chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ランズエンド https://www.road-to-landsend.net/

鹿島アントラーズの応援が生き甲斐の40代です。2016年に未破裂脳動脈瘤の手術を受けた後は、家族とサッカーとコーギーを大切に平和に暮らしています。

読んだ本と漫画の備忘録として始めたブログですが、2016年に未破裂脳動脈瘤の手術・入院・休職を経験してからは、その経験もまとめています。 また、リーグ元年にジーコのプレーに魅せられて以来の鹿島アントラーズファンです。それから、最近は球場に行く回数は減りましたが、クロマティが居た頃からジャイアンツのファンでもあります。 飼っているコーギーのことを紹介するなど、40代の中年が書くゆるゆる日記です。

lands_end’s blog
フォロー
住所
神奈川県
出身
神奈川県
ブログ村参加

2017/01/31

arrow_drop_down
  • ジーコと共に~2024年J1第22節(勝利)鹿島VS 札幌戦!誰もが待ち焦がれた師岡のゴール!!~

    2024年7月6日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムにコンサドーレ札幌を迎え、2024年J1第22節を戦いました。 前節、昨年王者に敵地で完敗。悔しいけど、差を感じる敗戦でした。 ホームに戻り、気を取り直して5試合ぶりの勝利を目指すアントラーズ。 しかし、中盤の底でチームを支えていた佐野がドイツのマインツへ移籍してしまい、布陣や戦術がどうなるのか? 期待と不安を抱きながら迎えた再出発の一戦でした。 結果は・・・ ようやく!本当にようやく!! 師岡がプロ初ゴール決めて勝利に貢献!!! 2024年J1第22節(ホーム)鹿島VS札幌戦の記録を残しておきます。

  • ジーコと共に~2024年J1第22節(試合前)鹿島 VS 札幌戦!ふたたび力強く前進するために!!~

    2024年7月6日、鹿島アントラーズはカシマスタジムにコンサドーレ札幌を迎え、2024年J1第22節を戦います。 前節、アウェイ神戸戦では屈辱の逆転負け。その直後には鹿島の中盤で相手ボールを狩りまくってくれた佐野海舟の海外移籍による離脱が発表。 首位町田との差は5となりました。 遠くはないけど、今年の町田を観ていると近くはない。 だからこそ、今の鹿島が地力で優る相手には、絶対に勝たなくてはいけません。 4戦勝利なしからの脱却は、鈴木優磨のプレーに掛かっています。 2024年J1第22節 鹿島VS 札幌戦を前に想うことをまとめておきます。

  • ジーコと共に~2024年J1第21節(敗戦)鹿島VS 神戸戦!佐野の背中にプロ意識を見た!!~

    2024年6月30日、鹿島アントラーズはヴィッセル神戸のホームに乗り込み、2024年J1第21節を戦いました。 3戦勝ちがない中で、昨年王者のホームに乗り込み・・・見事に返り討ちにあってしまった。 負けたのは悔しくて仕方ないが、今シーズン初めてこの感情を抱きました。 「こりゃあ、強いな・・・」 手も足も出ないではなかった。鹿島もやりたい事はやれてる。 でも、根本的な部分でのクオリティがやはり高い。 選手達にとっても、日々の練習で何を意識すべきなのか?がハッキリとしたのであれば、今後に繋がるような気がします。 久しぶりの敗戦となった2024年J1第21節(アウェイ)鹿島VS神戸戦の記録を残してお…

  • ジーコと共に~2024年J1第20節(引分)鹿島VS G大阪戦!勝ちにこだわって欲しい!!~

    2024年6月26日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムに好調のガンバ大阪を向け、上位対決となった2024年J1第20節を戦いました。 18節はホームで新潟に追いついてドロー。19節はアウェイで浦和に追いつかれてドロー。 2試合共に負けていないことは悪いことではないが、勝点換算では1勝1敗よりも少ない訳であり、ホームに戻ってガンバとの上位対決を制して、一歩前に出て欲しいと願いながら応援していました。 しかし・・・ここ数試合の映像の録画を観ているような展開で、前半のチャンスに決めきれず、後半になると攻められて、攻められて・・・ 幸いこの日は何とか凌ぐことが出来たという感じでした。 真夏の…

  • ジーコと共に~2024年J1第19節(引分)鹿島VS 浦和戦!シュートはゴールへのパスでしょ!!~

    2024年6月22日、鹿島アントラーズは浦和レッドダイヤモンズのホームに乗り込み、2024年J1第19節を戦いました。 前節は、ホームで5連勝を掛けて新潟と戦いましたが、新潟の術中に嵌ってしまい、何とかドローに持ち込んで勝点1をゲットしました。 負けなかった!それを足掛かりに再度連勝街道を歩むには、浦和に勝ってリスタートはこの上ない勢いが付くと思い応援していました。 すると、歌詞が試合早々に先制し、前半終了間際に追加点まで手にするなど、前半は試合をコントロールしていました。 しかし、終わってみればなんと追いつかれてのドロー。 ヴェルディ戦に引き続き、リードしておきながら勝ちきれない。 2試合で…

  • ジーコと共に~2024年J1第18節(引分)鹿島VS 新潟戦!藤井に心からのエールを!!~

    2024年6月17日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムにアルヴィレックス新潟を迎え、5連勝を掛けて2024年J1第18節を戦いました。 新潟は前節、首位の町田を叩いてくれた感謝すべきチームだけど、今節は絶対に勝たないといけない相手で・・・ でも、多くの識者が「簡単な相手ではない」と発信しているので、少しでも力になれればと思って、息子を誘って(ハラミメシで釣った)スタジアムに駆け付けました。 試合は・・・新潟は確かに上手かったけど、それ以上にアントラーズの選手の動きに違和感が多く、最後まで「爽快感」を伴う波状攻撃を繰り出すことが出来ぬまま終了となりました。 負けなくて良かった・・・とも…

  • ジーコと共に~2024年天皇杯2回戦(勝利)鹿島VS 奈良クラブ戦!柴崎岳の凄みと1人の若鹿デビュー!!~

    2024年6月13日、鹿島アントラーズはカシマスタジアムに奈良クラブを迎え、2024年天皇杯2回戦を戦いました。 シーズンが始まって3か月が過ぎ、最近ではチームとしての戦い方が浸透した結果、スタメンでプレーしている限りは「簡単には負けない雰囲気」が漂い始めた鹿島ですが、どうしても選手層の薄さがこれから訪れる夏を乗り切れるか不安にさせるので、天皇杯の序盤戦はとても大切だと思っていました。 だから、どこまでメンバーを変えてくるのかと期待と不安でドキドキしながら観戦しましたが、結果は、スタメン組も惜しみなく投入した鹿島が、点差は僅かでしたが「内容では圧倒」して勝利を収めました。 2024年天皇杯2回…

  • BHAFC~2023-24プレミア!ブライトン7年目のプレミア終了!野戦病院の1年間でした!!~

    ブライトンの7年目のプレミア航海が終了しました。 2017-18シーズンからプレミアに参戦したブライトン。 苦労を重ねながらしぶとく生き抜いたチームは、昇格から僅か6シーズン目にしてEL出場権を手にしました! しかも三笘が大活躍して日本でもブライトンが大人気に!! 20世紀末のどん底だったチームを、現地で応援したことがある自分としては、信じられないと言うか、嬉しいと言うか、誇らしいと言うか、色んな感情が沸き上がる中で迎えた7年目のシーズンでした。 シーズン終えて頭に浮かぶのは、このワードしかありません。 野戦病院 正直、2023-24シーズンのブライトンほど、このワードが当てはまるチームは記憶…

  • ジーコと共に~2024年J1第17節(4連勝)鹿島VS 横浜FM戦!樋口のキックが戻ったぞ!!~

    2024年6月1日、鹿島アントラーズは国立競技場に、オリジナル10の同期としてJを盛り上げてきた横浜FMを迎え、2024年J1第17節を戦いました。 5月は序盤の山だ!と、選手もサポーターも気合を入れて挑んだ結果、ルヴァンは町田に敗れて敗退したものの、リーグ戦はなんと無敗!で走り切りました。 この勢いを切らさないで欲しい・・・昨年ダブルを喰らった広島、神戸に勝ったのだから、マリノスも打ち破って欲しい! そう願っていたら、最高の勝ち方で、首都の空にオブラディオブラダを響かせてくれました。 2024アントラーズの歩みに手応えを感じる一戦となった2024年J1第17節(ホーム)鹿島VS横浜FM戦の記…

  • ジーコと共に~2024年J1第16節(勝利)鹿島VS 札幌戦!縦パス一本に思わず声が出た!!~

    2024年5月25日、鹿島アントラーズはコンサドーレ札幌のホームに乗り込み、2024年J1第16節を戦いました。 5月は序盤の山だ!そう思っていたが、苦手意識のあった広島と神戸に連勝!しかし、町田には敗れてルヴァンは早くも敗退となってしまった。 何とも形容しがたい状況の中、中2日でアントラーズの選手は北の大地へ。ここで勝つか、引きずって負けるか・・・。 相手は今シーズン守備が崩壊気味の札幌とは言え、札幌の監督は鹿島を良く知るミシャ監督・・・。 少々、不安を抱えながらの観戦となりました。 前半、「札幌のプレーは荒過ぎないか?」そう思ってイライラが募る中、前半終了間際に、鹿島が札幌ゴールをこじ開け…

  • ジーコと共に~2024年ルヴァン3回戦(敗退)鹿島VS 町田戦!前を向くしかない!!~

    2024年5月22日、鹿島アントラーズは町田ゼルビアのホームに乗り込み、2024年ルヴァン3回戦を戦いました。 リーグ戦で負けた相手に、そうそう何度も負けるわけにはいかない!選手も監督もスタッフも、そしてサポーターも、気合を入れて挑んだ町田戦。 本当に、本当に、悔しい・・・ 誰が出ても~の名言を奪われる結果となってしまいました。 ショックで悶々としているのですが、リーグ戦が迫っているので、2024年ルヴァン3回戦(アウェイ) 鹿島VS町田戦の記録だけ残しておきます。

