searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ゴロー・Oさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

Yahooブログから引っ越して来ました。 ヨーロッパ6か国で勤務した後、ワルシャワに永住しています。 自然や小動物を中心に“ヨーロッパの田舎”を紹介したいと思います。

ブログタイトル
写日記@ポーランド
ブログURL
https://larciatoja.blog.fc2.com
ブログ紹介文
ヨーロッパ6か国勤務後、ワルシャワ永住です。 美しい自然と大好きな野鳥や小動物達の写真とともに日々の出来事を綴っています。
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/03/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゴロー・Oさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゴロー・Oさん
ブログタイトル
写日記@ポーランド
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
写日記@ポーランド

ゴロー・Oさんの新着記事

1件〜30件

  • コウノトリ雛がもう飛び回っていた

    空っぽの巣の隣の草原にいた2羽のコウノトリ 望遠で覗くと…何とくちばしが黒い! 大きくなった若鳥達だったもう餌取をしている シュバシコウの巣立ちは孵化後約2か月撮影は10日なので 5月初めに誕生した雛達 これは早い!暖冬の後 寒い春 だから営巣時期がまちまちになったのだろう若鳥達が次々に飛び立った 飛び方はもう親鳥と同じだ悠々と空を旋回しながら 多分私を観察してもいるはず何とかアップで1羽の若鳥を捉えること...

  • コウノトリ雛2羽がいなくなった…

    ワルシャワのもう一つのコウノトリの巣に向かう途中に驚いたのが今年初めて営巣しなかった巣に親鳥がいたことだった…2時間程前に通過した際にはいなかった 勿論雛も全くいないくちばしの赤い親鳥 体がかなり濡れているので休憩中?昔ここで生まれた鳥が訪れたか 営巣に失敗した鳥なのか…よく分からないまま新興住宅地内に取り残された緑地の巣に到着踏み分け道の向こうは草原 その更に彼方に団地が続くあれ? 3週間余り前にい...

  • ワルシャワの4羽のコウノトリ雛達

    3週間余り前に御紹介したワルシャワ市内のコウノトリの巣4羽は大きくなっただけでなく とても綺麗な雛達…いや若鳥達だww 昨日撮影だが 不安定な天気で雨が時々降る昼前の住宅前なのに蚊が何匹も襲って来たのには驚いた半パンで歩くこの女性は大丈夫なのだろうか…wwそれはともかくすくすく育った美男美女の若鳥達だと思うww表情もとてもいい 幸せな環境にいる感じがする暫くして雛達が急に座った 巣の正面の家の屋根に親鳥がいた...

  • ハクセキレイ若鳥は縄張り警備員?

    別荘デッキにハクセキレイ親鳥がいた 羽繕いでも昼寝でもないボーッと見つめている もう子育ては終わり 確かに暇だろうが…後ろ姿には一抹の寂し気な感じがなきにしもあらず若鳥達もこのデッキに時々来るが 専ら活発に動き回っている餌は親に全く頼らず自活だ そして親共々この近辺の芝生が縄張りだから基本的に親鳥と行動を共にしているし 一緒の姿もよく見る顔はまだ白くないが 親と同じ格好で芝生にいると親子だと思う但し親...

  • 先月シャク街道 今はチコリー街道

    また青系だが ゴルフ場入口前が今『チコリー街道』になっているここでこんなにチコリーが咲くのは私は初めて見る気がする野菜として売られているチコリーは新芽を冷暗所で育てたものだ当地では道路沿いに咲く夏の花 見事にすべてが青い!1ヵ月前は白いシャクの花が続いた道 シャクはもうない『シャク街道』はこちら→白い花が延々と続く『シャク街道』この花は道沿いが大好きだ だが太陽燦燦の場所ではない東西に走る道路の北側...

  • ごめんなさいの夕焼けプレゼントww

    昨夕は素晴らしい夕焼けだった 但しその直前はまた嵐ww予報は午後早めに小雨 だが降らなかったので17時頃からプレー間もなく猛烈に降り出し別荘に逃げ帰った 暫くして小振りにそしてもう20時を過ぎてから西の地平線に隙間が出来て…夕陽がチラッと顔を出し 見応えのある夕焼けを次々に演出この後が最初の写真になる この時は楽し気な夕焼け但しまだ時々パラつく一方で 私は蚊の襲撃と戦っているwwクラブハウスの入口側の池 私の...

