searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

harutanさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
空は世界とつながっている♪
ブログURL
https://harunotabi8.blog.fc2.com
ブログ紹介文
主にひとり旅。楽しかった旅の思い出を記録していきます。飛行機のエコノミークラス、ビジネスクラス、鉄道ファーストクラスなどを利用し、お得に楽しい旅を目指しています。
更新頻度(1年)

181回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2019/09/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、harutanさんをフォローしませんか?

ハンドル名
harutanさん
ブログタイトル
空は世界とつながっている♪
更新頻度
181回 / 365日(平均3.5回/週)
フォロー
空は世界とつながっている♪

harutanさんの新着記事

1件〜30件

  • 嘉興陽光国際大酒店(嘉興サンシャインホテル)の朝食

    嘉興サンシャインホテルの朝食も種類豊富でなかなかでした。朝食会場の入り口に、いきなりアイスクリームのケースが w(゚o゚)w他のお料理コーナーからは離れたちょっと微妙な場所にありましたが、もしかして、食事を終え朝食会場を出る時にお部屋に持ち帰ってゆっくり召し上がれ~という演出だったのでしょうか。こちらは、パンのコーナーシリアルも種類豊富です。中国料理も洋食もいろいろありました。プチケーキなどのデザー...

  • 嘉興陽光国際大酒店(嘉興サンシャインホテル)のお部屋 その2

    この時の中国出張では、4つのホテルに宿泊しましたが、個人的にいちばん居心地が良かったのはこの嘉興陽光国際大酒店(嘉興サンシャインホテル)でした。では、そのお部屋をご紹介しましょう。お部屋は、明るすぎず、暗すぎずクリーム色の壁や絨毯が、優しい雰囲気です。丸テーブルの上には、無料のお水とソフトドリンクそれにリンゴが2個 (o‘∀‘o)使い捨てスリッパは、柔らかくて履き心地よかったです。デスク周りはこんな感...

  • 浙江省の嘉興で宿泊した嘉興陽光国際大酒店(嘉興サンシャイン ホテル)のお部屋 その1

    杭州市のお隣り、嘉興市では、嘉興陽光国際大酒店(嘉興サンシャインホテル)に宿泊しました。三層吹き抜けのロビーに、噴水とクリスマスツリー。ロビーには、自由にいただける飲み物が用意されていました。こちらは、「橙汁 Orange Juce」翌日の様子。日によって、飲み物の種類は変わるようでした。ロビーのソファで、ゆっくり飲めます。さて、客室へ向かいましょう。明るいエレベーターホール。明るい廊下。杭州で宿泊したホテル...

  • 浙江国際大酒店(浙江インターナショナル ホテル)の朝食

    浙江省の杭州にある浙江国際大酒店(浙江インターナショナルホテル)でいただいた朝食をご紹介します。こちらが朝食会場の入り口です。ここの朝食もブッフェスタイルでした。パンが数種類並んでいます。果物も種類豊富。巻き寿司もコックさんがオムレツを作っていましたこちらは、卵料理や中華風、洋風のおかずなど豆乳やお豆腐、お粥。こちらは点心のコーナーホットミールもずらりと並んでいます。ハムとサラミなど。こちらは、サ...

  • 杭州で宿泊した浙江国際大酒店(浙江インターナショナル ホテル)のお部屋

    中国浙江省の杭州では、浙江国際大酒店(浙江インターナショナルホテル)に宿泊しました。このホテルのロビーにも、電飾のついた大きなクリスマスツリーが飾られていました。さて、客室のあるフロアに来ましたが、かなり抑えた照明です。お部屋の入り口もとても暗い。ルームナンバーだけが、目立っています。宿泊したのは、右下の変形タイプのお部屋。お部屋の中も暗かった。部屋の奥から入り口方向を見たところ。テレビのモニター...

  • 紹興の魯迅ゆかりのレストラン 咸亨酒店でランチ

    街のいたるところに水路がめぐらされた紹興の街、風情がありますね。紹興といえば、小説家魯迅の出身地。そして魯迅の小説に出てくる酒場「咸亨酒店(かんきょうしゅてん)」で昼食をいただきました。入口の脇には、紹興酒の壺がずらりと並べられていました。中に入ると、とても広い!ホールの中央部分が吹き抜けになっています。内装はリノベーションされていて新しいけれど落ち着いた雰囲気。丼に入った紹興酒です。これまで飲ん...

