searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

小春さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ときどき森へ・・・sora日和
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/cocoa3003
ブログ紹介文
写真をどっさり貼って、好きにおしゃべりしております。
更新頻度(1年)

689回 / 365日(平均13.2回/週)

ブログ村参加:2007/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、小春さんの読者になりませんか?

ハンドル名
小春さん
ブログタイトル
ときどき森へ・・・sora日和
更新頻度
689回 / 365日(平均13.2回/週)
読者になる
ときどき森へ・・・sora日和

小春さんの新着記事

1件〜30件

  • 本・中野信子 「空気を読む脳」

    作品紹介・あらすじ職場で、学校で、なぜ日本人は「空気」を読むのか?中野信子さんが脳科学をとおし、初めて日本人の心性と強みを読み解く。「いじめ」「サイコパス」「キレる心」「だまされる心理」など、脳科学から人間を鋭く分析し、対処法をわかりやすく教えてきた中野信子さん。本書では初めて、日本人の脳に迫ります。「醜い勝ち方より美しい負け方が好き」「不倫は懲らしめるべき」「雇うなら体育会系男子という企業意識」「なぜ、イケメンのほうが美人より会社で得なのか?」「今が幸せと感じられないし、将来も不安でしかたない」「同調しないと怖い」――日常のさまざまな現象の背景には脳の影響があります。相手の気持ちを察するのがうまい日本人。それを「空気」を読むといいます。それは、すぐれた協調性、絆の深さ、恩や恥を感じる心にもつながるでしょう。で...本・中野信子「空気を読む脳」

  • 星のや東京 おもてなし・・・ ♨

    エレベーター前にはラウンジがあってお菓子屋やアイスクリームや飲み物が置いてあって、いつでもどうぞ・・・けん玉も置いてあってちょっと遊べる。が、どなたかがいると遠慮して、またあとで・・・2階のロビーでは催し物が・・・この日は琵琶の演奏和菓子とお抹茶和菓子はうさぎ饅頭ここにもお飲み物が用意されていた。お月見の催し・・・日本酒の飲み比べと・・・お月見団子この先では江戸型紙を使ったしおりを作りました。東京の人はまだ使えないgoto・・・割引きないからTシャツ3枚いただいていた。ロビーに出てわかったこと・・・そこにいたのはほぼお若いカップル!星のや東京おもてなし・・・♨

  • フォションのマロンのクロワッサン ☕・・・と、おうち映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」

    栗・・・今だけ!もう一回くらい会えるかしらん毎朝の楽しみは・・・めざましテレビ紙兎ロペ見逃すと、えーーー!Netflixあららら・・・災いが!そんな関所がもし・・・あったとしたら。猫になって猫の気持がわかる?ならば私は・・・フォションのマロンのクロワッサン☕・・・と、おうち映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」

  • 星のや東京 お部屋・・・♨

    案内されお部屋に入ったら夫婦して・・・わっ!思うことは同じ・・・ひっろぉ~い!各フロアに1つだけの一番広いお部屋です。に、ほー・・・!広すぎてあっちとこっちとお気に入りの場所で知らぬ間にソーシャルディスタンス!静かだから会話はちゃんと成り立っていた。温泉にはいかなかったのは私だけ。大きなお風呂だわーいテレビのリモコンはあるけれどテレビがない!何かご質問は・・・の時に聞けばよかった。戸棚を開けたりして見た結果、そうだわ、とスイッチを入れてみたら、目の前の鏡の下方がテレビに!・・・以前、お食事したとあるホテルでトイレに入ったら勝手に蓋がミューンと開いた時と同じくらい驚いた。どでかマンションのちっこいお部屋の我が家より広いかも?って言ったら、調べてんの・・・そして、うちのが広いと喜んでいた。何言ってんだか・・・星のや東京お部屋・・・♨

  • 星のや東京へ・・・ ♨

    息子から・・・ありがとう休日のオフィス街は、シーン!玄関で履物預けて、そのまんまお部屋まで・・・お部屋で着替えて足袋靴下をはく。パジャマとは別に館内着の着物があるのでそれで過ごす。話には聞いていたけれど、近すぎて高すぎてお泊りしようとは思っていなかった。朝食後、あれ?どこ行っちゃった?と話していたら、チェックアウトは済ませたから12時までゆっくりしてきなよ・・・と、お仕事に行っちゃった。忙しい息子ならではの近場お泊りはお食事もサービスもとてもよく、息子ともゆっくり出来て素敵な時間を過ごせた。ちゃぁんと記録しておきましょう。敬老の日の話に、そういえばいくつになったんだっけ・・・あー・・・と!団塊さんは全員70代になったとか・・・私たち夫婦はその下、いろいろ言われていたお気楽世代星のや東京へ・・・♨