  • この夏の雨の多さが見えるゴルフ場

    ワルシャワ南郊外のゴルフ場 この夏は時々このようになる中欧の夏は言わば乾期なのに今年は冬からともかく異常気象だ…雨は降り続く訳ではないのでコース上の水はすぐになくなるだが池はずっと水が溢れている 実際の岸は草が立っている所だこのホールで池ポチャならぬコースポチャをやってしまったww当地の年間降雨量は東京の3分の1 だがこの夏は急に嵐になる…水が多いので虫が多い だからだろう野鳥も多いwwコース上でヤドリギ...

  • いいことも悪いことも~ホテルの巣

    世の中にはいいことも悪いことも…だがこれはやはり残念だホテルのコウノトリの雛が孵らなかった つがいは留守勝ち…時々帰って来るが 雛はいない 雨の多い悪天候続きだったからだ去年に続き今年もダメだった…暗い気持ちで別荘に帰って来た道路脇の茂みへ野鳥の親子が移動したのが見えただが1羽の雛が縁石にじっと立ち すぐ隣に母鳥がいるようだ写真は道路から敷地内に入る門を見たところで ホテルは右方向車を停めて撮り始めたが ...

  • 久し振りの霧が晴天の朝を彩ったww

    ワルシャワ南郊外の今朝 ほぼ無風 期待通り霧が出た暦上の日の出10分後 北西の林の上にくっきり朝日が見えたこんな時間にもうゴルフ場従業員が働いていたこの1番グリーン手前 私の目の前にはプレーヤーもいたwwクラブハウス前の池に移動 霧が陽光に輝き始める快晴で朝焼けはなし 霧がなかったら単調な朝だった…露一杯の芝生に陽光が当たり 輝き始めたオッ 従業員が次のグリーンへ移動だww日中は20数度だが 今朝は12度 無風...

  • 雛3羽はやはり『一人でお留守番』

    では雛3羽の隣町外れの連中は? もう『一人でお留守番』だ撮影日は雛1羽と同じ日 この雛達の方が幼い感じさえする…その理由はくちばしがまだすっきり長くないように見えるから食べた餌の量が1羽の巣の雛より少ないから?! さもありなん…それはともかく親の仕事量の差は口1つと3つで大違いだろう実は最初は2羽しか見えず 心配になった立った雛は親が運んで来た餌の残りがあるのかまだ漁っていた3羽目が頭を出さないので角度を...

  • 雛1羽は過保護になっているかもな

    ワルシャワ南郊外の別荘に近い村の巣 最初は2羽の親鳥?そう思った もういい姿だし くちばしの色がよく見えなかった偶々親鳥が一緒にいて 雛は座って見えないと思った通常 1ヵ月もすると雛だけで巣に残れるようになる『一人でお留守番』のはずなのに違った…もうこんなに大きいのに親鳥が今も一緒に必ずいる実はここ数年1羽雛の巣を見たことがあまりないだが今年は悪天候で雛1羽の巣が2つも出来てしまった…親鳥がちゃんと立つと確...

  • 名前通りに紅いフチグロベニシジミ

    昨日の続きだが 頻繁にチャイブの蜜を吸っているチョウ翅を閉じた姿は普通のベニシジミ いやもっと地味な色合いだが…翅を広げるとパッと目立つ 特にチャイブにとまっているとwwまさに紅色だ 当地には多いフチグロベニシジミ実際にこのチョウは飛ぶ時以外は殆ど翅を開いてくれないチャイブからブタナに移動した直後 翅を開いたままだった全く別のチョウ そう思われるかも知れないので証拠写真ほんの少し開いた翅の表面 やはり...

  • 青紫の夏の花チャイブが咲き始めた

    ワルシャワ南郊外の別荘近辺 青紫のチャイブが咲き始めたどうも私は青系の花が好きらしいが 実はこれも大好きな花の一つ名前を長い間知らなかったが やっと分かった昨年投稿した際 ブロ友さんの御指摘もあり 色々と調べたヨーロッパ原産でチャイブと呼ぶネギ科植物で和名はエゾネギ栽培ではなく全く野生で 当地ではこの青紫色が普通だ細長い茎にぼんぼりのような小さな花が咲くが よく見ると…これまた細長い花弁先端に極小の白い...

  • ショパン像前の池にカモの雛が8羽

    ワルシャワのショパン像前の白赤のミニバラがやっと満開だまだ不安定な天気だが 気温は高く開花の遅れを取り戻した感じだバラのショパンも満開 まだ次から次へと新たな花が開いているこの写真を撮っていてショパン像前の池に…マガモの親子がいるのに気付いた 雛の数が多い!何と8羽もいた まだ孵化後1週間経っていないような雛達ww冬は水を抜くコンクリートの池 ここで雛を見たのは初めてだ餌があるのか心配になるが 母鳥は何...

