Groove in Life 〜 ロードバイクを楽しもう!
住所
大阪府
出身
大阪府
ハンドル名
だるまさん
ブログタイトル
Groove in Life 〜 ロードバイクを楽しもう!
ブログURL
https://www.grooveinlife.com/
ブログ紹介文
音楽好き(ベーシスト)がロードバイクにハマってどうしようもなくなってしまったブログ。
自由文
大阪でロードバイクに乗っている週末ロード乗りのブログです。 日ごろは北摂方面や三田・能勢のあたりを走ったりしてます。 たまにロングライドにでかけたり、イベントに出たりと、マイペースにロードバイクを楽しんでいます。 ブログでは走ったときの走行記や、買ったパーツやグッズなどの簡単なインプレなんかを書いてます。 愛車は"Dedacciai Strada Nerissimo"、"Lapierre Xelius SL Ultimate(2016)"。
更新頻度(1年)

35回 / 145日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2012/04/23

だるまさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(IN) 26,942位 27,550位 27,522位 27,568位 25,057位 25,183位 27,860位 969,181サイト
INポイント 10 10 10 0 0 10 10 50/週
OUTポイント 90 360 840 240 530 790 160 3,010/週
PVポイント 11,900 24,100 26,930 25,320 24,900 22,580 19,470 155,200/週
自転車ブログ 213位 213位 210位 210位 183位 183位 210位 9,566サイト
自転車走行日記 40位 40位 39位 39位 39位 36位 38位 577サイト
ロングライド 10位 12位 12位 13位 14位 14位 15位 353サイト
ロードバイク 93位 95位 94位 94位 81位 81位 87位 3,841サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 4,163位 4,215位 4,476位 5,444位 4,622位 5,308位 6,256位 969,181サイト
INポイント 10 10 10 0 0 10 10 50/週
OUTポイント 90 360 840 240 530 790 160 3,010/週
PVポイント 11,900 24,100 26,930 25,320 24,900 22,580 19,470 155,200/週
自転車ブログ 37位 36位 37位 42位 37位 46位 52位 9,566サイト
自転車走行日記 12位 12位 13位 13位 12位 11位 12位 577サイト
ロングライド 2位 2位 3位 5位 5位 7位 9位 353サイト
ロードバイク 36位 39位 40位 46位 42位 47位 52位 3,841サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(PV) 216位 215位 216位 227位 226位 232位 240位 969,181サイト
INポイント 10 10 10 0 0 10 10 50/週
OUTポイント 90 360 840 240 530 790 160 3,010/週
PVポイント 11,900 24,100 26,930 25,320 24,900 22,580 19,470 155,200/週
自転車ブログ 6位 7位 7位 7位 7位 7位 7位 9,566サイト
自転車走行日記 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 577サイト
ロングライド 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 353サイト
ロードバイク 5位 7位 7位 7位 7位 7位 7位 3,841サイト

だるまさんのブログ記事

  • 【朗報!】Wiggleで「Campagnolo Bora One 35mm クリンチャーホイールセット」が12万円台に!!

    ただいまWiggleで発行されているバウチャー。 「ホイール SPEND & SAVE」がヤバイ。 割引はこんな感じの3段階。 表題にガッツリ書いていますが、 例えば対象にある「ボラワン35」は、 12万円台で購入可能になっております。 クーポンコードは「WHEEL24」 これ、日本円決済ではなくてポンド決済にすると、 「15万円以上」のボーダーが少し低いようで、 ボラワン単品でも最大限の割引が適用されますね。 ボラワン、954.23ポンド! Paypalで支払う場合は、 カード会社のレートで支払うようにしないと、 結構差額が出てしまうので、要注意。 mastercardのレートで12万前半でした。 対象商品は結構幅広いので、 いろいろ買い合わせての適用も可能です。 普段はこんなエントリー絶対に書かないんですけど、 今回は興奮のあまりに書いてしまいました。 うん、買っちゃったのよ。 なんか勢いで買っちゃったの・・・ Wiggleへゴー!

  • 【猛暑の午前縛りライド】茨木経由で猪名川へ!カフェ「cafe manna」でかき氷を食べて帰る早朝100kmライド!!

    はじめに 待ちに待った夏休み!! ひゃっほー! 長い連休が始まりましたー! しかしフルタイム共働きで嫁は連休関係なし。 そして2人の子どもは保育所が休み。 な、夏休みとは・・・(哲学 そういう感じの連休なんですが、 所々で自由時間をもらえることになって、 今回は午前縛りライドをしてきました。 「朝はまだ涼しいかな♪」と思っていましたが、 ただの完全なる猛暑でした・・・ 茨木スタートで能勢方面へ! 今回の待ち合わせは茨木。 朝5時に家を出て待ち合わせ場所へと向かいます。 少し朝やけの残る淀川河川敷へ。 早朝なのに爽やかさとは無縁の蒸し暑さ。 でも夏の早朝って子どもの頃の夏休みが思い出されて、 なんか好きだったりするんですよね。 ラジオ体操完遂したらドムドムバーガーの食券もらえたの。 川を渡り淀川沿いを北上していきます。 しばらく走ってなかった間に、草ボーボー。 最近よく通る正雀の辺りを抜ける道で、 茨城方面へと進んでいきます。 朝は点滅信号も多くて意外とスムーズ。 宇野辺のあたりからR14へ。 あんまり走りたくない道だけど仕方ない… R171を避けるように進み、茨木川の辺りに到着。 ここまでくればもう少しです。 そして待ち合わせのコンビニに到着! 「ローソン 茨木五日市二丁目店」なり。 イートインもあるので、待ち合わせに最適。 lovelybeerさんも到着! おっ、久しぶりのクロモリ号ですね!? あと、ロゼさんも来るはずなんですが・・・ あ、連絡きた。 ひょえー!!! じゃあちょうど良さげな「7時に余野ファミマで!」と、 あっさりと合流ポイントも決定。 茨木から豊能方面を目指しましょう! 茨木の山越えに消ゆ・・・ それではlovelybeerさんと二人で出発。 豊能方面へ向かうには、 R110、もしくはR114から北上するのが近そう。 距離はどっちも似たようなもんだろうか・・・ こないだ夜ライドでR110を走って、 登りばかりの道のりにヤラれた思い出があるので、 今回はR114から北上することに独断(辛い思い出)で決定。 早速、山に向かってゴー!! 記憶がごちゃまぜになっていたのですが、 今回しっかりと整理できたことにより、 ひとつの真実が見えました。 R114もきつい! 序盤からひたすら登りまくって、

  • コスパ抜群のGPS搭載スマートウォッチ!「GARMIN ForeAthlete 45」を購入しました!!

    はじめに 最近当たり前になってきたスマートウォッチ。 ウェアラブルデバイスの中では、 一番、市民権を得ているような気がします。 ぼくも3年半ほど前に購入して愛用していました。 GARMINの「vivosmart HR J」。 当初は睡眠の深さや歩数などがわかる、 ライフログ全般の機能と、 自転車に乗るときの心拍計の代わりになれば… と思って購入しました。 その後、心拍計が不安定なことに気が付き、 wahooのものを使うことになったりしましたが、 「ライフログが見られる便利な時計」として愛用してきました。 ただバッテリーの消耗や、 度重なるベルト部分の破損。 そして新機種の機能性に魅力を感じて、 今回、買い替えを決意したのでした。 ということで、 スマートウォッチ買い替えたぞい! 「ForeAthlete 45」着弾! 発売日に早速買ってやりました。 色々できることが詰まっているんです。 ランニングをする人には特に便利なんだろうな。 付属品は説明書類と充電ケーブル。 充電ケーブルは、また独自規格でした。 防水の兼ね合いとかもあるんだろうけど、 ここはなるべく統一規格にしてほしい・・・。 後、ステッカーも付いてました。 GARMINのステッカーとか・・・とても嬉しい。 早速本体を出してみました。 あまりに嬉しくなって、手に巻いてみました。 今まで使ってたVivosmartとは全然違う。 この「時計らしい見た目」も、買い替え理由の一つ。 良いですね、とても良いです。 ちなみにウラはこんな感じ。 バンドはちゃんと交換できるようになってます。 おそらく使っているうちに千切れますからね。 「Connect IQ」にも対応しているため、 ウォッチフェイスを変えることもできます。 デフォルトの表示をやめてコレにしてみました。 うん、ええ感じです。 進化したMoveIQ! 普段の活動を心拍数ベースで記録するワケですが、 その時の動きを検知して自動判別、 そして簡単に記録に残してくれるのが「MoveIQ」。 vivosmartにも搭載されていたんですが、 さすがに最新機種は精度がぜんぜん違います。 アクティビティとしての記録じゃないですが、 後で見返すとちょっと面白かったりします。 これは朝から子どもと遊んで、

  • 手首までカバーできる薄型指ぬきグローブ!「パールイズミ スリップオングローブ(22)」を購入しました!