  • ジーコと共に~2024年J1第15節(勝利)鹿島VS 神戸戦!勝利がチームを強くする!!~

    2024年5月19日、鹿島アントラーズはホームであるカシマスタジアムにヴィッセル神戸を迎え、2024年J1第15節を戦いました。 天王山と称される試合は年に何度か訪れるもので、第15節のホーム神戸戦は、そんな試合の1つでした。 鳥栖戦の大敗の後、5試合負けなしで調子を維持している鹿島。序盤戦の不調の後、4連勝で首位に躍り出た神戸。 2023年シーズンにおいては、鹿島はホームで、しかもジーコが見守る中で、1-5の無残な敗戦を喫しましたし、アウェイでも力負けを喫していました。 そして鹿島はホームで神戸に2012年以降勝てていない・・・。 自分達の進化に自信を持つためにも・・・そして悲願のタイトル奪…

  • ジーコと共に~2024年J1第15節(試合前)鹿島 VS 神戸戦!そろそろホームで勝ちましょか!!~

    2024年5月19日、鹿島アントラーズはカシマスタジムに首位のヴィッセル神戸を迎え、2024年J1第15節を戦います。 2012年以降、カシマスタジアムでは神戸相手に勝利を手にしていない。ここ数年、神戸戦が近づくとこの事実を思い出し、不思議な気持ちになる。 だって、2022年までの神戸には、それほど苦手と言う感覚がなかったから。 でも、事実として勝っていないので、何かしらの巡り合わせの悪さがあるのは間違いないのでしょう。 そんな相性が悪い神戸ですが、今年は何としても叩かないといけない。 2023年の5失点の屈辱のリベンジもあるし、首位を追うチームとしては直接対決、しかもホームで負ける訳にはいき…

  • ジーコと共に~2024年J1第14節(勝利)鹿島VS 広島戦!凄いよ海舟!!惚れるよチャッキー!!!~

    2024年5月15日、鹿島アントラーズはサンフレッチェ広島のホームに乗り込み、2024年J1第14節を戦いました。 前節のヴェルディ戦の衝撃はそう簡単には癒えないと思っていました。でも、選手や監督は、やっぱりプロだ。 忘れ去るんじゃなくて、払った高い代償を、しっかりと血や肉にして広島戦の勝利に結びつけました。 改めて・・・やっぱりアントラーズの選手は素晴らしいなぁ~と実感しました。 私はストレス耐性が低いので、前半の終盤から後半の終盤まで、ほぼ30分近くに渡って胃がキリキリと痛み、息も絶え絶えになっていました。 前を向いて戦い続ける選手達が素晴らしかった2024年J1第14節(アウェイ)鹿島V…

  • ジーコと共に~2024年J1第13節(引分)鹿島VS V川崎戦!3得点からの3失点!!笑顔が渋面に!!!~

    2024年5月12日、鹿島アントラーズはカシマスタジムに昇格組のヴェルディを迎え、2024年J1第13節を戦いました。 試合の2日前にジーコがチームに合流。試合前にはジーコとラモスの対談。16年ぶりにカシマスタジムに響くヴェルディの応援。 負けられない一戦。三つ子の魂百までではないが、あの時の屈辱は、何度勝っても晴れない! とばかりに試合前からヴェルディとの対戦をクラブは盛り上げました。 そんな雰囲気が、アントラーズを後押ししたのか・・・そんな雰囲気が、ヴェルディを委縮させたのか・・・ 終盤まで3-0と快勝ムードでしたが、終わってみればまさかのドロー。 スタジアムまで足を運べず、Daznでの観…

  • ジーコと共に~おかえりなさいジーコ!首位奪還へ最高の援軍を得ました!!~

    2024年5月10日、アントラーズからレジェンド帰宅の報せが届いた。 ブラジルからジーコが帰ってきた! View this post on Instagram A post shared by 鹿島アントラーズ Kashima Antlers (@kashima.antlers) www.instagram.com リーグ第13節のヴェルディ戦直前に、ジーコがチームに帰ってきた。 2023年はチーム合流直後の試合はあの神戸戦で・・・怒りと言うよりも、寂しそうな顔をしていて心が痛みました。 だから・・・2024年は何としても最高のプレーを見せないといけない。アントラーズの選手として戦う姿を…

  • ジーコと共に~2024年J1第12節(勝利)鹿島VS 柏戦!チャッキーゴール!!3連勝で3位浮上!!!~

    2024年5月3日、鹿島アントラーズは柏レイソルのホームに乗り込み、2024年J1第12節を戦いました。 2024年のGWが始まる前、今年のGW3連戦はとても重要になると考えていました。 ポポ監督と歩む道が途中で断絶しないように、性急に結果だけを求めても仕方ないけど、でも、前進している実感をクラブもサポも感じなければ・・・また。 そう思っていたので、決して調子が良いとは言えない相手との3連戦。昨今、苦手にしている過密日程での3連戦。 この3試合を、ちゃんと得点しつつ負けなしで乗り切ることで、改革を継続できると思っていたのですが・・・。 選手と監督は、最高の結果をサポーターに披露してくれました。…

  • ジーコと共に~2024年J1第11節(勝利)鹿島VS 湘南戦!ホームで快勝!!オブラディオブラダを踊る!!!~

    2024年5月3日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムに湘南ベルマーレを迎え、2024年J1第11節を戦いました。 前節のガンバ戦、苦しみながらも新人濃野の3戦連発で勝利を手にして、ようやく戻って来たカシマスタジアムは、鹿島サポーターが大勢集まっていました。 我が家も家族総出でしたが、GWと言うこともあり、とにかく凄いサポーターの数。しかも、小さな子供を連れた家族連れの多いこと! クラブにとって大切な未来のコアサポーターの卵に、スタジアムの楽しさを味わってもらう取り組みがスタジアム外で行われていましたが・・・。 やっぱり、一番の肝はフットボールの面白さ、凄さを実感してもらい、得点時や勝…

  • ジーコと共に~2024年J1第11節(試合前)鹿島 VS 湘南戦!ホームで連勝を飾りましょう!!~

    2024年5月3日、鹿島アントラーズは4月中旬から続いたアウェイ連戦を終え、ようやくホームであるカシマスタジアムへ戻り、湘南ベルマーレを迎えて2024年J1第11節を戦います。 大阪の地で得た勝利から、今のアントラーズの選手層と選手のコンディションを考慮した最適解が見えてきたします。 それを確たるものとするため、今シーズン負けなしのホームで連勝を飾りたいところです。 第10節のガンバ戦から中3日なので、リカバリーがちゃんと出来ていれば、疲れはそれほど蓄積していないはず。 もっとも、気温が20度を超えるようなので、ベンチメンバー選択とその起用タイミングに「監督の腕」が問われるとは思いますが・・・…

  • ジーコと共に~2024年J1第10節(勝利)鹿島VS G大阪戦!新人SB濃野の3戦連発がチームを救う!!~

    2024年4月28日、鹿島アントラーズはガンバ大阪のホームに乗り込み、2024年J1第10節を戦いました。 前節に鳥栖で大敗を喫してから、1週間の間が空くので心身共にリフレッシュして欲しいと願っていましたが、その願いがどうやら通じたようです。 攻守に渡って献身的に動ける2列目を並べて・・・1トップの鈴木優磨が下がる必要性を感じさせない布陣で・・・ そして、2CBと2ボランチのボックスの守備力に再点火させることで、両SBが迷うことなく前線に駆け上がれるようにしたことで・・・ 守備力も上げつつ、鹿島の攻撃力を上げることに成功。 連戦、しかもアウェイ3連戦目でしたが、大切なGW連戦の初戦を見事に勝利…

  • ジーコと共に~2024年J1第10節(試合前)鹿島 VS G大阪戦!改革継続に希望の光を!!~

    2024年4月28日、鹿島アントラーズはアウェイ3連戦の最終戦を戦うべく、ガンバ大阪のホームへ乗り込み2024年J1第10節を戦います。 前節鳥栖戦での敗戦はショックだった。 だけど・・・日程的な点や現在のチームの取り組みを考えると、このような敗戦になってもおかしくはないと感じていたので、お先真っ暗な感じはしませんでした。 とはいえ・・・2024年のGWはこのチームにとって重要な3試合になると思います。28日のアウェイ・ガンバ戦、3日のホーム・湘南戦、6日のアウェイ・柏戦 3連勝して欲しいとは思う。だが、現実はそう甘くは無いだろう。 ホームでの勝利は死守!アウェイでは大敗阻止!! そして最後ま…

  • ジーコと共に~2024年J1第9節(敗戦)鹿島VS サガン鳥栖戦!2024年の九州は鬼門だな・・・!!~

    2024年4月20日、鹿島アントラーズはサガン鳥栖のホームに乗り込み、2024年J1第9節を戦いました。 4月13日にホームで京都戦、中3日の17日に八戸でルヴァン2回戦を120分、そして中2日で今度は九州は佐賀県でリーグ戦・・・。 こういう日程は別に今までも無かった訳ではない。ただ、何故にルヴァン2回戦の日程はばらけたのだろう?公平さに欠けるし、せめてリーグ鳥栖戦を日曜に開催にすればよかったの・・・と思わんでもありません。 まあ、色々と大人の事情とか言うのでしょうが。 個人的には、日程の不利はあるけど何とか連勝を飾って欲しいと思いましたが、ちょっと相手が気になっていました。鳥栖は今シーズンは…

  • ジーコと共に~2024年ルヴァン2回戦(勝利)鹿島VS 八戸戦!あ~んざい♪あ~んざい♪あんざいこ~き!!

