chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
アラ還ままのひとりごと https://tabinavitappy.blog.fc2.com/

健康のために始めたダイエット体験や登山記録、コスパのいいレストランをご紹介しています。

健康のために、3ヶ月で6キロの減量をしました。 大好きな食べ歩き、ダイエット体験や健康維持のためにはじめた登山の記録を中心に、日々の綴っています。

tabitappy
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/09/10

1件〜100件

  • 色づき始めた立山周遊(6)真砂岳をへてキャンプ場へ下山

    雷鳥沢キャンプ場にテント泊をし、早朝、キャンプ場を出発、雄山、大汝山山頂をへて、富士の折立山頂に登りました。富士の折立山頂は岩々で狭いです。360度の素晴らしい眺望を堪能したので、真砂岳に向かいます。真砂岳直下は、岩々ゴツゴツの急坂です。すれ違いも多いので、石を落とさない様に注意しながら下って行きます。この急な岩々を登ってくる登山者が見えています。真砂岳への稜線が素晴らしいです。足元はこんな感じの岩...

  • 色づき始めた立山周遊 (5)岩々の大汝山~富士の折立へ

    早朝、キャンプ場を出発し、雄山山頂に到着しました。雄山山頂は、雄山神社から鳥居をくぐった岩の上です。雄山山頂から大汝山方向をのぞくと、登山道が・・・、山頂から鳥居まで降り、7:25 大汝山に向かいます。はじめはなだらかで歩きやすい登山道ですが、岩々になり、15分ほど歩くと・・・、7:42 大汝休憩所が見えてきます。山頂に登って行きます。7:46 大汝山 到着山頂は360度の眺望ですが、狭く寒いので休憩所に下ります...

  • 色づき始めた立山周遊 (4)雄山で絶景を堪能

    2022.09.26前日に雷鳥沢キャンプ場にテント泊し、午前3時、テントから外に出ると、満天の星空。色とりどりのテントには、ライトが点き、出発準備をしているのが伺えました。3シーズン用のシュラフでしたが、夜中は暑いくらいでした。朝方、テントの結露はほとんどなく、床面が少し湿っていた程度でした。テントの中で朝食を食べ、準備が出来次第立山周回に出発します。4:25 キャンプ場を出発テントの中に荷物を残し、まずは一の越...

  • 色づき始めた立山周遊 (3)立山連峰の絶景に囲まれた雷鳥沢キャンプ場

    立山周遊のベースキャンプとして、雷鳥沢キャンプ場にテント泊しました。長野県側から4つの乗り物を乗り継いで、室堂に到着し、みくりが池、エンマ台展望台、血の池などの見所や、みくりが池温泉・雷鳥荘を通り、雷鳥沢キャンプ場に到着しました。雷鳥沢キャンプ場は、立山連峰や大日連山に囲まれ、絶景が魅力のキャンプ場です。 立山縦走や奥大日岳へ向かう登山者のベースキャンプやファミリーキャンプの場としても人気で、シー...

  • 色づき始めた立山周遊 (2)絶景を堪能しながら雷鳥沢キャンプ場へ

    2022.09.25長野新幹線から特急バス、扇沢から4つの乗り物を乗り継ぎ、憧れの室堂に到着しました。室堂ターミナル駅はたくさんの人で賑わっていました。今日は、山には登らないので雷鳥沢キャンプ場でテントを張るだけ・・・、室堂で少し観光気分を味わってから向かう事にしました。《ティーラウンジりんどう》室堂ターミナルに隣接するホテル立山のカフェで、休憩!!黒部ダムシフォンセットを注文、生クリームたっぷりで美味しそ...

  • 色づき始めた立山周遊(1)公共交通機関を利用して立山へ

    2022.09.25あこがれの黒部アルペンルートを通り、雷鳥沢キャンプ場に1泊し、立山に登ってきました。 🔹公共交通機関で登山口へ🔹長野県側の扇沢から4つの乗り物を乗り継ぎ、標高2450Ⓜの室堂に向かい、室堂から雷鳥沢キャンプ場に向かいました。 《登山口バス停までのアクセス》◆長野新幹線で長野駅へ自宅から小田急線、湘南新宿ラインに乗り、大宮駅に向かい、5:58 新宿駅発 埼京線 6:38 大宮駅着6:53 大宮駅発 はくたか551...

  • 根子岳・四阿山日帰り周遊(4)四阿山から中四阿・小四阿を経由して菅平牧場に下山

    公共交通機関を利用して菅平高原に到着し、バス停から40分ほど歩いて登山口に到着しました。景色がいい根子岳から先に登り、四阿山山頂に向かう時計回りコースで登りました。予定時間を少しオーバーしたけど、なんとか四阿山山頂に到着狭いながらも、山頂で昼食をとり、16:35ダボス発のバスに間に合いそうなので13:30 下山を開始します。13:42 分岐を菅平牧場方向に下ります。くま笹に覆われた登山道が続きます。13:4914:08 中...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯03 早池峰山(6)行列の善次郎に立ち寄り帰路へ

    2022.09.11行くぜ東北シリーズ2022 最後の山 早池峰山を無事下山し、花巻温泉に立ち寄り、予定より早く新花巻駅にレンタカーを返却することが出来ました。目次:(1)ルートイン花巻(2)河原の坊を出発!!(3)早池峰ブルーを堪能(4)名残惜しいけど下山(5)花巻温泉でさっぱり(6)行列の善次郎に立ち寄り帰路へ下山したら肉・・・、「善次郎」で牛タン食べたい・・・、今回はJR東日本管内フリーパスを使っているので仙台で...

  • 根子岳・四阿山日帰り周遊(3)花の百名山根子岳から四阿山山頂へ

    菅平牧場からえっちらおっちら登り、11:36 根子岳山頂に到着しました。サイトによっては、ハイキングと書いてあるものがありますが、う~~~ん、ハイキングにしてはキツイかなと思いました。山頂は風が強く寒かったですが、後立山の眺望👀がすばらしかったです😍 【根子岳~四阿山 約90分】根子岳山頂から望む四阿山です。11:43 四阿山に向います根子岳山頂から四阿山山頂へは、一旦、標高2039mのクマ笹の茂るコルへ下り、その...

  • 根子岳・四阿山日帰り周遊(2)絶景!雲海の上からアルプスが一望

    2022.09.21公共交通機関を利用して菅平高原に到着。ダボスバス停でバスを降り、明治大学内を通り、約40分ほど歩くと根子岳への登山口に到着しました。晴れてる~~ 9:50 出発します!!登山口の標高は約1600Ⓜ山頂までは約600Ⓜ登らなければなりません。牧場の脇の細い道を通り、アキノキリンソウ北アルプスの山々がきれいに見えていますえっちらおっちらと階段・・・マツムシソウウスユキソウヤマハハコ10:12 あずまやがありま...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯03早池峰山(5)花巻温泉でさっぱり

    2022.09.11早池峰山から下山し、日帰り入浴をしてから帰宅します。土地勘がないので、どこで入浴したらいいのかよくわからない・・・、レンタカーの返却が新花巻駅なので、ネット検索して、新花巻駅に近めの花巻温泉に向かいました。 目次:(1)ルートイン花巻(2)河原の坊を出発!!(3)早池峰ブルーを堪能(4)名残惜しいけど下山(5)花巻温泉でさっぱり(6)行列の善次郎に立ち寄り帰路へ ナビ任せで花巻温泉に到着、花...

  • 根子岳・四阿山日帰り周遊(1)公共交通機関を利用したアクセス

    2022.09.218月に行くつもりだったけど、朝寝坊して行けなかった四阿山に行ってきました。 🔹公共交通機関で登山口へ🔹いくつかある四阿山へのルートの内、公共交通機関を利用して首都圏から日帰りが出来る菅平高原からのルートです。《登山口バス停までのアクセス》◆北陸新幹線で上田駅へ新宿のみどりの窓口で切符を購入し、中央特快に乗り東京駅に向かいました。前回行く予定だった時は、えきねっとで事前予約をした切符の払い戻し...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯03早池峰山(4)名残惜しいけど下山

    8:30 早池峰山山頂に到着しました。山頂は、ゴツゴツの岩だらけ、景色のいい平らな岩を見つけて、早池峰ブルーの下、のんびり山頂で過ごしました。山頂からの景色をお楽しみ下さい【早池峰山山頂~小田越登山口 約1時間45分】今日は東京まで帰宅しなければならないので、9:00 下山します。あっと言う間の30分でした。15分ほど下った所から、山頂方向を振り返って。山頂避難小屋の赤い色が見えています。景色、最高!!登ってき...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯03早池峰山(3)早池峰ブルーを堪能

    ゴツゴツの岩場を登り、やっと5合目まで到着しました。途中の岩場で休憩をしてきたので、ここでは休憩をせず、先に進みます。山頂までまだまだですが、眺望良く、ついつい振り返って立ち止まってしまいます。【五合目~剣が峰分岐 約30分】5合目からしばらくはなだらかな道が続きます。鳥海山向かい側の薬師岳と登って来た登山道です。8:06 垂直の梯子です。梯子を登り終えるとすぐに岩場が始まり、気が抜けません。8:16 剣ケ峰...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯03早池峰山(2)河原の坊を出発!!

    2022.09.11🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022 3座目は早池峰山です。前泊のルートイン花巻を朝4時に出発し、河原の坊駐車場に向かいました。真っ暗の中ナビの言う通りに進むと、次第に明るくなり、運転しやすくなってきました。「駅の道はやちね」を通過後、まもなく神社のある集落が現れます。岳集落です。岳集落は、登山口付近の混雑緩和のため、6月の第2日曜日から8月の第1日曜日の土日祝日に、集落から先のマイカー規制が行われ、シャ...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯03 早池峰山(1)ルートイン花巻

    2022.09.10快晴・360度の眺望を堪能し、岩手山から無事下山することが出来ました。1座目の鳥海山に続き、2日連続の7時間越えの登山はキツかったです。行くぜ東北シリーズ2022、3座目早池峰山の前泊としてルートイン花巻に宿泊しました。東北自動車道・花巻インターから車で10分ほどの所にあるホテルで、翌日登る早池峰山駐車場までも70分ほどで行けました。駐車場は無料、周辺にスーパーやコンビニ等はありません。ホテル全体の写...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯02岩手山(4)お鉢回りをして下山

    岩手山 登頂!!山頂は広いです。人が多くて写真がなかなか撮れません目次:🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯02岩手山(1)ゆっこ盛岡(2)旧道を通り八合目避難小屋へ(3)ザレ場をえっちらおっちら山頂へ(4)お鉢回りをして下山360度大パノラマ、最高です。たくさんの人で混雑しているので、お鉢周りに出発します。山頂直下のズリズリの急坂を下ります。山頂からだいぶ下って来て振り返ると、さっきまであそこに居たんだと感動、たく...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯02岩手山(3)ザレ場をえっちらおっちら山頂へ

    急な岩場を登り、やっと八合目避難小屋に到着しました。おやつ休憩をし、お水を補給して、10:40 出発!!山頂に向けて進みます。なだらかな不動平を進みます。山頂に向かう斜面を連なって登っているのが見えます。不動平はとっても狭い道なのですれ違いに大変です。八合目避難小屋からなだらかな道を15分ほど歩くと、10:56 避難小屋と広い休憩場所に到着します。八合目避難小屋が混んでいる時には、ここで休憩するのもいいと思い...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯02岩手山(2)旧道を通り避難小屋へ

    前泊したゆっこ盛岡から車で馬返し登山口へ。約25分ほどで駐車場に到着しました。途中からくっきりとした岩手山が見え、感激!!つい車を停めてパシャリ。第1駐車場には半分ほどの駐車状況でしたが、準備をしていると続々と車が入ってきました。朝食をとり、準備を済ませ、第1駐車場脇の登山口から6:32 出発します。駐車場から登山口を入った所にボットントイレがありますが、この先のキャンプ場に水場及び水洗トイレがあります。...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022♯02岩手山(1)ゆっこ盛岡

    行くぜ東北2022の1座目・鳥海山を登り、秋田県から岩手県に移動し、盛岡駅でレンタカーを借りました。返却は新花巻駅です。道が全くわからない盛岡・・・・、ナビの言う通りに移動・・・、宿泊場所は、盛岡駅から滝沢市方向に車で15分ほどの「ゆっこ盛岡」です。ゆっこ盛岡は、24時間営業のSPA銭湯です。チェックインは、朝5:00~24:30(毎朝9:30~10:00迄は、レジメンテナンスの為、フロント受付・精算業務は休止)でき、休憩も...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022#01鳥海山(7)鉾立から盛岡へ

    鳥海山山頂は残念な眺望でしたが、ガスガスの中、13:10 無事下山してきました。預けた荷物を鉾立山荘から引き取り、電車が、羽後本荘駅15:39発なので急いで温泉に向かいます。車でブルーラインを下り始めると・・・、霧が濃い・・・、 え~~~、クネクネ道・・・、100m先が見ずらいよ~~~😱ブルーラインをしばらく下ると、やっとガスが晴れてきました。鳥海山山頂までご一緒させて頂いたおじいちゃんのお話によると、日本海側...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022#01 鳥海山(6)登り返しが多く長い道のりだった

    御室小屋の分岐点から千蛇谷コースを下り、外輪山コースとの分岐まで戻ってきました。ここからは石畳や階段が続き、比較的歩きやすい登山道が整備されています。11:30 七五三掛 です。往路に書きましたが、何て読むか覚えていますか?「しめがけ」です。11:46 御田ヶ原分岐登り返しです。長い階段が続きます。行きにこんな階段下ってきたかなぁ・・・?レンタカーを返して、電車で移動しなければならないので、この辺りからスピ...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022#01鳥海山(5)オコジョに出会えたよ

    ガスガスの鳥海山山頂を後に、御室小屋まで降りてきました。12:50 御室小屋から千蛇谷ルートへ下って行きます。下り始めると・・・、アッ・・・、オコジョだ!!オコジョは、すぐに隠れてしまってなかなか撮影できませんが、今回のオコジョは、サービス精神旺盛で何度も出てきてくれました。とてもすばしっこく走りまわっていました。10:30 ガスが消えてきました。山頂方向にはまだ少しガスが残っていますが、青空が・・・、キタ...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022#01(4)ガスガスの中 鳥海山山頂へ

    8:05 えっちらおっちら登り、七高山到着しました。出発から約4時間かかり、ちょっと時間オーバーです。ここから御室小屋に向かい、その後、新山に登ってきます。8:30 御室小屋 到着トイレとおやつ休憩をし、8:41 山頂に向けて出発鳥居をくぐり、山頂方向に進むとすぐに岩々が始まります。矢印や丸印を目印に段差の大きな岩を「よっこらしょ」と登って行きます。せっかく登ったけど、ぐぐぐっ~~~と下り・・・、その後、岩を...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022#01鳥海山(3)外輪山を通り七高山へ

    2022.08.091日目は登山はせず、鉾立山荘に宿泊。 2日目・日の出前から登山を開始しました。ルートは、鉾立登山口~外輪山~七高山~鳥海山山頂~千蛇谷です。約15㎞・約9時間(休憩時間1 時間 40分を含む)でした。早朝4時の暗いうちからスタート。登山口は、鉾立山荘から2~3分の所にあり、駐車場前の道を更に登った左手にあります。登山口のお掃除地蔵にご挨拶をし、天気は晴れ予報なので山頂からの眺望を期待しワクワクしなが...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022#01 鳥海山(2)鉾立山荘

    🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022 1座目は、鳥海山。1日目は新幹線と羽越本線で羽後本荘駅まで移動し、その後レンタカーを借りて鉾立山荘に向かい前泊しました。鉾立山荘(ほこだてさんそう)は、鳥海山の標高1,150m(5合目)にある山小屋です。 住所は 〒018-0153 秋田県にかほ市象潟町小滝鉾立1。 立派な木製の山小屋で、清潔感があました。管理人さんが在中しています。車の場合、象潟ICから30分ほどで行け、駐車場は無料で車中泊し...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022#01@鳥海山

    2022.09.08🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022 1座目は、鳥海山に登ってきました。鳥海山(ちょうかいさん)は秋田県と山形県にまたがる標高2,236mの活火山で、山頂は山形県側にあります。山頂に雪が積もった様子が富士山に似ていることから、地元では出羽富士(でわふじ)や庄内富士(しょうないふじ)とも呼ばれ、親しまれています。公共交通機関なので、1日目は移動のみ、鉾立山荘に前泊し、翌日、象潟登山口から登りました。 🔹公共...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022

    2022.09.08~2022.09.11🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022、JR東日本のフリーパスを利用して、4日間で3座登ってきました。行程は、9/8 鉾立山荘まで移動9/9 鳥海山9/10 岩手山9/11 早池峰山です。1座目の鳥海山は、山頂付近に雲がかかり、残念な眺望でしたが、岩手山、早池峰山は、360度の大パノラマを堪能することができました。この写真は、登山口に向かう途中からの岩手山です。雲がなく、麓から山頂までスッキリ見える岩手山、ワク...

  • 🎶行くぜ東北🎶シリーズ2022

    今年の山行は雨ばかり・・・ 新幹線で移動している時も、仙台あたりまでは雨が降っていましたが、北上するにつれて明るくなり晴れて来ました。 晴れることを願って・・・、 行ってきま~す!! *.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。. ランキングに参加しています! ポチッとボタンを押してくれたら嬉しいです★(^o^)/ にほんブログ村 お読み頂きありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o))) *.。.*゚*.。.*゚*...

  • 登山記録を更新しました

    8月までの登山記録を新着順一覧、月別一覧、地域別一覧にまとめました。 https://tabitappy.web.fc2.com/climbing/climbingtop.html ご覧頂けると嬉しいです🎶*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.ランキングに参加しています! ポチッとボタンを押してくれたら嬉しいです★(^o^)/ にほんブログ村お読み頂きありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。. あら還ま...

  • 北穂高岳~涸沢岳縦走2022.08.25(7)涸沢ヒュッテから下山

    涸沢ヒュッテ登山学校最終日、今日は、天気が回復することを期待していましたが、あれっ?外に出た時に星空が見えない・・・😭5:00 朝食涸沢ヒュッテの朝食は魚がメインですね~。今日は鮭でした。6時出発を予定していましたが・・・、雨が降り出し、出発を遅らせ、新館入口付近で雨の様子見ながら、昨日の反省会・・・、雨の中、皆さん、続々と出発していきます。結局、雨は止まないので、下山することにしました。登山学校参加者...

  • 北穂高岳~涸沢岳縦走2022.08.25(6)北穂南峰~涸沢岳縦走

    昨日 横尾山荘前で登山学校に参加し、涸沢ヒュッテに到着しました。今朝は、4時に起床し、5:00 朝食、6時 北穂に向けて出発!!06:35 眼下には涸沢ヒュッテとテント場が見えています。山頂方向はガスで見えませんが、雲海で、山頂付近では晴れていることを願って登って行きます。7:04 ガレ場を歩き、標高を少しずつ上げていきます。まだ涸沢ヒュッテが見えています。下ってきた方とすれ違いです。7:35 標高を上げるにつれて...

  • 北穂高岳~涸沢岳縦走2022.08.25(5)涸沢ヒュッテ

    横尾山荘前で涸沢ヒュッテ登山学校に合流し、9:20 横尾を出発し、途中休憩をとりながら、ゆっくり歩き、12:17 涸沢ヒュッテに到着しました。涸沢ヒュッテの様子を ご紹介します。受付や売店がある新館です。お部屋に入る前に、テラスで昼食タイム。穂高の山々は雲の中でしたが・・・、時々、晴れ間がみえました\(^o^)/真ん中にドーンと見えているのが北穂南峰です。よ~く目を凝らしてみると、ジグザグの登山道が見えています...

  • 北穂高岳~涸沢岳縦走2022.08.25(4)横尾から涸沢ヒュッテへ

    2022.08.26前日、上高地から徒歩2時間の徳沢園に前泊し、1時間ほどの道のりを歩き、横尾に到着しました。横尾山荘前で涸沢ヒュッテ登山学校参加の皆さんと合流し、8:20 涸沢ヒュッテに向けて出発!!横尾大橋を渡ると、しばらくはなだらかな登山道が続きます。10:13 屏風岩この辺りは、ほぼ平坦な登山道です。10:22 本谷橋 到着10分ほどのおやつ休憩本谷橋を過ぎると、本格的な登山道になってきます。10:55 屏風沢11:05 横...

  • 北穂高岳~涸沢岳縦走2022.08.25(3)涸沢ヒュッテ登山学校に参加

    2022.08.26前日、上高地から徒歩2時間の徳沢園に宿泊しました。涸沢ヒュッテ登山学校の集合は、横尾山荘前 9:30 です。8:00 徳沢園を出発し、横尾に向かいました。横尾までは3.9㎞、約1時間の道のりです。少し雲がかかっていますが、前穂高方向が見えています。徳沢園から15分ほどで新村橋に到着涸沢からパノラマコースで下山してくるとここに出ます。パノラマコースは崩壊のため、通行止めになっています。横尾山荘が見えてき...

  • 北穂高岳~涸沢岳縦走2022.08.25(2)氷壁の宿 徳沢園

    2022.08.25涸沢ヒュッテの登山学校に参加するために、前泊として徳沢園に宿泊しました。徳沢は、上高地バスターミナルから徒歩で約2時間、明神から梓川左岸の道を上流にたどり約1時間、静寂と緑が広がり、上高地の奥座敷と言われています。徳沢は、北アルプス前穂高東壁を舞台に描かれた井上靖の長編山岳小説『氷壁』の舞台になった所です。「ナイロンザイル事件」を題材に、昭和31年(1956)から翌年まで朝日新聞に連載され、単行...

