searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
鉄オタ君と中学受験という名の電車に乗って https://takao630.hatenablog.com/

「鉄道研究部に入って、ジオラマを走らせたい!」という鉄オタ息子の願いを叶えるため、中学受験に足を踏み入れてしまいました。超グータラな母とモジモジ君が行き着く駅はいったい!?リアルタイムで綴っていきます。

うらん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/02/18

1件〜100件

  • 息子のクラスの四天王(←私が呼んでるだけ)

    さて、前回の記事で思い出したのだが、息子のクラスには優秀なお子さんが非常に多い。 その中でも 勉強も運動も出来き、おまけに性格も良いという3拍子揃った超優秀な4人 人呼んで「THE 〇組の四天王」 ジャーン!!! (注:私がそう呼んでるだけ) がいるそうだ。 さて、そんな四天王のメンバーを紹介しよう。 ・Aくん →学年の代表委員。博学で愛読書は図鑑。運動神経も抜群。息子がしているスポーツでは、常に全国大会に出場。 ・Bくん →作文で何度も全国の賞をもらっている(←学校の新聞によく載っている)。勉強だけではなく、サッカーチームに所属し、運動神経もよいそうだ(息子談)。 ・Cくん →天才肌?あまり…

  • 学校のテストも何だかなぁ・・・の件

    以前、塾の勉強が始まってから、学校の勉強に変化があったという記事を書いた。 takao630.hatenablog.com 要約すると、塾で忙しく、学校の勉強については全くと言っていいほど見れておらず、ほったらかし。でも、塾の勉強のお陰か、以前よりテストの点が良くなった のような、ちょっとドヤってた話だ。 しかし、人間って、そう簡単に変わらないよねっ、てなもんだ。 3年生の成績表も超絶フツーだったし、(何なら、ちょっと下がってる?)何か算数の小クラスもクラスダウンしていたようだし、(←聞いてないぞぉ!!)持って返ってくるテストも何だか最近、雲行きが怪しい・・・。 そして、今日持って返ってきたテ…

  • クラス決定と国語の進捗

    「クラス分け基準」が公開されましたね。 息子の今回の点数、偏差値は予想通り、現在のクラスの基準点を満たしていなかった。 しかし、クラスダウンは直近2回、連続して下回ったらなので、今回は警告だけで、今のクラスステイとなった。 この結果を息子に見せると、 「あ~~~! おしかったなぁ~~!」 とのこと・・・。一体、何が惜しかったのか・・・。何一つ惜しくはないのだが・・・。 基準点、40点以上の差がありますが??偏差値も4以上の開きがありますが?? 「今回はクラスは変わらないけど、次、基準点いかなかったら、クラスダウンだって。」 と息子に告げると、 「大丈夫、大丈夫! 次は絶対大丈夫!!」 ( ↑ …

  • 母親の呼び方(男の子編)

    *今回は「中学受験」と全く関係ない話です。 突然ですが、皆さまのお子さんは皆さんのことを何と呼んでいますか? 1.お母さん 2.ママ 3.母ちゃん 4.母上(殿) 5.マミー 6.ママちゃん 7.おっかさん 8.おふくろ この中にあるでしょうか。 ちなみに、「ベネッセ教育情報サイト」によると、 benesse.jp 「ママ」呼び派と「お母さん」呼び派に二分されるそうだ。 また、これ1~8以外にも「(お母さんの)名前+さん、ちゃん」呼びもあるそうで・・・。 うちはと言うと・・・ 7「おっかさん」,8「おふくろ」を除いて、全て使用。 一番多いのは、1の「お母さん」だが、友だちの前だと、3の「母ちゃ…

  • 「解答盗み見」事件

    「解答盗み見」・・・ 音だけ聞くと、こんなイメージをしてしまう私。 「怪盗 ヌスミーミ、参上!フハハハハハ・・・・!!」 そんなカッコいいもんでも何でもないのだが、ちょっと気分を盛り上げてみた。 さて、話を本題に・・・ 今回の組み分けテストの国語があまりにも酷かったので、一度主人に言う通り、一人で読解問題に取り組んでもらうことにした。 取り組んでいるのは、これ ↓ 小学 基本トレーニング読解力7級:30日で完成 反復式+進級式 (受験研究社) 作者:受験研究社 増進堂・受験研究社 Amazon 解いている間、私は何も言わず、手助けせず、終わったら、一緒に答え合わせをし、解説をする。 この方法で…

  • 小4組み分けテスト 第2回→偏差値

    皆さま、こんばんは。 水深1000mくらいまで浮上した「チョウチンアンコウ」こと、うらんです。 突然ですが、ここで「なぞなぞ」です。 見たいけど、怖くてなかなか見ることができないモノって、な~んだ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 答えは… 四谷大塚HPにアップされた「組み分けテスト」の偏差値 です! みんな~、当たったかな~? な~んてつまらない冗談はさておき、浮上しつつある私ではあるが、まだまだ偏差値を見る勇気が出ない。しかし、見ない訳にもいかない。 仕方がないので、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしながら、「組み分けテスト」の「結果を見る」をクリックした。 ↑ 「家政婦は見た!…

  • 組み分けテスト4年 第2回 →自己採点

    皆さま、こんにちは。 「組み分けテスト」から一夜明けて、いかがお過ごしでしょうか。 私は、海底2万里、いや何なら地殻を突っ切って「マントル」レベルまで落ちておりました。 少し前に「テストで一喜一憂しない!」と決めていたのに、予想の斜め上をいく酷い結果に、その決意もどこへやら・・・。 今回浮上するのは時間がかかりそうです。 何故ここまで落ち込むのか、自己分析してみた。 1.単純に点数が酷かった。特に、国語は始まって以来の悪さ。3分の1しか取れていない。算数も半分以下。いつも補ってくれていた理科・社会も今回はカバーできるような点数ではない。 2.テストの点数がドンドン落ち続けている。受ければ受ける…