  • アルビノ・オシドリの雛は普通の色

    白ちゃんが池に入ると雛達も次々に続いた やはり白ちゃんは母親しかも雛は6羽 エライ! 白ちゃんを最初に見たのは去年8月今回最初の繁殖期だと思うが ちゃんと雛を生んだ雛は全く白くない これが当たり前で私に偏見があったのだろう何故なら両親がアルビノでなくてもそうなる可能性があるまた原因の遺伝子が複数あり その両親の子がそうなる訳でもない孵化後1週間程の雛に見えるが もうしっかりした感じだ雛達が私のいる岸辺に...

  • アルビノ・オシドリ白ちゃんの雛?

    ワジェンキ公園でアルビノ・オシドリの白ちゃんに遭遇した白ちゃんも私を見た 1ヵ月ぶり いやそれ以上だと思うww白ちゃんはまた居眠りを始めたが…オッ 手前に雛がいる?確かに木の陰にカモ類の雛が団子になって座っていたwwオッ 過眼線がくちばしまで伸びてない これはオシドリの雛だ興味深そうに私を見る でも母鳥は?まだ孵化後1週間前後に見える雛達 母鳥が必ず近くにいるはず…だが岸辺にエクリプス済みの雄マガモが2羽いる...

  • 『フランスギク草原』は麦畑だった

    フランスギクに覆われた村入口の草原 なんと麦畑だった!麦は自然に生えたものではなく やはり種を撒いた感じだ…道路脇の草原と思った麦畑 右側に続く果樹園から見たともかく凄い広さだ Google Earthで測ると長さ300mもあるだがこの荒れようは…その向こうには普通の麦畑がある何らかの理由で雑草対策をせず荒れるに任せたのだろうが…チラホラとヒナゲシに加えてヤグルマギクがやはり見えるそれにしてもフランスギクの繁殖の凄さ...

  • 村の入口はフランスギク通りだが…

    隣町の牧草地にフランスギクが増え始めたが 別荘ある村の入口も突如と言った感じで増えた まるで『フランスギク通り』だwwこの花はヨーロッパ原産の全くの野草 綺麗な花だとは思う寒い春に続いて 今は気温が上がったが雨の多い不安定な天気だだからだろうか 野草の咲き方が異なるように感じるともかく急激に増えている 道路脇なので定期的に当局が伐採するそれが全く間に合わない 一緒に咲いている青い花はチコリー実はこの花...

  • ホテルのコウノトリは雛が孵った?

    ゴルフ場近くのホテルのコウノトリの巣 雛がまだ確認出来ない昨日の午後の撮影 親鳥は立って巣で何かをすることが多い…シュバシコウ雛の孵化は抱卵33~4日 5月18日には座っていた昨日23日は36日目だ 座り始めはその3~4日前と私は思っていた但し座り始めは産卵中の可能性もある一方でこの座り始めの姿勢は雛がいる感じもする だが見えないともかく不安定な天気がまだ続いている 雷雨になることも多いだから孵ったばかりの雛...

  • 道沿いの花園はヤグルマギクが主役

    ワルシャワ南郊外 隣町の牧場脇を走る『道沿いの花園』御紹介した3週間前と変わって 今はヤグルマギクが主役だ3週間前はポツリポツリだったが 今は路肩を覆っているそれに草丈が高いし 茎も太い感じがする 栄養満点か?wwヤグルマギクは麦畑沿いに多いが 道端のこんな群生は珍しい広い牧草地脇の青紫の花は通常は目立たないが これだけあるとやはり目立つww3週間余り前に目立った黄色のハナノボロギクはほぼない最初の写真左下に...

  • ハクセキレイ若鳥はすっかり一人前

    ハクセキレイ雛達を見てから1ヵ月になる もうすっかり一人前だ一鳥前かな?ww 餌取の合間にデッキで昼寝中らしいここで生まれた2羽のもう若鳥は今もデッキによく来るやはり生まれ育った『我家』のような感じだろうかww立っていた若鳥はすぐに餌取に芝生に出て行った何度も芝生に頭を突っ込む 間違いなく虫捕りだがよく見えないやっとゲットした写真が撮れた もう飛ぶ虫も捉えているようだ居眠り中だった若鳥も昼寝が終わったら...

