searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ちゃくまさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

・書籍『簡単に暮らせ』9刷&台湾出版され文庫版が2020年11月発売、重版される ・書籍『もっと簡単に暮らせ』5刷される ・書籍『服を減らす35のコツ~29枚の服で365日を快適に暮らす~』電子版、アマゾンkindle限定(3冊目の本&セルフ出版、2020年12月発売)

ブログタイトル
簡単に暮らせ
ブログURL
https://www.kurase.com
ブログ紹介文
主婦ミニマリスト。FP。ミニマルに自分らしく簡単に暮らす/お金を貯めるコツ。ふるさと納税、NISA、iDeCo活用/書籍「簡単に暮らせ」「もっと簡単に暮らせ」「服を減らす35のコツ」好評発売中。(ファイナンシャルプランナー〈AFP資格有〉)
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/chakuma_kurase
ブログ村参加
2018/08/11
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ちゃくまさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ちゃくまさん
ブログタイトル
簡単に暮らせ
フォロー
簡単に暮らせ

ちゃくまさんの新着記事

1件〜30件

  • セリア100均極小手帳で持ち物をミニマルに

    手帳は持たない主義でしたが、今回は買いました。 10月から使える手帳なので、すぐに活用できます。 手帳は山のように種類がありますが、今回選んだのはこちらの極小タイプです。 「少しでも荷物を、ミニマルに身軽にしたい。」 そんな視点で手帳を選んだら、これが目に留まりました。 手のひらに収まるくらいの、小さくて薄い手帳。 小さくても、中身は立派です。 スマホに予定を書き込むことはできますが、やっぱりアクセスが早いのはアナログな手帳です。 色はバッグの中で発見しやすい赤を選びました。

  • 書店で宝探し

    先日、とある大型書店に行きました。在庫数が多い書店の最大のメリットは、絶版になっていない限り、現物を目にしてから買えること。 一方でデメリットもあるんです。それは在庫が多いので、目当ての本が見あたらないことが多々あること。もちろん検索機がありますから、それで調べれば普通は見つかります。 (画像と記事は無関係です) ところが、検索機と実際の棚の場所がまるで違っていたんです。 さて、そんなこんなで今回も、疲れ果てつつ本を探したのです。そういう時は書店員さんに尋ねれば解決・・は当然ですが、私はこういうとき「縁があるかどうか」を試すことにしているんです。 これまで多々本を買った経験から実感するのですが…

  • 「ありのままの自分」は、ドーナツの穴を食べようとするように不可能なもの

    無(最高の状態) はじめに この本をパラパラとめくると、まず目に入るのは、各章ごとの真っ黒いページ一面に記された表紙です。「苦、自己、虚構、 結界、 悪法、降伏、 無我、智慧」の文字が目に飛び込みます。 (出典 Amazon商品紹介ページ「無(最高の状態) 単行本」より) 人は苦しみから逃れる方法はないのか 誰しも生きていく過程ではポジティブ思考になり切れない。一方で望ましい体験は長続きしない。ネガティブな思考にさいなまれることは、誰しも経験がありますよね。 「わかっちゃいるけど、やめられない」 的な感じ。 本書の冒頭では、こんな状態を「ハムスターがホイールを走る状態」にたとえています。これは…

  • 0.1歩でもいいから行動する

    「諦めた」 と言う割に多くの場合、実は諦めていないのだと著者の森博嗣さんは言います。 よく相手の話を聞いてみると諦めているのではなくて、「憧れる」ことを諦めたに過ぎないとのことです。 この本は、出版の一年9カ月前に編集者さんから依頼されたものだそうです。 「どのように諦めるのか、気持ちの切り替え方のようなアドバイスが欲しい」 諦めの価値 (朝日新書) ところが著者いわく、諦めたことはないといいます。もちろん、仕事では締め切りがあれば、ある程度のところで提出しなければならないなどの一般的な制限という意味での「諦め」は当然あると前置きした上でのことです。 依頼した編集者さんの言い方から想像するに、…

