chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 豚肉より人参>『ちむどんどん』第23週

    三郎さんが意識を失ったのは? 1:久しぶりの酒に急激に酔いが回って 2:房子と多江に挟まれて居た堪れなくて 3:何でこんなドラマに出演しちゃったんだろう…と情けなくて 4:本当はもっと台詞があったが、拒否反

  • 強みと弱み>『ちむどんどん』第21週(103話)~22週

    何だかんだ言っても 『ちむどんどん』は、やっぱり朝ドラ。 ある意味 典型的な朝ドラ。 悪い意味での(笑) だから 別段、騒ぐことのことじゃござんせん。 …ひじゅにですが何か? ​「手数をかけ

  • 矢作がんばれ>『ちむどんどん』第19~21週102話

    子供達が食べたがっていたのはカレーやハンバーグ。 子供が好む代表的メニューであると同時に 世のお母さん方が子供に野菜を食べさせるために 細かく切って混ぜる等して色々工夫する 代表的なメニューでもある

  • 智の公開処刑>『ちむどんどん』第18週

    「あ、智?」 という暢子のイカニモ驚いた様な言い方が 何だかとてもアザトイ響きがして ここにこのドラマ&ヒロインが象徴されている …という気がする …ひじゅにですが何か? ​「沖縄料理のお店を開き

  • 中原中也で爆笑>『ちむどんどん』第16週~第17週

    朝ドラを観ていない父に今日の『ちむどんどん』の内容を伝えようと まずは個人的に一番気持ち悪かった和彦&母の中原中也暗唱合戦を説明しかけたら 途中で思わず​爆笑​してしまった(笑) 独りで黙って視聴してい

  • 思うままに…>『ちむどんどん』第14週65話~第15週

    何だか世間では物凄いことになっているらしい 『ちむどんどん』の悪評… それに対してアレコレ言えるほど 最近のひじゅには、みしめて観てないしな… と書きかけてから知った ​「みしめて」は群馬弁!?​

  • リゾット>『ちむどんどん』第12週64話~第14週67話

    今のところ 週タイトルの魚てんぷらよりもリゾットが前面に出ているけど 色んな人物や色んなエピソードが綺麗に料理されている …のではなく 単に雑多に混ぜ込まれている …という象徴か?>ぉ …ひじゅにで

  • OKINAWA>『ちむどんどん』第12週~13週第63話

    『マッシュル』アニメ化決定! ちょっと楽しみ 『ゴールデンカムイ』実写映画化決定! 激しく不安 『ちむどんどん』? どーでもええ>こらこら …ひじゅにですが何か? ​「愛さんから聞いた?」​b

  • ポークはスパムかチューリップ?>『ちむどんどん』第8週~11週

    年月ばかりサクサクと過ぎて行って 仕事上は認められつつあるみたいだけど>台詞上は それでいて人間的成長はまるで無し。 周囲の人々も似た様なことを繰り返しているだけ。 少なくとも外見くらいは変化する

  • Overpass Graffiti>なんちゃって歌詞訳

    ​​​​​​​​​​​Ed Sheeran(エド・シーラン)​​の ​『Overpass Graffiti(オーヴァーパス・グラフィティ)』​ を訳してみました。 暗闇が続いてる また厄介事が降りかかる、雨みたいに降りかかる 君の友

  • 暢子と呼んで>『ちむどんどん』第31話~35話

    厨房でも髪を垂らしたままのヒロイン まあ、ドラマだからビジュアル優先は仕方ないさー …と思っていたら 姉の結婚式では髪をキッチリ縛っているヒロイン おいおい 擁護する気もなくなっちまうぜー>余計

  • 東京編スタート>『ちむどんどん』第26話~30話

    就職先どころか、その日泊まる当てさえないまま上京もしくは来阪 …というのは朝ドラにおいては寧ろデフォルト。 ではあるけど― 暢子の場合 思い立ったが吉日!とばかりに勢いで飛び出して来たわけでも 反対