  • ポワン エ リーニュのパンたち ☕

    ショコラ十勝アラセゾンフレーズレジェルテあずき久しぶりに東京駅で降りたから、そうそう!と、帰りに寄って来た。界隈、もっと混んでいるかと思っていたのに、そうでもなかった。夜のニュースで高速道路の混雑っぷりをみて、あ、そっか・・・連休だからね。ポワンエリーニュのパンたち☕

  • 本・山口恵以子 「婚活食堂 2」

    作品紹介・あらすじ幸せは食と共にあり。元占い師の女将の美味しい料理と“人を見る力”が常連客の結婚に関する悩みを解決する、人気シリーズ第2弾。読書備忘録第一弾では・・・もはや女性は結婚相手に「三高」など望んでいない。一番多い希望条件は「正社員」だと言う。非正規雇用で結婚している男性は少数派に属する。そして第二弾・・・もらい火で全焼したけれど、家主の厚意で復活。その家主はと言うと、お子ちゃま問題が!かかわっていた結婚相談所のバックには・・・怖い怖い!なんかみんな結婚しちゃう?めぐみ食堂の女将は人気の占い師だった。もうやめているとはいえ、特別なものが備わっているから心強い。私もこの食堂に行きたいわ。白菜と鱈のグラタン・・・私のも美味しいですよ。★★★★☆予約投稿本・山口恵以子「婚活食堂2」

  • 本・恩田陸 「ドミノ上海」

    作品紹介・あらすじ上海のホテル「青龍飯店」で、25人(と3匹)の思惑が重なり合う――。もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく。恩田陸の真骨頂、圧巻のエンタテインメント!読書備忘録562ページ・・・飽きずに読めるか?私!と読み始めたところ先が気になり、なんだなんだ!とほぼイッキヨミ!幻の至珠「蝙蝠」追っかけてドタバタ・・・動物の話がね・・・イグアナダリオのお話に、そんなぁー・・・え?なんだって?浮遊しちゃった?ダリオの成仏について、成仏は仏教語だけれど、神道と風水師に聞いちゃってんの。そして霊は乗り移った。ダリオの次に登場したのは、上海動物公園のパンダの厳厳。このパンダ、実は人間が入っていました。なんてことないよね?ってほど、賢い!厳厳さぁ、さっきブルーシートたたんで置い...本・恩田陸「ドミノ上海」

  • チーズガーデンのお菓子たち ☕

    アウトレットお散歩中・・・あら、那須のお店が・・・ちょっと入って見たら、あら、美味しそうお茶菓子にと買ってきた。のに、ちょっとお味見と言っては私の中へ・・・そしたら、あれ!食べちゃったの?って言うじゃない。全部食べたみたいな言い方に、全部は食べていませんっ!とは言ったものの、時間の問題・・・思い出・・・斎藤洋介さん・・・チ県マ市にはナ県ナ市から引っ越してきて子供たちが幼稚園児から小学生になったところ。坂道をちょっと上ると銀行や体育館や病院やお店がかたまってあった。そこでたびたびお見かけしていた。村上シェフ・・・そこではワンコのお散歩をされていたシェフにもよくお会いした。こんにちはすると、こんにちはと返って来た。お母さん仲間ではよく似ているよね・・・ワンコ!と言っていたっけ・・・zopf(ツオップ)・・・大きな公...チーズガーデンのお菓子たち☕

  • ランチはカプリチョーザ 🍴

    ちょっと用事のドライブがてら寄り道したアウトレットお店ごとに入り口に消毒液が置いてあって、ちょいとのぞくだけでも中に入るとなると、シュッとして入る。入り口に店員さんが消毒液を持って待っているところは、こんなに?ってほどたっぷりかけてくれるから、びしゃびしゃそんなこんなで、こんなに注意しているところは安心だわね、お品触るから・・・なんて思ってお店回りしてきたけれど、特に欲しいものはなかった。なので、すっかりお散歩と化してプラプラしてきた。連休前の平日だからか、がっらがら・・・お食事処も待ち人はいなくどこのお店もすぐに入れそう・・・ってことでお熱を測っての・・・カプリチョーザシェアするメニュー・・・楽しく選んで美味しくいただいた。物欲は失せて・・・食欲は増す・・・ランチはカプリチョーザ🍴