  • 「年齢学歴不問・主婦可」

    著名人の読書論系本が好物です。 この本は、「知の巨人」と呼ばれる著者の読書論が詰まった本です。 読書論のほか、最も興味を引いたのは、著者が新たに秘書を1名採用したときにエピソードです。 立花式読書論、読書術、書斎術 ぼくはこんな本を読んできた (文春文庫) はじめに いわゆる「秘書問題」があります。この状況の著者はまさに、今回読んだ本には、「秘書問題」を地で行く話題が掲載されていて興味深く読みました。 「知の巨人」の秘書1名をどうやって採用したのか 実際は「秘書問題」同様の採用をしたわけではないのですが、一連のエピソードは興味深かいものでした。 だれかを雇う際の基準は、その人のコアな部分が現れ…

  • 「捨てる主義」を取り入れていく

    「無難に無難に」生きている自分がいて、書店をふらふらしていた時、真っ赤な表紙に引き付けられました。 自分の中に毒を持て<新装版> 「何かを始めて続かないんじゃないか(略)」 というように何か惹かれるものがあったら、パッと手を出してみるといい と書かれています。 何かを始めたら続けなくてはならない。 周りがどう思うだろうか。 計画を立てないといけない。 こんな風に考えてしまい二の足を踏んでしまうのは、良くも悪くも学校教育の流れなのかもしれない。 完璧主義を目指してしまったり、上には上がいると気づいて途中で断念してしまうのも、「成果主義」の良くも悪くもの成果なのかもしれない。 計画を立て、その計画…

  • 「生きづらさ」は年々軽減している

    よく言われる「生きづらさ」に関して、少なくとも日本においては年々軽減しているとも感じます。 ・・と書くと「そんなはずはない。コロナもあるし、世の中は苦しんでいる人が増えている」と反論が来るかもしれません。 ここで言うところの「生きづらさ」とは、「世間の偏見」から来るものについてです。確かに、コロナだけではなく、世の中全体の諸問題は、私たちが向かわなくてはいけない。 一方で、世間が個人に対して、やれ「結婚しなさい」とか「子供はまだなの」とか、「2人目はまだ?」のような身近な偏見をはじめとして、「いわゆるカミングアウト」的概念のようなことさえも、年々寛容になっていると感じています。 とはいえ、客観…

  • 「よく歩く」人はお金が貯まる

    「よく歩く」人はお金が貯まります。 なぜかというと歩くことにはお金を払ってやっているようなことが、すべて含まれるからなんです。 まずは単純に、電車やバス、車で出かけるところを歩けばお金はかかりません。(飲み物代や食費がかかるというツッコミは除外して下さい) 世の中の人はダイエットのためにジムに行ったり、ダイエット食品を買ったりエステに行ったりします。けれどもこれらの大事な部分は歩くことでかなり代用できます。(もちろん、時間や環境の都合で、道路を歩くことが危ないとか夜だとかの理由でジム利用もありでしょう。ジムだからできる器具を使ったトレーニングもあります) 単純な話、ジムはお金がかかります。それ…

  • アマゾンフレッシュのカートに入れた商品を削除する方法

    先日、アマゾンで買い物をしていたら間違えてフレッシュ対象商品を買い物カゴに入れてしまいました。 ところが最初の画面に削除ボタンが見当たりません。 結論を言うと、フレッシュの買い物カゴは、次の画面にあります。 通常のアマゾンの買い物は、買い物かごに入れたらすぐに削除ボタンが表示されます。 ところがフレッシュは、2画面目に進まないと削除ボタンが現れないシステムのようです。 それでは間違えて買い物かごに入れたフレッシュの商品を削除する方法です。 通常は買い物カゴに商品を入れると、隣に削除ボタンがあります。それをタップすれば済むのですが、フレッシュの買い物カゴには削除ボタンが表示されていません。 でも…