  • 東京の麩は小さい>『ちむどんどん』第21話~25話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​子供編は「王道に見せかけて​外す​」って感じだったけど 大人編は「まんま」も「​​まんま​​」な展開だな。 いや、変な所を外すのは変な形で残ってはいるか。 「おお、そう来たか!」ではな

  • やんばるナポリタン>『ちむどんどん』第11話~20話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​視聴率急降下! …という噂。 個人的に数字はあまり気にしないんだけどね。 朝ドラの場合 作品としての質と視聴率がきっちり反比例! …というのが何作も続いた時期が確かにあったから。

  • イカ墨ジューシー>『ちむどんどん』第3話~10話

    ​​​​​​​​​​​子供時代は二週間。 大人→子供→大人の繋ぎも定番。 家族を強調。 家族の死。 …王道というか、極めて朝ドラらしい作りだな。 …ひじゅにですが何か? ​「賑やかです…うちの家族の場合は特に

  • 若草物語>『ちむどんどん』第2話

    ​​​​​​​​​​今日は休みを取ったのだけど 日頃の寝不足が祟ってPCを前に爆睡してしまった(^^;) …ひじゅにですが何か? ​​​「東京の餡子はサラサラして美味しいさあ」​​​by暢子 ↑前作へのオマー

  • 『ちむどんどん』スタート

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​始まりました​『ちむどんどん』​ ​第1週は『シークワーサーの少女』​ 脚本は『マッサン』の羽原大介さん。 ヒロインは『スカーレット』で三津(喜美子の弟子)を演じた黒島結菜さん。

  • I love you>『カムカムエブリバディ』第108話~112話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​ひじゅにが気にしていたビリー君 最後の最後で登場とは。 ジョージとは全く関係なく 城田優だったとは(笑) …ひじゅにですが何か? ​​「あんこのアニーじゃ」​​by安子 ↑うん、

  • サムライ・ベースボール>『カムカムエブリバディ』第101話~107話

    ​​​​​​​​​​​​​『芋たこなんきん』​再放送が始まった。 懐かしさよりも、何だか新鮮味がある。 それでいて落ち着く。 それにつけても、カモカ先生の色っぽさよ…>ぉ …ひじゅにですが何か? ​「ミュー

  • タコピーの原罪

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ジャンプ+に短期連載されていた『タコピーの原罪』(タイザン5作)が 去る3月25日に最終回を迎えた。 SNSで相当な話題を呼んだらしい。 かく言う私も毎週、泣きながら読んでいた(笑)

  • 1999年7の月>『カムカムエブリバディ』第93話~100話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​思ったよりもアッサリ味だった『るい編』は 『安子編』ネタ振り→『ひなた編』ネタ回収 …の繋ぎというか ある意味、クッション的役割なのかな…と思っていたけど ここまで立て続けだと 『ひな

  • サラバ記念日>『カムカムエブリバディ』第73話~92話

    ​​​​​​​​​​​​お父ちゃん@松重豊さんは出番が増えて来たし 草々@青木崇高さんも登場となると 益々『ちりとてちん』が懐かしい …なんて言ってるうちにもドラマは進む。 …ひじゅにですが何か? ​「惨め

  • ペヤングわさび醬油味やきそば

    ​​​​​​​​​ペヤングわさび醬油味やきそば​ を食べてみました。 宮城県志津川高等学校商業部とのコラボ商品だそうです。 wasabi-a posted by (C)ひじゅに 食べたのは先週土曜日だったんですが 発売日は2/

  • 麻薬卵

    ​話題の​麻薬卵​を作ってみました。 mayakutamago posted by (C)ひじゅに 奥にあるのはシソの醤油漬けです。 ​韓国で大流行!​ ​日本に入って来て大人気!​ …という噂の麻薬卵。 ヒカキンの動画で知

  • 回転焼きと時代劇>『カムカムエブリバディ』第58~72話

    ​​​​​​​​​​​単純ひじゅには ビリー君って…もしや安子と何か関係が…? と疑っていたのだが そんなこともなくアッサリ終わってしまったな。 …ひじゅにですが何か? ​​「私はどこへ向かってんのやろ」​​by

  • すきや家×『鬼滅の刃』コラボ

    ​​​​​​​​​​​​​今朝、YouTubeを開いたら 『すき家×鬼滅の刃コラボ開始!』の文字が― 早速、お昼に買って来ちゃいました(笑) まずは限定コラボメニュー ​​​​​炭治郎の炭火とりマヨ丼​​​​​ kimwtsuset-1 p

  • 『カムカムエブリバディ』【ひなた編】スタート

    ​いよいよ最終章​【ひなた編】​に突入! ​​​​​​​​​​​​​​​初代がいなくなって二代目のみで始まった【るい編】と違い 二代目も健在、まさまだ若い…つーか まだまだ役者の実年齢に辿り着いていない>こらこら …と

  • トランペット>『カムカムエブリバディ』第50~57話

    ​​​​​​第11週『1962-1963』 第12週『1963-1964』 ベタというか王道というか まんまone directionに話が進んで行くけど でも、本当の本当に一方向の話だったら 単純に佐々木希を恋のライバルにしてドロド

  • 『Little Wonders』>なんちゃって歌詞訳

    ​​​​​​​Rob Thomas​(ロブ・トーマス)の ​『Little Wonders』​を訳してみました。 忘れよう 振り払ってしまおう そうだろ? 最悪の時は終わったんだ 受け入れよう 最終的に君を君らしくするのは

  • サッチモちゃん>『カムカムエブリバディ』第43~49話

    ​​​​​​​​むか~しの少女マンガを読んでいるみたい。 恋話が少女マンガっぽいというのも朝ドラ“お約束”ではあるけど それに則っているというよりも… もしかしたら​パロディ?​ …と思えるくらいベタというか

  • 鬼滅のMMD

    ​​​​​​​​​​​不死川実弥 宇随天元(3:42頃) 煉獄杏寿郎(7:20頃) の順にソロで踊っています。 ​​『Gimme×Gimme詰め合わせ』​​ 何と、YouTubeに『鬼滅の刃』登場人物を用いた談っス動画が沢山あがって

  • 煉獄杏寿郎さん

    ​​​​今更なんですけど… 今更感ハンパないんですけど… ​煉獄杏寿郎さんに惚れてしまいました!!​ 煉獄さん posted by (C)ひじゅに どこ見てるんですか、煉獄さん!? ってヤツです>ぇ (イマイチな

  • 善女のパン>『カムカムエブリバディ』第33~42話

    ​​​​​​​​​​​​三代のヒロインを繋ぐのは文字通り『カムカムエブリバディ』だと思っていたけど 今のところはジャズとモモケンと田中なのね(笑) …ひじゅにですが何か? ​「I hate you !」​byるい 何

  • 『カムカムエブリバディ』【るい編】スタート

    ​​​​​​​​何だか不幸だらけの【安子編】が終わって 2代目ヒロイン​【るい編】​スタート。 主な舞台も岡山から大阪へ。 ☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆ 深津絵里(雉真るい) 【竹村クリーニング店】 村田雄浩

  • 甘いもの>『カムカムエブリバディ』第18~32話

    ​​​​​​​​​​​世良公則の熱唱に 『べっぴんさん』の市村正親を思い出してしまった。 あれもクリスマスだったし。 同時に年内放送最終日で、ドラマの分岐点となっていた。 でも、こちらはまだ。。 このズレ(

  • ソロモンの偽証(映画)

    ​​​​​​原作は宮部みゆきの小説。 映画・ドラマ・韓国ドラマ…とあるみたいだけど、今回は映画を観た。 『前編・事件』 『後編・裁判』 …と、二作に分かれている。 ☆★☆★☆★☆★☆★ネタバレあり★☆★☆★☆★☆★☆

  • るい・塁・Louis>『カムカムエブリバディ』第8~17話

    ​​​​​​​​​変な言い方かもしれないけど… 庶民 って感じ。 特別目立つわけでもなく 奇異な人物でも人生でもなく 当たり前の様にそこにいて ただ一生懸命に生きているだけなのに否が応でも時代に翻弄される

  • ひなたの道『カムカムエブリバディ』第1~7話

    ​​​​​​​​​​​​​​​凄い安定感。 これぞ朝ドラ!な雰囲気もあれば 何か仕掛けているな!というワクワク感もあり。 まあ、まだ心を鷲掴み…までは行ってないけど 取り敢えず今は、まったりと観ておりますです。

  • 『カムカムエブリバディ』スタート

    ​​​​​​​​​​​​『ちりとてちん』の​​藤本有紀さん​​の脚本なので、ちょっと期待している今作。 もっとも… 『てるてる家族』と同じ脚本家さんなので期待した『なつぞら』は 最初こそ良かったけど、その後ナンダカ

  • ながら見感想>『おかえりモネ』第22~最終週

    ​​​​​​​​​​​​​​​​遂に最終回― ちゅーても、ながら見だったんだけどさ(^^;) ながら見ながらも感想を書きますわ。 いや、ながら見ならでは…かな(笑) 第22週『嵐の気仙沼』 第23週『大人たちの決着』 第

  • 姉と妹>『おかえりモネ』第17~21週

    ​​​​​​​​​​​もう最終回も間近ですな。 第17週 「わたしたちに出来ること」 第18週 「伝えたい守りたい」 第19週 「島へ」 第20週 「気象予報士に何ができる?」 第21週 「胸に秘めた思い」 嫌いでもないけ

  • Visiting Hours>なんちゃって歌詞訳

    ​​​​​​​​​​Ed Sheeran(エド・シーラン)の ​​『Visiting Hours』​​を訳してみました。 天にも面会時間があれば良いな そうしたら、ちょっと逢いに行って 良い報告もできたのに 娘が大きくなったこ

  • 恋話>『おかえりモネ』第13~16週

    ​​​​​​​一言感想 ​葉っぱって…​ お祖母ちゃんったら 牡蠣から葉へと華麗に変身。 ももももしや 海から山へと移ったという象徴? ままままさか 次は空に行って彩雲になって ようやく昇天…という

  • おかげ>『おかえりモネ』第10~12週

    ​​​​​​​​​​​​​先回「第8~10週」なんて書いたけれども 実際には第9週までの感想でした。 こんな、たま~にのブログでも ポカしてしまう私って… …ひじゅにですが何か? ​「結局自分のためなんじゃん?

  • Don’t Look Back In Anger>なんちゃって歌詞訳

    ​​​​​​​​​​​​Oasis(オアシス)​の ​​​​​『 Don't Look Back In Anger​(ドント・ルック・バック・イン・アンガー)』​​​​ を訳してみました。 心の目を覗き込んでみれば もっとマシな場所だって見つ

  • 第1部終了>『おかえりモネ』第8~10週

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​第8週『それでも海は』 第9週『雨のち旅立ち』 第10週『天気予報は誰のため?』 また3週纏めて…というか 2週ぶっ飛ばした…というか(^^;) …ひじゅにですが何か? ​​「ど

  • エンジン>『おかえりモネ』第4~7週

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​3月10日っちゅーと ひじゅにの誕生日じゃん!>だから何? ネウロと弥子を含めた トリオの誕生日と言っても良い>何そのメンバー? …いや、本当のところは 3月11日の前日っちゅーとこ

  • Bad Habits>なんちゃって歌詞訳

    ​​​​​​​​​​​エド・シーラン(Ed Sheeran)​の ​『Bad Habits』​ を訳してみました。 誤訳&誤解釈へと繋がるのが私の悪い癖?>ぉ 君はいつも、ふらりと僕の前に現れる 僕が拒絶できないのを分かっ

  • 故郷(ふるさと)の海へ>『おかえりモネ』第3週

    ​​​​​​​清原果邪さんの表情は 「画面には映らない、視線の先にある景色を視聴者に見せてくれる」 と、前に書いたけど 今週はその「視線の先」が画面に映った。 モネの感情を通さず 視聴者に逃げることを許

  • いのちを守る仕事です>『おかえりモネ』第2週

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​海なし県で生まれ 平野で育って 海も山も知らないまま… 空のこともよくは知らない 今、絶賛迷い中のモネにも届かない(^^;) …ひじゅにですが何か? ​「ちゃんとプロになって

  • 天気予報って未来がわかる?>『おかえりモネ』第1週

    ​​​​​​​​​​​ひと言感想 牡蠣って… これだけじゃ難なので、もうちょい書きます(笑) ひじゅにですが何か? ​「霧は…いつか晴れます」​by朝岡 ヒロインの亡くなった祖母がナレーターというの

  • 『おちょやん』最終話によせて

    ​​​​​​​​​口上で終わるのかと思ったら 舞台袖で泣く つまり、語り手としてではなく自分自身の感情を出す 黒衣…という最後は良かったよ。 でも、草原兄さんったら ​涙出てなかったで!?​ …あ、いや 出て

  • ブログ、お休みします

    ​​​​​いつも、ありがとうございます。 昨日、チラリ書きました通り ブログを辞めようと考えています。 とはいえ、長年書いて来たこのブログには愛着がありますし 優柔不断な私ですので、完全に撤退するのはま

  • 猫とかぼちゃと西陣の帯>『おちょやん』第88話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​長年続けて来たブログだけれど もうそろそろ潮時かな… と思う今日この頃。 …ひじゅにですが何か? ​「うちがやりたかっただけなんや」​by千代 ↑もっと芝居に対する思い入れを描

  • 誰かの役に>『おちょやん』第87話

    ​​​​​​​​​​​​​​​満州と聞いて 無知ひじゅにが思い浮かべるのは 『大地の子』(山崎豊子)>中国残留孤児 『ラストエンペラー』(ベルナルド・ベルトルッチ)>愛新覚羅溥儀 …くらいかなあ(^^;) …ひ

  • うちの原点だす>『おちょやん』第86話

    ​​​​​​​​​​​​​​寛治君が満州慰問団に入るというのは モデル@藤山寛美さんの実話から来ている。 大勢の若者が予科練に志願する中、芝居を続けている自分は 「非国民」ではないか…と悩んだ挙句の決意だそうだ。

  • 鶴亀無しの家庭劇>『おちょやん』第85話

    ​​​​​​​​​​​​昨日、ジャンプ+連載マンガ『タテの国』(田中空)が最終回を迎えた。 どうなるんだ!?の連続だったけど こうなったんだ…とラストシーンに泣いてしまったよ。 画力はイマイチだったけど>スマソ

  • 包丁>『おちょやん』第84話

    ​​​​​​​​​​​​​割烹着のオバチャン再登場。 この間、敢えてこうした呼び方をしたのは 朝ドラ名物(?)国防婦人会 つーか、それを象徴とした非常事態下での人間のひとつの形 (独善的ちゅーか他罰的ちゅーか洗

  • 波>『おちょやん』第83話

    ​​​​​​​​​防空壕で出逢った漫才師@花車当郎(塚地武雅)は ​花菱アチャコ​がモデルなのだとか。 アチャコというと― 『アドルフに告ぐ』(手塚治虫)で 「ヒットヒットひっと殺し」というギャグ(『早慶戦』

  • 埴生の宿>『おちょやん』第82話

    ​​​​​​​​トランペットの音が聞こえて 敵性音楽だと即座に反応し警察を連れて来るのは やはり割烹着姿のオバチャンなのね… それにしても 「パパパパ~」だけでこうだったというのに 演奏し始めてから大丈夫だ

  • うちの守りたかった家庭劇>『おちょやん』第81話

    ​​​​​​​​​第80話の感想は「つづき」を書いたので 良かったら読んどくんなはれ。 ↑関西弁モドキ 感想は…​​ここ​ ​「戦争のおかげだす」​by菊 朝ドラって 時代背景がいつであっても 感覚はまさに

  • その2>『おちょやん』第80話-2

    ​​​​​​​​​​​​第80話の感想が自分でもイマイチだったので もう一度書いてみました。 この日、Wordが起動エラーになり 再起動してもダメ、長く待って見てもダメ… という事態になりまして (いつもWordにザザ~