  • GW 勉強計画 →あくまで計画…

    さて、GWも後半戦。「組み分けテスト」まで残り2日となった本日の朝、 我が家のモジモジ君は完全復活を果たし、やっと、やっと勉強のスタートラインに立つことができた。 がっ!!! 時間が、圧倒的に足りない!!! と心の声が駄々洩れている余裕のない状況ではあるが、取り合えずの勉強計画を立ててみた。 それを本日の朝から遂行しているわけだが、我が家はまさに地獄絵図、阿鼻叫喚の現場となっているのであった。↓ こんな感じ。 ↑ほぼ私。ときどきモジモジ君… そんな我が家の現場レポートはさておき、2日間の勉強計画(仮→と言うか「願望」)は以下。 1.算数 GW前に塾の先生からもらった「ゴールデンウィーク特別課題…

  • GW 家族旅行の記録(箱根)

    未だに「組み分けテスト」勉強、全滅ランプは鳴ったままだが、少し回復の兆しが見えてきたモジモジ君。 何とか「絶望フラブ」は回避できるかも?と淡い期待を抱いているGW中盤戦。 さて、今回は気分転換にGW前半に行った「家族旅行」について記すことにする。 1.旅行先・・・箱根 →何故「箱根」に決めたかと言うと、「箱根フリーパス」で色々な乗り物に乗りたいというモジモジ君らしい希望を叶えるため。 2.乗った乗り物たち ① 小田急ロマンスカー →これはGSE。本当はこのGSEに乗りたかったんだけど、チケットが取れなかったので、記念に写真だけパチリ。 実際に乗ったのは「EXE α」 ②箱根登山鉄道 ↑フリー素…

  • GWは○○の予感

    みなさま、GW いかがお過ごしでしょうか。素敵なGWをお過ごしでしょうか。 さて、ここで問題です。 本日のタイトル「○○」には何が入るでしょうか? 1.GWは恋の予感 2.GWは嫌な予感 3.GWは全滅の予感 4.GWは絶望の予感 ↓ ↓ ↓ ↓ 正解は・・・ 1 →勿論✖ ありえない。そんな楽しい話ではない。 2 →○ だって、5/1夜、息子が「頭が痛い」と言い出した。 3 →○ 今、ここ。息子が熱を出した。「何でこうなった…」 4 →○? きっと近い未来? 「何でこんなことになるんだよっ!!」(by『マイファミリー』) 当初の予定。 GWの前半、楽しい旅行!!GWの後半、組み分けテストに向…

  • カリキュラムテスト(第8,9回)結果

    お待たせしました。(←誰も待っていない) 今回のカリキュラムテストの結果です。 結果発表~~~~!!(浜ちゃん風に) ・算数…40台前半/100点 →偏差値40前半 ・国語…60台後半/100点 →偏差値50ジャスト ・理科…40台後半/50点 →偏差値50後半 ・社会…40台後半/50点 →偏差値60前半 ・4教科偏差値 →40後半(ギリギリ50に乗らず) やはり、理科、社会に助けられる結果となった。それでも、算数が本当に酷かったので、全体でも半分に届かなかった。 この結果にモジモジ君本人は 「え、社会めっちゃ良くない? イエーイ!」 と超ポジティブ。 算数、国語の出来なさぶりは記憶から抹消…

  • 酷語、お前もか・・・。

    今期の日曜劇場「マイファミリー」を見てる方、いらっしゃいますか。 www.oricon.co.jp 娘さんが帰ってきて、家族みんなで抱き合うところ感情移入して、思わず泣いてしまいました・・・。 しかし、それより今回このドラマで一番胸に刺さった場面。多部未華子さん演じる母親が、 娘が塾の「組み分けテスト」が悪くて、クラスが2つも落ちてしまって大喧嘩し、いつもは送迎している塾を、その日は送らなかった。そして、その日に誘拐されてしまった、私のせいだ・・・。 と二宮和也演じる父親に告白し、自分を責めるところだ。 塾に通う子を持つ私にとって、母親の気持ちは痛いほどよく分かる。 カリキュラムテストで、いち…

  • やっちまったな!

    *タイトルの「やっちまったな!」というのは、私の反省の叫びです。 おそようございます。 昨日のカリキュラムテスト砲から若干立ち直ったうらんです。 詳しい点数などは、また次回に書くことにして今回は「惨数」についての話。 カリキュラムテストが終わって迎えに行くと、息子はこんな顔をして待っていた。 「どうしたの?」と声をかけると 「算数、全然出来なかった・・・」との返事。 「え、そうなの? 難しかったの?」 「頭、真っ白になっちゃって・・・」 いや~な予感・・・。最初に受けた「組み分けテスト」の悪夢がよみがえる。 とにかく家に帰って見直しをすることにした。 ざっと問題用紙を見てみると、 図形は全滅と…

  • カリキュラムテスト(第8,9回)直前

    4年生に上がったことにより、学校でのクラブ活動が始まった。 それぞれの小学校によって、その時間数などは違うと思うが息子の小学校では、大体月に1回、1時間程度。 息子の入ったクラブは 「図書クラブ」 「で、何するの?」 と息子に聞くと、 「う~ん、本を読むんだと思う。」 何だかよく分かっていない様子。 まさか、本を読むだけってことはないよね~と思っていたのだが、先日、初めてのクラブの日があり、何をしたのか聞いてみた。その答えは、まさかの・・・ 「図書室で、みんなそれぞれ、好きな本を読んだ。」 「え? それだけ?」 「うん、それだけ。」 「・・・。みんなと何かしないの?」 「しないよ。黙読だけ。」…

  • 「面談」に行ってきた話(国語編)

