searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
西洋陶器を求めて − 国内外の洋食器 − https://plaza.rakuten.co.jp/kopanda06/

マイセン、ノリタケなどの西洋陶器、陶磁器、洋食器を紹介。その他、ノンジャンルの雑学日記を掲載。

西洋陶器、西洋陶磁器を紹介。マイセン、ヘレンド、ウェッジウッド、ミントン等の洋食器の他に、ノリタケ等の国産洋食器も紹介。 話題は陶磁器に限らず、骨董、雑貨、科学、環境、伝記、本の紹介、絵日記等、なんでもあり。 少し豆知識を織り交ぜつつ、コメントを楽しみます。

kopanda06
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2007/01/12

1件〜100件

  • 怒りを捨てた その表情で

    にほんブログ村 先日の愛知県岡崎市 諏訪神社の石灯篭。 岡崎市で最も古い石灯篭は、 塩問屋 国分久右衛門守胤により寄進されました。 その国分家ゆかりのもので、私がみつけたもの。 それは「馬頭観

  • 灯篭から幽霊、でも妖怪ではない

    にほんブログ村 愛知県岡崎市指定文化財 諏訪神社石灯篭。 1588年に寄進された歴史がある灯篭。 国分久右衛門守胤により、この石灯篭は寄進されました。 灯篭には、神社の紋の九曜紋、日、月

  • 梅雨は御注意

    にほんブログ村 愛知県豊明市 禅源寺。 この様な晴れ間もなく、降雨と曇り空が続く梅雨。 更に猛暑が続いています。 みなさん、体調はいかがでしょうか? 水害が懸念される梅雨ですが、今年は大

  • もうひとつのみちしるべから判ること

    にほんブログ村 先日ご紹介した、お地蔵様。 「右 重原」の横に文字があると、 「LimeGreenさん」 からコメントを頂きました。 しかし残念ながら、文字がよく判別できません。 ただ、その答えは近

  • 怖れの高さに操られ

    にほんブログ村 救いが得られるはずの仏像を、私は怖いと感じることがある。 そして、怖れを覚える仏像には共通点がある。 それは仏像の身の丈が、2メートル前後ということだ。 「愛知県西尾市矢

  • 怖い自転車の事故

    にほんブログ村 事故情報提供のお願いを見かけました。 信号機がない交差点。 自転車3台が絡む事故。 容易に状況が想像できません。 最近の自転車はスピードが出ます。 歩道を歩行中、猛スピー

  • 左への道がわかりました

    にほんブログ村 先日のお地蔵様の日記の続報です。 お地蔵様のみちしるべを、私は「右 重原  左 カロ」と読みました。 その際、 「じゃここうこさん」 から、 「ロ」ではなく「田」ではないか

  • 暴力と略奪からは何も得られない

    にほんブログ村 愛知県安城市の総合運動公園。 すべては、そこで僕が出会った出来事。 しかしそれはあまりに荒唐無稽で、今思えば幻だったのかもしれない。 * その日、いつも通りの日常が、突然、非

  • 問うように 諭すように

    にほんブログ村 愛知県刈谷市野田。 この辺りには、みちしるべとなるお地蔵様がいくつもあります。 例えば、神明社の鳥居前。 三角屋根の下に、お地蔵様。 お地蔵様の下には、みちしるべ。

  • 願いを叶える力があれば

    にほんブログ村 愛知県豊明市の豊明市役所に隣接する八釼神社。 その神社にある祠。 祠の中には、役小角(えんの おづぬ)がおられます。 飛鳥時代に実在しん役小角は呪術を操り、鬼神

  • 謎のコンクリート像の情報収集をしました 2

    にほんブログ村 愛知県豊明市の謎のコンクリート像、聞き込み結果の続きです。 「身替り弘法(千体弘法)」は、山中からこの地に移設されたとわかりました。 移設したのは、初代毛受組 毛受善市氏。

  • 謎のコンクリート像の情報収集をしました 1

    にほんブログ村 こちらのコンクリート像(セメント像)を覚えておられるでしょうか。 愛知県豊明市の作家不明の水子弘法です。 以前の記事で、製作年から「作家は浅野祥雲ではない」と推定しました。