    2024年4月17日、鹿島アントラーズはヴァンラーレ八戸のホームに乗り込み、2024年ルヴァンカップ2回戦を戦いました。 今年からレギュレーションが変わったルヴァンカップ。J3まで参加する代わりに、グループステージと言う概念が消滅。 1回戦からトーナメント方式になりました。 つまり・・・たった1回の敗戦で早々に一つのタイトルを失うと言う事だ! 判ってはいたけど、やはり1発勝負は怖いなぁ・・・ と思っていたら、案の定、終盤まで震えあがる事態になりました。 そんなアントラーズサポーターを救ったのは・・・ 安西幸輝でした。 未だ、コロナの影響でフラフラしとるので、試合の結果だけでも記しておくとします…

  • ジーコと共に~2024年J1第8節(勝利)鹿島VS 京都戦!連敗脱出!!若鹿達が躍動した!!!~

    2024年4月13日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムに京都サンガを迎え、2024年J1第8節を戦いました。 博多の森で敗戦、出直しを狙った国立でも敗戦して連敗。 自分たちの取り組みを継続させるためにも、ホームで勝利が欲しかった試合。 苦しんで苦しんで ようやく3試合ぶりにスコアを動かすことに成功しました。 まだまだ、課題は多いけれど、若鹿達の活躍はその不安を払拭するようなモノであり、先々に光を感じさせてくれました。 喜び勇んで記事を書こうとしていたら・・・ 人生2度目のコロナに! 子供が園で頂戴したウイルスが家庭内で蔓延しグロッキー・・・ ブログってのは・・・元気で無いと書けないと…

  • ジーコと共に~2024年J1第8節(試合前)鹿島 VS 京都戦!鹿島の改革を継続するためにも勝利を!!~

    2024年4月13日、鹿島アントラーズは3試合ぶりにカシマスタジアムに戻り、京都サンガを迎えて2024年J1第8節を戦います。 この数年、試行錯誤を繰り返しているチーム改革。2024年は何とか船出を無事に終えたと思った矢先に2連敗。しかも2試合連続で無得点。 そうなると、どうしても成功体験が薄くなってしまったチームなだけに、今の歩みがこのままで良いのか疑問を感じるようになってしまいます。 でも、今年はよろめきながらも一歩、また一歩と、可能性を感じさせる歩みを見せていたので、サポーターとしては信じて応援したいところです。 気持ちを前面に出せる選手を中心にして、エンジンに再点火して欲しい。 序盤に…

  • ジーコと共に~2024年J1第7節(連敗)鹿島VS FC東京戦!勝点をしぶとく取れるチームに戻ろう!!~

    2024年4月7日、鹿島アントラーズはFC東京のホームゲームを戦うため、国立競技場に乗り込み2024年J1第7節を戦いました。 ホームで連勝し、勢いにのって3連勝、4連勝と突き進んで欲しいと願っていたのですが、博多の森で返り討ちに遭い、出直しを狙った首都の地で張り倒され、本当に悔しい数日間となってしまいました。 無念としか言いようがありません。 2024年のアントラーズの試合を観ていて、完璧ではないけど、確実に変化の歩みを感じられていたので、その歩みに疑問を感じさせてしまうような連敗だけは避けて欲しいと願っていたのですがねぇ。 継続は力なりと言うので、しばらくは我慢が必要だと思います。 連敗と…

  • ジーコと共に~2024年J1第7節(試合前)鹿島 VS FC東京戦!国立の地で再出発!!連敗は絶対いやだ!!!~

    2024年4月7日、鹿島アントラーズはFC東京のホームとして2024年J1第7節を戦うため、国立競技場に乗り込みます。 伝え聞く所によると、新国立になってからFC東京は負けなしだそうで、鹿島との試合でも勝てると自信を深めているようですが・・・。 そういう相手にシレッと勝ってしまうのが、私の知っているアントラーズです。 まあ、相性はともかく、鹿島としては絶対に連敗は避けないといけません。今年のリーグ序盤は、超・団子状態です。 このような混戦模様の時は、絶対に連敗、そしてホーム&アウェイでのダブルで敗戦を喰らうことだけは、絶対に避けないと「タイトルが遠く」に行ってしまいます。 博多の森で一敗地に塗…

  • ジーコと共に~2024年J1第6節(敗戦)鹿島VS福岡戦!3連勝への熱き想いは博多の森に飲み込まれた!!~

    2024年4月3日、鹿島アントラーズはアビスパ福岡のホームに乗り込み、2024年J1第6節を戦いました。 前節、ジュビロ磐田に勝利して、ホームで2連勝を飾り、この勢いで3連勝を狙って欲しいと思っていたのですが・・・ 長谷部監督が率いるようになってからの福岡には何度も煮え湯を飲まされていることもあり、一抹の不安を抱えていました。 しかも、天気は雨だし、連戦だし、ボランチの面子はコンディションが絶好調とは思えない選手が多いし・・・。 ポポ監督がどんなメンバーを選考し、どんな布陣でどんな戦術を選択するのか・・・注目していたのですが、残念ながら、近年稀に見る酷い試合の入りであり、しかも、一向に改善され…

  • ジーコと共に~2024年J1第6節(試合前)鹿島 VS 福岡戦!ポポ監督の選手マネジメントに注目したい!!~

    2024年4月3日、鹿島アントラーズはアビスパ福岡のホームに乗り込み、2024年J1第6節を戦います。 長谷部監督が率いるようになってからの福岡は、実にやり難いチームとなった。ただ、鹿島が「新しい鹿島」を模索していた時期とも被るので、つけ入る隙を与えてしまったとも言えるのかも知れません。 また、奈良や金森と言った、鹿島の内情を知っている選手が移籍しているのも、鹿島が苦戦を強いられた要因の1つかも知れません。 そんな福岡ですが、どうも、今年は苦戦続きの模様です。それならば・・・寝た子を起こさぬよう、目覚めぬままにしておきたいものです。 3連勝を目指す2024年J1第6節 鹿島VS 福岡戦を前に想…

  • ジーコと共に~2024年J1第5節(勝利)鹿島が磐田に勝利!さすがの土居聖真さんでした!!~

    2024年3月30日、鹿島アントラーズはホームであるカシマスタジアムにジュビロ磐田を迎え、2024年J1第5節を戦いました。 CLASSIC、ナショナルダービーと呼称して、試合前からSNS等で磐田との対戦を盛り上げてきた鹿島サイドの思惑はしっかりと磐田サポに通じたようで、試合前にスタジアムで流れた映像には、磐田サポ側からも好意的な拍手が多かったそうです。 しかし、試合に入ると一転し、両チームの展開が早く、また、激しいこと! 内容はともかく、相手に主導権は握らせない、やりたいようにはさせないと言う強い気持ちが選手からは滲み出ていて・・・。 サポーターの応援にも熱が入っていきました。 そして、往年…

  • ジーコと共に~2024年J1第5節(試合前)鹿島 VS 磐田戦!カシマスタジアムでジュビロ磐田には負けられない!!~

    2024年3月30日、鹿島アントラーズはホームであるカシマスタジアムにジュビロ磐田を迎え、2024年J1第5節を戦います。 私にとって、ユニフォームがブルーのチームと言えば、サックスブルーの磐田です。スカイブルーは後発で・・・。 そして、サックスブルーとの数々の対戦は、歓喜あり、悔しさあり、サッカーをあまり知らない素人ですら、気付くと前のめりになって試合を観戦している・・・。 そんな感情を抱かます。 鹿島は前節、禍レベルに達していた難敵を8年ぶりにカシマスタジアムで下しました。カシマスタジアムが久々に歓喜で沸き立ちました。 その歓喜から僅か2週間で、その場所で悔し涙を流す訳にはいきません。 天…

  • ジーコと共に~鹿島のエンブレムを見ろ!はい、掲げておきます!!~

    2024年3月23日、鹿島アントラーズはの公式youtubeサイトから、1本の動画が公開されました。 MATCH DAYと称されるその動画は、通常のハイライト動画とは一線を画しており、チームの視点で、試合当日の映像を編集した動画である。 2023年からスタートした企画ですが、初年度は選手の声を多く取り込んだ構成で、勝利した試合のみ公開されていました。 個人的には、共に戦っているのだから、敗戦の痛みや辛さも共に分かち合いたいと思うので、引分けや敗戦時にも公開して欲しいと思っていたのですが・・・。 2024年はなんと、引分けだけではなく、負け試合でも公開するとチームが宣言してくれて、とても嬉しく、…

  • ジーコと共に~2024年J1第4節(勝利)鹿島VS 川崎F!明けない夜はない!!~

    2024年3月17日、鹿島アントラーズはホームであるカシマスタジアムに川崎フロンターレを迎え、2024年J1第4節を戦いました。 リーグ戦では2015年の8月、等々力で行われた試合で勝利して以降、ずっと勝てていない相手です。また、カシマスタジアムでの試合に限ると8年勝っていない・・・。 そして、2023年第2節は、勝利にあと一歩まで迫りながら、運命に翻弄されて逆転負けを喫した相手であり・・・。 難敵とか天敵という言葉を超える、もはや、災害レベルのショックをもたらす相手だと私は勝手に思い込んで一人で悶々としていました。 しかし、何故か多くの人が次の川崎フロンターレ戦は勝てる!とSNSに発信してい…

  • ジーコと共に~2024年J1第4節(試合前)鹿島 VS 川崎F戦!今こそカシマスタジアムに歓喜の輪を!!~

    2024年3月17日、鹿島アントラーズはホームであるカシマスタジアムに川崎フロンターレを迎え、2024年J1第4節を戦います。 開幕こそ快勝したものの、その後はなかなか目指しているサッカーの形を試合で見せることが出来ず、序盤3試合で1勝1分1敗というスタートになりました。 シーズン終盤まで上位で戦い抜くためには、連敗だけは避けなくてはなりません。 だからこそ、次の試合は負けられない。 そして何よりも、8年に渡ってリーグ戦で勝利を得ていない相手・川崎フロンターレ戦で、結果を出すのか、出さないのか・・・。 近年の鹿島の監督にとって、川崎F戦はキャリアの長さを左右するような相手となっている感じがしま…

  • ジーコと共に~2024年J1第3節(敗戦)鹿島VS 町田!鹿島の熱気は野津田の森に飲み込まれた・・・!!~

    2024年3月9日、鹿島アントラーズは昇格組の町田ゼルビアのホームを訪れ、2024年J1第3節を戦いました。 初戦は快勝。文句なしのスタート。2戦目は前半は低迷、後半に巻き返し、植田の一発でドロー。 新監督であるポポさんにとってはきっとほろ苦い思い出のある町田。鹿島の心臓になるつつある佐野にとって負けたくない古巣との対戦。鹿島サポーターにとっては、愛憎入り混じる感情を抱く昌子と再会。 色んな想いが交差する(柴崎の想いは今回は離脱中なので割愛・・・)、町田との一戦は、試合開始時点で鹿島が半ば追い詰められた状態になっていました。 多くの人が懸念し続けていた「CBが足りない」ので・・・問題が、シーズ…