    息子の得意なこと 第2弾 モノマネ(音マネ?)をすること。家にいるときは、ほぼ独り言を言っているので、何を言ってるのかと思いきや、ひたすらモノマネの練習をしている。 レパートリー1①電車が鉄橋を渡る音(特急編)②電車が鉄橋を渡る音(各駅停車編)←①との違いがよく分からん…。 レパートリー2電車の警笛(ホーン)各種 レパートリー3電車の発車ミュージック各種(お気に入りは阪急電車「梅田駅」) まあ、こんな感じで90%が電車の音マネなのだが、時々アニメのモノマネも入ってくる。 最近なぜかお気に入りの「おそ松さん」のカラ松 鏡を見ながら、ポーズまで練習している…。そして、そのモノマネはやはり私が怒って…

  • 「面談」に行ってきた話(算数編)

    息子の得意なことの一つ。 白目を向いて変顔をすること。いかに変な顔になるか、日々鍛錬をしている様子。 それが発揮されのが、そう、私に怒られている、まさにそのときである。 「もう、何回同じこと言われるの!!」 ←モジモジ君(仮) 「・・・!!!」→戦意喪失。 ま、負けた・・・。 最強の防御を身に着けた息子であった。 話を本題に戻して、「面談」に行ってきた話をしよう。 電話では、「国語」の勉強方法についてお聞きしたいとお願いしたのだが、何故か「算数」、「国語」の両方の先生が面談してくれることになっていた。 有難い! まずは「算数」の話。 こちらからの相談は→授業内容が理解できていない訳ではないが、…

  • 初の「面談」を申し込んでみる

    唐突だが、私は「ウニ」が非常に好きだ。お寿司屋さんに行って、まず食べたいのは雲丹だ。 そして、最後の〆に食べたいのもU・N・I だ。 ああ、光り輝くオレンジ色の艶、あの魅惑の食感・・・。 出来ることなら毎日とまではいかないが、週に1回ぐらいは食べたい。 しかし、貧乏人の我が家の食卓には残念ながらあまりお出ましにならない。 だが、そんな雲丹の下僕の私の前に救世主様が現れたのだ! その名も 「うにのようなビヨンドとうふ」 news.nicovideo.jp ありがたや~~。 たかが豆腐と侮るなかれ。これは、私にとってはほぼほぼ「雲丹」だ。 息子も一口食べて、 「お母さん、これ、雲丹だよ!!!」 と…

  • ワクチン副反応はつづく・・・/カリテの偏差値

    いつもうるさい位に纏わりついている息子だが、一昨日はワクチン副反応にやられ、ほぼ一日布団の中に。 ときどき様子を見に行くと 「頭が痛い・・・。だるい・・・。寝る」 という感じだったので、心配はしたがお陰で仕事が捗った。 もう一度様子を見に行くと、うなされて寝言を言っていた。 「ママが、ママがいいんだよ~~~~!」 「・・・・・・・。」 ・・・どんな夢を見ているのだ。 そして昨日。 「おっはよー! ボク、ふっか~~~つ!」 と元気に起きてきた。ただ、腕はまだ痛いらしい。それをフル活用するモジモジ君。 例えば、計算ミスがあった場合、 「これ、また凡ミスで間違えているよ。」 「だって、副反応で腕が痛…

  • カリキュラムテスト(第6,7回)自己採点→結果

    昨日、カリキュラムテストが終わって、コロナワクチンの2回目接種をした息子。 1回目のときは、 「手が上がらない~」 ぐらいで後はピンピンしていたのだが、2回目はどうやら副反応が出ているらしい。 腕が上がらないにプラスして、 「おかあさん、ボクしんどい」 と言って一日寝ている。 どうか、明日には元気になっていますように! さて、カリキュラムテストの話。 終わってから出てきた息子は、前のクラスのように 「ボク、出来た!」 と鼻息荒く出てくることはなかった。何だかビミョウ~な面持ちで 「う~~ん、思ったほど難しくはなかったけど、そんなには出来なかったかな…」 という感想だった。 私も今までのこともあ…

  • カリキュラムテスト(第6,7回)直前

    もうすぐGWですね!(←気が早い) 最近、コロナやら、塾の勉強やら、金欠やらで長い間、どっっっこにも旅行できていない我が家。(強いて言えば、実家に行ったくらい) 今年のGWこそは、遠出じゃなくてもいいので、どこかへ旅行したい!!と今から計画を練っている。 ・・・と言うか、現実逃避。ちなみに金欠問題も解決はしていない。 しかし!! そんな楽しみもなきゃ、この殺伐とした日常、やってられるかーい。ネットで調べては、妄想旅行に耽る今日このごろ。 「おかあさん、遊んでるの?」 「しししし、仕事よ!」(←咄嗟に嘘をついてしまうダメ母) さて、前置きが長くなってしまったが、本日は久しぶりのカリキュラムテスト…

  • 子どもの勉強を見ることについて

    春休み、終わったぁ~~~~! 万歳、ばんざ~い、バンザ~~~~イ!!! と叫び出すほど嬉しいお母さま方、いますよね。何を隠そう(←全然隠してないが)私もその1人だ。皆様、今宵は祝杯をあげようではないかっ!わっはっはっはっはぁ~。 さて、くだらない話はこれぐらいにして本題に入ろうと思う。 「子どもの勉強を見るべきか否か」問題について。←あくまで私の場合。 春期講習の「宿題、見る?見ない?」問題で毎日のようにバトルを繰り返した私と息子。 お世辞にも理解が速いとは言えない(+態度が悪い)息子についつい口調が荒くなり 「これ、さっきも言ったよね!」 と怖い顔になってしまう。もう、眉間の皺が消えない恐怖…

  • 誕生日の過ごし方

    食べるのが大好きな食欲旺盛な息子、とある晩のこと。 夕飯をパクつきながら、真剣な面持ちで聞いてきた。 「あ、お母さん、ちょっと聞きたいんだけど」 「え?なぁに?」 「明日の朝ごはん、なに?」 「今?!」 彼の頭の中は「電車」と「食べ物」でほぼほぼ占められているようだ。いや~男子、あるあるですよね。(うちだけ??) さてさて、そんな息子もめでたく誕生日を迎えた。 プレゼントに鉄道模型をリクエストをするも私に「高過ぎる!!!」 とあっさり却下された息子は「じゃ、図鑑で」 ということで、欲しい図鑑を指定してきた。しかも3冊も!! でも、まあ勉強にもなるからいっか、と交渉成立。 選んだのは「講談社のM…

