プロフィールPROFILE

ブログタイトル
きものふくしまブログ
ブログURL
https://kimonofukushima.co.jp/blog
ブログ紹介文
石川県白山市から着物コーディネートや和雑貨をご紹介!石川県の加賀友禅や牛首紬に関する記事も♪お客様からの小さな相談にも一生懸命お応えしております。 毎日更新しておりますので、お時間のある時に読んでいただけると嬉しいです😊
更新頻度(1年)

376回 / 353日(平均7.5回/週)

ブログ村参加:2009/02/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ふくちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ふくちゃんさん
ブログタイトル
きものふくしまブログ
更新頻度
376回 / 353日(平均7.5回/週)
読者になる
きものふくしまブログ

ふくちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • ナチュラルな北山杉を使って作られたお雛様飾り・そして宮廷の十二単のお話

    京都の仕入れ先で唐織と二重(ふたえ)織物を作っている製造メーカーさんがあります。 その会社は特殊な技術を持っていまして、平安朝から続く伝統なる宮廷の儀式に使われる装束(しょうぞく)も作られていまして、4月の卯月展にてその会社の唐織の着物と帯を紹介する運びとなりました。 今月もその会社に足を運んでまいりましたが、美しいキモノやきものサロンでは多く紹介されているものの、これませ店では取り扱いがないもので猛勉強しているところです。

  • 入卒の装いに「かんざしと帯留のセット」を提案・娘たちと共に考える風呂再発見のプログラム

    2月23日は「2(つ)2(つ)3(み)」の語呂合わせから風呂敷の日に制定されてまして、風呂敷にこだわる店としては、翌月より風呂敷の使い方や包み方を提案させていただきたいと考えています。 そこで何ができるかを皆で知恵を絞っている訳ですが、育休で仕事を休んでいる娘(長女)が力を貸してくれることになりましてね~その娘が店に来ていまして、彼女が思い描くプレゼンを売り場の一角を使って考えてくれていました。 使い慣れないカメラを

  • 履きやすいフォーマル用草履・そして着物姿で店を尋ねてくださったお客様の話

    アンティーク色といえる紫が映える着物姿でご来店をいただいたお客様がいました。 風呂敷を見に来られたようでしたが、着なれた着姿に声を掛けると、見覚えはあるものの思い出せません。お召しものを聞いてみると、着物は遠州木綿でお羽織はアンティークの着物を羽織に縫い返したものだそうです。 普段から着物を着ている感じがするもので、ウール着物を紹介させていただくと、一昨年の夏にご主人とご一緒にお越しになられた方であることが分かりまし

  • オーダーメイドで作れる手提げバッグ・そして風呂敷も着物も価値観を伝えることが大事

    空がどんとりしていて雨が降り続く一日でした。こんな日は気持ちも重くなり、体調も万全とはいいにくいところもあって実りある仕事をすることができませんでした。 新しい年が訪れてましたが、お客様の動きが鈍く、その現実を何をしないで受け入れる訳にはまいりません。どんな時でも話題性のある店を作り上げていくことが私の責任で、娘たちと相談をしながら、ワクワクするような風呂敷の提案ができないかと計画を練っているところです。 昨

  • 帰りの電車でハプニング・電車の事故で2時間近く足止めになりましてね~

    今日の京都出張はメチャクチャ疲れました。 朝は早朝4時半に起きて出かける準備。   [caption id="attachment_13697" align="aligncenter" width="443"] 琵琶湖の朝日[/caption] 今年初めて京都へ向かいましたが、最高のコンディションだったと思います。京都駅に到着すると京都駅に近い仕入れ先から

  • 大間のマグロ一本釣り漁と呉服店の経営が似ているかも・そして店内の模様替え

    昨夜、民放の番組で大間のマグロ一本釣り漁を見ていて、昨年は大間からマグロが消えたかのように100キロ越えのマグロが取れなくて苦労している様子が映し出されていました。 素人の私から見たら、一本釣りの仕事は地獄か天国のどちらしかなくて、努力しても結果を残せない仕事。すべては自然任せ運任せ。同じことの繰り返しの中で運が味方をしてくれたら、100キロ越えの天国が待っているという不安定な仕事に思えました。  

  • 大間のマグロ一本釣り漁と呉服店の経営が似ているかも・そして店内の模様替え

    昨夜、民放の番組で大間のマグロ一本釣り漁を見ていて、昨年は大間からマグロが消えたかのように100キロ越えのマグロが取れなくて苦労している様子が映し出されていました。 素人の私から見たら、一本釣りの仕事は地獄か天国のどちらしかなくて、努力しても結果を残せない仕事。すべては自然任せ運任せ。同じことの繰り返しの中で運が味方をしてくれたら、100キロ越えの天国が待っているという不安定な仕事に思えました。  