  • 鍾馗様も一緒

    にほんブログ村 愛知県刈谷市の龍江寺。 こちらには、鍾馗(しょうき)様が2体。 端正な御姿です。 こちらにも、もう1体、鍾馗様。 こちらは勇ましい。 鍾馗様には、魔除けのご利

  • 富士山すべり台

    にほんブログ村 みなさんは、こちらをご存知でしょうか? これは名古屋人なら、知る人ぞ知る「富士山すべり台」です。 名古屋市内の様々な公園にあり、その数は120にもなるそうです。 愛好家もお

  • 境内には 無数の仏像

    にほんブログ村 愛知県刈谷市の龍江寺。 本堂の中では、ご住職が読経中。 畏れ多くて、本堂の中は覗けませんでした。 境内にも、仏像、石仏は多数あります。 このうち、観音像をご紹介しましょう。

  • 本堂の前に 観音様

    にほんブログ村 仏像好きにお勧め、愛知県刈谷市の龍江寺。 仁王像の石像が守る山門。 その次に眼を惹くのは本堂です。 本堂の扉の前に、ご注目ください。 左右に2体ずつ、計4体の観音

  • 山門の前に 仁王様

    にほんブログ村 愛知県刈谷市の龍江寺は、仏像好きにはお勧めしたい寺院です。 いきなり、山門の仁王像の石像に目を魅かれます。 新しい石像ですが、迫力があります。 新しい石像も作ら

  • 「コワかわいい写真?」 集計しました

    にほんブログ村 先日の石像の写真。 みなさん、コメントありがとうございました。 コメント中で、”怖い”、”かわいい”と感想を記入下さった皆さん、 せっかくですので、集計しました。 怖い、かわいい

  • なぜ摩利支天の石像は少ないのか? (2)

    にほんブログ村 なぜ摩利支天の石像が少ないか? その続きです。 摩利支天の彫像は、とても小さく作られました。 それはなぜか? 摩利支天は、密かに信仰するのが良いとされたからです。 摩利支天は

  • なぜ摩利支天の石像は少ないのか?

    にほんブログ村 名古屋市天白区平針5丁目。 整備された幹線道路や高架道路に隠れるようにして、 小さな御嶽神社があります。 この御嶽神社にも、摩利支天の石像があります。 以前、摩利支天

  • ワタシタチ、カワイイ?

    にほんブログ村 写真を整理して見返すと、色々なことに気づきます。 こんなはずではなかった。 できた写真を見て,がっかりすることも度々です。 特に、かわいいと思った写真が、そうでなければ尚更で

  • お釈迦になる

    にほんブログ村 昨年、愛用のコンデジが壊れました。 止む無くコンデジを買い替えましたが、以来、上手く撮影できません。 一眼レフでもなくコンデジで、なぜ使いこなせないのか? それは別の機会にお話

  • 不動明王の天地眼

    にほんブログ村 今日は天地眼について補足します。 不動明王の眼には、天地眼のものがあります。 これは、右目で天、左目で地を同時に見渡す眼です。 左目は半目にされます。 それに合わせ、口も右の

  • 悟りを求める眼?

    にほんブログ村 神社仏閣巡りで出会った寅。 この上向きの眼は「天地眼」の「悟りを求める眼」でしょうか? 【 森のトラさん 】     < ↓ ランキングクリックはこちらから  >

  • ブログ再開します

    にほんブログ村 ブログの皆さん、連休中は十分にご挨拶できず失礼しました。 連休も明け、ブログも通常のペースに戻したいと思います。 まずは皆様にご挨拶に回りますので、よろしくお願いします。

  • 気をつけて 楽しんで

    にほんブログ村 晴天の連休で、各地は密に。 密には気をつけつつ、連休をお楽しみを。 < ↓ ランキングクリックはこちらから  > にほんブログ村

  • 留守にご注意

    にほんブログ村 お出かけのみなさん。 戸締りはしっかりと。 ほら、怪しい姿が。 こちらにも。 カギはしっかり、かけましょう。 写真は、愛知県安城市の市街。 新美南吉の童話は、

  • いかがおすごしですか?

