searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ギンコさんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
兵庫県

自由文未設定

ブログタイトル
すてきな水彩画ギャラリーGINKO
ブログURL
http://ultorawaon.jugem.jp/
ブログ紹介文
水彩画中心に、ちょっとした旅先の写真や絵画・映画・観劇・アニメ・漫画のトークのブログです。
更新頻度(1年)

124回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2018/01/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ギンコさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ギンコさん
ブログタイトル
すてきな水彩画ギャラリーGINKO
更新頻度
124回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
すてきな水彩画ギャラリーGINKO

ギンコさんの新着記事

1件〜30件

  • 「サルビア」

    ☆2020年 8月☆試行錯誤のマジメな絵が続いたので今日は気楽にゆる〜くお絵描きを楽しむ。庭の一角に生き残ったサルビアをぺとぺとと直描き。 

  • 「アクアリウム」

    ☆2020年 7月☆夏が来れば描きたくなる絵のひとつ、アクアリウム。去年は涙を飲んだっけ…とても丁寧にマスキングしたのよ、だからウォッシュで失敗したくないの。大丈夫、失敗しかけたら水でジャージャーだ!  &

  • 画材屋さんにて、のお話

    ☆2020月 7月☆自粛期間中、お絵描きばかりしていたので画材のストックが心もとなくなってきました。三宮の画材店までお出かけしよう。用心深い友は気遣ってネットで買え、と言ってくれるけれど自分は地元のお店を応援したい。スタッフさんたちから画材

  • 「雨降りスズメ」

    ☆2020年 7月☆失敗に凹んでたりなんかしてたら水彩画なんて描いていられません。ということで次、行ってみよう! 「透明水彩画レシピ4 光と影」の中にスズメの描き方が載っています。ほぼ模写で雨の中のスズメを描いてみました。&nbs

  • 「蓮」

    ☆2020年 7月☆先日、画材屋さんでゴールド色の絵の具を見つけました。試し塗りでペイニーズグレーと少量のターコイズを混色したらそれは美しい得も言われぬ色合いとグラニュエ—ションが…現れたのです。 背景の色はこれに決

  • 徒然なお話〜雨の日のスズメと生ける屍

    ☆2020年 7月☆おはよう 世界〜good morning wor〜ld ♪ ……なんだ、今朝も雨か…こんな激しい雨の日は何をする気にもなれない。なので、早々とだらだらを決め込み寝床にも

  • 「ヒマワリ畑 2020」

    ☆2020年 7月☆夏、早く、来い!   

  • アートな生活〜今年もシソ汁でシソの絵を描いてみる

    ☆2020年 7月☆料理は気が向いた時にしかしませんが梅干しは毎年、自作です。トリたちがご恩返しにと種を落としていったのかまいた覚えもないシソの葉が顔を出す。あく抜き後のしぼり汁で去年に引き続き今年も気楽にシソのお絵描きを楽しむ。 

  • 「3時のスイカ、3時10分のスイカ」

    ☆2020月 7月☆今月は「観察・物を見る目」強化月間〜実物デッサンを心がけてます(できるだけね)。 3時のおやつスイカにかぶりつきかけてハッとする。こんないい題材、絵に描かかなくてどうする!  ●これ、ひょっ

  • (妄想タマアジサイ改め)ガクアジサイのお話

    ☆2020年 7月☆「いやもう驚いたのなんのって青天の霹靂とはこのこと。なんせあっしが最後に花を付けたのは十二干支をぐるぅ〜りと回って頭(かしら)に戻るってぇくらい遠の昔。その間、主さんがあっしの頭上であのでっけえ選定ばさみをジャッキン、ジ

  • 「雨上がりアガパンサス」

    ☆2020年 7月☆福井良佑先生の水彩通信講座3回目は「観察・物を見る目」でした。座学的な感じ?お話を読んだだけで一朝一夕に突然、明暗が見え始めるなんてことはありませんが「明暗境界線の周辺だけを描けば形や質感が概ね表現できる」とありました。

  • 「カリフラワー」

    ☆2020年 7月☆「カリフラワー……アブラナ科アブラナ属。食用、または鑑賞用。和名をハナヤサイ・ハナカンラン・花キャベツ…云々さっと茹でてサラダにするもよし細かくしてくたくたに煮崩してスープ、また

  • 水彩画なんてっ、大キライだーっ!というお話

    ☆2020年 6月☆週末に水彩画のワークショップに参加した。久しぶりの生教室にワクワクるんるん♪当日のテーマは水面の描き方、雲の描き方の二本立て。課題の写真の雲は夕焼け空だ。やったー!水彩画を習い始めの頃の夕焼けに挑んで敗れた苦い思いがよみ

  • 「陽気なタマアジサイ」

    ☆2020年 6月☆そろそろ盛りが過ぎるとは言えまだまだアジサイたちは梅雨を彩る。お散歩コースで塀の外にまであふれ咲くタマアジサイたち。ニコニコとご機嫌そうに道行く人に愛想を振りまく。 

