searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

123さんのプロフィール

住所
松戸市
出身
船橋市

独立開業し主に特許調査を担当しています。 2004年頃から、先行技術調査、無効資料調査、侵害予防調査、外国特許調査、文献調査、パテントマップ作成など、調査を専門にして来ました。 今後は、鑑定や無効審判、訴訟、特許の分析・価値評価などより高度な仕事にも取り組んで行きたいと思っています。

ブログタイトル
知的財産と調査
ブログURL
https://ameblo.jp/123search/
ブログ紹介文
特許調査を専門とする弁理士による、知的財産や特許調査に関する雑感です。
更新頻度(1年)

703回 / 365日(平均13.5回/週)

ブログ村参加:2011/03/07

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、123さんをフォローしませんか?

ハンドル名
123さん
ブログタイトル
知的財産と調査
更新頻度
703回 / 365日(平均13.5回/週)
フォロー
知的財産と調査

123さんの新着記事

1件〜30件

  • 「ロバーツ・コートの特許のかたち: アメリカ最高裁の重要判例」

    元東京理科医大MIPの藤野先生近刊です。 ジョン・ロバーツが合衆国最高裁判所の首席裁判官に着任した二〇〇五年の開廷期から二〇一九年の開廷期までの特許事件三十四…

  • 「映画のなかのロゴマーク 視覚言語と物語の構造」

    映画のなかのロゴマークに関する書籍です。 7本の映画作品を題材に、登場する架空のロゴマークを通し、視覚情報が台詞や演技とは異なる力で物語を生成していることを明…

  • 知財管理 2021年9月号 目次

    知財管理誌2021年9月号目次が公表されています。 農水知財、欧州特許庁拡大審判部、メキシコ特許訴訟、海外子会社との技術関連契約、改正意匠法など幅広い内容です…

  • 国際知財司法シンポジウム2021はオンラインのみへ

    10/20(水)~22(金)開催の国際知財司法シンポジウム2021はオンラインのみへ変更となりました。 また、ホームページに詳細なプログラムが開示されています…

  • 「会社がなくなる!」「ゼロコロナという病」

    今日届いた2冊の書籍です。 「会社がなくなる!」は、連休中に尾身さんの好きな銀座散策をしていたら、見つけた書籍です。まだ読んでいませんが、自分もSDGs、ES…

  • 「2022年度版 弁理士試験 四法横断法文集」

    TACによる2022年度版 弁理士試験 四法横断法文集です。主として特許法、実用新案法、意匠法、商標法の4つの法律を並列的に掲載しているので、「横断的な学習」…

  • 「デジタルカメラマガジン 2021年10月号」日本弁理士会 写真を楽しむための著作権Q&A

    9/18発売のデジタルカメラマガジン2021年10月号には、日本弁理士会著作権委員会 監修「写真を楽しむための著作権Q&A」という記事が掲載されています。 写…

  • 「起業ストーリーで学ぶ会計」

    中央経済社の近刊です。 @cosmeを運営する(株)アイスタイルの起業から現在までの実話と実データにもとづいて、複式簿記、会計学、財務分析、価値分析について体…

  • 「知財のフロンティア 第1巻/第2巻」

    東大の田村先生と同志社大の山根先生が編者の近刊です。山根先生は田村先生のお弟子さんのようです。 望ましい知財制度とはどういうものか? 本来あるべき制度の構築を…

  • 士業への値引き要求

    弁理士に限りませんが、士業の手数料はそれなりに高いので、値切って来たり、相見積にするお客さんもいます。社内で値引きや相見積がルール化されている場合もあり、やら…

  • 「成功する開業医―院長夫人、あなたが期待されていること」

    院長婦人に焦点を当てた成功する開業医に関する書籍です。院長夫人の医院への関わり方で医院の業績は大きく変わるとのことです。 特許事務所でも奥様が事務や経理をして…

  • 第222回 知的財産マネジメント研究会(Smips)