    にほんブログ村 GW、みなさま如何おすごしですか? 旅行、観光、趣味の時間。 ブログのネタ集め、充電時間も良いでしょう。 でも、コロナへの注意、手洗いなどはお忘れなく。 タヌキさんは、何

  • お寺の屋根はにぎやか

    にほんブログ村 平野山聖應寺の山門は、屋根の飾りが目立ちます。 特に鴟尾(しび)には、2種類の鯱(しゃちほこ)が見られます。 まずはシンプルバージョン。 まるで花のようです。 次に

  • 見つめ合うふたり

    にほんブログ村 平野山聖應寺の山門には、少し変わった仁王像があります。 金属、おそらく鋳鉄製の仁王像です。 銘板によると、平成13年製と、とても新しい像です。 眼力がある金色の眼。 眼

  • 荒神は暴悪と汚れを祓う

    にほんブログ村 愛知県豊明市、平野山聖應寺の山門前の祠。 その中には、三宝荒神(さんぽうこうじん)がおられます。 荒神は、私にとっては謎多き神様です。 地域の神様と思われますが、由来は定か

  • お寺の前に白い影

    にほんブログ村 こちらは、愛知県豊明市の平野山聖應寺。 この様に、色々な要素をコンパクトに入れ込んだお寺、 私は魅かれます。 早く境内へと思うものの、どうしても気になる存在が・・・。 そ

  • 獅子が私達に告げるもの

    にほんブログ村 霊感などがない私は、誰もいない薄暗い神社で長時間いても平気です。 しかし、後の写真整理で、不気味に感じる物に出会うことがあります。 愛知県岡崎市の菅生神社(すごうじんじゃ)。

  • おかあさんといっしょ

    にほんブログ村 愛知県岡崎市の六所神社。 ここには「母子犬」の像があります。 犬は多産なことから、この像に触れると安産の御利益があると言われます。 安産の御利益とは関係なく、この像に

  • そこには 今も笑顔がある

    にほんブログ村 戦争、兵器開発、ジェノサイド。 新型コロナ、地震、交通事故。 メディアからは、悲しいニュースばかりが伝えられる。 最近、特に思う。 笑顔でいることが、こんなにも難しかったのか

  • いくらなでても 駄目だと思う

    にほんブログ村 愛知県豊川市の豊川稲荷。 こちらの大黒様は、みなさん、なでて御利益を得ます。 どこをなでたか、一目瞭然。 なでられ、摩滅して、へこんでいます。 念のため、忠

  • たとえ故郷を追われても

    にほんブログ村 インドで生まれた仏教は、やがてヒンズー教の拡大に押されるようになりました。 その頃、仏教は密教に姿を変え始めます。 密教で特徴的なのは、ライバルのヒンズー教の神々を招き入れたこ

  • 悲しみも ともに眠る

    にほんブログ村 1584年4月9日、今から438年前。 長久手合戦により、多くの命が奪われました。 写真は、その供養のための首塚です。 首塚は、愛知県長久手市にあります。 首塚は、安昌寺の雲山和

  • ごく日常のやさしさが 明日もまたあることを

    にほんブログ村 先日の馬頭観音の前掛の記事に、多くのコメントありがとうございました。 それで思い出した石仏があります。 写真の石仏が、おわかりでしょうか? この石仏は、不動明王です。 愛知

  • 不思議の国の 不思議な出会い

    にほんブログ村 それは、ある春の日の、不思議な体験。 私の目の前にうさぎが現れ、ついて来いと話しかけてきた。 言うがままに、うさぎについていく私。 すると突然、視界がゆがみ、吸い込まれる

  • しかめっ面に いやされて

    にほんブログ村 慌ただしかった1週間。 ここは、やはり馬頭観音でいやされましょう。 おなじみ、愛知県日進市の岩崎御嶽社から。 ブログで未公開だった馬頭観音を紹介します。 しかめっ面の馬頭観音

  • 違えども ひとつの樹に 花は咲く

    にほんブログ村 この春は悲しい。 今まさに、小さきものが大きな力に、踏み潰されようとしている。 愚かな強者の行いに、神は背を向ける。 そこに救いはない。 同じ樹に、2色の花を咲

  • 雪が舞う ヴィーナスフォート

    にほんブログ村 お台場のヴィーナスフォートが閉館しました。 一度も行けなかった方が、多くおられました。 ヴィーナスフォートの綺麗な動画が、YouTubeにありました。 行かれなかった方はご覧ください

