アラフィフからの海外一人旅&アラフォーからの沖縄離島一人旅
住所
出身
ハンドル名
englandsea さん
ブログタイトル
アラフィフからの海外一人旅&アラフォーからの沖縄離島一人旅
ブログURL
https://www.englandsea.com/
ブログ紹介文
遅咲きで始めた海外と沖縄離島一人旅。ドタバタ旅行記と、その地で撮ってきた、きれいな風景の写真のブログ。旅のヒントも。ポンコツなので、たびたびハプニングを起こしますが、それも楽しみながら旅をします。
自由文
-
更新頻度(1年)

48回 / 48日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/07/09

englandsea さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(IN) 12,356位 12,782位 13,430位 17,200位 18,209位 17,004位 13,963位 969,848サイト
INポイント 0 20 60 30 20 10 10 150/週
OUTポイント 10 70 50 70 90 90 50 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 434位 461位 482位 639位 662位 634位 501位 42,622サイト
海外旅行 43位 46位 47位 61位 62位 58位 52位 3,557サイト
一人旅 10位 10位 11位 14位 14位 15位 12位 934サイト
ライフスタイルブログ 1,778位 1,827位 1,883位 2,115位 2,218位 2,122位 1,966位 65,737サイト
自由人 9位 11位 10位 12位 12位 12位 11位 1,937サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(OUT) 17,370位 16,337位 16,386位 15,899位 15,374位 15,463位 15,890位 969,848サイト
INポイント 0 20 60 30 20 10 10 150/週
OUTポイント 10 70 50 70 90 90 50 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 579位 527位 518位 501位 487位 493位 521位 42,622サイト
海外旅行 53位 49位 45位 43位 42位 41位 44位 3,557サイト
一人旅 10位 10位 9位 8位 9位 9位 11位 934サイト
ライフスタイルブログ 2,325位 2,245位 2,263位 2,203位 2,167位 2,171位 2,199位 65,737サイト
自由人 10位 9位 8位 8位 8位 8位 8位 1,937サイト
今日 08/25 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,848サイト
INポイント 0 20 60 30 20 10 10 150/週
OUTポイント 10 70 50 70 90 90 50 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,622サイト
海外旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,557サイト
一人旅 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 934サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,737サイト
自由人 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,937サイト

englandsea さんのブログ記事

  • コッツウォルズのベニスといわれてるボートン・オン・ザ・ウォーター(イギリスのコッツウォルズ)

    ボートン・オン・ザ・ウォーターは美しい水辺があり、そこに伝統的なコッツウォルズの建物がたっています。水辺で人々ものんびりとくつろいでいて、とても素敵です。 ボートン・オン・ザ・ウォーターでクリーム・ティー 2016年、10月7日、ホームステイ6日目。この日はチェルトナムからバスで一時間くらい乗って、ボートン・オン・ザ・ウォーターへ行きました。この旅の一年前にツアーで行って気に入ったところ。そのときはツアーだったのですこししかいられなかったから。このきれいな水辺ののんびりした雰囲気がきにいったので、再び来たかったのです。ボートン・オン・ザ・ウォーターは川がながれています。そのほとりに、コッツウォ…

  • コッツウォルズのチェルトナムにあるウェル・ウォーク・ティールームとピッツビル公園(イギリスのコッツウォルズ)

    コッツウォルズの主要都市のチェルトナムにある、ウェル・ウォークというティールームでクリーム・ティーを食べました。サイトなどでも評価がいいティー・ルームです。昔ながらのイギリスらしいところ。ホームステイのコーディネーターさんの一押しでもあります。同じくコーディネーターさんの一押しのピッツビル公園にもいきました。イギリスの人は公園で楽しむのが上手です。 英会話のレッスン 2026年、10月6日、ホームステイ5日目。ホームステイのプログラムに英会話のレッスンも頼んでいました。二時間の英会話のレッスン。先生はコーディネーターさん。日本語が話せて、日本にも長期滞在してたことのあるイギリス人です。前日のバ…