    はじめに 先日のamazonのセール。 物欲のはけ口を探していたときに、 パールイズミのグローブがセールになっているのを発見! 「これは!前から欲しかったやつ!!」 仰け反って食い気味でクリックを連発。 指先から繰り出される鮮やかな放物線は、 マウスのボタンをポチっと鳴らした。 そうして我が家に1つのグローブが、 ・・・舞い降りたのである。 わたしは何を言ってるんでしょうか。 パールイズミのグローブ購入! 以前から欲しかったグローブを、 amazonのタイムセールでゲット! パールイズミ「スリップオングローブ(22)」 売り文句は商品台紙にビチっと書いてますが、 改めてご紹介しましょう。 人によって好き好きはありますが、 グローブの手のひらに着いている「パッド」が、 薄いほうが良い人もいれば、 分厚いものを好む人もいます。 今回のこれは「パッド薄い人向け」のグローブ。 今だから言いますが・・・ ぼくはそんなにパッド要らない派です。 ベルクロなども着いておらず、 そのまま手に被せて装着するタイプで、 この「手首までカバーする形状」が特徴。 夏にアームカバーとグローブの間に、 「隙間焼け」が生じることが良くありますが、 それを防いでくれる素晴らしい仕様ですね。 そして手のひらはこんな感じ。 驚きのシンプルさ! そう無駄なパッドはついていない。 でも「ナノフロント」のおかげでグリップは抜群。 なかなかおもしろいコンセプトです。 デザインはパールイズミだ。 それ以上でも以下でもない。 「ああ、パールイズミだな!」って感じられる、 絶妙なるパールイズミ具合と言うものが、 ここにはあるのです。 細かいスペックはオフィシャルサイトにて。 リンク貼り付けておきます。 使ってみた感想 早速、装着して2度ほど走ってきました。 まずこのスリップオンタイプに共通しますが、 着脱はきつく感じます。 ただこれはピッタリとフィットした着け心地と、 トレードオフになっている部分はあるので、 デメリットではないと思っています。 ただ人によっては煩わしく思う人もいるかも。 手首まで覆っているので、 前述している「隙間日焼け問題」には抜群。 手のひらのパッドが薄いんですが、

  • これが”例のポンプ”決定版!?便利なエアゲージ付きの「LANDCASTマジックポンプ」を購入しました!

    はじめに 今となっては携帯ポンプの定番となりつつある「例のポンプ」。 なんかポンプ部分の構造が特殊で、 「高圧でも軽い力で空気をが入る」という、 めちゃくちゃ優れものの携帯ポンプなのです。 もちろんぼくも所有しておりました。 使っていたのは、いくつか種類がある?中で、 「Oture」というところのポンプでした。 最近も出先でのパンクの機会に恵まれて(涙 何度か実戦で役に立ってくれました。 評判の通りの機能性を発揮してくれて、 パンク修理のマストアイテムになりました。 「いいぞ!例のポンプいいぞ!!」 そして先日も万博外周を走っていてパンク。 「またポンプの出番が来ちゃったな」と思いつつ、 シュコシュコと空気を入れ始めましたが、 なんだか変だぞ。 途中から空気が入らなくなってしまった! なんでや・・・。 ポンプ、早くも潰れてしもうた! 家に帰って締め増しなんかもしましたが、 結局治ることなく、天に召されました。 さよなら例のポンプ。金かえせコノヤロー。 (これについての後日談は後述してます…) 思ったよりも早死にしましたが、 めちゃくちゃ便利だったのは確かです。 そしてそんなタイミングで、 「例のポンプ」に新製品が出たと聞きつけたので、 早速購入してみることにしました。 エアゲージ付きの新仕様! 新たに購入したのは、 「LANDCASTマジックポンプ」というもの。 スペックはこんな感じです。 20cmは携帯ポンプでは標準サイズですね。 もっとコンパクトなのもたくさんありますけど、 多少長めのほうが一度の空気量は多くなるはず。 最初に買ったOtureポンプと比較してみました。 Otureは約18cmです。 こう比べてみると、なるほどちょっと長いですね。 このポンプのウリはこれですね。 エアゲージが付いている! 出先でパンク修理するときは、 「空気圧なんかある程度適当で良い」と思ってますが、 あれば安心感も違うし、目安にもなります。 でもこれ、300psiまでの目盛とか要らないし、 150psiで充分だよなぁと思ったりして・・・。 ツールケースにはこんな感じに収まります。 短めのツールケースとかだと厳しいかも。 買う前にサイズを測ってみることをオススメします。 早速使ってみる。 出先での出番が来る前に、

  • 【第14回 あさごパンライド】コスパが光るチェーン店ベーカリー!向日町の「PETIT BONHEUR」へパンライド!!

    はじめに 週末に訪れた貴重な午前縛りの自由時間。 3日前くらいまでノープランでしたが、 kazuさんに予定を調整してもらって、 一緒に走ってもらえることになりました。 いつもありがとうございます!! ちょっと所用もあったので、 今回は早めに解散できるように、 早朝開店のパン屋さんを目指して走る 「あさごパンライド」に決定!! 先日走れなかったあのルートへ、 再チャレンジに行ってまいりました! 山を越えて京都方面へ! 朝起きてパパっと準備をして出発。 最近は4時台の出発も普通になってきたなー。 朝5時。 守口のローソンに集合でございます。 おはようございます! 今回のルートは、 春先に通行止めで走れなかった、 大原野の「逢坂峠」を越えて行こうというプラン。 まずは淀川を渡るために鳥飼大橋へ。 この時間だと散歩している人とか結構多いですね。 オーバー・ザ・ヨドガワリバー! 摂津の辺りから千里丘を抜けて北上! そして万博の外周へ。 モノレール沿いの1号線を行きます。 kazuさんと北へ走るときの定番コース。 そのまま北へ進んで彩都に到着。 そこのコンビニで小休憩にしました。 ここでkazuさんから携帯用のハサミをいただく。 先日のクソボリート事件で活躍した逸品。 これは感謝して頂戴しますっ!! さて、長い助走でしたが、 ここからが今回のコースの本番です。 彩都を越えて、R110へと合流します。 ここからは山の中を走っていくルートで、 勾配はゆるいものの、しばらく登りが続きます。 R43との分岐点。 引き続きR110を行くと余野のほうへ抜けられます。 今回はさらに北上するためにR43へ! ところどころ道は細くなって。 意外と車が通るのは残念だけれど、 この辺りはこういう道も多くていいですよね。 夏の朝の独特な空気感と、 緑の匂いを感じながら走っていくのです。 道なりに走っていけば「清阪峠」。 ブラインドカーブが多くて路面が悪くて、 ろくなイメージのない峠ですが、 結構、要所にあるのでよく通ります。 舗装をきれいにしてくれ・・・ この辺りは県境をうろちょろする道が多くて、 ここは亀岡と大阪のどっかとの境。 このあとも県境を何度か行き来するのです。 一瞬R46へ入り、そしてR733へ。

  • 大阪から高知へ弾丸遠征ライド!絶景の「四国カルスト」を走る夏の山岳ライドへ!!

    はじめに 車載で乗鞍へ行こう! かなり前からkazuさんと相談をして、 日程を確保して、計画を練りまくってました。 この夏、最大のイベントだ!! 今回のメンバーは、 kazuさん、lovelybeerさん、kaboさん、 ななしきさん、マムートンさん、 そしてわたくしDARUMAの6人編成です。 楽しみだなー!!! 昨年に引き続き「剣ヶ峰へ登ろう!」とか、 具体的な計画内容も決まって、 そして天気予報は抜群の晴れ予報へ。 計画の成功に確信を持ち始めたとき、 またあいつがやってきたのです。 【悲報】台風6号爆誕!!! なんと、4日前に台風が誕生。 しかもその進路予報は乗鞍直撃コース。 もうわざと被せてきてるとしか思えない・・・ 実は昨年も台風により乗鞍計画が潰れているので、 「え、今年もなの!?」という感じです。 しかし、連日天気予報を追っていると、 台風は当日までに過ぎ去る可能性も高く、 もしかしてその影響を免れるかもしれない。 天気予報「てんきとくらす」の"登山指数"は、 かなり信頼できる情報だと思っていて、 今回はギリギリまでその予報を見ていました。 最終判断となる前日の天気予報で、 あいにく高山は、[曇り・時間帯により雨]でしたが、 乗鞍に居る予定の時間帯は、登山指数がA! これはイケるんでないか!? よし、これは行くっきゃない! ぼくたちの乗鞍がはじまった・・・ 乗鞍→高知!? 午前1時前。 各地から集う自転車好きの大人たち。 少し天候に不安の残る乗鞍ですが、 行ってみればピーカンに晴れるに違いない! 集まるみんなの期待が伝わってきます。 今回の集合時間の午前1時は、 天気予報が更新される時間でもあります。 とりあえず"最新の天気予報"を確認しよう! 行き先が晴れマークに転じているのを期待して、 出たばかりの天気予報を確認してみると、 期待とは違う転び方をしていたのでした・・・ 【悲報】乗鞍、天候激悪!!! 登山指数は軒並みBランク。 そして高山の雨が前倒しになっている・・・。 そればかりか風も強くなっているぞ。 これではスカイラインのゲートが開かないかも!? もうこれは完全にアウトなやつですね。 乗鞍よ・・・さようなら。 これで二年連続台風にヤラれた。 四国カルストへ!? しかし、ぼくらは諦めることはなかった。

  • 【リベンジ伊勢ライド】大阪から伊勢をめざせ!絶品「焼鳥」と「赤福氷」を目指して走る片道グルメライドへ!!