  • さよなら ヴィーナスフォート

    にほんブログ村 東京 お台場のヴィーナスフォートが、2022年3月27日で閉鎖します。 とても素敵な場所でしたので、閉鎖は残念です。 まだコロナの流行もなく、お台場も賑わっていた頃。 その頃訪れた、

  • 思い出は とても儚くて

    にほんブログ村 人が墓や石像を建てる時、永遠であれと願います。 しかし、それは往々にして無理な願い。 墓は程なく無縁になり、石像は砕けていきます。 特にコンクリート像(セメント像)は、長くはも

  • 摩利支天は 戦わない

    にほんブログ村 武士に守護神として信仰された、摩利支天。 摩利支天は女神です。 次の写真は、岩崎御嶽社で撮影した摩利支天。 以前に紹介した石像とは、別の石像。 3面あると、弓が引きにくそ

  • 平和は かくも儚くて

    にほんブログ村 始めてしまった戦争は、簡単には止められない。 今のウクライナ侵攻をみれば、それがよくわかります。 如何なる理由があっても、戦争は始めてはなりません。 高い政治手腕で長期政権を維

  • 安上がりな週末

    にほんブログ村 長いコロナ自粛で、「ハナキン」も死語に感じる金曜日。 そんなあなたへ、いやしの馬頭観音をお届けします。 愛知県日進市の岩崎御嶽社。 ふくよかなほっぺが愛らしい、馬頭観音。

  • 鬼滅の刃と火の神・水の神

    にほんブログ村 鬼滅の刃と、日本の神様の関係を考察したいと思います。 私は鬼滅の刃は原作を読んでいません。 ですから、劇場版・アニメ版をご覧の方ならネタバレもありません。 主人公、竈門

  • 異界の美意識は 現実の美を拒絶する

    にほんブログ村 薄暗い木立の中、立ち並ぶ人物像。 御嶽社は霊山、そこを歩けば異界との狭間が見えてくる。 落ち葉を踏みしめ斜面を登ると、そこにはあの美しいヒトがいた。 僕はカメラのレンズを、あ

  • 日像と月像に写るもの

    にほんブログ村 日像と月像。 日像は、夜明け昇る太陽。 月像は、何度も満ち欠けを繰り返す月。 日像と月像は、いずれも再生と不死を象徴する。 日本にも、死者の復活や生者の不死を願う信仰はあ

  • やさしさに隠された恐怖を きっとあなたは知らない

    にほんブログ村 ふと、思い立った。 スフィンクスを見に行こうと。 しかし、残念ながら空路の利用には制限がある昨今。 やむを得ず、陸路での移動となった。 車を降りてからは、薄暗い地下道を通る。

  • 岩崎御嶽社の石像を 五色園の浅野祥雲作品と比較

    にほんブログ村 先日の謎の石像。 この石像は、下記のコンクリート像と同じ人物を模したと思われます。 こちらも初めの石像と同じく、愛知県日進市の岩崎御嶽社にあります。 このコンクリート

  • 赤い鍾馗に願った日々

    にほんブログ村 屋根瓦の上にも置かれる、鍾馗(しょうき)様。 鍾馗様は、中国の伝説に現れます。 鍾馗様には、病気を招く鬼を退治する力があります。 そのため、鍾馗様は、疫病除けの浮世絵にも描

  • ワクチン接種しました

    にほんブログ村 ファイザー・ワクチン接種3回目、終えました。 接種1回目こそ腕の痛み程度はありましたが、 2回目,3回目と、副反応どころか、腕の痛みすらありません。 ワクチンが効いているのか不

  • 小さな祠を覗いてみれば

    にほんブログ村 街の小道を散策すれば、小さな祠に出会えます。 写真の祠は、名古屋市西区の星神社前にあります。 祠の中を覗いてみましょう。 おや、お地蔵様ではなく、観音様がおられます。

  • 3匹のカエルに願うこと

    にほんブログ村 名古屋市中区 伝昌寺。 そこには、3匹のカエルの石像がある。 カエルは吉事につながる生き物。 「若ガエル」などの願いをかなえてくれるという。 もし、3匹のカエルが3つの願いをか