  • 乗馬とコッツウォルズのウィンチコムにあるスードリー城と庭園(イギリスのコッツウォルズ)

    乗馬をして、コッツウォルズのウィンチコムにあるスードリー城にいきました。とてもきれいなお城と庭園です。 コッツウォルズの丘で乗馬 2016年、10月5日、ホームステイ4日目。この日は申し込んでおいた乗馬体験にいきました。コーディネーターにつれていってもらいました。本格的でアップダウンライディングまで教えてくれる。コッツウォルズの丘を馬であるけて嬉しい。景色もいいです。 スードリー城と庭園 おわったらコーディネーターが、SUDELEY(スードリー)のお城につれていってくれて、帰りは自分でバスで帰ります。お城とガーデンきれいです。コッツウォルズのウィンチコムという街の近くのお城です。いってみるとす…

  • コッツウォルズのチェルトナムでホームステイ開始(イギリスのコッツウォルズ)

    コッツウォルズの一番大きい街のチェルトナムでのホームステイの2日目と3日目のことです。とってもすてきな、ホームステイのコーディネーターにたくさん助けてもらいました。コーディネーターは日本語の話せるイギリス人です。 ホームステイのオリエンテーション 2016年、10月3日、ホームステイ2日目。コーディネーターの家で、2週間のスケジュール組み。普通なら半日で済むところが、ホームステイ後に私が行きたいイギリス南部のことをおききしたら、どこにいくのがいいか話し合って決めて、ホテルまで探してくれて、申し訳ないほどしてくださって、ありがたい。コーディネーターさんも旅人だから、私が色々行きたいといったら、興…

  • ハイド・パークとコッツウォルズのチェルトナムのホームステイへ(イギリスのロンドンとコッツウォルズ)

    ロンドンのハイド・パークでブランチをします。そののち、コッツウォルズのチェルトナムでの、ホームホームステイに行きます。 ハイド・パークでブランチ 2016年10月2日、ハイドパークへ行きました。なぜか、行く途中の道で、馬が通ってました。ハイド・パークの周辺は景色がきれいです。ハイド・パークにつきました。お花もきれい。湖のほとりのレストランでブランチを食べようと思いました。その日はマラソン大会のようで、ハイド・パーク内も、コースにはいっているようで、すごい人でした。レイクサイドレストランで食べようと、カウンターにならんで注文にいったら、私が聞き取れないから何度も言ってくれて、どうやら先に席を確保…

  • トラファルガー広場とカムデン・ロック・マーケット(イギリスのロンドン)

    トラファルガー広場をみて、カムデン・ロック・マーケットにいきます。ここは安くておいしい、世界の料理が露店であります。おいしいもの買いました。 トラファルガー広場とロンドンうろうろ この日はしっかりせーよ自分、と思うことが多々ありました。2016年、10月1日のことです。2晩寝て過ぎてから気づいたけど、このホテルは、掛布団がなくてごつめのタオルケットだけだから、寒いからトレーナーやジャンバースカートを掛けてねてたら、今朝、私は掛布団の上に寝てたのが発覚。枕2つ置いてあって、布団の境目がみえなかったのと、真っ白なのと、タオルケットが上においてあったので、ないと思い込んでました。朝、昨日買ったスコッ…

  • セブン・シスターズと海辺の街のブライトンと骨董の街のルイス(イギリス)

    ロンドンからでてる、日本の会社の日帰りバスツアーで、白い石灰の海岸線のセブン・シスターズと海辺の街で桟橋のあるブライトンと骨董の街のルイスに行きました。 セブン・シスターズ 2016年9月30日。この日は、行きたかったセブンシスターズという白い断崖への、日本の会社の日本語バスツアーに申しこんでました。ガイドさんも参加者さんも日本人なので、日本語が通じて安心。なかなか電車でいくのは大変そうだし、このときはまだ電車ものりかえたことがなかったので、バスツアーを選びました。国鉄ビクトリア駅で待ち合わせして、バスで向かう。ビクトリア駅は大きな駅ですね。一番端のホームが待ち合わせ場所。イギリスは駅のトイレ…

