chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
kobakatu
フォロー
住所
長岡市
出身
魚沼市
ブログ村参加

2014/11/01

arrow_drop_down
  • 庭の紅黄葉 2022(3) 紅枝垂れモミジ

    池の北側にエゾムラサキツツジと一緒に、「紅枝垂れモミジ」を植えました。年に一度のブログ出演なので、春から振り返ります。4月中旬の芽吹きの時期、エゾムラサキツツジの開花と共演して、赤い芽吹きです。(背後の黄色は、日向ミズキの黄花です)5日後に葉を開くと、更に10日後の4月下旬、夏には、葉が緑色に変わります。色変わり中の7月中旬、9月上旬の緑葉です。11月初め、秋にはまた紅葉して、エゾムラサキツツジと共演で、池の鯉を見守り?ました。庭の紅黄葉2022(3)紅枝垂れモミジ

  • 家庭菜園 2022(14)「シシトウ」の栽培

    通称「シシトウ」は、ナス科でトウガラシの甘味種です。シシトウガラシ(獅子唐辛子)の名は、実の先端部が獅子の頭に見えることから、ナス科の畝に余裕が無くて、アスパラ畝の端に1株植えました。丈夫で育てやすく、次々と実が生ります。花はピーマンと殆んど同じです。7月初めの実成り、肉薄で細く小型の未熟果を収穫します。7月中旬、7月下旬の収穫例、8月中旬の花と実、8月下旬の収穫例、9月下旬、たくさんの花が咲いて、実が生ります。10月下旬の花と実、果実は成熟すると茶色から赤くなります。11月中旬、株を処分する時でも、花や実が、見た目では区別出来ず、時々辛いものがあるので要注意です。最後に収穫したものには特に多く、受粉せずに単為結果したものが多かった?家庭菜園2022(14)「シシトウ」の栽培

  • 鉢植えの大文字草(8) 「華扇」

    「華扇」(かせん)は、濃いピンクの八重咲で、花弁に切れ込みが入るフギレ弁です。10月中旬、何とか1輪だけ開花しましたが、本来の姿ではありません。鉢植えの大文字草(8)「華扇」

  • 秋咲きの椿(1) 「炉開き」

    「椿」(ツバキ)は、日本原産の常緑樹で、本州以南にヤブツバキが自生し、日本海側には変種のユキツバキ(雪椿)が分布します。「炉開き」(ろびらき)は、雪椿と茶の樹との自然交雑種で、原木は長岡市栃尾の個人宅にあり、市指定の天然記念物です。茶道で炉を開く11月頃に開花します。4号深鉢植えで、長年栽培してますが、樹高20cm余りで、大きくはなりません。淡桃色の一重平咲きで、径4cm程の極小輪です。10月下旬の蕾から、開花しました。11月上旬には、次々と開花してきハナアブも食事に訪れました。秋咲きの椿(1)「炉開き」

  • 庭の紅黄葉 2022(2) エゾムラサキツツジ

    早春に紫の花を咲かせた「エゾムラサキツツジ」、秋には紅葉も綺麗でした。庭の北西塀際で、10月上旬までは緑葉でした。10月下旬、色付き始めました。10月末、11月上旬、紅葉の最盛期です。池の北側で、隣に植えたベニシダレモミジとの共演です。この後の落葉が・・・毎日池の落ち葉回収が日課でした。11月中旬、透過光で撮った紅葉です。庭の紅黄葉2022(2)エゾムラサキツツジ

  • 家庭菜園 2022(13)「ゴーヤ」の栽培

    「中長ゴーヤ」の苗1本を、少し遅れてウリ科の畝の端に植えました。全て支柱作りのミニカボチャ・小玉スイカ・キュウリに押されて、今年の出来はイマイチでした。隣りのキュウリの大きな葉の陰になり、雄花ばかりが多く咲いていました。雌花は小さな実の先に咲いています。授粉して、果実が生育します。7月中旬、収穫前の実です。8月中旬、キュウリと並んで、8月下旬の収穫例、ツルを処分した11月中旬、最後に残った果実2個です。家庭菜園2022(13)「ゴーヤ」の栽培

  • 秋の七草(5) 「ナデシコ」の花

    秋の七草の1つ、ナデシコ(撫子)は、5~6月に咲きましたが、鉢植えの「絞り咲きカワラナデシコ」が秋にも咲きました。10月上旬に咲いた花です。(以下は、絞り咲き以外で5~6月に庭で咲いていたナデシコです。)秋の七草(5)「ナデシコ」の花

  • 庭の紅黄葉 2022(1) ヤマボウシ・サトミ

    庭木も鉢植えも、ほぼ落葉したので、今年の紅黄葉を記録します。「ヤマボウシ・サトミ」は、庭で一番早く紅葉します。8月下旬には、紅葉が始まります。まだ緑葉が多い9月中旬です。10月初め、一斉には紅葉せず、毎日紅葉を散らしながら、葉数を減らしていきます。10月中旬には、緑の葉は無くなりました。背後のハナノキはまだ緑葉です。10月下旬、サトミの紅葉終盤です。背後のハナノキが、緑から黄色に変わりつつあります。右側には、遅れて紅葉してきたヤマボウシの紅富士、イトススキと屋久島ススキが穂を着けて、10月末日、サトミの紅葉の終いには、ハナノキが黄葉で輝き、手前には白いススキの穂と、ハナミズキの紅葉が揃った、玄関前通路の北側です。庭の紅黄葉2022(1)ヤマボウシ・サトミ

  • 鉢植えの大文字草(7) 「美里」

    「美里」(みさと)は桃色の標準花(正5弁花)です。淡く白覆輪が入り、花の中央にかけても底白になります。10月中旬、開花し始めました。10月下旬の開花姿、咲き始めは色濃く、時間の経過とともに薄色になりました。淡い桃色になって、11月上旬まで咲いていました。鉢植えの大文字草(7)「美里」

  • 甘柿「富有柿」の花と果実

    甘柿の「富有柿」(ふゆうがき)は、柿の中で最も多く栽培され、甘味が強く果汁が多い完全甘柿です。HCで苗木を入手し、空き地に植えました。まだ樹は小さいのに、今年は異常に多い実生りでした。5月下旬に花が咲き、6月下旬の小さな緑実から、7月下旬、8月下旬、9月上旬へと、緑の葉の中で、緑実が生育肥大してきました。この間、摘果などの作業をせず、放任してしまいました。10月中旬、紅葉した葉が落ち始め、黄色く色付いた柿の実が目立ってきました。実成りが多過ぎて、重みで枝が垂れ下がり、地面に着くほどです。(右下のピンクは、さぼれ種で毎年芽生えるコスモス)10月下旬です。11月上旬、近隣の知人や、柿好きの家何軒かに、収穫の度に配って回り、残りは、知人の多い隣家の婦人に頼んで利用してもらいました。11月中旬、夕陽に輝く残り実、...甘柿「富有柿」の花と果実

  • 初雪の庭

    12月2日、朝から霙(みぞれ)が降り、雪に変わりました。最高5℃、最低0.9℃まで気温が下がったようです。居間と和室から撮った、昼の庭です。玄関前通路脇、まだたくさんの鉢が並んだままです。雪囲いする前に、この鉢をすべて移動させます。ハナミズキが赤い実を着けています。まだ少し黄葉が残っているモミジ、菜園と自宅との間にあるリンゴ、今年は実が少なく、「富士」の実が2個だけ、西側の和室から、池を見ます。まだ錦鯉を越冬容器に移していません。年齢とともに、冬ごもりの準備が遅れています。明日は晴れて13度まで気温が上がるようですが、5回目のワクチン接種の日です。初雪の庭

  • 家庭菜園 2022(12)「ピーマン」の栽培

    「ピーマン」はナス科の1年草で、トウガラシの栽培品種です。南米の熱帯地域が原産で、ピーマンは仏語やスペイン語でトウガラシの意味だそうです。下向きに蕾を着けて、白花を咲かせ、熟して赤や黄色になる前の、緑色の未熟果を収穫します。5月初め、自宅南西の菜園コーナー、苗を植え付けました。画像下のナス科の畝で、中長ナス2本の左がピーマン1本です。6月中旬の実生りです。6月下旬の収穫例です。7月下旬、8月末の収穫例、中長ナス・オクラと一緒に、9月中旬、10月中旬、まだ次々と開花してきます。10月下旬、11月中旬、新たに蕾が着いていますが、11月28日、寒波の来る前に、菜園の片付けをし株を処分しました。最後の収穫です。鉢植えと同様に水やりして、長く収獲を楽しめました。家庭菜園2022(12)「ピーマン」の栽培

  • 鉢植えの「サフラン」

    「サフラン」はアヤメ科の多年草で、原産地は地中秋沿岸、秋咲きのクロッカスの1種で、球根植物です。球根を庭植えし、1部を鉢植えしていました。庭植えが、か細い葉だけとなって、開花しなくなり、1輪だけ咲いたのが、鉢植えのサフランです。11月初めに咲いた紫の花です。3裂した赤色の雌しべが、染料・香料として使われます。鉢植えの「サフラン」

  • 渋柿「八珍」の花・実・加工(2)干し柿作り

    収穫した、種無し渋柿の「八珍」(平核無柿)で、干し柿を作りました。10月25日、1回目の収穫分、1、朝、柿の皮むきをする。2、柿を5~6個ずつビニール紐に吊します。(収穫時にT字形に切っておく)3、鍋にお湯を沸かし、紐ごと数秒間浸して熱湯消毒します。4、衣類ハンガーラックを流用して、玄関前に吊るしました。6本の紐に、計35個の柿を吊るしました。(ここまでは妻との同作業)夜間や雨天時は玄関に入れます。10月27日、2回目の収穫分を、追加処理して、11本の紐、径57個の柿を、ハンガーに吊り下げました。11月1日、柿の表面が乾いたら、1個ずつ手で揉むと早く出来上がります。11月10日、表面に白い粉が出てきました。柿の糖分で、甘くできた証です。渋味が抜け、甘い匂いに引き寄せられて、虫も訪れ、11月12日、渋柿が、...渋柿「八珍」の花・実・加工(2)干し柿作り