  • 「ママ振り」の需要が増えている訳・そして安心できる加賀友禅訪問着をコーディネート

    声が割れていて、うまく会話ができません。またもや風邪をひいたみたいで、自己管理が全くなっていないことに呆れています。 今日は町内の左義長で、しめ飾りを持って行って燃やしてもらいましたが、この行事が終わるとお正月が終わったと思えます。そこで今日から模様替えをしたいと考えていまして、取りあえず店内に飾り付けをしていた餅球を取り外し、気持ちを春商戦へ向け始めたところです。 しかしお客様が少ないもので、気持ちを前に向

  • 魅力的な「白いかんざし」・そして鏡開きの言い伝えを紐解いてみました

    鼻水が流れ少し微熱がある感じがして、体調があまりよくありません。仕事を早退したいところだが、それができなのが辛いところだ。 今日も太陽がサンサンと輝いていて目に入る風景は春。温暖化といわれていますが、雪が降らない冬って過去にあったでしょうか? 何かが狂っていて、草木や農作物に予期しないことが起きるかもしれませんよね~生活をするには都合がいい訳ですが、気候変動から北陸の冬は雪が降らないのが普通になる日も

  • 着物を知らない人と向き合う難しさ・着物を着る前のチエックリストを載せた「あ・うん」

    春が来たかと思わせるような晴天になり、雪が降ることを見込んでビジネス展開されている先は穏やかでないでしょうか?山間部へ行っても雪が全く目に入らなくて、道路は乾き革靴で歩けるという、過去に例のない異常気象といえる冬になっています。 生活しやすい気象状況になっていますが、北陸経済においては手放しでは喜べないのではないでしょうか?    [caption id="att

  • 風呂敷の品揃えから見えてくる「鮮度ある店作り」・そして可愛い小銭入れ「おちょぼがま口」

    午後から晴れの天気になりましたが客足が伸びることはなくて、この時期になるといつも悩まされます。 「何が足りないんだろう?」とか、「お客様を惹きつけるコツはどこにあるんだろう?」。考え始めたらキリがなくて、あら捜しをすることよりも娘たちと新しい風を起こせないかと知恵を絞っているところです。 そんな折に育休で仕事を休んでいた長女が、いよいよ4月から働き始めることもあり、職種は違えども働くことの勘を取り戻せればと、店の手伝

  • 風呂敷の品揃えから見えてくる「鮮度ある店作り」・そして可愛い小銭入れ「おちょぼがま口」

    午後から晴れの天気になりましたが客足が伸びることはなくて、この時期になるといつも悩まされます。 「何が足りないんだろう?」とか、「お客様を惹きつけるコツはどこにあるんだろう?」。考え始めたらキリがなくて、あら捜しをすることよりも娘たちと新しい風を起こせないかと知恵を絞っているところです。 そんな折に育休で仕事を休んでいた長女が、いよいよ4月から働き始めることもあり、職種は違えども働くことの勘を取り戻せればと、店の手伝

  • 雨や雪から足元を守る「草履カバー」・そして「やられたらやり返す」の怒りを封印してくさだい

    この時期としてとても珍しい暖かさで、室内にいれば過ごしやすくいれますが、ひとたび外に出れば台風のような強風に驚かされます。 雨が建物に叩きつける音やうなりを上げる風の音が止まないと心を落ち着かせることができませんが、そんな話はとてもちっぽけなことで、アメリカとイランのミサイル攻撃で人命を奪った出来事がとても気になって仕方ありません。 やられたらやり返すという国同士の喧嘩に思えますが、それにして度が過ぎていて、第三次世界大戦が

  • 「猫のお雛さん」をワークショップします・そして入学式の装いにモクレン柄の加賀禅友附下はいかが

    雪もなくて足元のいい道路事情なのに、何故かお客様が少なくて頭を痛めています。お客様が少ないと余計なことを考えてしまうもので、冬場は好きになれません。 身勝手な言い分ですが、そうした中でも何ができるのかを考えなくてはなりません。 そこで考えたのが、ワークショップでちりめん細工のお雛様作りをさせていただきます。それも猫雛を作っていただけたらと考えています。  &nbsp

