searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ふづき と さつきさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

サラッとアップテンポで、明るく、気兼ねなく入り込むさつきらしさと、重くジメっとしながらも、ありのままで気持ちを込めるふづき。夫婦二人で旅はいつでも「その時」「その瞬間」からスタート。そんな、行き当たりばったりでも、「人生楽しむこと」をモットーな二人の姿を表現できたらいいな…と思っています。 温泉旅、車旅、船旅、たまに飛行機旅(まだ国内のみ)、想いや悩みごとなど、なんでも綴る雑記ブログです。

ブログタイトル
徒然たびたび夫婦旅
ブログURL
https://www.fuzuki-satuki.com
ブログ紹介文
休日は夫婦二人でプチ旅行。 毎日がノープラン。 ドライブ、車中泊、温泉巡り…ささいな事でも楽しんでいます。 ゆっくりした時間が好き。 二人の雑記帳。
更新頻度(1年)

22回 / 87日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2019/12/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ふづき と さつきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ふづき と さつきさん
ブログタイトル
徒然たびたび夫婦旅
更新頻度
22回 / 87日(平均1.8回/週)
読者になる
徒然たびたび夫婦旅

ふづき と さつきさんの新着記事

1件〜30件

  • 椿、くさや、べっこう…行って、見て、食べてわかる!美味しさと魅力の逸品~嫁と船たび島めぐり~【伊豆大島 グルメ】2020年2月版

    ふづきです。 冬の陽射しは潮風に流され、頬に冷たさだけを残します。鼻に誘う香りは、寒さをひと時忘れさせるような、広大な海原より届きます。 砂の浜より 「椿の島」とも呼べるこの大島では、島の至る所で力強く咲き誇る姿を目にします。 椿資料館にて撮影 この時は、知る由もありませんでした。花は可憐に咲き、香るだけではないことを…。 はじめに 参考資料(無料配布されているもの) 島の名物とは お食事処と逸品 一峰 海鮮茶屋 寿し光 まとめ はじめに 温泉めぐりや観光などで島めぐりをしていると、当たり前なことですがお腹が空きます。今回は、自分たちが立ち寄ったお店の中で、港やバス停からも近くて便利。尚且つ、…

  • 伊豆の大島…そこには島民の日常となっている、まるで海のような混浴露天風呂がありました~嫁と船たび島めぐり~【大島温泉元町浜の湯】

    ふづきです。 天候にも恵まれ、青々とした普段見る色よりも、さらに濃く、たっぷり絵の具を垂らしたような空を仰ぐ。 日常見ている空の色は、それに白を加えた、もっと薄く、淡くしたようなものだったことを思い出す。 島にいると、目に映るものがすべて、原色に近い色遣いで、一つ一つがしっかりと意志を持っているかのように主張している。 大島公園周辺の木々と青空 青と青が違うことを、言葉の、カタチの見た目で判断するのではなく、感性で、感じたままで決まるものなのだと、強く吹き付ける潮風に、優しく教えられた気がした。 太平洋越しに望む富士山、右に元町浜の湯の建物 嫁のさつきと日常を共にし、今日(こんにち)もまた、島…

  • 東京竹芝桟橋から伊豆大島へ…約120kmの海原を越えて~嫁と船たび島めぐり~【東京都 大島】

    ふづきです。 凍れるような寒さを期待してしまうような、暖かな陽射しが差し込む2月の某日。夫婦でスノースポーツを楽しむべきか迷った挙句、この陽気とシーズンオフを逆手に取り、思う存分楽しもうと突如登場した船旅。実は、嫁のさつきは以前から温めていた企みがあったようで…。 船旅代2人分(往復)+宿代2人分(2泊4食付き)=22000円 さつき「今限定のふっこう割、行くしかないでしょ!」ふづき「…2泊4日だよね?安いけど大丈夫?」 令和元年12月24日(火)~令和2年2月29日(土)までに完了する旅行が対象で、台風15号と19号により落ち込んだ旅行需要を早期に回復及び喚起することを目的とした、「東京都ふ…