  • 北穂高岳~涸沢岳縦走2022.08.25(1)公共交通機関で上高地へ

    2022.08.25北穂高岳から涸沢岳に抜ける縦走路を歩きたくて、涸沢ヒュッテの登山学校「穂高一周」に参加してきました。行程は、1日目 徳沢園 前泊2日目 涸沢ヒュッテ登山学校参加 横尾山荘前集合 涸沢ヒュッテ泊3日目 北穂南峰~涸沢岳~穂高山荘~ザイテングラート~涸沢ヒュッテ泊4日目 涸沢ヒュッテ~上高地です。 🔹公共交通機関で登山口へ🔹登山学校の集合は穂高への登山口のある「横尾山荘前」9:30です。横尾は、上高地...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(12)南アルプス南部宿泊について

    南アルプス南部の山小屋のほとんどは東海フォレストが管理運営しています。 今回周遊したルートの中では、椹島ロッヂ、千枚小屋、中岳避難小屋、荒川小屋、赤石岳避難小屋、百閒洞山の家に宿泊または休憩で立ち寄りました。聖平小屋は、東海フォレストではないため、予約や支払いシステちムが違いました。宿泊で利用した所を中心に気付いたこと、覚えていることをまとめてみました。東海フォレストの小屋・テント泊の予約は、まい...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(11)椹島でさっぱりし帰宅

    10:22 椹島に無事戻ってきました。送迎シャトルバス出発時間まで2時間以上あり、余裕の到着でした。入浴(シャワー)手続き、シャトルバスの受付等は、すべてレストハウスでの手続きになります。まずは、ふれあいセンターのテーブルに荷物を置き、登山前に預けた荷物をロッカーから出そうとしましたが・・・、追加料金は1200円、百円玉のみ使用可能でした。レストハウスで両替をしてもらい、入浴シャワーの受付500円も一緒にして...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(10)聖平小屋から椹島へ下山

    2022.08.16今回の山行で2回目のテント泊が出来ました。最終日は下山のみ。でも椹島で入浴もしたいし、テントも乾かしたい・・・、聖平小屋から聖沢登山口までは標準タイムで約5時間+林道を椹島まで1時間、トータルで6時間かかる・・・12:45発の送迎シャトルバスを予約しているので、5時には出発したい・・・、前夜は、早めに就寝し、3時起床・・・、時間節約のため、お湯は沸かさず、朝食は軽く済ませ、出発準備をすすめました。4...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(9)聖平小屋でテント泊

    2022.08.15百閒洞山の家を出発し、暴風雨にあいながらも、聖平小屋への分岐にたどり着きました。アップダウンの多い長い行程でした。小屋周辺は携帯電話の電波は圏外、キャリアによりますが、この分岐周辺は電波がつながります。分岐から5分ほど木道を進むと聖平小屋です。13:33 聖平小屋 到着屋根付きのテーブルです。ロープが張ってあり、濡れたものを干すこともできます。小屋入口を入ると受付があります。小屋の目の前がテン...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(8)百閒洞山の家から聖平小屋へ

    2022.08.15登山開始から5日目、夜中には星空も見えていたようなので、今日こそはと・・・期待をするも・・・、出発しようと外に出ると・・・、雨☔・・残念です。急いでレインウェアを着て、5:00 出発雨はすぐに止み、東の空が明らんできました。5:26 富士山・・・やっと、遠方の景色が見えた・・・\(^o^)/急坂を登って行きます。山小屋を出発して約1時間、06:06 大沢岳分岐です。進行方向は、ガッスガスです。6:25 中盛丸山2...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(7)百閒洞山の家でのんびり

    2022.08.14今日もガスガスの中の山行でした。荒川小屋や赤石避難小屋で天気の回復を待ちながらのんびり進んできました。赤石岳から下り、テント場を通過し沢沿いに下り約5分、14:14 百閒洞山の家に到着しました。受付をします。百閒洞山の家は3階建て、受付は2階、入口外のザック置き場にザックを置いて、受付だけをします。宿泊場所は3階、受付後、荷物を持って写真右側の外階段から宿泊用の玄関に向かいます。 2階受付横に売...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(6)赤石避難小屋から百閒洞山の家へ

    赤石岳はガスガス・・・、 10:35 山頂から数分下った所にある赤石避難小屋に到着ここで、のんびりし、ガスが晴れるのを待つことにしました。小屋前にはベンチもありますが、この天気では利用している人はいません。奥にうっすら見えている建物がトイレです。小屋の中で休憩し、天候が回復するのを待ちます。小屋の中には、昨日からほぼ同じ工程で歩いていた7名のグループが先行し混雑していました。赤石避難小屋は、こじんまり...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(5)4日目 ガスガスの赤石岳

    2022.08.143日目夜は荒川小屋のテント場の予約をとっていましたが、風雨がひどいため先には進まず、中岳避難小屋に宿泊を変更し、避難小屋でのんびり過ごしました。夕方、台風は伊豆半島に上陸し、天候が回復することを期待していましたが、夜中中、暴風・・・、避難小屋は雨がたたきつける音とガタガタと風の音が響き渡っていました。早朝も風雨がすごく、5時に出発予定でしたが、少し時間を遅らせ、06:05 出発。避難小屋から歩...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(4)3日目 暴風雨の中 千枚小屋から悪沢岳、中岳避難小屋へ

    8/12:2日日は雨の中、えっちらおっちらと千枚小屋までたどり着き、宿泊しました。テント泊の予定でしたが、小屋泊に変更し、ヌクヌクと小屋でのんびりしました。3日目は台風が静岡に向かって近づいてきて、午後に上陸し風雨のピークが来そうです・・・、8/13 朝、早く出て、稜線に出て進めなければ千枚小屋に戻る予定で出発することにし、前日は早々と就寝しました。8/13 3時起床各自、寝床で朝食をとり、4:45 出発。薄暗くヘ...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(3)2日目・椹島から千枚小屋へ

    昨日は椹島でテント泊し、夕食後テントに入ってから雨が降り始め、一晩中、テントにたたきつける雨音が気になり、よく眠れませんでした。雨は降り続き、朝から雨。夏休み親子登山2日目、いよいよ登って行きます。荷物を屋根のある写真館1階に移し、テントを撤収し、朝食をとり、雨具を着て出発準備。 暴風雨の中の南アルプス南部周遊6日間 2022.08.11 / tabitappyさんの兎岳(長野県飯田市南信濃木沢)・小赤石岳・前岳(...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(2)椹島ロッヂ

    2022.08.112年間待った南アルプス南部周遊に出発。公共交通機関を乗り継ぎ、15:00 椹島ロッヂ内の自然ふれあいセンター前に到着しました。まずは、 自然ふれあいセンター内で宿泊の手続きをします。テーブルの上にある宿泊者カードに記入し、受付に提出します。提出後、順番に名前が呼ばれ、受付をし館内の説明を受けます。受付のある建物のロビーにはテレビがあり、BSが放送されていました。自然ふれあいセンターのレストハウス...

  • 夏休み親子登山・南アルプス周遊5泊6日(1)公共交通機関利用で登山口へ

    2022.08.112022年の親子登山は8/11~8/16まで5泊6日の南アルプス南部周遊です。コロナ禍、2年間バスが運行せず、行けずにいましたが、やっとバスが運行し、山小屋も営業を始めました。椹島から反時計回りで周回してきました。ルートは、椹島(泊)→千枚小屋(泊)→悪沢岳→中岳避難小屋(泊)→荒川小屋→赤石岳→百閒洞山の家(泊)→聖岳→聖平小屋(泊)→聖岳登山口→椹島です。8月上旬には、各地で大雨による被害が起り、天候が心配...

  • 登山記録を更新しました

    健康のために登山を始めて5年目になりました。今までの登山記録を綴ったブログ「あら還ままの登山記録」を更新しました。新着順、月別一覧、地域別一覧にまとめています。お読み頂けると嬉しいです🤗*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.ランキングに参加しています! ポチッとボタンを押してくれたら嬉しいです★(^o^)/ にほんブログ村お読み頂きありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。...