  • 本・白石一文 「君がいないと小説は書けない」

    作品紹介・あらすじ鬼才の叡智、ここに結晶す。自伝的小説、堂々刊行。勤めていた出版社の上司、同僚、小説家の父、担当編集者。これまで明かすことのなかった彼らとの日々を反芻すればするほど、私は自問する。私は、書くために彼らと過ごしていたのか。そして最愛の妻よ。とてつもなく圧倒的で、悲しいほど実感がない君のすべてを、私は引き受ける。神に魅入られた作家が辿り着いた究極の高み。読書備忘録自伝的小説・・・ふーんと読んでいると、そうそう!とかつてのことのお話になる。私もそういう人だから、なるほどね、そんなことがあったんだ。と・・・神ね・・・まぁ神頼みはしますよ。神社に行った時なんか・・・そして一つだけ願いを叶えてくれるとなったら私もこれからは「安楽な死」にしよう。神の話がちょこちょこ出てくるけれど、私は死後の世界って無だと思っ...本・白石一文「君がいないと小説は書けない」

  • 国産のカラーピーマン♪ と、どうでもいいおしゃべり・・・

    お久しぶりのカラーピーマンいつも生協で手に入れている国産カラーピーマン!ここんところ注文してもなかなか手に入らないから、注文をやめていた。が、そろそろいいかな?したら、やってきました。美味しいんだわ、とっても・・・スーパーに行ったらパプリカが平台にどっさりのっていたけれど、外国産!そのスーパーで、なんだよまっすぐ歩けよ!とどなり声が聞こえた。その声に負けず、はぁ!?とも聞こえた。ちょっと待ってくださいね、そこにあるお品をかごに入れると私のお買い物は終了するんですが・・・なので構わずお品を取ろうとしても、先に怒鳴った親父がどかない。どなられた若い奥さんは、へでもない!と思っているかどうかは知らないけれど、こちらもどかない。ちょっといいですか?とお品を取ってレジに行ったから、その後どうなったかは知らないけれど、その...国産のカラーピーマン♪と、どうでもいいおしゃべり・・・

  • ファミマのミックスサンドBOX・・・と、おうち映画「ビブリア古書堂の事件手帖」

    美容室へ・・・ずっと東京の美容室に行っていた。ところがコロナ!お年のこともあるからと、毎度大混雑の眼科も東京から移ったことだし、そろそろ美容室も・・・ってことで、今回で3回目!1回目は、カットとカラー、2回目はへたっぴに自分で染めちゃったからカットだけ・・・で、今回はまたカットとカラー・・・お値段は東京の美容室よりお高いの2回目までは割引があったけれど、3回目からは通常・・・ぴらぴら2枚が飛んでいった。で、思い切り慌てた。なので、このままショートにしているなら、ほかの美容室へ・・・もしくは美容室には行かないでのばしてアップにする・・・あとは、美容室はそのままでカットだけにしてお染めは自分でする。思案中!そして、帰りには銀行に行って記帳!これ私の大切なお仕事となっているのと、今、記帳しないとであちこちの銀行へ・・...ファミマのミックスサンドBOX・・・と、おうち映画「ビブリア古書堂の事件手帖」

  • ときどき森へ・・・映画3本

    食堂かたつむりこれはもうなぜかずいぶん前にDVDを買って森の家に置いてある作品ブヒ!byエルメスそのエルメスがね・・・🍴種まく旅人へぇー・・・海苔ってこうしてできるんだ。知らなかった。大変なお仕事・・・大事に食べよう。コンフィデンスマンJPロマンス編これはこれは・・・ただただ面白かった。🌳森の家で夫は仕事、私は暇・・・映画でも与えておけば静かにしていると思っているんでしょ?その通~~~りっ!ってことにしておきます。9/3~6ときどき森へ・・・映画3本

