住所
-
出身
-
ハンドル名
縞梟さん
ブログタイトル
縞梟の音楽夜話
ブログURL
http://musicnightwhisper.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
パチスロ好き管理人監修懐かしの名盤ガイド
自由文
音楽マイナーブログを運営している縞梟と申します。 急速に普及したスマホ対応のためブ、現在、旧ブログ(おんたま@音多摩)からの記事移設作業を行っております。 完全移設まで時間がかかりますがどうぞよろしくお願いいたします。
更新頻度(1年)

182回 / 1526日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2014/12/15

縞梟さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(IN) 26652 24522 24559 24475 24549 24518 24518 949045サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 30 10 10 10 20 10 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 230 204 204 204 202 206 207 27919サイト
好きな曲・好きなアルバム 9 8 8 8 8 8 7 1844サイト
スロットブログ 303 307 301 311 309 314 308 5792サイト
スロット日記 175 176 175 178 183 181 182 3445サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 41931 40290 42031 42033 41954 40296 41859 949045サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 30 10 10 10 20 10 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 208 187 210 211 207 184 203 27919サイト
好きな曲・好きなアルバム 14 13 13 12 12 10 11 1844サイト
スロットブログ 419 417 419 414 419 422 421 5792サイト
スロット日記 250 252 255 248 250 248 250 3445サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 14938 10934 949045サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 30 10 10 10 20 10 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 0 0 0 0 0 205 108 27919サイト
好きな曲・好きなアルバム 0 0 0 0 0 11 7 1844サイト
スロットブログ 0 0 0 0 0 200 166 5792サイト
スロット日記 0 0 0 0 0 134 111 3445サイト

縞梟さんのブログ記事

?
  • DO!DO!DO!DO!DO!/The News

    [sales data]1991[producer]The News[member]青木陽子(vo/g)竹山奈穂子(vo/b)内山朋子(ds)話ついでにご紹介しておきます。イカ天バンドでは人間椅子と同レベルで好きだったバンドで、私の女性バンドへの偏見を完全に払拭させたバンドです。毎年、お正月の深夜「内田裕也プレゼント、ニューイヤーロックフェス」の常連としてダイジェスト映像で1~2分程度演奏を見たり、みうらじゅんとつるんで「エンケンのトリビュート」に名前を...

  • Time Spiral/ZELDA

    [sales data]2003/3/19[producer]Masashi Imaizumi[member]高橋佐代子(vo)小嶋さちほ(b)鈴木洋子(g)石原富紀江(g)本村直美(g)野沢久仁子(ds)小澤亜子(ds)恥ずかしながら小嶋さちほさんがいたという以外はあまり知識がなく、ライヴも日比谷野音のどんとの追悼ライヴで即席で復活した時に初めて見ただけなのですがどんとが愛したさちほさんを知るためにベストを購入してみました。女性グループとして最も長い活動歴(1979年~1996年)...

  • ホテルぱらいそ/マチルダロドリゲス(玉城宏志)

    [sales data]2002/3/21[producer]マチルダロドリゲス[member]玉城宏志(vo/g)小関純匡(ds)笠原直樹(b/三味線)デビューミニアルバムリリース後、どんとが急逝したため、追悼イベントへの出演依頼が相次ぐ中、和田さんが脱退しトリオ編成となったマチルダロドリゲスのフルアルバム。(そのため玉城さんがボーカル担当)「Yellow Garden」はZEPPやジミへン、キング・クリムゾンなど70年代の洋楽ロックバンドのカバー演奏を目的としてい...

  • 原色音楽(DONT SPACY 1985-1986 DEMO)/どんと

    [sales data]2001/8/5[producer]どんと[member]どんとどんとの追悼ベスト「一頭象」にも2曲収録されていた関係者の間で密かに愛聴されていた「どんと1986デモテープ」と呼ばれるどんとが23歳の頃(ローザ時代)4chのMTRによる一人多重録音でどんとも生前ゴマレコードからいつか出したいと言っていた1985~86年のプロデビュー以前の宅録デモ音源。ローザやボ・ガンボスの楽曲の原形や未発表曲7曲が収録されており、どんとの楽曲...