    はじめに 大阪発での「ベタなライド」っていうのは、 いくつかあると思っているんですが、 今回はその一つ「伊勢ライド」に行ってまいりました! lovelybeerさんとななしきさんと三人で、 前々から「どこか走りに行こう!」という、 曖昧な約束だけをしていたのが、7月20日。 北へ行こうか?それとも南か!? ただ肝心の天気予報が、完全に梅雨模様。 これは事前に計画を練るというよりか、 「晴れた方角に走りに行こう」という感じで、 ギリギリまで天気予報を見守ることにしました。 しかし肝心の天気予報はずっと雨マーク。 ぼくらも半分あきらめかけていたんですが、 まさかの前日に天気予報が好転! この前日予報では、 南のほうが魅力的な降水確率だったため、 いくつかあったライド案の中から、 「行き先は伊勢だ!」という形になりました。 伊勢ライドはリベンジ案件 さて、重ねて個人的な話になりますが、 伊勢ライドには特別な思いがありました。 数年前の真冬のこと。 ぼくらは寒波の襲来と共に伊勢を目指しました。 しかし行く手を阻んでいたのは積雪と凍結。 道中、如何ともしがたい状況に陥りまして、 その時は無念のDNFとなってしまいました。 以来、いつかリベンジしようと決めていたのです。 そう、この時のメンバーである、 ななしきさんとマムートンさんと3人でいつか…! これ以降、伊勢ライドは頻繁に計画されましたが、 ことごとく都合が合わず実現せず。 まぁ今回は揃わなくても、仕方ないかな!? (マムさん、ごめんよ!) そんなこんなで、 PBPを控えた鉄人ななしきおじさんと、 伊勢ライドの経験も豊富な豪脚lovelybeerさん、 そして凡人DARUMAで伊勢へ行ってまいりました! 富田林に集合だ! 「朝6時に富田林のすき家集合な!」 前日に雑に決められた待ち合わせ。 寝る前にチェックしたら距離は20kmほど。 すき家で朝ごはん食べたいので、 1時間半ほど前に家を出発しました。 今里筋をググンっと南下することにして、 ひたすら走っていきます。 R176に比べても信号地獄はマシだし、 アップダウンも少ないし意外と走りやすい… って朝4時台やけど。 とりあえずは大和川を目指して走ります。 ちょっとずつ陽も登ってきました。 途中でちょっと迷ってしまいましたが、

  • 桃の季節がやってきた!和歌山・紀の川~紀美野町を走る充実の「桃ライド」を走る!!

    はじめに 昨年の夏、充実のライドとなった「桃ライド」。 今年もその季節がやってまいりました! 和歌山のあら川の桃を入手すべく、 桃の直売所が開く時間に合わせて走るという、 もう何がメインか分からないライドです。 でも妙な充実感が味わえる最高の企画。 少し前からkazuさんと予定を調整して、 その日を待ち望んではいたのですが、 天気予報がずっと雨予報だったため、 なにも具体的な話が進まないまま、 ただ時間だけが過ぎて行きました・・・ 当日まで一週間を切った時点でも、 どうなるか分からない感じ。 開催は難しいかと思われました。 しかしその後、大きく天気は変わります。 【朗報】当日がまさかの晴れ予報に! まさかの天気大好転であります! この喜びをダンスで表現したい。 昨年ご一緒したあかのすけさんは、 残念ながら用事があって不参加でしたが、 今回はぺもぺもさんとななしきさんが参戦! というわけで、 桃を食べに走ってまいりました!! 車載で和歌山を走る!! 大変恐縮ながら自宅前まで迎えに来て頂いて、 午前3時すぎ、KAZUさん号に載せていただきます。 ゴーゴゴー! そして道中にななしきさんをピックアップ。 和歌山に向けてレッツラ南下だ! 車に揺られること、しばらく。 デポ地点「道の駅 ねごろ歴史の丘」に到着いたしました。 ここまでやってきて、まだ早朝5時過ぎ。 ではサクっと走りに行きましょう! 出発前に後輪がスローパンクのような感じ。 ただ空気漏れは多くなかったため、 様子を見ながら走ることにしました。 (これが後々、大変なことになるのであった・・・) まずは市街地へ向けて南下して行きます。 出発地点が高台にあるため、 しばらくは下り基調の道のりでございます。 岩出市街地を抜けていきます。 さすがにこの時間は車も少なくて静か。 紀の川を渡って行きます。 紀の川の支流、貴志川に沿って走って行き、 川を渡ってドンドンと南下。 めざすは南の山岳地帯だ。 少し曇天が不安な朝でしたが、 結局この後、雨が降ることはなかったですね。 途中で貴志川沿いの道へ入りました。 とても走りやすい道でしたね。 知らない土地でこういう道を発見できると、 思わずガッツポーズものですよ。 水の張った田んぼは夏の顔。 こういう景色を見るだけで嬉しくなっちゃうんだ。

  • 【超絶便利】スマホのGarmin Connectでルートを作成してGarminデバイスに取り込む方法!

    はじめに ルートラボ撤退の話があり、 夜毎に枕を濡らす日々を過ごしております。 そんな折に便利な情報を仕入れました。 タイトルにガッツリ書いていますが、 こういう内容のガーミンハックです。 スマホでルートを引いてGARMINデバイスに転送する! これ、ぼくは全然知らなかったんですけど、 みなさん知ってましたか? スマホだけで完結できるなんてワンダホー。 スマホのGarmin Connectでルート作成! まずスマホのGarmin Connectを起動。 メニューの「トレーニング」から「コース」を選ぶ。 上の「コースを作成」を選ぶ。 コースタイプを選ぶ画面になるので、 ロードバイクの人は「ロードサイクリング」ですね。 描画方法を選びます。 「自動」って言うのは、本当に自動コース。 「北へ50km走るコース」とか適当に作成されるので、 これは使い道が良く分かりません・・・ 使うとしたら、「カスタム」のほうになるでしょう。 出発地点を決めてしまって、 後は目的地をタップさえすれば、 適当にGarminがルートを引いてくれます。 もちろん細かくポイントを置くことで、 走りたい道を選択していくことも可能です。 ちょこちょこポイントを置いて行くと、 こんな感じでルートが引かれます。 詳細はこれくらいの情報は確認できますね。 高度プロファイルはタップすれば、 ピンポイントの標高くらいは分かります。 ブラウザで使うGarmin Connectと同様に、 ポイントをルート上に打つこともできます。 後はルートの反転なんかにも対応。 これもブラウザ版と大きな違いはありませんね。 これで作成したルートは、 アプリへ同期されているデバイスへ送信できます。 「デバイスへの送信」を選ぶ。 bluetoothでつながったGARMINデバイスへ転送できます。 この画像では未接続になってますが、 もちろんGarmin Edgeにも送信できる! すごいね! ちなみに作成したルートは、 もちろんブラウザのGarmin Connectでも確認できます。 って当たり前ですけども。 さぁみんなも出先で計画を練って、 臨機応変な君だけのサイクリングを満喫しよう!(謎 おわりに 「え!そんなのできたんですか!」 教えてもらって驚きました。

  • 【第13回 あさごパンライド】梅雨の合間にパン屋さんへお散歩ライド!大山崎「pave nature」に再訪してきました!!

    はじめに 梅雨で天気が安定していない中でも、 なんとか走る時間を捻出したい・・・! そんな思いで今週も金曜の夜に走る予定でしたが、 色々と調整がうまく行かず断念。 死んだ魚の瞳で過ごしていたら、 「土曜の朝、行ってきても良いよ!」 と、家族からまさかのOKが出たので、 嬉々として走ってまいりました! 少し早目の解散を条件に、 kazuさんとあまえびさんがご一緒してくれることになり、 さらにマムートンさんも来てくれそうだ! そんな楽しいお散歩ライドへレッツゴー! 寝坊で待ち合わせダッシュ! 前日の夜、ライド計画は出来上がった。 5時に守口で待ち合わせ。 そのまま傍示峠のほうに向かって走ります。 途中に通りかかるコンビニで、 ふたりには内緒でマムートンさんが登場! そう、プチサプライズ。 そこからパン屋を目指すのです。 ワクワクが押し寄せてくるやん。 私は翌日を楽しみに就寝しました。 そして早くも朝。 ふと目が覚めて時計を見ると、 驚きのあまりに眼球が飛び出ました。 え、4時53分!!!!? 5時に待ち合わせなんです。 でも4時53分に起きましたね。 もう間に合わせないですよね。 寝坊だー!!! とりあえず連絡をせねば!と、 焦りながら連絡をしたのがコレ。 あまりのことに謝るのことも忘れていた。 とりあえずマムートンさん合流予定の、 第二京阪のコンビニで合流する旨を連絡して、 急いで出発の準備をしました。 おそらく待ち合わせ場所を経由しなくて良い分、 コンビニまでの距離は短くて済むはずなんだ! 無事に6時に着けば、行程上はなんの問題もない。 幸い自転車の準備は昨夜のうちにできている。 昨晩の自分をほめてあげたいけど、 アラームをセットし忘れたのは最大の過失。 パソコンの電源を入れて、同時に着替える。 道に迷うと時間のロスが増えるので、 ここで数分の時間を使ってでも、 事前にルートを決めておくほうが良いはず。 急いで最短ルートと思われる道を引いて、 ガーミンに取り込む。 そして家をダッシュで飛び出した。 今おれはダッシュ四駆郎よりダッシュしている! 信号だらけの市街地はつらい。 スピードに乗ったところで止まるんだもの。 しかも向かう方向は、向かい風。 寝坊した人には優しくない世の中。自業自得。 最短ルートと言っておきながら、

  • 【悲報】ライド計画・ルート作成に便利すぎた『ルートラボ』がついにサービス終了!!