  • 大切な人へ~後悔と感謝という言葉より~

    今週のお題「大切な人へ」 ふづきです。 令和という年号を迎え入れてから、時は加速するかのように流れる。いつしか、珍しいが当たり前となり、違和感が一体感と変わっていく今の現状に、自分という存在を見失う人たちは、曇りガラスに心を覆ってしまっているのかもしれない。 ふと、そんな戯言を思い浮かべながら、油膜でギラギラしたフロントガラスを、洗剤を吹きかけながら拭き上げている。 今思えば、見えていたのは、この胸に映っていた空模様だったのだろう。…にしては、汚れすぎだ。 2月のバレンタインの季節。嫁のさつきから「チョコ、欲しい?」と聞かれたので、「チョコ、いらないよ」と、答えた。 チョコが嫌いなわけではなく…

  • 八丈島ダイビング~溶岩が作り出すアーチと八丈ブルーのナズマド【東京都なのに亜熱帯】

    さつきです。 ふづきは持病でダイビング出来ないので 私は友達とダイビングに行きます。www.fuzuki-satuki.com 沖縄の島々、大好き♪www.fuzuki-satuki.comwww.fuzuki-satuki.com 冬でも海中の温度が温かいから季節を 選ばなくて良い沖縄方面でほとんど潜ってるけど連休が中々とれない → 休みが合わない… 『そうだ!八丈島に行こう!』 急遽、 一泊三日で行ける 八丈島へ行くことに決定! どんな景色が待っているのか… ワクワクの始まり~♪ 東京、竹芝から 八丈島まで大型客船で約10時間! 夜に出港して朝到着 ジェット船だともう少し早く行けるけど 大…

  • ふらっと休日を車中で過ごす贅沢。何でもない日常を嫁と寝転びながら…ただただ、それだけの時間の在り方とこれから。~嫁と車と自分~

    ふづきです。 一般企業に勤めることを辞めてから、自分と向き合うことが増えました。 いわゆる、悪魔と天使の自分がいて、嫌なことから逃げ出して、一体何をしたいのか決まっているのか。ただ、やりたくないからと甘えて辞めたんだろう。と、自分を追い込みます。 一方、今まで経験したことは無駄じゃない。それを糧に、好きなことにいくらでも挑戦できるチャンスだ。と、耳元で囁きます。 どちらを選ぶわけでもないけれど、ずっとずっと、天使や悪魔に振り回されていた自分がいたことは確かな事実。自由な時間ができた分、嫁のさつきに支えられ続けてきた自分。事実と真正面から向き合う機会をもらえたのだから、支えるとは何か、自分の在り…

  • 温泉ソムリエ発祥の地「妙高高原温泉郷」…赤倉温泉を湯めぐり旅~嫁と車と大露天風呂~【新潟県妙高市】

    ふづきです。 以前から興味のある「温泉ソムリエ」ですが、 なかなか重い腰が上がらず…いつか、いつかと先延ばしになってしまっている今日この頃。 ふと、嫁のさつきから 「赤倉温泉に行こうよ!」 と、サラッと言われて、 「いいね!行こうか!」 と、二つ返事で答えます。 旅の始まりは突然やってきます。 温泉ソムリエとは 妙高高原温泉郷 赤倉温泉を湯巡る 滝の湯~赤倉野天風呂~ まとめ 温泉ソムリエとは 温泉ソムリエとは、温泉ソムリエ協会(本部:新潟県妙高市)が運営する民間資格である。2002年に赤倉温泉(新潟県妙高市)の旅館経営者・遠間和広の発案により作られた。 ※Wikipedia参照 https:…