  • 紹興のホテル秦望大酒店 Qinwang Hotel で夕食

    宿泊したホテルの海鮮レストランで仕事仲間と夕食をいただきました。廊下の左手がレストランの入り口。入口を入るとすぐに、大きな水槽がずらりと並んでいます。伊勢海老も沢山スタンバっていました。太刀魚もいました。その先には、メニューの写真がずらり。分かりやすくていいですね。席に着くと、お茶がだされました。茶葉がこれでもか・・・というほどたくさん。生野菜サラダも。旅行中は生野菜が不足するのでは・・・とコーデ...

  • 紹興・秦望大酒店 Qinwang Hotel の朝食

    このホテルの朝食会場も、豊富な種類のお料理が用意されていました。ずらりと並んだ、ホットミールの容器。こちらは、ビスケットなどのお菓子。フルーツのコーナーおミカンが、皮ごと半分に割られて並んでる。ワイルドだー (´∀`)ノ麺類を注文して作ってもらえるコーナーもありました。いろんなお料理がありましたが、まずは、トッピングしたお粥を。あと、おかずを少し。シメに、ワンタンスープを作っていただきました。朝から優し...

  • 中国・紹興のホテル~ 秦望大酒店 Qinwang Hotel ~

    寧波の隣りに位置し、紹興酒で有名な紹興市では、秦望大酒店 Qinwang Hotelに宿泊しました。白と黒の大理石のコントラストが印象的なロビーでした。小さな噴水もありました。宿泊したのは4階でしたが、イモ虫のような形をしたフロアで、ピンク色が客室エリアになっています。お部屋は、普通に四角でした。ベッドの横には、鏡張りのクローゼットクローゼットの横がバスルームの入り口になっています。奥から部屋の入り口を見たとこ...

  • 中信寧波国際大酒店 シティック寧波インターナショナルホテル の朝食

    中信寧波国際大酒店の朝食は、朝の6:30~10:00の提供で、ブッフェ形式でした。ブッフェコーナーがとても広くて見て回るだけでも時間がかかりました。こちらは、まるまる一室が洋食のコールドミールのコーナーになっていました。こちらは、中華のお豆腐などのコーナー卵料理やパン類のコーナーこちらは、麺類を作ってくださるコーナーヨーグルトいろいろ甘いパンやお菓子のコーナーこちらは、ホットミールがずらりと並んでいます他...

  • 中国・寧波のホテル~中信寧波国際大酒店 Citic Ningbo International Hotel~

    4年ほど前、仕事で中国の浙江省へ行った際宿泊したホテルについて、備忘録を兼ねてご紹介したいと思います。ホテルのチョイスは、旅行会社さんにおまかせだったので、ホテル名以外は何もわからず、チェックインするまでのお楽しみ・・・でした。まずは、古くから港湾都市として栄えた歴史のある寧波の、中信寧波国際大酒店 Citic Ningbo International Hotelシティック 寧波インターナショナル ホテル12月だったので、ロビー...

  • パディントン駅直結の便利なホテル~ヒルトン・ロンドン・パディントン~

    ヒルトン・ロンドン・パディントンは、パディントン駅に直結しているとても便利なホテルです。パディントン駅は、ヒースロー空港とロンドン中心部をノンストップで、たったの15分で結ぶヒースロー・エクスプレスの終着駅。ヒースロー・エクスプレスを降りたら、雨に濡れる心配もなく、すぐにホテルにたどり着くことができます。とても便利な立地のせいか、なかなか予約がとれないんですよね。2008年のクリスマスシーズンにロンドン...

  • ロイヤル バース ホテルのレストランでの夕食

    ホテルでの夕食は、朝食会場のレストランとは別のレストランでいただきました。かなり照明がおとされていて、落ち着いた雰囲気です。目が慣れるまでやや時間がかかるほど暗めな感じでした。3コースディナーを選択。まずは、スープ。グリーンピースだったか、ほうれん草だったか・・・お肉料理。これも何だったか失念 (;'∀')デザートのチョコレートケーキとアイスクリーム。フラッシュを使わなかったので、何を撮っているのかよく...