  • メルヘンの南アルプス産シャインマスカットサンド ☕

    1月にとれてしまった奥歯のそれ!・・・先週になって歯医者さんに行った人。どのみち今度取れたら作り直しますよー!って言われていたから、半年以上ぽっかり空いた歯で過ごしていた。まだ行ってなかったのかっ!?って夫からの久しぶりの叱られ感。そんなこんなで先週、半年以上ぶりに歯医者さんで型をとって、昨日はめてきた・・・以上また何かあったら来てください。2回でおしまいっ!以前住んでいたところの歯医者さん。ちょっとだけ電車に乗るから、ただじゃ帰らない。エキナカでお買い物で、メルヘンっ!まさか夫が帰っているとは思わなかったから・・・うっかり見せたら、うまそっ!え、食べたいの?に、珈琲淹れようか?食べる気満々だな!仕方ないから半分こして、美味しいね!っていただいた。そんでもって・・・空夕方の空に、お!っとして、パチリした。メルヘンの南アルプス産シャインマスカットサンド☕

  • 本・角田光代 「物語の海を泳いで」

    作品紹介角田光代が読んだ、至福の400冊!「本のなかに書かれた言葉、そこで起きたできごと、そこで生きる人々、そこに漂う空気を五感と感情で体験すること、それが、本を読む、ということなのだ」心に残る、あの本この本を、なんと400冊!直木賞作家・角田光代のとびきりの読書案内。全三章の構成。第一章「物語に出合う」――少女時代に読んだ『長くつ下のピッピ』『100万回生きた猫』から、太宰治・林芙美子・開高健・向田邦子、そして大島弓子・岡崎京子の漫画作品までを愛をこめて描く、感動的なエッセイ16篇。第二章「心に残る、あの本この本」――ジョン・アーヴィング、イーユン・リー、ベルンハルト・シュリンク、ミランダ・ジュライから井上荒野、伊坂幸太郎、江國香織、奥田英朗、桐野夏生、佐野洋子、橋本治、吉田修一、綿矢りさ、など、小説からエッ...本・角田光代「物語の海を泳いで」

  • 高原のブルーベリージャム・・・♪

    ブルーベリージャムができました。と信州上田の飯島商店からメールをいただき、早速と言いたいところ、”ときどき信州”の折にスーパーツルヤさんで調達していたから、それを食べ終えてからのお取り寄せとなった。美味しいっ!いつもヨーグルトと一緒に食べていたところ、ある日テレビに出ていた女医さんが、子供の離乳食にオートミールをヨーグルトに一晩浸して食べさせているついでに、自分も食べている。とか言っていた。我が家も息子たちの離乳食にオートーミールを牛乳に浸して食べさせていたけれど、こんなまずいものよく食べるな?なぁんて思いながら食べさせていたお母さんです。なので、女医さんの話に・・・そっか、ヨーグルトに一晩ね?と、食いついた。で、やってみた。朝、その柔らかくなっているヨーグルト漬のオートミールにジャムを入れて食べたら、いける!...高原のブルーベリージャム・・・♪

  • お花を携えて・・・💐

    義母はレオナールを着る人だった・・・お花屋さんの仏花売り場でかわいらしい束から選んでいたら・・・こっちの方がいい!と派手な花束に言ったの・・・えー・・・これ?こんな感じだろ?そう言えばそうだけどー・・・さすが息子だ!秋のお彼岸に、こちらには行けそうもないから・・・行ってきた。7月は実母の新盆だったこともあり、小ぶりのヒマワリをどっさり持って行った。すごくいい場所だよね?と東大横池之端の寺町にある私の実家の菩提寺をほめるのに、めったにそこには行かない夫が、仏花コーナーで選ばなかった私にお墓なのに?って言ったから、そうだよ、仏花コーナーでは買わないよ。素敵なの束にしてもらうの・・・と言ったんだっけ・・・婚家のお墓には入らない。って言うか・・・お墓参りはせっせとするけれど、お墓自体に入らないのよ。私・・・お花を携えて・・・💐

  • ランチは銀座アスターで・・・♪

    サンラータン麺・・・パクチー抜きパクチー苦手な人・・・前回お店のお姉さんが楽しい方で、パクチー入り!ってぺらっと言ってくれたおかげで、私が、じゃダメだ!って言ったら、抜きましょうパクチー、パクチー抜きのサンラータン麺でね。なので、今度は初めからパクチー抜きでお願いします。と・・・私がお肉が入っていたのを見つけた時に、ホイッ!あげる・・・ってするように、ホイッ!ってパクチーが私のところにやってくるんだけれど・・・お姉さんのおかげです。さて、私はふかのひれ麺中止になり払い戻したコンサートのチケット代金は、これでほぼなくなった。今度は自腹で・・・って、わけわからない事をつぶやいてみた。今朝・・・おはよー♪と、窓を開けたら、わ!涼し~い!そういえば夕方、マンション中庭のコオロギに秋だねーって言ったんだっけ・・・いろんな...ランチは銀座アスターで・・・♪

  • 本・井上荒野 「よその島」

    内容紹介離島へと移住を決めた芳朗と蕗子、そして夫妻の友人・野呂。人生の終盤で実現した共同生活の滑り出しは順調に見えるが、3人はそれぞれ不穏な秘密を抱えていて…。長編小説。『読売新聞』連載を単行本化。読書備忘録離島に移住した碇谷芳朗と蕗子夫婦と野呂晴夫が交互にお話ししています。離島と言っても東京C空港から飛行機で30分ほどの島だからC空港とは調布で離島は伊豆七島のどれかなのでしょう。と思った瞬間、そっか、飛行機で行けばいいのよ。とっても若い頃、竹芝桟橋からお船に乗って荒海に繰り出していたのは、もう無理だわと思っていたから・・・そうそう飛行機って手があったのです。なるほどね・・・のっけからとんでもないところに食いつきました。三人のほかに住み込みの家政婦とその子供、俳優のショーン過足も重要ね。そのショーンは読んでいる...本・井上荒野「よその島」

  • 木村屋總本店のパンたち・・・☕

    桜あんぱんけしあんぱん小倉あんぱんピーナツコロネ手包みビーフカレーパン今、駅にいるけど何か買っていこうか?あらそ?んじゃ・・・木村屋の桜あんぱんお願い!ほい!ともらって、あっらまぁーいろいろ買ったのね?したら買ってきた本人が、ほぼ半分食べた。そして今朝・・・散歩行くよ!と起こされた。どうぞ、おかまいなく・・・と思ったけれど、まだ日が出ていなかったから、付き合った。2㎞ほど歩いたところでギンギラギンになってきたので、気温は上がっていなかったけれど、おしまいにした。そして今・・・大阪なおみ選手が優勝したとテロップが出た。おめでとー木村屋總本店のパンたち・・・☕

  • 佐久市近代美術館へ・・・植物図鑑展

    お散歩中チラシをいただいた。だけど、その時は行くところがあったので、翌日行った。お熱測って、シュッ!して・・・あ!と惹かれたのは中川一政の作品だった。夫は奥村土牛そういえば、ちょっと行ったところに奥村土牛記念美術館がある。以前一度行ったことがあった。その時はどこかの帰りだったので、閉館時間ぎりぎりだった。なので又の機会に・・・ってことで、ずっと行っていないの。今度は行くんじゃない?9/3~6佐久市近代美術館へ・・・植物図鑑展

  • サーターアンダギー ☕

    夜さんぽ帰りにそこのスーパーに寄ることがある。その頃インストアベーカリーは3割引きの時間になっていることや、もうちょっと遅くなると5割引きになる。もっともほぼ空っぽなのだけれど・・・おや?どした?5割引きの時間にわんさかパンが残っていた。そんなもんでサーターアンダギーを連れ帰った。CMお漬物のCMを見た時に・・・へ?あれやってくれた?あれは?・・・やってないご主人にまったくもー・・・ご主人が、その漬物は買ってある。ってなことを言うと奥さんが「そういうとこ好き!」ってなことを・・・笑えた・・・私だ!持ち上げといて落とす!これ得意技。落としておいて拾い上げるのもまた、得意!テレビから流れてきたのは、新たな商業施設ができました。ってこと・・・初めは珍しいし楽しそうだからわいわいなるんでしょ?ってことは、既存の商業施設...サーターアンダギー☕

  • ときどき森へ・・・ポケモンgoで遊ぶ!

    仕事中の夫の邪魔をしないよう外に出てぷらぷらはしたけれど・・・そうだわ!と思っても私のスマホではなかなか電波を捕まえられない。なので捕獲済みのこの子たちを・・・おいで、おいで!森で遊ぶモンスター・・・これ・・・結構楽しっ!と言うか、相当楽し~~~い!9/3~6ときどき森へ・・・ポケモンgoで遊ぶ!

  • ランチはステーキ宮で・・・ 🍴

    お久しぶりすぎ・・・いつまであったんだっけ?ビシソワーズ!なんて思っていたから行ったの。そのビシソワーズとコーンスープを・・・☕サラダはバーだけど、そうではなく前っからのが復活していたのか?自分で取りに行かなくていいサラダですか?と聞いて、お願いした。タレとスープは取りに行くから・・・マスクして、おいてある使い捨てのビニール手袋を使ってね。お食事中、ジャズの流れている静かな店内に、突然にぎやかなおしゃべりと、大きな笑い声が響いたから、ちとびっくりした。お席離れているから大丈夫よね・・・こんな心配をしなくてはならない世界になっちゃったんだねーやだねーそんなこんなで、楽しく美味しくいただいてきました。ランチはステーキ宮で・・・🍴

  • 本・宮部みゆき 「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」

    作品紹介・あらすじおちかに代わり三島屋次男坊・富次郎が新たな聞き手に。心揺さぶる極上の江戸怪談、新章突入─。宮部みゆきのライフワーク最新刊!読書備忘録泣きぼくろマッキーのキャップを閉める時に失敗し、指に黒い点が付いた。それを見て、あ!・・・よかった、泣きぼくろの位置じゃなくって・・・何言ってんだか。姑の墓いやいや!姑は死してもまだやるか!花の恐怖に富次郎言った。それを聞いていたお勝は「お見事でございました」褒めましたね。同行二人ゾゾゾ!事情が分かれば、気味悪いわねーの、小刻みに首を上下に振りながら付いてきていたのも、襷も、そっか・・・実家ご近所の亀戸天神や船橋屋のくずもちに、あら!飛脚のお仕事も、なるほど・・・そんな大切なものも走って運んでいたのね。山賊も同行者がいればね。黒武御神火御殿世の中にはもっと悪い奴が...本・宮部みゆき「黒武御神火御殿三島屋変調百物語六之続」

  • ときどき森へ・・・ちゃたまやのWシュー ☕

    お久しぶりすぎ・・・毎度話に出るけれど、いつも混んでいたからお店に入れるかしら?と、行かずに諦めていた。今回は平日のお昼過ぎ・・・やはりそれなりに入っていたけれど買ってきちゃったわ~い!美味しかったわ~い9/3~6ときどき森へ・・・ちゃたまやのWシュー☕

  • ときどき森へ・・・公園へ ♪

    これ、いつポロリと落っこちるのだろう?と楽しみにしている。市民憩いの場施設も充実している大きな公園ここですごい走りをしている軍団を見た。指導者がいたから学生さん?短距離選手?美しいフォームで走っていたのだ。速っ!ビュンと通り過ぎた。とんでもない選手を輩出している駅伝で有名な学校がある。ただの市民ランナーっぽい方がここを走っていても、走る姿が美しいから、ん?とみてしまう。そして走ろー・・・してヤメトケと止められた。だいたい走っているのにお散歩ですか?て言われた人だから、止めたのは賢明です。ゴジラかぁー・・・邪魔にならないように遊んでみました。モンスターと・・・大きすぎて広いところじゃないと遊べないのね。ときどき森へ・・・公園へ♪

  • きのとやの焼きたてチーズタルト ☕

    夕食後・・・歩こう風が吹いていたから少しは涼しいかな?行こっか・・・適当に動いている私は結構歩数はかせいでいるからいいのだけれど、と思いながらお付き合いした。ご近所ほぼ1kmを2周昼間買い物はしているからスーパーに用はないはずなのに、寄り道をして北海道の美味しいものを連れ帰った。冷凍のお品だから帰るなり冷凍室にちんまり・・・何度も食べてるから美味しいのは承知の助・・・そのうちね。北海道も!きのとやの焼きたてチーズタルト☕

  • 本・原田マハ 「〈あの絵〉のまえで」

    内容(「BOOK」データベースより)どこかの街の美術館で小さな奇跡が今日も、きっと起こっている。人生の脇道に佇む人々が“あの絵”と出会い再び歩き出す姿を描く。アート小説の名手による極上の小説集。読書備忘録とっても素敵なお話が詰まっていた。特によかったのは・・・「豊饒」同居している息子夫婦と二人の孫にも疎まれたのが理由で思い切って家を出たスガワラさんが隣に越してきた。このスガワラさんがいい!とってもいい!引っ越しのご挨拶が、この年になって、ひとり暮らしは初めてなの・・・おひとり様同盟組んじゃいました。そして引っ越しのご挨拶にいただいた美術館のチケット!「さざなみ」ひとつの絵の前で離れられなくなったこと・・・あります。直島のその方は、あの社長さんではないですか?学生時代そこでアルバイトをしていました。当時は錦糸町か...本・原田マハ「〈あの絵〉のまえで」

カテゴリー一覧
商用