    ルートラボ、サービス終了 本日発表?されてtwitterでも話題になっていますが、 ついにルートラボがサービス終了になるようです。 2020年3月末で終了。それ以降はデータもなくなるので、 必要な人はデータを落としておいたほうが良いですね。 LatLongLab サービス終了のお知らせ: 私もルートラボヘヴィユーザーでした。 ライドの計画段階では、 必ずルートラボを使って計画を練っていましたし、 ブログの走行記録を残す目的でも、 ルートラボのサービスを愛用していました。 今回のサービス終了は痛すぎる…。 ちなみにユーザーであれば、 作成したルートのダウンロードは一括でできるようです。 とりあえず保存しておきたいルートがあれば、 ファイルだけでも落としておけばいいと思います。 まぁGarmin Connectとかに残ってるから、 自分のデータが・・・と言う人より、 「人のデータを検索して参考にする」 という作業ができなくなるのが、 つらい人もいるでしょうね。 代替サービスはあるのか!? 泣き言ばかり言ってても仕方ないので、 代わりに使えるサービスを考えてみると、 いくつかの選択肢は出てきます。 それぞれ扱いやすさとか、 獲得標高の正確さなどにバラつきもあって、 なんとも「コレだ!」というのが、 決めかねるというのが本音です。 パっと思いつくのがこの辺り? Strava Ride with GPS Garmin Connect StravaもGarmin Connectも、 ルート専用のサービスではないので、 物足りない部分も多いかもしれませんね。 Ride With GPSは、 ペーシは英語のみで日本語には対応していませんが、 細かい機能がしっかり搭載されていて、 かなり使えるサービスです。 無料版でもルートラボの代わりになるはず。 他にも海外サービスはいくつかあるようです。 これを機会に探してみてもいいかも。 ナゾの新星RouteHub 現段階ではルート作成機能はありませんが、 RouteHubという新しいアプリも登場しています。 まだベータ版のようですが。 今はルートラボの拡張版的なサービスですが、 ルートラボに「これもあればいいな♪」を、

  • 【雑記】いま使ってるロードバイクの機材・愛用品をざっくり振り返ってみる

    2016年10月に購入した今のフレーム。 それを基軸に色々と装備も変わってきました。 また最近は自転車との付き合い方も固まってきてしまって、 使うアイテムも絞られてきた感じもしてます。 何の区切りでもありませんが、 数年後に見返すことを想定した備忘録も兼ねて、 大雑把に全体的な装備、愛用品について、 ざっくり!と振り返りをしたいと思います。 ロードバイク本体 プロフィールページにも載せていますが、 ロードバイクの構成はざっくりこんな感じ。 ざっくり! フレーム LAPIERRE "XELIUS ULTIMATE SL '2016" ハンドル Vision Metron 4D Compact Carbon (420mm) シートポスト Deda Superleggero RS ステム FSA OS 99CSI 100mm バーテープ CICLOVATION FUSION LEATHER TOUCH 変速周り SRAM Red eTap (購入報告 / インプレ) クランク ROTOR 2INPOWER チェーンリング Q-RINGS Limited Edition(50T/5アーム) ボトムブラケット ROTOR PRESS FIT 4130 (steel) スプロケット Shimano ULTEGRA 11s 11-28T ホイールセット Fulcrum Racing Quattro Carbon クイックレバー Fulcrum 純正品 タイヤ Continental - Grand Prix 4000S II サドル Astvte Starlite VT ペダル SHIMANO DURA-ACE PD-9000 (4mm) 好きなパーツを集めていたら、 こんな感じに仕上がってしまいました。 無駄にレーシーに仕上がっている気がしますが、 乗ってる人はレーシーとは無縁です。 そのギャップがいいね! その他に特筆すべき箇所としては・・・ ブレーキケーブルは「日泉ケーブル」を使用! 地味なパーツながら、その体感性能は抜群です。 そして、やっぱり「eTap」はよい。 ROTOR Q-RINGSとの変速の相性は、 お世辞にも良いとは言えない組み合わせですが、

  • 仕事終わりにサクっと夜ライド!茨木から野間峠を越える「よるのせ」ナイトライドへ!!

    はじめに ついに大阪も梅雨入りをしました。 今週末は用事があって走れそうにないし、 偶然に金曜の夜は雨が降らなさそうだったので、 仕事終わりに時間をもらえるように画策。 ナイトライドを決行することにしました。 本当は京都の屋台ラーメンを再訪したかったんですが、 Kazuさんと時間が合わなかったので見送りに… (私が翌朝早かったので・・・申し訳ない・・・) 一人では走りたくないなぁと思っていたところ、 ロゼさんとlovelybeerさんがご一緒してくれることになり、 夜の北摂をサクっと走ってまいりました。 夜の北摂へ! 月末の金曜日。 持ち前の無気力さを発揮して仕事を切り上げる。 無心でタイムカードを切って、疾風の定時退勤を披露。 後ろを振り返るな!ただ前を見て帰るのだ! 仕事さえ終わればこっちのものだ。 自宅に帰るや否やサイクルウェアを身にまとい、 颯爽と自転車に乗って家を飛び出す。 ようやく至福の自由時間のはじまりです。 今回から後ろの反射リフレクターが、 bluelugのおにぎりリクレクターに変わりました。 R250のやつよりスタイリッシュ!! (あまえび氏とおそろい。K&M CYCLEで買いました。) そして今回も起点は豊里大橋。 夕陽がきれいだったのに、すぐに雲に隠れちゃった。 待ち合わせは万博公園の近くだったので、 まずは対岸に渡って、川沿いを北上していきます。 神崎川と合流地点のあたりからR147へ。 普段の交通量を知りませんが、 サミットの影響で車は少なかったんじゃないかな。 安威川を渡って、正雀の川沿いの道へ。 細い道幅の生活道路?を抜けていきます。 なんかマニアックな道やなぁ。 スピードは出せないけど、 こういう車と無縁な道を走るのはいいなぁ。 いや、普段は車ももっと通るのかもしれないけど。 この細い道で千里丘の方まで行けるみたい。 徐々に暗くなってきましたが、 今日はフロントライト二灯体制なので安心。 JRの高架をくぐって進んでいくと、 小学校前の鳥居のある交差点に出てきました。 あー、なんか通ったことのある道だ。 R14を走りたくない一心で、 千里丘の住宅地を抜けて走ってみたら、 めちゃくちゃ無駄に登らされました・・・ 夜の加速度に背中押されて。 少し早めにlovelybeerさんと集合。

  • 京都を走ろう!大原から江文峠を越えて、保津峡経由で亀岡へ抜ける170kmライド!!

    はじめに 三田方面へ走ったその翌日。 なんとまた朝からロゼさんと走りに行くという、 なかなか充実した週末でございました。 行きたい場所はいくつかありましたが、 久しぶりに「京都方面へ行こう!」となり、 適当にルートを決めていきました。 京北のほうへ走るR477を走りたかったんですが、 通行止めが多く、今回は断念しました。 「大原」を通りたかったこともあり、 昨年なっち氏と走った「京都満喫ライド」も参考にしつつ、 緻密な計画を元に(ウソ)、走ってまいりました! 早朝からベニカンを登る! 朝5時に家を出発。 意外と昨日の疲れが残っていなくて良かった。 アイ・アム・健康優良児。 早朝の豊里大橋へ。 今回の待ち合わせは茨木なので、 ここから淀川を渡って北上していきます。 朝日を見ながら走る淀川河川敷。 オリジナルラブの「朝日の当たる道」って名曲よね。 河川敷からは一般道を通りますが、 ある程度道幅はあるけれども、 なるべく信号ストップの少なそうな道を選択。 (と言いつつ、ほとんど勘で選んでるだけ…) 沢良宜から桜通りを抜けて、 待ち合わせの茨木の五日市のコンビニへ。 いつもの池田より断然近かった! コンビニでロゼさんと合流して、 朝ごはんを食べつつ、今日の予定の相談などなど。 (走る前からショートカットについての話し合い!) さぁ、二人でリスタートだ! 目指すは高槻「ベニーカントリー倶楽部」! しばらくは高槻市内を抜ける道のり。 そして適当に走ってたら道に迷いました・・・ まぁこういうこともありますよね~。 なんとか予定通りの道に復帰して、 R79を北上、いよいよベニカンの登り区間へ! そして登り始めるとともに見えなくなる背中。 oh...モーレツ... ヘトヘトでベニカンへ到着! 「えっ本当に今から大原まで行くんですか!?」 という冗談も半分本気なくらい疲れましたよ… 京都方面、柳谷を下ります。 実は柳谷の方から登ったことないんですけど、 こっちのほうがしんどそうやなぁと思いつつ、 長岡京方面へ下っていきました。 そして長岡京を走って桂川の河川敷へ。 この区間は無理やり最短ルートを取ったけど、 車が多くてめちゃく走りにくかった・・・ 次回からルート選び気をつけないとだ。 桂川から宇治川へ入り、

  • これぞグルメライド…なのか!?絶品ハンバーガーを求めて三田の「DAKOTA RUSTIC TABLE」(とその他2店舗)へ!!

    はじめに 先週の金曜日は仕事がOFF。(大歓喜!) こんなに素晴らしい日には自転車に乗ろう! 平日に一緒に自転車に乗ってくれる人なんて… と思っていましたが、 カレーの席でdaiconさんとkaboさんが釣れて、 久しぶりのスパイストリオライドが実現しました。 この3人で走るのは昨年の阿蘇以来。 カレーを一緒に食べる機会があったり、 こないだは響珈琲で偶然出会ったりましたが、 「一緒に走る」のは珍しいことなのでした。 というわけで、 三田へグルメライド?へ行ってまいりました! 寝不足と死にかけと私。 おはようございます。 もはや淀みなき早朝出発でございます。 5時半に自宅をスタート! いつもの池田を目指して、北上。 城北大橋から見る空は曇天でした。 平日の朝に走るのは稀ですが、 6時くらいから通勤の車が増えるので、 様子を見ながらも内環~R176ルートを使います。 いつもこれ見て、「あ、小曽根真」と思う。 しかし小曽根真のことはあまり知らない。 あとはひたすらにR176を走る!! そして池田本町のローソンに到着! 久しぶりに見るdaiconさんの自転車。 相変わらずスーパー個性的ですな。 そしてkaboさんは新車での参戦! だけど、写真は撮ってない!! 早速、猪名川方面へ北上していきましょう! 多田からR325で西へと進みます。 いきなりの峠越えに、早くもd氏よりブーイング。 意外と交通量の多い道なんですが、 平日でも相変わらず車通りは多かったですね・・・ R33へ入って、三田方面へと進んでいきます。 少し走ってから「西谷ふれあい夢プラザ」で休憩。 d氏の胃腸が絶不調らしく、 この辺りからトイレの心配ばかりしてました。 下痢と弱音はいつものこと。 ここで改めてkaboさんの新車をスクープ! FACTORやで。 いや、ちょっとかっこよすぎるだろ・・・ 細かい構成には言及はしませんが、 最高にクールなマシンだ! こういうの見ると物欲に飲み込まれそうになるよ。 なんか変な鳴き声が聞こえるので、 よく見てみると、鳥がいっぱいいました。 なんですか、あななたちは。木の上で。 daiconさんが愛用しているGarminウォッチによれば、 彼のボディバッテリーは、たったの「わずか5」らしい。 もちろん、100%中の5%だ。

  • 早朝ライドからまさかの展開に!?西峠~野間の大けやきを経て、箕面の絶品ハンバーガー店「FRANK Ride and Eat」へ!!

    はじめに 久しぶりにロゼさんとのライドが決定! 前に走ったのは、山穫のときだったかな? 今回はロゼさんの都合で午前縛りでしたが、 「いつもより少しだけ遠くまで行こう!」 ということになりまして、 目的地となったのが篠山の「大タワ」。 大タワとか3年以上行ってないぞ・・・。 高まる期待と不安(単純に遠い) 今回は走行距離から考えて、 集合場所は猪名川に朝6時に(!) しかし、今回はただの早朝ライドに留まらない、 謎の展開を迎えていくことを、 このときは誰もまだ知る由もなかったのだ… 早朝集合!まさかの降雨!? 4時前に起きて、4時半には家を出発。 忘れ物をしたりしてジタバタしてしまって、 ちょっと時間に余裕がない中でスタートでした。 城北公園から淀川を渡る。 4時40分くらいですけど、すでに明るい。 いつもの内環〜R176〜池田という道のり。 日の出も早くなってくると、散歩の人とかも増えますね。 みんな暗いのイヤだもんね。 順調にR176へ。しばらくは信号の多い道のり。 いつもの池田新町のローソンを通り過ぎて、 更に北上していきます。 待ち合わせ場所が遠いよー! 多田のあたりを抜けて、猪名川方面へ。 このあたりもいつもの道のりですね。 待ち合わせ時間へはギリギリ。 ある程度のペースで走っていますが、 これは待ち合わせ場所に着くまでにヘロヘロだぞ… そしてジャスト6時! 待ち合わせの紫合のファミマに到着です。 どうでも良いけど、この地名の「紫合」。 ずっと「しあい」と読むと思ってましたが、 実は「ゆうだ」と読む、難読地名でした。 知らんと絶対に読めない難読の向こう側やん。 猪名川町紫合=いながわちょうゆうだ 覚えられましたか?good!! あ、話がナイル河のように蛇行してしまいました。 すでにロゼさんは着いてはりました。 おはようございまーす! いつもの"待ち合わせ早々の泣き言"を言いつつ、 簡単に朝ごはんを食べていると、 何やら怪しい空模様・・・ あ、雨が降ってきた!!! まさかスタート前に降り出す雨。 待ち合わせ場所でいきなり雨宿りです。 しかし、なんという空模様なんや… 出鼻くじかれまくりですが、 雨が止んだタイミングでスタート! おれたちは篠山へ行くんだ!! ・・・また降ってきた。 雨雲レーダーを確認してみると、

  • 初夏の小豆島を満喫!ジャンボフェリーで行く「マメイチ」じゃない小豆島堪能ライドへ!!

    はじめに 日ごろ仲良くしてもらってる、 ななしきさんよりライドのお誘いを頂きました。 「小豆島!行きます!!」 大好きな小豆島なら是が非でも行きたい! 予定を調整して無事にフリーダムを獲得。 その後マムートンさん、kazuさんが加わり、 4人で小豆島ライドへ行くことが決定!! 前回、小豆島に行ったのが1年前(!) 時間が経つのが早すぎてもう・・・・ 今回は他にも行きたい場所もあったので、 わがままも聞き入れてもらいつつ、 ななしきさんプレゼンツ小豆島ライド案が完成。 ジャンボフェリーが、 今回は臨時ダイヤになっていることが分かり、 行きのフェリーの到着が15分遅くて、 帰りのフェリーは18時30分の一本のみ。 ちょっと変則な滞在時間でしたが、 目いっぱい小豆島を楽しんできました! 届けてよジャンボフェリー! 小豆島へ行くにはいくつかの経路がありますが、 大阪から出発するとなると、 やっぱり利便性の高いのはコレなんですよね。 「神戸発のジャンボフェリー深夜便」 うどんライドでもおなじみのジャンボフェリー。 今回も届けてもらおうジャンボフェリー! さて、神戸までは輪行で…と思っていましたが、 KAZUさんが車で神戸まで行かれるとのことで、 結局こうなりました。 全員、車載で神戸まで! 本当にいつも濃厚にありがとうございます。 最近めっちゃ載せてもらってませんか。 恐縮ですっ!! ジャンボフェリーで乗船の手続き。 往復券with自転車、サイクルPASSを使って、 5,490円でございました。 (今回は個室が予約できなかった・・・) このしおれた下げ札が最高。 そして乗船でございます。 自転車が一番早く乗船になるパターンで、 まさかの船内一番乗りを獲得! 幸先の良いスタートだ! 船内で「ななしき's お菓子パーティ」が催され、 腹いっぱいにおっとっとをむさぼり食べ、 そしてそのまま寝ました。 いざ、小豆島へ!!! 瀬戸内の絶景へ! 翌朝、小豆島へ上陸。 いらない荷物はコインロッカーに預け、 いよいよ小豆島ライドのスタートだ! 坂手港を出てコンビニで軽く朝食を食べてから、 R28で草壁方面へ進んでいきます。 香ばしい醤油の香りが風に乗ってきます。 お餅が食べたくなる。 『ちょっと「オリーブのリーゼント」に行きましょう』

  • 【第12回 あさごパンライド】パンと甘味処をハシゴする!高の原のブランジェリー「パン屋フルール」と長尾にある「茶通仙 多田製茶」へ!!

    はじめに かれこれ3週間ほど続いている謎の不調。 振り返れば不調(ヤツ)がいる。 week1:ハムストリングス is パンパン week2:フィッティング調整中 week3:富山で熱中症ライド week4:毎日がスペシャル ハムストリングスがパンパパンになり、 鍼灸院に行って回復を図ってみる。 その後、フィッティングに行ったので、 新しいポジションに馴染むのに時間を要する。 そんな中で走った富山。暑さでノックダウン。 そこから毎日身体がだるいスペシャルウィーク! 簡単に書くとこんな1ヵ月でした。 疲れました。ありがとうございました。 もう自転車に乗る気力も沸かない。 子どもたちとふれあう週末を期待していたら、 こんな報告を受けました。 「日曜の午前はママ友と遊びに行くわー」 パパに一片の出番もなし! もはや意識すら遠のいて行く中で、 声を掛けてくれたのは、ななしきさんでした。 私は叫んだ。アイスクリーム。 魂から間欠泉の様に噴出したソウルフルボイス。 「おれは、ロードバイクに乗るぞっ・・・!」 まるでブルーススプリングスティーン。 急に楽しみになる日曜日。 生気が宿りだす瞳。 若返る肌。元気になる毛根。 蘇るおしっこのキレ。 立てなかったけど立てたクララ。 そうして男は再びサドルにまたがったのだった。 あさごパンライド・・・開催。 あさごパンへ!!! なんか良く分かりませんが、 ななしきさんと走りに行くことになって、 ノリノリでkazuさんに声を掛けて、 3人で「あさごパンライド」が決定!! 計画は私が適当にチョチョイと作って、 朝6時に四条畷で待ち合わせになりました。 (後にこの計画の杜撰さが知れることとなる。) 朝、5時過ぎに家を出る。 kazuさんに教えてもらったルートを交えつつ、 極力、車の少ない道を走る朝。 R163はできるだけ避けて走りました。 あー、良い朝だね! 予定より早くついてしまいました。 無事に全員集合~!! まずは目的地のパン屋さんへ! オープンまで1時間。 距離にして15kmしかないので、 明らかに時間が余ってしまうんですが、 誰だ6時待ち合わせにした男は(イッツミー! 清滝峠を越えて奈良方面へ! このままひたすらR163を進んでいきます! ルート的にはおもしろくないけど、 このあたりの道は仕方ありませんね…

  • 季節外れの暑さに散る!?『グランフォンド富山 ロングコース』に弾丸参戦してきました!!

