searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kopanda06さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

西洋陶器、西洋陶磁器を紹介。マイセン、ヘレンド、ウェッジウッド、ミントン等の洋食器の他に、ノリタケ等の国産洋食器も紹介。 話題は陶磁器に限らず、骨董、雑貨、科学、環境、伝記、本の紹介、絵日記等、なんでもあり。 少し豆知識を織り交ぜつつ、コメントを楽しみます。

ブログタイトル
西洋陶器を求めて − 国内外の洋食器 −
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/kopanda06/
ブログ紹介文
マイセン、ノリタケなどの西洋陶器、陶磁器、洋食器を紹介。その他、ノンジャンルの雑学日記を掲載。
更新頻度(1年)

173回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2007/01/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kopanda06さんをフォローしませんか?

ハンドル名
kopanda06さん
ブログタイトル
西洋陶器を求めて − 国内外の洋食器 −
更新頻度
173回 / 365日(平均3.3回/週)
フォロー
西洋陶器を求めて    − 国内外の洋食器 −

kopanda06さんの新着記事

1件〜30件

  • 軟水と硬水に適した料理

    にほんブログ村 土壌に石灰岩が多い欧州は、水に多くのミネラルを含む硬水。 火成岩が多い日本は軟水です。 それぞれの水には、相性が良い料理があります。 例えば、お茶。 欧州では例外的に軟

  • 似ているだけでは、元の木阿弥

    にほんブログ村 1550年6月20日、戦国武将の筒井順昭は他界しました。 しかし、跡継ぎの筒井順慶はこの時、まだ幼く混乱が予想されました。 「筒井順昭」 (画像: Wikipedia) そこで、盲人の木

  • 馬頭観音から伝わる動物愛

    にほんブログ村 異形の石仏でも、馬頭観音は最もよく見かける石仏のひとつです。 写真は、愛知県岡崎市の竜海院の馬頭観音。 頭部に馬を抱じ、3面異形の典型的な御姿の観音様。 多くは馬主が

  • 福田神明社の神馬の謎解き

    にほんブログ村 福田神明社の神馬。 このコンクリート像には謎があります。 この神馬には、2つの年号が刻まれています。 まず、神馬の下には、昭和31年3月と表記があります。 高見彰七と思われる作

  • 4体目の高見彰七の神馬 (福田神明社)

    にほんブログ村 愛知県みよし市の福田神明社。 目立たない場所にあるこの神社で、神馬のコンクリート像をみつけました。 あまりに目立たない神社ですから、住所を記しておきます。 住所: 愛知県み

  • 彷徨える 切支丹灯籠

    にほんブログ村 約1年前、愛知県刈谷市の実相寺に行きました。 実相寺には、切支丹(キリシタン)灯籠があるとの情報から。 寺の説明板にも切支丹灯籠があると書かれています。 しかし、いく

  • なぜ、トゲありサザエと、トゲなしサザエがあるのか?

    にほんブログ村 私が生まれ育った地域のサザエには”トゲ”がなかった。 父親に聴くと、「海が穏やかな地域のサザエにはトゲがない」と答えた。 では、海が荒れる地域ではトゲがあるのかと聴くと、 分から

  • モザイクで 彩る星座は 儚くて

    にほんブログ村 建造物の壁や天井を彩るモザイク画。 モザイク画は芸術作品ではありますが、 建造物の改修などで消えていく儚い存在でもあります。 その中で、愛知県の地下鉄伏見駅構内のモザイク画は幸

  • 関ケ原合戦 直前の暗殺

    にほんブログ村 この墓は、美濃国加賀野井城主 加賀野井弥八郎重茂の墓です。 関ケ原の合戦の直前、加賀野井は石田三成の命で、 徳川家康の暗殺に、関東に行きました。 しかし暗殺の機会なく、帰

  • きーぼー、おねがい、願いをとどけて

    にほんブログ村 この子の名前は「きーぼー」。 きーぼーは、愛知県安城市の安城七夕まつりの公式キャラクター。 JR安城駅付近には、きーぼーがたくさん。 きーぼーは、みんなの願いを天の川の

  • ツメタガイをめしあがれ

    にほんブログ村 「子供の頃、ツメタガイをよく食べていた。」 そういうと、多くの人は「ツメタガイってなに?」と聞き返してくる。 調べると、ツメタガイは”稀に食用にされる”とある。 食用として好まれ

  • 鯖弘法の超能力を垣間見ました

    にほんブログ村 鯖弘法像は珍しい像ですが、三河地区では幾つか見ることができます。 その理由には、三河地区で弘法大師信仰が盛んなこともあります。 この鯖弘法像があるのは、愛知県知立市の宝蔵寺

  • 夜泣き石に誘われて

    にほんブログ村 それに出会ったのは、 愛知県知立市の鎌倉街道付近を散策している時でした。 私は「八橋古城跡」を探していましたが、 なかなか見つけることができません。 八橋古城跡は15~16世紀の古

  • タツノオトシゴは竜か、馬か?

