searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ギンコさんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
兵庫県

自由文未設定

ブログタイトル
すてきな水彩画ギャラリーGINKO
ブログURL
http://ultorawaon.jugem.jp/
ブログ紹介文
水彩画中心に、ちょっとした旅先の写真や絵画・映画・観劇・アニメ・漫画のトークのブログです。
更新頻度(1年)

120回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2018/01/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ギンコさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ギンコさん
ブログタイトル
すてきな水彩画ギャラリーGINKO
更新頻度
120回 / 365日(平均2.3回/週)
フォロー
すてきな水彩画ギャラリーGINKO

ギンコさんの新着記事

1件〜30件

  • 「つくばい」

    ☆2021年 6月☆初夏の頃になると描きたい気持ちが沸いてくる「つくばい」。毎年チャレンジし、毎年ボツリマス菌に侵される、または筆が止まる!今年、ようやく描き上げることが出来ました。めでたい!思えば長い道のりだった…ううっ&h

  • 「ハイドランジア 2021」

    ☆2021年 6月☆6月の花は何と言ってもアジサイ。この花ほど透明水彩が似合う花はないと思います。にじみ、ぼかしを駆使して毎年、悪戦苦闘のガクアジサイに今年も挑む!こんなに難しい花をなぜ描くの?それはね、そこに美しく咲いているから〜♪&nb

  • 苦手なやり取り、のお話

    ☆2021年 6月☆小学校の校庭のすみっこで大中小サイズがひしめくアリンコの隊列を飽くことなく眺めてお昼休みを過ごすーーーそんな子供だった。 先日、スーパーからの帰り道で雨上がりのゆるい日差しを受けたアイビーたちが目に留まりました

  • 「曇天に咲く」

    ☆2021年 5月☆梅雨の合間にそぞろと歩く今にも降り出しそうな空を見上げて降るなら降れよ、と笑ってみせる草ぼうぼうの道端に目をやれば名前も知らない白花が緑にまみれて咲いていたその日 

  • 「アオミオカタニシ」

    ☆2021年 5月☆ターコイズブルーの殻に絵心爆裂!宝石のように美しい青い色は殻の色ではなく本体の色だそうです。カタツムリの多くは触角の先端に眼があるのですがこのアオミオカタニシは触角の根元に眼があってその様子がとても愛らしいのです。沖縄や

  • 「クレマチス 2021」

    ☆2021年 5月☆あの程度の失敗でいつまでも凹んだりするようなら、水彩画なんて描いていられません。もたもたしてたらクレマチスの花びらが散ってしまうので反省もそこそこに急いで描く〜。そして来年は、きっと、もっと! 

  • ファーストウオッシュの呪い…のお話

    ☆2021年5月☆広範囲のファーストウオッシュがギンコは苦手でございます。それでもここ数ヶ月は、福井良佑先生からいただいたアドバイス「分割方式」によって、ウオッシュの失敗によるボツを免れ、すっかり気分を良くして過ごしておりました。が、好事魔

  • 「ブルームーン」

    ☆2021年 5月☆5月の主役はやっぱり薔薇でしょう。ブルームーン…って響きが良いです。何度も何度でもその名を呼びたくなる…ブルームーン…  ブルームーンブルームーンブルームーン

  • 「らっきょが一つ、トウガラシが二つ」

    ☆2021年 5月☆貴重な晴れ間のこの週末、季節の片づけや庭作業に大忙しだ。休憩がてらに縁側でのんびりと土らっきょの皮むき。頭上では厚地のシーツがぱたぱたと風にはためいてる。鯉のぼりの影だよ、と自分に嘯(うそぶ)く。  

  • 「藤衣」

    ☆2021年 5月☆GWが明けたら和田山あたりまで車を駆って盛りの藤を見に行こう。そのまま足をのばして竹田城まで行くのもいいね♪なんてことを計画してたんですが、まぁ、このありさまで。悔しいので野生の藤を描く。 大木に絡みついた藤が

  • 取るに足らないアタシのリベンジ?のお話

    ☆2021年 5月☆気持ちの良い晴れた日はぶらりとお散歩に出たりする。気が向けばスケッチをして、お昼は公園で一人ピクニックランチ♡が、うかうかとその辺のベンチや草上でお弁当をいただいていたりすると鳥たちがわらわらと近寄ってきて剣

  • 「3時のかしわ餅」

    ☆2021年 5月☆あぁ、今日は子供の日なんですね。2年続けてこんなGWなんて子供たちもかわいそうです。が、ひとつ屋根の下で連日ちびっ子と24時間過ごす、なんてことを想像すると…………

  • 「パイナップルボード」

    ☆2021年 5月☆ギンコも台湾産パイナップルを発見!さっそくまるっぽを購入です。  重いパイナップルをお持ち帰りし、さぁ、問題はここから。台湾ではお店でカットしてもらうことを「他殺」、自宅でカットすることを「自殺」と呼

  • 「春のなごり」

    ☆2021年 4月☆カワセミのいる人口池は、今、一番のお気に入りスポットです。雨が降る前にと訪れたてみたら、もう桜の花びらも黒い大星雲の姿もどこにもなく、代わりに水晶のかけらみたいなメダカたちがきらきらと泳いでいました。 &nbs

  • アートな生活〜「クレマチス」!届く!