  • 摩利支天の石像をご紹介

    にほんブログ村 摩利支天の石像。 愛知県日進町の岩崎御嶽社にあります。 この摩利支天は3面ではなく、1面です。 摩利支天は陽炎(かげろう)の神格化と以前にご紹介しました。 陽炎はすぐに消

  • 謎の狛犬 & ねこの日にむけて

    にほんブログ村 数年前から気になっていた、謎の狛犬があります。 独特のデザインの狛犬。 日本の狛犬らしくありません。 有識者のみなさん、この狛犬の形式や由来をご存知ありませんか

  • ゾウは足に耳がある

    にほんブログ村 ゾウはヒトより、4オクターブも広い音域の声が出せます。 そしてヒトが聴こえない低周波の音も、ゾウは聴き取ることができます。 低周波の音は、地中の地震波となって、遠くまで届きます

  • 西郷星に何を願う

    にほんブログ村 1877年(明治10年頃)、夜空に赤く輝く星が現れました。 まさに時代は、西南戦争の混乱期。 人々の間に、次の様な噂が広まりました。 「あの赤い星の中に、陸軍大将の正装をした西郷隆

  • 角刈り頭の馬頭観音

    にほんブログ村 愛知県刈谷市の観音寺。 こちらの馬頭観音は、角刈り頭。 威勢の良い角刈りに似合わず、真面目なお顔。 馬頭観音特有の憤怒相でもありません。 実に真面目に瞑想をされ

  • 謎の物体、正体は

    にほんブログ村 先日のクイズには、たくさんの回答を頂き、ありがとうざいました。 愛知県高浜市の芳川神明社の境内にある球体。 初めは私も正体がわかりませんでした。 ただ後に、愛知県の文化財に関す

  • おわかりでしょうか?

    にほんブログ村 愛知県高浜市の芳川神明社。 この神社の境内にある球体。 これが何か、おわかりでしょうか? おわかりの方はコメント欄へ。 私からの正解は、次回の日記で。 ヒント。 「GA

  • ねこ vs. トリックアート

    にほんブログ村 「YouTubeで最も視聴された猫」として、ギネス世界記録に認定された猫「もちまる」さん。 次の動画でのもちまるさんの、トリックアートへの反応をご覧ください。 初めは完全にトリ

  • ペコちゃん生き埋め、ランチパック

    にほんブログ村 ”ペコちゃん生き埋め”と評判の新発売のランチパック。 【 ランチパック ペコポコチョコレート入れちゃいました 】 「ヤマザキ H.P.」  なんとランチパックの中に、ペコちゃんチ

  • 水掛不動尊の苔がはがされました

    にほんブログ村 先日、記事を書いたばかりの大阪 法善寺 水掛不動尊で ”苔はがし”事件が発覚しました。 被害に遭ったのは、 矜羯羅童子と制吒迦童子。 この2体の童子の苔がはがされました。 [被害状

  • コメント入力、お困りではないですか?

    にほんブログ村 楽天ブログにコメントできなかったとコメントがありました。 そのコメントは2回目の入力で、1回目は消えてしまったようです。 楽天ブログも、たくさん広告が出る様になりまっした。 その

  • パンダは冬も眠らない

    にほんブログ村 2022年2月2日。 にゃんにゃんにゃんにゃんにゃん。 というわけで、大熊猫の記事を書きましょう(笑) * 今は冬。 クマたちは、山で冬眠しているでしょう。 クマに限らず、多くの

  • 水掛不動尊が見る街は

    にほんブログ村 大坂千日前 法善寺。 この寺の水掛不動尊ほど、有名な石仏も少ないでしょう。 何度も参拝した水掛不動尊ですが、手元に良い写真はありません。 理由は参拝が、決まって夜だったからでし

  • 楽天メンテナンス情報

    にほんブログ村 みなさんのブログを拝見していた時のこと、 1月23日頃、急に楽天ブログにコメントできなくなったとありました。 症状から、楽天ブログからログアウトしてしまっていたようです。 私も1月

  • 陽炎を追いかけて

    にほんブログ村 実は、馬頭観音以上に、長く気にかけている石像があります。 それは、摩利支天の石像。 摩利支天の姿が刻まれた石像は、少数しか出会っていません。 次の写真は、岩崎御嶽社で撮影した