    にほんブログ村 最近、馬の話題が続きましたので、今日も馬のお話をしましょう。 それも海の馬のお話を。 漢字で「海馬」、英語では”seahorse”。 この生き物は、ご存知ですね。 海馬、つまりタツノオ

  • 八柱神社にも白馬! 白馬は3兄弟?

    にほんブログ村 愛知県豊田市の八柱神社。 長興寺に隣接したその村社にも、白い神馬のコンクリート像をみつけました。 境内の入り口に神馬はあります。 神馬が参拝者にお尻をむけるという、斬

  • 倶利伽羅明王とは?

    にほんブログ村 愛知県犬山市の成田山大聖寺。 ここにある浅野祥雲のコンクリート仏群の中で、特に異質な仏像。 それが倶利伽羅明王です。 剣に巻き付く龍。 倶利伽羅明王は、人ならぬ姿で表されて

  • 月面に残されたアート

    にほんブログ村 月の残されたアート、「ザ・ムーン・ミュージアム」をご存知でしょうか? それは写真の様な小さな作品です。 大きさは1.9cm×1.3cmで、セラミックス製。 [ザ・ムーン・ミュージアム]

  • 鯖弘法さん、笠を被りましょう

    にほんブログ村 愛知県刈谷市の西福寺。 三河三弘法のひとつのこのお寺は、六角堂(観音堂)が印象的です。 しかし、見逃してはいけません。 こちらにも、鯖弘法様がおられます。 この

  • 米野木神明社の高見彰七の白馬

    にほんブログ村 愛知県日進市の米野木神明社。 そこにも白い神馬のコンクリート像があります。 この神馬、高見彰七作と言われます。 銘板は割れています。 製作年、昭和36年10月。

  • 植物はなぜ緑色

    にほんブログ村 新緑の季節最大の謎。 「植物はなぜ緑色か?」を考えたことはあるでしょうか。 植物が緑に見えるのは、緑色の波長の光を反射しているから。 つまり、緑色の光は光合成に全ては使われず、

  • 北川民次とバッタ

    にほんブログ村 洋画家 北川民次とバッタについて書きましょう。 民次の作品には、しばしばバッタが登場します。 先の記事では、バッタが人の様に見えるとのコメントもありました。 そのご指摘は正解

  • 北川民次のモザイク壁画

    にほんブログ村 名古屋 新栄のCBC会館(中部日本放送本社)。 そのビルの壁面には、モザイク壁画「芸術と平和」があります。 1959年に製作されたこのモザイク壁画は、高さ6.m,横幅16.6mと巨大。

  • なぜ六所神社にシャコガイがある?

    にほんブログ村 愛知県岡崎市の六所神社。 徳川家康の手形もあります。 手形は私の手よりやや小さく、特に指が短めでした。 それよりも、私が気になっていたのは次の写真。 オオシャコガイ

  • 六所神社は 德川家の安産の神様

    にほんブログ村 愛知県岡崎市、岡崎城近くに六所神社はあります。 六所神社は、松平家・徳川家から安産の神様として信仰されてきました。 江戸時代、五万石以上の大名しか上ることを許されなかった階段を

  • 再開のおしらせ

    にほんブログ村 連休でお休みを戴いていましたが、明日からブログを再開します。 お陰様で、色々と調査や整理ができました。 今日は掲載記事を準備しますので、明日以降、よろしくお願いします。

  • GWへ

    にほんブログ村 連休中でお休みの方も多いので、 私も数日間、ブログをお休みします。 自粛期間で旅行などは予定がありませんが、 色々と調査や整理がしたいので。 では、また数日後に。 良いお休み

  • 鯖弘法と厄除弘法

    にほんブログ村 愛知県西尾市の養寿寺には、鯖弘法もおられます。 大正15年製の石像。 「鯖(さば)」=お供え物の食物「生飯(さば)」でしたね。 隣には、厄除弘法。 石像の作家は分

  • ここにもコンクリート製梵鐘あり

    にほんブログ村 愛知県西尾市の養寿寺。 ここにもコンクリート製の梵鐘があります。 丁寧な造りの梵鐘です。 破損なく保存されています。 鐘楼門が印象的な養寿寺。 愛知県には素敵なお

  • 毛受兄弟記念の謎のコンクリート像 2

    にほんブログ村 愛知県豊明市のコンクリート像、身代わり弘法の続きです。 まずは、先回ご紹介できなかった像のご紹介から。 二体の弘法大師像の像の間には、少女の像があります。 いわくがありそ

  • 毛受兄弟記念の謎のコンクリート像

       にほんブログ村 愛知県豊明市にある、謎のコンクリート像。 それが身代わり弘法(水子弘法)です。 大きな弘法大師。 身代わり弘法と水子弘法のふたつの銘がありますが、 一般的に言うと子安弘

カテゴリー一覧
商用