  • 信州高山温泉郷の一軒宿。訪れるたびに違う姿を魅せる秘湯『五色の湯』~嫁と車と秘湯めぐり~【長野県高山村】【五色温泉】

    ふづきです。 嫁のさつきとアルバムを見ていると、懐かしい写真を目にしては ふづき「ここ、良かったよね!」さつき「また行きたいよね!」と、話が弾みます。 実際、話題に挙がった温泉宿を通りかかると、今はやっていなかったり、やっていても昔と変わってしまい、湯治場というより観光客用にリニューアルされていたりと、時代と共に変化を感じます。震災の影響で温泉が出なくなってしまったり、経営不振や継承者不足で泣く泣く終焉を迎えてしまう現状もある中、温泉を守り、宿を繋いでいく大変さを痛感しています。特に、「秘湯」や「源泉かけ流し」の温泉を、今もなお、ありのままの姿で残している、そんな宿を思い出していました。 五色…

  • 青森県『黒石よされ』~掛け声が独特で熱いお祭りがあった! 

    さつきです。 以前、 青森県へ行った時… 休憩で寄った 道の駅で 黒石市でお祭りがある!との 情報を得ました。 日付を確認すると なんと!今日ではないか! なんてラッキー(^-^)/ 『黒石よされ』祭り どんなお祭りなんだろー 会場の周辺は 古いレトロな木造の街並みで 提灯がたくさん並んでる。 始まるまで 屋台の焼きそばを食べながら ワクワクして暗くなるのを待つのも楽しい。 沿道で 場所とりをしている人がいる、という事は そのうち人だかりになる…と、いう事だね。。。 辺りが薄暗くなってきて提灯に灯りが つく頃になると 沿道には徐々に人が集まってきて 私達も どの場所がグッドなのか 分からず こ…

  • 静岡県 朝陽と海を見ながら温泉&朝ごはんの贅沢な道の駅『伊東マリンタウン』

    さつきです。 熱海や伊豆方面に遊びに行く時に寄る お気に入りの道の駅があります。 「伊東マリンタウン」ito-marinetown.co.jp 海沿いの道を どこまでも進んでいくと 可愛い色の建物、広い駐車場がみえてくるとあ~ 伊豆に来た~ワクワクの始まりー 私たちは だいたい夜のうちに自宅を出発して 深夜に到着、ここの道駅で 車中泊して朝を待ちます。 目の前は海だから 早起きして 日の出を拝めるのも魅力的。 夜だと道が空いていて渋滞を避けるのと 併設されている ここの温泉、朝風呂に入ってから ゆっくりと伊豆満喫できる お気に入りのコース。 朝風呂に間に合うように 目覚ましSETしておやすみな…

  • 食べたいうどんがここにはある。地元民も意外と知らない?ずりあげうどん~嫁と車と果樹公園あしがくぼ~【埼玉県秩父郡横瀬町】

    ふづきです。 旅先で、ふらっと立ち寄った食堂のあの味が忘れられない。そんな経験をしたことはないでしょうか? 何の変哲もない定食だったり、海の家で出てきそうなラーメンだったり、そこらのフードコートで長時間熱せられたホットスナックだったり、そういう主役になれそうにもない役者が、場所によってはヒーローのように輝けたりします。お腹がすいた時には、何でもおいしかったりします。 しかし、今回はちょっと違います。 見た目はどこにでもありそうな『うどん』ですが、食べ方と味に、他とはひと味ふた味違う特徴があるんです。そんな、個性的なうどんをまた食べたいと思い、嫁と車を走らせ、数時間、ぶらりと旅って来ました! 我…

  • スタンプラリーで楽しむ♪♪冒険の続きは秩父で!!~嫁と車と白猫温泉物語~【白猫プロジェクト】

    ふづきです。 温泉好きな夫婦ですが、スマホで同じゲームを密かに楽しんでいます。 最近、テレビCMでも目にする機会が増えてきたと思います。少し前には出川哲郎さんが出てたり、 今では元SMAPの木村拓哉さんが歌う曲と共に宣伝されています。 そう、やろうよ!白猫!でおなじみの白猫プロジェクトです。colopl.co.jp ジャンルで言うと、オンラインのアクションRPGでしょうか。 ふたりとも無課金で楽しんでいます。かれこれ5年以上も続けているので、いわゆる『古参』の部類になるかと思われますが。キャラが出なくでスマホを投げた時もありました。忙しくて、放置していた時もありました。それでも、こうやって続け…