  • ロイヤル バース ホテルの朝食

    お楽しみの朝食へ向かいます。赤い絨毯の廊下の中程に、朝食会場のガーデン・レストランがあります。その名のとおり、お庭を眺めながら食事できます。お料理は、ビュッフェ形式で、写真奥の入り口に近い、一段高くなったところにお料理が並んでいます。まっ白のテーブルクロスが気持ち良いですね。コーヒーやお紅茶は、ポットでサービスでした。まずは、フルーツ&ヨーグルトをいただき、せっかくのイギリス滞在ですから、イングリ...

  • ロイヤル バース ホテルで滞在したお部屋

    入り口の扉を開けて中に入ると、いきなりこんな可愛いお部屋が広がっていました。窓はアーチ型に突き出ていて、ピンクの花柄のカーテンに白いドレッサー。テレビは、窓の近くの白いタンスに収まっています。窓側から入り口を見るとこんな感じ。鏡付きの大きなクローゼットや沢山の引き出しが付いたチェストもあります。白いドレッサーの脇には、コーヒーやティーバッグ、ビスケットなどの用意も。バスルームは、大きな窓があってと...

  • ロイヤル バース ホテルのパブリックスペース

    前回からの続きで、今日はロイヤルバースホテルのパブリックスペースの一部をご紹介したいと思います。ホテルのメインエントランスは、道路に面したところにあります。こちらが、エントランス。中に入るとまず、階段ホールになっていました。さらに進むと、レセプションがあります。レセプションの横には、バーを備えたラウンジが。写真を撮った時には誰もいませんでしたが、夜はけっこう賑わっていました。さて、お部屋に向かいま...

  • ロイヤル バース ホテル ボーンマス Royal Bath Hotel & Spa Bournemouth

    かなり昔になりますが、イギリス在住の友人とイギリス南部の海に面した高級リゾート地であるボーンマスを訪れた際にロイヤルバースホテルに宿泊しました。ロイヤルバースホテルは、ボーンマスで最古のホテルだそうで、1838年6月のヴィクトリア女王の戴冠式の日に開業したそうです。庭からの眺め。まっ白の建物が、いかにもリゾートらしいですね。大きすぎて、1カットにおさまりません。つづきの左半分がこちら。手前の低層の建物...

  • 台湾マンゴーが美味しい季節になりました♪

    旅行好きで話が合う友人と台湾のマンゴーが美味しい季節になったね~台湾行きたいよね~・・・と話しをていたら、その友人から台湾マンゴーが送られてきました w(゚o゚)wずっしり重い5キロ入り。愛文(アーウィン)という品種です。「仕向地日本」と書いています。日本向けの特別仕様?!開けてびっくり!大きくて赤く熟したマンゴーが12個も入っています \(^o^)/1個がほぼ手のひらサイズ。早速、切っていただいてみます...

  • 熊本ホテルキャッスルのお部屋と朝食

    熊本ホテルキャッスルは、その名のとおり、熊本城の近くに位置しています。1960年の熊本への行幸啓(天皇・皇后の外出)をきっかけに、熊本県内の経済界が総力を結集して開業したホテルなんだそうです。朝食がとっても美味しいわよ・・と、知人におススメされていたので、熊本に行った際に宿泊してみました。1階のロビー落ち着いた雰囲気。エレベーターの前には、ちょっとした生花が飾られていました。おもてなしの心遣いが感じら...

  • 知覧特攻平和会館と四式戦闘機「疾風(はやて)」

    知覧に来たら、やっぱり知覧特攻平和会館を避けて通るわけにはいきません。目を背けたくなるような、悲惨な歴史を追体験する場ではありますが、やっぱり、日本人として過去のあやまちと尊い犠牲が払われたことにつてきちんと知っておくべきではないかな、と。。建物外観の写真は撮り忘れてしまいました。(緊張していたのかも)中の展示室も写真撮影禁止だったと思います。もし撮影可能だったとしても、遺品や遺書などが多く並べら...

  • たまごの菊ちゃん~たまごサンドが美味しかった♪~

    知覧武家屋敷から歩いて15分ほどのところに「たまごの菊ちゃん」という卵直売所があります。大きな交差点に面したところに、巨大な卵が立っているのが目印です。知人から、知覧に行ったら必ずたまごの菊ちゃんに寄るべきよと、教えてもらっていた人気店です。菊永エッグファームというところで、大切に育てられた鶏たちが生んだ高品質なタマゴの直売所です。しかし、タマゴだけではなく、卵を使ったスイーツやサンドウィッチがいろ...