  • ミニ西国三十三観音札所巡りには謎がある

    にほんブログ村 ミニ西国三十三観音札所巡り。 ここで馬頭観音を探すと良いと申しました。 ただ、ひとつ気になることがあります。 それを、愛知県刈谷市の竜江寺のミニ札所巡りを例にお話ししましょう。

  • 後の平穏を願って

    にほんブログ村 なぜ馬頭観音が好きなのか? そのコメントがありました。 ただ、馬頭観音が好きというのは不正確です。 私は文化財鑑賞が好きなのです。 文化財を観る時、それに携わった人達の想いを

  • 一緒に越えた峠だから

    にほんブログ村 「馬頭観音の見つけ方」をもうひとつ。 馬頭観音は、馬と関わりのある場所にあります。 例えば、馬が通った街道や、共に苦労して登った峠道など。 次の馬頭観音は、岡山県玉野市の尾坂

  • なぜブログを書くのか?

    にほんブログ村 にほんブログ村のバナーは、自分自身でもクリックできます。 ただし、1回線からは1日1クリックまで。 回線が同じなら、端末を変えてもクリックは無効です。 1回だけクリックできるの

  • やめましょう

    にほんブログ村 ランクリ妨害も消え、楽しくブログをしていました。 しかし、ある方のランクリが下記の異常な動きをした途端、 昨日、急にクリック妨害がこちらに複数ありました。 にほんブログ村にも

  • ミニ西国三十三観音巡りに出会えば

    にほんブログ村 四国八十八か所や、西国三十三観音巡り。 若い時は仕事が忙しいので、隠居して時間ができたら巡りましょう。 そう思って、いざ高齢になると、体調や体力に自信がなく、巡れない。 札所巡

  • 三十三観音巡り

    にほんブログ村 観音菩薩の三十三の姿は、日本では定着しませんでした。 広く日本で定着したのは、六観音。 一方で、日本では観音菩薩を祀る寺院を33ヶ所巡る 「〇〇三十三観音巡り」(〇〇は地方名)は

  • 六観音は 六道で救う

    にほんブログ村 この先、ご存知な方が良いので、観音菩薩の予備知識をお話しします。 観音菩薩は三十三の姿に変化します。 変化するのは、その場にふさわしい姿となって救いを与えるため。 日本にも西

  • 鯖弘法は いずこに

    にほんブログ村 ネット検索で、名鉄東岡崎駅近くに鯖弘法(鯖大師)がおられるらしいと知りました。 場所は、愛知県岡崎市の三和山 密峰寺。 ただネットには「なぜ鯖弘法?」とのコメントがありまし

  • 好感度は お掃除が秘訣

    にほんブログ村 動物供養地蔵塚をご紹介した、愛知県岡崎市の日蓮宗 清信山 円頓寺。 このお寺は、もう少し記します。 名鉄東岡崎駅近く。 地価も高額だからでしょうか、円頓寺の境内はこじんまりとして

  • みんな、カラフルに

    にほんブログ村 干支の関係で動物について。 愛知県岡崎市の日蓮宗 清信山 円頓寺。 ここには動物供養地蔵塚があります。 動物供養塔は各地にありますが、このお寺の供養塔は動物が彩色され、 亡

  • 今年もよろしくお願いします

    にほんブログ村 旧年中はお世話になりました。 今年の干支にちなんで、台湾高雄の虎。 台湾は再訪したい場所ですが、中国との関係が危ういですね。 これからも平和が続きますように。 今年もよ

  • 今年もよろしくお願いします

    にほんブログ村 旧年中はお世話になりました。 今年の干支にちなんで、台湾高雄の虎。 台湾は再訪したい場所ですが、中国との関係が危ういですね。 これからも平和が続きますように。 今年もよ

  • 今年もお世話になりました

    にほんブログ村 来年は寅年。 寅なら、もう猫年でも良いのでは? なぜなら、2022年の2月22日は、にゃん、にやん、にゃん。 いかにも猫の日ですから。 というわけで、「ひろやさん」から許可を得てお