  • 札幌⓺千歳空港から帰宅

    2022.07.16昨日、十勝岳山麓から札幌に移動し、札幌の中心街に1泊。美味しいものを食べ、友達と会い、のんびり過ごすことが出来ました。友人とは14時前に別れ、ホテルに荷物を戻り、その後札幌駅へ。◆札幌から新千歳空港へ札幌中心部から新千歳空港へは、空港連絡バス1100円とJRエアポート号(自由席1150円)を利用する方法があります。前日に上富良野駅から札幌駅を経由して新千歳空港駅まで乗車券を購入したため、JRで空港に向か...

  • 4回目ワクチンを接種してきました。

    全国的に感染者が増加して、凄いことになっていますね。当初、8月中旬に予約をとっていましたが、急激に増加しているので予約を前倒しして、先週土曜日に4回目の接種してきました。4回ともファイザーです。接種した当日は、接種部位の軽い痛みだけでしたが、翌朝、倦怠感がありましたが、熱は36.3度でした。接種した左腕が痛くてあがらない・・・倦怠感は続き、何となく熱っぽい・・・、計ってみると、微熱がありました。昼食後、...

  • 札幌⑤博多もつ鍋 やまや札幌大通り店でランチ

    2022.07.16札幌滞在2日目、この日も友達に会う事が出来ました。11時に赤レンガテラスで待ち合わせ、ホテルのチェックアウトが10時なので、荷物をホテルに預け、中心街をウロウロしていると、偶然にも時計台に出くわしました。完全におのぼりさんをして、写真をパチパチ・・・、その後、待ち合わせ場所の赤レンガテラスへ。赤レンガテラス周辺でランチの場所を探し・・・、前日には刺身やお寿しも食べているし、友達とのんびり過ご...

  • 札幌④居酒屋瑠玖

    札幌滞在1日目の夕食は、久しぶりに友人との食事。お店は友達にお任せ。狸小路6丁目にあるお刺身居酒屋に連れて行ってくれました。地元で人気のリーズナブルで海鮮料理が充実した居酒屋さん「瑠玖」で、メガネ店チェーン「メガネサロンルック」の飲食事業部として1985年に開店し、地元では「🎶~うまいぞ瑠玖 刺し身がでかい~🎶」のCMソングでもおなじみの店のようです。混雑していましたが、カウンターに何とか座ることが出来まし...

  • 札幌③新鮮ネタの回転寿司でおやつタイム

    夜は、友達と会う約束をしていたので、ちょっとお腹を満たすためにネットで検索し、人気の回転寿司・根室花まるにいってみました。根室花まるは札幌の地下街からも入ることができるmiredoの地下1階にあります。たくさんの人が順番待ちをしていました。入口にある発券機で番号でとります。その後、待機スペースで待っていることもできますが、番号札のQRコードを読み込むと、何人待ちかを確認することができるので、周りの店をウロ...

  • 札幌②ホテルJRイン札幌北2条

    2022.07.15今夜のお宿、ホテルJRイン札幌北2条は、札幌の中心街・北2条西2にあり、札幌駅からアクセスがよくとても便利な位置にあります。地下道を通れば、地下鉄さっぽろ駅22番出口徒歩2分と抜群の立地です。札幌の中心部エリアはいわゆる碁盤の目状になっているんです。地図を見ると、南北の縦の道と東西の横の道が垂直に交差しています。 そして住所は、テレビ塔から円山公園までまっすぐ伸びてい大通りを中心に南北を「条」、...

  • 札幌①公共交通機関で吹上温泉から札幌へ

    2022.07.15🔹公共交通機関で吹上温泉から札幌へ🔹《登山口バス停から上富良野駅へ》◆町営バスで上富良野駅へ1日往復4便しかない町営バス、10:01 吹上保養センター白銀荘発平日の場合、上富良野駅方向への始発バスがこの時間になります。土日祝日は7:54発があります。平日もこの時間帯があるといいんだけど・・・。10:30 上富良野駅 着◆【JR】上富良野駅から札幌へ12:00 上富良野駅発 旭川駅行き13:01 旭川駅発 JR特急ライラ...

  • 十勝岳Ⅴ.白銀荘日帰り温泉

    ふれあいキャンプ場を管理しているのは、町営の吹上温泉白銀荘です。施設内には源泉かけ流しの温泉があり、キャンプ場利用者も日帰り温泉を利用できます。自炊の宿泊施設なのに、食事類はカップヌードル程度しか販売されていないと言う事だったので、ひなびた温泉宿だと思っていましたが、町営でなかなかしっかりした宿泊施設でした。白銀荘日帰り温泉のタイトルなのに、白銀荘について書かれていたり、なんのこっちゃと思うかもし...

  • 十勝岳Ⅳ.十勝岳~十勝温泉凌雲閣 2022.07.14

    予定よりも早く十勝岳山頂に到着、のんびりとすることが出来ました。団体さんがドヤドヤと登って来たので、退散します。十勝岳温泉まで歩き、13:37発のバスに乗り吹上キャンプ場に戻ります。ピストンする場合には、登って来たこちらの岩場を下りて行きますが・・・、私は、細かい火山灰、火山岩ゴロゴロのこっち・・・、雲がかかっていた上富良野岳方向がうっすらと見えてきました。おおお~o(^▽^)oだんだん晴れてきて、嬉しい💕富...

  • 十勝岳 Ⅲ.吹上温泉~十勝岳 2022.07.14

    2022.07.14前日に登山口のある吹上温泉キャンプ場にテントを張り、翌早朝から十勝岳に登ってきました。十勝岳は、北海道の中央部の上川管内の美瑛町・上富良野町、十勝管内の新得町にまたがる標高2,077 mの活火山で、大雪山国立公園内の十勝岳連峰(十勝火山群)の主峰です。日本百名山及び花の百名山にも選定されています。十勝岳火山群は、およそ200万年前にわたる数々の噴火活動によって現在の山容を形成してきましたが、噴火を...

  • 十勝岳Ⅱ.ふれあいキャンプ場

    2022.07.13~07.15吹上温泉ふれあいキャンプ場は、標高1018Ⓜに位置し、登山・湯治・各種研修の場として親しまれている町営の自炊の宿泊施設・白銀荘が管理しています。銀水荘には源泉100%かけ流しの温泉があり、自動販売機では各種飲み物、売店ではおつまみ、カップめん等も販売されているのでとても便利でした。三段山や十勝岳の登山目的での利用が多いキャンプ場ですが、登山目的以外でも利用価値のあるキャンプ場です。テント...

  • 富良野⑥てっぱん・お好み焼き まさ屋

    2022.07.13富良野駅前のホテルにチェックイン後、夕食の場所を探すために駅前の観光案内所に行ってみました。富良野名物は、オムカレーだそうです。エ~ッ((((;゚Д゚)))))))昼にカレーを食べてしまった・・・どうしよう・・・観光案に所でオムカレーマップを頂くことが出来ます。富良野は北海道のど真ん中で、特に海産物とかの名物もないようです・・・迷った挙句、オムカレーもやっているけど、駅から5分ほどの日の出町にある「て...

  • 十勝岳Ⅰ.公共交通機関で吹上温泉へ

    2022.07.13~07.15北海道遠征2座目・十勝岳に登ってきました。公共交通機関がある登山口は吹上温泉と十勝岳温泉の2カ所。吹上温泉ふれあいキャンプ場にテントを張って登ることにしました。 🔹公共交通機関で登山口へ🔹吹上温泉へは1日4往復ですが上富良野から町営バスが出ています。《登山口バス停までのアクセス》◆富良野駅から上富良野駅へ前日は富良野駅前のホテルに宿泊したため、富良野駅からJR富良野線に乗車し、上富良野駅へ...

  • 富良野⑤ホテルナチュラクス富良野

    2022.02.12富良野観光の後の宿泊はホテルナチュラクス富良野に宿泊当日の朝、予約を入れました。ちょっとお高めだけど、駅から近いし、大浴場があり、ラベンダーの季節で空室が少ないので、何よりも、空室があったので即決・・・ホテルナチュラクス富良野は富良野駅の斜め前にあり、徒歩1分ほどの所にあります。入口を入ると、お土産等が置いてあるロビーが・・・、フロント脇には、アメニティが置かれていて、各自必要なものを持...

  • 富良野④ファーム富田 ラベンダーは木だって知ってましたか?

    2022.07.12四季彩の丘を早めに撤退し、車で約30分ほどの中富良野に位置するファーム富田に向かいました。7月はラベンダーが満開・・・楽しみ😍11:25 到着一番近い駐車場はすでに満車で、少し奥にある駐車場に誘導されました。レンタカーは16時までに富良野店に返却しなければならないので、15:15までを目安に、のんびり過ごすことに・・・。入場料・駐車料ともに無料です。駐車場から園内に入ると・・・、一面のラベンダー園内には...

  • 富良野観光③四季彩の丘

    白金青い池の見学後、車を走らせること約20分、美馬牛にある四季彩の丘に向かいました。四季彩の丘は色鮮やかな花畑や雄大な景色を味わえる広大な観光の丘です。7月〜9月は入場料500円がかかり、6/15〜9月末まで駐車料金500円もかかります。無料だと思っていたので、とても損した気分でした。広大な丘なので歩いて見学するには、ちょっと大変です。約15分かけて園内を一周まわるトラクターバスのノロッコ号に乗ったり、園内の好き...

  • 富良野観光②白金青い池

    青い池への移動途中、思いがけず、ファーム富田のラベンダーイーストに立ち寄ることができラッキーでした。今回の富良野観光の目的の1つは青い池です。正確には富良野ではなく美瑛にある水面が青く見える不思議な池です。平成元年に行われた十勝岳の防災工事の際、堰堤にたまった水が、不思議なほど青い色をたたえ、立ち枯れのカラマツとあいまって幻想的な風景をかもしだしています。ある写真家が情報発信を続け、その存在が広ま...

  • 富良野観光①ファーム富田ラベンダーイースト

    2022.07.12幌尻岳登山を予定より1日早く下山することが出来たため、宿泊した平取町のホテル駿を後にし、富良野観光に出かけました。レンタカーは16時までに富良野営業所に返さなければなりません。6:15 出発!!ナビをセットし、ホテルから国道237号線を富良野方面に北上します。途中で、何か食べる予定でしたが、ホテル近くのローソンを過ぎるとルート上に開いているお店はありませんでした😱😭😱ナビの最初の目的地は白金青い池、...

  • 幌尻岳Ⅵ.平取町に1泊 ホテル駿

    2022.07.11幌尻岳から下界に戻り、やっと電波が通じる様になったので、平取町のホテル駿を予約。素泊まり6000円受付は20時までだけど、遅くなっても待っていて下さると言う事なので、急いで向かいます。ナビをセットし、道道71号線から道道80号線を通って行きます。途中、鹿のファミリーがぴょんぴょんと道路脇を飛び跳ねていたり、道路を横断したり、キツネが道路脇をキョロチョロしていたりと北海道ならではの夜のドライブでした...

  • 幌尻岳Ⅴ.ポロシリ山荘~幌尻岳~ポロシリ山荘~イドンナップ山荘

    7月10日、前泊地の新冠の宿を出発し、登山口のある避難小屋ポロシリ山荘に宿泊しました。ポロシリ山荘は圏外で、天気予報を確認することができず、昨日朝の予報によると夜中に雨が降るかなと思っていましたが、降雨はなく出発時も雨は降っていませんでした。2022.07.11《ポロシリ山荘から幌尻沢徒渉点 約50分》水は、1.5ℓ ジャケット着用で朝3:55 出発!!標高970mの幌尻沢徒渉点までは、今年は沢沿いの道になります。その年に...

  • 幌尻岳Ⅳ.ふかふか亭~イドンナップ山荘~ポロシリ山荘

    7月10日 ポロシリ山荘へ ●ふかふか亭からイドンナップ山荘へ ●イドンナップ山荘 ●イドンナップ山荘からポロシリ山荘へ ●ポロシリ山荘《ふかふか亭からイドンナップ山荘へ》車で行けるのはイドンナップ山荘までです。イドンナップ山荘は、マップコードを入力してもナビが探索してくれません。 林道入口へは探索してくれましたので、林道入口のマップコートを入力し、5:00 出発!!宿からイドンナップ山荘へのポイントがいく...

  • 幌尻岳Ⅲ.新冠温泉レコードの湯

    新冠温泉レコードの湯は太平洋を望む新冠町の高台にあるロッジ風ホテルに併設する天然温泉施設です。国道235号線を浦河方面へ走り、道路左手に新冠温泉の看板を目印に左折後約900mの高台にあります。広い駐車場完備です。宿泊先のふかふか亭はお風呂の提供をしないため、近くの新冠温泉を利用します。自分の車で行くか、もしくは、18時出発で送迎してもらいます。私は、時間の拘束を受けない方が気楽に温泉を楽しめるので、車で行...

  • 幌尻岳Ⅱ.旅人宿ふかふか亭

    7月9日(土)は、前泊として新冠町の旅人宿ふかふか亭に宿泊しました。ふかふか亭は、サラブレッドの牧場が広がる大地の丘の上に建つログハウス風の小さな宿です。夫婦ふたりで経営しているため、サービスが行き届くよう、定員は少なく最大4組までですが、今は、ドミトリー(相部屋)方式はやめ、1名でもグループでも完全個室対応しているため、3名部屋を1人で利用することが出来ました。オーナーは、学生時代にバイクで北海道を訪...

  • 幌尻岳Ⅰ.千歳空港から旅人宿ふかふか亭へ

    昨年は旭岳からトムラウシまで大雪山を縦走し、今年も北海道の日本百名山を2座登ってきました。北海道の山にご興味のある方は、昨年の大雪山縦走記録も併せてお読みください。また、日本百名山登山の記録を中心に、今までの登山記録をあら還ままの登山記録としてまとめてあります。こちらも併せてご覧いただけると嬉しいです🤗羽田空港から一路、フライトで千歳空港に到着。幌尻岳への課題は、1.どのルートで登るのか2.どうやって...

  • 北海道遠征 2022.07.09~2022.07.16

    北海道の日本百名山を2座登ってきました。当初、利尻山まで行く予定にして出発しましたが、週末連休の天候が良くないことと、幌尻岳登山中に歯が欠けてしまい、どうにも気になるため、急遽予定を変更して帰宅してきました。次の内容で、少しずつ活動記録をアップしていく予定です。長い記録になりますが、最後までお付き合い頂けると嬉しいです😄【北海道遠征(1)幌尻岳 2022.07.09~07.11】 Ⅰ.新千歳空港から旅人宿ふかふか亭へ...

  • 幌尻岳にむけて出発!!

    今年は関東の梅雨明けが早く、さらに台風が発生し、西日本に大雨をもたらし、何か日本全国不安定な天気が続いていますが、こんな気象状況の中、 以前から予約をしていたので 予定通り、幌尻岳山を登りに行ってきます。 今日は、ベースのポロシリ山荘への移動ののみで、明日、登る予定です。天気がいいと嬉しいな😀 行ってきま~す❣幌尻岳幌尻岳登山は、百名山の中で最難関と言われています。 日高山脈の主峰であり、沙流郡平...

  • 公共交通機関で行く日帰り平標山(8)かわいいお花たち

    今年は関東の梅雨明けが早く、 お花たちも暑そうにしていました。お花たちは終わりかけていましたが、登山道沿いのお花たちをまとめてみました。目次:(1)登山口へのアクセス(2)猛暑の中、松手山へ(3)松手山~平標山頂へ(4)稜線上に広がるお花畑(5)平標山頂~平標山の家(6)平標山の家~平標登山口バス停へ(7)酒風呂湯の沢でさっぱり(8)かわいいお花たち《ハナニガナ》野に咲くニガナ(キク科ニガナ属)の花びらが...

  • 公共交通機関で行く日帰り平標山(7)酒風呂湯の沢でさっぱり

    越後湯沢駅に戻り、温泉で早くさっぱりしたい!!越後湯沢駅構内にあるCoCoLo湯沢の中に「酒風呂 湯の沢」を利用しました。駅ビル「CoCoLo湯沢」は、西口駅舎2階にあり、改札外コンコース部の「がんぎどおり」の奥にあります。土産品店・惣菜店・食べ歩き横丁(レストラン)などの誘惑がたくさんある中を通過すると、CoCoLo湯沢があります。CoCoLo湯沢の一番奥に酒風呂湯の沢があります。CoCoLo湯沢は、新潟県の名産のひとつであ...

  • 公共交通機関で行く日帰り平標山(6)平標山の家~平標登山口バス停へ

    ほぼ予定通りに平標山の家に到着することが出来、ベンチで一息し、14:25 下山 再会 ここから南西方向へ下って行きます。 平標の家から先も階段が多く、約500mの標高差の大半が階段と言う脅威の道で、更に樹林帯の中では風がなく暑く、樹林帯でない所では日がサンサンと射し暑く、いずれにしても危険な暑さでした。平元新道登山口まではジグザクと折り返しながら、延々と下っていきます。なかなか長い道のりです。途中、登って...

  • 公共交通機関で行く日帰り平標山(5)平標山頂~平標山の家

    帰りのバスの時間が、平標登山口バス停16:40なので、少し余裕を持って13:40には山頂を出発したかったので、山頂にザックをデポし、急いでお花畑を見学してきました。帰路は平標山の家を経由して下ります。平標山からまっすく南に下り、標準タイム40分で平標山の家に着きます。山の家からは向きを南西に変え、再び一直線に下り、山の家から平元新道登山口(林道合流点)までの標準タイムは50分です。さぁ、13:35 下山を開始します!...

  • 公共交通機関で行く日帰り平標山(4)稜線上に広がるお花畑

    暑すぎてヘロヘロ、スピードがあがらず、13時やっと平標山頂に到着しました。気温が高くて、暑かったけど、稜線上では時折、風がとても気持ちよかったです。暑すぎて食欲がなく、ほとんど水分のみで登って来たので、 まずは、エネルギーチャージ。 山頂は広いけどベンチ等はないので、石を見つけて座りました。 クーラーボックスに凍らせたペットボトルの水とソルティライチのパウチを持って行って正解でした。 コーラも冷た...

  • 公共交通機関で行く日帰り平標山(3)松手山~平標山頂へ

    は~は~ゼーゼー言いながら、やっと松手山に到着しました。サンサンと陽射しが照り付ける中、石に座って、しばし休憩。暑すぎて食欲ありません。エネルギーゼリーとコーラをゴクゴク・・・、ここからは日影がほとんどありません。 お花を見ながら、汗をかかない様にゆっくり進んで行きます。11:23 山頂に向けて出発《ウラジロヨウラク》(ツツジ科ヨウラクツツジ属)振り返ると苗場スキー場がよく見えています。何度も振り返っ...

  • 公共交通機関で行く日帰り平標山(2)猛暑の中、松手山へ

    お花は終わりかけっぽいけど、梅雨が明け、天気が良さそうだったので、急遽、前日の夜に新幹線の予約をとり、新幹線で、ビューーンっとやってきました。平標山は始めて登ります。平日にもかかわらず越後湯沢駅から平標登山口までのバスは満席で、駐車場にも車が20~30台ほど停まっていて、その人気の高さに驚きました!駐車場から5分ほどで登山口です。9:15 スタート階段が続き、登り出しからいきなりハードです!!9:28 1合目 ...

  • 公共交通機関で行く日帰り平標山(1)登山口へのアクセス

    2022.07.01平標山は、「花の百名山」の一つにも選ばれている群馬県みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町の境に位置する標高1984mの山です。三国山脈上にあり、谷川連峰西端の高峰で、東に接する仙ノ倉山へ広い稜線が続きます。平標山の「標」とは、乗越の分岐点や分かりにくい場所に、目標の柱などを建てた所とから来ているようです。その名のとおり山頂は広く平らな所にあり、4コースの登山道が交差する十字路のため大きい道標はあり...

  • 皇海山クラシックルート(10)水沼駅温泉センター

    原向駅15::22発のわたらせ渓谷鉄道に乗車し、15:57 水沼駅で途中下車をしました。購入した相老駅までの乗車券は見せるだけです。温泉センターは、桐生方面へのホームに直結しています。入口を入り、靴を脱ぎます。100円リターン式の下駄箱があります。入口を入った正面が受付。入浴料は休日800円です。ちなみに平日は650円です。浴室には、シャンプー、リンス、ボディシャンプー、内風呂1、露天風呂1、サウナと水風呂がありまし...

  • 皇海山クラシックルート(9)庚申山荘

    庚申山荘は、庚申山中腹にある山荘です。基本的には無人ですが、ハイシーズンは管理人が滞在しています。今回し、宿泊した時は、コウシンソウの時期で混雑し、管理人さんがいらっしゃり、登山客でにぎわっていました。銀山平温泉かじか荘が管理しているため、かじか荘で料金を払い、受付をすることができます。宿泊料金は、大人(素泊り) 1人 2,080円 です。かじか荘受付前の券売機で、宿泊券を購入します。かじか荘では日帰り入...

  • 皇海山クラシックルート(8)庚申山荘から下山し帰宅

    長~い六林班峠からのまき道を通り、庚申山荘まで戻ってきました。庚申山荘に置いて行った荷物を急いでパッキングし、12:50 下山開始一の鳥居までちょうど2.0km です。平地なら30分弱の距離だけど、足もガクガクしているし、1時間近くかかりそうです。12:59 仁王門1日目に登ってきた道と同じ道を戻ります。13:19 百丁目 通過13:31 橋を渡るとベンチのある休憩所です。13:35 庚申七滝への分岐13:38 一の鳥居ここまで50分ほ...

  • 皇海山クラシックルート(7)アップダウンと譲歩を繰り返し庚申山荘へ

    30分ほど予定より早く六林班峠に到着しました~!!水沼温泉でさっぱりすることが出来る事を期待し、下山を続けます。10:35 六林班峠を出発します。六林班峠から庚申山荘手前の分岐までは、下り斜面→沢を譲歩→上り斜面を5~15分置きに繰り返しながら 標高を下げて行きます。六林班峠が1802m、庚申山荘が1501mなので約300m下げます。アップダウンも多く細尾根が続き、思ったより時間をまくことができませんでした。10:41 最初...