  • 不用品を処分しやすくする工夫5つ

    長さを計ったら、わずかに普通ごみサイズを超えていました。 「仕方ないけど、粗大ごみに申し込むしかない、か・・」 と、また面倒だなあと思ったのですが、ふとひらめきました。 「分解できないだろうか」 処分したいのは自転車の空気入れです。 よく見てみると、分解できそうなつなぎ目がありました。 というわけで、こんな風に分解できました。 再び最長サイズを計ってみました。 結果は、無事普通ごみ(不燃)サイズ内に収まるサイズになりました。 明らかに大きいものを分解するのは手間のほうが大変ですが、この程度なら普通ごみに出せる方が簡単です。 粗大ゴミに出すつもりでしたが、簡単に分解できたうえに、サイズも普通ごみ…

  • お金を貯める5つのコツ基本編

    今回は、普通の人が特別な方法を使わずにお金を方法を5つ紹介します。この方法は貯める基本中の基本なので、実践すれば誰でも確実にお金が貯まります。 お金を貯める5つのコツ基本編 1 自動引き落としで定期積金をする 毎月決まった金額を自動引き落としで、銀行の定期積金に入金します。給与が振り込まれるのが25日なら毎月26日くらいを指定して定期積金に振り込まれるように設定します。 2 不要な付き合いをしない 人付き合いが多いと連動してお付き合いのお金が必要です。慶弔費や細かな集まりやそれに着ていく服、手土産などばかになりません。 もちろん人付き合いを「お金のためにするな」というんではないんですよ。惰性で…

  • お金の原価・「1円玉のコストは〇円」では1万円札は?

    「一円玉作るのに3円かかるって知ってる?」(父親らしい人) 「そうなの?」(その子供で、小学生くらい) というCMを見て、疑問に思ったことがあります。 1円玉は製造コストが3円かかる(お金の額面より製造コストが高い) ・・じゃあ、それ以外のお金はどうなの? 普通に考えて、硬貨は製造コストが額面に比べて高そうです。でも、紙幣はどう考えても、額面に比べて製造コストは低そうですよね。 でも、例のCMでは、一円玉の話しかしていない。だから、子供は「貨幣はモノとしての価値が額面より高い」と勘違いしそうでもあるなあ、と思いました。 まあ、子供とはいえ、CMに出ていたくらいの年齢なら、 「じゃあ、5円は?1…

  • 活用している地図関連3種

    今回は、生活を便利にして自分の感覚をより研ぎ澄ます効果があり、かつ楽しみも増える愛用の地図関連3種を紹介します。 一枚の大きな全地図 まずは最近、10年ぶりくらいに東京の地図を買い換えました。一枚の大きな紙に、全容が記載されているタイプの地図です。 「地図なんて、スマホのアプリがあるでしょ。」 と思うかもしれませんね。それから書籍タイプのほうが見やすいと思うかもしれません。 でも、大きな一枚の紙の地図を見ると、それぞれの位置関係や、距離感が一目で感覚的にわかるんですね。これがいいんです。散歩に行くときも便利です。 都市地図 東京都 東京全図 昭文社 Amazon 特に私は地方出身者なので、都内…

  • スマホを見すぎないための対策5つのコツ

    「つい、スマホを見すぎてしまう」 そんな状況が気になってはいないでしょうか。 私も以前、初めてスマホを持った時には「スマホ見過ぎ」に、「ちょっとまずいんじゃないか」と考えました。 スマホって、小さくて手元にあるので、クセになるとしょっちゅう見ちゃうんですよね。 そこでとった対策は、次の5つです。 スマホ中毒にならないための5つの対策 不要なアプリをアンインストールする 通知をオフにする 画面を暗くする 文字を小さくする ネット閲覧はPCかタブレット(10インチ前後程度)に限定する スマホは便利ですが、つい手が伸びてしまうと思うアプリを、思い切ってアンインストールします。 通知はオフにして、自分…