  • 薩摩の小京都~鹿児島県知覧町の武家屋敷~その2

    薩摩の小京都と呼ばれる鹿児島県知覧町の武家屋敷見学の続きです。こんどは、佐多直忠氏庭園を拝見します。解説によると、佐多家は知覧領主の家系で、知覧で最高位の役人を勤めていたとか。そのため、門構えも格式の高い様式だそうです。そういえば、屋根が二段になっていますね。中の方へ進むと、緑の門がお庭の入り口になっていました。綺麗に剪定していますね。お庭は、遠くの山を借景にして、雄大な感じ。18世紀中頃の寛保年間...

  • 薩摩の小京都~鹿児島県知覧町の武家屋敷~その1

    自動車のCMで時々見かける石垣と生垣の素敵な通り。どこなんだろうと思っていたら、鹿児島県知覧町にある260年ほど前の武家屋敷の通りだったんですね。薩摩の小京都と呼ばれているそうです。2年ほど前になりますが、この知覧の武家屋敷を見にいってきました。入園料を支払うと、7つある武家屋敷庭園を見学できます。所々折れ曲がった通りに沿って、武家屋敷が点在していますね。まず、森重堅邸庭園に行ってみましょう。石垣の石は...

  • ホテルWBF札幌中央の朝食

    ホテルWBF札幌中央の朝食は、2019年の宿泊当時はブッフェ形式でした。朝食会場は、ダイニングテーブルのエリアと写真のようなソファーエリアに分かれていました。ダイニングテーブルはわりと混みあっていたため、こちらのソファー席でいただきます。あまり写真を撮っていなかったので、全体の様子がわからないと思いますが、北海道らしさを感じられるお料理がいろいろと用意されていました。こちらは、北海道名物チャンチャン焼き...

  • ホテルWBF札幌中央のラウンジ

    ホテルWBF札幌中央には、宿泊者用のラウンジが、ホテル1階、フロントの向かいにありました。年会費無料の会員特典の一つとして、ラウンジを無料で利用できるということで、チェックインの時に会員登録をしました。会員でなくても、1,500円(だったかな)のお支払いで利用できます。ワインは、スパークリングや赤、白。他に焼酎や日本酒などがありました。冷蔵庫には、冷えた飲み物も用意されていました。かわいいポットに入ったお...

  • 今回宿泊したホテル~ホテルWBF札幌中央~

    さすがに、夏の札幌はホテルがとりにくかった。札幌駅近くのホテルに泊まりたかったのですが、なかなか空室が見つからず、今回は、大通公園近くのホテルになりました。ホテルWBF札幌中央。地下鉄の大通駅から徒歩2分。すすきのも歩いてすぐという立地です。お部屋の配置はこんな感じ。ツインのシングルユーズにしました。「都会の隠れ家」がこのホテルのコンセプトなのだそうです。普通のビジネスホテルに比べると、シックな落ち...

  • 札幌の夜の定番「シメパフェ」~イシヤカフェ~

    札幌では、「締めのラーメン」ならぬ締めのパフェ、つまり「シメパフェ」が市民の間で広がっているらしい。なかなか素敵な習慣ですね♪「札幌シメパフェ」というサイトもありました。夜遅くまで、パフェがいただけるお店がたくさんあるのは嬉しいですが、体重増加が気になるお年頃。でもまあ、たまにはいっかということで、私もシメパフェに挑戦してみることにしました。食事を終えて、宿泊しているホテルに戻る途中、石造りの構え...

  • 2019年夏、出張のついでに札幌を楽しむ♪~町のすし屋 四季花まる 時計台店~

    2019年の夏、札幌に出張しました。本当なら、旅行で訪れたい夏の北海道ですが、せっかくなので、仕事が終わった夜の時間を利用して、札幌を楽しむことにいたします。そこで、向かったのが、「町のすし屋 四季花まる 時計台店」。観光名所の旧札幌農学校の時計台からすぐのところにあるビルの1階にあります。回らないお寿司の「四季花まる」や、「回転ずし 根室花まる」、「立食い寿司 根室花まる」などのブランドで多くのお店...

カテゴリー一覧
商用