  • 「コツコツと丁寧に物作りをするしかない!」その言葉に重みがありました

    お正月休みが終わり仕入れ先は今日から初売りで、新年のご挨拶もありまして、お世話になっている地元の仕入れ先へ顔を出してまいりました。   [caption id="attachment_13644" align="aligncenter" width="305"] 仕入れ先の初売り[/caption] 午後には加賀友禅作家さんや牛首紬のメーカーさんが新年のご挨拶にお越しになられていましたが、

  • 紬ウール着物を博多織半幅帯でおりゃれにコーディネート・大人の味が出ているのでは・・・

    昭和の時代は今よりの着物を着る機会もがあったのか、呉服店が着物を着る場を用意することは全くなくて、商品を売ることに一生懸命でした。 それが年々着物離れが進み始めると、店作りの一環として着物を着る場を用意することも必要になってきまして、当店でもきものパーティーを開いたりして着物で遊ぶ機会を増やすようにしております。 着物を作っても着る場がないとご不満の声があり、タンスに眠る着物を外の空気に触れていただいておしゃれを楽しんでいた

  • 牡丹柄の加賀友禅附下をコーディネート・そして心の支えとなってくれている2冊の本

    太陽の陽が時折降り注ぐ穏やかな日となった1月4日。店は今日から仕事始めでしたが、お客様は数件で初売りとは言いにくい一日だったかもしれません。 こんな感じで2020年は動き始めましたが、今年も客数のことで悩まされる一年になりそうです。 待っていてもお客様が来ていただけないのなら、お客様に来ていただける店が創れないかというのがこの店作りの原点で、そのために何を成すべきかが私に仕事かと思っています。 

  • 家族全員で出向いた初詣と幸せの証を写真に収めてみました・そして明日から初売り

    私にとって最後のお正月休みとなった3日は、家族全員で私の実家へ行こうという話になっていまして、車3台で福井県に乗り込むことに・・・ 雨がぱらつく一日でしたが、私たちからしたら車でドライブという感覚だったかもしてません。 総勢13人の移動となり、孫も小さいこともありましてどこにでも寄れるというものではありません。唯一寄り道をしたのは、実家近くの神社に初詣。   

  • 家族全員で出向いた初詣と幸せの証を写真に収めてみました・そして明日から初売り

    私にとって最後のお正月休みとなった3日は、家族全員で私の実家へ行こうという話になっていまして、車3台で福井県に乗り込むことに・・・ 雨がぱらつく一日でしたが、私たちからしたら車でドライブという感覚だったかもしてません。 総勢13人の移動となり、孫も小さいこともありましてどこにでも寄れるというものではありません。唯一寄り道をしたのは、実家近くの神社に初詣。   

  • 宝尽くしの文様の絞り帯・そして娘に招かれて・・・

    長女夫婦が一月近く前に婿さんの実家近くで土地を求め注文住宅で新築しましてね~年末に娘からデビュウ―したばかりの住まいに招きたいと連絡をもらっていました、この後に向かいたいと思っているところです。 そんな訳で、簡単な記事で終わることになりそうです。  4日からの初売りでお母さんの入卒時の着物提案をさせていただきたいと思っていますが、その品揃えの中にお正月や新年会にも活躍で着そうな帯がありますので、それ

  • 新年のご挨拶と穏やかなお正月・そして妻のお墓参り

    明けましておめでとうございます。この年になると歳を重ねないままにいて欲しいと思いますが、今日ばかりは別です。 私の中では何もかもリセットして新たに出発ができ日が一月一日なんですね~今日がその日で、穏やかにスタートすることができたように思っております。    [caption id="attachment_13615" align="aligncenter"

  • 2020年に掲げた目標「静から動へ」・新規客を増やすことを考えたいです

    今年一年の業務を終えて残すは2019年度最後のブログ記事のみとなりました。 私のブログをご覧いただいている方に、今年もお付き合いいただけましたことを心より感謝申し上げます。誤字や辻褄が合わない文だったりして読みにくかったと思いますが、ブログをご覧いただいている人が全国にいてくれると考えるだけで、もう少し頑張ってみよう思える力をいただくことができました。 これからも続けていきたいと思っているので、ご意見やご感想などがあ

  • ウールの着物を夫婦で着こなしてみませんか?・初売りにウールの着物特集始めます

    もしかしたらこのお正月休みが一年で最もストレスが溜まらずにいられる最高の日かもしれません。一年間で起きた良いことも悪いことも年末で一度リセットできますし、お正月は家族が集まり賑やかな時間を過ごすことができたり、新しい歳に向けて願いというか夢を語れる時でもあるので、新しい船出ができる前夜祭みたいなものだと思っています。 そんなことを言っている人間は一握りかもしれないが、お正月に家族や親せきの人たちを招き入れる先の主婦は民宿のおかみさん状態になっ