  • ジーコと共に~2024年J1第3節(試合前)鹿島 VS 町田戦!ポポ監督の手腕に注目の一戦!!~

    2024年3月9日、鹿島アントラーズは町田ゼルビアのホームへ乗り込み、2024年J1第3節を戦います。 開幕の名古屋戦での快勝を活かし、8年ぶりの開幕2連勝を目指しましたが、残念ながらホーム開幕の第2節・セレッソ戦は引分けとなりました。 セレッソ強し!を感じる90分になりましたが、そんな試合でも、勝点1を手にしたことは今後に繋がるような気がしています。 次なる相手は黒田ゼルビア・・・もとい町田ゼルビア。 町田は初のJ1で1勝1分で勝点4!得失点差で鹿島よりも下ですが・・・。 印象としては、強いと言うよりもやり辛い・・・です。 自分達のサッカーとか、自分達のスタイルとか、に拘らず、一戦一戦、勝点…

  • ジーコと共に~2024年J1第2節(引分)鹿島VS C大阪!8年ぶりの開幕2連勝とはならず・・・!!~

    2024年3月2日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムにセレッソ大阪を迎え、2024年J1第2節(ホーム開幕)を戦いました。 不安と期待が入り混じる中で迎えた2024年シーズンは、アウェイの地・名古屋で快勝して幕を開けました。 たった1試合でしたが、2023年シーズンとは明らかにチームの動きや雰囲気が違うと感じたので、期待を胸に抱きながらホーム開幕を迎えました。 カシマスタジアム着いて、連れてきた息子との約束を果たすために場外に店舗を移した五浦ハムのテントに急いでいたら 「ちゃんとジーコさんに挨拶しないと~」 と息子に諫められる始末で・・・ブログのタイトルに「ジーコ」の名前をお借りして…

  • ジーコと共に~2024年J1ホーム開幕(試合前)鹿島 VS C大阪戦!カシマスタジアムで会いましょう!!~

    2024年3月2日、鹿島アントラーズは聖地カシマスタジアムでセレッソ大阪を迎え、シーズン開幕(2024年J1第2節)を戦います。 第2節ですが、ホーム開幕なので、気持ち的にはシーズン開幕です。 開幕前、多くの識者は今年の鹿島は「苦戦」としていました。その評価に対し、まずは完璧な試合展開と試合運びで異議を申し立てました。 たった1試合で評価がひっくり返るまではいきませんが、続く第2節も完勝を収めれば、評論家ではなく、ライバルチームたちの目線が変わってくると思います。 また、シーズン開幕前に、今年は開幕から2試合は絶対に勝たないといけない!とブログで書いたので、書いたからには少しでも背中を後押しし…

  • ジーコと共に~2024年J1開幕(勝利)鹿島VS 名古屋!最高の一歩、最高の結果、最高の週末!!~

    2024年2月23日、鹿島アントラーズは名古屋グランパスのホームに乗り込み、2024年J1開幕(第1節)を戦いました。 2023年シーズンが終了してから、サポーターの心は嵐の中の船状態で、上がったり、下がったり、新監督と新チームを応援すると心に誓っても、やっぱりサポーターとしては内部まで見えない分だけ不安が募る訳であり・・・。 そんなサポーターの背中を、ドーンと叩いて安心させてくれる、最高のスタートを切ってくれました。 まだ1勝でしかないし、何も手にしていないのは確かです。 でも「千里の道も一歩から」ですから。 鹿島サポーターの全てが、仲間の笑顔に惚れてしまった・・・2024年開幕戦(アウェイ…

  • ジーコと共に~2024年J1開幕(試合前)鹿島 VS 名古屋戦!例年以上に最初の1歩が重要!!~

    2024年2月23日、鹿島アントラーズは名古屋グランパスのホームに乗り込み、2024年J1開幕戦(第1節)を戦います。 23シーズンの最終節から約2か月半・・・今回のオフほど、ヤキモキしたり、期待感が高まったり、浮き沈みの激しいシーズンオフは殆ど記憶にありません。 新監督、新戦術、新メンバーで挑む新シーズン! 中核となるはずの柴崎と鈴木優磨が怪我で離脱と言うのがとても残念だし、不安でもありますが、今年のプレシーズン中の選手達の顔を見る限り、なんだかやってくれそうな期待を強く感じるのは私だけだろうか? それから、毎年毎年、スタートダッシュを決めてくれ~と願っていますが(叶うことは少ない)・・・ …

  • ジーコと共に~2024年の鹿島に期待するあれやこれや!~

    2024シーズンまで開幕まであと僅かとなりました。 そこで改めて、今シーズンの鹿島で気になっていることや心配していることを纏めておきます。 シーズン終了後、自分の考えたことがどんな結果に繋がったのか・・・それを振り返るのもまた楽しいので。 ただ・・・敢えてですが、以下のメンバーについては言及しません。 柴崎、植田 なぜなら、この2人が期待通りにプレーしてくれないと・・・鹿島の順位はかなり厳しい状況になると思うので。 2人だけでサッカーをする訳ではないけど、2人のプレー内容と稼働時間は、今シーズンの鹿島の行方を大きく左右しそうです。

  • ジーコと共に~2024年の鹿島のプレシーズン感想!~

    2024年も早いものであっという間に2月も半ばになってしまった。鹿島のプレシーズンのスケジュールは順調は進み、3つの練習試合と1つの公式戦(いばらきサッカーフェス)が終わった。 鹿島サポーターにとって、このオフはなかなか悶々とする日々が続きました。正直、これほどに気持ちがアップダウンしたシーズンオフはあまり記憶がありません。 新監督、退団加入選手、新しい戦術、プレシーズンの様子などなど・・・。 Jリーグ開幕まで2週間を切ったので、プレシーズンの感想をまとめておき、シーズン中にしんどい時や、シーズン終了後に読み返してみようと思います。

  • AFCアジアカップ2024~ベスト8で敗退。日本の何が問題なのか?~

    アジアカップが始まるまでは、日本代表は優勝の筆頭候補に挙げられており、おそらく多くの日本人も同じように感じていたに違いありません。 私も、苦戦はするだろうが、かなりの確率でアジアの頂点を狙えるし、負けるとしたらアジアの中でもW杯の常連国(韓国、イラン、サウジアラビア、豪州)だろう。 ・・・なんて、考えていました。 結果は、予選で1敗、トーナメントで1敗。そしてベスト8で敗退。しかも、どちらも「不運」ではなく、変な言い方ですが「ちゃんと負け」た。 日本の試合と、いくつか観戦した他国の試合を観て、感じたことをまとめておきたい。

  • AFCアジアカップ2024~やはりアジアでの戦いは楽ではない!~

    2024年1月に開催されているアジアカップですが、本来は2023年に中国で開催される予定でした。ところが諸事情で中国が開催を辞退し、最終的にカタールが開催を引き受けたこともあり、2024年にカタールで開催されているのですが、正式名称はAFCアジアカップ2023と言うらしい・・・です。 まあ、それはどうでも良いか。。。 さて、予想はしていましたが、アジアでの戦いはやっぱり楽ではありません。 大会前まで、欧州、アフリカ、中南米の各国のチームを悉く蹴散らしてきた我らが日本代表ですが、今大会では苦戦を強いられています。 試合を観ていると、どうも、舐めていただけとは思えません・・・

  • ジーコと共に~2024年新体制発表会!鹿島の10番とは!!~

    2024年1月21日、2024年の鹿島の新体制発表会をライブで視聴しました。 今年の配信は、新加入選手やポポ監督のサッカー感を知りたいという気持ちと、2つの期待を胸に抱きつつ視聴していました。 今年の体制について、FDが自ら語るのではないか?サプライズで新加入選手の発表があるのではないか? どちらの期待も空振りに終わりました。こういう場で、FDが自らの言葉で方針を語るのも良いと思うのだがなぁ・・・。 しかしながら、ポポ監督のインタビューでは、監督の人柄だけではなく、サッカーへの向き合い方を聞くことが出来て、この人は想像以上に共闘できる監督なのではないか?と言う想いを強く持てました。 そして・・…

  • BHAFC~2023-24プレミア折り返し!ブライトンは上位浮上の正念場を迎える!~

    ブライトンはプレミアでの7年目の航海中である。スタートダッシュに成功したものの、やはりELとの両立はなかなか大変だった。 初めての欧州大陸への遠征は、やはり選手に疲労をもたらし、怪我人が増えてしまいました。 特にマーチの離脱は本当に痛い・・・痛いよマーチ! それでも・・・ELは開幕戦こそ負けてしまったが、しっかりと巻き返し、なんとなんと、グループ1位で決勝トーナメントに進出しました! その反面、プレミアでは勝ちきれない試合が増えて勝点が伸びず、CL圏、EL圏が少しずつ遠ざかっています。 そんなこんなでシーズン折り返しを迎えた2023-34プレミア。今年の国際大会での経験を活かすためにも、来年も…

  • ジーコと共に~2024年初頭のジーコの記事を読んで感じたこと!~

    2024年1月年始、ジーコの記事が公開されていました。 Webサイトのsportivaにおいて 集英社スポーツ総合情報・ニュースサイト web Sportiva 第5代Jリーグチェアマンを務めた村井氏との対談が、3回に渡って掲載された。インタビューした記者が宇都宮氏なので、ちょっとなぁとは思いつつ・・・。 読み進めるうちに色んな感情が沸き起こってしまった。最初は大好きなジーコの記事なのでニヤニヤしながら読んでいたのですが、第3回に至ると心にモヤモヤが沸き起こり悶々としてしまいました。 そういう時こそブログに吐き出したかったのですが・・・どう吐き出したら良いのか悩んでいる内に時が過ぎてしまった。…

  • AFCアジアカップ2024~佐野海舟の大会になることへの期待と不安~

    2026年のワールドカップ出場権には関係ありませんが、ワールドカップ出場を目指す日本代表の若手選手にとって、とっても大切な大会が始まります。 AFCアジアカップFIFA International Matchに該当するので、主力メンバーが招集されています。とはいえ、過去のアジアカップでは若手にもチャンスが巡ってきて、その後に代表の常連になる選手は軒並み名を残している印象です。 今大会のメンバーには「鹿島から唯一」選出された「佐野海舟」が参加しています。まだ、代表キャップ数は僅かに2試合ですが、その2試合では堂々としたプレーを披露しており、間違いなくプレーするチャンスは与えられるはずです。 鹿島…

  • ジーコと共に~2024年鹿島の行末を握る3人のスタッフと1人の記者!~

    先日、2024年の鹿島のトップチームスタッフが発表されました。 www.antlers.co.jp 監督やコーチだけではなく、今年はメンタルトレーナーや管理栄養士もスタッフに加わっており、時代の流れを感じさせる陣容となっています。 それにしても、昨年に続きまたしても、ジーコの存在をサラッとしか触れないのが、どうにも気になって仕方ありません。 鹿島にとって、ジーコの存在ってこんなもの?本当にこんな扱いしていていいのでしょうか・・・。 個人的には解せません。う~ん・・・ スタッフの陣容を見て、個人的に今シーズンの鍵を握るであろう3名に注目です。 それと・・・スタッフではないけど、1人の帰還記者にも…

  • ジーコと共に~鹿島の2024年シーズン始動!最後に皆で笑いたい!!~

    2024年1月9日は、鹿島の2024年シーズンの始動日である。 多くの企業でも年末年始の長い休暇を終えて仕事を開始する人が多いようであり、都心の電車は久々のギュウギュウで、年始から仕事したくない気分になった。 まあ、そんなことはどうでもいい。 2018年にACLのタイトルを獲って以来5シーズンに渡って無冠が続いているアントラーズの、6シーズン目がスタートする。 なかなかの激動のオフだった。想い入れのある選手が数多く引退や移籍となってしまった。 一方でシーズンは新監督に加え、新加入選手はかなり限定的である。いったい、今年はどんなシーズンになるのだろうか? 期待と不安が募るが、まあ、いつものことと…

  • ジーコと共に~広瀬選手の完全移籍で思う、選手獲得の難しさ・・・~

    鹿島からは2024年になっても選手の移籍が止まらない。1月3日にミンテ選手の移籍に続き、1月5日、アントラーズ公式HPからまた1人、完全移籍が発表されました。 タイトルを獲りたいと移籍してきたSBの広瀬 陸斗選手のヴィッセル神戸への完全移籍だ。 www.antlers.co.jp 正直、広瀬の移籍はノーマークだった。確かに2023年もレギュラーだった訳ではないので、出場機会を求めてもおかしくはないとは思います。 しかし、鹿島での立ち位置や、振る舞いを考えると、鹿島でのプレーを望んでくれると思っていたし、遠藤の移籍でベテランの不在を後悔したはずのフロントが、昌子に続いてベテランを手放すとは思わな…

  • ジーコと共に~ミンテ選手の完全移籍!試合に出る喜びを求める選手達・・・~

    謹賀新年 元旦に行われた日本代表とタイ代表の試合を観終えて、新年を祝うブログを書こうとしたら大変な地震が能登を襲い、2011年を想いだして胸を痛めていました。 翌日、記事を書こうとしたら、今度は羽田で航空機事故が起き、亡くなる方もおられてやっぱり心を痛めていました。 大変な新年の始まりとなりましたが、日常は動くということでしょうか・・・。 2024年1月3日、アントラーズ公式HPから1人の完全移籍が発表されました。 希望を胸に移籍してきたCBのキム ミンテ選手の湘南ベルマーレへ完全移籍だ。 www.antlers.co.jp 個人的に、韓国の方の考え方などを踏まえると、湘南でのプレーの様子や表…

  • ジーコと共に~染野と林、両選手の期限付き移籍延長に思うこと!~

    2023年12月29日、アントラーズ公式HPで2人の若鹿の期限付き移籍延長のお知らせが、発表されました。 鹿島の未来を託したいFWの染野 唯月選手 www.antlers.co.jp 鹿島の守備を託したいDFの林 尚輝選手 www.antlers.co.jp 両選手の東京ヴェルディへ期限付き移籍延長の報せ。 正直、染野は完全で移籍しそうな予感がしていたし、林は昌子の移籍に伴って戻って来るような気がしていたのですが、どちらも外れました。 先日の荒木も含めて、若鹿達が期限付き移籍を選ぶ陰に、やはり一人の男の影響と現在のJリーグの置かれている状況が見え隠れする気がします。 両選手の決断を聞いて感じた…

  • ジーコと共に~沖選手の移籍に思う、GKというポジションの苛烈さ!~

    2023年12月27日、アントラーズ公式HPで生え抜きの息子の一人が独立する旨、発表されました。 アカデミーからアントラーズ一筋のGKの沖 悠哉選手選手が清水エスパルスへ完全移籍でとなりました。 www.antlers.co.jp 鹿島でプレーした選手の退団のニュースは、どのニュースも寂しく、悲しく、色んな想いが募るものですが・・・。 ジュニアユースからアントラーズ一筋の沖選手の退団は、比べようのない寂しさと残念さが募ります。 沖選手のサッカー人生を、これからも応援したいと思います。

  • ジーコと共に~とにかく待ってる!進化した中村亮太朗選手を見たいから!!~

    2023年12月27日、アントラーズから、期限付き移籍の発表が行われました。 MFの中村 亮太朗選手が清水エスパルスへ期限付き移籍! www.antlers.co.jp 2022年に甲府から鹿島へ移籍し、2023年夏に出場機会を求めて甲府へ期限付き移籍。甲府ではACLにも出場し、グループステージ突破に貢献していたので、もしかしたら甲府への完全もあるのか?と思っていたら・・・ エスパルス?エスパルスなのか?エスパルスに行くのか? とブツブツと呟きを発してしまう、チームからの発表でした。

  • ジーコと共に~人生を考えさせる昌子源選手の移籍!~

    2023年12月、鹿島の公式はイブの日も、そしてクリスマスにも、サポーターのメンタルをある意味鍛えるような発表を連発しています。 噂はあれど、最終的には鹿島に残るだろうと思っていた選手の移籍。 鹿島の3番、DFの昌子 源選手が町田ゼルビアへ完全移籍。 www.antlers.co.jp 2022年シーズンは途中もコロナの影響はあり、監督の合流は遅れるし、途中で解任されるし、緊急登板した岩政監督も、終盤はかなり低調な状態が続き、誰もが翌年へ不安を抱えながらの終了となった。それだけに、オフの植田・昌子の加入砲には気持ちが救われましたし、強化部の動きは頼もしかった。 しかし、それから1年でなぁ。いつ…

  • ジーコと共に~移籍する荒木 遼太郎選手の覚悟を見届ける!~

    2023年12月、鹿島の公式もイブの日に出さなくても・・・と思うような発表がされました。 シーズンオフに入り、ずっと噂されていた選手の移籍の報です。 鹿島の10番MFの荒木 遼太選手がFC東京へ期限付き移籍。 www.antlers.co.jp 荒木を筆頭に、日本人選手の移籍の報せがドーンときています・・・年末にシンドイ日々が続きそうだ。 落ち込んでしまいそうですが、前向きに、背中を突き飛ばすくらいのエールを送り、新年を迎えたいと思います。

  • ジーコと共に~ようこそランコ・ポポヴィッチ監督!頼むよアントラーズを!!~

    2023年12月21日、鹿島アントラーズは2024シーズンを共に戦う監督と、監督を支えるトップチームのスタッフを発表しました。 www.antlers.co.jp www.antlers.co.jp チームからの公式発表に少し時間が掛かったのは、やはり、ポポヴィッチ監督がセルビアでの仕事をきちんと終えてからだったからのようですね。 まあ、鹿島らしいやり方で、個人的に好きな仕事のやり方です。 それにしても・・・公式発表の前に色々と噂が出たもんだから、今時らしくSNS界隈は賑やかになっていましたが、これでひとまずは落ち着くのかしら?

  • BHAFC~2023-24EL!ブライトンはグループBを制し、決勝トーナメント進出!~

    プレミア7年目を迎えたブライトン。2023-24シーズンは昨シーズンの6位越えを狙う大事なシーズンですが、なによりも、チームにとって史上初の国際大会でのチャレンジをしている年でもあります。 本格的なタイトルを手にしたことがないブライトンにとって、初のタイトルが「欧州制覇」だったらカッコイイじゃん!と夢見ながら応援していたら・・・ なんとシーガルズはグループBを「首位」で突破!決勝トーナメントにストレートインしました。 正直、1990年代からチームを見てきた私としては信じられないというか・・・つい、5・6年前から考えても、ここまでの結果は誰も想像していなかったのではないでしょうか? もちろん、ブ…

  • ジーコと共に~ピトゥカ!プレーも人柄も最高!!もっと鹿島で見たかった!!!~

    2023年12月7日、アントラーズから見たくなかったお別れが発表されました。 MFのディエゴ ピトゥカが完全移籍でサントスFCへ。 www.antlers.co.jp ジーコが鹿島に必要な選手だと熱望し、契約では紆余曲折を経て、苦労しながらようやく2021年シーズンから加入が決まったピトゥカにはとても期待していました。 また、2020年シーズンに大活躍したエヴェラウドも中国に獲られず残留したし、2021年はタイトルを獲れる陣容が整いつつあると感じていました。 しかし・・・2020年に猛威を振るったコロナは、2021年になっても収まらず、アントラーズの思惑を狂わせてしまうのでした。 ピトゥカと共…

  • ジーコと共に~頑張れ小川 優介選手!沖縄で雄叫びを上げろ!!~

    2023年12月、最終戦終了から僅か数日で、アントラーズから相次いでお別れが発表されています。 日本人のトップバッターはMFの小川 優介選手がFC琉球へ完全移籍で退団となりました。 www.antlers.co.jp スタッフ、選手、サポーターから愛された小川選手の退団は、寂しく思う人が多い事でしょう。 小川選手と言えば・・・やっぱり出場した唯一の試合での彼の仕草や表情について触れる人が多いのでしょうが・・・私はどうしても彼を起用した人の方に考えが向いてしまいます。

  • ジーコと共に~ありがとうカイキ!空中戦を制する貴方をもっと見たかった!!~

    2023年12月7日、アントラーズから相次いでお別れが発表されました。 まずはMFのカイキが契約満了で退団。 www.antlers.co.jp 練習ではいつも楽しそうにしている、髭を生やした陽気なブラジリアン。ですが、ひとたピッチに立つと決して高身長ではないのに、空中戦を制して点を決めてくれる頼もしいブラジル人選手。 もっと、あなたのゴール後のアクロバティックなパフォーマンスを見たかったよ!