    ☆2021年 4月☆JWS展に出品されていた福井良佑先生の「クレマチス」です。 クレマチスは大好きな花の一つですが惜しむらくは花期が短いことです。これでいつでも、いつまでも鑑賞できますね。感無量で…言葉がありません&

  • 妄想〜出張、amazonマネージャーのお話

    ☆2021年 4月☆ピンポーン♪「………」ピンポーン♪「………」ピンポンピンポンピンポン、ピンポ…ぐわしっ!痛っ、いたたっ、いったーいっ!&n

  • 「おチビのガーベラ」

    ☆2021年 4月☆某会社からこんな感じでお花が届きました。▼ いただきものに注文を付けるのはとても心苦しいのですが、花丈が短くてどうにも飾りようがありません。とりあえずミニグラスを花瓶代わりにして絵に描く! 

  • 「カワセミのいる水辺」

    ☆2021年 4月☆先日、スケッチに行った人工池の絵。ギンコブログの基本コンセプトは「絵日記」です。何年か後にこの絵を(またはブログを)見返した時に思い出すのは春ののどかな気持ち良さなのか、はたまたコロナの不自由さなのか…&n

  • 「夜に咲く」

    ☆2021年 4月☆桜を描かかずに春を見送るなんてできませんよね。去年に引き続き夜桜に挑戦です。デアデビルギンコ、無謀! 

  • 徒然なお話〜春の午後、黒い大星雲はゆく

    ☆2021年 4月☆その日は明るい春の正午こんなきらきら美しい日におうちでお仕事ってそんなのないないスケッチブック片手にお散歩に行こう(駅前スーパーでお昼ごはんにサンドイッチを買おうね♪) うららか陽気に負けていつもほにゃほにゃ〜

  • 「白い花」

    ☆2021年 4月☆花は白色が一番好きですが、絵に描くのは難しい。 ●影に気合いが入りました!

  • 「しいたけ&そら豆」

    ☆2021年 4月☆今夜のおつまみはそら豆の塩ゆで、しいたけのミンチ包み♡うまうま〜♪コロナ禍で良かった唯一のことは自炊を再開したことです。 ●ドライブラシ、上手く出来ました。やっぱり対面での個人レッスンは吸収率が違い

  • アートな生活〜特別水彩講座 in YOKOHAMA

    ☆2021年 4月☆とうとう福井了祐先生の講座を受けに横浜まで行ってしまいました!選んだカリキュラムは「立体感と質感のある絵を描く〜光と影の境目がポイント〜」です。もう…感極まって言葉がありません。 ●一枚目はシンプ

  • アートな生活〜水彩通信講座10「トンボ」

    ☆2021年 3月☆春なのに稲穂とトンボです。 去年の秋、絵に描きたくてデジカメ片手に水辺でトンボを追っかけましたが、あれって写真に収めるの、無理!生き物に限らず常に動きがあるもの〜例えば波とか〜なんて、カメラもない時代に昔の絵描

  • 「雨降り」

    ☆2021年 3月☆その日は一日ずっと雨そして強風波浪注意報雨降りの合間を見計らって公園へと駆けて行く誰もいない草っぱらで百均の傘をぐるぐる回す  

  • 水彩通信講座10〜「朝のブドウ」

    ☆2021年 3月☆ただ今、苦手な「影」の描き方の特訓中!油断するとすぐ濁ったり黒くなったりするんですよね。模写ではなく、福井先生の通信講座内にあった写真から描きました。  今回が最終回となる通信講座10(寂しい!)テー

  • 「懐かしのハボタン」

    ☆2021年 3月☆去年、福井先生から「描くのが早い。これはひとつの才覚」とのお言葉をいただきました。水彩画教室でもワークショップでも時間内に描きあがったためしがないので描くのは遅い方だと思っていましたが。手が早い…&hell

  • 「ミモザの窓辺」

    ☆2021年 3月☆ミモザほど春を謳っているような花はないと毎年、眩しく眺めます。自分に音楽を作る才能があったならこのおひさま色のかわいい珠花にやさしい歌を捧げたい。  

  • ありがちかもしれないけれど遭遇するとやっぱりびっくりする、というお話

    ☆2021年 3月☆スーパーのレジにて、並んでいる時間が十分あったにもかかわらずお会計金額が提示されてからおもむろに財布を取り出すお客さま、の、お話は、昨今、珍しくはないでしょう。おばあちゃんっ子だったので、お相手が本当にご高齢で、加齢によ

  • アートな生活〜水彩通信講座9「梅」

    ☆2021年 3月☆どうしても梅が描きたくなって通信講座9にあった福井了祐先生の「梅」を模写しました。模写というにはちょっとどうかな?って出来ですが、まぁいいや。 

カテゴリー一覧
商用