searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hiromiさんのプロフィール

住所
淀川区
出身
大阪府

絵の心、詩の心で被写体を切り撮って「写真と散文」を載せています。訪問者が、いい写真に出会えた、いい言葉に出会えたと思えるようなブログをめざしています。

ブログタイトル
ひまわりノート
ブログURL
http://himawarinote.livedoor.biz
ブログ紹介文
絵の心、詩の心で被写体を切り撮って「写真と散文」を載せています。
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2010/05/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hiromiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hiromiさん
ブログタイトル
ひまわりノート
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
ひまわりノート

hiromiさんの新着記事

1件〜30件

  • 不思議現象。

    きょうも、また天に向かってカメラを向けています。いままで、撮った映像を見て、これが龍神さまだとか、これは流星群だとか、あるいはこの飛行物体はなんだろうとチェックしていましたがときどきなんとなく「来た!」と感じるときがあります。動きが予測出来れば嬉しいので

  • 雲が描くアートは楽しい。

    きょうも空を見上げて撮っている。空の色は毎日 毎時 変化している。雲もつねに動いている。じっとしていると思える雲もじっとしていない。流れるように動く雲とじっとしているように見える雲が不思議なアートを描いてくれる。龍神さまにも見えるかわいい動物にも見える。

  • 不思議な光の粒

    寒い…と言いながら空を見上げるかわいい雲が浮かんでいる昨日の空もきょうの空も晴れた空しかし 雲の形 雲の動きが違っている眺めていると空には小さな光の粒が不意に現れて消える小さな白い粒 黒い粒が形を変えて現れ瞬いている間に消えてしまうこの不思議さにきょうも

  • 「懐かしさ」いっぱいの夕日

    ごらんください。 この夕日の美しさ。太陽のまわりが 赤色に染まっています。じっと見ていると いろんなことが 走馬灯のように思い出されます。 みなさんにもこの夕日を見て思い出されるシーンが いくつか おありでしょうね。 そのシーンを 思い浮かべながら 遠い日を

  • シャッターの音が響く。

    天を見上げる天を撮る毎日毎日欠かさず天を見上げる天を撮るなぜ?と問われても明確な答えはない。しかし、きょうも天を見上げている天を撮っているなにかに背中を押されて天を撮っている天には伝えたいなにかがあるに違いない天の声がわたしの背を押すシャッターの音が響く

  • 不思議な光のライン。

    あっと思わず声をあげる。不意に太陽の輪郭から小さな光の塊が輪郭を離れて外へ飛ぶ。光のラインを引いて そして消える。 それも続けさまに。小さな光の塊が光のラインを引いて 消える。不思議な光のライン。見えているのは わたしだけかも知れない。他人様に話す

  • 正体不明。きょうも現れる。

    突然、空に現われる。その正体はわからない。現れたと思ったら次の瞬間見えなくなる。決して鳥などの類ではない。流星などの類とも違う。不意に現れ、光を放つ。天から左方向から右方向から下のほうから現われる。瞬く間に現れて瞬き間に消える。正体不明だが、カメラはとら

  • 天の空に、ありがとう。

    天にも雲を題材にしていままで見たこともないタッチで描いてくださる絵師がいらっしゃるようです。じっと天を見ながら想像を膨らませていると突然、まったく違う風景になることも多々あります。下界人を驚かせてくれる絵師に会いたくなります。いつも楽しませてくれてありが

  • 天の空に神様がいる?!

    天の空にはおもしろい現象がいっぱい。散らばっていた雲が急に集まってきてあれ?あれ?と見ているうちに目鼻が現われ顔の輪郭をつくってくれます。あなたにも見えるはずです。二つの顔??神様が何かを伝えようとなさっている…天の空にカメラを向けるわけです。

  • 龍神様、みえますか?!

    わたしには見えました。急に雲と雲が寄り添うようになったかと思ったら龍神の眼がレンズ越しにわたしの眼を直撃。一瞬、頭がジーンとしびれて…こんな体験初めてだったのでビックリ。そのときの空です。あなたにも見えると、いいのですが…。

  • 不思議の世界が「天」にあり。

    このところ季節を追いかけて撮っていた花々や景色、風景をまったく撮っていません。撮らなくなった理由は新型コロナウイルスの感染予防で外出を自粛しているからです。天の空はどこからでも撮れます。撮っているうちに天の空に不思議を感じきょうも空の写真です。

  • 火の玉?が見えますか?

    確かに天の空に神様、仏様がおられます。何を伝えようとなさっているのかまだまだこちらが未熟で神様、仏様の意図を受け取ることが出来ません。それでも流れ星でも鳥でもない火の玉が見えます。ごらんの火の玉のようなものあなたにも、きっと見えるはずです…

  • 激しい天空の動き。

    大型で強い台風が記録的な暴風雨を伴って九州を襲いました。避難した人暴風が怖くて眠れなかった人被害に遭われた方を思うと胸が痛みます。そんな夜大阪の天空は激しい動きで目を離すことが出来ませんでした。天の神様は何を伝えようとなさっていたのか?

  • 幸せになるかも、コーンムーン。

    中秋の名月「十五夜」は今年は10月1日です。昨日の9月2日の満月は一般的に「ハーベストムーン」収穫月と呼ばれています。しかし、今回の満月は「コーンムーン」。3年に1度のペースで出現する満月です。9月に迎える夏最後の満月。トウモロコシコーンの収穫時期にあたる

  • ミーコが天に現れました。

    天に浮かんだ白い雲ともう一つの白い雲が寄り添うように近づいて二つの目のカタチになりました。その目はまさしく会いたいなぁ…といつも呼んでいた「ミーコ」という名のネコの目やさしい目で微笑んでいるよう思わず「ミーコ」と叫んでしまいました。「ミーコ」は天に昇った

  • 神秘的なお月様

    伝統的七夕の夜の空はごらんのようにお月様しか見えません。大阪の天空は明るく暗闇になることはありません。織姫星と彦星の間に横たわる天の川の姿も見ることができませんでした。いつまでも明るい天空で夜空はお月様だけ。ごめんなさい。それでも、お月様は神秘的でした。

  • 伝統的七夕

    きょう8月25日は「伝統的七夕」です。太陰太陽暦にもとづく七夕を2001年から「伝統的七夕」と呼ぶようになりました。もともとの七夕は、旧暦など太陰太陽暦の7月7日のこと。現在の暦での7月7日は、梅雨のさなかで、なかなか星を見ることが出来ません。そこで国立

  • 「天空」には物語が…

    ごらんください。天空からあなたを見つめているご存知の方の顔が見えるはずです。あなたをいとおしそうに見つめる顔が見えるはずです。あるときは笑顔であるときは強いまなざしであなたを見ています。天空に話しかけてください。あなたの天空の物語がこのアドレスをクリック

  • 空に浮かぶ「雲」

    今回も「空」の写真です。雲の動き雲のカタチ刻々と変化する様子はつねに新鮮でだから、歩いていてもすぐ天を仰いで撮ってしまいます。ごらんの写真の雲あなたにはどのように見えるのでしょうね。雲が地球を見ている???いろいろ想像をたくましくしてきょうも空を見上げて

  • 「天の空」には物語があります。

    このところ天の空に惹かれています。毎日のように朝、昼、夕に空を見上げてはシャッター音を響かせています。撮るごとに天の表情が違います。ときには雲の間から「龍神」が大きな口をあけている場面が画面に映り込んでいます。天の空には物語がいろいろありそうです。いま、

  • 豪雨で被害に遭われた方、お見舞い申しあげます。

    九州から東北にかけての豪雨。河川の氾濫や土砂災害の被害に遭われた方には心よりお見舞いを申しあげます。活発な梅雨前線いつまで続くのでしょうね。線状降水帯が発生すれば数時間で予想雨量を超えて状況が急激に悪化するおそれもあるといいま

  • 見ごろを迎えたアジサイ

    近畿地方も梅雨入りしました。気象庁によると例年より3日遅いようです。これから雨の降る日が多くなりそうですね。この季節に見ごろを迎えるのがアジサイ。花言葉は花の色がだんだん変化するところから移り気、浮気。花言葉に抵抗がありますが好きな花の一つです。にほんブ

  • 心を癒してくれる真っ赤なバラ

    緊急事態宣言が続いていましたが、やっと今夜(5月25日)全面解除ということになります。しかし、油断は禁物第2波がやって来るかも…と3密を避けてマスク着用、手洗い、消毒が当分続きそう。それでもちょっとホッとします。写真はマンションの玄関先に咲く真っ赤なバラ

  • 季節の花「菖蒲」です。

    新型コロナウイルスまだまだ安心はできませんが、3密(密閉、密集、密接)を避けながら1日も早く普段の日常生活に戻りたいそんな思いのきょうこのごろです。不要不急の外出自粛の要請の中カメラを持ってぶらぶら歩きは出来ません。テレビ番組でも収録ができず過去の再放送

  • 「武漢コロナ」に負けるな!

    桜の季節ですが花見どころではありませんね。新型コロナウイルスの影響で世界中が騒然。2020東京五輪も来年7月に延期。人気タレントの志村さんも力尽きて亡くなりました。不要不急の外出や会合は避けてほしいと政府は国民に自粛を呼びかけて

  • いまの京都「白川」あたり。

    祇園白川あたりは京都の情緒が楽しめる一番のスポットですが、新型コロナウイルスの影響で人影は、まばら。例年なら石畳の道には大勢の人が集まりあちこちで撮影場所の奪い合い。しかし、いまは驚くほど人の姿がありません。あと数日で桜も花開くでしょう。新型コロナの影響

  • 観光客激減の大阪城の梅

    新型コロナウイルスによる感染のニュースがこれでもか、これでもかと報道されています。先ほどもクルーズ船で新たに日本人21人を含む乗客41人が確認され、感染者が61人と発表。そのうち1人が重症というニュース。一日も早く終結して欲しいですね。本来、この時期は「

  • あけまして おめでとうございます。

    不思議なことがあるものですね。元旦の朝から毎日7時になると「日の出」の時間ですよ、という声が聞こえてきます。マンションの14階のベランダから東の空を見上げるとあたりがほのかに明るくなって陽が見えてきます。そんなわけで元旦の「日の出」から毎朝、日の出を撮り続

  • 毎日がXmasの様相ですね。

    毎年毎年、早まるXmasツリーの飾りつけ。街中、Xmasツリーで溢れています。ごらんのXmasツリーは京都駅ビルのもの。見とれている人カメラを向ける人見上げながら足早に歩く人様々です。欧米では正月より盛大に祝うXmas。日本ではキリストに関係なく行事の一つとしてツリーを

  • 奈良・談山神社のモミジです。

    紅葉の名所として知られる大和多武峰の談山神社は境内一面が赤く燃えるようなモミジでいっぱい。訪れた日はちょうど例大祭の日でしたので人・人・人で大賑わい。ゆっくり撮る環境にはなかったようでちょっと残念。                 山の上のほうですのでも

カテゴリー一覧
商用