  • ジーコと共に~ありがとうエレケ!怪我に気を付けて元気でね!!~

    2023年12月7日、アントラーズから相次いでお別れが発表されました。 まずはFWのエレケが契約満了で退団。 www.antlers.co.jp 2023年プレシーズンでは、どの外国籍選手よりも早く始動しており、内容はともかく、彼のやる気は感じられた。 だから・・・もしかして・・・と期待したのですが、エレケの確変は夢のママとなってしまった。

  • ジーコと共に~岩政監督、お疲れ様でした!~

    2023年12月4日、鹿島アントラーズは最終戦終了から24時間経たないうちに、岩政監督の退任を発表しました。 www.antlers.co.jp チームからの公式発表によれば契約満了に伴う退任。本人が公式で発表したコメントやいくつかのメディアで語ったことから推察しても、チームから解任したといった様子は感じられない。 1年やり切った結果での契約を更新しないということであれば、最低限のリスペクトは保っているように思う。 ・・・が、契約満了という事は、1年契約だったのか? 本気で1年で結果を出す(出せ)と退路を断って挑んでいたのか? 色々と心に思うことはありますが、まずは感謝の言葉と、そして就任時に…

  • ジーコと共に~2023年J1最終節(勝利)鹿島VS 横浜FC!1年間ありがとう。お疲れ様でした!!~

    2023年12月3日、鹿島アントラーズはホームであるカシマスタジアムに横浜FCを迎え、2023年J1第最終節(第34節)を戦いました。 とにかくホームで勝てていない・・・せめてこれだけは一年の最後にクリアにしてくれ・・・ そして、出来ることなら、この試合で引退を表明したスンテを、笑顔で送り出してやってくれ! そう願いながら、神奈川の外れから車を飛ばして駆け付けました。 鹿嶋の空は、対戦相手の横浜ブルーよりも、さらに澄み渡るブルーで、透き通るようなブルーで、試合前からちょっとセンチな気分になってしまいました。 2023年J1最終節(ホーム)鹿島VS 横浜FC戦の記録です。

  • ジーコと共に~2023年J1最終節(試合前)鹿島 VS 横浜FC戦!スンテを笑顔で送り出せ!!~

    2023年12月3日、鹿島アントラーズはカシマスタジアムに横浜FCを迎え、2023年J1最終節(第34節)を戦います。 今シーズンもとうとう最後の試合となりました。コロナ渦だったここ数年以上に、複雑な思いを抱えたシーズンになるとはなぁ。 チーム人事でザワザワする時期ではありますが、鹿島がやることはただ一つだと思っています。 どんな時も、どんな相手でも、勝ちに固執する。戦い方とか、獲り方とか、それは勝ってから言えばよい。 まずは目先の試合(相手)に勝つために最後の1秒まで戦う!鹿島のフットボールの神髄って、私はそこだと思っています。 最終節、9月からずっと勝っていない状況でも、多くのサポーターが…

  • ジーコと共に~2023年J1第33節(敗戦)鹿島VS 川崎F!下を向くな須貝!!プレーで取り返せ!!!~

    2023年11月24日、鹿島アントラーズは川崎フロンターレのホームに乗り込み、2023年J1第33節を戦いました。 ずっと勝てていない。とくに、彼らに2017年に優勝されて以降は「相性」なんて言葉では語れないほどに、一方的に負け続けている。 きっと、何故に、鹿島戦だけはいつも勝ちゲームに傾くのか?は、フロンターレの選手や首脳陣にも理解できていないのではないだろうかと思う。 岩政監督は試合前に「この試合は何としても勝つ」と言うことに焦点を当てて準備していると語っていたがその執念を見せることも出来ず、この一年、いや1年半に渡って取り組んできた「何か」の片鱗を見せることすらも出来ず、ただ、負けた。 …

  • ジーコと共に~2023年J1第33節(試合前)鹿島 VS 川崎F戦!この試合に勝ってこそ・・・!!~

    2023年11月24日、鹿島アントラーズは川崎フロンターレのホームに乗り込み、2023年J1第33節を戦います。 今シーズンも残り2試合です。タイトルには縁が無くなってしまったけど、何とか勝って、笑顔になろう! ・・・なんて言葉ではとてもじゃないが表現できません! ずっと、勝てていない。勝てなくなってから、国内タイトルも遠のいている。 だから、敢えて言葉にするならちょっと過激ではあるが「どんな手を使ってでも勝て!」しかありません。 岩政監督が2022年夏にチームを率いてから、残念ながら「結果」は出ていません。でも、岩政監督がチームに植え付けようとしている「どんな相手にでも勝てる・・・」サッカー…

  • Road to WC2026 ~アジア2次予選第2節!綺世が頼もしさを増してシリアを一蹴!!~

    2023年11月21日、2026北中米ワールドカップ出場を目指すアジア2次予選第2節・日本VSシリア戦が行われました。 初戦のミャンマー戦、序盤はホームという事もあり硬さが感じられたが、綺世のハットトリックもあって快勝スタートをきった。 また、個人的には鹿島に縁のある選手が数多く出場したので、久しぶりに代表戦でワクワクすることが出来た。特に代表デビューとなった海舟の姿には、親心的には怪我しないで・・・鹿島サポ的には活躍してね&見つからないでね・・・だった。 そして迎えた第2節。代表選手の活躍を楽しみにしていたのだが・・・諸事情で、公式には地上波もネット配信もなかった。 そのため・・・観てないと…

  • ジーコと共に~松村優太の覚醒と日本のフットボールビジネス~

    2024年のパリ五輪へ向けた強化親善試合として、U22日本代表はU22アルゼンチン代表を招聘し、試合を行いました。 カテゴリーは違えど、アルゼンチンは2022カタールW杯の優勝国ですし、監督はあのマスチェラーノだし、強化相手としては本当に良い相手だと思いました。 しかも、鹿島から松村が選出されており、彼の覚醒の一助になればと密かに期待をしていました。 そうしたら、想像もしなかったような試合結果と、想像以上の松村の動きと表情に、正直、驚かされることになりました。 この試合を、海外でFIFAライセンスを取得して代理人やってる友人と観戦していたのですが、試合後、彼がなかなか難しい話を振ってきました。…

  • Road to WC2026 ~アジア2次予選開始!綺世、マチ、海舟、ありがとう!!~

    2023年11月16日、2026北中米ワールドカップ出場を目指すアジア2次予選が始まりました。 今回のワールドカップ予選では、鹿島に縁ある選手が多く選出されたので嬉しく思う反面、今までの森保ジャパンでは期待するような起用をしてくれないこともあり、疑心暗鬼になっていたのですが・・・。 森保監督!疑ってすいませんでした!! FWで上田、DFで町田がスタメン出場し、後半頭からは佐野海舟がデビュー!しかも、相馬もスタメンだった。 鹿島サポーターにとっては、久しぶりにワクワクする代表戦観戦となりました。 2026年北中米ワールドカップ出場を目指す、アジア2次予選第1節・日本VSミャンマー戦の記録と感想を…

  • Road to WC2026 ~長い長い戦いの始まり!佐野の活躍が楽しみだ!!~

    2023年11月16日から、2026北中米ワールドカップ出場を目指すアジア2次予選が始まります。 前回のカタールワールドカップでベスト16に進出したこともあり、森保監督が続投となり、長期政権がスタートしています。 継続した甲斐がでたのかは定かではありませんが・・・2023年度の日本代表は素晴らしいパフォーマンスを継続している。 9月にはワールドカップでのリベンジと意気込んでいたドイツを、彼らのホームで破り、その後、ベルギーでトルコと対戦してこれも破っている。 監督としての戦術手腕はさておき、選手個々の能力が飛躍的に上がるなか、若い彼らを上手く起用して勝利に結びつけていることは、森保監督の手腕の…

  • ジーコと共に~2023年J1第32節(引分)鹿島VS 柏レイソル!ピトゥカの姿勢を忘れない!~

    2023年11月11日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムに柏レイソルを迎え、2023年J1第32節を戦いました。 9月のセレッソ戦以降は勝利から遠ざかり、全タイトルへの望みが絶たれ、サポーターとしてストレスが溜まる中で、試合前には監督が「あまり言わない方が良い」ことまでメディアに口走ってしまう始末であり・・・。 それでも・・・勝利に拘って欲しい!とにかく勝って欲しい! そう願うからにはスタジアムへ行かないとダメだと想い、息子を誘ってカシマスタジアムまで遠征しました。 しかし・・・なんとも表現のし辛い結果に終わりました。 2023年J1第32節(ホーム)鹿島VS 柏レイソル戦の記録です…

  • ジーコと共に~2023年J1第32節(試合前)鹿島 VS 柏レイソル戦!目の前の1試合に執念を燃やして欲しい!!~

    2023年11月11日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムに柏レイソルを迎え、2023年J1第32節を戦います。 2023年の残り試合は3試合というだけでも寂しいのに、各タイトルには全く縁がないのはさらに寂しい。 この状況では、選手のモチベーションが上がりにくいとは思うが、どうか目の前の1試合に「勝つ」ために執念を燃やして欲しい。 鹿島には消化試合なんて言葉はない。先を見据えて若手のトレーニングなんても聞いたこと無い。 今年の残り試合は来年に戴冠するための大事な試合であるはずだ。 そうやって選手に発破を掛けるからには、サポーターとしても出来る限りのことをしないといけない。 最後の最後、…

  • ジーコと共に~2023年シーズンラスト3試合で鹿島に期待すること!~

    気付けば2023年も11月となり、残り2か月となってしまった。 月日が経つのが早く感じる歳になったなぁ・・・と凹むところですが、個人的には10月中に鹿島の全タイトルの可能性が消え失せたことの方が大事で、悶々とした秋を過ごしています。 天皇杯も、ルヴァンも、そしてリーグも、全部可能性がなくなるなんてなぁ。 岩政監督は、アントラーズが取り組んでこなかった、または置き去りにしてきた「何か」を手に入れるために、敢えて茨の道を選んでくれたこともあり、チームもサポーターも「待ち」の姿勢を維持している人が多いです。 ジックリと腰を据えて取り組むのは悪いことではないのだが、本当にこれでいいのだろうか・・・?本…