  • アップルウォッチを更新したらスイカが消えた時に対策したこと

    アップルウォッチ登録のモバイルスイカが消えてしまったので、元に戻した話をします。 ことの発端は、スマホを触っていたこと。うっかりアップルウォッチの設定に触れてしまったようで、気が付いたらアップデートを進める画面になっていました。 普通はそんな時「戻る」とか「キャンセル」すれば良いのでしょうが、なぜかできなかったのです。キャンセルボタンを選択すると「工場出荷状態に戻りますが、よろしいですか」の文句が・・。ですので、アップデートを進めるしかありませんでした。 途中で何かわからないけど、iCloudに再度サインインを求める画面が出ました。いわれるままID(登録したメールアドレス)とパスワードを入力し…

  • ユーチューブ視聴のチャンネル登録整理は「常時20件以下」にする理由

    ユーチューブのチャンネル登録は、「常時20件以下」と決めています。 ひと月に一回程度、登録したチャンネル登録を見直しています。ユーチューバーの方にとっては、このようなスタイルの視聴者は歓迎しないと思います。 でも、ユーチューブの現在の構造上、そうせざるを得ないので仕方がないのです。 ユーチューブのチャンネル登録は簡単ですが、解除するのはちょっと手間です。まとめて登録解除したり、登録したチャンネルを並べ替えたり、分類したりできないですよね。 チャンネル登録を気軽にやってしまうと、登録チャンネルが膨大になります。少し前に重い腰を上げてチャンネルの整理をしたのですが、とても大変でした。 このようにチ…

  • 先のことを考えすぎない

    まぁ、確かにある程度は先のことを考える必要はあるのですが、「ほどほど」が大事だと思っています。 例えば、あるかないかわからない不測の事態に備えすぎると、「今」が目に入らなくなってしまいます。 身近な例でいえば、子供の運動会で撮影に熱心になるようなことがそう。一番大事なのは、今この瞬間なんです。カメラのフィルターを通して記録することじゃない。 もちろん、楽しい思い出を記録して何度も見られればそれに越したことはない。でも、実際、私も息子の運動会の撮影に夢中になった結果、肉眼で見る躍動感を失いました。 当時、そのことに気づいてからは、撮影はほどほどにしました。徒競走のような瞬間が大事なものは撮影しな…

  • 「えきねっと」に2年ログインしていないと自動退会処理される

    JR東日本の「えきねっと」ですが、2年ログインしていないと自動的に退会処理されるそうです。 会員にはメールが行っているので、このことを知っていれば問題ないのですが、メールを見逃してある日ログインしようとしてログイン出来ないと、焦りますよね。多分。 私はずっと、えきねっとを使っていないので、放置していると退会処理されるかも。一度ログインしておけばよいのですが。 コロナの影響で、旅行を控えるなどの結果、ログインしていない人は多そうです。なので、ある日ログインできなくて、焦る人が続出する可能性がありますね。 というわけで、もしメールに気づいていない場合、一応知っておくと慌てないと思いますので、記事に…

  • カフェでノマドするなら住まいはミニマルでいいんじゃないか

    カフェで作業したり読書したり、のんびり過ごすのが好きな人は多いですよね。 カフェには自分以外の人がたくさんいますが、それらの人は赤の他人で、コミュニケーションをとる必要はありません。でも、一人じゃない。 テーブルやイスは必要最小限だし、メニューもレストランみたいにたくさんはありません。 でも、そこで過ごしてしまうのは、一人なんだけど一人じゃない、絶妙な距離感が心地良いからなのでしょう。 自宅はどうしてもマンネリしがち。でも旅行とか大それた外出じゃなくても、カフェに行くくらいなら、手軽に気分転換できます。 でも、ふと思ったのです。 「カフェなどの自宅以外で過ごすのが心地いいなら、そもそも『自宅』…

  • 月曜日に面倒な用事を入れる理由

    なんとなく面倒な用事は、可能な範囲で月曜日に入れます。 理由は月曜日がちょっと苦手だからです。苦手ついでに面倒な用事を、月曜日にまとめてしまうというわけです。 皆さんは月曜日って好きですか?休日などの関連もあるだろうし、休日より子供が学校に行くからホッとするので「月曜日が割と好き」なんて人もいると思います。 というわけで、同じ感覚で用事を入れるならば、火曜日が苦手な人は火曜日に用事を入れる手があるし、水曜日がそうなら水曜日に入れるのも手です。 月曜日は、公共の機関が休みのことが多いし、美容院が休みのところも多いです。自分がそのつもりで出かけたら「今日は休業日」なんてことは多いです。 それから月…

