searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hassel24さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

四季折々の一期一会の風景や様々な自然との出会いを、風・光・彩りをテーマに撮影し紹介しています。  

ブログタイトル
MMW 風光彩
ブログURL
https://hassel503.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
四季折々の自然が織りなす一期一会の風景を紹介するフォトブログ
更新頻度(1年)

363回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2012/04/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、hassel24さんをフォローしませんか?

ハンドル名
hassel24さん
ブログタイトル
MMW 風光彩
更新頻度
363回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
MMW 風光彩

hassel24さんの新着記事

1件〜30件

  • 立ち枯れの木と焼岳

    長野県 松本上高地 大正池での撮影。立ち枯れの木が印象的な大正池。陽がしっかり昇り、光がまわって色彩がしっかりついたところで焼岳と青空、それとうまい具合に現れた白雲とで構成。最近、コロナ禍でカメラ機材をいじる時間が増えました。昨年2台のカメラを購入。その資金源として何台かのカメラボディとレンズを売却。それでも大容量の防湿庫2台に2桁の台数のカメラとそれらのレンズが。フィルムカメラも未だ多数現役。NI...

  • 青空とひまわりの丘

    北海道 上富良野ジェットコースターの道付近での撮影。観光客に人気のジェットコースターの道、急降下、急上昇!激しい高低差の約4.5kmの直線道路。勿論信号もありません。ここを走行中に、一面黄色に染まった丘を発見。道を逸れ、周囲で安全に車を止められる場所を確保。早速三脚をセット撮影した数カットの中の1枚。空に浮かぶ白雲が実にいい感じでしたので、これらとのコラボでフレーミングして見ました。HASSELBLAD 503CW Ca...

  • 1000万ドルの宝石箱  長崎港

    長崎県 長崎長崎市稲佐山公園展望台での撮影。長崎は 2012 年にモナコ、香港と共に世界新三大夜景に、また2015年には札幌、神戸とともに日本新三大夜景に認定。1000万ドルの夜景とも言われる長崎の夜景の特徴は、長崎港を取り囲むすり鉢状の地形で、この稲佐山の他、鍋冠山、風頭公園などの多方向から夜景が楽しめること。その中でも、ここ稲佐山は「宝石箱をひっくりかえしたような」と称される程の人気夜景スポット。夕暮れの明...

  • オホーツクの夕景

    北海道 ウトロオホーツク海に沈む夕陽をウトロ港で撮影したものです。ウトロは夕陽の街としても人気。西向きに海に面しているからかもしれません。夏のこの時間帯、ホテルでは夕食の時刻。このドラマチックな自然が織りなすイベントを見ずして、ホテルで食事している場合ではありません。この光景を撮影するために北の果て、このウトロまできたのですから。HASSELBLAD 503CX Carl Zeiss SONNAR CF 250mm f/5.6 T* PL★お帰りに...

  • 絶景 山岳テラスにて

    長野県 白馬白馬村岩岳、白馬マウンテンハーバーでの撮影。標高1,289mの白馬岩岳山頂に、2018年に完成したカフェ&テラス。大きくせり出したテラスからは、天気の良い日には、このように白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)を正面に見ることができ、さらには左に唐松岳、右に白馬乗鞍岳をも見ることが出来、最高の撮影スポットに。ここでは、綺麗なすじ雲が現れたので、白馬三山と紺碧の空、それに真っ白なすじ雲で...

  • 深山幽谷

    栃木県 那須塩原スッカン沢雄飛の滝での撮影。滝と光芒写真で人気を博すスッカン沢。ただ、この雄飛の滝に行くには、遊歩道を離れ、一端沢沿いを上流に向かって登らなければならないところが難点。また、かなりの量の滝からの水しぶきを浴びながらの撮影となるので、自身のみならずカメラ、特にレンズ面の水滴処理対策を取らないと折角の努力が文字通り「水の泡」となってしまいます。NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED ...