  • 2016年9月末、日本からイギリスの旅へ(イギリスのロンドン)

    リストラに近いことを急にされ、イギリス旅をきめたときのことです。8月末にいわれ、9月末にはイギリスにたってました。半月あまりで、計画し、チケットもとり、ホームステイも申し込み、われながら、速攻でした。よくやったなー。 急にイギリス行きを決める 2016年の9月29日から 3週間イギリスに旅した時の事です。 この時は数日間観光してから、2週間コッツウォルズでホームステイ。その後五日間程 、ライやヤワイト島を旅しました 。ワイト島勤めていた仕事場でリストラされるようなことになり 、それならば すぐにイギリスに行きたいと決める。 セブンシスターズに行きたくて、そのセブンシスターズの 、日本の旅行会社…

  • リージェンツ・パークのクィーン・メアリーズ・ローズ・ガーデンのカフェで薔薇をみながら紅茶(イギリスのロンドン)

    リージェンツパークの クイーン・メアリーズ・ローズ・ガーデンのカフェのテラス席でバラを見ながら カフェでお茶をします。 クィーン・メアリーズ・ローズ・ガーデンのカフェで紅茶 夕方6時頃に リージェンツパークについて バラを眺めました 。満開近くでとても綺麗です。ウェイトローズ(スーパー)に買い物に行きたかったのですが、その日は日曜日で早めに閉めていることがわかり 、思う存分バラの花を見ることにしました 。バラの花もたくさんで、 いくら見ても見飽きることがありません。朝から電車で5時半以上移動してて 、乗り物の中で食べると気分が悪くなるので何も食べておらず、 ホテルについても行きたい所がいっぱい…

  • コーンウォールからロンドンに行きリージェンツ・パークでバラを見る(イギリスのロンドン)

    コーンウォールの旅もおわり、ロンドンに戻り、リージェンツ・パークのクィーン・メアリーズ・ローズ・ガーデンで満開近くの薔薇の花をみました。 コーンウォールからロンドンへ この日はコーンウォールからロンドンへの移動日です 。エアビーアンドビーを出て 朝11時の電車で ペンザンスからロンドンのパディントンに向かいます。 最後に見るセントマイケルズマウント 。この日は曇りだったので 静かな印象です。 ホストマザーに 電車のチケットを取ってもらっていたのですが 、ちょっとしたミスで進行方向と反対側に向いている席をとってしまいました 。けれど今回イギリスにきて最初に電車に乗るときに、 間違っていて注意して…

  • セント・アイヴスとニューリンのシーフード・バーで魚料理(イギリスのコーンウォール)

    リゾート地で芸術家の街とも言われている、セントアイヴスに行きました 。そのあとニューリンのシーフードバーで、 白身魚のグリルのタルタルソースを食べました。セント・アイヴスの街 セント・アイヴス コーンウォール観光11日目。コーンウォールを観光できる最終日の後半です。 マウスホールでアイスクリームを食べて 、ニューリンで 鯖のラディッシュドレッシングという魚料理を食べた後 、セント・アイヴスに来ました 。セントアイヴスはコーンウォールでは 大きめのリゾート地で 、人気です 。バスでセント・アイヴスにつきました。芸術家がよく集まり、 芸術家の街とも言われています 。美術館もあります。 街並みが綺麗…

  • 港町のマウスホールとサフラン・パンとニューリンで魚料理(イギリスのコーンウォール)

    コーンウォール最終日。着物でマザライオンの古い町並みを散歩し、港町のマウスホールでアイスクリームたべて、漁村のニューリンで魚料理を食べます。思い残すことないように、やりたいことぜんぶやってみました。 着物でマザライオンの古い町並みを散歩 コンウォール観光11日目。 コーンウォールが観光できる最終日です 。コーンウォールには12泊もしたのに まだまだ見たい所がいっぱいです。 それくらい魅力的でした 。今回の一ヶ月間のイギリス旅行に、私は着物を持ってきていました。 オックスフォードでと 、ダートムーア近くのホームステイ先 のホストマザーといったホテルのアフタヌーンティーの時と、2回着物を着ました。…

  • ムーミンカフェ・キャナルシティ博多店にいってみた

    番外編です。スナフキンの顔のタピオカミルクティーがかわいかったです。博多にあるムーミンカフェにいってきました。 ムーミンカフェ 東京にあるのはしってたけど、博多にもあったんですね。キャナルシティ博多にありました。入り口にかわいいぬいぐるみがいました。入り口のかべの絵もかわいい。ラテアートもキャラが色々あって、選べるのがいいですね。私は8月の日曜日の夕方にいったのだけど、人気でわりと待ちました。でも席があいて3つの席からすきなところを選ばせてくれました。大好きなスナフキンの横にしました。スナフキンはすてきです。ムーミンパパとママもいます。ニョロニョロもいます。天井もかわいい。ふねかな。 デニッシ…

  • ねずみの穴という名前のマウスホールという港町と、トレヴィデン・ガーデン(イギリスのコーンウォール)

    もっともイギリスの港町らしい港町といわれてる、マウスホールという港町。なんでねずみの穴という名前がついてるのか知らないのですが、看板もバスもねずみの絵がついていてかわいい。町並みも、おうちもかわいい港町です。 トレヴィデン・ガーデン コーンウォール観光10日目の続き。 ボスカーウェン・ウン遺跡を見に行って往復4時間ほど歩いたあとですが 、大きそうなガーデンに 行き当たりました 。せっかくなので見てみることにしました。スタッフのおねえさんがやさしかったです。あまりにぎわってなくて、2~3組の人がみにきてるだけでした。 広くて迷子になりそうです。蓮の花が咲いてる池もありました。日本庭園をまねている…

  • ボスカーウェン・ウン遺跡の全部の石の写真&ゼナーの人魚の入り江&魔術師マリーンの洞窟(イギリスのコーンウォール)

    パワースポットや不思議な伝説のある場所3つを紹介します。女性の足がふるえるといわれてるボスカーウェン・ウン遺跡。真ん中の1個とまわりの19個の石のすべてを写真にとったので、あとでつけますね。ゼナー村にある人魚の入り江。海のいろがどうしてこんなに緑にうつるのでしょう。きれい。アーサー王伝説のあるティンタジェル・キャッスルにある魔術師マリーンの洞窟。洞窟をとった写真にはどれも光が写りました。神秘的なパワースポットなのですね。3つとも、イギリスのコーンウォールにあります。どれも2019年の5月に行ったときの写真です。 ボスカーウェン・ウン遺跡の真ん中の石とまわりの19個の石の写真 ボスカーウェン・ウ…

  • テレビで放映された、女性の足がガクガクふるえるといわれる、パワースポットのボスカーウェン・ウン遺跡に行く(イギリスのコーンウォール)

    2015年の7月に、「世界の何だコレ!?ミステリー」というフジテレビの番組で紹介されたことのある、女性だけが足がガクガクふるえるといわれる、ボスカーウェン・ウン遺跡です。石が並んでいる、ストーンサークルです。男性はふるえないそうです。ストーンサークルの内の2つの石だけ、水晶がふくまれてるそうです。水晶と女性の関係なのかよくわかりませんが、女性だけというのは不思議ですね。2019年の5月に行ってみました。 ボスカーウェン・ウン遺跡までの行き方 公共交通手段で行き方を調べたのですが 、どう考えてもバスがないところでした 。バスセンターの人に聞いてもないと言われました。一番近いバスストップで降りたと…

  • 断崖絶壁の海沿いに建つミナック・シアターで観劇する(イギリスのコーンウォール)

    女性が一人で建てた石造りの、断崖絶壁の海沿いにある、ミナックシアターという劇場です。ここで劇をみました。背景が海なのできれいですね。 ミナックシアターに観劇にいく コーンウォール観光9日目 。数日前にミナックシアターに観光に行ったのですが、 その時は何も演目をしておらず 。この綺麗な劇場で是非何か見たいと思っていました 。自力でネットで予約しようと思ったのですが 、電話番号もいるみたいで 、海外シムなので電話番号もよく分からず できずにいました 。エアビーアンドビーにチェックインした時に、 ホストにお願いして電話してもらって予約してもらいました 。ディック・バートンという劇のようです。楽しみで…

  • 人魚の伝説があり、人魚の入り江があるゼナー村と海岸線と巨石(イギリスのコーンウォール)

    人魚の入り江にいきました。しずかな村です。入り江の海の色がとてもきれいです。ナショナルトラストの管轄の海岸線もあり、巨石もあり、景色はみどころ満載です。 人魚伝説のあるゼナー村 コーンウォール観光8日目 。人魚伝説のあるゼナーという村に来ました。 イギリスのコーンウォールにあります。この村に行くにはバスは1日5本くらい、3~4時間おきです 。細かく計画してないと帰れません。 ゼナーに着きました 。いなかですごく穏やかです 。工事中の道を通るのに迷惑をかけちゃいけないと走って通ってたら 、優しいお兄さんが、みぶりで、急がなくてあるいていいよと、教えてくれました。優しい 。村にはカフェやパブが2~…

  • わたなべこう さん(アメブロの人気ブロガーさん)のすべてはハッピーにつながるセミナーに行きました

    アメブロで人気ブロガーさんの わたなべこう さんのすべてはハッピーにつながるセミナーにいってきました。こころが軽くなって、やわらかい考え方になるとっても素敵なブログを書かれてます。こうさんは、すてきな、心のセラピストさんです。今回は、心のセラピストのこうさんの記事ですが、普段は私は主に一人旅の記事をかいてます。こちらも読んでいただけるとうれしいです。https://www.englandsea.com/ わたなべこう さんとの出会い 8月4日 わたなべこうさんの すべてはハッピーにつながるセミナーを 受けてきました 。私はこうさんのスクールを卒業したので 少しだけお手伝いをお願いされたので、 …

  • セント・マイケルズ・マウントのお城とガーデン(イギリスのコーンウォール)&ムーミンカフェ

    セント・マイケルズ・マウントのお城とガーデンにいよいよ入りました。お庭は段々畑みたいな段々のお庭で、高いお城につながっていました。 セント・マイケルズ・マウントのお城 コーンウォール7日目の続き。 道を渡って セントマイケルズマウントに着きました。 この日はいよいよ お城とガーデンに入ります 。まずお城に入りました。 お城の眺めは綺麗です 。中に教会もありました 。色々な展示を見ました。 お城の上からの景色も綺麗 。下の庭園もすごく綺麗です 。 セント・マイケルズ・マウントの庭園 それから庭園を見ました。 植物がとても綺麗です 。庭園は下からお城の方まで上がっていく感じです。下から見上げるお城…

  • すみだ水族館の海月と金魚とペンギンカフェのカクテル

    番外編です。夏なので涼しげな、くらげと金魚をどうぞ。コーンウォールの記事は次回書きますね。2019年の3月に、東京のすみだ水族館にいきました。スカイツリーの近くにある水族館です。ドラマの海月姫の水族館のシーンにあこがれ、海月をみたかった。こちらのくらげはかわいい。ちんあなごこの水族館はきれい。なんか魚だけでなくて、小物や背景で、ディスプレイがこってる。金魚のディスプレイが特にきれいです。和の感じがすてき。和風は大好きです。ペンギンカフェで光るノンアルコールカクテル飲みました。きれい。ブルーキュラソーとグレープフルーツジュースで甘くておいしい。カフェの目の前はペンギンの水槽で1番前の席だったから…

  • 朝焼けのセント・マイケルズ・マウントと海坊主がでた?とモデルになるかも?(イギリスのコーンウォール)

    セント・マイケルズ・マウントの朝焼けの写真です。とても神秘的。月が水面に写ってる写真もあります。 夜明け前と朝焼けのセント・マイケルズ・マウントを見る コーンウォール観光の7日目です。 この日は日の出前にホテルから出て 、夜明け前のセント・マイケルズ・マウント見たいと思いました 。お月様が海面に反射してとても綺麗です 。月も綺麗です。 すごく見とれてしまいます。 朝日とセント・マイケルズ・マウントを見ようという人は他にもいて 、イギリス人らしき方がカメラを持って私と同じポイントに見に行っていました。 Good morning と言ってお互い 写真を撮りながらセント・マイケルズ・マウンズをみます…

  • セント・マイケルズ・マウントの前のホテルでコーニッシュ・ブレックファーストとクリームティー(イギリスのコーンウォール)

    海とお城をみながら、コーンウォールの素材をつかった、コーニッシュ・ブレックファーストをたべました。マッシュルームがおおきい。ソーセージも大きくておいしい。 ゴドルフィン・アームズ・ホテルのコーニッシュ・ブレックファースト コーンウォール観光6日目 。ホテルで目が覚めて ホテルの朝食を食べに行きました。 この日は快晴でものすごくお天気がいいです。 ホテルのレストランからの眺めが綺麗 。海の目の前の席をえらびました。席からは、セント・マイケルズ・マウントもみれる。喜んで写真をとってると、となりのテーブルにすわってたお姉さんが、自らシャッターをおすよといってくれてうれしい。ここは人のこころが豊かだな…

  • イギリスのモン・サン・ミッシェルといわれるセント・マイケルズ・マウントは今でも船か潮が引いたときだけ歩いていける(イギリスのコーンウォール)

    このお城は、潮が引いたときだけ、石畳の道があらわれて、歩いていけます。潮がみちたら、歩いていけないので、船でわたります。むかしのモン・サン・ミッシェルみたいですね。いまのモン・サンミッシェルは道続きで橋みたいになってるから、こちらのセント・マイケルズ・マウントの方が昔のままですね。イギリスのモン・サンミッシェルと言われてます。 ペンザンスからマザライオンのホテルへ コーンウォール観光5日目です 。エアービーアンドビーの宿主さんが 次の宿のホテルまで送ってくれました。 ラッキーです。 宿はゴドルフィンアームズという宿です。 セントマイケルズマウントの 真ん前の ホテルです 。そのホテルをすぐ出た…

  • トゥルーロ大聖堂とクラシカルな老舗のシャーロッツ・ティーハウス(イギリスのコーンウォール)

    トゥルーロ大聖堂できれいなステンドグラスをみて、シャーロッツ・ティーハウスでトレゴスナンの紅茶とサンドイッチをたべました。 宿の朝とバスでトゥルーロへ コーンウォールの観光4日目。 前日エアビーアンドビーの朝食で ぶどうを残しました。 嫌いなのではなくて急いでたので食べなかっただけなのですが。 次の日はぶどうはなくてメロンに変えられていました。 優しいです。 メロン大好きなので喜んで食べました。 この日はバスで2時間半ぐらいかかる、 トゥルーロという街に行きました 。バスの2階の一番前で一番景色が見える席に座ってご機嫌です。7日間28ポンドで乗り放題のバス券を買っているので、 電車にせずにバス…

  • 聖なる石のメリー・メイデンズとかわいい港町のマウスホール(イギリスのコーンウォール)