  • 初売りと「古布の立ち雛木目込み人形」と「入卒用の着物」のお話

    マージャンをした次の日は必ずと言っていいくらい眠気に襲われながら仕事をしていますが、年末もここまで来ると来客も少なくなり寂しくなります。 昨日も今日も青空が広がっていまして、北陸の天気とは思えない暖かさで、ご自宅の掃除をされている方も多かったのではないでしょうか? 今年も残り2日というのに、この冬にブーツやコートを着ることがないもので、年の瀬が目の前に来ているとは思えないんですね~ 穏やかな天気が続

  • 入卒時のお母さんの訪問着をコーディネート・そして訪問着のTPOを解説してみました

    呉服店の減少と共に和裁士も少なくなっていまして、今年最後の仕立て物を終えて店にお持ちくださったて男性の和裁士さんん話によれば、和裁士組合員の人数が年々減少していっているそうです。和裁士仲間と話をする機会があるみたいで、皆が呉服店の仕事をしているとのことですが、仕事が少なくなっていて時間を持て余すようになっているとか・・・ そんな仲間内の話を聞くと、ふくしまさんは頑張っているのではないかと言って下さいましたが、私の店も高齢を理由に和裁の仕事から

  • 別染した白茶系の色無地を職楽朝野の帯でコーディネート・そして孫の美月と誠

    4日からの初売りの準備で気ぜわしくしていますが、初売りはカジュアルなウール着物の提案の他に入卒時のお母さんの着物を提案させていただきたいと思っています。 その入卒用の着物提案に合わせて、地紋の入った白生地をセレクトして別染した色無地が染め上がり新しく用意した帯でコーディネートしてみました。 その中の一つを紹介させていただきたいと思ってカメラを向けたのですが、別染した色が淡い白茶色とあって、画像を取りこむのに手間取りましてね~

  • 節分にちなんだ怖そうな鬼が入荷しました・そしてもっともっと楽しい店を作りたい

    初売りに向けて風呂敷コーナーから模様替えを始めていまして、今日は和雑貨コーナーのディスプレーを替えてみました。こうして入り口から順番に商品と関わり合いながら、気持ちを新たにして新年に臨みたいと考えています。 私の店は和雑貨や和のインテリアに和装を融合させた品揃えにこだわり、お越しになられたお客様には、豊かな気持ちをお届けできればと思っています。同時に和装のお洒落を伝えられるきもの専門店を目指したいと考えていまして、和装の振興にいくらか

  • 日本の歳時記を風呂敷にした12か月・和のインテリアとしてお楽しみください

    お客様からラインで可愛いクリスマス動画をいただきました。とてもロマンティックでクリスマスに想いを寄せた若かりし頃を思い返すものがあり、しばらくの間、夢心地だったかもしれません。 それも遠い昔の話。何事も起きることなくクリスマスが淡々と過ぎて行きましたが、ある意味で幸せなことなのかもしれませんね。だって、波風の立つ人生だったとしたら、願い事を箇条書きにして幸せをくださいと呟いていたと思えるからです。 健

  • ホワイトクリスマスをきものでコーディネート・そして心の時計は忙しい!

    今年最後の着付け教室の日でもあり来客の多い一日で、初売りに向けての模様替えも始まり賑やかな一日でした。陽が落ちる頃になって店内が静かになりましたが、年末だというのに北陸の冬らしくない天気が続いていまして、娘たちの会話から今日がクリスマスイブであることに気づかされている次第です。 私には年末の24日としか受け止めていなくて、仕入れ先がお正月休みに入る前に終えなくてはならない段取りで頭がいっぱいになっているのでしょう。子供たちと家族5人で

  • 手織りのウール着物を博多織半幅帯でコーディネート・初売りでウール着物と半幅帯を発表します

    日が暮れる頃から仕入れ先が次々と店に来ていまして、日が暮れれば町内の仕事で夜回り当番の役が当たっていまして、慌ただしい時間を過ごすこととなりました。 ようやくパソコンを動かし始めたところで、初売にウールの着物を提案したいと考えていまして、今日はその事について記事を書いてみることと致します。 着物愛好家と言いってもいろんなタイプに分かれるのではないでしょうか。 例えばアンティークな雰囲気の着物をワイフ

カテゴリー一覧
商用