  • 味噌汁にダシはいらない

    かつて、味噌汁に何とか楽してダシを入れようとしていました。 手抜きだと思っていた少し前は、鰹節を味噌汁に入れていました。もちろん、この方法は、入れられるならそれでもいいんです。 だけど実は味噌って、お湯でただといだだけでも、十分に美味しくて栄養があるのです。 例えば筆者は、朝起きてから朝食を食べるまでの時間差があります。3~4時間くらいあるので、朝起きて軽く歯を磨いてから、お椀にみそをティースプーン一杯入れてお湯を注いで飲むようにしました。 朝食の時間が遅いと、減塩気味の食事をしているので、ミネラル不足になると考えてのことです。特に今の季節は、湿度が高くて気温が低くてもじっとり汗をかきます。 …

  • 箱善の存在を知る・食器を洗わない暮らし

    「家事が大変」というけど、便利家電があるじゃないか・・というように、現在は家事は昔に比べて楽になったと思われています。でも、それは錯覚かもしれません。 ということを知るヒントになるのは、箱膳という箱の存在です。この箱は一人一つを自分で管理していて、中には一人分の食器が入っています。 食べるときは、箱膳を置いて、蓋に食器を並べます。食べ終わったら、残しておいたたくあん一切れでご飯粒などをぬぐいながら、いっぱいのお湯を飲んでまた蓋をしてしまうのです。 箱膳 隅切 お膳 漆塗り 木製 漆器 茶櫃 つまり昔の日本人は食器を洗わなかったのです。というと衛生面が気になりますが、最後にお湯を入れるので殺菌に…

  • ふるさと納税でお得に米をもらいました

    ふるさと納税で無洗米の米をもらいました。 ふるさと納税は配送が分かりにくいので、生鮮品はタイミングが難しいです。でも、お米ならば常温でそこそこ保存が効くし、必ず食べます。 なかには真空パック品や、無洗米、玄米など結構多様な品がありますよ。 筆者は今回、初めての注文なのでまずは少量を寄付しつつ還元率が高いところを選びました。 今回の無洗米のお米は5千円の寄付でいただきました。(送料込み)通常、無洗米を買うと2キロで千円くらいです。3袋なので3千円とすれば、還元率は推定60%くらいです。 全般にふるさと納税の還元率はお米は比較的高い傾向があります。お米以外の品の場合20%~30%が多く、農産物は5…

  • バッグを小さくして持ち物を減らすことに慣れる

    最近、思い切ってバッグを小さめの(自分にとっては)ショルダーバッグに変えました。 もちろん必要に応じて元のバッグを使うことはありますが、バッグを小さくしたことで、持つものを厳選する習慣がつきました。そして不確かなものは、思い切って持っていかないことにも慣れました。 例えば、 一番大きい外せない荷物は350mlの水筒です。 財布は5年前に山歩きに持っていっていたミニ財布です。 それ以外の荷物は、 スマホ、テッィシュ、アルコールウェットティッシュ、予備マスク一枚、虫刺されの薬とミントのアトマイザー(虫に刺されると腫れてしまう軽いアレルギーがあるため)、鍵だけです。(トイレ後の手洗いはティッシュで拭…

  • 投資を始めても良いかどうかの意外な条件は○○を理解しているかどうか

    最近は投資に関心のある方が増えていますね。 書店に行くと様々な初心者向けの方の投資の本やお金の方が並んでいます。ところが一口に投資といっても、その意味と幅がとても広いので注意が必要です。 もちろん、中身をきちんと理解して利用する分には全く問題ありません。 たた、昔は投資と言うと怪しげなものからシンプルなインデックス投資のようなものも一緒に見られている傾向にありました。 そのため、適正なインデックス投資のようなものでも 「投資は素人が手を出すもんじゃない」 のように言われていました。 内容を知ることすらしないままに、銀行の定期預金だけで終わらせていた方が多かったと思います。 もちろん、預金総額が…

  • 節約の秘訣.クレジットカードから〇〇払いすることで変わること

    キャッシュレスは便利ですが、クレジットカード払いをメインにするとちょっと面倒なことがあります。それは使った時と実際に引き落としをされる時期にズレがあることです。 もちろん、残高に注意していれば、問題は無いのですが、どうにも「気持ちが悪い」という状況になります。 筆者はどうにも庶民感覚なので、使ったお金はその場その場で完結させたいと思うわけです。 けれども利便性を追求しようと思うと、例えば通販の買い物などでは断然クレジットカードを使ったほうが便利です。 例えばふるさと納税は、楽天を利用しています。直接自治体に申し込むよりも簡単ですポイントも付いてお得です。 さらにクレジットカード決済もできますか…

  • 物が多いとお金がたまらない

    物の多さは、お金の無駄遣いに直結します。 なぜなら、家の中にあるものはお金を払って買ったものだからです。 普通に暮らすためには、「多い」と感じるほどのものは必要ありません。 むしろ、「ちょっと足りない」位がちょうど良いと実感します。 私たちが新しい暮らしを始めるときに取り入れるものは、何を根拠にしているのでしょうか。 自分の頭で考えていると思っていますが、実はそうではないと後になってわかりました。 何らかの情報で見かけたものに影響されているんです。 SNS、通販サイト、お店の陳列、… たまたま見かけた光景で「これらを揃えなければならない」と錯覚してしまうんですね。 例えば、ソファー、ダイニング…

  • ニトリのジェルシートクッションでデスクワークを快適にする

    ジェルシートクッション(エアー U タイプ) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】 〔合計金額11000円以上送料無料対象商品〕 木製椅子なので、そのままだと時間が経つほどにお尻が痛くなってきます。そこで「シートクッションが欲しいなあ」と思ったとき、ニトリで良さそうなものを見つけました。 改めて通販サイト全般を見て知ったのですが、最近この手のシートクッションが流行っているみたいですね。在宅勤務が増えたり家籠りが増えた影響でしょうか。 以前は綿が詰まったクッションしか商品展開されていませんでしたが、今はこんなタイプがあるんですね。 構造はひし形構造のジェルタイプのもので、蒸れずに疲れにくく座れ…

  • 食費(と多少の日用品)節約のために少しだけ工夫してみた

    はじめに 「コロナで出かけられないし、このくらい大目に見ないと、ね。」 そんなノリで注文していたら、筆者宅の食費は跳ね上がりました。そこで節約を試みました。 購入費が上がった要因 主に基本的に食品はごく普通のものしか買っていないのですが、原因は以下のことです。 果物 今年の夏は毎週スイカを丸ごと一個買いました。丸ごと一個のスイカは安ければ2千円、ちょっと高いと2,500円。お盆を過ぎたら一個5千円くらいに値上がりしていたので、さすがに買うのをやめました。 また、これまで「果物は健康のために割高でも食べないと」と思っていました。 サバ缶 他にはサバ缶も結構食費を跳ね上げます。血液サラサラ効果が高…

  • 文庫本と新書を最近よく買っています

    最近、筆者がよく買う本は文庫本と新書です。 新書は以前から、定期的にチェックしてよく買っていました。けれども文庫本は、あまり買わない傾向にありました。 一転して文庫本をよく買うようになったきっかけは、以前出版された単行本が文庫化で出版されたからかもしれません。→簡単に暮らせ (だいわ文庫) 以後、書店の文庫本の棚をよく見るようになりました。それで改めて気づいたことがあります。単行本は、出版されてある程度の月日が経つと、多くは書店の棚から消えたり、目立たない場所に移動されたりします。 一方で文庫本は、多くの本が書店の棚に長い間並んでいます。もちろん平置きか棚差しかの違いはありますが、文庫を買おう…

カテゴリー一覧
商用