  • アップしたクラスについていけているのか?問題

    昨日は春期講習が休みだった。春期講習では、朝早く起きなければならず、毎朝「起きなさい」→「眠い」→「早く起きなさい」→「グー」→「怒」→「ZZZ」→「怒X2」→「逆ギレ」パターンを繰り返し朝から疲弊していた。 なので、休み~~~~!! 久しぶりにバトルしなくてすむぞ~と 「明日は、ゆ~~~~~~っくり寝てていいからね!お母さん、起こさないからね~~。ウフフ。」 とウキウキしながら言うと 「うん!ぼく、12時まで寝ちゃおうかな~。エヘヘ。」 とワクワクした返事がかえってきた。ああ、久しぶりに訪れる平和な空気。 そして、休みの朝・・・。 起こさないのに、時間通りに起きてくる・・・。 「てへっ!なん…

  • 春期講習の悲喜こもごも

    「お母さん、お待たせしました!」 息子が唐突に、そして嬉しそうに言った。 「え?何が?」 「ついに、中国~四国線が完成しましたっ!!」 「・・・。」 新しいマイ路線が完成したそうだ。その後、路線作りで苦労したこと(本州から四国をつなぐのを橋にするか、トンネルにするかなど悩んだそうだ→知らんがな…。)、駅を幾つ作るか、特急、急行の止まる駅をどうするか等悩みに悩んで、ついに完成したらしい。 その情熱、どこかで役立つと母は信じているぞ。 さて、春期講習が始まり、前半戦が終了の運びとなり、いろいろ思ったことがあったので、記しておくことにする。 良かったこと。 1.担当の先生が4教科とも当たりだった。(…

  • 春休み、どうする?

    何の実りもない当ブログに訪れていただきまして、有難うございます!さて、今回はさらに読んでも何の得にもならない内容となっておりますので、どうか、お時間に余裕があるときにどうぞ・・・。 朝ドラの「カムカムエブリバディ」に感化され、久しぶりにラジオ英会話を聞こうとラジオを付ける。流れてきたのは、 あた~らしい朝が来た、希望の朝だ♬ そう、ラジオ体操!懐かしさがこみ上げ、つい張り切って音楽に合わせて体を動かす。 息子から、 「おかあさん、すごーい!全部、覚えてるの?」 「エッへッヘッヘ~。まぁね~」(→もろラジオ体操世代) な~んて息子からの言葉に気をよくし、調子に乗って体を大きく動かすと悲劇が訪れた…

  • 新小4 第1回組み分けテスト③→クラス決定

    息子がよくするクイズ。 「『車庫前線』の特急で止まる駅を全て答えてください。」 「・・・分かんない。」 「もう、ちゃんと考えてよ~」 そもそも『車庫前線』って、どこだよ?って思いません?はい、鉄オタ君をお持ちのお母さま方なら察しはつくと思いますが、そう、「マイ鉄道」の路線のことだ。 知らねぇよ~~~~!! さて、話を「組み分けテスト」に戻そう。 算数、国語は散々な結果であったが、社会と理科は予想外に良かった。全く期待していなかったから、余計そう思ったのかもしれないが。 特に社会は1問しか間違えていなかったので、これは褒めてあげたい。 今も社会は日本の都道府県についてやっているのだが、やはり鉄オ…

  • 新小4 第1回組み分けテスト②

    地味にいらいらすること。 主人は非常におっちょこちょいだ。私がリビングでPC作業をしていると、50%位の確率で夫に電気を消される。 「え!?」 「あっ、ごめん! 台所のスイッチと間違えた!」 本日2回目。 ま、いいんだけど、重なってくると、じわじわイライラが・・・。 病んでる? えっと、話は何だっけ?あ、そうそう「組み分けテスト」の振り返りだった。 話を戻して、お次は「国語」。 前回の組み分けでは、文章問題がまあまあの出来だったため、今回は漢字、言葉も勉強していったので、実は少し期待していた。 しかし、カリキュラムテストから、文章問題が絶不調の息子は今回の組み分けテストも浮上の兆しは見えない結…

  • 新小4 第1回 組み分けテスト①

    息子に「お母さんの後ろの髪の毛は『白髪王国』だ」と言われたとです。ウランです。ウランです… ウランです…。 まあ、そんな話はさておき、前回の「組み分けテスト」のショックから、やっと立ち直ってきたので(←おそっ!)、そろそろ現実を受け止め、振り返りをしようと思う。 「おかあさん、ボク、今回は出来た!」 何回目だよっ!もう、騙されねぇぞっ!! 相変わらず、お馴染みの台詞を言いながら会場から出てきた息子であったが、さすがに、毎度騙されるわけにはいかない。 「えー? 本当?」(←疑い) 「ほんと、ほんと、今回はぜっーーーったい!」 「・・・まあ、モジモジ君がそういうのなら、今回はそうなのかな?💛」 と…

  • さようなら、チャレンジ小学講座。今、万感の思いを込めて

    思えば、ベネッセ教材との付き合いは非常に長い。 しまじろうの「こどもチャレンジ」からの付き合いになる。 ①こどもチャレンジbaby →0,1歳向け ②こどもチャレンジぷち →1,2歳向け ③こどもチャレンジぼけっと→2,3歳向け ④こどもチャレンジほっぷ→年少向け ⑤こどもチャレンジすてっぷ→年中向け ⑥こどもチャンレンジじゃんぷ→年長向け なんと、フル活用。玩具が溜まりに溜まって、足の踏み場もなくなる。踏んづけて、足を負傷すること数知れず・・・。しかし、DVDには本当にお世話になった。(母の唯一の休息時間。) そして、そのまま何の疑いもなく、「チャレンジ小学講座」へ…。 良かった点・・・①朝…

  • お母さん、白髪が・・・。

    今朝、その事件は起きた。 毎朝、息子は習っているスポーツのために、柔軟体操をすることを日課としている。 私も時間があるときは、時々付き合って一緒にしているのだが、開脚ストレッチをしているときに息子がふいにつぶやいた。 「お母さん、白髪、あるよ。ながーいの。」 きぇーーーー!!! いや、もう年も年なんで、あるんですよ、普通に、白髪。でも、なぜか内側にあるのと、そんなに本数が多くないということもあり、見つけては切り(抜いちゃ毛根が死んじゃうからね!)、見つけては切り、で騙し騙し、何とか染めずに今まできたのである。 ストレッチが嫌だったのか、何なのか分からないが、いきなり息子がはさみを持ってきて、 …

  • 小3 ピアノの進級テストと漢字検定

    最近息子は郵便受けを頻繁に覗いている。 「まだかなぁ~、そろそろだと思うんだけど…」 そう、漢字検定の合否結果を待っているのだ。 漢字検定を受けた時のことは、こちらを参照ください。 takao630.hatenablog.com 「うーん、まだなんじゃない?40日後でしょ?受けたのいつだったっけ?」 「忘れた!」 ・・・。 しかしながら、私もすっかり忘れている。(前の記事に日付書いてあった・・・。) 塾のカリテ、次のカリテ、からの~組み分けテストに追われていて、漢字検定は遠い昔の出来事のようだった。 思い出されるのは、美味しかったラーメンの記憶のみ…。 「あそこの白湯スープ、絶品だったよね~」…

  • 新小4 カリキュラムテスト(第3回、第4回)

    「チョー簡単だった!」 デ、デジャヴュ? 第二回目のカリテを終えて出てきた時に息子が言い放った台詞。前回のカリテのことがあり、全くもって信じられん。 「そうなの? でもさ、前回もそんなこと言って、結構間違ってたじゃない?」 「いーやっ!今回は絶対出来てる!ボク、たくさん見直ししたもん。」 「そうなの? じゃ、良かったねー!」 息子の自信に満ち溢れた言葉にコロッと騙され、またもや浮かれ気分になる私。 「今回こそ、全教科、満点? ウヒヒッ!」 デジャヴュ・・・? いやいや、これ、経験したよね・・・。ということは、やっぱり結末は・・・。 1.算数 やっぱり計算ミス!!筆算するときに、数字を写し間違え…

  • 小3 ピアノとワクチンとモジモジ君

    土曜日の組み分けテストのショックで一度シボーして、先ほどやっと蘇生したところだ。 そんな「4年第1回組み分けテスト」については、後日成績がきちんと出てから書くことにして、今回は、日曜日受けたピアノの「グレードテスト」とコロナのワクチン接種について書こうと思う。 1.ピアノのグレードテスト 息子は某音楽教室でピアノを習っている。 ピアノのレベルと才能(?)については、以下の記事をご覧ください。 takao630.hatenablog.com そんなに一生懸命ではない息子でも、大体1年ぐらいで1冊のテキストが終わるようになっている。 テキストが終わると同時に「グレードテスト」と言われる進級テストを…

  • 空前絶後の~小ネタ集

    いや~、しかし、何ですな~。もう、季節はすっかり春ですな~。 と「小ネタ集」だけに「探偵ナイトスクープ」の桂小枝(→知ってます??)の小ネタ集をオマージュしてみた。 そんな私のマイナー路線はさておき、(って、小枝師匠に失礼だな…)本日は「新小4第二回組み分けテスト」当日のため、心が軽くなる(?)小ネタ集をご紹介。 本日のラインナップ 1.四字熟語、どうやって覚えてる? 2.脳みそツルツル虫 3.表彰状って…。 それでは、早速いってみよう! 1.四字熟語、どうやって覚えてる? 皆さんのお子さんは四字熟語をどうやって覚えていますか? お勧めの『ちびまる子ちゃん四字熟語教室』や、『ドラえもん四字熟語…

  • 小3 学校生活に変化が…。

    Wアカデミーの塾に参加始めた夏期講習からすっかり学校の勉強にノータッチとなってしまった。 よく中学受験する子どもたちは塾では下のクラスであっても、学校では出来る部類に入っているなんて話を聞くが我が家のモジモジ君はいたって普通の成績だ。親の欲目でいうなら、真ん中より少し上くらいだろうか。 学校の宿題も今でこそ、何も言わずに1人でやっているが、つい最近までは横について見守りが必要だった。少しでも私が席を立つと、「おかぁさーん、これなんだけどさぁー」とお呼びがかかる。 学校のテストも100点を取るなんてことは本当に稀でいい時で90点代、悪い時で70点代といった感じだ。私の遠い記憶を辿るならば、小学校…

  • 新小4 カリキュラムテスト(第1回、第2回)

    「チョー簡単だった!」 初めてのカリテが終わって、塾から出てくるや否や、自信満々に言い放った。 「えー、そうなの?良かったね!」私もニコニコしながら答えた。 「いや~、余裕だったわ、超楽勝です。ほとんど満点かもしんない!」 組み分けテスト後の「しなびた大根」はどこへやら、すっかり息を吹き返した息子の鼻はグングン天高く伸びていた。 家に着くまでの道のり、「いかに今回自分が出来たか」を延々聞かされたのだが、それでも「出来た」という報告は純粋に嬉しかった。 前回の組み分けテストと違って、範囲が限られていたし、下のクラス向けのテストだったので、前回より手応えを感じたのだろう。 私も何を勉強すればいいか…

  • 新小4の授業スタートと確認テスト                                          (注意!毒吐き系)

    **今回の内容は、ほぼ「毒吐き」です。読んでいて不愉快になること請け合いです。苦手な方はどうかスルーでお願いいたします。 新小4の授業がスタートした。 各教科担当の先生は一新されたとのことで、息子にとっては全員初めて教えてもらう先生ばかりだった。 ところで、いい先生は上のクラスを担当して、下のクラスはそれなりの(イマイチ含む)先生が担当するという話を聞いたが、本当だろうか。 というのも、今息子が教えてもらっている先生の一人が息子から話を聞く限り、超絶いけてない。 息子の話とノートを見る限り、こんな感じだ。 ①授業は教科書を読むだけ(or 生徒に読ませるだけ)。→時々、蛍光ペンで線を引かせる。線…

  • 新小4 スタート前 宿題割り振りに頭が・・・。

    新小4の授業に向けて、「新学年学習ガイダンス」に参加した。 他の塾も同様なのだろうが、新学年に向けて1年間どのように進めていくかを話してくれる。 話した内容は以下。 1.時間割2.クラス編成3.組み分けテストについて4.カリキュラムテストについて5.シラバス(年間スケジュール)6.各教科の授業の進め方、宿題について スケジュールを見て、一気にテンションが下がる。テストが多すぎる!!カリキュラムテストが2週間に1回、組み分けテストが5週間に1回。 これって、ほぼほぼ土曜日はテストじゃん! 勿論こまめにテストをしてくれるほうが、範囲が狭くて勉強しやすいのだけれど。それでも、ほぼほぼ土曜日がテストと…

  • 新小4 クラス決定

    出先から帰って、郵便ポストを覗くと、塾から「クラス分け決定」の葉書きが届いていた。 検討はついていたが、やはり保護シールをめくるときは、ドキドキした。果たして・・・ 結果は予想通り、「下のクラス」だった。 息子に伝えると、「やっぱりなー。」と少しションボリしていた。組み分けテスト前までは、伸びに伸びた鼻を引っ提げていた息子だったが、組み分けテスト後の振り返りで、自分の立ち位置を把握したようで、高かった鼻は見る影もない・・・。しなびた大根だ。 振り返り後、私が「多分、下のクラスだと思うよ。」というと、「分かってる。次頑張る。」と言っていたが、やはり本当に下のクラスだと確定すると、ショックはショッ…

  • 新小4 組み分けテスト 当日④

    さて、息も絶え絶えだが、お次は国語の振り返り。 まずは、大問3の諺と熟語。覚えれば出来る問題だが、覚えていなければ全く手が出ない系。息子は分からなくても、何か書いたらしいが、残念ながらほぼ外れ。正答率は40% ちなみに今回出た問題は、・三つ子の魂( )まで。 →「八」 →ブブーっ!! →五年間? みじかっ! →なぜ「八」? →自分が8歳だから、だそうだ。 ・( )転び八起き →「一」 →ブブーっ!! →一回転んだだけで、さすがに8回も起き上がれないよ!! 大問4の漢字正答率50%息子いわく、緊張して思い出せなかったのだとか。ちなみに、「空」の穴冠をウ冠に書くという凡ミス有り・・・。 大問1の物…

  • 新小4 組み分けテスト 当日③

    家に帰ってきて夕飯を食べ終わると、鉄は熱いうちに打て、と言わんばかりに「振り返り」タイムへと突入。 「算数、国語、どっちからする?」と息子に問いかけると、 「・・・さ、算数。」と緊張気味の返事が返ってきた。 大問1は計算問題、8問。 何度も書いているが、息子は計算が極端に弱い。じっくり時間をかけて見直しすれば、あるいは間違えないのかもしれない。しかし、今回のような大きなテストで緊張しないわけがない。緊張すれば、するほど間違えるのが息子なのだ。 果たして・・・。計算で半分も落としている・・・。ひい~~~~~!!ここで、いったん白目を向きかける。 誰もが点数を取れる、謂わばサービス問題のような計算…

  • 新小4 組み分けテスト 当日②

    今回のテストは2科目・算数 40分 200点満点 ・国語 40分 150点満点 最初にテストの説明やら何やらがあるらしく、合わせて2時間近く待たなければならない。少し重かったが、PCを持参し、仕事をするつもりだった。しかし、やっぱり息子のことが気になり、思ったよりはかどらなかった。 そうこうしている内に迎えに行く時間となり、会場へ行くと、また拡声器を持った人たちが人員整理を行っていた。終了時間になると、 「最初は男の子から出てきます。男の子の親御さま、赤い絨毯の両側にお並びください」と声がかかった。 え?赤い絨毯? なんじゃ、そりゃ。 と思って中を見ると、レッドカーペットのように廊下から入口ま…

  • 新小4 組み分けテスト 当日①

    かくして、「組み分けテスト」当日を迎えた。 テストの時間は夕方からだったため、昼の習い事を休まずに行こうと決めていた。しかしながら、組み分けテスト当日にして、怖気づいた息子は 「習い事休む。ボク、勉強したい!」 と言い出したのだ。通常の私なら、 「あ~ら、奥様、タクの息子ったら、勉強好きで困っているんですのよ。アタクシが『遊びなさい]』って何度言っても、一人で勝手に勉強しちゃってるんザマスよ。オーホッホッホッ・・・。」 とスネ夫ママのように、ご近所様に自慢を始めるところだ。しかし、その日の私は「そこまでする必要ある?出来なかったら、その時はその時よ。」と直前にほんの少し勉強したくらいで気が大き…

  • 小3 漢字検定

    本日、息子の漢字検定の受験の日だった。(2月13日のこと) 本当は前回の続き「組み分けテスト」について書くつもりだったが、漢検のことも忘れないうちに記しておくことにした。 ところで、皆さんの小学生時代、漢字検定を受けましたか?というのも、息子の小学校では、定期的に算数検定やら、漢字検定やらの申込用紙が配られる。もちろん任意ではあるが、自分の小学校で受けることができるので、どこかの会場で受けるよりハードルが低く、「いっちょ、受けてみるかぁー。」的な感覚で申し込むことができる。実際、息子の小学校では、かなりの人数が受けているのである。 私の小学校時代には、そんなシステムはなく、というか、漢字検定と…

  • 新小4 組み分けテスト 前夜祭

    冬期講習が無事に終わり、1月より3年生の授業に参加した。 前回にも書いたが、今回の入塾テストで天狗になっている息子は 「え?大丈夫かって? いや、余裕ですから。何せ、ボク、本当は上のクラスでもやっているけるんで・・・。」 みたいな発言をし、ボク、余裕です、母上心配無用でござんす、の雰囲気を醸し出していた。 ただ、1月末には「新小4組み分けテスト」が控えていた。圧倒的に情報不足の私は何を勉強させればいいのか、全く分からなかった。 情報も無ければ、知識もない。おまけに勉強する材料もない。無い無い尽くしのナイナイシックスティーンだ!(古っ!) そんな状態にもかかわらず、すっかり「出来る男」気取りの息…

  • 小3 入塾テスト again!

    ええ、またもや やってまいりました、入塾テスト。 夏期講習前に受けたので、てっきりもう受けなくていいものとばかり思っていたら、 「もう一度受けていただきます。」 「・・・・。」 その事実を息子に伝えると、 「はぁ~~い。」 と何とも気の抜けた返事がかえってきた。どうやら、私よりはショックを受けていないようだ。 しかしながら、テストが近づいてくると、 「おかあさん、ボク、ボク、緊張するっ!」 を連発し、私が 「大丈夫、大丈夫!」 と根拠のない励ましをする無限ループに入るのであった。デジャブだ。 テスト当日、息子がテストを受けている間、私は別室で入塾に関する説明を受けていた。それにしても、入塾手続…

  • 小3 「冬期講習」前の習い事整理

    夏期講習が終わってから、あれよあれよという間に日は過ぎていき、気がついたら冬期講習目前だった。 涙涙の夏期講習を終えて、そのまま早稲アカに通うことも考えたが、習い事に踏ん切りがつかなかった。 何を続けて、何を辞めるべきか。 息子が小1から続けている習い事は以下の通り。 ①運動系習い事(週3) ②ピアノ(週1) ③スイミング(週1) ④書道(週1) ⑤プログラミング(週1) 平日の放課後はほぼ習い事でうまっていて、塾に行く隙が全く無い!それにこうしてみると、習い事多いな、いや、多すぎる!習わせ過ぎた!!お前は、教育ママ気取りかっ!そんなたまかっ!と叫びたくなる。 いやいや、そんなつもりは全くなく…

  • 中学受験に向いている子、向いていない子(息子の場合)②

    やりました!ついに、やったんです。我が家のモジモジ君が、やりました! 昨日、学校から帰ってくるなり、息子が 「お母さん! ぼく、やったよ!頑張ったよ!」 と嬉しそうに話し出した。相変わらずのボキャ貧には目を瞑り、嬉しそうな息子にこちらも顔がほころんだ。 「何を頑張ったの?」 「あのね、今日、『クラスお楽しみ会』の委員を決める選挙があったんだけどね、先生が『やりたい人いますか?』って言ったから、ぼく、手をあげたんだ!」 な、なんですとぉー? あの、モジモジ、ウジウジ、人前に出るのを極端に嫌がる、でお馴染みのボクちゃんが、委員に立候補ですってぇー!! みなさーん、聞いてください! う、うちの愚息が…

  • 中学受験に向いている子、向かない子(息子の場合)①

    自分で言うのも何なんだが、息子はママ愛が人一倍強い。お母さん親衛隊、不動のナンバーワンである。お母さんファンクラブ会員番号も「0000001」番だ。トップオタだ!(家限定) 世間ではとっくに見向きもされないおばちゃんをつかまえて、 「まま、今日もかわいいね!(あくまで個人の感想です)」とか 「宇宙一、愛してるよ~」とか 「大大大大、だーい好きだよー」とか飽きもせず、暇さえあれば叫びながら抱き着いてくる。もう結構大きいので、抱き着かれると「おぅっ!」とつぶされそうなることもしばしばある。 気分が乗ってくると、息子作詞、作曲オリジナルソング「かわいい、ママ」(3番まである) をエアーギターの演奏つ…

  • 小3 初めての夏期講習④

    O塾の初日、仕事から帰ってきてすぐさま 「O塾、どうだった?」 と既に家でくつろいで遊んでいる息子に声をかけた。 「うん、わかったよー。」と遊ぶ手を止めず答えた。相変わらずボキャブラリーが貧困な回答である。 思わず「何が」分かったのか、「どの程度」分かったのか、そして、どう思ったのか、「君ぃ、きちんとした文で説明しなければ、伝わらないのだよ!」と突っ込みたくなったが、そこは、相手は小学3年生、大目に見ようではないか。(いやいや、小学3年生でも言える子は言えるよね・・・。) 仕方がないので、一問一答形式で聞くことにした。 「今日はどんな授業だったの?」 「算数で、もう習ったことがあるやつだったか…

  • 小3 初めての夏期講習③

    聞くも涙語るも涙のWアカデミー、夏期講習前半戦が終わった。(まだ、前半・・・。) 宿題を一緒にやっていて思ったのだが、息子は計算が極端に弱い。勿論慣れていないこともあるだろうが、単純なミスを連発する。理解力以前の問題である。 え?ここ間違える?一桁の計算の足し算や引き算なんだけど・・・。というような間違いが続く。 こめかみを引くつかせながら、丸付けを終了し、 「ねぇ、結構間違えてたよ。」と息子にテキストを見せると、 「嘘だっ!(は?何を根拠に?)」と叫び、テキストを取り上げる。 「ね?ここ、間違えてるでしょ?」とまだ優しい仮面をかぶっている私がフフっと笑いながら言うと、そのママンの仮面に騙され…

  • 小3 初めての夏期講習②

    「じゃ、まずは1人でやってみてね。分からなかったら、お母さん呼んで。」 「はぁい!」 返事はすこぶる良い。その元気な返事に騙され、私はしばらく家事に追われていた。ちらちら息子を見ると、何だか、ボーッとしている。時折消しゴムを転がしている。 え? やっているのか? 声をかけたほうがいい? いやいや、呼ばれるまで、しばらく様子を見てみよう。 そう思った瞬間、息子が声を出した。 「おかぁーさーん、わかんない!」 「ん、どーれ?」 何問かやっているのかと思いきや、最初の1問目を今まで、ずーっと考えていたらしい。 え? 考えていたのか? 後半はただぼおーっとしていただけじゃないのか? そして、その悩んで…

  • 小3 初めての夏期講習①

    かくして、Wアカデミーの夏期講習が始まった。 クラスはもちろん下のクラスである。担任は入塾テストを採点してくれた先生なので息子は嬉しそうだった。 それでも初日は朝から 「ぼく、緊張する・・・。」を連発し、ソワソワしていた。その度に 「でも、〇〇先生が教えてくれるんだよ、大丈夫、大丈夫!」と私が答えるという、このワンセットの会話を無限ループのように繰り返していた。 初日なので、学校まで送り届けた。かちこちに固まり、負のオーラを背負いながら息子は学校に消えていった。だ、大丈夫か?哀愁が漂っとるぞ・・・ 帰りは仕事があったため、迎えにはいけなかったが、ニコニコして帰ってきたのを見て、一安心。仕事がひ…

  • 塾選び④

    Wアカデミーの入塾テストの日がやってきた。 二人で学校に入り、受付に声をかけると、優しそうな事務の女の人が 「お待ちしておりました。お母さまはこちらの部屋でお待ちください。」と小さな部屋に案内してくれた。 息子はテストがあるからと、違う部屋に連れて行かれた。連れて行かれるとき、子犬のようなつぶらな瞳で不安そうに私を見ていたので、ちょっと大袈裟に手を振って、 「がんばって!」と口パクで応援した。 しばらくすると、テストを終えた息子が事務の人に連れられて部屋に入ってきた。心なしか、前回よりは表情が明るかった。 「どうだった?」と聞くと、 「うん、前よりは出来たと思う。でも、半分は難しかった~。」 …

  • 塾選び③

    次に、候補に挙げたのは2つ。 1つは、私たちの地域では絶大な人気がある「O塾」。 もう1つは言わずと知れた「Wアカデミー」。 この2つのうち、私は出来れば前者に行かせたいと思っていた。というのも、O塾は面倒見が良いと評判で、息子の小学校からも沢山通っているそうだ。(あくまでチラ聞きした程度。) 面倒見が良いというのは、私にとって非常に重要で、我が家のモジモジ君には合っているのではないかと考えたからだ。 一方、後者のWアカデミーは、「宿題が多くて大変」、「ついていくのも大変」、「超体育会系」 などネットの評判を鵜呑みにするならば、 「超文化系」で、 引っ込み思案のモジモジ君(こればっか・・・) …

  • 塾選び②

    入塾テストを採点した先生が私たちの部屋に入ってきた。 第一印象はいわゆるちゃんとした(アルバイトではない)感じの男の先生だった。笑顔が爽やか~。 「はい、では見ていきましょう。」 と見せられた答案用紙に愕然とした。何と、空白率が半端ない・・・。 後半の難しい問題はともかく、国語であれば、前半の漢字もあまり書けていなかったり、算数であれば、初歩的な計算もケアレスミスなのか出来ていなかったりと、惨憺たる結果だった。 それ以降、先生が丁寧に問題や解説をしてくれたのだが、頭が真っ白になっていて、全然入ってこない。 偏差値を出してくれたのだが、ショック過ぎて忘れてしまった。多分、40ぐらいだったのではな…

  • 塾選び①

    塾選びといっても、私の場合、相談できる人が周りにいるわけでもないので、専らネットでHPを見たり、その塾の評判が書かれているコメントを読んだりするだけだったが、それでもかなり時間を使って色々なサイトを覗いてみた。 まず一つ目に候補に挙げたのは、Aゼミナール。 HPの紹介や通っていた人のコメントを読むと、「他の塾に比べると少人数制」で、「講師に質問しやすいアットホームな感じ」、という点に惹かれた。 うちの息子はモジモジ内気な性格、尚且つボーっとしているタイプなので、授業で分からないことがあっても、自分から質問に行けるタイプではない。大人数であれば、尚更臆して埋もれてしまうだろう。だから少人数でアッ…

  • 始まりは小3の夏

    そもそも何で息子に中学受験をさせようと思ったかというと、細かな理由はたくさんあるが、非難覚悟でいうならば、ひとえに私の好奇心からだ。 地方出身の私は中学受験の「ち」の字も考えたことがない環境で育ってきた。というか、やりたいと思っても、うちは経済的にも私のおつむてきにも難しかったであろう。特に後者の事情は深刻だった。「中学受験、何それ?おいしいの?」ぐらいのアホさ加減だ。 そんな私が勉強の楽しさに目覚めたのは、社会人になってからなので(おっそ!)、小さいころにもう少し勉強しておけば良かったなという反省は常々あった。 そんな自分語りはさておき、中学受験の話に戻すと、だから、純粋に「難しい、大変」と…

  • どんなもんですか?中学受験。

    初めまして。 タイトルの通り、超「鉄ちゃん」の息子が中学受験を目指すことになりまして、日記代わりに書くことにしました。 役に立つことは何一つ書くことがないと思います。 ただ、後で振り返って、 「あ、こんなことあったなぁ~、懐かしいなぁ。」 と思えればいいなと・・・。(思えるのか!?) と言うか、まだ始まったばかりなんですが、日々愚痴だらけ、不安だらけの気持ちをどこかにぶつけたいと思って始めてみました。 「じゃ、1人で寂しく日記帳にでも書いておけ!」 と言われそうですが、ま、それは共感してくださる方がいたら嬉しいなぁ、なんて。 もし、お目に止まったかたがいらっしゃったら、お付き合いくださればと思…

ブログリーダー」を活用して、うらんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
うらんさん
ブログタイトル
鉄オタ君と中学受験という名の電車に乗って
フォロー
鉄オタ君と中学受験という名の電車に乗って

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用