  • かわいい牛さん、おつかれさま

    にほんブログ村 ねぇ、今年が、ぼくの年だったって覚えてる? 今年一年、みんなの幸福を願って、ぼくはがんばったよ。 でも感染症の影響で、参拝に来る方も少なくて、ぼくはさびしかったよ。 ぼく

  • 馬頭観音の謎

    にほんブログ村 先日の東雲寺の石仏。 馬乗り馬頭観音と紹介しましたが、よく見ると疑問があります。 (謎1) 多面多腕(三面八臂)ではない  顔がひとつで、腕が一対の馬頭観音様もおられます。

  • やっと出会えた馬乗り馬頭観音

    にほんブログ村 名古屋市西区の東雲寺には、他にもご紹介したい馬頭観音様がおられます。 その方は、境内の観音堂の中。 内部には、石仏が並びます。 中央のやや大きい馬頭観音様。 この御方

  • 閉じられた柵の向こうに馬頭観音

    にほんブログ村 願王寺の前に、東雲寺(名古屋市西区中小田井)にも立ち寄っています。 この徒歩での寺院、神社巡りでも、10ヶ所は立ち寄っています。 私が面白いと感じた場所のみをご紹介しています。

  • 色々とコラボなお寺

    にほんブログ村 先日の仁王様のOKサインは、撮影中に気づいたもの。 善光寺別院 願王寺(名古屋市西区中小田井)に行ったのは別の目的でした。 願王寺の特徴は、仁王門の手前の2対4体の石像にあります。

  • 仁王様に励まされ

    にほんブログ村 伊奴神社から歩いて、善光寺別院 願王寺に着くころには、もう陽が落ちかけていました。 願王寺は、名古屋市西区中小田井にあります。 こちらには、仁王門があります。 こちら

  • お地蔵様もお疲れです

    にほんブログ村 年末近くの多忙な季節。 みなさま、体調は如何でしょうか? 今日は最近であったお地蔵様の、愚痴を聴いてあげてください。 *** 私は名古屋市中区の伝昌寺の地蔵です。 伝昌寺

  • 星神社の七夕伝説

    にほんブログ村 伊奴神社から庄内川を越え、さらに少し歩いた場所。 そこにある、名古屋市西区の星神社をご紹介します。 星神社には、独自の七夕伝説があります。 近くの庄内川を挟み、青年と娘が

  • 伊奴神社の「犬の王」

    にほんブログ村 感染症流行中、名古屋市内の鉄道利用を避けていました。 自粛を解き、ようやく参拝できた神社をご紹介します。 名古屋市西区にある伊奴神社。 天武天皇の時代、673年に建立されたと

  • 馬頭観音との出会いは偶然に

    にほんブログ村 今回は名古屋市内の馬頭観音をご紹介します。 名古屋市西区にある安性寺。 大柄の馬頭観音です。 静かなお寺に、静かな石仏。 ただし、表情は憤怒相。 情

  • 名古屋の真面目な鯖大師です

    にほんブログ村 今まで三河地域の鯖弘法(鯖大師)のご紹介をしてきました。 今回は初めて、名古屋市内の鯖大師をご紹介します。 金山総合駅近くの鯖大師 龍泉院。 街中に取り残されたような寺院に

  • 動画でお勉強

    にほんブログ村 SNSで交流がある「いこらTV」さん。 見やすいショート動画で、勉強になります。 ●「動画①」 (3分27秒) 卵はMサイズを買います! ●「動画②」 (4分37秒) 「潮時」や「

  • SDGs時代の断捨離をしましょう

    にほんブログ村 断捨離について考えていました。 「mamatamさんの日記」で、愛着ある物は捨てられないとありました。 当然だと私は思います。 愛着があるということは、その人に必要ということ。 必

  • 童話を楽しむ

    にほんブログ村 愛知県安城市 JR安城駅前のにぎやかな建物。 新美南吉の童話の絵柄です。 かわいいたぬき。 王様と靴屋。 ごんごろ鐘。 きーぼー。 散策するだけ

ブログリーダー」を活用して、kopanda06さんをフォローしませんか?

ハンドル名
kopanda06さん
ブログタイトル
西洋陶器を求めて − 国内外の洋食器 −
フォロー
西洋陶器を求めて    − 国内外の洋食器 −

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用