  • 鉢植えの大文字草(6) 「佐渡紅」

    紅花の標準花で、「佐渡紅」です。3号の小鉢植えですが、3本の花茎を上げて咲き揃いました。10月中旬の蕾です。その5日後、咲き始めました。更に6日後の10月下旬、ほぼ満開となりました。鉢植えの大文字草(6)「佐渡紅」

  • 渋柿「八珍」の花・実・加工(1)花と実生り

    「八珍柿」(ハッチンガキ)は渋柿の品種で、正式名は「平核無柿」(ヒラタネナシガキ)です。実の中に種が出来ない柿の変種で、越後七不思議の次に珍しいの意から、八珍と名付けられました。(越後七不思議は、親鸞聖人の伝説にかかわる動植物の珍種を、親鸞が起こした奇瑞として伝えたものです。)空き地に植えた苗木が成長し、今年はたくさんの実生りでした。5月下旬に咲いた花です。6月下旬、花後の小さな緑実が、7月下旬、8月下旬、9月上旬と、大きな緑実に成長してきました。10月上旬には、一気に色付き、紅葉も進みました。10月中旬、落葉する葉や、熟れて落果する実も出てきました。10月下旬、干柿加工用に、低い位置の実を一部収穫しました。2回目の干し柿用と、焼酎で渋抜きするさわし柿用を収穫し終え、高い位置の実だけが残りました。11月初...渋柿「八珍」の花・実・加工(1)花と実生り

  • 家庭菜園 2022(11)「中長ナス」の栽培

    ナスはインドが原産地とされ、高温多湿に強く、夏野菜として、6月から11月まで長く収穫できました。「中長ナス」の花と実生りです。5月の連休の終わりに、苗を植え付けました。ナス科の畝に、ピーマン1株、ナス・ミニトマトを各2株植え、連作障害を防ぐために毎年畝を変えています。6月中旬から、収穫できるようになりました。6月下旬の実成りと収穫例です。7月上旬の実成り状態、7月中旬です。8月上旬の実成りと、収穫例です。葉が虫食いになっていますが、農薬は使いません。秋ナスの収穫のためには更新剪定をして、株の若返りを図りますが、長く伸びた枝を2~3本切るだけで、放任し、9月上旬の収穫例、10月上旬の収穫例、10月中旬の収穫例、まだ蕾や花が着いていましたが、昨日、菜園の殆んどの野菜を抜き取って収獲を終えました。最終収穫の2個...家庭菜園2022(11)「中長ナス」の栽培

  • 鉢植えの大文字草(5) 「美紀」

    紅花の園芸種で「美紀」(みき)です。10月中旬の咲き始めです。酷暑を乗り越え、かろうじて2本だけ花茎を上げましたが、綺麗な「大」の字型には咲けません。3日後、10月下旬、本来の花姿ではありませんが。開花出来なかった鉢も多くあったので、記録として残します。鉢植えの大文字草(5)「美紀」

  • 庭植え「ヒオウギ」の花と実 (2)晩秋の種子

    8月にオレンジ色の花を咲かせた「ヒオウギ」(檜扇)、花後に袋状の果実が出来、熟すと割れて、黒い種子が出てきます。9月中旬、花後にできる果実は、緑色の袋状の莢に包まれます。11月初め、莢が割れて、径5mm程で、黒く丸い種が出てきます。11月中旬、黒く艶がある種子は、「射干玉」(ぬばたま)とも呼ばれ、和歌で、「黒」や「夜」にかかる枕詞(まくらことば)として知られます。近くに自然実生で芽生えた南天が実を着け、黒と赤の共演も成立、11月下旬の現在も、黒光りする種子は着いたままです。庭植え「ヒオウギ」の花と実(2)晩秋の種子

  • 庭の「ナンバンギセル」 (2)イトススキの株で、

    東庭の踏み石通路脇に植えたイトススキでも、ナンバンギセルが咲きました。「イトススキ」は茎葉が細い、少し小型のススキです。8月下旬、咲き始めました。(下周りの丸い緑葉はホタルブクロです)4日後の8月末日、咲き揃いました。茎も葉も地上には出ず、1本の花柄に1輪だけ、筒状の紅紫色の花を、うつむきかげんに咲かせます。その姿を万葉人は「思い草」と詠みました。9月上旬の花盛りです。9月下旬、先に咲いた花は種子を稔らせ黒化しています。10月中旬、周りで自然実生のリンドウも咲いてきました。11月上旬、遅れて芽生えた花が、株の中からも顔を出していました。ススキ以外での開花例を1つ。今年は播種してないのですが、前年のこぼれ種から、空き地のミョウガの株元でも咲いていました。10月下旬の終い花です。毎年花後にナンバンギセルの種子...庭の「ナンバンギセル」(2)イトススキの株で、

  • 庭植え「ヒオウギ」の花と実 (1)夏の花

    「ヒオウギ」(檜扇)はアヤメ科の多年草で、山野の草地や海岸に自生します。散歩中に種子をいただき、実生で育てました。40cm前後の剣状の葉が、何枚も重なって扇を広げたように見えます。花茎を80cmほど伸ばして、夏に咲く花は1日花で、オレンジ色に赤い斑点のある6枚の花弁を開きました。7月下旬から咲いてきました。8月上旬の花、8月中旬、8月下旬、花後の果実が大きく膨らんできました。9月上旬でも咲いていた花、9月中旬の果実、この中に黒い種子が出来ます。花色は、実色・ピンク・紫などの花もあるそうです。「ぬばたま」とも呼ばれる晩秋の黒い種子は(2)で、庭植え「ヒオウギ」の花と実(1)夏の花

  • 鉢植えの大文字草(4) 「大宇宙」

    「大宇宙」(ダイウチュウ)はライムグリーンの花色で、小輪多花性、丈夫で栽培し易く、毎年最初に咲きます。10月初め、咲き始めです。元の「大」の字型の花弁の他に、オシベが花弁化して小さな花弁が生じ、八重咲化しています。4日後です。10月中旬、10月下旬の花、最初に咲いた花は変色して、終盤を迎えました。鉢植えの大文字草(4)「大宇宙」

  • 庭の「ナンバンギセル」 (1)実生ススキの株で、

    「ナンバンギセル」(南蛮煙管)は、ハマウツボ科の寄生植物で、ススキやミョウガなどの根に寄生する1年草です。葉緑素を持たず、自分で光合成して成長することが出来ません。万葉集に「思い草」という名で詠まれた、日本古来の植物です。1600年頃、ポルトガルなどの南蛮船が渡来し、船員がくわえていたマドロスパイプ(喫煙具のキセル)に花姿が似ていたことから名付けられました。自宅の南東隅に、自然実生で育ったススキの株周りで、(親は東庭に植えてあるイトススキ?)西洋シャクナゲとナンテンの背後で、2個の庭石の間です。最初は8月中旬に蕾を上げてきました。邪魔になるススキをカット、8月下旬に開花しました。花径20cm前後で、白っぽい紅紫色です。8月末、初めに咲いた花が萎んできたら、遅れて芽生えた蕾が、奥の方に芽生えてきました。9月...庭の「ナンバンギセル」(1)実生ススキの株で、

  • 鉢植えの大文字草(3) 「聖」

    園芸店などで見られる大文字草は、育種によって生み出された園芸品種で、様々な色や花形の品種が流通しています。3~4号の深鉢か、4~5号の浅鉢で栽培し、主に開花順に1鉢ずつまとめます。「聖」(ひじり)という品種は、花色が緑色(ライムグリーン)で、花形は、「大」の字型の一重咲き(標準花)です。10月初めから咲き出しました。その3日後、更に4日後、10月中旬、ほぼ満開となりました。10月下旬、花が長持ちし、11月上旬まで咲いていました。鉢植えの大文字草(3)「聖」

  • 鉢植えのホトトギス(9)「青龍」

    台湾系の園芸品種「青龍」(せいりゅう)は、斑点が少ない青色系で、花弁の縁が青~赤紫に染まります。6号深鉢植で、数本の花茎を上げ、草丈30cm程です。10月中旬から咲き始め、下旬に咲いていた花です。11月上旬の名残り花です。現在も咲いているホトトギスは、遅咲きの1種だけとなりました。鉢植えのホトトギス(9)「青龍」

  • 鉢植えのヒイラギ「香姫」

    ヒイラギ(柊)の「香姫」(カオリヒメ)は、モクセイ科の常緑低木で、矮性の園芸種です。3号の小鉢植えのままですが、極小葉を密生させ、香りのよい小さな白花を咲かせます。10月下旬、小さな粟粒のような蕾をビッシリ着けました。9日後の10月末日、開花してきました。全開しても径1cmにもならない程小さな白花で、良い香りを漂わせます。ほぼ満開となった、11月上旬の樹姿と花です。鉢植えのヒイラギ「香姫」

  • 鉢植えの「日高ミセバヤ」

    「日高ミセバヤ」は、北海道日高地方高山の固有種、草丈10~15cmの小型種で、ミセバヤの変種です。日当たり良い岩場などに自生します。青味を帯びた葉を付けた茎先に、紅紫色の小花を球状に咲かせ、株を覆います。9月中旬、5号鉢いっぱいに茎葉を広げ、蕾を着けています。9月下旬、蕾から、花弁を開いて、咲き始めです。10月上旬の開花姿です。10月中旬、満開となりました。10月下旬、花の終盤です。紅葉した現在の姿です。鉢植えの「日高ミセバヤ」

  • 「姫リンゴ」の花と実(2) 秋の果実

    4月に白花を咲かせた「姫リンゴ」、秋、10月半ばには赤熟してきました。6月中旬の緑の果実です。8月中旬には、果実が黄色みを帯び、重くなって枝が垂れ下がってきました。9月上旬から少し赤みが出て、9月中旬、10月上旬、10月下旬には、赤く熟してきました。果実は径2~2.5cm程です。11月に入ると、自然落果し始めました。一昨日の姿です。姫リンゴはズミとリンゴの交配種だそうです。落花した熟果を口に入れて見ました。強い酸味や渋みはすでになく、食べれますが、美味しくは?庭植えして収穫すれば、ジャムや果実酒には利用できそうです。「姫リンゴ」の花と実(2)秋の果実

  • 鉢植えの大文字草(2) 屋久島ダイモンジソウ

    ラベルが付いていて、産地がわかる白花大文字草が1鉢ありました。「屋久島ダイモンジソウ」は、標高1000m以上の湿った岩上に自生する、屋久島の固有種で、草丈が3~10cmの矮性種です。酷暑の夏をを乗り越えても、開花出来なかった鉢がある中で、僅か2本ですが、花茎を上げて小型の白花を咲かせました。10月下旬の開花で、葉も小さく0.5~1.5cmです。11月上旬まで咲いていました。鉢植えの大文字草(2)屋久島ダイモンジソウ

  • 「姫リンゴ」の花と実(1) 春の花

    「姫リンゴ」はバラ科の落葉低木で、一般に盆栽樹として、鉢植えで花や実を観賞します。20ⅹ16cm程の鉢植えで、樹高は20cmですが、横に30cm余り枝を張っています。4月中旬、ピンクの蕾をたくさん着けました。2日後には咲き始めました。白い5弁花です。4月下旬、満開となりました。花後の6月、緑実を吊り下げました。秋の実成りは(2)で、「姫リンゴ」の花と実(1)春の花

  • 鉢植えのホトトギス(8)「桃山」

    台湾系ホトトギスの交配種「桃山」(ももやま)は、弁先が桃色に染まり、優しい雰囲気の花で、花着きが良い品種です。5号鉢いっぱいに、10数本の花茎を20~40cmほど伸ばして、10月中旬、咲き始めました。その5日後です。花弁の斑点が少ないのが特徴の1つです。10月下旬、下葉から茶変してきましたが、たくさんの花を咲かせ続けました。鉢植えのホトトギス(8)「桃山」

  • 鉢植えの大文字草(1) 白花

    ホトトギスと並んで、秋を代表する山野草、「大文字草」(ダイモンジソウ)はユキノシタ科の多年草で、北海道~九州の海岸~高山にかけて、湿った岩場などに自生します。原種のほとんどは白花で、上3枚が短く下2枚が長い5枚の花弁で、「大」の字形になります。葉の大きさや色・形の地域変異が多くあります。現在は育種が進み、花色花形が様々な園芸品種が多く流通します。我が家の大文字草もほぼ花が終わりを迎えています。(1)は、基本の白花で、ラベルを失い産地不明品と自然実生で咲いた数鉢の花です。1鉢目、2鉢目、3鉢目、他の品種の鉢に実生で生えたダイモンジソウ2鉢、鉢植えの大文字草(1)白花

  • 鉢植えのホトトギス(7)「静御前」

    台湾系ホトトギスの交配種で、「静御前」という品種、梅弁で、花弁先が桃藤色に染まります。5号深鉢植え、15~20cmの草丈で数本の花茎を上げ、9月末の蕾から、10月上旬に開花しました。10月下旬、遅れた蕾からの開花です。11月初め、最後の花です。鉢植えのホトトギス(7)「静御前」

  • 鉢植えの「ミセバヤ」

    「ミセバヤ」はベンケイソウ科で、多肉性の宿根草です。和名は「見せたい」という意味の古語が変形したもので、古くから栽培されてきました。自生地は香川県小豆島、奈良県や富山県の一部に限られます。養母が栽培していた鉢植えを受け継いで、19年が経ちました。6号深鉢植えで毎年開花してきました。9月下旬、蕾を上げてきました。10数cm伸ばした茎に、3枚の葉が輪生し、白みがかった緑色で、縁が濃い赤色になっています。10月中旬、開花し始めました。花茎の先に密集した蕾から、淡紅色の花を開き、花弁は5枚です。10月下旬、満開となりました。花後の11月中旬、紅葉してきました。その8日後、昨日の紅葉姿で、落葉し始めています。鉢植えの「ミセバヤ」

  • 鉢植えのホトトギス(6)「キイジョウロウホトトギス」

    「キイジョウロウホトトギス」(紀伊上臈ホトトギス)は、紀伊半島南部の固有種で、山中の湿った崖に自生します。上臈とは大奥の職名で、優雅な貴婦人の意味で、花形花色の優雅さから名付けられました。筒状の黄花を下向きに咲かせます。暑さと乾燥に弱いので、生きたミズゴケ植えで、毎年開花しています。(水苔は生まれ故郷魚沼の、畑近くの山すそから採ってきたものです)10月中旬の蕾、花茎を3本伸ばし、長いものは垂れ下ってきます。その翌日には開き始めました。更に2日後、花弁は6枚で長さ4~5cm、質が厚く、ロウを塗ったような光沢があります。花の内側に紫褐色の斑点があり、奥にメシベとオシベがあります。10月下旬、花は数日持ち、開花中は玄関前に出しますが、定位置は自宅北側の山草棚で、剝がれはありますが、今年は多く開花しました。花のア...鉢植えのホトトギス(6)「キイジョウロウホトトギス」

  • 「オトコヨウゾメ」の花と実 (2)秋の果実

    オトコヨウゾメはガマズミの仲間での本固有種ですが、名の由来は?(ヨウゾメはガマズミ類の食用になる果実のことだそうです。苦くて食べられない本種がなぜオトコかは?また、別種のヨウゾメは染料になったが、本種は染料に使えないのでオトコ?になった。)4月に白花をたくさん咲かせた「オトコヨウゾメ」ですが、何故か果実は1個しか稔りません。8月中旬の緑の果実、9月下旬にはオレンジ色に変わり、葉も紅葉し始めました。10月中旬には、果実も葉も赤く染まり、きれいです。10月下旬、果実は長さ8mm幅6mmの楕円形で、中に1個の種子が入っています。11月上旬、紅葉と赤い果実の共演です。11月中旬には落葉し、1個の赤い果実だけが残りました。すでに、各枝先には来年の花芽が出来ているようです。この樹は、半日陰を好み乾燥を嫌う性質だそうで...「オトコヨウゾメ」の花と実(2)秋の果実

  • 「オトコヨウゾメ」の花と実 (1)春の花

    「オトコヨウゾメ」は、レンプクソウ科(←スイカズラ科)の落葉低木で、関東以南の山地の林内・林縁に分布します。鉢植えで毎年花が咲きましたが、実が殆どなりません。苗木を小鉢植えにしていたので、6号深鉢に植え替えて、今年は株立ち状に育って樹高1m程になりました。春に咲く白花は、お椀状で、先端が5裂し、径7~9mmです。4月下旬、丸い蕾から、開花してきました。短い枝先に、一対の葉とともに、散房花序をつけ、白花をまとめて咲かせます。4日後、初めに咲いた花は萎んできました。5月上旬の名残り花です。実成りは(2)で、「オトコヨウゾメ」の花と実(1)春の花

  • 他の鉢で咲いた「イワシャジン」

    「イワシャジン」(岩沙参)は、キキョウ科の多年草で、関東や中部地方の一部で、山地の岩場に自生が見られます。鉢植えでたくさん咲いた時がありましたが、その鉢が枯れ、他の2鉢に自然実生で育った株が、今年も開花しました。10月中旬、酷暑の中で、すでに葉が枯れてきましたが、細い茎に蕾が3個育ちました。10月下旬に咲き始め、その2日後には3輪が開花しました。別の鉢では、長い花柄で枝垂れて咲きました。10月下旬の咲き出しです。その6日後、翌日には、3輪揃って咲いていました。他の鉢で咲いた「イワシャジン」

  • 睡蓮鉢や池で咲いた「ホテイアオイ」

    「ホテイアオイ」(布袋葵)は、ミズアオイ科の水草(浮草)で、原産は南アメリカですが、外来種として世界に広く分布しています。HCで2株購入し、睡蓮鉢や貯水容器に浮かせました。夏~秋に次々と開花しました。花弁は6枚で、中心に立つ花弁に青紫の紋様が入ります。葉柄が丸く膨らんで、浮袋の役目をし、それを布袋の膨らんだ腹に見立てたネーミングです。葉がロゼット状に着き、水中にたくさんの根が伸びます。8月下旬から咲き始めました。9月上旬の花、9月中旬、9月下旬、10月上旬、10月中旬、増殖した株を、魚が入れない浅瀬に水質浄化用に入れました。10月下旬の終い花です。株からストロンと呼ばれる細長い茎を伸ばし、その先に小株を作って繁殖しますが、熱帯性なので冬越しが出来ません。睡蓮鉢や池で咲いた「ホテイアオイ」

  • 「ウメモドキ」の花と実(2) 秋の果実

    径5mm位のウメモドキの果実が、秋に赤熟してきます。9月中旬、緑実が色付いてきました。9月下旬の果実、10月上旬、10月中旬、10月下旬には、梅に似ているとされる葉が黄葉し始め、11月上旬、黄葉と赤い実が、周りを明るくします。11月中旬、黄葉は散り落ちましたが、赤い果実は落葉後も枝に残って目立ち、長く鑑賞できます。6号深鉢植えで、樹高50cm、花がたくさん咲いた割には、実成り数が少ないのは、近くに雄木が無いためと思われます。「ウメモドキ」の花と実(2)秋の果実

  • 「ウメモドキ」の花と実(1) 花と緑実

    「ウメモドキ」(梅擬)はモチノキ科の落葉低木で、本州~九州の林下に自生し、雌雄異株です。雌株を1本、鉢植えで育て、7号深鉢植えで50cm程です。6月上旬に咲いた花です。淡紫色の花弁が5枚、花径4mm程の小花で目立ちませんが、アップで見ると、それなりに美しい花です。雌株には、雌しべとともに小さな雄しべが5本着いていて、1本で実が生ります。(雄株の花には雄しべしかありません)花後の果実、8月中旬の丸い緑実です。秋に赤く熟す果実が目立ち、長く鑑賞できます。(2)で、「ウメモドキ」の花と実(1)花と緑実

  • 鉢植えのホトトギス(5)「松風」

    台湾系ホトトギスの園芸種「松風」は、白地にあずき色の大きな斑紋が入る花です。5号深鉢植えで、草丈20~30cm、10月上旬に開花しました。10月中旬の花、10月下旬に咲いた花、花茎先に1輪ずつの開花でした。鉢植えのホトトギス(5)「松風」

  • 「ニシキギコンパクタ」の花と実 (2)秋の果実

    ニシキギの矮性種「ニシキギコンパクタ」の鉢植え、オレンジ色の秋の果実です。8月中旬では、果実はまだ扁平な緑果のままでしたが、紅葉が始まりました。9月下旬、紅葉とともに、果実も1個~2個が膨らんできました。10月上旬です。10月下旬、一部の紅葉が散り始めました。果実が丸くなって赤みを増してきました。10月末の紅葉、鮮やかな紅色ですが、残り葉です。11月上旬、果実が熟して裂開してきました。オレンジ色の仮種皮に包まれた種子の直径は8mm位で、仮種皮を除くと、中に5mm程の種子が1個入っています。11月中旬、昨日の実成り姿、このオレンジの種子は長く枝に残ります。「ニシキギコンパクタ」の花と実(2)秋の果実

  • 「ニシキギコンパクタ」の花と実 (1)春の花

    ニシキギ科の落葉低木、「ニシキギコンパクタ」は種苗会社の品種名、ニシキギの矮性種で、一般には「コマユミ」と言われています。ニシキギのように、枝にコルク質の「翼」が出来ませんが、花や実は同じで、秋の紅葉が美しい樹です。6号深鉢植えで、樹高は50cm余りです。5月上旬の開花でした。雌雄同株なので1本の樹で実が生ります。黄緑色の花は花径7~8mm、花弁は4枚、雄花は4個の雄しべがあり、両性花の雄しべは退化しています。5月中旬の花です。1か月後の6月中旬、両性花が結実し、緑色の扁平な果実が生っています。秋の紅葉と、オレンジ色の果実は(2)で、「ニシキギコンパクタ」の花と実(1)春の花

  • 秋の庭

    自宅庭の10月末~11月上旬、庭木の紅黄葉が綺麗です。玄関前通路脇です。ハナミズキとヤマボウシの赤、ハナノキの黄色、雨後の朝、通路南側の鉢植えも紅葉し、キレンゲツツジとナツツバキ、東庭で、アメリカハナノキ、ドウダンツツジ、枝垂れモミジの紅葉、ドウダンツツジと大モミジの紅葉池の北側、枝垂れモミジとエゾムラサキツツジ、門柱から北を見て、東側車道から見た、ナツツバキ、ハナノキ、ヤマボウシ紅富士、毎日の落ち葉掃除が、もうしばらく続きます。酷暑を乗り越え、今年の紅葉は特に美しく感じます。自宅庭のブルーベリーは、まだ紅葉していませんが、空き地に植えた樹は日当たり良く、すでに紅葉が進んでいました。秋の庭

  • 鉢植えのホトトギス(4)「 キバナノツキヌキホトトギス」

    「キバナノツキヌキホトトギス」は、宮崎県のみに自生し、渓流沿いの崖地に生育しているそうです。葉腋に黄色い花を1つずつ、上向きに咲かせます。過去にはたくさん開花した鉢植えですが、市街地の酷暑の中で、昨年に続き蕾が育たず、1個だけの開花でした。5号深鉢植えで、茎は直立せずに枝垂れます。葉は互生し、葉の付け根は茎を抱いて合着し、茎が葉を突き抜けるようになります。花径4cm程で、黄色い花弁は6枚、紫の斑点をもちます。5日後の10月下旬、花弁もシベも強く反り返って、花の終盤を迎えました。鉢植えのホトトギス(4)「キバナノツキヌキホトトギス」

  • 秋の七草(4) 「フジバカマ」

    「フジバカマ」(藤袴)はキク科の多年草で、秋の七草の1つとして万葉の昔から親しまれてきました。散歩コースの1つ、信濃川支流の栖吉川堤防から1株引き抜いて、空き地に植えたまま放任し、大株になりました。茎先に径5mm程の小花を、10cm前後の房状に多数咲かせます。9月上旬、たくさん蕾を着けて、咲いてきました。住宅跡地の果樹と菜園の境で、南が駐車場、西が道路で、日当たり良い場所です。9月中旬の花と葉、葉が3裂するのが特徴です。9月下旬、放任したら、草丈は2mを越えました。自宅庭のススキや萩は6月上旬に切り戻していますが、採取した堤防も草刈りをしていました。アサギマダラはまだ見てないですが、アカタテハが吸蜜中です。花期が長く、10月下旬でも咲いていました。近年になって、自宅庭北西隅のアケビとサネカズラの株周りで、...秋の七草(4)「フジバカマ」

  • 玄関前で見た「皆既月食」

    昨夜、長岡市街地で見た「皆既月食」です。玄関前通路で、三脚に望遠ズームを着けたカメラをセット。部分月食が進行中、東の空は雲に覆われ、見れません。18時44分、ようやく、雲の切れ間から見えた月です。18時50分、18時55分、19時00分、月食が進むに伴い、影の部分赤銅色に変わって来ます。19時05分、19時17分、月が地球の陰に隠れ、赤く変色した満月となりました。19時25分の皆既月食の月、見れて良かったこの後、空が雲の覆われてしまい、後の部分月食は見れません。玄関前で見た「皆既月食」

  • 鉢植えのホトトギス(3) 黒花の「大黒天」

    台湾系ホトトギスの黒花ホトトギスで、花に入る斑点模様が大きく広がって、花色が赤黒く見えます。「大黒天」はT種苗での品種名です。10月上旬、最初に咲いた花です。10月中旬、次々と開花してきました。4号深鉢植えで、草丈は20cm余りです。10月下旬、花の終盤です。鉢植えのホトトギス(3)黒花の「大黒天」

  • 「風鈴ガマズミ」の花と実(2) 秋の果実

    5月に白花を咲かせた「風鈴ガマズミ」、その後の経過です。扁平な緑果が、秋には、卵型の赤い果実となって吊下りました。6月中旬、花後の緑果です。2か月後の8月中旬、花柄を長く伸ばして、果実が垂れ下がりました。9月上旬、果実が黄色味を帯びてきました。9月下旬の黄色い果実、形も丸くなってきました。10月上旬、オレンジ色に変わって来ました。10月中旬、果実が赤熟してきました。果実の大きさは径7~8mmで、長さ1cm程、中に種子が1個入っています。10月下旬、8号深鉢植えで、樹高1m余りになりましたが、幹も枝もか細い感じです。11月上旬、紅葉してきました。今朝、夜雨の雫を溜めた果実が、朝日に煌いています。葉も果実も落ち始めてきました。「風鈴ガマズミ」の花と実(2)秋の果実

  • 庭の「フイリヤブラン」

    「ヤブラン」は東アジアに分布する、キジカクシ科の多年草で日本各地の林床などに自生します。園芸種の「フイリヤブラン」を庭植えしています。9月中旬から、小さな紫色の花が咲き始めました。9月下旬、40cm前後の花茎を伸ばし、たくさんの蕾を着けています。紫色の6弁花は花径7mm程で、一斉には開花せず、ポツポツと開いています。10月初めの花、雌しべ1本に雄しべ6本あります。ヤブランは花後には黒い実を着けるのですが、この斑入り葉園芸種は、実が着いたことがありません。庭の「フイリヤブラン」

  • 「風鈴ガマズミ」の花と実(1) 春の白花

    「風鈴ガマズミ」は中国原産の落葉低木です。スイカズラ科で、日本のガマズミより葉が細長い形です。春に小さな白花が集まって咲き、秋に赤い果実が吊下ります。8号深鉢植えで、樹高が1m余りになりました。5月上旬、白い小花が集まって咲き出しました。5月中旬、細い枝先に満開の花です。花後、6月中旬の緑実です。扁平な緑実が、丸く赤熟し、風鈴のように吊下り、葉も紅葉する変化は(2)で、「風鈴ガマズミ」の花と実(1)春の白花

  • 鉢植えのホトトギス(2) 「白秋」

    台湾原産のホトトギスは、の本の自生種に比べて強健で、交配により様々な品種があります。「白秋」(はくしゅう)は、その1品種で、白地に紫の斑点が入る花を、9月から現在まで咲かせています。9月中旬の咲き始めです。花茎は3cm程、外花被片の下には、距(きょ)という球形の膨らみがあり、中に蜜があります。腺花弁は6枚(幅広の外花被片3枚と狭い内花被片3枚)雄しべは6個、雌しべの柱頭は3裂し、先が更に2裂し、小さな玉のような腺状突起があります。9月下旬の花、7号深鉢植えで、草丈は25cm程です。10月上旬、10月中旬です。開花時は玄関前で日に当たるので、葉に傷みが出ますが、今も名残り花が咲いています。鉢植えのホトトギス(2)「白秋」

  • 庭の宿根ヒメヒマワリ「ロドンゴールド」

    宿根ヒメヒマワリ「ロドンゴールド」は、キク科の多年草です。北米原産で、濃い黄色の八重咲花です。南庭のシモクレンと花梅の樹下から西側に繁茂し、強健で、長期間咲き続けます。6月下旬から咲き始めました。まだ花弁数が少ないですが、7月下旬に咲いた花、花弁数の多い鮮やかな八重咲です。8月上旬、葉を食害されていますが、犯虫は?8月下旬、9月上旬、斑入りヤブランや、ニラの花が混在しています。9月中旬、ハナトラノオとも共演し、9月下旬の花、画像はないですが、10月中もポツポツと咲き続けました。庭の宿根ヒメヒマワリ「ロドンゴールド」

  • 「カマツカ」の花と実(2) 秋の果実

    鉢植えの「カマツカ」(鎌柄)、5月に白花を咲かせた後、実成りの変化を画像でまとめました。7月上旬の緑の果実です。9月下旬、10月初め、実が色付き始めました。花柄には、褐色でイボ状の皮目が多いのが特徴です。10月中旬、果実が赤熟してきました。果実は7~9mmの楕円形です。10月下旬、昨日の陽射しの中で、果実は萎み始めましたが、一気に黄葉が進んできました。「カマツカ」の花と実(2)秋の果実

  • 「カマツカ」の花と実(1) 春の花

    「カマツカ」(鎌柄)はバラ科の落葉低木です。北海道南部~九州にかけて、低山や丘陵の林縁に自生します。名は、材質が硬くて折れにくいので、鎌の柄に使われたことから。27ⅹ20cmの角鉢植えで、樹高50cm程です。春に小さな白花を咲かせ、秋に赤い果実を稔らせます。5月中旬、枝先に小さな丸い蕾をたくさん着けました。その3日後に開花し始め、花径1cm程の白い5弁花、1つ1つの花弁は円形のお椀状です。更に4日経て、満開となりました。枝先に5~20輪が半球状に集まって、花後の果実、夏から晩秋にかけての変化は(2)で、「カマツカ」の花と実(1)春の花

  • 鉢植えのホトトギス(1) 「タカクマホトトギス」

    「ホトトギス」(杜鵑草)はユリ科の多年草で、花にある斑点模様が鳥のホトトギスの胸にある模様に似ている事から名付けられました。東アジア原産で、19種のうち日本に13種(10種は日本固有種)、所山野の林下や崖や傾斜地など、日照の少ない所に自生します。「タカクマホトトギス」(高隈杜鵑)は黄花ホトトギるの亜種で、九州大隅半島の湿った岩場に自生します。夏は日陰で涼しく育てないと葉焼けし、異常な酷暑であった今夏、8月には、茎先に蕾を着けたまま、葉の全てが枯れてしまいました。花を諦めていたところ9月末になって、蕾が開いてきました。花弁には小さな赤褐色の細点があります。レモンイエローの清楚な花ですが、玄関前に移動して陽にあたり、全開する前に閉じてしまいました。来春の芽出しを祈るしかありません。鉢植えのホトトギス(1)「タカクマホトトギス」

  • 庭の「ツユクサ」

    「ツユクサ」(露草)は、ツユクサ科の1年草で、朝咲いた花が午後には萎みます。庭に勝手に生えてきたもの、一部を自然に任せています。青い花は花径1.5~2cm、花弁は3枚で、上の2枚が青く大きい。下の1枚は白く小さく目立ちません。花後に雌しべを長い雄しべ2本がクルクル巻いて、自家受粉します。花の青い色素は着いても容易に退色するので、染め物の下絵を描くのに用いられたそうです。青く美しい花、顔を連想させるような、造形の妙を感じます。8月下旬の花です。雌しべが1本、雄しべは6本ですが、長く伸びた2本が花粉を出し、残り4本は黄色く目立つが花粉を出さない仮の雄しべです。蕾を保護する苞葉から、2花咲くものもあります。中には雌しべの無い花もあります。9月上旬の花、小さなホソヒラタアブがやって来ました。9月中旬、草丈を伸ばし...庭の「ツユクサ」

  • 家庭菜園 2022(10)「サツマイモ」の栽培

    「サツマイモ」は、中央アメリカ原産(気温が高く雨が少ない)で、やせ地でも育つ丈夫な野菜で、ヒルガオ科です。毎年、近くの空き地(住宅跡地)で、1畝放任栽培しています。品種は「ベニアズマ」です。5月下旬、HCで「挿し苗」を購入し、1畝に植え付けました。根付いて新葉を伸ばしてきましたが、前年のこぼれ種から芽生えたコスモスが、繁茂してきました。7月上旬です。花を咲かせたコスモスが、大きくなって、雨風て倒れます。10月上旬、コスモスを一部残して処分しました。10月25日、端の1株を試し掘り、例年のような丸い巨大イモが無くて、我が家にはちょうど良いサイズです。晴天続きの10月27日、残り全てを収穫しました。左側の畝にはニンニクを植え、右側には長ネギを栽培中です。丈夫な野菜なので、追肥も除草もせずに収穫です。収穫したイ...家庭菜園2022(10)「サツマイモ」の栽培

  • 庭の「タンジー」

    「タンジー」はキク科の多年草で、ハーブの1種、原産地はヨーロッパ~中央アジアです。和名はヨモギギク、舌状花が無く、ヨモギに似た香りがあります。玄関の右手前、リンゴの樹の脇に植えてあります。草丈が130cm程に伸び、たくさんの黄花を咲かせ続けます。7月から咲いていて、画像は8月初めです。シダに似た切れ込みのある緑の葉には香りがあり、径1cm程の丸いボタンのような黄花が庭を明るく彩ります。9月下旬の花のアップ、傷ついたシジミチョウが休んでいます。富士リンゴが色付いてきた、10月上旬です。10月中旬の花、現在も名残り花が咲いています。庭の「タンジー」

  • 「ツリバナ」の花と実(2) 秋の果実

    ニシキギ科の落葉低木「ツリバナ」(吊り花)は、別名がツリバナマユミで、花や実が垂れ下がります。樹高は1~6mになる樹ですが、7号深鉢植えで、樹高70cm程です。5月に開花後、6月上旬の小さな緑果です。8月上旬の果実、径1cm程の球形です。9月下旬、果実が少し色付き始めました。10月初め、熟した果実の果皮が5つに裂けて、種子が顔を出してきました。紅葉も進みます。5日後の10月上旬、次々と果皮が裂開し、朱色の仮種皮に包まれた5つの種子が、果皮の先端に着いています。10月中旬の実成り姿です。長さ6mm程の朱色の種子が、良く目立ちます。10月下旬、雨上がりの朝です。紅葉した葉が落ち始め、一部落果した実もありますが、この実成り姿がしばらく続きます。「ツリバナ」の花と実(2)秋の果実

  • 鉢植えのギボウシ「多摩の雪」

    「多摩の雪」は岩ギボウシの1種で、東京都奥多摩で発見されました。花茎が短く、コンパクトに整った姿が美しく、鉢植え向きで、6号深鉢植えで、鉢いっぱいに株が増殖しています。純白の花で、開花期が遅く、9月下旬から10月下旬にかけて咲きました。9月中旬に伸び出した花芽です。酷暑の夏に葉枯れがひどく、開花は望めないと思ってましたが、9月下旬に、10cm程の花茎の下から順に、咲き始めました。10月初め、別の株元でも、葉が全て枯れた株元からも、花芽が出てきました。その3日後、更に4日後、10月中旬の花、遅れて出てきた花芽が、下旬にかけて咲き続けました。鉢植えのギボウシ「多摩の雪」

  • 「ツリバナ」の花と実(1) 春の花

    「ツリバナ」(吊り花)はニシキギ科の落葉低木です。花や実が長く垂れ下がることから名付けられ、北海道~九州で、山地や丘陵の林内・林縁に自生しています。鉢植え栽培で、春の花と秋の果実と紅葉を楽しみます。花は、緑色を帯びた淡い紫色です。直径は7~8mm程で目立ちませんが、花弁は5枚で、中央にある緑色の花盤が特徴、雌しべ1個と雄しべ5個です。5月初め、丸い蕾から開花してきました。小枝の先端の葉腋から吊り下がっての開花です。その3日後、先に咲いた花は花弁を散らし、まだ蕾もあります。1か月後の6月初めです。小さな緑の果実を着けました。花より目立つ、朱色の果実は(2)で、「ツリバナ」の花と実(1)春の花

  • 熱帯スイレンの花 (2)

    4号深鉢に荒木田土などで植えて、睡蓮鉢に入れて栽培しますが、株分けせずに、肥料もやらなかった今年は2鉢だけの開花でした。朝か開花して夕方近くに花弁を閉じます。(温帯種は昼に閉じる)花茎を水面より上に伸ばして開花します。(温帯種は水面に開花)3日間開閉した後は、花茎を曲げて水没します。2鉢目は8月上旬に咲きました。ラベルを失い品種名不明です。1日目の花、オシベが開いて、大きく黄色いメシベが見えます。2日目の花、オシベがメシベを覆います。3日目、固まっていたオシベが、半開き状になります。調子が良ければ温帯種よりも長く咲き、11月初めまで咲き続けたこともありました。冬は玄関内の水槽に入れて越冬させています。熱帯スイレンの花(2)

  • 鉢植えの「ナツハゼ」 花と実

    「ナツハゼ」(夏櫨)はツツジ科の落葉低木で、全国の山地・丘陵に自生します。夏にハゼノキのような黄葉が見られることが、名の由来です。7号角鉢植えで、樹高50cm余りです。5月下旬に咲いた花です。釣鐘型の小さく可憐な花、花径5mm程で、鈴生りに、7月上旬、花後の緑果が、色付いてきました。8月上旬には、黄葉してきました。10月中旬、暑さと水切れで、多くの実が落ちました。10月下旬、葉の半分が落葉した紅葉姿です。酷暑の中で、殆どの果実が途中で落果しましたが、黒熟して残っていた果実です。径7~8mmの黒い果実は食べられます。生食は酸味が強いが、ブルーベリーの仲間なので、庭植えしてたくさん収穫出来れば、ジャムや果実酒に利用できます。鉢植えの「ナツハゼ」花と実

  • 熱帯スイレンの花 (1)

    熱帯スイレンの原種は、東南アジア・アフリカ・南米などの熱帯地域に自生し、屋外では日本の冬を越すことが出来ません。青や紫の花色は温帯睡蓮には無く、熱帯種にしか存在しません。小さな容器でも栽培できる品種を、睡蓮鉢で育てていますが、植替えと施肥をしてないので、開花は2鉢だけでした。「ティナ」という品種と思われる1鉢です。7月末~8月上旬にかけて咲きました。開花1日目は、花の中心に黄色い大きな雌しべが見えます。朝開いて、午後3時過ぎに花弁を閉じます。開花2日目は、雄しべがドーム状になって雌しべを覆います。開花3日目、固まっていた雄しべが少し開き気味になります。3日間、開閉を繰り返して、花を終えます。熱帯スイレンの花(1)

  • 鉢植えの「イワタバコ」

    「イワタバコ」(岩煙草)はイワタバコ科の多年草で、葉がタバコの葉に似ていて、若葉は山菜として食用にもなります。本州以南の山地に分布し、湿り気ある岸壁などに群生します。花期以外は、日陰になる北側の山草棚に置き、雪下越冬します。5号浅鉢植えで受け皿に水を入れて、長年維持しています。花径1~2cmで、紫色の花弁が5裂し、反り返ります。9月中旬、10cm前後に花茎を伸ばして、咲き始めました。その2日後です。更にその翌日、9月20日です。9月下旬、9月末の開花姿です。10月初め、遅れて伸びてきた花茎の終い花です。鉢植えの「イワタバコ」

  • 「オオバオオヤマレンゲ」の果実

    庭植えの「オオバオオヤマレンゲ」はモクレン科の落葉低木で、5~6月に白花を咲かせ(6月末に投稿済み)ました。花後の果実は、数cm~10cm余りの大きさです。振り返って、5月下旬の緑葉と白花です。花後の果実、緑色の果実が8月に色付いてきました。異常な酷暑が続いた今夏、9月中旬でも36℃を記録した長岡、大山れんげの葉は全て枯れて、殆ど落葉し、新たに緑の新葉が展開してきました。9月、そんな中で残った果実が、赤茶色の外皮を破って、オレンジ色の種子を露出させました。10月上旬には、種子を飛ばしたり、鳥に食されたりして、10月中旬、残った果実2個を記念撮影いたしました。「オオバオオヤマレンゲ」の果実

  • 庭の「ハナトラノオ」

    「ハナトラノオ」(花虎の尾)はシソ科の多年草で、茎が角張っているので、別名カクトラノオともいう。北米原産で、大正時代に観賞用として渡来しました。ピンク・白・紫などの花色があり、繁殖力が強く、地下茎や実生で庭のあちこちで咲いていました。秋にピンクの花が、四方に規則正しく並んで咲きます。8月末から9月上旬に咲き始めました。9月中旬、南庭の塀際で、菜園に行く通路脇で、(黄花は姫ヒマワリのロドンゴールド)東庭の塀と大石の隙間でも、9月下東庭の池脇で、毎年、ホシホウジャクが吸蜜に訪れるのを撮ったのですが、今年は一度夕方に出合っただけで、撮影できません。花は下から上へと咲き上がって、咲き終えました。最後に、筒状の花の開口部をアップで、実生でも殖えるので、花後の花茎は全て切り取りました。庭の「ハナトラノオ」

  • 鉢植えの「茶の木」

    「茶の木」はツバキ科の常緑低木で、インド~中国が原産?品種は「ヤブキタ」で、白い5弁花を下向きに咲かせます。10月初め、花が1個開き始めているのに気付きました。もう1個の蕾もありました。翌日、全開しました。花径は2~3cmで、多数の雄しべが特徴です。10月中旬、2輪目が開花しました。6号深鉢植えで、樹高30cm余りです。別の枝先には、昨年の果実が1個着いたままです。鉢植えの「茶の木」

  • 庭の「ミズヒキ」

    「ミズヒキ」(水引)はタデ科の多年草で、北海道~沖縄の林中・林縁に自生する野草です。紅白に見える小花が、祝儀に使われる水引に似る事が名の由来です。鳥が運んできたものか?、勝手に庭に芽生えたものですが、草姿に風情を感じ、庭の通路脇などで群落を維持しています。8月、草丈20~数10cmの茎頂や葉腋から、長さ20~40cm程の花穂を伸ばし、小花を疎らに着けます。9月中旬、蕾から開き始めた様子です。9月下旬の花です。花弁は無く、花弁に見えるガクが、4つに裂けて開きます。上半分が赤色で、下半分は白色です。受粉が済むと、ガクが閉じて、雌しべの花柱が伸び出て、先がカギのように曲がります。9月末の花、10月初めの終い花です。10月中旬、花が終え、種子が出来ます。種はヒッツキ虫で、鈎状に曲がった雌しべの柱頭が、動物の毛など...庭の「ミズヒキ」

  • 庭の「ギンモクセイ」

    「ギンモクセイ」(銀木犀)は、中国原産でモクセイ科の常緑高木です。この変種が、香りで知られるキンモクセイだそうです。金木犀より花数も香りも少ないのですが、年に何回か咲くことがあります。初めに東庭に植えた樹が枯れ、再度、庭の南西の塀際に苗木を植えました。まだ樹高140cm程の幼木で、秋だけの開花です。花色は、淡い黄色を帯びた白花、アイボリーで、キンモクセイとほぼ同時に咲きました。10月1日、キンモクセイが咲き始めてから、枝葉に隠れるように、咲き始めようとする蕾に気付きました。翌日の10月2日、弱い香りを放ちながら、開花します。10月3日には、ほぼ満開となりました。日本には雄株しかないので果実は実らず、一斉に散り落ちました。庭の「ギンモクセイ」

  • 秋の七草(3) 「オミナエシ」の花

    「オミナエシ」(女郎花)は、オミナエシ科の多年草で、古くから親しまれてきた秋の七草の1つです。北海道~九州、中国~東シベリアに分布し、日当たりの良い山野の草地や林縁に自生します。庭の南西、サルスベリの樹下で、キキョウの隣に株を植えました。8月~10月にかけて、茎先に黄色い小花を多数咲かせました。8月初め、蕾から咲き始めです。数10cm伸ばした茎の上部で分枝し、花茎の先に集散花序を出し、(隣家が外壁の工事中で、背景が黒くなっています)6日後の8月上旬、開花数が増えてきました。花径3~4mmの合弁花で、花冠が5裂し、雄しべ4個と雌しべ1個。8月中旬、一斉に咲くのではなく、次々と新たに蕾を着けながら、咲き続けているようです。8月下旬です。9月上旬、庭で育ったアマガエルも一緒に、9月中旬、咲き終えたた花が実を結び...秋の七草(3)「オミナエシ」の花

  • 庭のムクゲ(3) 桃色花

    犬散歩中に出合ったムクゲ(木槿)の中で、宗旦ムクゲに次いで気に入って、枝をいただき、挿し木しました。正しい品種名が不明ですが、底紅の桃色花で大輪です。宗旦種と同鉢で育てて、そのまま一緒に南庭に移植したので、東向きと西向きに住み分けて、桃色花の方が優勢です。咲き出しが少し遅れて、画像は7月下旬の花から、8月上旬です。8月中旬、8月下旬、9月に入って、更に花数を増やして、9月中旬の開花姿です。9月下旬、10月初めも、晴天の中で、花期の長い花木です。庭のムクゲ(3)桃色花

  • 姫スイレンの黄花種

    温帯スイレンの中でも小型の品種を姫スイレンと呼んでいます。葉も花も小さく、小さな容器でも栽培できます。根茎を鉢植し、水容器に入れて日当たりの良い玄関前通路脇に置きます。桃色花はあまり咲かずに消えてしまいましたが、黄花種が強健で、毎年たくさんの花を長く咲かせています。6月下旬から咲き始めました。花径は4~5cm程で、昼には閉じて、3日間ほど開閉します。7月上旬に咲いた花です。7月中旬、7月下旬の花、(周りの斑入り葉は、一緒に入れた熱帯スイレンの葉です。)8月上旬、8月中旬、連日、複数の花が咲いていました。8月下旬、9月上旬、9月中旬に咲いた花です。急に寒くなって、今年の開花は終いとなりました。温帯性なので、冬も屋外で雪下越冬します。姫スイレンの黄花種

  • 庭の「キンモクセイ」

    「キンモクセイ」(金木犀)は、モクセイ科の常緑小高木です。中国南部が原産で、江戸時代に渡来しました。雌雄異株ですが、日本へは雄株しか入っていません。(雌株よりも花が多く咲くから?)小さなオレンジ色の花ですが、甘い香りで知られています。個々の花は花径4~5mmで、先が4つに裂ける合弁花です。9月末の花蕾、先が割れて開き始めると香りが知らせます。開き始めです。10月1日の開花姿です。10月2日、10月3日には、満開になりました。庭の南西に植えた苗木が大きくなり、敷地を越えて枝が伸びたので、昨秋に大規模剪定して、樹高3m位、枝ぶりがイマイチですが・・・花にはオシベ2本と不完全なメシベしかなく、結実しないので、あっと言う間に散り終えてしまいます。雌株であれば結果し、熟すと紫色で、クコの実サイズだそうです。庭の「キンモクセイ」

  • 鉢植えの「宿根フロックス」(3)「フレックルレッドシェーズ」

    今年咲いた3鉢目の宿根フロックスです。「フレックルレッドシェーズ」は、ピンク系で、色の濃淡、絣入りなど、様々な顔を見せる珍しいタイプです。7月上旬、白い蕾から、濃い桃色地に白い絣が入った花を咲かせました。4号鉢植えで、草丈は40cm位です。7月中旬の花、8月上旬の花、8月中旬に咲いた花は、絣が全く入らず、地色も少し変わっていました。大鉢で株を充実させるか、庭植えすれば、様々な変化を見せてくれるのかも知れません。鉢植えの「宿根フロックス」(3)「フレックルレッドシェーズ」

  • 庭のムクゲ(2)「宗旦ムクゲ」

    庭に3種植えたムクゲ(木槿)は、夏の代表的花木です。散歩中に、気に入ったムクゲの枝をいただいて、挿し木した2種の内の1つが、この「宗旦ムクゲ」です。茶人の千宗旦(そうたん)が好んだという、白の一重に、中心が赤い底紅種です。挿し木苗を鉢植えで育て、庭を作り変えた時に、玄関南側と東庭に植えました。特に南側に植えた樹は、1日中陽が当たり、年々大きくなって3m近くになったので、昨秋に大剪定したのですが、春からたくさんの新枝を長く伸ばして、開花し続けています。7月上旬の花、花は短命ですが、次々と咲いてきます。7月中旬の花、東庭の樹は大きくならずに咲いています。8月上旬、8月下旬、9月中旬、9月下旬の花ですが、まだこれからも咲き続けます。庭のムクゲ(2)「宗旦ムクゲ」

  • 秋にも咲いたセッコク「吉兆」

    小鉢にミズゴケ植えのセッコク(石斛)です。開花しない鉢がある中で、「吉兆」(キッチョウ)という品種は、春に開花した後、秋にも咲きました。白い花弁に紅の覆輪が入ります。9月中旬、自宅北側軒下の山草棚で、咲き出しました。9月下旬の花です。花着きが良い強健種です。秋にも咲いたセッコク「吉兆」

  • 鉢植えの「宿根フロックス」(2)クレムデマート

    「クレムデマート」は、白い斑入り葉の品種で、花が無い時も観葉で楽しめます。花は中心がピンクの白い5弁花です。8月上旬の開花でした。2日後には、さらに翌日、4号鉢植えのままで、株が大きくならず、花茎も1本だけでした。鉢植えの「宿根フロックス」(2)クレムデマート

  • 二度咲きした「枝垂れネムノキ」

    鉢植えの枝垂れネムノキ、6月下旬から7月上旬に咲いて、7月26日に一度投稿しました。枝枯れも進み、置き場を選んで休ませていましたが、再度蕾を着け、咲いてきました。8月末の蕾から、開花しました。9月初めの花、その5日後、枝先に集まって咲く、淡紅色の雄しべが長く美しい。9月中旬の終い花です。二度咲きした「枝垂れネムノキ」

  • 鉢植えの「宿根フロックス」(1)レッドライディングフット

    「宿根フロックス」はハナシノブ科の多年草で、北米原産です。4号鉢植えなので草丈が20~40cm程です。「レッドライディングフット」は赤花品種です。6月下旬に咲き始めました。7月上旬の花、7月中旬の花です。花後に剪定してやると、9月頃まで繰り返して咲くのですが、暑さに負けて、放置してしまいました。鉢植えの「宿根フロックス」(1)レッドライディングフット

  • 秋の七草(2)「萩」-2 庭植えの萩

    (庭植えの萩は、「江戸絞り萩」として送られてきたものですが、翌年には鉢に収まらなくなり、花を見て別物と分かりました。)「ミヤギノハギ」ではないかと思いますが、庭の南、ヤマボウシ・紅富士と大ツツジの間に植えました。毎年、晩秋に根元から刈り払い、春に株元から新芽が出ます。放任すると大きくなり過ぎ、塀を越えて歩道に枝を伸ばして開花し、掃除に苦労するので、6月に半分に剪定しています。マメ科特有の蝶形花で、紅紫色の1~1,5cm位の花です。9月上旬から咲き始めました。9月中旬、樹高は1m60cm位で、その先は長く枝垂れて、花を咲かせます。9月下旬の花、9月末、花の終盤、果実を着けながら上に伸びていた枝先を、青空バックで撮りました。秋の七草(2)「萩」-2庭植えの萩

  • 鉢植えの「オケラ」

    「オケラ」(朮)はキク科の多年草で、雌雄異株です。日本の本州・四国・九州、朝鮮、中国東北部に分布し、平地~低山の草原や林縁などに自生します。根茎が生薬に用いられ、若芽は山菜として食用にもされます。花は茎頂に、径2cm程の筒状のアザミに似た白花を咲かせます。7号中深鉢植えで、草丈は50cm程です。7月下旬に、茎頂に緑の蕾が着きました。8月上旬、蕾の周りは、羽状に分裂した魚の骨のような苞葉に囲まれているのが特徴です。葉も革質で硬く、葉の縁には細かい棘状の鋸歯があります。8月下旬、蕾の開花を上から見て、待ちます。9月上旬、白花の開花です。苞葉は茶色に変わっています。9月中旬、9月下旬、この株は雌株でした。花には雌しべだけで、雄しべが見当たりません。現在、花は終わりましたが、受粉出来ないので種子は実りません。晩秋...鉢植えの「オケラ」

  • 秋の七草(2)「萩」-1 鉢植の「江戸絞り」

    万葉集で、秋の七草の筆頭に挙げられたのが「萩」です。マメ科の落葉低木ですが、毎年根元から、新芽が出ます。鉢植えの「江戸絞り」は、萩の園芸種です。他種に比べ、最も木質化して、庭植えすれば1.5~2mにも成長するそうですが、6号深鉢植えで60cm程の樹高です。花は白地に紅絞りの珍しいタイプです。長期間休みなく咲き、楽しめました。6月下旬の咲き始めです。7月上旬の花、7月中旬、8月上旬、枝の先端に花枝を伸ばし、沢山の蕾を房状に着けます。8月中旬です。この品種は枝が枝垂れることが無く、上に向かって咲き進みます。8月下旬、9月上旬、9月中旬の花、昨日の夕方です。まだ開花しますが、種子を1個含んだ果実を稔らせてきました。春に枯れた枝先だけをカットすると、その下から新枝を伸ばし成長します。秋の七草(2)「萩」-1鉢植の「江戸絞り」

  • 鉢植えの「カライトソウ」

    「カライトソウ」(唐糸草)はバラ科の多年草で、日本固有種。本州中部日本海側で、亜高山~高山帯の草地などに分布します。和名は、美しい雄しべを、中国渡来の絹糸に見立てたことに由来。7号深鉢植えで、異常な酷暑の中で次々と葉が枯れてきて、開花は諦めていましたが、9月になって花茎を1本伸ばしてきました。9月半ば、50cm程の花茎を伸ばして、開花しました。細長い円柱形の花穂は淡紅紫色で、長さ7cm程でした。9月下旬の草姿、葉は羽状複葉で、縁は鋸歯状です。2輪目が開花です。雄しべの色が薄れましたが、先に咲いた1輪目の花をアップで見ます。花弁は無く、紅紫色のガク片があり、雌しべが1本、長い雄しべが数本~10本位で目立ちます。撮影中にミツバチが訪れました。鉢植えの「カライトソウ」

  • 家庭菜園 2022(9)「ミニカボチャ」の栽培

    カボチャは、中南米が原産のウリ科の野菜で、日本へは17世紀にカンボジアから渡来しました。ミニカボチャ「坊ちゃん」のポット苗を1株、HCで購入し、5月初め、ウリ科の畝の右端に植えました。支柱を立てて吊り栽培します。花の寿命が短いので、咲いたら人工授粉をします。下の雄花を摘み取って、上の雌花の雌しべに受粉します。授粉が成功すると、実が成長してきます。8月上旬から、径10~12cm程のカボチャが収穫出来ました。ヘタがコルク上にひび割れてきたら収穫します。すぐに食べないで、2週間以上置くと追熟して甘みが増します。9月下旬、古葉は枯れてきますが、新葉も出てきます。昨日5個目の収穫をし、実の無くなったツルを処分しました。残る果実は3個、この品種は、草勢の衰えが遅く、長期間収穫が出来ます。今朝の朝陽の中で、西洋朝顔をバ...家庭菜園2022(9)「ミニカボチャ」の栽培

  • 鉢植えの「ハナキリン」

    「ハナキリン」(花麒麟)はマダガスカル島原産で、トウダイグサ科の多肉植物です。鉢植えを居間の出窓に置き、一年中途切れなく開花し続けてきました。夏場は屋外に出し、9月下旬の花を撮りました。鋭い棘がたくさんある茎の先に、花径1~2cmの小さな花をまとめて咲かせます。花色は品種によって、赤・橙・黄色・白色などがあります。6号深鉢植えで、長く伸びた茎を剪定したのですが、また伸びて来て、60cm程の高さで横に広がってきました。上画像左側の蕾から、開花しました。赤い花びらに見えるのは葉が変形した苞(ほう)で、本当の花は苞の真ん中にある黄色い部分です。花の終盤は色褪せてきて、落花しますが、次々と新たに咲いてきます。寒さには弱いので、涼しくなったら室内に入れます。鉢植えの「ハナキリン」

  • 鉢植のギボウシ(1)「ヤクシマギボウシ」

    「ヤクシマギボウシ」は、九州の屋久島に分布する矮性のギボウシです。7号中深鉢いっぱいに増殖していましたが、オニユリのムカゴが飛び込んで、成長しオニユリが開花、日当たりに出して、多くの葉が枯れ、今年の開花は諦めましたが、9月に1本だけ花茎を伸ばして開花しました。9月中旬、14cm程花茎を伸ばし、3個の蕾を着けました。その4日後、最初の1輪が開花しました。翌日には2輪目も開花し、小さな葉の割には、大きめな花で、白く縁どられた薄紫色の花です。9月25日、朝陽を受けて、3輪目が開くところです。コバギボウシの地域変種で、小型です。葉幅は5~7mm、葉長3cm前後です。鉢植のギボウシ(1)「ヤクシマギボウシ」

  • 鉢植えの「ハス」

    鉢植えの「ハス」(蓮)の花、今年1輪だけ咲いた花の記録です。ハス科の水生植物で原産地は?熱帯~温帯アジア、北米、オーストラリア、エジプトなど、水を張ったポリ容器に睡蓮などと一緒に入れています。6月下旬の蕾、葉も花茎も水面より上方に伸ばしてきました。7月初めの蕾、その3日後、朝、蕾を開き始めましたが、そのままで、10時頃には花弁を閉じてしまいました。そして、翌日朝から全開しました。昼には花弁を閉じます。翌日(開花2日目)の花、開花3日目の花、色が薄れてきました。開花4日目には、夜も花弁を閉じること無く、翌日には花弁を落として終わりました。他にもハス鉢はあるのですが、植替えをしてないので、葉だけ伸ばして、花は咲かなくなりました。鉢植えの「ハス」

  • ブルーベリーの栽培(3) 果実収獲ー2

    今夏の異常な猛暑は、朝晩の鉢植えの水やりに追われ、菜園や庭木にも水やりをしました。落葉する庭木がある中で、何故かブルーベリーは、今までで一番たくさんの果実が収穫出来ました。8月上旬の実成り、日照時間が少ない自宅北側の樹でも、東庭の道路際の樹でも、8月中旬、1日おきに見回って、青黒く色付いたもののうち大きいものを選んで1粒ずつ収穫します。収穫の都度、冷蔵庫の冷凍室に保管し、ジャムに加工して毎日の昼食でいただきます。8月下旬、収穫は続きますが、冷凍室が満杯になり、知人に声掛けして、利用してもらいました。一番多く収穫出来た樹は、自宅東側の池と赤松の樹の間に植えたものです。今朝、まだ少し残り実がありますが、シーズンを終えます。(おまけー1)ブルーベリーの葉上で、蜂を捕えたシオヤアブです。(おまけー2)葉裏について...ブルーベリーの栽培(3)果実収獲ー2

  • 鉢植えの「スパティフィラム」

    「スパティフィラム」は熱帯アメリカ原産で、サトイモ科の多年草です。観葉植物として、居間に置く鉢植えですが、年に2~3回、白花を咲かせます。5月下旬に咲いた花を、庭に出して撮りました。その3日後です。白い花びらのように見えるのは仏炎苞(ぶつえんほう)で、葉が変形したものです。花は中央のブラシ状の部分で、肉翠花序(にくすいかじょ)です。6月中旬にも開花しました。現在は玄関に置いている鉢、先日、屋外に出して水やりした時に、撮った葉姿です。6号深鉢植え、葉長は30cm位です。熱帯性植物なので、冬は暖房のある居間に置きます。鉢植えの「スパティフィラム」

  • ブルーベリーの栽培(2) 果実収獲ー1

    5月に、釣鐘状の花をたくさん咲かせたブルーベリー、6月上旬には、小さな緑果を着けました。6月中旬、緑果が生育します。7月中旬、果実が色付き始めました。上は果実が小粒で、主に授粉用の樹です。下が大粒で、たくさん収穫できる樹です。初収穫は7月20日、小粒も一緒に、7月下旬、一斉に熟すことは無いので、濃い青紫色になった大きめの果実を、選んで収穫します。7月24日、2回目の収穫です。9月まで続く収穫は(3)で、ブルーベリーの栽培(2)果実収獲ー1

  • ヨツマタモウセンゴケの花

    「ヨツマタモウセンゴケ」は、別名がドラセラ・ビナタで、オーストラリア・ニュージーランドに分布します。和名は葉がたくさん分枝する茎葉の姿から、大型になるモウセンゴケです。生きたミズゴケで鉢植えし、毎年夏に白い5弁花を咲かせてきました。7月下旬、自宅西側のブロック塀脇の山草棚で、花茎を50cmほど伸ばして、頂に10数個の白花を、下から順に咲かせています。8月上旬の花、玄関前に移して、8月中旬、若い葉が、先を4本に分けて伸ばしてきます。8月下旬の花、9月上旬、9月中旬9月下旬、まだ名残り花が咲いています。一昨日の玄関前で、真ん中に元の鉢が埋まっていますが、生きた水苔で植えっ放しなので50cm程のマットになっています。長く伸びきった茎葉は下に垂れ、若い葉が上に伸びています。花茎は30~50cmほど伸びて花を着けま...ヨツマタモウセンゴケの花

  • 鉢植えの「トキワガマズミ」(2)秋の果実

    トキワガマズミはヨーロッパ・北アフリカの地中海地方が原産で、別名を「ビバーナムティヌス」という、スイカズラ科の常緑低木。栽培している鉢植えは「トキワガマズミ・イブプラス」という園芸種です。春に白花を咲かせた後、5月下旬の果実です。7月初め、実が着いたのは2か所で、茶色を帯びた緑果です。8月中旬、9月中旬の果実、色濃く変わり、金属光沢を発してきました。9月下旬、昨日の樹姿、6号深鉢植えで、樹高60cm弱です。コバルトブルーやメタリックブルーと呼ばれる、青黒色の独特な果実の色になりました。鉢植えの「トキワガマズミ」(2)秋の果実

  • 鉢植えの「トキワガマズミ」(1)春の白花

    「トキワガマズミ・イブプラス」は地中海地方が原産で、スイカズラ科の常緑低木です。春に白花を咲かせ、秋にはコバルトブルーの実を生らせます。種苗会社から苗木を取り寄せて、鉢植えにしています。4月上旬の蕾、枝先にピンクの蕾を着けています。4月中旬、白い5弁花を開きました。4月下旬の花です。初めに咲いた花が萎み、5月初め、遅れて咲き出した花もありました。実成りは(2)で、鉢植えの「トキワガマズミ」(1)春の白花

  • ブルーベリーの栽培(1) 春の花

    「ブルーベリー」は、北米原産の落葉低木果樹です。放任栽培でも、樹が大きくならず、春の白花、夏の果実収獲、秋の紅葉と楽しめます。3月下旬、雪囲いを外した時、すでに充実した蕾を着けています。4月下旬、開花前の花蕾です。5月初め、一斉に開花してきました。白い釣鐘型の花(品種によってはピンクを帯びる)です。東庭の赤松の樹下と東側道路に植えた2本が、特にたくさんの果実が収穫できます。(品種名は忘れました)他に、挿し木で殖やした苗を自宅北側通路脇に3本、授粉効果を考えて品種の違う2本も植えています。ブルーベリーの栽培(1)春の花

  • 温帯スイレンの花 桃色花

    温帯スイレンは、雪国でも冬は池に沈めて雪下越冬できます。日本にある原種は白花のヒツジグサ1種のみで、現在よく見られるスイレンは、フランスで品種改良されて大正時代に日本に入って来た園芸種だそうです。赤花種と白花種は、長年経過して植替えてないので、今年は葉だけの株となりました。良く開花したのは桃花種だけでした。根茎を荒木田土や赤玉土に鉢植えし、その鉢を大きな睡蓮鉢に入れて、玄関前通路脇に置きました。6月上旬が、最初の開花でした。6月下旬に咲いた花、7月上旬、7月中旬、7月下旬、8月上旬、8月中旬、8月下旬の花、9月上旬まで、良く開花していました。増殖した株が植えた鉢から外に出て、花はその外側に蕾を出して、水面に開花しています。温帯スイレンの花桃色花

  • イチジクの栽培(2) 秋果の収穫

    空き地に植えた、クワ科の落葉高木「イチジク」(無花果)、品種は国内で最も栽培が多い「桝井ドーフィン」です。夏秋兼用品種で、7月上旬の夏果は数が少ないが大きく、150g位。8月上旬から9月中旬にかけて秋果は、70~120g位で、小ぶりだがたくさんの収穫があります。7月下旬、夏果の収穫後、急速に生育が進む秋果です。8月上旬には、緑果が色付き始めました。8月中旬、次々に熟してきて、収穫します。ヒヨドリなどの鳥害がありますが、たくさんの実成なので、放任。8月下旬、9月上旬も収穫が続きますが、老人2人では食べきれないので、知人や町内の人に声をかけて、配りました。今年の収穫は終わりましたが、来年は、このイチジクの樹はどうなるか分かりません。一度だけですがゴマダラカミキリに出合いました。画像は、カミキリムシが樹皮に産卵...イチジクの栽培(2)秋果の収穫

  • 庭で咲く「チコリ」の花

    「チコリ」はキク科の多年生野菜です。ヨーロッパ・北アフリカ・西アジアなどが原産地、ヨーロッパで栽培化され、葉・茎・花・根を利用します。野菜の苗として菜園に迎えましたが、苦みなどで利用できず、栽培を止めましたが、実生で菜園周りに残ったものを放任し、花を観賞用にしています。澄んだ青い花色が美しい。6月から現在も開花し、コロナ下と異常な暑さの中でも、涼感を与えてくれました。6月中旬の花です。6月下旬、7月下旬、8月も休みなく咲き続け、9月上旬の花です。草丈が150~170cmに成長し、茎や枝葉を伸ばしながら、開花し続けました。庭で咲く「チコリ」の花

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、kobakatuさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kobakatuさん
ブログタイトル
Koba の庭〜春夏秋冬
フォロー
Koba の庭〜春夏秋冬

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用