  • 雲海に浮かぶケルン

    北アルプス 唐松岳唐松岳丸山ケルンでの撮影。途中までゴンドラやリフトが利用でき、北アルプス入門の山とも言われる唐松岳。小学生でも山頂を目指せそうな山ではありますが遭難も多い山。夏は霧、冬は吹雪など悪天候時に登山コースを見失うためで、これまでに、遭難事故を防ぐためにと第1ケルン、石神井ケルン、第2ケルン、八方ケルン、第3ケルン、そしてこの丸山ケルン(2430m)がそれぞれ設置されてきたというわけです...

  • 冷涼感溢れる流れ

    秋田県 にかほ市にかほ市元滝伏流水での撮影。鳥海山に染み込んだ雨や雪解け水などが長い歳月をかけ、苔生した岩肌から絶え間なく噴き出している湧水(所謂伏流水)で、深い緑の苔と水しぶき、岩肌に弾ける水のしずくが生み出す霧、これらのコントラストが多くのカメラマンを魅了します。あたり一面は清涼感に包まれ、マイナスイオンをいっぱい感じながらの撮影に。NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR PL★お帰りに「...

  • マツムシソウ咲く稜線

    北アルプス 八方尾根八方尾根八方池付近での撮影。マツムシソウは北海道から九州に分布し、ブナ帯などの山地草原に生育するそうですが、これは八方尾根の登山道脇で見つけたマツムシソウを望遠接写したもの。雄大で迫力ある大パノラマもいいですが、山では足下の可憐な花にホットさせられることも…。稜線に咲くマツムシソウに、カメラをそっと向けてみました。如何でしょうか!?NIKON D800E AF-S NIKKOR 75-300mm f5.64G ED VR...

  • 緑 奏でる

    山形県 鶴岡月山山麓での撮影。月山への登山と撮影の帰路、月山山麓で偶然出会った名も無き素晴らしい景観。長野県蓼科の御射鹿池を彷彿させる、山間の静寂の中にひっそりと存在する緑の絶景スポット。夢中で何枚もシャッターを切った中のワンカット。全国には、まだまだ知られざる絶景スポットが数多くあるのだろうなと思う出会いでした。NIKON D800E AF-S NIKKOR 75-300mm f5.64G ED VR PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ ...

  • ミヤマリンドウと槍ヶ岳

    北アルプス 蝶ヶ岳北アルプス蝶ヶ岳山頂付近での撮影。蝶ヶ岳は、北アルプス常念山脈の南に位置し、北アルプスの中では登りやすく入門編の山。しかも、山頂からの展望は、槍穂高から後立山まで一望できる北アルプス随一の眺望。山頂付近の高山植物と合わせ登山者を魅了します。中型カメラのハッセルブラッド一式とデジタル一眼のNikon 一式、それに中型三脚とかなりの重装備での登山となりました。HASSELBLAD 503CX  Carl Zeiss...

  • 夏の思い出

    北アルプス 八方尾根八方尾根の八方池での撮影。北アルプス後立山連峰縦走上の唐松岳は、ゴンドラやリフトが利用できる北アルプス入門編の山ですが、山頂からは剱岳などの北アルプスの名峰が望める第一級の景観が楽しめる山。その唐松岳へのアプローチ登山道がこの八方尾根であり、その途中にあるのが八方池。雲沸く山稜を、家族連れが唐松岳めざして登っていきます。素敵な夏の思い出になるのでは…。NIKON D800E AF-S NIKKOR 24...

  • 清涼の調べ

    長野県 白馬白馬村大出公園での撮影。姫川にかかる吊り橋や茅葺き屋根の民家越に見える北アルプスなどの景観、特に春は雪山としだれ桜が織りなす圧巻の絶景で人気撮影スポット。晩夏、ここでは、公園の一角に流れ落ちる滝が、面白い玉模様を描いていたのでそれを切り取ってフレーミングしたものです。OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック...

  • 盛夏の五竜岳

    北アルプス 八方尾根八方尾根からの撮影。唐松岳から四方八方に尾根が延びていることから「八方尾根」と名付けられたのだとか。白馬三山を水面に映す八方池までならば三脚や重い機材持参でも可能。それも厳しい場合は、最上部のグラートクワッドリフトを降りた八方池山荘周辺でも撮影可。沸き上がる雲海に浮かぶ五竜岳の雄姿です。その左に背景として顔を覗かせているのが鹿島槍ヶ岳。風爽やかな盛夏の八方尾根風景です。OLYMPUS...

  • 大正池と焼岳

    長野県 松本上高地大正池での撮影。北アルプスの玄関口、上高地を代表する焼岳。大正4年の大爆発で、梓川が堰き止められ現れた大正池。釜トンネルを抜け、この大正池に投影する姿は、立ち枯れの気と調和してカメラマンのみならず、ここを訪れる多くの観光客を魅了します。私は特に、この梓川の透明感のある美しい水の色にいつも癒やされます。HASSELBLAD 503CW Carl Zeiss Distagon T* 50mm F4 PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟...

  • 丸窓の中の絶景 恋人岬

    静岡県 伊豆伊豆市恋人岬での撮影。伊豆市にある恋人岬は、カップルが互いに鐘を鳴らし、愛を確かめ合う場所として知られ、恋人達の聖地として人気なのだとか。目の前には青い駿河湾、荒々しい白波、そして遠くには富士山がそびえ、絶景スポットとしても人気。鐘の右隣にある記念碑は輪っかのような円形のオブジェで、晴天時には穴を通してこのように富士山を撮影することができる撮影スポット。NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-120m...

  • 吊り灯籠と神紋

    埼玉県 川越川越氷川神社での撮影。川越氷川神社は、縁結びの神様として信仰を集めるパワースポット。吊り灯籠に灯が入り、神紋が浮かび上がって絵になるなと思い、『和』を意識してフレーミングしたワンカット。コロナ禍で、縁を結ぶことさえ難しい社会になってしまいました!OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック いただけるとうれしい...

  • 残照の山稜

    北アルプス 燕岳燕岳燕山荘前での撮影。山小屋の夕食は早い。夕食後外に出てみると、燕岳を覆っていたガスが流れ、そこに残照がオレンジの色の彩りを添えて何とも幻想的で美しい光景が展開されていました。これも山岳写真の醍醐味でもあります。NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック いただけたらうれしいです!にほんブログ村☟ コメントは拍手ボタンをクリック...

  • せせらぎの涼響

    青森県 十和田奥入瀬渓流での撮影。山国日本には、心時めくような美しく清らかな清流が沢山ありますが、ここ奥入瀬渓流は、多くの見所となるポイントがあり、それを楽しめるようよく整備されている点が素晴らしいと思います。涼しげなせせらぎの響きがたまりません!NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック いただけたらうれしいです!にほんブログ村☟ コメントは拍手...

  • 朝のいるか岩と槍ヶ岳

    北アルプス 燕岳北アルプス燕岳より槍ヶ岳方面を撮影。標高2763mの燕岳。「北アルプスの女王」とも呼ばれる白く輝く花崗岩の山。燕山荘から燕岳に続く稜線を登ると有名な奇岩、イルカ岩があります。朝陽を浴びたイルカ岩と、背景の槍ヶ岳とのコラボでフレーミング。この組合せがここでは人気カットのようです。NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック いただけたらうれ...

  • 真夏の笑顔!

    長野県 松本松本市あずさ街道での撮影。夏を代表するポピュラーな花、「ひまわり」。最近はあまり近所では見かけなくなりました。子どもの頃、絵日記には欠かせない存在でした。太陽に向かって笑顔で元気に咲くひまわり!私達も、早くこの様に満面の笑顔で日常を送れるようになりたいものです!NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック いただけたらうれしいです!にほん...

  • 富士山遠望

    北アルプス 合戦尾根燕岳合戦尾根からの撮影。登山口と頂上の標高差は1,287mの北アルプス三大急登の一つ合戦尾根。途中の合戦小屋の名物がスイカ。このスイカ、何と500円!ほんと生き返ります!一息入れ、登山道より遠方に目をやると富士山の雄姿が…。NIKON D800E AF-S NIKKOR 75-300mm f5.64G ED VR PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック いただけたらうれしいです!にほんブログ村☟ コメントは拍手ボタンをク...

  • 朝靄立つ盛夏の大正池

    長野県 松本上高地大正池での撮影。夜明けより湖面を覆っていた朝靄が、太陽が昇るにつれ徐々に晴れ、やがて焼岳が夏雲を従えてくっきりその姿を現しました。OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック いただけたらうれしいです!にほんブログ村☟ コメントは拍手ボタンをクリック...

  • 涼を求める緑彩の渓流

    青森県 十和田奥入瀬渓谷での撮影。奥入瀬渓流は、十和田湖東岸の子ノ口から焼山までの約14kmにわたる奥入瀬川の渓流。緑彩は真夏に涼を求めるにふさわし色合いかと思います。秋の紅葉シーンも見事のようですが、こちらは未だ撮影できていません。NIKON D800E AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック いただけたらうれしいです!にほんブログ村☟ コメントは拍手ボタンをクリック...

  • 沸き立つ雲と八方池

    北アルプス 八方池八方尾根八方池での撮影。八方池に倒影される白馬三山を狙ってここ八方池まで昇って来たものの、雲が多く池に映る白馬三山は諦めることに。しかし、自然は面白い!沸き立つ雲の変化が劇的で、これをモチーフにすることに。OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をクリック いただけたらうれしいです!にほんブログ村☟ コメントは...

  • 雲沸くアルプスの女王 燕岳

    北アルプス 燕岳常念山脈の北部に位置する標高2763mの燕岳。花崗岩で構成され、白い砂礫と緑のハイマツのコントラストが映え、アルプスの女王と呼ばれる優雅な山容で人気。槍ヶ岳をはじめ、北アルプスのロケーションも抜群で、高山植物の女王、「コマクサ」の群落も見られることからカメラマン向き。燕山荘前からの撮影。NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PL★お帰りに「風景写真タグ」  ☟☟☟ をク...

  • 夏雲と陰影の葦原

    栃木県 栃木渡良瀬遊水池での撮影。夏、「冷たい空気が流れ込んで大気の状態が不安定」という天気予報の午後や、台風が通過した後など、雲が意外なアートを描くことが多く、そうなると出来るだけ障害物のない広い草原の様な場所ということで、ここ渡良瀬遊水池に向け車を走らせてしまいます。越境自粛中ではありますが、ここでしたら行き帰りも他の人との接触もなく、現地では誰にも遭うことなく撮影が可能なので、蜻蛉返りで久々...

  • 和舟と夏雲

    栃木県 栃木渡良瀬遊水池での撮影。今日から、国内の風景写真作品のご紹介に戻ります。引き続きご訪問、ご覧頂き、評価頂けたらと思います。宜しくお願い致します。早速、スペインの丘に並ぶ白い風車の風景から一転、和舟が浮かぶ純和風の日本の盛夏風景です。台風が通過し、微妙なトーンの夏雲と合わせてのフレーミングです。OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO PL★お帰りに「風景写真...

  • 光と彩りのイスパニア紀行 Ⅱ  VOL.38 最終回 紺碧の空と白い風車 

    Spain La Mancha Consuegraラマンチャ・コンスエグラ村カルデリコの丘での撮影。コンスエグラは人口1万人の小さな田舎町。「風車の丘」として世界的に有名に。現存の11基の白い風車と古城が建っていて、その光景はスペインそのもの。スペインを代表する人気フォトスポット。 ※7月14日から、全38回にわたりご紹介して参りました『光と彩りのイスパニア紀行Ⅱ』も今回が最終回。今回の作品は、コロナ禍となる直前の、201...

  • 光と彩りのイスパニア紀行 Ⅱ  VOL.37 サン・セバスティアン通りの朝

    Spain Andalucía Mijasアンダルシア ミハスでの撮影。ガイドブックや絵葉書にも登場する、ミハスのシンボル的な場所がここ『サン・セバスティアン通り』。このカットが今回のスペイン行きで最も撮影したかったカット。現在もリビングに全紙に伸ばし掲示中。この名前は、この通りの角(撮影者の右後方)にあるサン・セバスティアン教会に由来。撮影時ひと気がありませんが、この路地、この撮影直後一斉にテーブルや椅子が並べら...

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー