searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Jack Ryanさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Fun Scripting 2.0
ブログURL
https://servercan.net/blog/
ブログ紹介文
香港在住日本人技術者による日々の技術メモ
更新頻度(1年)

15回 / 44日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2021/06/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Jack Ryanさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Jack Ryanさん
ブログタイトル
Fun Scripting 2.0
更新頻度
15回 / 44日(平均2.4回/週)
フォロー
Fun Scripting 2.0

Jack Ryanさんの新着記事

1件〜30件

  • Ubuntu に入れている Skype for Linux のアップデートエラー

    Ubuntu 18.04 デスクトップ機に使用頻度は低いものの、インストールしている Skype for Linux が、 apt パッケージマネージャによる更新チェック時に、 署名エラー が最近出るようになったので調べてみました。アプリの通知タブに更新を促されることがよくあります

  • macOSのスクリーンショット機能を便利にする

    macOS での画面 スクリーンショット は、出力されるファイル名に使われる時刻がAM・PM表記だったり、出力先がデスクトップ一択だったりと少し不便。往年の macOS  High Sierra を例に、もう少し使いやすい スクリーンショット 機能を目指し、改善してみます。

  • Oracle Cloud Always Free で組む Nextcloud 自分用オンラインストレージ

    Oracle Cloud の無料枠 Always Free で使えるリソースには、仮想インスタンスの他、ストレージやデータベースなども含まれています。前回作成したインスタンスに今回は ブロック・ボリューム を組み合わせ、 Nextcloud による自分用のオンラインストレージを立ち上げたいと思います。

  • WordPress Iconic One テーマのページネーションが寂しすぎる

    WordPress で複数ページで構成される記事を初めて書くことになり、 Iconic One テーマでページネーション を表示させてみると、完全に周囲のコンテンツに埋もれてしまっていました。子テーマを定義して ページネーション の改善を試みます。

  • Windows 11 Insider Preview をSDに入れ Raspberry Pi 4 で起動

    Raspberry Pi 4 4GBモデルのUSB3.0に Windows 11 Insider Preview を入れたM.2SSDエンクロージャを繋いで起動してみましたがパフォーマンスに納得できず、今回は microSD カードにインストールし、Raspberry Pi 4 本体のSDスロットより起動してみました。

  • MOSFETによるGPIO入力の保護

    デスクトップPCの PCIe スロットに挿して使うPCリモート起動基板を眺めていた時、PCが起動しているかを PCIe の3.3Vから検出するのに、NPNトランジスタを介していることに気づきました。 GPIO で電圧のHi/Loを検出する際に半導体を用いて分離 保護 する利点を MOSFET で実験しました。

  • Raspberry Pi 4 で Windows 11 Insider Preview を起動

    UUP dump で見掛けたarm向けの Windows 11 Insider Previewを Raspberry Pi 4 に入れて起動させている例を見掛けるようになりました。4GBモデルを買ったものの、ずっと箱に入ったままの Raspberry Pi 4 に Windows 11 を入れてみました。

  • Oracle Cloud Always Free 枠でArmインスタンスを作る

    前回手続きを済ませた Oracle Cloud Free Tierに、 Always Free 永久無料枠を活かしたNextCloud環境を構築すべく、まずはArmベースのVM インスタンス を作成してみました。

  • Windows 11 Insider Preview ISO をUUP dumpで取得する

    前回 Windows 10 から Windows 11 Insider Preview へのアップグレードの様子をまとめました。今回はMicrosoftの統合更新プラットフォームである UUP から、必要なファイルを取得するお膳立てをしてくれる UUP dump を利用して、 Windows 11 Insider Preview のISOを直接取得出来るようなので、試してみました。

  • Windows 11 Insider Preview を仮想マシンにインストール

    前回は怪しい流出版とおぼしきISOを インストール してみましたが、その後の Windows 11 の正式発表を経て、 Windows 11 Insider Preview が Insider Program参加者に対してリリースされたので、仮想マシンに インストール してみます。

  • Oracle Cloud Free Tierに申し込んでみた

    Arm がラインナップに加わって話題の Oracle Cloud Free Tier で、開発者が無料で利用することの出来る Always Free アカウントの登録手続き遷移の記録です。初めてOracle Cloudの無料枠であるFree TierやAlways Freeのことを知りました。

  • Porkbunでドメインを新規取得する

    ドメイン を更新する時にいつも、取得時はもっと安かったような、以前はもっと安かったような、と感じていました。今回久しぶりに新規プロジェクト用にドメインを取得する機会を得たので、新規取得と更新時にお得な レジストラ を 比較 サイトで調べ、 Porkbun で取得してみました。

  • pfSenseのNET-SNMPを拡張してサーバ温度を取得する

    pfSense のWebUIダッシュボードに表示されるようなサーバ 温度 を、The Dude SNMP マネージャにより継続的に監視すべく、FreeBSDのsysctlコマンドで得られる温度情報を NET-SNMP 拡張に渡し、 SNMP マネージャで受け取れるような仕組みを構築しました。

  • 話題の Windows 11 流出版ISOを仮想マシンにインストール

    2021年6月25日に予定されている次期Windowsの発表を前に、ネットに出回っている Windows11 の 流出版 とおぼしき ISO を入手し、仮想マシンにインストールしてみました。

  • CrystalDiskMark 代替の KDiskMark(Linux) と AmorphousDiskMark(macOS)

    ディスクベンチマーク の定番ソフト CrystalDiskMark ですが、当然Windows向けなことから、それ以外のOSで同様のベンチマークを取得するツールとして、 Linux では KDiskMark 、 macOS では AmorphousDiskMark を比較してみました。

  • pfSense設定バックアップの自動化

    同じ FreeBSD 系のFreeNAS(現TrueNAS)で、同じような 設定ファイル の バックアップ 自動化 を実現しましたが、 pfSense でもほぼ同じ要領で 設定ファイル バックアップ の 自動化 が可能です。もう何年も使って来たこの仕組みを社内における pfSense 退役を前に、まとめておきます。

  • Synology NAS DS213J 不良セクタによるシステム領域破損からの復旧

    Synology NAS DS213J から検出された、 不良セクタ への対応を先延ばしにしていたところ、ある日セクタ振替不能となりそのままシステムハング。障害ディスクを取り外して再起動すると、データは無事もシステムは再び始めからからセットアップ、そしてディスク交換まで。

  • pfSenseが稼働するIBM x3650 M1が勝手にシャットダウン

    pfSense を入れてLAN内のネットワークアクセスを担うNACサーバ、 IBM x3650 Type 7979 が勝手に シャットダウン してしまう障害に対し、BMCのログを解析して原因特定を試みたり、OSまでクラッシュしてしまったことから、こちらも修復したりした作業記録です。

  • APC SmartUPS 3000のバッテリ交換

    瞬間的な停電でネットワーク機器が再起動ないよう、各フロアに配したサーバラックには、必ず APC 製の UPS が備わっています。それらの UPS にNetwork Management Cardを取り付け、ネットワークを介して SNMP ベースの監視をしています。ある朝、確認すると バッテリ 異常 が。

  • ESP8266 ESP-01SにリレーとINA219で作るスマートUSBスイッチの試作

    Raspberry Piやコンパクトルータへの給電制御監視に、 ESP-01S を積んだ市販の リレー モジュールを調べてみましたが、オーバースペック感。そこで今回、 INA219 を搭載しDC電力計測も可能な スマートUSBスイッチ を自作し、ESP Easyから操作出来るよう組みます。

  • 岡持ち Mac Pro (Mid 2010) に VMware Fusion を導入する

    岡持ち Mac Pro (Mid 2010)のに、個人の場合に無償化されたことで話題の VMware Fusion 12 Player を入れようとするも、非Metal対応ビデオカードでは最新OSを適用出来ない弊害から挫折。Fusion 11.5 をお試しインストールしました。

  • Linksys EA4500 無線ルータをブリッジモードに設定する

    最近ではWiFi子機(アクセスポイント)として専用機器に代わり、無線ルータを利用するのが一般的です。そのセットアップ方法が機種やメーカーによって異なることから今回、 Linksys EA4500 の例に初期設定から ブリッジモード への変更方法をまとめます。

  • ESP Easy のダッシュボード機能でカスタムページを作る

    ESP Easy のWebUIでは、センサの計測値や GPIO の状態をデバイス一覧で確認することは出来ますが、ボタンスイッチUIは備えておらず、コマンドを直接打ち込む必要が。 ESP Easy がひっそり実装している ダッシュボード機能 をカスタマイズし、 GPIO を操作出来るWebUIを作ります。

  • ASUS Zenfone 7 (ZS670KS)でTWRPやrootedを維持したままROMを更新

    Androidでは、bootloaderをアンロックしてroot奪取すると、OTAによるストック ROM の 更新 機能はまず使えません。手動ダウンロード 更新 するも、リカバリまでストックに戻ってしまったり、再rootが必要になることも。 ASUS Zenfone7 向け TWRP スレッドで、 Magisk を使い TWRP やrootedを維持したままストック ROM を更新する手順を試してみました。

  • 岡持ち Mac Pro (Mid 2010) に Time Machine を設定する

    ボスお下がりの岡持ち Mac Pro (Mid 2010) をもっと活用しようと色々といじる前に、先ずは Time Machine で定期的なバックアップを設定するも、スケジュール設定を変えることが出来ないことから、 TimeMachineEditor を導入してみました。

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー