さあ、飛ぼう!
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ウシさん
ブログタイトル
さあ、飛ぼう!
ブログURL
https://www.oni-taiji.com
ブログ紹介文
ヨーロッパ発の旅情報
自由文
-
更新頻度(1年)

65回 / 191日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2019/04/03

ウシさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,108サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 10 20 40/週
PVポイント 50 90 100 120 130 80 140 710/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,065サイト
ヨーロッパ旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 849サイト
飛行機旅行・空の旅 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 296サイト
酒ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,559サイト
ワイン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,083サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 53,877位 31,965位 30,906位 30,967位 31,067位 29,389位 28,006位 975,108サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 10 20 40/週
PVポイント 50 90 100 120 130 80 140 710/週
旅行ブログ 2,070位 1,036位 994位 999位 1,001位 937位 879位 43,065サイト
ヨーロッパ旅行 33位 13位 12位 11位 13位 11位 10位 849サイト
飛行機旅行・空の旅 58位 37位 38位 39位 40位 35位 36位 296サイト
酒ブログ 671位 476位 465位 471位 472位 466位 441位 7,559サイト
ワイン 84位 55位 55位 56位 58位 53位 48位 1,083サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 10,578位 9,675位 9,702位 9,882位 9,839位 9,826位 8,701位 975,108サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 10 20 40/週
PVポイント 50 90 100 120 130 80 140 710/週
旅行ブログ 564位 511位 505位 514位 513位 507位 448位 43,065サイト
ヨーロッパ旅行 6位 5位 5位 5位 5位 5位 4位 849サイト
飛行機旅行・空の旅 29位 29位 29位 29位 30位 30位 25位 296サイト
酒ブログ 128位 123位 124位 122位 124位 128位 119位 7,559サイト
ワイン 17位 17位 17位 17位 17位 17位 15位 1,083サイト

ウシさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ウシさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ウシさん
ブログタイトル
さあ、飛ぼう!
更新頻度
65回 / 191日(平均2.4回/週)
読者になる
さあ、飛ぼう!
  • カタール航空のビジネスクラス・A350とA380の比較

    今回は、今年の5月に続いて再びの搭乗する機会を得たカタール航空ビジネスクラスに関して、異なる2つの機材、座席タイプに関してレポートします。 カタール航空のビジネスクラスといえば、なんといってもQsuiteのイメージが強くあります。 ですが、実際はすべてのビジネスクラスに導入されているわけではなく、A350-1000、A350-900とB777-200の一部に導入されているのみです。 個人的には、QsuiteにはA350-900とA350-1000の機体でドーハ・羽田間(QR812便とQR813便)を利用したことがあります。 また、A380では通路に対し斜めに設置されるヘリンボーン式の座席が導入…

  • ドーハ ハマド国際空港・Al Mourjan Business Lounge での深夜のトランジットの過ごし方

    再び、カタール航空のビジネスクラスを利用する機会があり、ドーハ・ハマド国際空港でトランジットとなりました。 6時45分発の羽田行きのQR812便に乗り継ぐためには、毎回ここで約6時間の深夜のトランジットが待っています。 なんでも8時間以上のトランジットだと空港ホテルがアサインされるとのことですが、滞在時間不十分なので、アル・ムルジャン・ビジネス・ラウンジ(Al Mourjan Business Lounge)で何とか過ごすしかありません。 www.qatarairways.com 1万平方メートルを誇るこの巨大ラウンジには、ゆっくり時間を過ごせるソファーやレストランなど十分な設備を整えています…

  • ホテルレビュー・ウェスティン都ホテル京都(The Westin Miyako Kyoto)

    さて前回に続き日本のホテル紹介です。 今回は、改装中ではありますが、京都にあるウェスティン都ホテル京都に宿泊する機会がありました。 名前の通り、マリオットグループのウェスティン・ホテルズ&リゾーツに属するホテルとなります。旧名称は都ホテル。来年で創業130年の老舗です。 現在、ウェスティン・ブランドの強化と創業130周年に向けて大改装中で、改装終了後には499室の客室が270室になるとの事(1部屋当たりの面積が拡張されるようです)。 ウェスティン都ホテル京都<公式> | ウェスティン都ホテル京都 | 京都 かなりの改装中のため、外観に関してはオフィシャルサイト上の写真となります。 ホテルの立地…

  • ホテルレビュー・グランド ハイアット 福岡(Grand Hyatt Fukuoka)

    さて、今回は珍しく日本のホテルのレビューとなります。 滞在したのは九州・福岡の Grand Hyatt 福岡 です。 ホテルの立地 ホテルエントランス 部屋の様子 まとめ ホテルの立地 そもそも九州初めの私にとっては、福岡の地理もわからず、博多駅からそれほど離れていないホテルということで予約をしました。 実際は荷物もあり、歩くにはやや遠いということで結局タクシーを利用しました。博多駅筑紫口からで約5分ぐらいだったと思います。 ホテルはキャナルシティ博多と隣接しており、ショッピングモールとの一体感を感じられるような作りになっています。 ホテルのエントランスロビーから見たキャナルシティ博多。 また…

  • アイルランド・レンタカーで走るダブリンからの日帰り旅行 その2

    さて今回は、前回に引き続いてダブリンからの日帰りドライブ その2となります。 後半戦紹介するところは下の地図の西の端、キルベガン・ウイスキー蒸留所とダブリンの南に位置するグレンダロッホの風景です。 Kilbeggan Distillery Experience(キルベガン・ウイスキー蒸留所) Glendalough(グレンダロッホ) 最後に A05 地球の歩き方 アイルランド 2019~2020 作者: 地球の歩き方編集室 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社 発売日: 2019/06/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る Kilbeggan Distil…

  • アイルランド・レンタカーで走るダブリンからの日帰り旅行 その1

    アイルランド編の続きは、ダブリンからの日帰りドライブとなります。 一日でどれくらい回れるかわからなかったので、かなり適当に行ってみたい場所をピックアップして、『行けたら行く』的な感じで出発しました。 添付の地図ではダブリンから一旦北上し左回りに進み西側に大きく進んだ後、ダブリン方向へUターンして今度は南下というかなり歪なコースを一周したことになります。 今回ご紹介させていただく場所は、下記の5か所となります。 Brú na Bóinne(ブルー・ナ・ボーニャ) Skryne Tower(廃墟となった教会) Hill of Tara(王の砦) A05 地球の歩き方 アイルランド 2019~202…

  • アイルランド・ダブリンでの夏休み・是非訪れてほしい観光スポットの紹介! その2

    さて、前回に続き短い夏休みを利用して訪れたアイルランドの首都ダブリンの観光スポットの紹介です。 テンプルバー界隈 Teeling Whiskey Distillery(ウイスキー蒸留所) ダブリンの街中や川沿いを散策 最後に テンプルバー界隈 ダブリンで最も人通りが多い、石畳の歩行者天国。いろいろなショップ、レストラン、そしてパブが立ちならぶ、旅行者で立ち寄らない人はいないのでは、というほど有名。 ダブリン湾に流れ込むリヒュー川沿いのバス通りから一つ内側に入った川と平行にある通りです。通りの名前自体がテンプル・バー(Temple Bar)となっています。 そして、通りの名前の象徴のように存在す…

  • アイルランド・ダブリンでの夏休み・是非訪れてほしい観光スポットの紹介! その1

    さて、今回は短い夏休みを利用して訪れたアイルランドの首都ダブリンの観光スポットの紹介です。 ギネスビールの本拠地、ギネスストアハウス クライストチャーチ大聖堂 トリニティ・カレッジ・ダブリン(ダブリン大学) 大学敷地内の様子 Trinity College Library Dublin and The Book of Kells(大学図書館) 『The Long Room』へ ギネスビールの本拠地、ギネスストアハウス まず、なんといってもアイルランドといえば、⇒ アイリッシュビール ⇒ ギネスビール ということで、観光で外せない場所としては、 ここギネスビールの本拠地、ギネスストアハウス。 町…

  • ヒルトン・オナーズポイントが再びセール中、今回は3000ポイント以上の購入で2倍のポイントをゲット!

    再びヒルトン・オナーズポイントがセール中です。今回は3000ポイント以上の購入で2倍のポイントをゲット!通常は1000ポイント10ドルでの購入となりますが、実質5ドルで1000ポイントを手に入れることができます。 ポイント購入と条件 ポイントを利用した宿泊 まとめ ポイント購入と条件 今回のキャンペーンは2019年9月10日から10月22日までとなっております。 最高で80000ポイントの購入まで可能です。 その他の条件ですが、購入するためにはもちろんヒルトン・オナーズ会員でなければなりません。また新規加入の場合、30日間の待機期間と宿泊により最低でも1ポイント以上を得ている必要があるようです…

  • ホテル予約サイトBooking.com で Amazonプライム会員向けプロモーション実施中!

    先にお断りしておきますが、私は現在ドイツ在で、ドイツのAmazonプライム会員です。Booking.comの利用規約では、このプロモーションはドイツまたは、オーストリアのAmazonプライム会員のみが対象と書かれております。 皆さまのお住まいの地域でも同じようなプロモーションを行っているかどうかは、確認できておりませんので、各位ご確認いただければと思います。 さて、そのうえで、このプロモーションの説明をさせていただくと、シンプルに Amazonプライム会員が Bokking.con で予約し、宿泊したら、支払った宿泊費の10%が Booking.com の WALLET に次回の予約で利用でき…

  • フライトレビュー・ルフトハンザ航空・欧州内とドイツ国内線の運営に一言!

    今回は私にとって最も搭乗する機会の多い、ルフトハンザ航空のドイツ国内線に関して、過去の経験を交えながらお伝えできればと思います。 ルフトハンザ航空のイメージは? 国際線と国内線の大きな違い 欧州内・国内線の運営状況 過去の痛い目 まとめ ルフトハンザ航空のイメージは? 皆さんにとってルフトハンザ航空のイメージってどんな感じですか? 欧州を旅行される機会がある方であれば、日本とドイツ間の国際線や欧州内での移動などでご搭乗の経験がある方も多いことと思います。 現在(2019年9月時点)、ドイツ―日本間ではこれだけの直行便が設定されています。 出発地 到着地 便名 フランクフルト 東京・羽田 LH7…

  • ホテルレビュー・ドイツ・ハンブルグ・Reichshof Hamburg, Curio Collection by Hilton

    さて、今回ご紹介させていただくホテルは、ドイツ第二の都市ハンブルクにあるヒルトン系ホテル Recihshof Hamburg ですが、『Curio Collection by Hilton』というブランドをご存知ですか?日本だと軽井沢にあるみたいですね。 www.booking.com Reichshof Hamburgの立地 外観とエントランスの雰囲気 チェックイン 部屋の様子 朝食の様子 最後に Reichshof Hamburgの立地 さて、ここハンブルクのホテルですが、立地はハンブルク中央駅のすぐわきにあり、駅からのアクセスは非常にいいです。 やや残念な点は、中央駅を挟んで町の中心街と…

  • ラウンジレビュー・ドイツ・ハンブルク空港とLufthansa Senator Lounge

    さて今回は北ドイツの代表的な都市ハンブルクの空港と空港ラウンジのルフトハンザ航空 Senator Lounge を紹介します。 このブログの中でもすでに説明をしたこともありますが、ルフトハンザ航空の『Senator Lounge』はビジネスクラス利用者では利用できず、ファーストクラス利用者または、スターアライアンスのゴールドステータス保有者に限定して利用が可能なラウンジです。 ハンブルク空港へのアクセス 近郊線の場合 タクシー利用の場合 ハンブルク空港 ルフトハンザ航空のラウンジへ Senator Loungeの中は? 最後に ハンブルク空港へのアクセス 旅行者にとって空港へのアクセスは、大き…

  • ルフトハンザ航空、航空券を格安で販売!でも行先は買ってから知らされる⁉

    さて皆さん、 こんなサイトをご存知ですか? 日本のJALの『どこかにマイル』に少し似ているドイツ・ルフトハンザ航空からの旅のご提案です。 ドイツ・ルフトハンザ航空では、欧州内限定で、往復69ユーロから、行先が購入後に判明するSurprise Ticketを販売しています。 www.lufthansa-surprise.com 起点となる空港は、フランクフルト空港、またはミュンヘン空港。 とは言え、これでは安くてもあんまりということで、9つのテーマ別カテゴリーとそのカテゴリー内での行先候補は見えるようになっています。 つまり、自分の興味あるカテゴリーを探し、候補の都市の名前があればチャンスありで…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・総集編

    約2週間に渡り、書き続けていた『猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅』を一旦まとめさせていただきます。たった3泊4日の旅でしたが、日本や欧州などとは異なる文化圏に行くと興奮しますよね。 ついつい書いているうちに文書が長くなり、一つ一つのお題を分割することになってしましました。それでも、未だ書き足りないような気がして仕方ないです💦。 旅の参考にはならないかと思いますが、少しでもマラケシュの魅力が伝わればと思います。 移動編 観光編 お買い物編 宿泊編 移動編 今回の旅で立ち寄った空港やラウンジ、TAPポルトガル航空でのフライトに関してまとめました。 www.oni-taiji.com www.oni…

  • エア・チャイナ中国国際空港 ビジネスクラス フライトレビュー

    エア・チャイナ中国国際空港は頻繁にドイツからアジア各地へのチケットを安く販売いるので、今年の一時帰国にはエア・チャイナのセールを利用しようと考えました。フランクフルトから東京・成田空港へのチケットはビジネスクラスで往復1500ユーロ程、しかも上海経由で飛ぶことによって中国国際空港の最新のビジネスクラス搭載のエアバスA350に乗ることができました。今回は、フランクフルト→上海のフライトの体験について話したいと思います。 フランクフルト空港でのサービス 搭乗 シート 食事 まとめ フランクフルト空港でのサービス フランクフルト空港では中国国際航空の北京便と上海便が同じカウンターで処理されるので、上…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・TAPポルトガル航空をマイルで予約

    さて、今回のマラケシュへの旅では、今年2度目のTAPポルトガルをマイルによる特典航空券で利用しました。 エーゲ航空の Miles+Bonus マイルで予約 機内の様子(座席について) 近距離線での機内食 TAPポルトガル航空への搭乗 エーゲ航空の Miles+Bonus マイルで予約 私たちはスターアライアンスのマイルプログラムとしてはエーゲ航空(Aegean Airlines)の『Miles+Bonus』を利用しています。 en.aegeanair.com Miles+Bonusではステータスマイルは個人ごとですが、特典等マイルは家族アカウントに集計することができるため、特典航空券やアップグ…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・マラケシュ メナラ空港とPearl Lounge

    猛暑のマラケシュ観光も終わり、帰国のためマラケシュの空の玄関口であるマラケシュ・メナラ空港に到着時と同じように宿で手配してもらった車で送迎してもらいました(一人7ユーロ、または70ディルハム)。 マラケシュ・メナラ空港 - Wikipedia 空港の外見 チェックインエリア 手荷物検査と出国審査エリア 出発フロアーと免税店 Priority Passで入れるPeral Lounge 最後に 空港の外見 こちらの空港は、以前よりある部分(写真手前)と新設部分(奥に見えるドームとなど)で構成されているようです(ドライバー情報)。 チェックインカウンターはこちらの旧建物のほうに集約されています。ここ…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・観光編・3rd Day

    さて、帰国日を翌日に控え、3日目の予定は観光+お買い物です。 未だ、モノの価値と値段の関係に戸惑いながら、自分たちの欲しいものを探します。 3日目のコース(その1) マジョレル庭園とイブサンローラン博物館へ アルガンオイルを買う! 伝統工芸館でついに買い物! 3日目のコース(その2) 夕方やや早い時間帯に夕食に出向く スークを物色、次第に交渉慣れしてくる 宿に戻り屋上で涼む 3日目のコース(その1) まずは午前から午後2時過ぎにかけてのお出かけ。 マジョレル庭園とイブサンローラン博物館へ この日も8時過ぎから朝食をゆっくりと取り、9時半ごろに宿を発ちました。まず目指したのはマジョレル庭園とイブ…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・マラケシュでのお買い物・その3

    引き続きマラケシュ土産のご紹介です。 土産物屋さんでのお買い物 ばらまき土産として大量に購入するならともかく、1つ2つしか買わない小物なら価格が明示してあるお店で購入するほうが面倒くさくなくていいかな、ということで、メディナ(旧市街)を歩きながら価格チェックをしていました。 綿密なリサーチをしたわけではないですが、ある程度足並みが揃っていてそんなに大きな差はないなという印象でした。中心部を離れると値段がちょっと安くなるという“観光地あるある”はマラケシュもご多分にもれず。 そして、専門店より典型的なお土産物屋さんのほうがちょっと安いかなという感じでした。ただ、一見同じように見えても、細かくみる…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・マラケシュでのお買い物・その2

    マラケシュ土産のご紹介を続けたいと思います。 スークでのお買い物 狭い路地に間口の狭い店がぎっしり並んでいるスーク。時代の流れ(?)なのか、思っていた以上に価格を明示しているお店が多かったです。特に観光客をメインターゲットにしている典型的な土産物屋といった感じのお店。そのほうがお客さんの入りが良いのでしょうか。 スークにも呼び込みの激しいお店とそうでないお店があります。強引な客引き行為をされると購買意欲が失せ、そういう店の前は足早に素通りしていましたが、慣れてくると、それもまあスークの雰囲気を盛り上げるBGMみたいなものか、とそれなりに楽しめるようになりました。実際に買い物をするとなると、あま…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・マラケシュでのお買い物・その1

    今回の旅行で買ってきたマラケシュ土産をご紹介します。 伝統工芸館(Ensemble Artisanal)でのお買い物 コスメティックブランドショップles Sens de Marrakechでのお買い物 伝統工芸館(Ensemble Artisanal)でのお買い物 多くの人が「値段が明示されていて、疲れる値段交渉をすることなく適価で買い物ができる」とコメントをしている伝統工芸館(Ensemble Artisanal)。リヤドのオーナー、メラニーさんも、安心して買い物ができると太鼓判を押していました。「バブーシュを買うなら伝統工芸館!」だそうです。 中には尋ねなければ値段がわからないお店もあり…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・観光編・2nd Day・その3

    観光2日目も夕方になり、今日こそは、と夕食に出かけることにしました。 2日目のコース(その3) フナ広場で夕食! 散歩がてらアグノー門を目指す 帰り道、クトゥビーヤモスクに寄る 2日目のコース(その3) フナ広場で夕食! すでに通いなれたメディナ(旧市街)内のルートを通り、スークを通り抜け、フナ広場に向かいました。 今日の目的は、フナ広場の屋台で夕食を取る! 今日はしつこい客引きにも負けず、あらかじめ調べておいた魚介類が食べられるNo.14のお店を探しました。 正直言って、どのようなルールで番号や番号の書かれた看板の色分けができているかはわかりませんでしたが、運よく14番の番号を見つけ、魚介類…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・観光編・2nd Day・その2

    宿で少し休憩、シャワーを浴び、いったんリフレッシュしました。汗も引いたところで、バヒア宮殿(Palais de la Bahia)を目指すことにしました。 2日目のコース(その2) フナ広場を経由してバヒア宮殿へ バヒア宮殿を観光! バヒア宮殿からエルバディ宮殿(Palas el Badiî)とサアード朝の墓廟(Saadien's Tombs)へ まずは両替をして観光を続行! 両替を済ませ、マラケッシュ博物館へ 再び暑さに負けて宿に戻る 2日目のコース(その2) 3回に分けての観光で最も歩いた午後のマラケッシュ散策 フナ広場を経由してバヒア宮殿へ 今回の旅で最も歩くことの多かったルートを通りま…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・観光編・2nd Day・その1

    エアコンばっちりの部屋でぐっすり眠り、朝は8時過ぎからゆっくり1時間かけて朝食をいただき、いよいよ今日は本気でマラケシュ観光です。 伝統工芸館で、まずはお土産や工芸品の相場をチェック! Cyber Parkへ Carrefour Marketで買い物 暑さに負けていったん宿に戻る 2日目のコース(その1) 伝統工芸館で、まずはお土産や工芸品の相場をチェック! この工芸館には様々なハンドメイドのお土産品や工芸品店が入っており、旅の宿の情報では、基本的に値段が表示されており、値段交渉の必要なく定価で安心して購入できるし、モノが確かであるとのこと。 前日の雰囲気からも、いきなりスークでの買い物はやや…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・観光編・1st Day

    ついにマラケシュ・メナラ空港に到着。 これから3泊4日のマラケシュ観光の始まりです。 モロッコには今からさかのぼること26年ほど前に、スペイン旅行をした際にアルヘシラスから船でモロッコの港町タンジェへ行ったことがあります。 当時の記憶では、とにかくどこにいても話しかけられ、ガイドを頼んでいないのに勝手に説明され、お金を要求される。失礼な話ですが、ハエを追い払うように話しかけてくる人たちを追い払いって町を歩いていました。 はてさて、マラケッシュはどんな感じなのでしょうか? マラケシュ・メナラ空港から旅の宿・Riad Arianaまで とりあえずフナ広場に向けて出発! 宿の屋上テラスで涼む マラケ…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・食事編

    マラケシュ3泊目にして初めてレストランへ 「絶対にタジンとクスクスを食べるぞ」という固い決意をもってマラケシュに向かったのですが、いざ現地入りしたら、あまりの猛暑のせいか⁉ 今一つ食べることに積極的になれず。食い意地のはっている我々には珍しいことで、我ながら?と思いながら最終日を迎えました。 やはりそんなに熱意は持てなかったのですが「このまタジンとクスクスを食べずに帰るわけにはいかない」という気持ちは捨てられず、ネットでゆるく検索して見つけたのがこのお店、ジャマ・エル・フナ広場にほど近いところにあるCafe Snack Babouchです。 お茶休憩はそろそろ終わり、夕食にはまだ早いという5時…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・旅の宿・Riad Adriana その2

    リヤドの朝食 朝食はルーフテラスになっている屋上でいただきました。朝食タイムは8~11時 生絞りオレンジジュース、ヨーグルト、コーヒー、紅茶、数種類のパン&パンケーキ、バター、ジャム、クリームチーズ、プレーンオムレツ、フレッシュフルーツ、ミントティーというラインナップでした。 タッセルのついたストローのランチョンマットや器がモロッコらしくて素敵でした。ドーム型の2つの可愛い容器、大きい器には砂糖、小さい器には紅茶のティーバッグ(ちなみにリプトンでした)が入っています。 ジャム入れがこれまたタジンを模した可愛い器。 この日は、イチゴ、オレンジ、サボテンの実(多分)のジャムでした。オレンジは皮入り…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・旅の宿・Riad Adriana その1

    マラケシュに行くなら宿は絶対リヤド 古い邸宅をリノベーションしたモロッコ独特の宿泊施設リヤドに泊まりたいということで、今回選んだのがこのRiad Adriana。 メディナ(旧市街)の込み入った路地に面していて車で直接乗り付けることができないため、部屋の予約の際、空港からの送迎サービスも同時に予約しておきました。 ドライバーさんが到着ホール内ではなく空港建物を出た先で待ってくれていたため「お迎えがいない」と一瞬焦りましたが、無事発見することができました。空港からメディナ(旧市街)までは車で15分ほどです。 車は城壁の北西に位置するDoukkala門を入ってすぐ、スーク(市場というか商店街)の入…

  • 猛暑のモロッコ・マラケシュへの旅・リスボン空港・TAPポルトガル航空ラウンジ・リベンジ

    今回は今年5月にも利用し、かなりの悪印象だったポルトガル・リスボン空港のTAPポルトガル航空ラウンジ(Premium Lounge)を、改めて利用してみました。 www.flytap.com 前回はとにかく、ラウンジ内のシートの汚れがどこもひどく、座るのをためらうほどだったのですが、はてさて今回もそのままなのでしょうか? 前回のレビューに関して 改めてきちんとレビューする! 最後に 前回のレビューに関して 興味ある方はまず、こちらをご覧ください⇩ www.oni-taiji.com 前回ポルトガルのポルトへTAPポルトガル航空を利用して向かう際に、リスボン空港でこちらのラウンジを利用した際には…

カテゴリー一覧
商用