    はじめに kazuさんに連れてってもらう、 「弾丸参戦ファンライド」ふたたび! 今回も弾丸参戦で行ってまいりました。 まだ記憶に新しい昨年の「益田INAKAライド」。 大阪からの弾丸参戦をした結果、 最高に楽しめたのは間違いないんですが、 「ちょっと遠かったね」という、 当たり前の感想に行きついた我々でした。 今回はその教訓を生かして、 また別のイベントに参加してきました! そのイベントがコチラ! 「グランフォンド富山」 「益田よりは近い(でも遠い)」を合言葉に、 再びkazuさんを中心に仲間が集まりました! 寝不足な上、5月にしては記録的な暑さ。 まさか自転車生活屈指のつらいライドになるとは、 この時はまだ、知る由もなったのであーる。 出走するまでのこと 大会前日。 おなじみのKazuさん号で富山へ向かうため、 22時、某所へと仲間が集まります。 今回の旅姿六人衆はこのメンツ! 濃厚そうっ!! kazuさん マムートンさん lovelybeerさん あかのすけさん ぺもぺもさん DARUMA そして、もう恒例になったコレ! モーレツに車載や!! そして、数時間後。富山着。 予定より早く会場へ到着したので、 少しだけ仮眠をしました。 当日受付は5時からと書いてましたが、 かなり早い時間から受付が始まっていたので、 とりあえず受付を済ませました。 このグランフォンド富山、 スタートはゼッケン番号ごとではなくて、 列の先着順に出走するパターンのやつ。 「早めにスタートをしないと、 後半の時間制限が厳しくなる」 という事前情報があったので、 前のほうに陣取ってスタートを待ちました。 スタート前になるとこんな感じ。 盛り上がってまいりました! 序盤は平坦! 先頭から時間差でスタートしていきます。 僕らのスタートは6時半ごろ。 並ぶ場所が後になってしまった、 lovelybeerさん、あかのすけさん、ぺもぺもさんは、 後方からぼくらを追いかける形になりました。 走り出してすぐに目につくもの。 雪国ならではのモノが・・・ 大きい道と抜け道を繋いで走るように 西のほうへと向かって行きます。 青々とした田んぼの中を抜けて行きます。 快走路! 富山は全国有数の六条大麦の産地らしく、 走っている道中も頻繁に見られました。

  • 【はじめてのフィッティング体験】BGfit(ボディージオメトリーフィット)を受けてきました!

    はじめに ロードバイクに乗り始めて幾年か経ちましたが、 この度、はじめてフィッティングを受けて参りました。 30代半ば、サラリーマン。 妻1人子2人。甲斐性はない。 そんな私がフィッティングを受けたという、 特に盛り上がりどころもないお話を、 もったいぶってお届けしたいと思います。 フィッティングを受けるに至るまで ながらく、 「私にはフィッティングは必要ない!」 そう思ってロードバイクに乗ってました。 それには確固たる理由があるわけでもなく、 なんとなーく、そう思っていたのです。 主だった理由はこんなところです。 まず私はレースには出ません。 里山をぐるぐる走ったりするだけで、 たまにロングライド(常識範囲内)はします。 速さを追い求めて…というのもちょっと違う。 フィッティング?いらねーよ! (↑文字で書いてしまうとなんか悲しいな) 一番大きい理由はこれかもしれない。 「身体に痛みが出ることがほとんどない」。 乗っていて特に不具合が見当たらないんです。 走る上で支障はない! なんでか特に困ることもなく走れています。 元気に200km走れたらそれで良くない? これで充分じゃないのかいカツオくん!? ひとつの"基準"を知りたい しかし、最近色々と試行錯誤を重ねる中で、 こういう考えも出てきたのです。 走る上での"支障はない"けれど、 自転車ともっと親和性を深められるのではないか? 自分が気が付けないだけで、 もっと良い乗り方があるかもしれない。 身体に痛みが出ていないだけで、 それがベストに近い状態とも限らないよね? もちろん今まで痛みが出た経験は多々ありますが、 その度に繰り返してきたトライ&エラー。 その「試行錯誤」ですら、 自転車と向き合う楽しさだと思っていました。 でも私自身に確固たる「基準」があるワケではなく、 なんとなくの「感覚や思いつき」に頼るもの。 それで良いんだ!と思ってきましたが、 果たして、それはどうなんだろうか・・・。 これほどロードバイクを楽しんでいるんだから、 しっかりと確立された方法による、 その「基準」を体感してみたいやん。 自分の身体に合った基準を味わいたい! 考えが変わってくると、 俄然、興味が沸いてきた「フィッティング」。 幸い仲良くさせてもらってる自転車仲間の中に、

  • 【話題の超軽量チューブ】圧倒的に軽量な次世代チューブ「tubolito(チューボリート)」を購入しました!!

    はじめに もうかなり話題になっていますが、 最近出た「次世代チューブ」とも言うべき、 スーパー軽量チューブ「tubolito」を、 この度、入手いたしました! 各所で語られすぎていて、 もはや新しい情報など何もありませんが、 せっかく買ったんだし、なんか書いてみました。 軽いは正義! 「tubolito」とは何か? 一般的に普及しているのがブチルチューブ。 そこへ少し前に出てきたのがラテックス素材のもの。 クリンチャータイヤを運用しているならば、 どちらかのチューブを使っていると思います。 そんなチューブ界に殴り込みをかけたのが、 今回の超軽量チューブこと「tubolito」です。 タイヤ大手メーカーではなく、 オーストリアの新興ブランドから出てきたもの。 チューブの材質は「ポリウレタンチューブ」。 こいつがスゴイやつなんです。 特徴はこれ! 大きな特徴としては、この2つ! めちゃ軽い! スタンダードなチューブに比べると、 半分~1/3くらいの重さ! めちゃ丈夫! スタンダードなチューブに比べると、 2倍ほどタフだぜ! ということで、 公式のウリを全面的に信ずるのであれば、 めちゃくちゃ軽くて、しかも丈夫! ということになるのであります。 軽くて丈夫! なんか良く聞くような謳い文句ですが、 これほど魅力的な文言もありません。 ロード用は2種類 このtubolitoには数種類のラインナップがあります。 MTB用/ロードバイク用/CX用/BMX用/CITY用。 なんか充実してるやん。 その中でロード用のラインナップは2種類。 リムブレーキ用とディスクブレーキ用で、 バルブ長は3パターン(42mm/60mm/80mm)あります。 リムブレーキ用の「Tubo Road」。 ディスクブレーキ用の「S Tubo Road」。 敢えて重量には触れずに書いてきましたが、 改めて、その重さを見てみましょう。 「Tubo Road」で重さ38g! 「S Tubo Road」で重さ23g!! 箱入りのポッキー(2袋入)の1袋が35gなので、 それと同じくらいの重さやん!!(わかりにくい ブチルチューブって60g~80gとかあるので、 物によっては半分以下! ディスクブレーキ向けなんて23gだから、 ポッキー何本分なんだよ。 なんという軽さだ・・・

  • 【能勢二部構成ライド!】偶然だらけの一日に!?大阪市内から茨木経由で能勢の辺りをぶらっと走る160kmライドへ!