  • 皇海山クラシックルート(6)鋸山に登り返し六林班峠へ

    ほぼ予定通りに山頂に到着し、休憩!!スマホで天気を確認。ドコモはアンテナ1本のみで電波状況は良くなく、途中で繋がらなくなってしまいました。14時頃から雨予報だったので、気温が上ってきたし、この暑さでレインウェアはできれば着たくない・・・、雨に降られずに下山できることを期待します。次の課題は、温泉に入って帰れるかどうか、かじか荘の日帰り入浴は、15時までで、最終受付が14:30までのため、時間的に難しそう・・...

  • 皇海山クラシックルート(5)鋸山~皇海山山頂

    ほぼ予定通りに鋸山に到着し、素晴らしい眺望を堪能することが出来ました。のんびりしたいところですが鋸山から皇海山までは約90分かかり、山頂までは登り返しがあるので、登り返す手前の鞍部で休憩をすることにし、先を急ぐことにしました。鋸山から皇海山までは一旦下り、登り返します。標準タイムでは鞍部まで25分ですがロープ設置の急坂があり、35分かかってしまいました。この写真ではよくわかりませんが、帰路の上りの時の写...

  • 皇海山クラシックルート(4)鎖場やロープ、梯子のオンパレード、鋸山へ

    前日に庚申山荘まで到着し、1泊。2日目日曜日は、午後から雨予報が出ていたため、できれば雨の前に下山しようということに・・・、3:30に出発予定でしたが、30分繰り上げて3時に出発することにし、1日目は、夕食を食べ終わったら速攻で就寝。2日目2時に起床し、朝食をとろうと1階へ下りて行くと、食堂は、びっしりと布団が敷き詰められ寝床に変わっていました。目次:(1)公共交通機関で登山口へ(2)登山口から庚申山荘へ(3)コ...

  • 皇海山クラシックルート(3)コウシンソウ自生地へ

    原向駅から登山口までタクシーを利用したため、予定より早く庚申山荘に到着しました。2階の空いているスペースに寝床を確保した後、管理人さんにコウシンソウ自生地を教えて頂き、40分ほどで行けると言う事なので見に行ってみることにしました。14:55 山荘を出発します。旧猿田彦神社跡まで下り、分岐をお山めぐりルート方向に登って行きます。しばらくは樹林の中をひたすら上って行きます。庚申山荘を出発し、30分ほど歩いた所で...

  • 皇海山クラシックルート(2)登山口から庚申山荘へ

    朝、自宅を出発し、わたらせ渓谷鉄道の原向駅からタクシーに乗り、登山口のある銀山平・かじか荘に到着しました。かじか荘で庚申山荘宿泊の手続きを済ませ、11時 出発します。1時間ほど林道を歩いて行きます。林道の途中に素敵な滝がありました。近くを通ると、ヒンヤリと気持ちいい🎶12:15 一の鳥居ここから登山道らしくなってきます。新緑がきれいな樹林の中の川を渡り、庚申七滝の案内板があったので行ってみました。先ほどの...

  • 皇海山クラシックルート(1)公共交通機関で登山口へ

    2022.06.18深田久弥の選定した「日本百名山」の一つで、栃木県と群馬県の県境に位置する皇海山に登ってきました。栃木県山岳遭難防止対策協議会が作成する「栃木県 山のグレーディング」では、栃木県で最も難易度の高い山に指定されています。皇海山への途中の鋸山へは 鎖場やロープ、梯子がありアスレチックな楽しいルートでした。今回は庚申山荘に宿泊し、2日間の日程です。皇海山にもっとも近い、群馬県側の登山口から登るコ...

  • アスレチックな瑞牆山 2022.06.04(5)増冨の湯でさっぱり

    みずがき山荘15:20発韮崎駅行きのバスに乗車しました。増冨の湯までの乗車時間は約20分。増冨の湯の割引券はみずがき山荘バス停前にありますので、バスに乗る前に券をもらっておくと30円割引になります。 増冨の湯 入場料830円が割引券で800円になります。 15:40 日帰り温泉増冨の湯バス停に到着目次:(1)公共交通機関で登山口へ(2)新緑の中を天鳥川出合へ(3)岩場、鎖場、倒木、ガレ場ありのアスレチックな登山道(4)同...

  • アスレチックな瑞牆山 2022.06.04(4)同じルートを通り下山

    いや~なぜか瑞牆山に登る時は天気がよくて、ラッキーです。少し霞んではいるけど周りの山々が見えて眺望は最高です!!山頂は遮るものがなく、斜めの岩になっています。あまり広くないので、座って休憩をする人、写真を撮るために歩き回る人で賑わっていました。山頂付近はシャクナゲもキレイに咲いていました。岩の上に座って、ランチ休憩を済ませ、アップルパイのデザートも食べ、コーヒーも飲み、のんびり過ごすことが出来まし...

  • アスレチックな瑞牆山 2022.06.04(3)岩場、鎖場、倒木、ガレ場ありのアスレチックな登山道

    天鳥川を渡ると、そこにはベンチのある休憩ポイントがあり、もぐもぐタイムにしました。休憩を終え、11:35 山頂を目指して出発!!花崗岩が大きく二つに割れた桃太郎岩桃太郎岩の脇を抜け梯子を登ります。崩壊により通行禁止、迂回路が出来ていました。岩がゴツゴツ・・・、倒木もあります。桃太郎岩を過ぎる急登になってきます。再び長い階段です。シャクナゲがあちこちに咲いていました。大岩のつっかえ棒です。登山道のあちこ...

  • 日帰り天城縦走(5)八丁池~八丁池口バス停

    樹林帯の中のなだらかな登山道を、JR伊東線の車内で隣の席になった女性の方と進んできました。登山歴が長くベテランの女性の方で、山のお話を色々をお聞きすることが出来、とても楽しいひと時でした。やっぱり一人より楽しいですね。退屈な樹林の中の歩きもお話ししながらなら、あっと言う間に八丁池に到着してしまいました。トイレは対岸にあり、登り坂です。水生池への分岐です。天城峠への分岐にあるトイレに向かいます。トイレ...

  • 日帰り天城縦走(4)万三郎岳~八方池

    万三郎岳山頂から10分弱の万三郎岳下分岐までの登山道脇には休憩をする人で賑わっていました。分岐点を右に進むと、涸沢分岐を通って天城縦走登山口に戻ることが出来ます。今回は、左側の八丁池方向に進みます。11:49 出発します!!ブナ原生林です。天城連山にはブナの原生林が広大な面積を占めています。ブナは温帯に生息する広葉樹の代表であり、高さ30mにもなる落葉樹です。葉は5~8㎝の卵型で栗とよく似ています。また降水...

  • アスレチックな瑞牆山 2022.06.04(2)新緑の中を天鳥川出合へ

    韮崎駅から山梨峡北交通のバスに揺られること1時間20分、登山口のあるみずがき山荘に到着しました。準備を済ませ、10:23 出発します!!みずがき山荘登山口から新緑に覆われた緩斜面を登って行きます丸太で整備された階段をえっちらおっちら・・・、先ほどよりも傾斜がきつくなってきます。10:49 ベンチがあり眺望がいい開けた場所に出ます。瑞牆山、チョーかっこいいです。先ほどのベンチから10分ほど登ると、瑞牆自然公園への...

ブログリーダー」を活用して、tabitappyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
tabitappyさん
ブログタイトル
アラ還ままのひとりごと
フォロー
アラ還ままのひとりごと

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用