searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hassel24さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

四季折々の一期一会の風景や様々な自然との出会いを、風・光・彩りをテーマに撮影し紹介しています。  

ブログタイトル
MMW 風光彩
ブログURL
https://hassel503.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
四季折々の自然が織りなす一期一会の風景を紹介するフォトブログ
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2012/04/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hassel24さんの読者になりませんか?

ハンドル名
hassel24さん
ブログタイトル
MMW 風光彩
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
MMW 風光彩

hassel24さんの新着記事

1件〜30件

  • 神秘的な朝

    栃木県 日光奥日光小田代ヶ原での撮影。夜明けを迎え、天気予報とは裏腹に黒い雲が立ち込め、夜明けの幻想的なドラマは望めないとガッカリしていると、予期せぬ光景が起こるんですよね。だから自然は素晴らしい!又々写真の神様に感謝!NIKON D800E AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR PL★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、 ↓↓↓ をクリック お願い致します。にほんブログ村◆管理人への連絡等は下記設置の「...

  • 燃える天狗原

    北アルプス 槍沢・天狗原北アルプス槍沢・天狗原での撮影。ここ槍沢の天狗原の紅葉は涸沢と並んで日本随一の紅葉だと個人的には思っています。しかも、こちらは涸沢と異なりカメラマンは殆ど居ない。ただ、最寄りの山小屋である槍沢ロッジから約2時間の登りを要するため、夜明け前からの撮影のためには暗いうちに出発しなければならないことになります。この時期涸沢の山小屋は布団一枚3人ですが、槍沢の小屋は布団一枚1人。(...

  • 秋彩の涸沢

    北アルプス 涸沢北アルプス涸沢カールでの撮影。HASSELBLAD503CW及びレンズ一式と重い三脚を背負い、この地まで登るのはかなりの重労働です。でも着いたところにはご覧の様な光景が待っています。だからこそ、ついつい頑張ちゃうんですよね。嘗て、山岳写真家の故白籏史郎氏を涸沢でお見かけしましたが、氏はヘリコプターでいらしゃいましたね。超一流の写真家はスケールが違うなと感心してしまいました。HASSELBLAD 503CW Carl Z...

  • 蒼の静寂

    栃木県 日光奥日光小田代ヶ原での撮影。小田代ヶ原は普段は覆水は無いのですが、台風をはじめとする豪雨の後には一時的に幻の湖沼が現れます。ですから、ここに幻の『小田代湖』が現れる時は、関東地方に災害が起きていることが多いように思います。ただ、カメラマンは殺到します。HASSELBLAD 503CW Carl Zeiss Distagon T* 50mm F4 PL★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、 ↓↓↓ をクリック お願い致します。にほんブ...

  • 寸光の湿原

    栃木県 日光NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PL★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、 ↓↓↓ をクリック お願い致します。にほんブログ村◆管理人への連絡等は下記設置の「拍手ボタン」をご利用ください<内容非公開> 返信等は訪問時のコメント等に代えさせていただきます。...

  • 彩る湖畔

    栃木県 日光奥日光千手が浜仙人庵周辺での撮影。好天に恵まれた10月の週末は、朝7時には上りのいろは坂の渋滞が始まります。私の場合秋の日光の撮影では、毎回前夜車中泊し夜明け前から撮影。昼前にはいろは坂を下るよう心掛けて行動しています。嘗て午後に湯の湖から高速の日光口まで4時間という、とんでもなく苦い体験があるからです。HASSELBLAD 503CX Carl Zeiss Distagon T* 50mm F4 PL★ランキングに参加しています。応援...

  • 朝の中瀬沼

    福島県 北塩原裏磐梯で人気のビュースポット、中瀬沼の展望台での撮影。県道2号線(米沢猪苗代線)の中瀬沼探勝路入口から徒歩15分位でこの場所に立てます。この撮影の際には、ここから撮影していると徐々に磐梯山に登りたくなり、結局磐梯山に登頂した後帰宅しました。HASSELBLAD 503CW Carl Zeiss Distagon T* 50mm F4 PL★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、 ↓↓↓ をクリック お願い致します。にほんブログ村◆...

  • 夜明けの浜

    栃木県 日光奥日光千手が浜での撮影。10月ともなると丁度男体山の右の裾野、最も低くなった辺りから日の出を迎えます。レンズのF値を深く絞り込んでシャッター速度を長く設定すると、流れる雲が絵筆のように予期せぬアートを描いてくれます。NIKON F3 Nikon Ai AF Zoom Nikkor 28~105mm F3.5~4.5D(IF) HalfND★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、 ↓↓↓ をクリック お願い致します。にほんブログ村◆管理人への...

  • 湿原愁彩

    栃木県 日光湿原の紅葉は木々だけではありません。草紅葉も秋の彩りを構成する大きな要素の一つです。小田代ヶ原は普段は草原状態ですが、夏から秋にかけての秋雨や台風による大雨の後、幻の湖『小田代湖』が出現します。これが現れたと聴くとカメラマンが殺到します。唐松の黄葉とそれが投影した小田代湖、それに草紅葉が加わり、ご覧の様な光景となります。NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PL★ラン...

  • 秋彩の尾瀬中田代

    群馬県 片品尾瀬ヶ原中田代での撮影。下ノ大堀川が大きく蛇行する人気のビュースポット周辺でカメラマンにとっての定番撮影スポット。現在はマイカー規制の為、シャトルバスやタクシーも鳩待峠入山口のゲートを午前5時前には入れないので、どんなに急いでも鳩待峠から入山して山の鼻に着く頃にはすっかり夜が明けてしまいます。夜明けの尾瀬ヶ原で展開されるドラマを撮影するには、やはり山小屋に泊まる必要があります。ただし、...

  • 秋彩の千手が浜

    栃木県 日光中禅寺湖千手が浜での撮影。かなり昔、NIKONの一眼レフを初めて購入した際、紅葉期、友人と初撮影に出かけたのがここ千手が浜。多くのカメラマンが、この朝陽が当たって色鮮やかに染まる浜の左岸を狙っていました。しかも、その殆どが6×6や6×7、4×5等の中・大判カメラ。その光景を見て自分も中判カメラに興味が沸き、ペンタックス67やマミヤRB67、ホースマン等を次々に購入。結果としてHASSELBLADに至ったわけで...

  • 涸沢秋冷

    北アルプス 涸沢早朝、秋に現れる幻の涸沢池が凍り、そこに初冠雪で白く雪化粧した涸沢岳、北穂高岳を投影した私としては極めて貴重なワンカットです。こんな紅葉と初冠雪と青空の三段染め。それが凍った湖面に倒影している!こんなビックチャンスにお目にかかれるのは、これが最初で最後と思ってシャッターを切った一枚。至高の三段染めなのです。HASSELBLAD 503CX Carl Zeiss Distagon T* 50mm F4 PL★ランキングに参加していま...

  • 寸光の圏谷

    北アルプス 涸沢涸沢カールの一日は、夜明けの壮大な大イベントから開幕します。穂高岳、涸沢岳のモルゲンロートは感動的で、東側の山が太陽の光りを遮り、朝日が当たって朱に染まる部分と黒く影となる部分とが現れ、見事なコントラスを描いた光景が展開されます。その後、刻一刻と朱色は色を変え、次々に様々な表情へと変化していき、やがてカール全体に光りが回ったところで終演を迎えます。HASSELBLAD 503CW Carl Zeiss Distag...

  • 秋色に染まる池塘

    群馬県 片品池塘に浮かぶヒツジグサが赤や黄色に色づく様は色鮮やかで美しく、草紅葉と共に秋の尾瀬を彩ります。10月上旬のよく晴れた尾瀬ヶ原は、彩り鮮やかで風も爽やか、至高のハイク気分を味わうことが出来ます。彩り豊かな湿原や秋I晴れの空だけでなく、池塘にもカメラを向けると、尾瀬の秋ならではのワンショットが撮影できます。NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PL★ランキングに参加してい...

  • 錦秋の涸沢カール

    北アルプス 涸沢嘗て山岳雑誌ヤマケイの秋の特集号の表紙に『涸沢が燃えている』というコピーが付けらたことがありました。これは、正に『涸沢が燃えている』というコピーが満更大袈裟ではないなと思わせる秋真っ盛りの涸沢の光景です。この涸沢カールの紅葉は『日本一の紅葉』と言われていますが、私も槍沢の天狗原の紅葉と並んで我が国随一の紅葉だと思います。HASSELBLAD 503CW Carl Zeiss Distagon T* 50mm F4 PL★ランキング...

  • 涼秋の千手が浜

    栃木県 日光奥日光赤沼から柳沢林道に入り、その終点となる浜が千手が浜。早朝男体山の右手から昇る太陽の光を受けて、浜の左手の紅葉が一段と色合いを深めます。日の出のドラマがひと段落した頃の撮影です。ここでは、6×6フォーマットのHASSELBLADの構図を生かしたフレーミング。青空を強調したかったので、手元の露出計の数値を基にややアンダーの露出設定で撮影。HASSELBLAD 503CX Carl Zeiss Distagon T* 50mm F4 PL★ランキ...

  • 秋彩纏う宝剣岳

    中央アルプス 千畳敷個人的な見解ですが、千畳敷カールの紅葉時の色合いの特徴は、山肌一面がダケカンバの黄色、ナナカマドの赤、草紅葉の橙色に染まり、多彩であることです。同じカールである涸沢カールは「燃える涸沢」と言われるくらい赤がとても強い感じがします。その多彩な秋を纏った宝剣岳のワンカットです。NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PL★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、...

  • 湿原秋色

    群馬県 片品尾瀬ヶ原中田代での撮影。深く紺色に染めた池塘に浮かぶ色づいたひつじ草と白い雲、草紅葉に抜けるような青空、秋の尾瀬を彩る素材が見事に揃った気持ちのいい日和となりました。風爽やかな木道を歩くだけで最高に気持ちいい!NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PL★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、 ↓↓↓ をクリック お願い致します。にほんブログ村◆管理人への連絡等は下記...

  • 初冠雪と紅葉

    北アルプス 涸沢早朝涸沢をめざし、上高地を出発する際は冷たい雨でした。憂鬱な気持ちで歩いているといつの間にか雨は止み、横尾に着く頃は青空が顔を出すようになりました。そして前穂高上部に白い物が。一気に気持ちが高まり、本谷橋を渡る頃にはすっかり晴天に。そして、以前涸沢で偶然撮影をご一緒した山岳写真家青野恭典氏(故)から教わった涸沢の撮影ポイント3カ所の中の一つ、この地に三脚を立て撮影した中のワンカットで...

  • 錦秋の宝剣岳

    中央アルプス 千畳敷朱に染まるナナカマドを纏う、中央アルプスの名峰宝剣岳を、真っ青な秋晴れの空とのコントラストでまとめたワンカット。カール全体が正に錦秋。これ以上無いという位ゴージャスな彩りの千畳敷カールです。秋の千畳敷カールは大変混雑します。マイカー規制のため、駒ヶ根高原菅の台バスセンターから路線バスで駒ヶ根ロープーウェーしらびそ平駅へ、ロープーウェーで千畳敷となりますが、朝一番のバスは5:15...

  • 湖面に映える秋嶺

    北アルプス 涸沢北アルプス涸沢カールでの撮影。ここ涸沢カールには、秋だけに現れる雪解け水が溜まる幻の池があります。紅葉の涸沢と逆さの穂高連峰を写せるとカメラマンにも大人気の撮影スポット。この池は、この時期の早朝は凍っていることが多いのですが、この撮影時凍っておらず、きれいに映し込めることが出来ました。NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PL★ランキングに参加しています。応援頂け...

  • 秋色の千畳敷カール

    中央アルプス 千畳敷中央アルプス千畳敷カールでの撮影。ここの紅葉は9月末〜10月頭が見頃。ナナカマドの紅、ダケカンバの黄、これに宝剣岳をはじめとする岩稜が背景となり、絶景を撮影できます。紅葉と澄んだ秋空の青とのコントラストがさらに写欲をそそります。いよいよ秋本番を迎えます。NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PL★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、 ↓↓↓ をクリック お願...

  • 秋彩の湖畔

    長野県 茅野北八ヶ岳白駒池での撮影。靄が立ち込める生憎の空模様、視界も悪く紅葉は見事なものの、それを活かす条件が揃わないことにガッカリしているいる矢先、空の雲が切れにわかに青空が見え始めたと思っていると、あっという間にご覧の様な景観に…。夢中でシャッターを切った中のワンカットです。ここでも写真の神様に大感謝です。NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PL★ランキングに参加していま...

  • 雲烟万里 (うんえんばんり)

    中央アルプス 千畳敷とても広々と薄く長く伸びている雲、正に『雲烟万里』。こんな空を見せることもあるのだと感激しての撮影。自然はやはり神々しく、そして偉大なのです。後にも先にも、これ程見事なすじ雲に出会ったことはありません。写真の神様に大感謝です!中央は富士山、右の頂は塩見岳です。OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO PL★ランキングに参加しています。応援頂ける方は...

  • 秋色の栂池高原

    長野県 小谷標高1900mmの栂池自然園での撮影。9月中旬から色づき始めた草紅葉をはじめとする紅葉は、ダケカンバの黄色、ナナカマドの赤など彩りを深め、9月下旬から10月はじめには紅葉は最盛期に。山頂に初冠雪があれば、雪・紅葉・緑の三段紅葉の撮影も…。この撮影では、さすがにそこまでは条件を揃えてもらえませんでした。NIKON D800E Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4.5-5.6G ED VR PLにほんブログ村◆管理人への連絡等は下...

  • 初秋の気配を感じて

    長野県 松本乗鞍高原一ノ瀬園地「まいめの池」での撮影。真っ青な空、白いすじ雲乗鞍岳の山並みを湖面に写し、秋の役者が揃い踏みです!そう言えば、今年は猛暑から一転、急に秋めいた気温になりましたね!先日の台風もそれたことだし、このまま穏やかな秋となって欲しいものです。OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO PL ★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、 ↓↓↓ をクリッ...

  • 青藍に染まる刻

    長野県 松本バスで気軽に登山が楽しめる標高3000mの絶景スポット、それが乗鞍岳。乗鞍岳とは、構成する23の峰の総称。最高標高は「剣ヶ峰」の3,025m。これはその構成座の一つ大黒岳での撮影。近年雲海ブームですが、ここも雲海スポットとしておすすめです!因みに、この時間帯の撮影は露出が極めて難しい!青藍に染まる刻はカメラマン泣かせでもあります。OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS ...

  • 涼風そよぐテラスにて

    長野県 白馬白馬岩岳山頂にある、絶景の北アルプス白馬連峰が一望できる山頂テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」での撮影。ここ十数年、白馬をライフワークに四季を通じて撮影してきました。これまで白馬岩岳山頂からの眺めは絶景で、人気スポットではありましたが特に展望台が用意されているわけではありませんでした。そこに2018年秋、待望のテラスが設置されご覧の様な景観を一望できるようになりました。勿論真冬も利用可能です...

  • 黄金の山稜

    中央アルプス 千畳敷中央アルプス千畳敷カールからの黄金色に染まる山々の景観。中央に僅かに顔を覗かせているのが霊峰富士!山間から差し込む黄金の光りが神秘的に感じ作画してみました。「千畳敷カール」は標高2,500mを超える高山帯。春のスキー、夏の高山植物散策、秋の紅葉と季節毎に満喫できます。OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO PL ★ランキングに参加しています。応援頂ける方...

  • 涼秋の彩り

    長野県 松本乗鞍高原一ノ瀬園地「まいめの池」での撮影。標高1,450mにある「まいめの池」は乗鞍岳や湖畔の木々の映り込みが美しい、乗鞍高原人気の撮影スポットのひとつ。乗鞍高原は、撮影後のお蕎麦も美味しい!OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO PL ★ランキングに参加しています。応援頂ける方は、 ↓↓↓ をクリック お願い致します。...

カテゴリー一覧
商用
読者になる