  • 一頭象/どんと

    [sales data]2000/7/26[producer]どんと小嶋さちほ[member]どんと海の幸ローザ・ルクセンブルグボ・ガンボス2000年1月28日、ハワイ島ヒロ市内にて脳内出血のため死去(享年37歳)したためリリースされた追悼ベスト盤。レーベルの枠を超えて海の幸/ローザ/ボ・ガンボス/ソロとどんとの活動全期の音源を編集したもので(未発表音源2曲収録)曲ごとにさちほさんのコメントが付いているので時系列でどんとの活動背景が分かる親切など...

  • Yellow Garden/マチルダロドリゲス(玉城宏志)

    [sales data]1999/11/8[producer]マチルダロドリゲス[member]玉城宏志(g)和田賢介(vo)笠原直樹(b)小関純匡(ds)ローザ・ルクセンブルグ解散後、1991年にソロアルバム「ストラトレッド」リリース後はヒート・ウェイヴの山口君とつるんでいた時期があったので一緒にやるのかな?とも思っていましたが、自身のバンド「マチルダロドリゲス」を結成してリリースしたミニアルバム。バンド結成の経緯は1997年春、玉城さんが書き貯めていた...

  • サマーオブどんと 実況録音盤 1998/どんと

    [sales data]1998/11/21[producer]どんと[member]どんと(vo/g/sanshin)小嶋さちほ(b)根間洋子(harumonium)近藤裕美(djembe/rings)前川守賢(vo/sanshin)井上憲一(g)井ノ浦英雄(ds)玉城宏志(g)Aya(vl)稲川徹(key)大島聡(ds)高田淳子(djembe)Amana(vo)生存中では最後のアルバムになってしまったどんとのソロライヴアルバム。・1998/7/12(コザ・あしびなー)・1998/8/6(梅田Banana Hall)・1998/8/8(下北沢CLUB251)なんとこのアルバムに...

  • Deep South/どんと

    [sales data]1997/7/16[producer]どんと[member]どんとどんとのご挨拶文「このCDを買ってくれた人はもう既に到達しているのだ。そう君の音楽生活は正しいのだ。おれに任せておくれ。未来のロックンロールを~」前作のセルフメイドなアルバム制作手法を更に発展させたソロ2nd。どんと自身も試行錯誤しながらだんだん手応えを感じ始めたのが伝わってくる内容です。「どんとマンボ」は全然マンボじゃありませんが(笑)「きみかわいい...

  • ベスト・オブ・ボ・ガンボス/Bo Gumbos

    [sales data]1995/10/21[producer]目黒育郎[member]どんと(vo/g)Kyon(key/g/vo)永井利充(b/vo)岡地曙裕(ds)etcボ・ガンボス解散ライヴ(1995/6/11日比谷野音)のビデオと同日に発売されたベスト盤。このベストは良きライバル?のソウル・フラワー・ユニオンの中川敬君の選曲リマスター作業によるものでオリジナルと比較してギターの細かい音が前に出ているのが嬉しいです。(魚ごっこ未発表バージョン収録)「ボ・ガンボスは風葬でい...

  • ゴマの世界/どんと

    [sales data]1995/7/29[producer]どんと[member]どんとさちほ他ライナー冒頭文「Hello!あなた!買ってくれてありがとう。あなたの家に末永くこのCDが生き続けるようお願いします」ボ・ガンボス脱退を表明したどんとは、数字縛りの商業音楽業界におさらばし「どんと王国建立」のため沖縄に移住し、完全セルフプロデュースで制作した作品でCDプレス以外、演奏、録音、MIX、編集全てセルフでジャケットは無く自筆の歌詞カードはB5サ...

  • C-Rock Work/Zelda

    [sales data]1987/4/1[producer]佐久間正英[member]小嶋さちほ(b)高橋佐代子(v)石原富紀江(g)小澤亜子(ds)前作「空色帽子の日」までは巷で言われるように高橋佐代子さんの少女漫画的な詩世界とヘタウマ演奏の併せ技がゼルダの独特な世界感を醸し出していたと思うのですが、本作は元四人囃子の佐久間正英プロデュースということもあって急にメジャー感のあるニューウェイヴメルヘンPOPに仕上がっています。こういうサウンド変化...

  • 空色帽子の日/Zelda

    [sales data]1985/10/21[producer]白井良明[member]小嶋さちほ(b)高橋佐代子(v)石原富紀江(g)小澤亜子(ds)日本フォノグラムからCBSソニーに移籍第1弾(3rd)どこか乗り切れないヘタウマ加減がバンドの味となり(カテゴリー的にはニューウェイヴ系に分類されるようです)同時期のメジャーなギャルバン「プリプリ」「SHOW-YA」などとは一線画したフワフワした存在感があります。高橋佐代子さんの不思議少女世界観に感情移入できる...

  • 不思議・少女/真鍋ちえみ

    [sales data]1982/8/25[producer]細野晴臣[member]真鍋ちえみ(vo)松武秀樹(synthe)「細野晴臣の歌謡曲~20世紀BOX」に収録されていたテクノ歌謡の真鍋ちえみさんの唯一のアルバム。1982年の細野さんはYMOが1年の休眠期間だったため複数の素材でテクノ歌謡(アイドルとテクノポップの融合)を試行しているのですが、・ハイスクールララバイ(イモ欽トリオ)・赤道小町ドキッ(山下久美子)・ハートブレイク太陽族(スターボー)・...

  • SPY(feat 佐藤奈々子)

    [sales data]1980/10/21[producer]加藤和彦[member]佐藤奈々子(vo)岩倉健二(g)戸田吉則(b)永田裕(ds)*****岡田徹(key)上野耕司(key)唐突ですが、佐藤奈々子さんという方をご存知でしょうか?個人的なファーストインプレションでは「コシミハル」と共通点が多い感じで、元々SSWというのも同じで、コシさんは細野さんと合体してスパークしましたが佐藤さんは加藤和彦好みのコケティッシュなボーカルが特徴的ですが、短編小説のような...

  • ききょう/山内テツ

    [sales data]1976/8/25[producer]山内テツ[member]山内テツ(vo/b/g/etc)柴田千歳(g)渡辺孝好(key)浅野孝巳(g)ミッキー吉野(key)スティーヴ・フォックス(b)原田裕臣(ds)角田ヒロ(ds)JOE(sax)上網克彦(key)絵夢(vo)シンガースリー(bvo)フェイセスが1975年12月に正式解散を表明したため、テツさんは活動拠点を日本に移しポニーが新設したSEE SAWレーベル(チャー、絵夢、四人囃子などが所属)からリリースしたソロセカンドアルバム。...

  • Live 1976/Camino(feat 大村憲司)

    [sales data]2004/11/18[producer]小原礼[member]大村憲司(vo/g)小原礼(b)是方博邦(g)村上ポンタ秀一(ds)井上茂(ds)浜口茂外也(per)カミーノとはスペイン語で「ハイウェイ」という意味(大村さんはMCで英語で「ハイウェイ」という意味だとボケかましてますけど(笑)このバンドはアルバム制作は行いませんでしたが、大村さんの追悼の意味合いで発掘された1976年のライヴ音源。(録音はデンスケというカセットレコーダーによるもの...

  • 1974 One Step Festival/サディスティック・ミカ・バンド

    [sales data]2018/11/21[producer]高橋廣行[member]加藤和彦(vo/g)ミカ(vo)小原礼 (b/per)高橋幸宏(ds/per)今井裕(key.sax)高中正義(g)1974 One Step Festival 8月10日のサディスティック・ミカ・バンドのライヴ音源。バンドはこの年の2月~5月渡英し、クリス・トーマスのプロデュースで実に450時間を費やし「黒船」を録音していますが、まだアルバムリリース前(発売は11月)のライヴで「銀座カンカン娘」と「ロックンロール・バ...

  • 1974 One Step Festival/四人囃子

    [sales data]2018/11/21[producer]高橋廣行[member]森園勝敏(vo/g)坂下秀実(key)中村真一(b)岡井大二(ds)1974 One Step Festival 8月5日のトリを務めた四人囃子のライヴ音源。(「一触即発」リリース直後でこの頃はまだ中村さんがベースで佐久間さん加入前)「1974郡山ワンステップフェスティバル永久保存盤21枚組ボックス」に収められた音源は会場録りだったことと「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」が一部しか収録されていませんでし...

  • 1974 One Step Festival/クリエイション+内田裕也

    [sales data]2018/11/21[producer]高橋廣行[member]竹田和夫(g/vo)飯島義昭(g)松本繁(b)樋口晶之(ds)***内田裕也(vo)70年代に入り、海外ロックへの門戸が開かれ洋楽大物が続々来日し、日本のロックも大きな影響を受けながら独自色を持ったバンドが登場し始めた1974年、ハワイで観た映画「ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間」に触発された福島郡山の実業家・佐藤三郎氏が (2016年の佐藤三郎氏のワン・ステップ・フェスのイン...

  • Welcome Back/John Sebastian

    [sales data]1976/4/19[producer]Steve BarriJohn Sebastian[member]John Sebastian(vo/g/p/harmonica/autoharp)David Hungate(b)Richard Bell(p/clavinet)Jeff Porcaro(ds)Jeff "Skunk" Baxter(pedal steel g)ソロ活動になっていまいちしっかりした方向性が見えずすっかりマイナー臭が染みついたセバスチャンに一度だけメジャーに浮上するチャンスが巡ってきました。1976年、音楽を担当したTVドラマ「ウェルカム・バック」が大...

  • Tranzank Kid/John Sebastian

    [sales data]1974[producer]John SebastianPaul RothchildErik Jacobsen[member]John Sebastian(vo/g/Harmonica/etc)Buddy Emmons(pedal steel g)Emmylou Harris(bvo)Ry Cooder(g/mandokin/slide g)David Lindley(vl)The Pointer Sisters(bvo)Amos Garrett(g)Russell DaShiell(g)Phil Everly(vo)Lowell George(vo/g/steel g)Jim Gordon(ds)Bobbye Hall(per/congas)Kenny Altman(b)Jerry Gordon(g)Peter Granet(mandolin)David Gris...

  • The Four Of Us/John Sebastian

    [sales data]1971[producer] Paul A. Rothchild[member]John Sebastian(vo/g/p/harmonica)Kenny Altman(b)John Barbata(ds)Paul Harris(p/key)Felix Pappalardi(b)Greg Reeves(b)Dallas Taylor(ds)Dr. John(p)The Esso Trinidad Steel Band(steel drums)70年代に興ったS.S.Wブームの波に何故、ジョン・セバスチャンは乗り切れなかったのか?大体の音楽本にはソロデビューの際のMGMとのゴタゴタが影響しているとあるのですがそれ...

  • John Sebastian

    [sales data]1970/1/19[producer]Paul A. Rothchild[member]John Sebastian(vo/g/harmonica/p/per)Stephen Stills(g/bvo)David Crosby(g/bvo)Graham Nash(bvo)Dallas Taylor(ds)Danny Weis(g)Buddy Emmons(pedal steel g/moog)Paul Harris(org/key)Ray Neopolitan(b)Reinol Andino(congas)Harvey Brooks(b)Burt Collins(horn)Jose Cuervo(horn)The Ikettes(bvo)Bruce Langhorne(tambourine)Gayle Levant(harp)Buzzy Linhart(vibrap...

  • Hums Of The Lovin' Spoonful/Lovin' Spoonful

    [sales data]1966/11/1[producer]Erik Jacobsen[member]John Sebastian(vo/g/autoharp/p/etc)Zal Yanovsky(vo/g/banjo/slide whistle)Steve Boone(b/p/org/per)Joe Butler(vo/ds/per)Henry Diltz(clarinet)Artie Schroeck(el-p)Larry Hankin(Jew's harp)60年代のアメリカンロックのことを調べていると「ブリティッシュ・インヴェイジョン」の大波に乗ったバンドとして紹介されている「ラヴィン・スプーンフル」の4作目。ジョン・...

  • Mud Slide Slim and The Blue Horizon/James Taylor

    [sales data]1971/3/16[producer]Peter Asher[member]James Taylor(vo/g/p)Danny Kortchmar(g/congas)Leland Sklar(b)Richard Greene(fiddle)John Hartford(banjo)Kevin Kelly(p/accordion)Carole King(p/bvo)Russ Kunkel(ds/congas/etc)Peter Asher(tambourine)Wayne Jackson(tp)Andrew Love(sax)The Memphis Horns(horns)Joni Mitchell(bvo)Kate Taylor(bvo)Gail Haness(bvo)Steven Edney(bvo)青シャツ3部作の2枚目。キャロル...

  • Carolina Dreams(キャロライナの夢)/Marshall Tucker Band

    [sales data]1977/1[producer]Paul Hornsby[member]Doug Gray(vo)Toy Caldwell(g)Tommy Caldwell(b)George McCorkle(g)Paul Riddle(ds)Jerry Eubanks(fl/sax)*****Paul Hornsby(p/org)Charlie Daniels(fiddle)Chuck Leavell(p)Jaimoe(congas)Leo LaBranche(tp/horn arrangements)Dezso Lakatos(sax)マーシャル・タッカー・バンド(以下MTB)の最大のヒットアルバム(7作目)いつものホンワカしたササンロックにオールマンのチャ...

  • Tejas(テキサスはパラダイス)/ZZ TOP

    [sales data]1976/11[producer]Bill Ham[member]Billy Gibbons(g/vo)Dusty Hill(b/key)Frank Beard(ds/per)このアルバムを紹介するには少しばかりテキサスの歴史を学ぶ必要があり、タイトルの「テハス」とはスペイン語で「テキサス」を意味し、テキサスは元々メキシコ領のテキサス共和国として独立後、アメリカ合衆国に併合された経緯がありスペイン語やメキシコ文化がテキサスの日常生活に浸透しているためでZZのアルバムタイト...

  • Searchin' for a Rainbow/Marshall Tucker Band

    [sales data]1975/8[producer]Paul Hornsby[member]Doug Gray(vo)Toy Caldwell(g/steel guitar/vo)Tommy Caldwell(b)George McCorkle(g/banjo)Jerry Eubanks(fl/sax)Paul Riddle(ds)*****Dickey Betts(g)Paul Hornsby(p/org)Charlie Daniels(fiddle)Chuck Leavell(p)Jerome Joseph(congas)Al McDonald(mandolin)Leo LaBranche(tp/horn arrangements)MTBの4枚目の代表作。カントリーロックの円熟味がてんこ盛りでタイトル曲はた...

  • Fandango/ZZ TOP

    [sales data]1975/4[producer]Bill Ham[member]Billy Gibbons(g/vo)Dusty Hill(b/key)Frank Beard(ds/per)冒頭3曲がライヴ音源で残り6曲がスタジオ録音の変則アルバム。ZZのライヴは元々評判が良かったのですが、当時何故か公式のライヴ音源は長年本作品でしか聴けませんでしたが、今はアーカイヴ物で複数のライヴ音源を聴くことができます。前ヒットアルバム「トレス・オンブレス」リリース後18ヶ月ぶりのアルバムですが、バ...

  • Where We All Belong(アメリカン・ロックの鼓動)/The Marshall Tucker Band

    [sales data]1974/11[producer]unknown[member]Doug Gray(vo/per)Toy Caldwell(g/vo)Tommy Caldwell(b)George McCorkle(g/banjo)Jerry Eubanks(fl/alto/sax)Paul Riddle(ds)*****Charlie Daniels(fiddle)サザンロックは2枚組がお好き?ということで、スタジオとライヴ音源をカップリングした3rd。スタジオ収録のカントリーフレーバーの楽曲はノリ的にはサザンロックというよりもニューオリンズR&Bのような軽やかさを感じます。こ...