  • 今夜の夕食は?『春の七草粥』VS『おでん』、勝者は…。~無病息災を願う~

    さつきです。 寒い日が続く冬の間は 我が家の土鍋が大活躍します。 寒いから今日はおでんにしよーかなぁ~おでんをつつきながらビール!これで決まりだね! と、思っていたものの 職場で七草の話題が出た。 おぉ… こないだお正月だったのに もうそんな時期か~ 「七草粥」 さ→ 今日、七草の日だって! ふ→ じゃあ、七草粥食べよう! スーパーで 「七草粥セット」を購入! 「せり・なずな ごぎょう・はこべら ほとけのざ すずな・すずしろ 春の七草」 5・7・5.7.7 のリズムに合わせると覚えるよ。って教えてもらった事があるけど 未だに どれがどれだか怪しい…W ふづきとこれは何だ? 春の七草言えるかな?…

  • 「年越し」と掛けまして、ブログを綴る「胸の内」と解きます、その心は…~徒然たびたび夫婦旅~

    ふづきです。 あけましておめでとうございます!ふづきとさつき共々、今後ともどうぞよろしくお願いします♪ 盆暮れ正月、何かとバタバタしがちで、 「今年中に済ませないと気が済まない」 神経質なふづきと、「今日も明日も変わらないじゃん」 安定のさつき。 家の中では異様な二色の空気が流れていましたが、 鐘の鳴る手前には、ピタリと落ち着くものですね。 嫁のさつきの手作り料理には、もちろん年越しそばがありました。食べないと年を越せない…そんなはずはないけれど、なぜか食べないといられないこの心境は、日本人としての性(サガ)でしょうか? 今年一年、いつもそばで支えてくれてありがとう!これからもよろしくお願いし…

  • 旅と温泉を振り返ると、きっかけが何かと気付く。いつかの山梨へ…女帝の湯『奈良田の里温泉』~嫁と車と日帰り温泉旅~【山梨県巨摩郡早川町】

    ふづきです。 旅と温泉を振り返ると… www.fuzuki-satuki.com www.fuzuki-satuki.com www.fuzuki-satuki.com www.fuzuki-satuki.com 付き合い始めの頃。嫁のさつきが、仕事終わりにスーパー銭湯でひと汗かいて1日の疲れを取っているのを知って、それまで他人とお風呂に入ることなどしたことなかった自分が、『温泉』に入ることでこんなにもリラックスできる、汗をかいてスッキリする、気持ちも身体も軽くなることを知りました。本当に近所の、車で5分程度のスーパー銭湯通いから始まり、そこが閉店してしまい、少し先のスーパー銭湯へ乗り換え、サ…

  • 旅先で出会った珍しい芒硝泉の公衆浴場、その名も『月光温泉』~嫁と車と温泉めぐり旅~【福島県郡山市】

    ふづきです。 先日、福島県飯坂温泉への湯めぐり旅を計画していた時に、嫁のさつきから「ここにも寄ってみようよ!」と言われて見てみると、ひなびた銭湯のような建物の写真がありました。 また、「面白そうな温泉を見つけたものだ」と詳しく見てみると、『月光温泉』という名前…。 月光と言えば、もちろんこの方ですよね? 月光は善人のみでなく、悪人をも偏りなく照らすja.wikipedia.org 「どこの誰かは知らないけれど…」と、今の若い人は、歌詞どころかこの方を知らない人のほうが多いことでしょう。自分もリアルタイムで拝見したことはありませんが…苦笑。 1958年(昭和33年)2月24日から1959年(昭和…

  • ほろ酔い気分でメリークリスマス~嫁の手料理とワインで乾杯♪~

    ふづきです。 12月24日。 クリスマスイブは、イブイブから嫁の手料理と赤のワインで昼間から次の日まで乾杯♪ 旅や温泉だけでなく、お酒も好きなふたりで、たわいのない会話で笑ったり、時たま怒ったり、すぐに仲直りしたり。 ホワイトクリスマスにはならなそうだけれど、晴れのち曇りのち雨のち雪のち晴れみたいな、寒さでかじかむときもあれば、低い太陽の陽射しに暖かさを感じたり、穏やかに変わりゆく冬空のように、1日、2日と過ぎてゆく。 BGM代わりにパソコンから流れてくる、冬の恋模様を唄っている洋楽は、失恋ソングだろうが意味もわからず「クリスマスの定番だよね」なんて、言葉よりも気持ちが大事なんだなと感じたり。…

  • 温泉と言えば温泉たまご~飯坂温泉のラヂウム玉子はいかがでしょうか?~

    ふづきです。 温泉大好きな夫婦ですが、嫁のさつきは『温泉たまご』が大好物なんです!温泉街では、必ずと言っていいほど、温泉まんじゅうや温泉たまごを目にすると思いますが、温泉で茹で上げたたまごは、その温泉特有の香りや色、風味が染み込んでいるため、同じようで全く違う味わいを感じますよね。特に、箱根の大涌谷や、秋田の黒湯温泉での温泉たまごは、その名も『黒たまご』の名に相応しく、真っ黒なたまごです。 硫黄の香りもぷんぷんして、自分も大好物の逸品です。食べると長生きできるとか…。 www.fuzuki-satuki.com 今回は、福島の飯坂温泉でめぐり逢った『ラヂウム玉子』という、あまり耳にしたことのな…

  • 嫁と車と湯めぐり車中泊の旅~お湯も人情も熱かった~【福島県飯坂温泉9つの共同浴場】

    ふづきです。 今年は暖冬なのでしょうか?スキー場のオープンが延期されたり、一部しか滑走不可だったりと、雪不足で例年よりも初滑りの客足が伸び悩んでいると耳にしました。今シーズンも嫁とスノボへ行こうかと、料金の安い12月を検討してたりしますが、雪がなかったら違う意味で滑ってしまいますからね。迷いどころです。 雪が降ると、子供の頃ははしゃいで雪合戦したり、シロップをかけたら美味しいかなと想像したり、嬉しいことばかりでしたが、大人になってからは、雪が積もると雪かきが面倒やら、滑って転ぶのが嫌やら、そもそも寒くて外に出るのも億劫になるやらと、嫌になることばかり増えて…歳は取りたくないものですね。 さて、…

  • 共同浴場をめぐる旅~嫁と車と白濁温泉~【福島県高湯温泉共同浴場ーあったか湯ー】

    ふづきです。 12月に入り、本格的な冬の季節を迎えました。車のエンジンをかけると威勢の良かった夏と比べ、「ん?」と思わせるような、しょんぼりした表情を垣間見せる家のぷちキャンカー君。これからが君の見せ場だろう?と、新品のスタッドレスに履き替えてあげたのだから、突然音信不通になるのだけはよして欲しいところ。 雪の降る温泉街というのは、他の季節と比べ、一際風情を感じるものです。普段よく見かける何の変哲もないトタン屋根や、草むら、枯れ果てた木々でさえも、この時ばかりはシルクのドレスアップした装いで、雪の舞いを際立てる名脇役のような立ち振舞いに見えたりします。そんな季節がまた来るのだと思うと、少しは心…

  • 祝!読者100人、感謝を込めて~もう一度訪れたい温泉を語る…嫁と車と混浴露天風呂~【福島県木賊温泉共同浴場】

    ふづきです。 嫁のさつきからブログを勧められて、夫婦の雑記ブログとして始めたのが、今からちょうど200日前。初めは、右も左もわからず(今もわかってないことばかりですが…)、ただただ思っていること、考えていることを綴って、今の今まで全く同じスタイルで書き記してきました。周りを見ると、いろんなジャンルで、細かく調べ上げていて、解りやすく紹介されていて、星の数やブックマークの数、読者の数など、ものすごく多いことに驚きと尊敬を抱いていました。今でも、全然、数字の上では敵いませんし、皆さんのブログを参考にさせて頂くことも多々あります。毎日のように更新するだけでも大変なことだと、身を持って感じています。も…

  • お気に入りのYouTuberに偶然遭遇!