    はじめに 5月12日、日曜日。 夕方まで時間をもらえたのですが、 なぜかあまりモチベーションが沸いてこず、 そんな中でロゼさんと午前縛りライドの約束。 走り出せば楽しいに決まってるんだから、 大丈夫大丈夫! そんな少し気持ちが宙ぶらりんな感じでしたが、 なんとkazuさんからライドのお誘いを頂きました。 わお、嬉しい悲鳴が出ちゃう。 じゃあ、途中で合流しましょうか! なぜか成り行きでこんな話になりまして、 前半はロゼさん、後半はwith kazuさんで走る、 謎の2部制ライドが実現!! というわけで、 能勢のほうに行ってまいりました! 前半戦スタート! 前日からハムストリングスに違和感があり、 繰り返しストレッチをしていたら、 なんかもっとひどくなった気がする。 そんな状態ですがスタート。 まぁ走っているうちに治るだろう・・・(あかん 早朝の豊里大橋へ。 今回の待ち合わせは茨木。 走り慣れていない道を走りながら、 できるだけ最短距離で待ち合わせ場所へ。 今年はあんまり見れなかった鯉のぼり。 ちょっと遅いけどまだありました! でも朝早いのでまだみんな寝てはりました。 THE 無風。 いつもの池田よりも距離も短いので、 遅めのスタートにしたら、時間ほぼピッタリ。 少し待ってからロゼさんが登場。 「途中であまえびさんとすれ違いましたわ。」 そのエピソードを羨ましい気持ちで聞く。 どうやら川西400kmブルベのゴール時間と、 偶然に同じタイミングだったみたいですね。 あまえびさんSRおめでとう!さすが給食担当。 今回はR110をひたすら北上して、 R423へ合流していくという予定です。 早速GO!!! このR110はひたすら登りつづける道で、 一生懸命登るとかなりハードな道のり。 「マイペースで行きましょう!」と言うけど、 その"ロゼさんのマイペース"に着いて行けるはずもなく、 序盤で背中を見送る。さいなら。 長い区間、緩い登り坂が続くので、 これは久しぶりにFTP計測だな!ってことで、 がんばって走りますが、無念の信号ストップ。 全てのやる気が失われました。 そういえばゴール地点を聞いていなかった。 ゴールが見えないのはツライ道のり…。 やっぱり違和感のあるハムストリングス。 それを回避するため、前太ももで踏んでしまうのか、

  • 【第11回 あさごパンライド】新緑にもあさごパン!池田にあるベーカリーカフェ「Ferdinand(フェルディナンド)」へ!!

    はじめに ゴールデンウイーク最終日。 この2日間は三田での朝ライドをして、 身体はボロボロの潰れたあんぱん状態。 しかし翌日も走ります。 「走れるときに走っておけ!」が、 私のモットーなのです!イエイ!! 当初、別のライド計画があったのですが、 紆余曲折あり、計画自体が破たんしました。 しかも前日の夜に!(MEはSHOCK!) せっかく予定は空いていたので、 元々の計画でご一緒する予定だったkazuさんと、 急遽「あさごパンライド」へ行ってまいりました! 思いつきのヒルクライム 朝6時に近所のローソンで待ち合わせ。 少し早目に家を出ました。 早めに着いたなぁと思ったら、 kazuさんはもっと早く来てはりました。 6時集合とは一体なんだったのか・・・ まずは箕面方面へ向かいます。 ひとまず淀川河川敷へ。 鳥飼大橋で淀川を対岸へ渡ります。 kazuさんと箕面へ走る時の定番コース。 千里丘の辺りを抜けて、 万博の外周を経由して北上していきます。 いつもより1時間ほど遅い出発なので、 その分、車の交通量も多いようで、 少し走りにくさを覚えました。 それでもまだ6時台なので、 昼中に比べたら走りやすいんですけどね。 1号線に沿って北上して行きました。 途中でR4へ入り勝尾寺方面へ。 西田橋の手前にあるコンビニで小休憩。 白バラコーヒーをごちそうになりました。 kazuさん、ありがとう。 そしていよいよ、 勝尾寺へ登るスタート地点「西田橋」へ! しかし! 僕らは勝尾寺へ登ることもなく、 交差点を左折して、箕面方面へ。 R9へ入り「箕面浄水場前」へやってきました。 ここから高山方面は自転車乗り定番コースだ! しかし! 僕らはここを登ることもなく、 交差点を左折して、箕面駅方面へ。 箕面駅の裏手を通り、 引き続きR9を西へと進みます。 そして「東畑」の交差点から、 いよいよぼくらのヒルクライムが始まる! 五月山へ登る道は数か所ありますが、 最もパンチがあると名高いのがここの「東畑ルート」。 実は完全な思いつきで登りだした二人。 果たして激坂を前に無事に帰れるのだろうか!? (答え:帰れる) 攻略、五月山!! kazuさんの案内で東畑ルート登坂開始! 住宅地を抜ける段階で既に激坂だ。 三田ライドで疲れた脚には刺激的過ぎる。

  • 【連休の三田発着AMライド!】[DAY2] 母子や今田町を経由して三田周辺をぶらりと走る!!

    はじめに ゴールデンウイークの後半で走った、 「三田発着AMライド2DAYS」! 実家の三田を発着点にして、 ぶらぶら朝ライドをするというだけの、 なんの変哲もないライドでございます。 この良く分からん2DAYSは、 ロゼさんにもお付き合い頂くことになりまして、 1日目はトーストカフェへ走ってきました! そして翌日の2日目は、 「道の駅とうじょう」を折り返し地点にして、 その辺をぶらっと走ってまいりました!! 母子に撃沈す。 前日同様に6時の待ち合わせ。 もちろん場所も同じコンビニである。 まるで夏休みのラジオ体操のようだ・・・ では早速行きましょう! レッツラゴー。 前日より暖かい気温にホっとしましたが、 それでも8℃なんだから、少し肌寒いです。 今回もR49を経由して行きますが、 途中でお気に入りの湖沿いの道へ。 湖畔の道は本当に良いですよねー。 冬は寒くて仕方ないんですけど、 夏が近づくと木々が生い茂ってきて、 日陰が涼しい道になるんですよね。好き。 そのまま青野ダムを通過。 ダムから見える青い橋。 今からあの橋を渡りに行くぞ。 千丈寺湖の横を南北に走るR308へ。 この道をひたすら北上して行きます! 早朝特有の爽やかさを感じながら、 さっきの青い橋を渡って進んでいきます。 そして下青野へ。 「下青野公園」を横目にノンストップで北へ。 目指すは母子だ!! 徐々に山深くなってきました。 なんか山の谷間に雲が溜まってるぞ・・・ そのまま道なりに走って行くと、 徐々に道は緩い勾配を帯びてまいります。 バス停を越えた辺りから、 道の雰囲気も変わり、R308の本領発揮ですね。 上青野から母子までは登り区間。 序盤は緩勾配ですが、徐々に坂も急になり、 「尼ン滝」の辺りでは10%ほどの厳しい坂になります。 そんな道のりを走る私は、 前日の疲れが大量に残るボロ雑巾。 淡々と走るロゼさんの背中は離れるばかりで、 登坂区間半ばで、背中にそっとサヨナラ・・・ では、母子でお会いしましょう! なんとか母子の集落まで登ってきまして、 そこからはR49を使って、 篠山方面に抜ける算段でございます。 そのR49、「美濃坂峠」と呼ばれる道ですが、 ここが通行止めなんですよね。 かなり手前からアナウンスはされていました。

  • 【連休の三田発着AMライド!】[DAY1] 念願のカフェへ!社のトーストcafe「mado mittsu」へ走る80km!!

    はじめに ゴールデンウイークの後半は、 三田の実家へ里帰りしていました。 無論、自転車と一緒に帰省を決め込んで、 4日、5日は両日ともに午前ライドが実現! 早朝に走り出して11時頃には帰宅したい! こんな時間の制約はありましたが、 なんとか朝走れそうな私はウキウキ。 そんな三田発着の午前縛りライドですが、 まさかのロゼさんが一緒に走ってくれることになり、 しかも両日ともに付き合ってくれたのでした! やったぜ!これで朝も起きられる!!! ということで、 「三田発着AMライド2days」のはじまり!! 朝もはよから播磨方面へ 待ち合わせは有馬富士公園近くのコンビニ。 最近リニューアルされたばかりの店舗。 ここに6時集合だったんですが、 なぜか15分前くらいに集合完了! なんという気合いの入りようだ(違 この日の気温は、 昼には20℃以上になるはずなのに、 早朝は7℃とかで寒暖差ばりばりなのでした。 さすが三田やで!(とても寒い まずは青野ダム方面へ。 途中の温度計を激写したかったんですが、 シャッターのタイミング合わんかった・・・ 早朝の静けさを感じるR49。 さすがに車通りもほとんどなくて、 めちゃくちゃ走りやすくて最高。 なんとなく序盤は僕が前を走るんですが、 後方よりロゼさんの無言の圧を感じて、 いつもよりがんばって走ってしまうのだ・・・ 青野ダムのほうから西へ進む。 相野を抜けて、下り基調のR75へ。 この大川瀬渓谷に沿って走る道は、 なかなか雰囲気があって良い道です。 緩やかな下り勾配でスピードに乗りやすくて、 ついつい無駄に踏んでしまうのであります。 そのまま道なりに走っても良いんですが、 途中で東条湖のほうへ寄り道。 無駄に登るんですが、それもまた良いね(白目 ここに来ると決まってこう言うんだ。 「ちょっと休ませてください!」ってね(笑) (BURRN!インタビュー記事風に) この辺りは平野部になっているので、 東西に走る道は基本的に平坦をが多く、 とても走りやすいのです。 それほど車も多くないので、 自転車にはもってこいなんですよね。 はー、清々しい!! R17で社方面へ西進して行き、 バイパスを避けるようにR350へ。 「社工業団地」の文字が出てきました。 この辺りにお目当てのカフェがあるんです。 じゃじゃーん!

  • 新緑の北摂を走る!能勢から三田「そば処 山獲」を経由して走る120kmライド!!

    はじめに ゴールデンウィークの初日。 久しぶりにロゼさんとのライド予定でしたが、 そこへlovelybeerさんもご一緒頂けることになり、 嬉しい恥ずかしトリオライドが決定! 前日の天気予報は微妙な感じでしたが、 一応、"加東のほうに走りに行く計画"を提案。 前から行ってみたかったカフェがあったんだ! ということで、 久しぶりに北摂の方へ走ってまいりましたー! はじまりはいつも雨? 朝起きてみると、雨は止んでいました。 しかし、路面は「ヘヴィウェット」!! 出発、1時間遅らせましょうか・・・ ということで、 少し遅めの出発になりました。 わお、もう明るいやないかい・・・ 城北大橋で淀川を越えて、 まだ厚い雲が残る微妙な空だなぁ。 内環からR176へ抜けるいつもの道。 さすがにいつもより時間が遅いので、 交通量も多めで、路線バスと一緒になってしまって、 とても走りにくかったのでした・・・。 そして強烈な北風! 今日は自転車走って大丈夫な日なのか!? 7時に池田新町のコンビニに集合! 予定していたコースは、 ちょっと時間が足りないかもしれないのと、 行きも帰りも横風地獄の可能性があったので、 今回はやめておくことにしました。 ということで、 帰りは追い風になることを信じて、 適当に北上して進むことにしました。 そうと決まれば、猪名川方面へゴーゴゴー! いつものように走る道は、 季節の移り変わりを感じやすい場所。 今年は桜の季節に通らなかった道ですが、 いつの間にか新緑の景色に。素敵。 なんかやたらきついペースで進んでいきます。 これは…今日はダメかもしれないやつだ! R12からR603で阿古谷のほうを抜けます。 風が猛烈なんですけど、それを感じさせぬペース。 後ろについていてもツラいんですけども。 途中でまさかの通り雨! その辺の軒先で雨宿りさせてもらいました。 空にはたまに雨雲が流れているような感じで、 すぐに止むとは思うけど、微妙な空ですね。 晴れ間も覗いてきたので再出発。 阿古谷のアップダウンに悶絶。 「この道こんなにきつかったっけ?」 と自問しながら進む道のりでした。 最後の登りを越えると、そこは能勢町。 大好きな景色が広がります。 いつの間にか緑の景色に変わっているなぁ。 田んぼにも水が張っていて、

  • 大山の絶景を巡る「ダイイチ」再び!山と海を味わう春の蒜山~大山一周ライドへ!!

    はじめに 日曜日に自由時間が貰えることになり、 「どうしようかなー」って言っていたら、 あまえびさんが手を挙げてくれました。 いや、釣れてしまいました・・・甘海老だけに。 さて、あまえびさんのご意向も聞きながら、 ライドの計画を練りましょう! スパイシーなエンジョイ系ってなんやねん。 さすが「巻き込まれ型サイクリスト」第一人者。 聞くだけ無駄だった・・・。 ということで、 あまえび氏には巻き込まれて頂くことにして、 計画は水面下で進めることにしました。 ~水面下~ 日頃、勝手に頼りにしているkazuさんに、 声を掛けさせてもらって、 3人目のメンバーが確定しました。 あ、この流れはいつしかと同じ匂いが・・・ 色々と相談させてもらううちに、 なんだか盛り上がってしまいまして、 「そうだ、大山へ走りに行こう!」 ということになってしまいました! つい2週間ほど前に、 行きそびれた「大山」に行こう!!! こんなに早くリベンジの機会が訪れるとは!! 大山の辺りを走るのは2年ぶりくらい。 この時もめちゃくちゃ楽しかったので、 再び走れるなんて、めっちゃ楽しみです。 そんなこんなで、 またもやkazuさんに甘えての遠征ライド! 大山をぐるっと走ってきました!!! スタートは蒜山から! 夜半、2時30分。 各地より自転車好きのオジサンたちが集まる。 あまえびさんにはどこへ行くか、 そして誰と走るかは連絡しておらず、 ひとりだけミステリーライドという形だ。 集合場所に現れる人を見ながら、 今回の実態を徐々に把握してもらうという、 特になんの意味もない演出を。 さて、今回のメンバーをご紹介しましょう! kazuさん、ぺもぺもさん、あまえびさん、 kaboさん、KeiOSさん、DARUMA 以上の6人でお送りいたします! KeiOSさんと走るのは"ほぼ初めて"ですね(意味深 車に揺られること数時間。 ぼくらは早朝の蒜山へ到着しました。 kazuさんのハンドメイドサイクルラックが 便利すぎて僕らは白目をむいた。 手前から、CORNER、PINARELLO、FOCUS、 LAPIERRE、LAPIERRE、そしてLAPIERRE。 奇しくも半分がラピエールのゼリウス! そして6台中4台がSRAM RED eTap!! なんなんだ、この集まりは・・・

  • 【ウェアラブルカメラの決定版!】スマホで編集まで完結できる!360度カメラの大本命「RYLO」を購入しました!!

    はじめに 先日このブログにも書きましたが、 わたくし新たなキャメラを手に入れました。 360度カメラの「RYLO」というもので、 まだ日本の代理店がないために、 米アマゾンから転送サービスを使って購入しました。 その顛末はコチラに・・・ 今回はこの「RYLO」というカメラについて。 RYLOは両側にレンズが着いていて、 180度+180度の映像を組み合わせて、 360度の映像が記録できる特殊なカメラです。 同じジャンルの製品と言えば、 Insta360やGOPRO fusionなどがあります。 そんな各社製品と肩を並べても尚、 このRYLOには突き出た強烈な個性があるのです。 特徴のひとつは「ブレない」! 公式で分かりやすい動画があるので、 その動画とともに見てみましょう。 映像がブレない! 数年前のウェアラブルカメラは、 手振れ補正もなく映像はブレブレでしたが、 このRYLOは本当にブレません。 映像を見ていただいたら分かるんですが、 スタビライザーが効きまくっていますね。 この強力な手振れ補正、 スマホの編集アプリでON/OFFが可能で、 いかに手振れ補正が優秀かも実感できます。 水平の検知力?も高くて、 他社製品と比較しても、 このスタビライザーは優秀だと思うんだ! 軽量で手のひらサイズ! このカメラ、かなりタイニーなのです。 他のと比べても一回り小さいですね。 手に持ってみるとこれくらい。 小さめのいなり寿司。 実際、外へ持ち運ぶ際に、 ポケットに入れておくことも多くて、 手軽に持ち出せるのはありがたいですね。 付属のポーチがケーブルも一緒に携帯できて 意外と優秀なやつでした。 自転車に乗る時に、 ヘルメットの上にマウントして走りますが、 特に重さも気になりません。軽量は正義! 最大のウリは「スマホで簡単編集」!! これがRYLO最大の特徴ではないでしょうか。 パソコンに取り込むことなく、 スマホのアプリで簡単に編集が完結できます。 この動画はその機能の一部分ですが、 こんな感じに感覚的に編集ができます。 画期的過ぎる!!! これは編集機能の1つで、 他にもこういう感じのことができます。

  • 【午前縛りライド】古民家カフェを目指す!茨木から「善峯寺」を越える山岳コースを走る!!

    はじめに 土曜日に午前縛りで時間をもらったので、 早速kazuさんをお誘いして、 走りに行くことになりました。 「あさごパンライド」でも良かったのですが、 今回は気になるカフェがあったので、 目的地をそこへ決めて、走るルートを設定。 距離も少し短めにしておいたので、 「今回はお散歩ライドかな?」 と思っていたのが間違いでした・・・ いざ走ってみると、なかなかの山岳コース。 そしてあんなハプニングもあって・・・。 ぼくたち無事に家に帰れるの!?(帰れる 茨木経由で北上! 朝6時に守口のローソンに集合です。 おはようございます!! 鳥飼大橋で淀川を渡ります。 淀川ではボートの練習をしていました。 青春や・・・江口洋介だ・・・ ぼくの用意したルートが、 若干、走りにくい道だったようで、 kazuさんの経験則によって最適化。 こういうところに経験値が生きるな。 そして川の対岸を少し北上。 めちゃくちゃ良い天気ですね。 堤防を降りて、R15・R143を走って、 茨城方面へ北上していきます。 沢良宜のあたりで「桜通り」へと入りました。 名前の通り街路樹に桜が多く、 そして予想以上に花は残っていました。 見られると思っていなかったのでラッキー。 最近の気温の変動に、 桜も散り際がわからなくなったんだろうなぁ。 道は川沿いまで続くので、 そのまま川に沿って北へ。 そう、今回のルートは、 前に亀岡から帰ってきたときの道を、 ちょっと使ってみているのであーる。 コンビニ休憩を経て、さらに北上。 R114を使って、登坂区間のはじまりです。 山の中をゆく!? ずっと緩やかに登る道だと思っていましたが、 人の記憶は曖昧なものですね・・・ 「前に登った時より距離伸びてない!?」 そんな感想も抱きつつ、ピークをひとつ越える。 さらに進んでいくと道は府道1号へ。 ちょうど「キリシタン遺物史料館」の道の前に、 大きな桜の木が満開になっていました。 ご褒美や! 山手のほうはまだ桜は見頃のようです。 さらに北上して行くと、まだまだ登ります。 でも綺麗な桜のおかげで負担は5%減。 忍頂寺の交差点を抜けて、さらに北上。 道もR43へと変わります。 そして「清坂峠」を越えて行きます。 さっき少し下った標高を取り戻すかのような道。