    10/16(土)開催の第222回 知的財産マネジメント研究会(Smips)です。 元日立ハイテク知財部長、元日本電産知財部長の石塚氏が、産業界から見た大学との…

  • 東京パラ選手村で起こった「e-Palette」接触事故の教訓

    日経xtechに、東京パラ選手村で起こった「e-Palette」接触事故の教訓という記事が掲載されています。2021年8月26日に、東京パラリンピックの選手村…

  • 知財研セミナ―「中国・東南アジアにおける模倣対策の最新実務」

    一般財団法人知的財産研究教育財団 知的財産研究所主催セミナーです。 模倣品対策に習熟した弁護士さんより、中国、東南アジアの模倣被害・対策の最新事情、各国主要E…

  • 令和3年7月分 特許出願等統計速報

    令和3年7月分 特許出願等統計速報が公表されました。 今年の7月はオリンピック開幕時の4連休があり、特実意匠とも前年同月比で出願数が減っています。実用新案は前…

  • 第6回Zoomサロン会 ダイバーシティ委員会

    日本弁理士協同組合の第6回サロン会です。 日本弁理士会のダイバーシティ推進委員会、初代委員長の日野先生をお招きし、委員会の活動内容をご紹介いただくというもので…

  • INPIT(初級)知的財産権研修

    INPITの(初級)知的財産権研修です。 知的財産に関連する業務に従事する職員等(特に知財初学者)を主な対象に、その業務遂行に必要な基礎知識を教授するものです…

  • Law&Technology 93号 目次

    Law&Technology 93号 目次が公表されました。 今号では、越境捜索最高裁判所決定の総合的検討が中心であり、知的財産法に関する内容は多くありません…

  • 「特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が閣議決定

    本日、「特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が閣議決定されました。 手続のデジタル化や口座振込等による予納は来月10/1から、その他の改正につ…

  • マツモトキヨシ裁判、特許庁が上告断念 審判へ差戻し

    マツモトキヨシの音の商標に関する拒絶審決取消訴訟ですが、特許庁が上告を断念しました。これにより審判へ差戻され、商標登録がされることになります。 この審取訴訟は…

  • 特許庁の予納口座へ銀行振込が可能に

    10/1より、特許庁の予納口座へ銀行振込が可能になります。 現状、予納の入金は特許印紙で行うことになっていますが、法改正により特許印紙以外の入金手続による予納…

  • 「発明伝房―凡人凡発明、開き直りの発明小説」

    発明に関する小説です。 詳細は不明ですが、凡人凡発明を紹介する内容のようです。 発明伝房 凡人凡発明、開き直りの発明小説 (コミュニティ・ブックス) [ 井山…

  • 菅総理の退任

    9/3午前に菅総理が総裁選へ出馬せず、総理大臣を総裁の任期満了で退任することを発表しました。9/6の週に退任理由を明らかにするとのことでしたが、いまだに十分な…

  • AIPPI「2021年最新米国最高裁・CAFC等における重要判決の解説」

    AIPPI JAPANのウェブセミナーです。米国特許弁護士の先生より、2021年最新米国最高裁・CAFC等における重要判決の解説がされます。 セミナー・講演会…

  • オプジーボ訴訟で和解勧告

    昨日、大阪地裁で、本庶教授と小野薬品の和解に向けた非公式の協議が行われたそうです。詳細は開示されていませんが、裁判所から具体的な和解案が示されたとのことです。…

  • 特許庁への手続において旧氏(旧姓)併記が可能に

    10/1より、特許庁への手続において旧氏(旧姓)併記が可能になるそうです。弁理士など代理人も対象です。社会情勢の変化等を鑑み、変更するとのことです。 特許庁へ…

  • 富士通のAI化学文書検索サービス「SCIDOCSS」、5日の作業を1日で完了

    富士通がAIを用いた化学文書検索サービス「SCIDOCSS」をリリースしました。 キーワードによる検索に加えて、数十行にわたる文章での検索にも対応し、さらには…

  • 「知財実務のツボとコツがゼッタイにわかる本[第2版]」

    知財実務のツボとコツがゼッタイにわかる本[第2版]です。 「知財の基礎知識」「事業に沿った知財の注意点」「知財戦略」と大きく3つに分け、それぞれをQ&A形式で…

  • 「AIを発明者とは認めない」という判決がアメリカで下る

    アメリカでAIを発明者とは認めない」という判決がされたそうです。AIが発明者になれるかという話題は、先週の北大サマーセミナーでもありました。 従来のアメリカ特…

  • 任期付職員(商標審査官(補))の募集

    特許庁が任期付商標審査官(補)の募集を始めました。 募集人数は10名程度とのことです。条件に合致し、意欲のある方には。キャリアップにつながる仕事と思います。 …

カテゴリー一覧
商用