    さつきです。 私はほとんどテレビを見ませんが YouTubeは観ています。 その中でも 車旅系は好んでよく観てます。 仕事が不規則変則勤務で (←習い事とかもキビシイ…泣) ドラマとか続きが見れないのもあって テレビは見なくなったのかな… 朝とかは時計変わりに流れている感じ… そんなんで 私はテレビなくても困らないけど ふづきはテレビ大好きです。(笑) みんな大好き YouTube (^^♪お気に入りのYouTuberに偶然出会ったら。。。 以前、道の駅で車中泊した朝、 ふづきとトイレに行こうと駐車場を歩いていると ふ→ あの車!!! ナカモト夫婦じゃない? さ→ わっ!!! ホントだ!!! …

  • 約1300年前より湧き出る古泉『走り湯』と、15品目の贅沢な海鮮丼に舌鼓~嫁と車と温泉旅~【静岡県熱海市】

    ふづきです。 12月に入り、今年も残すところ1ヵ月を切りました。面倒な大掃除も、さっさと済ませてしまったので、嫁と家族を支えるために何ができるかを、しっかりと考えて行動する時間に充てたいと考えています。それはそうと、寒くなってくると、朝焼けや夕焼け、空気が澄んでくるので星空も綺麗に見えてくる頃と思います。今回の旅先『熱海』の星空も、この時期はとても存在感をアピールしています。 さて、この有名な観光地に珍しい温泉があります。『走り湯』とは何でしょうか? さつき撮影。ここは走り湯の源泉が湧き出ているところで、入浴はできません。 相模の海に臨む「走り湯」は、日本でも珍しい横穴式源泉で、日本三大古泉の…

  • 結婚記念日という名の1/365日~不思議な縁と、2つの言葉~

    ふづきです。 まさか、一般企業を辞めてからこんな大事な日を迎えるとは思ってもいませんでした。環境に適応することができず、やりがいを見つけても、人間関係というか組織の中で仕事をすることへのストレスに耐え切れず、吐き気などの体調不良に悩ませられながらも続けてきた仕事を辞める決断をしました。この「辞める」というのは、組織という中で働くこと、つまりは一般企業で働くことを辞めるという一大決心でもありました。嫁の理解と協力のおかげで、今、こうやってブログを綴ることができている。その「有り難さ」を胸に抱きつつ、必ず形にして届けたいと思っています。 www.fuzuki-satuki.com www.fuzu…

  • 短くも色づく季節、ふたりぶらりと、湯と思いに浸る~嫁と車と紅葉狩り~

    今週のお題「紅葉」 ふづきです。 部屋のテレビは、続々と冬の訪れを知らせています。そろそろ、家も車も冬支度しなければならない頃を迎えました。 ぷちキャンカーを家族に迎え入れてから、初めての冬を迎えます。季節が変わると、紅葉狩りや色づく景色を眺めながらの温泉旅など楽しみも増えますが、色々と出費もかさみ、懐も冬を迎えそうです。本格的な冬を迎える前に、短く、貴重な、色鮮やかな風景を、心に収めておきたいと思っています。 夫婦ふたり旅、いつもの曲を聴きながら、お気に入りの温泉へ。片道5時間かけて、ゆっくり下道でドライブするのが好きなんです。 高速道路は、単調で眠くなりますし、煽られるのも怖いので、いつで…

  • 子供の頃、おばあちゃんが飲ませてくれた苦い粉薬~桶を見ると思い出すものは…~

    ふづきです。 子供の頃、頭が痛くなったり歯が痛むと、おばあちゃんが『ケロリン』という苦い粉の薬を飲ませてくれました。薬売りのおじさんが、良く薬の補充に来てくれていたことを覚えています。 いつも家の棚に常備されている置き薬のことですが、当たり前のようにあるものだと思っていました。ですが、大人になってから、自分の家で置き薬なんて…、ドラッグストアで買った市販薬の残りやら、病院で処方された薬の残りくらいで…そもそも、今でも家まで薬を販売(補充)に来てくれたりするのでしょうか? ふと、思い出したきっかけがこちらです。 そう、みんなが大好き『ケロリン桶』です! 内外製薬の鎮痛薬『ケロリン』の広告を桶で、…

  • 何でもあるけれど、何にもいらない島 ~佐渡島~

    ふづきです。 「ここは、島だっけ?」 そう思わせるような街の空気が、自分たちを迎え入れたことに違和感を覚える。 佐渡島。そこは、名は有名で、『金山』や『トキ』というキーワードが出ると、連想される場所でもある。学生時代に、クラスの仲間たちと新潟港から両津港までカヌーで渡ったことを思い起こすが、正直、佐渡金山以外に印象に残っているようなものはなかった。 なぜだろう、そこまで魅力的な何かを感じたわけではないが、また「行ってみたい」と思わせた。前回足を踏み入れてから十数年、今ならわかるとでも感じたのだろうか。 夏の終わりの9月末、嫁のさつきと旅の話題に花が咲き、すぐさま準備に取り掛かる。自分たちは、…

  • なぜ人は働かなくてはならないのか。~ふづきの独り言~

    ふづきです。 自分は、働くのは嫌いではありません。 今までも、やりがいをもって取り組んで、その成果が出るとやはり嬉しかったりしました。ただ、職場環境に馴染めなかったり、人間関係がうまく構築できず、なかなか続けるのが難しかったのですが。 では、働く理由って何なのでしょうか? ・お金のため・生活のため・人間らしく生きるため・会社のため・自分のため・家族のため・世の中の(誰かの)ため・自分を認めてもらうため・働くことが常識だから・暇だから・ボケないため・やりがいのため・夢を叶えるため・仕事そのものが生きがいのため 100人いれば100通りあるのかもしれません。どれが正解で、どれが不正解、という話では…

  • 一般企業で働くことを辞めました。~仕事に疲れて、自分を見失った時は何が大切かを見直す時。人とは違う自分は、嫁のお陰で今があります~

    ふづきです。 自分は人とうまく関わることができず、知らず知らずに迷惑をかけることがあります。以前にも書いたことがありますが、ある記憶だけがスッポリ抜け落ちてしまい、違う記憶と結び付き、自分の中ではしっかりと憶えている、という認識を持つことがあります。その事で話をしたときに全く違うことを言われて、「何を言ってるの?」「自分はちゃんと憶えてるから言ってるんだよ!」と、自分の中では間違いのない事実として話をしているけれども、端から見ると、何を言ってるの?そんなことしたことないよ。という、まるで別世界の会話をしているようなことがあります。 ・記憶の色が濃い小学校時代自分一人では、気付く余地もない事実で…

  • 鷹が傷を癒したと言われる温泉『鷹の湯』、それは日本三大薬湯の松之山温泉にあり~ぷちキャンカーで夫婦旅~新潟県【松之山温泉郷】

    ふづきです。 暑い夏が終わり、涼しい風が吹き始めた秋空をゆっくりと眺めていたのも束の間。居心地の良い季節と言うものは、こんなにも足早に過ぎて行ってしまうものなのでしょうか。テレビをつけると、北国では積雪数十㎝という、聞いただけでも寒くなる話が耳に入ってきます。少し前に、山奥の温泉地できれいな紅葉を目にしておいて「良かったな」と、安堵しました。 とある温泉地にて。あまりにきれいだったので、車を降りてさつきとふたりで写真撮影に夢中になっていました。 【目次】 はじめに 松之山温泉とは 松之山温泉の泉質と効能 鷹の湯、お湯加減は… まとめ 1.はじめに 冬になると豪雪地帯になる温泉地には、本当は雪…

カテゴリー一覧
商用
読者になる