  • 霧の夏至の明け方は人々が活動的ww

    夏至の朝3時半過ぎに目が覚めたので外へ出た 霧だった北の空が色付いていた だが曇り 空の色はすぐに失せた…4時前にゴルファーがもうスタート 一番乗りは韓国人グループ夏至の朝は例年夜明けとともにプレーする人達が結構いるそれに今日は日曜だしww暦上の日の出はまだ だが3時半にはもう明るかった気温は12度 最近では珍しくほぼ無風になったので霧が出た池の彼方で話し声が聞こえた 釣り人達 そしてテントもここで夜明か...

  • 今年初めて見た野鳥達~別荘近辺で

    これまた朝ゴルフ中だが 池の近くに珍しい鳥がいた ヤツガシラ頻りに虫捕りをしていた 頭の冠羽を開いてはくれなかったが…冠羽を開くとまさに王冠を被ったような姿になるイスラエルの国鳥に指定されているそうだながら撮影 プレー中の撮影なのでいい写真でないのが残念だが冠羽を開いた姿→Wikipediaのヤツガシラ写真ゴルフ場隣は小型飛行機の草滑走路 空を飛んでいた大きな鳥が…草原に降りたので何とか撮れた ヨーロッパチュ...

  • ビーバーが歩いて前を横切ったぞ!

    朝ゴルフ中にティーショットを打ってコースに向かおうとすると…一つ前のグリーン脇のバンカーを大きめの動物が歩いて来る!横のブッシュに逃げ込むウサギやキジを時々見るが この動物は…エッ! どんどん近づいて来て 目の前を横切るつもりらしい私は恐怖を感じた 何者か分からない大きな野生動物おっかなびっくりで何とか撮ったが やはり前をゆっくり横切ったずんぐりの丸い姿 後でPCで見ると動物も緊張した目をしている状況設...

  • 今が盛りの忘れな草は水辺に咲く

    忘れな草はヨーロッパ原産の野草 当地では春ではなく今が盛りだ日当りの良い草原には少なく 日陰もある水辺に特に群生しているこの溝沿いは典型的な群生地だ ここだけでなくあらゆる溝だがww午後になると日が当たる反対側の岸辺にも勿論群生しているそして水に浸かっても平気 こんな場所が大好きな野の花だドナウ川の岸辺に咲くこの花を騎士が恋人のために摘もうとして川に落ち 「僕を忘れないで」と叫びながら溺れ死んだ…まさ...

  • ワルシャワの最後の巣は雛が4羽!

    ワルシャワ市内のコウノトリの巣 更に3㎞程行った森の近くここでも期待通り営巣していた しかも雛がちゃんといるオー 3羽! 餌を食べ終わったようだが 時々また立ち上がるかなり大きいので孵化後3週間余りのように見えるもう1週間もすれば雛達だけで巣にいるようになると思うここはワルシャワの最北東部 まだ団地群は出来ていないだから何とか草原が残り 自然が保たれている昨日のと これが今も何とかワルシャワに残る2つの巣...

  • ワルシャワ市内の巣にも雛がいるww

    ワルシャワ市内のコウノトリの巣を見に行くと雛が2羽いた我家から直線で北北西に12~3km 今年も営巣してくれていたww2年前には付近一帯が道路及び下水道の工事で近付けなかった昨年は何とか見ることが出来 4羽の雛が生まれていた私の立つ場所は横に道路があり 巣の方向に踏み分け道がある巣の下を通り過ぎて反対側に出ると草原だが その彼方には…勿論ぎっしりと新興住宅 何せここはワルシャワ市内だ市の中心地まで10km程の距離な...

  • 野の花を摘む人々~村の道路脇でww

    ワルシャワ南郊外 ゴルフ場のある村は野の花が満開だ村の中心になる貴族の館だったホテル その前も御覧の通りあまりに綺麗だったのでホテル横に車を止め 撮影に歩き回ったここではヨーロッパ原産のヒナゲシが丁度見頃で 一番目立つ後ろを振り返ると私と同じように車をとめた人達が…撮影ではなく 野の花摘みをしていたww実は車を止めやすい場所で ここでは花摘みの人をよく見る花一杯のこの光景を見ると摘みたくなる気持ちが良く...

  • ゴルフ場に住み着いたユリカモメ

    ワルシャワ南郊外でゴルフのハーフを終えクラブハウスを見ると…ユリカモメがいた 朝8時前 もうプレーヤーがかなりいる人の往来があるこんな所で野生のユリカモメを見たのは初めて舌を出してハアハアやっていたあのクロちゃんではないかと思った…カモメは飛び去り 私はプレーを続けた 暫くしてクリークの橋にまたカモメがいてハアハアやっている 前回とは別の場所の橋これはもうクロちゃん 今回は私が通り過ぎる前に飛び去った...

カテゴリー一覧
商用