    コーンウォールは聖なる石がおおいです。聖石の、メリー・メイデンズに行きました。コーンウォールのチーズ、コーニッシュ・ヤーヴも食べました。あととってもかわいい港町のマウスホールです。 宿のブレックファーストと町並み コーンウォールの観光3日目です。エアビーアンドビーの朝ご飯です。 いつもたくさんのフルーツと 美味しいりんごジュースがついています 。これにシリアルや蜂蜜やジャムなどは食べ放題。 ミルクもあるし、後トーストがもらえます 。ペンザンスの町並みも素敵。海が近いから、歩いていると普通のお家の塀にカモメがとまってました。 聖石のメリー・メイデンズと他の3つの聖石 前の日バスで経路などを調べて…

  • エデン・プロジェクトと星の王子さまにでてくるバオバブの木のスムージー(イギリスのコーンウォール)

    エデン・プロジェクトには星の王子さまにでてくる、バオバブという木の、バオバブスムージーがあるの聞いて、それが飲みたくてエデン・プロジェクトに行きました。イギリスのコーンウォール観光2日目です。エデン・プロジェクト エデン・プロジェクトに行きたい理由 私がコーンウォールに行きたかった理由の一つに エデンプロジェクトに行きたいというのがありました。 ここでバオバブジュースを飲んでみたい。 星の王子さまに出てくる バオバブの木 。そのバオバブの実 を使ったスムージーがあるとのこと。それと eden Project で売っているフットクリームやハンドクリームを買いたかったから 。オーガニックのレストラ…

  • イギリスのコーンウォールの断崖絶壁の手作りの石の劇場のミナックシアター

    コーンウォールの観光1日目の続き このミナックシアターは女性がほぼひとりでつくった、断崖に立つ劇場です。ぜったいお勧め。写真もぜひ見てほしいです。きれいな劇場です。この劇場は素敵すぎます。コーンウォールにいったら絶対見に行ってくださいね。写真はすべて、ミナックシアターの写真です。 行きたい観光地には バスで出かけるのに、 なかなか便がないです。 特にこの日に出かける ところは2時間に一本のバスです。 私がコーンウォールに興味を持ったきっかけは 、イギリスのモンサンミッシェルと言われてるセントマイケルズマウントに 行きたかったからです。 そしてコーンウォールについての本を探したのですが、 分厚い…

  • イギリスの南西部のコーンウォールの最南西端の地のランズ・エンドとポスカーノ・ビーチ

    コーンウォールに行った理由 いよいよ コーンウォール の旅です。2019年5月にコーンウォールに12泊しました 。5泊が ペンザンスのエアビーアンドビー 、2泊がマラザイオンのホテル、 最後の 5泊がマラザイオンのエアビーアンドビーです。初日と最終日は移動のみなので、観光できるのは11日間。長いと思ってましたが、コーンウォールは素敵すぎて、色々な場所があり、それでも日数がたりませんでした。コーンウォールはまずすごく安全、人々の心もやさしい。自然も海もいっぱい。私に合っていてすてきすぎました。もっともっと長くいたい。 ペンザンスのエアビーアンドビーは朝ごはん付きです。 とっても 豪華 フルーツも…

  • モンマルトルの丘のサクレクール寺院&イギリスのホームステイ最終日とナショナル・トラストの trelissick

    モンマルトルの丘のサクレクール寺院 フランスのモンマルトルの丘にあるサクレクール寺院に行きました。2015年に。真っ白い寺院です。きれい。大勢の人です。丘にあった、公園もとっても素敵でした。公園の壁画です。フランスっぽくてかわいい。お土産物屋さんもたくさんあって、みるのも楽しい。思い出のコーナーでした。ここからあとは2019年の5月のことです。 ホームステイ最終日の朝 ホームステイ最終日で移動の日。朝は牧場をわんこと猫と散歩。牛さんもみれました。最後の散歩だと思うとさみしい。学校のほうに次のエアービーアンドビーまでのタクシーを頼んでました。重い荷物をもって何回も乗り換える体力はなさそうだから。…