  • 人生双六>『おちょやん』第80話

    ​​​​​​​​​​​​​​寛治君の生い立ちは全体的には一平のそれに似ているけど 父親に見捨てられた…という点だけ違うなと思っていたら ああ、千代と重ねるためだったのね。 今更気付く、おバカひじゅに(^^;)

  • おはぎとお煎餅とお饅頭>『おちょやん』第79話

    ​​​​​​​​​​千代が階級章を取り出した時 ああ、そういえば 闇市で階級章を貰ったエピがあったっけ…? いつだったっけ…? いやいや、違う違う! ​それは『エール』のエピソードやん!?​ …という思いが頭の

  • ソ連亡命>『おちょやん』第78話

    ​​​​​​​​昭和12年、ソ連に亡命した女優…というと 岡田嘉子!? …と思って検索したら 映画撮影中に相手役の俳優と駆け落ちして失踪したこともあるそうだから 高城百合子さんのモデルはマジで岡田嘉子さんなの

  • 一本でも人参>『おちょやん』第77話

    ​​​​​​​​​お使いに行った寛治君の帰りが遅いと心配する千代の図ぅ― 昨日も書いた通り、千代が疑似母子とするには 寛治君は大人過ぎる。 なのに、千代は幼い子の様に扱っている。 やはり、この​ズレ​がミソ?

  • お母ちゃんて呼んでみ>『おちょやん』第75話

    ​​​​​​​​​​戦闘機ごっこしている一福君。 バッドエンド映画の上位に入るであろう 『縞模様のパジャマの少年』が やはり、そういうシーンで始まったんだよなあ… 嫌な予感(^^;) まあ、朝ドラで戦争と

  • 笑わせる>『おちょやん』第75話

    ​​​​​​​​​​​​​ひじゅにの希望通りの獄中死だったな。 でも、それほど惨めなものでもなかったのが残念… ​​↑こんな書き方すると「どんだけ~!?」と言われそう(笑)​​ …ひじゅにですが何か? ​​「嫌なこ

  • 石>『おちょやん』第74話

    ​​​​​​​​​​​​まさに破顔って感じのテルヲの写真は 千代が悔いを残さないためのものなのだろうな。 多くの視聴者が望んでいるかもしれない(?)和解 千代に看取られ静かに息を引き取るテルヲ …という結末にな

  • 月>『おちょやん』第73話

    ​​​​​​​​大山社長に向かいマトモな挨拶をするテルヲ。 ​やれば出来んじゃん!​ …と、そういう問題ではなくて(笑) だいぶ殊勝にはなっているんだよな。 だから何? ではあるけど。 …ひじゅにですが何か?

  • 情報開示>『おちょやん』第72話

    ​​​​​​​​千代に言っちゃったよ、シズさん。 まあ、言わなきゃ話が進まないからね …ひじゅにですが何か? ​「妙に冷たい干からびたもんしか残ってへんのや」​by千代 昨日、宗助さんがテルヲを擁護

  • うちは幸せになんで>『おちょやん』第71話

    ​​​​​​『丘の一本杉』​も ​『マットン婆さん』ならぬ​『アットン婆さん』​​も 実在する松竹新喜劇の演目だそうだ。 おみそれしました! 特に『アットン婆さん』は藤山寛美主演だそうで 観てみたいなあ。

  • 隠された時間

    ​​​​​​​​​​​​​この本は、スリンと一緒に約3か月間の相談記録を整理したものである。 スリンは「ファノ島子どもたち拉致事件」の容疑者を隠匿し、逃走するよう助けた。 流行のように広がった憤怒が、子供をめった切

  • 15人>『おちょやん』第70話

    ​​​​​​​​​​​​​​​ここでアッサリ勝ってしまったら面白味がないし、ちょこっと御都合。 ここで鶴亀家庭劇を活躍させなければ本末転倒。 そこで「15人」という僅差で家庭劇の方は収め そこでチャップリンを登場さ

  • 当て馬>『おちょやん』第69話

    ​​​​​​​おお、やっぱ 芝居の話を大きく盛り込んできた方がおもろくなるやん! …ひじゅにですが何か? ​「二人して力合わせますのや」​by一平 ↑一平と千之助さんがタッグを組むことで解決だろうと

  • 卵>『おちょやん』第68話

    ​​​​​​​​​​​千之助さんの額に流れる黄色っぽい液体 昨日だったか一昨日だったかチラリ映った時は 油か?と思ったんだけど ​卵!​だったのね。 先代天海天海さんの舞台葬儀の時から始まって 千之助さんがいる

  • ポストと平家と媚び>『おちょやん』第67話

    ​​​​​​​​​​“岡安”の前でのシーン 黒っぽい背景の中に赤い​ポスト​が妙に目立っていた。 つーか、強調する映し方だった。 あのポスト、以前もあったっけ?(記憶喪失) あの型のポストは明治時代からあったら

  • 兄弟喧嘩>『おちょやん』第66話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​チャップリンの映画は高校の時の映画教室で何本か観た。 初めて観たのが『黄金狂時代』 最後に観たのが『ライムライト』 その後、ラジオで 淀川長春さんとチャップリンとの出逢いについての話

  • 前編終了?>『おちょやん』第65話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​コロナの影響がなかったなら 今回が前編の最終話になっていたのかな? 区切りが良いものね。 そして明日から正月休み― …ひじゅにですが何か? ​​​「笑いと涙の隙間は紙一枚や」

  • 嘘臭い顔>『おちょやん』第64話

    ​​​​​​​​​​ハナさんの料理を 二回とも一平が食べなかったことが つくづく気にかかる…>ぇ …ひじゅにですが何か? ​「ほな、してやったりやわ」​by千代 ↑勿論、この言い方は冗談だけど 千代が一

  • 夕凪>『おちょやん』第63話

    ​​​​​​​​​​​​​​​母親ひいては家族に対する千代の思いが あまりにも強過ぎ、また理想的過ぎで ​妄執​と言ってしまっても良いくらいに感じていたんだけど その思い自体が…というよりも そうした思いを抱いている

  • 煮詰まった珈琲>『おちょやん』第62話

    ​​​​​​​​​​​​​​また​​「お母さん」​​ネタ! いや、千代が「大阪のお母さん」になる物語 …と認識しているので 「お母さん」をテーマにしたエピソードが続くのは 当たり前だとは思うのだけど… ここまで「お母

  • 一人やあれへん>『おちょやん』第61話

    ​​​​​​​​​​​​​​月曜日はネタ振りの日 …ではあるけれど 何だか、てんこ盛り(笑) いつもは、どっちかっちゅーと 匂わせ的な出し方が多い印象。 (まあ、台詞でだけどね) 今日は、そのものズバリなネタを

  • Verbal Warnings>何ちゃって歌詞訳

    ​​​​​​​Cody Frost(コーディ・フロスト)​​の ​『Verbal Warnings(口頭警告)』​ を訳してみました。 ちゅーても、大急ぎで訳したので いつも以上に誤訳だらけかもしれませんので ご注意下さい。 ↑口頭

  • お粥さん>『おちょやん』第60話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​千之助さんの「マットン婆さん」の名前の由来は お松どん→松どん→松トン→​​マットン!​​ とのことで ​無理あるなあ…​と思っていたのだが(笑) 今回のことからすると 「毎晩、夜回りしてくれ

  • たき火>『おちょやん』第59話

    ​​​​​​​​​​​おお、あそこで千之助さんが登場するとは!? 初回も二回目も家庭劇の公演は千之助さんがメインだし 主役だから台本も書いたから…ってだけでなく アドリブが冴えていたのは事実だし 天海さんを思い

  • 刺青>『おちょやん』第57話

    ​​​​​​​​ヨシヲったら いかにも口先だけ…って感じが出ていて 良いわ~>良いんかい!? それも、熟練とか手慣れているという印象ではなく 背伸びしている青二才で(笑) それが顔にも出ているし ハナさんが

  • ヨシヲ登場>『おちょやん』第57話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​日本で初めてキスシーンを入れた映画は 『はたちの青春』(佐々木康監督)1946年    実際は『ニコニコ大会 追ひつ追はれつ』(川島雄三監督)が    4か月早いとか。 日本で初めて