  • ジーコと共に~2023年J1第31節(引分)鹿島VS 浦和レッズ!世界一カッコイイゴール裏とともに!~

    2023年10月28日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムに浦和レッズを迎え、2023年J1第31節を戦いました。 前節神戸戦の敗退で、微かに繋がっていたタイトルへの希望は完全に断ち切られ、7年連続での国内タイトル無冠が確定してしまった。 さらに大きな期待を背負って加入した柴崎は負傷離脱・・・ 選手やスタッフはどうやって気持ちをもう一度燃え上がらせるのかと不安に感じていたのですが・・・。 鹿島のゴール裏には強い仲間がいました。 もう一度・・・来年のタイトルへ向けて出陣! そんな願いを込めて、厳かに、そして力強く、鹿嶋の地を長年見守り続けた神々と共に試合に挑みました。 再起を掛けた一戦は…

  • ジーコと共に~2023年J1第31節(試合前)鹿島 VS 浦和レッズ戦!カシマスタジアムで好きにはさせん!!~

    2023年10月28日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムに浦和レッズを迎え、2023年J1第31節を戦います。 前節、神戸に敗れ、2023年度のリーグタイトル奪還の願いは絶たれてしまった。ルヴァンも天皇杯も既に敗れており、7年連続の国内タイトル無冠が確定した。 シーズン残り4試合、普通に考えると消化試合になりそうですが、アントラーズにとって消化試合などありません。 次節のレッズ戦は、2024年のタイトル奪還のための大切な最初の1歩です。 自分達が思い描いてきたプレーが、現実と一致することがあるのか?実現するとしてそれはいつになるのか?まずは、それを冷静に見つめ直すことから始めて欲しい…

  • ジーコと共に~2023年J1第30節(敗戦)鹿島VS ヴィッセル神戸!これからも鹿島と共に歩む!~

    2023年10月21日、鹿島アントラーズはヴィッセル神戸を相手に2023年J1第30節を戦いました。 神戸のホーム扱いですが、場所は国立なので、首都圏近郊に集中しているアントラーズサポーターも駈け付けやすく、アウェイ扱いだけどホームの雰囲気は生み出しやすかったはずです。また、3週間の中断期間でしっかりと対策も練れたはずです。さらに、直前にジーコも来日して気合も入ったはずです。なにより、ホームでの大敗のリベンジを果たしたかったはずでし。 しかし・・・ 前半45分は完敗!後半45分は抵抗しつつも練度は歴然! 哀しいけど、ここから這い上がるしかないと打ちのめされた・・・2023年J1第30節(アウェ…

  • ジーコと共に~2023年J1第30節(試合前)鹿島 VS ヴィッセル神戸戦!大迫と植田のガチンコ勝負!!~

    2023年10月21日、鹿島アントラーズは国立競技場に乗り込み、ヴィッセル神戸と2023年J1第30節を戦います。 今シーズン2回目の国立だが、今回はアウェイ扱いである。 第8節に鹿島ホームで対戦した際は、屈辱の大敗を喫した。「ぐう」の音もでないくらいに、打ちのめされてしまった。 負けて悔しいという気持ちよりも、悲しいという気持ちになったのは、鹿島を応援し始めて初めての経験だったかも知れません。 でも、試合後の鈴木優磨の全身全霊での声掛けに、何があっても戦う選手の背中を支える気持ちになれたのは、有難かったと思います。 大迫は、神戸が「大金」を払ってでも獲得しただけの「価値」を、今シーズンは発揮…

  • ジーコと共に~おかえりなさいジーコ!週末の神戸戦は絶対に負けられない!!~

    2023年10月18日、アントラーズからレジェンドの帰宅の報せが届いた。 ブラジルからジーコが帰ってきました! www.antlers.co.jp アントラーズのクラブアドバイザーとして、様々な活動を行っているジーコが、約5か月ぶりにブラジルから鹿島アントラーズに帰ってきました。

  • BHAFC~2023-24プレミア!今季のブライトンも好調で、序盤戦は上位をキープ!~

    7年目の航海の船出は快勝!開幕から2カ月、どうやらブライトンはスタートダッシュに成功したようです。 シーズン開始前に、昨年の快進撃の立役者でもあるカイセドとマクアリスターを売却するなど、ゼルビサッカーが崩れるのではないかと心配していたのですが、幸いなことに、根底が大崩れする感じはしません。 ただ、敗戦した試合よりも、勝点を手にした試合において、彼ら2人の有難みを改めて思い知ることになる展開だったのは、今後を考えると不安ではあります。 シーズン序盤を終え、ブライトンの戦い方で感じたことや気になることを、まとめておきたいと思います。

  • ジーコと共に~松村 優太が一人だけ得たモノがとてつもなく貴重だ!~

    中国の杭州で行われた第19回アジア競技大会サッカー競技において、日本サッカーは男女共に好成績を残しました。 女子サッカーは優勝!しかも大会連覇!!男子サッカーは準優勝! 特に女子サッカーは、先日行われたの女子W杯では惜しくもベスト8で敗退してしまいましたが、今大会において、日本の女子サッカーはアジアでは群を抜いていることを証明したと思います。 一方の男子は、決勝で先制しながらも韓国に逆転負けで準優勝でした。タイトルを獲れなかったのは残念ですが、韓国は大会の規定通りのU24世代+3人のオーバーエイジをフル活用したのに対し、日本はパリ五輪を意識したU22、しかも大学生が中心のメンバーで戦っており、…

  • ジーコと共に~2023年J1第29節(引分)鹿島VS アビスパ福岡戦!戦う目的を見出さないと!!~

    2023年9月30日、鹿島アントラーズはアビスパ福岡のホームに乗り込み、2023年J1第29節を戦いました。 前節、大一番でマリノスに敗れ懸念していました。選手達のモチベーションは大丈夫か?と。 心配したほどには、選手達の表情やプレーからは「投げやり」とか「惰性」などは感じられませんでしたが、やっぱりホンの少しだけ、何かが足りないと感じました。 選手、そしてサポーターが、今一度、一丸となって戦うためにも、目標を設定してくれないと、このままでは寂しいシーズン終わりになりそうな気がしました。 2023年J1第29節(アウェイ)鹿島VS アビスパ福岡戦の記録です。

  • ジーコと共に~2023年J1第29節(試合前)鹿島 VS アビスパ福岡戦!試みを形にするには勝たないと!!~

    2023年9月30日、鹿島アントラーズはアビスパ福岡のホームへ乗り込み、2023年J1第29節を戦います。 前節、カシマスタジアムに横浜Fマリノスを迎えた大一番で負けた。 先制しながら追いつかれ、逆転され、最後は優磨の渾身のシュートもポストに阻まれ、大一番に勝つことが出来なかった。 昨年から色々と試みており、変化も現れてはいる。でもやっぱり、努力が実を結ぶのは「勝ってこそ」だと思う。 以前と比べて難敵となったアビスパ福岡のホームで、なりふり構わず勝点3を積み上げることが出来れば、メンタルの成長には繋がるはず。 画面越しだけど、微力だけど、信じて応援を続けたい。2023年J1第29節(アウェイ)…

  • ジーコと共に~2023年J1第28節(敗戦)鹿島VS 横浜FM戦!力負けという敗戦が一番堪える!!~

    2023年9月25日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムに横浜FMを迎え、2023年J1第28節を戦いました。 相手のマリスは昨年王者であり、今年も直近の試合では調子を崩しているものの、今年も優勝争いをしている強豪チームである。しかも得点が鹿島よりも10点以上も多く、勢いに乗るとその破壊力は脅威だ。 一方、鹿島は序盤で連敗してどん底を味わうも、堅守を取り戻したことで、なんとか優勝争いの一角に足を乗せようとしている状態。 それゆえ、鹿島がタイトルを獲るためには、絶対に!何としても!勝たないといけない相手との一戦でしたが・・・厳しい現実を突きつけられる敗戦となりました。 2023年J1第2…

  • ジーコと共に~2023年J1第28節(試合前)鹿島 VS 横浜FM戦!カシマスタジアムを赤く染めよう!!~

    2023年9月24日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムへ横浜FMを迎え、2023年J1第28節を戦います。 シーズン序盤に連敗してチームがどん底にいた時、背番号40を背負う漢だけは「まだチャンスはある」と言い続けていた。 そのチャンスが来た。ここまで来たからには、勝ってチャンスをモノにして欲しい! 小泉社長も呟いていたが、かなりの人数が聖地に集いそうだ。3万以上のサポーターが入った時の、ディープレッドの圧力をマリノスの選手やサポーターに味わって貰いましょう。 永戸は2020年加入なので、彼は、カシマスタジアムの本当の姿を知らないはず。遅ればせながら敵として味わって貰いましょう。 一戦…

  • ジーコと共に~2023年J1第27節(勝利)鹿島VS C大阪戦!このスタジアムが大好きだ!!~

    2023年9月16日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムにセレッソ大阪を迎え、2023年J1第27節を戦いました。 ルヴァンで敗退してから1週間。敗退の仕方が悪すぎて、選手もサポーターもガックリとはしましたが、残されたタイトルを最後まで狙い続けるためにも、もう負けられない試合。 今シーズンの鹿島のキーマンの一人である仲間が出場停止のため、どのような選手選考で挑むのか注目していました。 結果は・・・退場者が出て一人少なくなったことで、スタジアムにスイッチが入りました。選手、そしてサポーターが一つになって戦い抜いた先に、歓喜が訪れました。 2023年J1第27節(ホーム)鹿島VS C大阪戦…

  • ジーコと共に~2023年J1第27節(試合前)鹿島 VS C大阪戦!勝つことでチームは強くなる!!~

    2023年9月16日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムへセレッソ大阪を迎え、2023年J1第27節を戦います。 リーグ戦の中断期間にルヴァン準々決勝が行われました。名古屋との対戦は1分1敗、無念の敗退となり、タイトルを失う結果となりました。 それでも、柴崎が後半から登場して延長を含めれば75分もプレーしたことは、驚きであり、また今後に向けた光でもあり、敗戦という残念な結果の中でチームが得た大切な希望となりました。 ただ、1人の力でアッサリとタイトルが獲れるようなリーグではありませんので、チームとして強くならないと、これからも「惜しい」「残念」が続いてしまいます。 だからまずは、今シー…

  • ジーコと共に~2023年ルヴァン準々決勝第2戦(敗戦)鹿島VS 名古屋戦!またタイトルを失った!!~

    2023年9月10日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムに名古屋グランパスを迎え、2023年ルヴァン準々決勝第2戦を戦いました。 第1戦、鹿島は名古屋を押し込んで先制し、終了間際まで優位に試合を進めましたが、最後の最後にルーキーに手痛い一撃を喰らって引分けとなりました。 嫌な空気のまま迎えた第2戦でしたが、ベンチに「柴崎」が入ることで、スタジアムの熱量を上げ、鹿島ペースにしようと監督は目論んだと思いますが・・・。 残念ながら、第1戦で失ったリズムは戻りませんでした。 2023年ルヴァン準々決勝第2戦(敗戦)鹿島VS 名古屋戦の記録です。

  • ジーコと共に~2023年ルヴァン準々決勝第1戦(引分)鹿島VS 名古屋戦!何度、同じことを繰り返すのか・・・~

    2023年9月6日、鹿島アントラーズは名古屋グランパスのホームに乗り込み、2023年ルヴァン準々決勝第1戦を戦いました。 今年からはアウェイゴールルールが無くなるため、名古屋のホームでとにかく1点とれば有利になる訳ではなくなりましたが・・・。 大切なのは勝つことだ!と、監督も選手もサポーターも、気合十分で名古屋に乗り込みました。 試合は鹿島にとって理想の形で終盤まで進みましたが・・・。最後の最後に落とし穴が待っていました。 180分で戦うホーム&アウェイ。前半は引分けに終わりました。 2023年ルヴァン準々決勝第1戦(引分)鹿島VS 名古屋戦の記録です。

  • ジーコと共に~おかえり柴崎選手!サッカーの面白さを堪能させてね!!~

    2023年9月1日、アントラーズから大きな、大きな報せが届いた。 2016年シーズン終了と同時にスペインへ渡った柴崎岳選手の復帰! www.antlers.co.jp 柴崎がスペインへ渡ってからも、チームは移籍可能期間になればいつも柴崎の動向を確認していたのは判っていたが・・・ ほとんど、ニュースにも上がらないので、柴崎自身がスペインでプレーすることへ強い想いを抱いているのだろうと感じていました。 それだけに2023年夏の「正式オファー」のニュースは驚きと共に、個人的には「これは帰って来るなぁ」と感じました。 間違いなく他のJチームからも誘われるだろうけど、鹿島がきちんとオファーを出すからには…

  • ジーコと共に~2023年J1第26節(引分)鹿島VS 湘南戦!湘南の地でも男祭りを開催し勝ち点1を死守!!~

    2023年9月2日、鹿島アントラーズは湘南ベルマーレのホームに乗り込み、2023年J1第26節を戦いました。 第25節はホームで「男祭り」を開催し、熱く、激しく戦って、新潟に勝利して勝点3をもぎ取りました。 その代償として、チーム得点王の鈴木優磨が累積で湘南戦に出場出来なくなりましたが、他の選手達がやってくれると信じていましたが・・・。 しかし、油断あり、スーパーなシュートあり、不可解な判定あり、最後まで苦しめられてしまいますが、植田が湘南の地で「血まみれになりながら男祭り」を開催し、しぶとく、勝点1をもぎ取ったことが、最後に大きな実を結ぶと信じています。 2023年J1第26節(ホーム)鹿島…

  • ジーコと共に~2023年J1第26節(試合前)!鹿島 VS 湘南戦!!流行りの風邪など吹っ飛ばせ!!!~

    2023年9月2日、鹿島アントラーズは湘南ベルマーレのホームに乗り込み、2023年J1第26節を戦います。 湘南の地で戦った試合では、どうも良い思い出がない。オウンゴールしたり、アディショナルタイムにやられたり、平塚の隣の市が生まれ故郷なので、親近感があったチームなのだが、2010年代に入って手痛い目に遭うようになってからの印象はよくない。 そんなチーム相手に鹿島は鈴木優磨が出場出来ない。しかも流行り病が広がってるらしい。 なんとか・・・元気なメンバーが湘南の地で暴れて、勝点「3」をカシマに持ち帰って欲しい。 勝点「1」ではなく「3」を! 2023年J1第26節(アウェイ)鹿島VS 湘南戦を前…

  • ジーコと共に~2023年J1第25節(勝利)鹿島VS 新潟戦!スタジアムをたぎらせ勝利を掴んだ!!~

    2023年8月26日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムにアルビレックス新潟を迎え、2023年J1第25節を戦いました。 男祭りと称して、プロレスの団体とコラボし、熱く、激しく戦って勝利を得る!と言う触れ込み通りに、熱く、激しく戦って勝利を得ました。 いつの間にか引退してたレオシルバが、縁のある両チームの試合を視察していたのも印象的でした。(ところで・・・代理人と言う話だったはずが、神戸に加入のニュースが流れてきましたが、マジでしょうか?) あのACL決勝ではピッチで躍動していたレオがなぁ・・・。時は確実に進んでいくのですね。 諸事情で残念ながらカシマスタジアムに行けませんでしたが、家…

  • ジーコと共に~2023年J1第25節(試合前)!鹿島 VS 新潟戦!!男祭りの日に荒木よ爆発せよ!!!~

    2023年8月26日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムへアルビレックス新潟を迎え、2023年J1第25節を戦います。 この夏最後の一戦をホームで戦えることに感謝し、男祭りでキーマンに挙げられている植田、優磨、関川、知念には祭りを盛り上げる活躍を期待したいと思います。 でも・・・ タイトルに書いたように、男祭り開催の試合で「荒木」が「大爆発」したら、それはそれで面白いだろうなぁ~と思うので期待しています。 まあ、冗談はさておき、新潟戦は絶対に勝利が必要です。上位追撃のためには、言葉悪いが、順位が下のチームに取りこぼしは許されません。 熱く、激しく、闘って勝点3を! 2023年J1第25…

  • ジーコと共に~2023年J1第24節(勝利)鹿島VS 鳥栖戦!優勝争い、ついていきます!!~

    2023年8月13日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムにサガン鳥栖を迎え、2023年J1第24節を戦いました。 中断明けの札幌戦で快勝し、続く、上位の名古屋にも勝って勢いを付けたかったのですが、1点が遠く無念の敗戦。 それでも、可能性がある限りは最後までタイトルを諦めない! その想いを胸に多くのサポーターが集い、灼熱の中で走る選手の背中を後押して、最後の最後まで共に戦ったなぁ・・・と感じる試合の1つになりました。 そして、娘のカシマスタジアムデビューに勝利をプレゼントして貰い感謝!我が家は益々アントラーズ一色になる・・・はずです。 家族でオブラディを踊った、2023年J1第24節(ホ…

  • ジーコと共に~2023年J1第24節(試合前)!鹿島 VS 鳥栖戦!!ホームでは勝利を見せてね!!!~

    2023年8月19日、鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムへサガン鳥栖を迎え、2023年J1第24節を戦います。 中断明けにホームで戦った札幌戦では見事に快勝し、上位追撃の「濃い狼煙」を上げたのですが、次の名古屋決戦ではどうしても1点が奪えずに無念の敗戦・・・。 正直なところ、リーグタイトルは霞み始めたのですが、数字上はまだ可能性があります。 だから、最後の最後まで、選手達の背中を押し続けます。 それに・・・ 夏休みの土曜日だから多くの子供たちがスタジアムに集まるはず。彼らがアントラーズに憧れを抱くようなプレーと勝利を見せて欲しいから! 2023年J1第24節(ホーム)鹿島VS 鳥栖戦を…

  • BHAFC~2023-24プレミア!ブライトン7年目のプレミア航海!!目指せ欧州制覇!!!~

    2023-24プレミアリーグが終了しました。 2022-23シーズンは6位でフィニッシュし、チーム史上初めて、ヨーロッパを舞台に戦う権利を手にしました。 2017年シーズンに昇格した時は、1年でも長くプレミアにしがみついて、降格してまたすぐにプレミアに戻れる基礎を残して欲しいなぁ・・・ と言う感じでかなり消極的な願いを抱きながら、プレミア初陣となったマンC戦を観て感涙していたのに・・・。 そのブライトンが!ヨーロッパを戦場に戦う日が来るなんて!! もう今度は消極的な願いはしません。 目指せ、欧州制覇! です。 ブライトンのプレミアリーグ7年目が始まったので、思うことをまとめておきます。

  • ジーコと共に~中村 亮太朗選手!進化した貴方を待ってるよ!!~

    2023年8月15日、アントラーズから、期限付き移籍の発表が行われました。 MFの中村 亮太朗選手がヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍! www.antlers.co.jp 大卒で甲府に加入し、J2とは言え2シーズンに渡って主力で出場した中村の加入は、恵まれた体格も考慮すると数年後のボランチの核になるかも・・・ と期待しました。 今もその期待は変わりませんが、2023年夏におけるアントラーズの中盤の選手層を考えますと、出場機会を増やすことは難しそうなので、武者修行に出るのはアリだと思う。 しかも、その修行先が、中村が慣れ親しんだ甲府であり、国際大会であるACLにも出場出来るのであれば、これ以上な…

  • ジーコと共に~2023年J1第23節(敗戦)鹿島VS 名古屋戦!重くのしかかる敗戦!!~

    2023年8月13日、鹿島アントラーズは名古屋グランパスのホームに乗り込み、2023年J1第23節を戦いました。 台風の影響が気になっていたが、台風の速度が上がらず、プレーする選手の足にも、サポーターの足にも、ほとんど影響がなくて良かった。 が・・・試合結果としては、アントラーズの今シーズンの奪還に大きな影を落とすことになってしまった。 何が悪いというよりも、単純に名古屋が勝負強かったということだと思う。 34分の1の敗戦だけど、重くのしかかる負けとなった、2023年J1第23節(アウェイ)鹿島VS 名古屋戦の記録です。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、lands_end’s blogさんをフォローしませんか?

ハンドル名
lands_end’s blogさん
ブログタイトル
ランズエンド
フォロー
ランズエンド

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用