚で婚歴はなし。昨年までは彼氏がいたようだけど、相手の浮気がバレて別れたようだ。 そして現在の職業はFP(ファイナンシャルプランナー)。…

  • 悲劇の過去

    高校時代からの友人マナミ。 彼女と出会い、そして知った衝撃的な告白。 いまから書くことは、私自身がそうであったら人格が崩壊してしまうであろう「惨い」レベルの話です。 なので、そういった話が苦手な人はこれ以上読まないほうがいいかもしれません。 そのうえで当時聞いた限りで覚えていることを綴っていきます…。 昨日のブログで書きましたが、彼女の母親は自宅に何人かの男を迎え入れてました。 ※状況が分からない方はこちらで確認してみてください。 当時中学3年生だったマナミ。 ある日自宅に帰ったところ、40代~50代っぽい男が部屋にいたそうです。 母親が夜に仕事に出かけるまであまり家に帰ることがなかったマナミ…

  • 突然の連絡…

    日頃のストレスはありつつも、トラブった元不倫相手からもその後はとくに何もなく平穏な日々がおとずれている。 と思ったら知らない番号から着信が…まさか元不倫相手の店長? 無視するかどうか考えたけど、逃げても仕方がないとおもい出てみると、高校時代の女友達だった。 何年かぶりのコンタクト。 友人の名前はマナミ(仮)。 昔からよくしゃべる子でどちらかというと少し派手めな女のコだった。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); クラスでよくいる「遊び」のグループに属していた子で、いつも男子と仲良く話していたのを覚えている。 どちらかと言えば地味目…

  • 義母の大嘘が炸裂

    帰宅した夫が夕食時なのに娘がいないことに早速気付き 呼んでも部屋から出てこない状況なのを義母が伝えると 夫は『どういうことだ?何があったんだ?』と 娘の部屋に向かいドアをノックし『入るぞ』と断りもなく侵入 夫のこうしたガサツで無神経な性質は母親譲だなと思った。 でもこの時は私には何もできないから助かったかもしれない。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 何があったか娘から事の顛末を聞いた夫は『くだらねぇなぁ…』と リビングに戻ってくるなり自分の母親に向かってこう言いました 『母さんがなおしてやった財布が気に入らないみたいだよ』 …

  • いい加減にしろ!!

    前回の続き 娘が涙を流していたのは喜んで感動したからじゃない 義母の修理したお財布の仕上がりがあまりにも酷かったから。 それを『見て、あんなに感動しているわ』と勘違いする義母 この人…本当に感覚がズレてるんだぁとしみじみ感じた。 『嬉しくて貰い泣きしちゃったわ』と目を潤ませる義母に 娘とアナタの涙の意味は全然違うよと心の中でツッコんだ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 部屋に籠った娘はそれきり部屋から出てくることはなく 夕食の時間になり声を掛けにいっても出てこない… 大切にしていたお財布の修復を信じて“ばぁば”に託したのに …

  • 黙れ義母…

    娘が大事にしているお財布のファスナー修理を引き受け とんでもなく不格好な状態にしてしまった義母。 これまでの話のおさらいは⇒ こちらから 娘が学校から帰宅する前になんとかならないかな… 思考を巡らせたけど考えつかずに無残にも時間は過ぎてゆく… そしていよいよ娘が帰宅してくる。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「ただいまぁ~」と元気に帰宅してきた娘に開口一番で 『お財布なおったわよ』と得意げにお財布を差し出す義母。 さぁどうなるか…わたしは内心とてもドキドキしていた。 「わぁ!ありがとう」と財布を手に取って確認した娘の反応は …

  • 【その2】義母の虚言物語

    義母は孫に良いとこ見せたい&喜んでもらって感謝されたい その一心で壊れたお財布のファスナー修理に動き始めるが 修理の材料を自分で用意できないと用意はわたしにまる投げ。 しかも「自分の娘のためなんだからあなたも手伝いなさいね」と 「お願い」ではなく「命令」に近い感じだったのが腹立たしかった。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 自分で用意もできないのによく請け負うな…と不満もあったけど 娘がお願したことだし協力しようと依頼された材料は用意した。 言われた通りに用意をした。 しかし、その協力が結果としてわたしが陥れられる材料となる。…

  • 義母の虚言壁

    昨日のブログで義母がわたしの娘や夫に「嘘を吹き込むことがある」と書いたので 今回は義母の嘘について触れてみようとおもいます。 義母は虚言壁があるんじゃないか? と感じるくらい平気で嘘をつきます。 息を吐くように嘘をつくとはまさにこのことで… 見栄を張るとか人に迷惑を掛けない範囲の嘘ならまだ良いけど 人に嘘を吹き込んでわたしを陥れるということをしてくるので困り果ててます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この数か月間の同居生活だけでも挙げればキリがありませんが ここ最近のケースを具体的に1つ挙げると 娘がずっと大事に使っている…

  • 自分が惨めで情けなくなる

    今のわたしの人生・生活において害悪なる存在でしかない義母への復讐を決めたけど そもそも義母がわたしを攻撃してくる理由ってなんなんだろう? ということを改めて冷静になってじっくりと考えてみた。 はじめから義母はわたしのことを良く思ってないのはわかってたけど それに関してもわたしからすればよくわからないこと。 性格とか価値観が合わないってのはあるかもしれないけど それはあくまで後天的に生じてくる要因であって 義母はハナっからわたしを拒否しているような感じだった。 関連記事 姑との同居は無理 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 義母は…

  • 復讐その1

    リウマチを患い一人の生活が困難になったからと 突然この家にやってきて同居することになった義母。 自分でやれることもあるけど出来ないことも多い 炊事洗濯はもちろんお風呂やトイレの手伝いも 私なりに出来る限り全力でサポートとしているのに 一切感謝されることはなく小言や嫌味ばかり…。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); だったらもうのいっそのこと放棄してしまいたい。 でもそんなことしたらどうなるかは目に見えてる 娘に私の悪口を言い聞かせたりするだろうし 下手したら虐待されている!などといって騒ぎ出す 夫からも非難ごうごうの嵐になるだろ…

ブログリーダー」を活用して、ハナエさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ハナエさん
ブログタイトル
アラフォー「はなえ」の生きる道
フォロー
アラフォー「はなえ」の生きる道

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用