  • たった一人の弟なんや>『おちょやん』第56話

    ​​​​​​​​​​​​ヨシヲ​との再会は、終盤に入ってからかと 勝手に思っていたけど テルヲはいつかまた出て来るのだろうから 間にヨシヲが入った方がバランスが良いか(笑) 紫のバラの人(ぇ)がヨシヲだったと …

  • レトさん記念動画まとめ

    ​​​​​​レトルトさん​(ゲーム実況者)の ​登録者数200万人記念動画第一弾『粉雪』​  ←クリックしてね をご紹介しましたが その後続けて3本UPされたので、今回それも貼っておきます。 ★クリアまで終わらないL

  • みんな幸せ>『おちょやん』第55話

    ​​​​​​​​​​何や、アッサリ終わってしもたな… いや、もっと拗れろと言っているわけではないよ。 寧ろ、そーいうのはメンドクサイので苦手。 今回、いつもとは逆に 芝居にインスピレーションを得た千代 …とい

  • 「無理」と「変わる」>『おちょやん』第54話

    ​​​​​​​​​​​​「マットン」って何か意味があるのかと思っていたら お松どん→松どん→松トン→マットン だそうで… ​​無理あるなあ(笑)​​ …ひじゅにですが何か? ​「無理聞いてあげるんが生きる喜びです

  • マットン>『おちょやん』第53話

    ​​​​​​​​​​​嫌いだと思っていた、うまい棒コーンポタージュ味を 久しぶり&恐る恐る食べてみたら 長いこと思い込んでいたよりも優しい味で美味しかった。 別に、うまい棒を克服しても何ということもないんだけど

  • YUME>『おちょやん』第52話

    ​​​​​​​​​​​​​​縁談にも進んで応じる態度だった、以前のみつえが 福助との結婚を「夢」とするに至ったのは何故? という疑問の答を今日は描いて ツッコミする気満々の視聴者への対策もバッチリ? もう一つ、

  • 親は子の幸せを願うもんやろ?>『おちょやん』第51話

    ​​​​​​​​​​​月曜日はネタ振りの日。 今週はみつえ&福助の恋話が取り上げられるだろうことは 先週から仄めかされていたから>つまり“​​​まんま​​​”だから 今週の真のネタは、やはり この出来事が鶴亀家庭劇の

  • 粉雪>レトさん200万人記念第一弾!

    ​​​​​​​​​レトルトさん​​ ​YouTube登録者数200万人達成!​​ おめでとうございます。 大好きです。 ゲーム実況はあまり観ないけど>こらこら 長いこと「ほろびのうた」と呼ばれていたレトさんの歌。 中でも

  • 痛み分け>『おちょやん』第50話

    ​​​​​​​​​​最近、『てるてる』家族 (BS再放送時に録画したもの)を 父が気に入って、一緒に少しずつ観ている。 とても楽しい。 朝ドラって、本来こういうものなのだろうなと思う。 個人的には『おちょやん

  • 見る相手>『おちょやん』第49話

    ​​​​​​​千代の 「正気か!?」 で思い出した。 『花子とアン』の蓮子さんの駆け落ちシーンに ​「正気か!?」​ と感想に書いたのは私です(笑) あれはドラマの展開や駆け落ちそのものではなく 2人にスポッ

  • 笑って>『おちょやん』第48話

    ​​​​​​​​​​​​​​ルリ子さん陥落>早っ 千之助VS千代の笑い対決>予定調和 お話自体はベタに見えるけど 多分、これらを通して 千之助さんと一平の「笑い」の違い ひいては万太郎さんとの「笑い」の違い …を

  • にょろり>『おちょやん』第47話

    ​​​​​​​芝居の面では やはりアドリブが問題に― でもって、お話的には やはりルリ子さん― 昨日推測した通り いや、(ドラマに)推測させられた通りだな(笑) …ひじゅにですが何か? ​「あっちにも

ブログリーダー」を活用して、ひじゅにさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひじゅにさん
ブログタイトル
もう…何がなんだか日記
フォロー
もう…何がなんだか日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用