  • 「衝撃、ガクアジサイ!」

    ☆2020年 6月☆妄想話は閑静なギンコのブログの人気メニューだ。水彩画と同様、思うにまかせぬガーデニングのうっぷん晴らしとばかりに妄想の世界で散々コケにしてやったうちの庭のタマアジサイ。この春、ようやくいくつもの花芽が姿を見せる。やれ、う

  • 「きっとスモークツリー」

    ☆2020年 6月☆久しぶりの場所を通りかかったら梅雨の曇天の下、ふぅわふわっの明るい塊が目に入る淡色のコットンキャンディみたいにかわいいしゃがんでしばらく眺めているうちこの木のたたずまいにどこか見覚えがあるような気がしてくるあぁ&hell

  • 「梅雨、時々晴れ」

    ☆2020年 6月☆雨上がりを見計らって少し遠い公園まで散歩の足をのばす。予報では天気は晴れに向かうって。突然の陽射しが、夢のよう…   

  • 「3時のおあずけ」

    ☆2020年 6月☆自粛が解除になって、あれこれと身辺が動き始めました。ギンコが通っていた水彩画教室はカルチャーセンターだったので秋まで教室はありません。再開がスタートした水彩画教室が羨ましい。腐らずにとりあえず3時のおやつを描いてみる。あ

  • 「乗り切れないクレマチス」

    ☆2020年 6月☆源氏物語の現代語訳を読んだのは高校生の頃ですがチャラ男と恋愛脳女子の話が延々と語られた印象しかありません。自分には不向きなお話でしたが、扇に返歌をしたため、萎れた朝顔と共に送るという場面はステキだと思います。うちの庭に朝

  • 絵描きはネコ派?のお話

    ☆2020年 6月☆ステイホームが長引きそうだった4月早々zoomを設定した。何かとモノグサなギンコだが、いつも妄想にふけって惰眠をむさぼりリビングのソファでほにゃららと無為に過ごしてばかりいるわけではない。キメる時はキメる! パ

  • 「リリー」

    ☆2020年 6月☆去年の今頃、ユリ園に行ってました。重なる花や葉っぱが手に負えなくてボツったユリの絵に、今年、再挑戦してみる。 下描きをあんなに丁寧に描いたのに絵の具を落としたらどれが花やら葉っぱやら… 

  • 「ひと休み」

    ☆2020年 6月☆庭仕事の合間のティータイム。もう暑いったら、ありゃしない!まぶしいったらない!汗だく土まみれでやけくそのようにデッサンし、後で彩色しようと撮った写真は、案の定、お役に立たない。 ●まぶしすぎて色も判別できなかっ

  • 「イベリス」

    ☆2020年 5月☆放ったらかしでも毎年しっかり花を咲かせる白いイベリスが大好きです。白い花を描くのはとても難しいのですがそんなこと言ってたら、いつまで経っても埒が明かないので、勇気をもって飛ぶ!   

  • 「トワイライトアイビー」

    ☆2020年 5月☆陽ざしが緩くなる夕方はお散歩タイム。 自粛閉店中のイタリアンレストランの様子が心を寂しくさせた黄昏時、元気に壁を這うアイビーがやたら眩しい。 

  • アートな生活〜水彩通信講座 2 「にじみ」

    ☆2020年 5月☆福井良佑先生の水彩通信講座、2回目は水彩画の醍醐味「にじみ」です!難しくて、楽しくて、奥が深い〜 こんなに水彩画を愛しているのになかなかお水が仲良くしてくれないんです。あらぬ方向へ絵の具が流れるんです、混ざるの

  • ホームジム(または妄想amazonマネージャー)のお話

    ☆2020年 5月☆ちりり〜ん♪「いらっしゃいまっせ〜おや、ギンコさま、ようこそお越し下さいました。前回は楽しゅうございましたねぇ、わたくし、すっかりハメを外してしまいましていささかお恥ずかしゅうございます。あれからいかがお過ごしでございま

  • 「甘えていたい」

    ☆2020年 5月☆ポストにJAFMateが届く。見た瞬間、ハートを撃ち抜かれ描きかけていた絵を取りあえず脇へやってかわいい子ライオンを描き上げる。福井先生の通信講座で練習したぼかしで今度は模写でなく自分で色も付けてみる。あぁ、可愛くってた

  • 「5月のバラ 2020」

    ☆2020年 5月☆今ごろ須磨離宮公園のバラも盛りを迎えているんだろうな。が、うかうか浮かれて出かけて行ってせっかくの花たちが刈り取られるなんて恐ろしい目にあってはたまらない。ここはおとなしく花屋さんに立ち寄って…とか思ってい

  • ちょっと振り返ってみたお話

    ☆2020年 5月☆自宅で過ごす時間が増えて気候も良いので先日、描きたまった絵の整理整頓をしてみた。これまでに描いた絵を前に当時のことを様々思いだす。 水彩画を描き始めて丸4年、最初の1〜2年は会社勤めのかたわらの教室通いで月に2

  • 「夏待つジニア」

    ☆2020年 5月☆青空を背景に咲く花。どこかで見た構図がデジャヴ…(笑)Paletteさん申し訳ございません。 引きこもりのこの期間、いつになくせっせと庭作業に励んでいます。100日の間、咲き続けるという百日草(ジ

カテゴリー一覧
商用