chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ひねくれくうみん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2013/05/15

1件〜100件

  • スマホ問題はこうなった そして聞きたいこと

     くうみんの使っているスマホが、重くなったというか、かなり使いにくくなってしまった。 この際だから、格安スマホに買い替えようかとか、母の使えなくなったスマホを何とか使おうかとか、考えた。 結局、母のスマホは買い取り屋に買い取ってもらい、くうみんのスマホはドコモショップで、買い替えるというド素人のゴールデンパターンに落ち着いた。 データの移行もお願いしようとしたが、結構お高いので、ラインと写真だけ頼...

  • 長患いが治ったらしい お食事中には閲覧注意

     くうみんには健康上の悩みがあった。 それとは乳癌よりも、長い長い付き合いだった。  それは、水虫。 いつから患っていただろうか? 学生の頃は、患っていなかったと記憶している。会社勤めするようになって、パンプスを履いて気取って歩くようになってからだと思う。と言うことは20代半ばくらいからか? 薬はつけるのだが、知識不足でかゆいところしか塗らなかった時もあったし、爪も水虫におかされているのに気づかなか...

  • おじさんが来たぞ~!

     いわゆる霊媒を今は、ミディアムさんと言う。特に資格がある訳ではないこの人達は、まさしく玉石混淆であるが、くうみんが信頼しているミディアムさんは本物だと思う。 なんでこんなこと、この人が知っているんだろう? ブログにも書いていない、自分が2、3日前に思っていたことすら言い当てる。だからこそ信頼して、おじさんに会うために、何回もこの人を頼る。 以前は指定の場所に赴いたのだが、コロナの昨近では、それも...

  • 言っちめーやがんの!

     朝の番組、グッドモーニングで「林先生の言葉検定スマート」の答えをスマホで検索し、今日も正解、3ポイントを勝ち取った。120点でA賞、60点でB賞、30点でc賞に応募できる。応募は毎回しているが、当たったためしがない。しかし、性懲りもなく、挑戦している。 そして、番組が羽鳥慎一モーニングショーになる頃、隣から、洗濯物を干すカチャカチャと言う音と共に、柔軟剤の臭いが部屋の中に流れてくる。臭いは、隣の...

  • 保険のコースを替えようとしたら

     くうみんは生命保険、医療保険として共済に加入している。 これはおじさんが選んで入ったもので、安い掛け金で最低限の保証をしてくれる。くうみんががんで入院、手術したときや、おじさんが亡くなったとき(トホホ)、お金が出た。 今くうみんが入っている保険は、スタンダードなもので、入院や死亡したときの保証をまんべんなく網羅している。 これはくうみんが亡くなったときも遺族にお金が出るのだが、くうみんには子供も...

  • 富士山お得情報

     富士山に行くには、やはりツアーがお得。バスと山小屋、そして帰りのスーパー銭湯もついていることが多いのじゃ。 しかし、ツアーは出発点がかなり制限される。新宿発、東京発しかないなど。家はもっと富士山寄りだよ、と言う場合は、割高になると思いつつ、バスや山小屋を自分で手配する。お金も大事だけど、時間も大事じゃ。 くうみんも、スモウ原在住なので、バスや山小屋は自分で手配したのじゃ。今は便利な世の中で、バス...

  • 残念な富士山

     実は密かに、富士山に行っていたのじゃ。 梅雨はもう開けたものと思っていると、世間は「戻り梅雨」などと言い出し、どうしよう?と思っているうちに、その日になってしもた。 7月21日。何とか天気は持つんじゃないか?そう思って高速バスに乗り、吉田口富士山5合目に着いたのじゃ。その時は雨は降っていなかった。体を慣らすために1時間くらいはここにいるように、とのことなので、昨日買ったランチパックやパンを食べ、持っ...

  • 大変だった日々

     最近、スマホの調子がよろしくない。起動させても、すぐに画面が立ち上がらなかったり、反応が遅くなったりしている。 古いからかな? そこで思いついたのが母が買った5Gのスマホ。データはリセットしているというから、使ってみようか?でも、検索して調べてみると、「通信制限」を解かねばならないという。それでSIMフリーの状態になると。 わざわざ通信制限を解かなくてもオッケーな場合もあるらしい。それを確認するに...

  • 美人になりたい

     何だか最近、寂しく思うことがあるのですよ。自分が男性から見て、透明人間になったような気がして。 町中を歩いていて、男性に声をかけられたのはいつが最後だろう?多分30代後半くらいだと思う(走っていて、若い子に間違えられたことは除く)。 着るものに気を付けなくなったのは、いつからだろう?多分会社を辞めたくらいから。おじさんにも注意されたことがある。言われるとその時は気を付けなくちゃ、と思うのだけれど、...

  • 安倍様がお亡くなりに!残された昭恵様の心中お察しします

     昼は何を食べようかな、非常食用に買った「正麺」がもうすぐ賞味期限切れだった、あれでも食べるか。でもこの暑いのに、熱いラーメンは嫌だな。そうだ、冷やし中華風にしよう。 くうみんは、ラーメンをゆで、氷水で冷やして、上にトマト、キュウリ、プランターから採ってきた大葉を刻んでトッピングした。上に生卵を載せて完成。ゆで卵も好きだが、生卵も好きだ。それに手間がなくていい。スープを半分くらい、冷水で溶かして黒...

  • いろいろあった最近の出来事 そしておじさんの命日は

     パソコンの移行も無事に終わり、さてこれで楽しいパソコンライフを満喫できる…など思ったのは、一瞬のことでまたまたトラブルが発生した。 リンクしてある「がちょのひとりごと」、そこの掲示板がいけなくなったのだ。いつもなら、掲示板がすぐ出てくるのに、その時からは、「fc2の掲示板は、こんなに便利!そのうえ無料!」 などと書いてある緑を基調にした画面が出てくるだけ。 こんなことは前にもあった。その時はキャッシ...

  • 夏の掃除 こんな掃除はいかが?

     思いがけず、短い梅雨だった。まだこれから、と思っていたら、なんと梅雨明け。 心の準備が全然できていないよ~。それにいきなりの記録的な猛暑!36度ですって?!私が子供のころは、こんなに気温が上がるなんてなかったのに、やっぱり温暖化のせい? って、悩んでも仕方ないのですが、夏は掃除が大変ですよね。大汗をかくので、なるべく薄着でするのですが、終わったら、すべて着替えないと気持ちが悪い。洗濯物が増える。...

  • おじさんとくうみん、クリスチャンネームの検討

     おじさんの家は元は神道だったのだが、おじさんのばあちゃんの時にカトリックに改宗した。 だから、お義父さんや、お義父さんの兄弟、その嫁さん、その子供達は全員クリスチャンネームを持っている。 持っていないのは、おじさんとおじさんのお母さん、おじさんの姉妹、そしてくうみんだ。 なぜ、実質上の長男であるお義父さんの家庭が、一番カトリックから遠いのかと言うと、お義父さんは夜学に通いながら昼は働いて、家族を...

  • おじさんの叔父さんの納骨 その時来ていただいた若めの神父様

     おじさんのお父さんは5人兄弟の2番目だった。しかし、長男は早逝し、3男は空襲で亡くなった。 なので、くうみんが知っているのは、お義父さんと二人の叔父さん。 最後に儚くなった末っ子の叔父さんの、分骨した骨を納骨をする日がやってきた。 かなり前に亡くなったのだが、コロナの影響で納骨が延び延びになったそうだ。 叔父さんは、おじさんのうちと違って(ややこしいが)ちゃんとしたクリスチャンだったので、神父様を...

  • くうみん その後

     久々のコンサートに酔い痴れ、くうみんはその後、気もそぞろ、うわの空の日々を送った。 夕食後、酔っぱらって、浩次様のユーチューブを見て聴いて堪能した。ドラマ「後妻業」の主題歌、「冬の花」。 大きなモニターを買ってよかった。モバイルパソコンの小さな画面じゃ、迫力も何もあったもんじゃない。 何回も聴くうちに自分でも歌いたくなった。 初めは小さな声で、しかし、サビのところになると、大きな地声で歌った。「...

  • 久々のコンサート 宮本浩次様の縦横無尽完結編へ

     おじさんは音楽が好きだった。2、3か月に一度、一緒に長谷川きよし様のライブを見に(聴きに)行っていた。「長谷川きよし様を囲む会」では、すぐそばにきよし様がいらっしゃった。ミュージシャンというのはぶっ飛んだ人ばかりと思っていたのだが、きよし様は、常識的で、普通の人だったのを記憶している。 おじさん亡き後、そういったライブを聞きに行くこともなくなった。 しかし!めったに風邪をひかない人間も、たまには風...

  • 年金は減って、物価が上がる インフレでもない、デフレでもないこの現象は

     先日郵便受けに小さな封筒が入っていた。年金のお知らせだ。 年寄り、老いぼれ、ごくつぶし、なんとでも言え。わしにはこれが唯一の収入なんじゃ! いそいそと家に戻り、はさみで封を開けた。令和4年4月からの年金額と、その横に改定前の年金額が参考として書いてあった。わずかだが、今年の年金の方が少なくなっている。  なんでだ!!最近物価が上昇しているぞ!なんですか、ウクライナの戦争の影響で、パンの材料である小...

  • 皆さんのおかげでした そしてついでと言っちゃなんだが…

     モニターにカメラが付いていないなら、外付けすれば済むこと。安く売ってしまうのはもったいない。 そのようなご意見を多数いただきましたので、気を取り直してモニターを使うことにした。 モニターを使うためには、使えるように組み立てて、コードをつなげなくてはいけない。設定とかも必要になるのか? ということで、なるべく作業を延び延びにさせていた。苦難の時は過ごしたくない。だけど、これが万一不良品だったら、2...

  • しもた、失敗してまった

     くうみんはモニターの箱を開けて驚いた。普通なら、画面の上の方にあるカメラが付いていない。 くうみんは結構zoomを使って、遠方の友達と話をするという、時代の最先端なこともやっているのだよ。 念のため、ショップに問い合わせてみた。「カメラは付いていません。そして返品はできません」 思いっきり安いショップで買ったので、こんなこともあるんだろうなあ。どうしようか?外付けのカメラを付けるという手もあるが、そ...

  • くうみん 今の苦悩

     しばしの浮世を忘れて、箱根なんか行ったりしちゃってさ。 でも、日常に戻ればあまりしたくないことだってしなくてはならぬ。 そう、パソコン問題。 皆様のアドバイスから、手持ちのモバイルパソコンにモニターとプリンターをつけることにした。 ドキュメント他はバックアップを取った。お気に入りもすずめ四季様のアドバイスにより、バックアップを取り、インポートすることができた。 さて、メアドも引っ越しさせようと、...

  • 今回の宿と神奈川県民割を考える

    今回泊まった「箱根グリーンプラザホテル」は、リーズナブルなのと富士山の見える風呂が売りといったところかのう。 かなり建物が古いので、あまり高級とは言えんが、そこそこ快適な宿だと思う。 このホテルは3階建てなのじゃが、富士山の見える部屋は、3階に限っておった。その下の同位置の1階、2階でも富士山は見えそうじゃと思ったので、ホテルの人に聞いてみたのじゃ。「はい、見えなくはないのですが、山や木にさえぎられて...

    地域タグ:箱根町

  • 二日目は旧中山道、じゃなくて1日中山道

     その昔、「旧中山道」を「1日中山道」と勘違い、「いちにちじゅうやまみち」と読んだアナウンサーがいたそうじゃ。 しかし、今回くうみんは、まさしく1日中山道を歩いたのじゃ。 以前来たときは芦ノ湖一周したのじゃが、今回は酒の調達のことも考えて仙石原方面に行くことにしたのじゃ。そして湿生花園にでも行こうと。 車の行きかう危険な道路を過ぎ、例のローソンに行きつくと、その前に一本の小道がありましたのじゃ。 ...

    地域タグ:箱根町

  • 神奈川県民割で箱根に行っていましたのじゃ

     ゴートゥーはやっていないが、いたるところで○○県民割というのをやっていますのじゃ。くうみんの住む神奈川県でも、やっているのでまた、旅行好きと、貰える物は貰わにゃ損という強欲から、早速行ってきましたのじゃ。 cだけにラインが出れば陰性。cとTにラインが出たら陽性。どっちも出ないのは無効 近所の薬局で抗原検査を受けて、陰性であることを確認。そしてくうみんは旅に出ましたのじゃ。 いつものように、セブンイ...

    地域タグ:箱根町

  • ついにパソコンがいけなくなった 詳しい人のご意見は?

     買った時から調子の悪いパソコンだった。 なぜか、ランナーズのサイトで、大会のエントリーができない。使おうとすると、画面が真っ黒になる。 自分じゃわからないので、詳しい友達に来てもらって、PCの会社に交渉してもらって、修理にこぎつけた。「機械だから、当たりとはずれはあるものなのよ」 そういっていたが、こっちは機械だからこそ、均質だと思っていた。 アウトレットの店で買ったのが悪かったのか?当時住んでい...

  • カードの支払いを調べてみたら、見つけてしまったノートンの自動更新 自動延長は高いぞ~

     いつもコメントくださるおばば様が、身に覚えのない引き落としがあったので、カード会社に調査依頼中だそうです。 そうか、いつも明細なんて見ないけど、ちゃんと見なくちゃいけないな。そう思って、いつも使っているカード会社3件について確認した。うんうん、大丈夫♡なんて思っていると、メインにしているカードに、気になる引き落としを発見した。 ノートンへの支払い。 確かにノートンは使っているけど、勝手に更新するな...

  • うちにも来た怪メール 気を付けよう

     ある朝、いつものようにメールの確認をしていると、某カード会社から、お知らせが来ていた。「…お客様情報の更新をお願いします…」 のような文面だったと思う。 そうか、更新ね。 なんて思って途中まで入力してハッとした。 これって、フィッシング詐欺?! 危ない危ない、そう思ってそのまま入力画面を閉じた。送信していないから、大丈夫だよな~。 なんとうちにもついに来たか。そう思って、忘れかけていた時に、今度は...

  • 今、作るのを躊躇してしまう料理 カレーに対する一考察

     台所を預かる主婦の皆さんは、くうみんと同じように感じていると思う。少しでも安くておいしいものを家族及び自分に食べさせたい。家計にやさしいおカズを!! みんなが大好きなあの料理、地獄に陥るのが分かっているのに、大量に作ってしまうあの料理、ごく庶民的なあの料理。 それはカレーライス。 それなのに、玉ねぎが… 玉ねぎは今、ものすご~く高い。重さ200グラムちょっとの玉ねぎが、1個100円から150円くら...

  • 円安だ!!ってことで、外貨両替をしてみた

     最近大変な円安ドル高だそうだ。原因はドルの金利が上がったとか、ウクライナで戦争が始まってドルが買われるようになったとか言っている。 有事の際は「安定の円」が買われて、円高になるはず。それなのに円安になるのは、日本が、コロナで経済が回っていないからか?難しいことはよくわからん。 くうみんの頭に浮かんだのは、手持ちの塩漬けになっている外貨。コロナのおかげで海外に行くこともなくなり、しばらくは海外に行...

  • 大渋滞のネモフィラと大藤のツアー

     ゴールデンウィークのちょっと前は、ネモフィラと大藤鑑賞のツアーに行くことにしている。これで3回目だ。 去年、おととしはコロナ騒ぎで行けなかったので、2年ぶりの参加だ。母も今年が最後かもしれないと、一緒に行くことにした。 いつも行くこのツアーは日帰りでひたちなか海浜公園と、あしかがフラワーパークに行くという、個人ではとても行けない2か所巡りをする。 朝は7時に集合だが、団体のツアーでは時間きっかり...

  • 読書感想文 「疼く人」を読んで

     この本も図書館で予約して、かなり長く待った末に読むことができた。  年下の男に身も心もとろかされ… おお!岸恵子さまも、そんなような小説をものしておられた。 ジイさんが若い女にうつつをぬかすのと同じように、バアさんもやはり若い男が良くなるのだろうか?  そうだよなー。くうみんだって自分のことはさておき、どうせ一緒にいるなら、若くてかっこいい男性の方がいい。 しかし、疼く人の主人公、燿子と違うのは...

  • ギックリが来た!そして全く関係のない吉野山の報告

     その日、くうみんは部屋を掃除していた。 くうみんの掃除は、家具の上から始まる。エアコンや箪笥の上にはたきをかけ、壁と家具の隙間にもはたきを入れる。こうして隅々まできれいにして、掃除の回数を減らす。こんな掃除は2週間に一度。その他は気が付いたときにクイックルワイパーをかける。 こんなに簡単で済むのは、畳の部屋がないからだ。 くうみんは布団で寝る。押入れがなくてどうしようと思ったが、クローゼットに衣...

  • スマホを売り飛ばそうとしたら 

     また母から呼び出しがあった。「今度、新しいガラケーの説明をしてもらうから、一緒に来て欲しいの」 へ~、へ~、わかりました、行きますよ。「それじゃ、9時半にお店に来て」「うん、わかった」 5Gのスマホを通販で買ったのはいいが、その翌日にはギブアップ、近くのショップに行って「簡単スマホ」を提案されたが、これも使えず、結局ガラケーに逆戻り。 という訳で、店舗での説明に付き合うことになった。 ガラケーも...

  • 日本の景気を考える

     池上彰様の番組だったと思う。 日本の所得はもはや韓国よりも少なくなってしまったという。以前であれば、日本は世界でも所得が多い国だったが、最近は違うらしい。 なぜ所得、というか、給料が上がらないのか? それは物価が上がらないからだという。 最近はロシアとウクライナの戦争のおかげで、結構物価が上昇しているようだが、その前は牛丼屋や、ハンバーガーショップで値下げ合戦を繰り広げていた。日本人は安いものが...

  • スマホ シイタケ 味噌のその後

     なぜ電話を受けることができないか?母に聞いてみた。 電話が鳴るので取ろうとするとすぐに電話が切れてしまう。だからできない。 なるほど、新しいスマホでは6回コールすると留守電サービスに切り替わってしまう。いつも待ち構えている訳ではなし、何か用事をしているときに6回のコールでは出ることができないだろう。「もう、ノイローゼになりそう」 先日くうみんに土下座させた時の勢いはどこへやら、元気のない声でつぶや...

  • スマホ事件の顛末ショップの店員さんたちの悲劇

    新しく「かんたんスマホ」を手に入れた母は、今度こそ、という思いでいたらしい。 そしてショップのお兄さんに「かける、受ける」のレクチャーを受けた。タップとスワイプがなかなかうまく行かない。操作以前のことで躓いた。「かける、受ける、そして電話を切る」これだけのことを延々と繰り返し教わること なんと6時間。 コーチは3人交代したという。 くうみんの想像店員A「はい、まずこの丸いの(アイコン)を軽くたたい...

  • スマホ騒動 やっぱり使えなかった

     スマホの設定およびレクチャーをしてくれるのは、若い男性だった。「今年入社したばかりで、初めての訪問なんです」 おいおい、大丈夫か?こっちは超高齢者で、そっちは初仕事かよ。 彼はさっそく設定を行い、くうみん達には動画を見せた。「スマホ初級編」  主に電話のかけ方、受け方を説明している。 母は集中力がないので、動画を見るともなしに見て、洗い物をしたり、そこら辺を片付けたりしている。「ちゃんと見なよ!...

  • スマホ騒動

     くうみんはくうみん母と距離を置きたかった。 先日、あることで機嫌を損なった。すぐに帰るつもりが、椅子に座る母の足元に正座させられ、延々と嫌味を言われた。 帰りがけ、もう来るな!と言われた。「はい、今までありがとうございました」 と土下座したまま平伏し、出て行った。 どへへ、これ幸いと思っていたのに、2日後に「許して!」と、涙ながらに言ってきた。まあ、これまで通りの付き合いに戻ったのだが、やっぱり...

  • 直木賞受賞 テスカトリポカは怖いぞっと 

     本はよく読む方だと思うが、あまり文学的と言えないものばかり読んでいる。 しかし、これは文学作品だろう。何しろ直木賞受賞作だもの。 図書館で予約して一年近く待って、ついにくうみんの順番になった! やった~~~!文学作品キター!…って、大袈裟ですか? 読み始めてビックリ、ギャングによって、目をそむけるような殺され方をした人が出て来たり、おぞましい生贄の話…これはほんのイントロで、そこから舞台はメキシコ...

  • シイタケづくり 味噌づくり

     もうそろそろ茶碗バスの植え替え時期なので、水生植物用の土を買いに、ホームセンターに行った。 今こそ植え替え時期だと思っていたけど、もう売り尽くしセールをやっていた。水生植物の土も安くなっていた。これはうれしい!迷わず購入。 しかし、店先に気になるものを発見した。 シイタケ栽培セット。半額。 そー言えば、だいぶ前にシイタケ栽培セットを見たことがあった。この時は「ひょっとしてもうちょっと待てば安くな...

  • 大酒飲みくうみん

     眠れない時はちょこっとお酒を飲んではいかが? そう言うアドバイスをくれた方が、2,3人いらっしゃいました。 わたくし、大酒飲みでございます。  一日にどれくらい飲むかというと、缶ビール3本にワインを一杯。場合によってはワイン2杯になることもありますの。 もっと若い頃は、ビール4本にワインだったのですが、年のせいか酒量が少なくなりましたの。「わっはっは!おじさん、今日も元気だビールがうまい!」 亡く...

  • 眠れない夢もあるのか

     くうみんは寝付きが良かった。 横になって何秒経ったかわからない、すぐに意識がなくなるのだった。 しかし、これも2、3か月前からどうも話が違ってきた。 眠れない。 どうして?運動不足かも知れない。走り過ぎたり、筋トレを張り切り過ぎて、足の筋が変な風に痛くなった。だから走るのを控えて、ウォーキングや水中ウォークをすることにしている。だから、走ることよりもかなり運動量が減ったのが原因か?  くうみんの...

  • 明治の女はそんなに「泥にまみれて」いなかったかもしれない その二

     一番初めに、本籍が書いてある。その左側に戸主の欄があるのだが、そこだけ紙が貼ってある。それをめくって驚いた。 そこには4回の結婚歴が書かれていた。明治の終わりから大正にかけてのことだが、そこには「婚姻届出」と、「協議離婚届出」が繰り返し書いてあり、それで書くスペースがなくなって、紙を張って続きを書いてあったのだった。ひらがなではなく、漢字とカタカナで書いてあるのが昔風だ。 みんな2、3年の結婚生活...

  • 明治の女はそんなに「泥にまみれて」いなかったかもしれない その一

    前の記事で、浮気オヤジが「男とはそういうものだ!」と、自分の浮気を正当化している小説を紹介した。 皆さんの反応は、「昔ならともかく、今は…」 というものだった。 しかし、そういえば思い出したことがある。わたくし事といえば、わたくし事、昔の話と言えば昔のことだ。 おじさんは、実家で昔の写真を見つけたか何かで、自分の系図を作ることを思いついた。父方と母方、両方の戸籍謄本を取り寄せて作った。戸籍は明治に...

  • 腹の立つ読書を思い出した 本から受ける影響 これも洗脳と言えるのか?

     どんな書でも 最後まで読めば影響を受けます。影響を受けるのは、頭の何処かが洗脳されているということ。そのことは自覚し選書の時から留意したいと… そのようにコメントしてくださった方がいます。 なるほど、つまらないものなら、影響を受ける前に読むのをやめてしまうから、影響もないでしょう。しかし、面白く読めるものは何らかの影響(洗脳)を受けてしまうので、そのことに注意すべきである、という意見です。 しかし...

  • 百田尚樹様の日本国紀を読んで

     朝起きて、いつもの変わり映えしない朝食を食べた。朝食後はショウガ入りの紅茶を飲むことにしている。ショウガは肉体を若々しくするというが、これも変わり映えがしない。落ちる一方や。 新聞をめくると、大きな広告が現れた。 日本国紀 百田尚樹 百田様というと、あの右翼の?ま~た、「天皇陛下万歳」「女系反対」とか、くだらないことを、言っているんだろうが。  でも、能書きを見ると、なんだかおもしろそう。買うの...

  • 今年の名古屋ウィメンズマラソン この際オンラインに

     今年の名古屋ウィメンズマラソンは、捨てだ! と、いつか書いたと思う。 何しろ、去年の秋くらいから災難続きで、足の親指にひびが入って気づかずに一か月。もっと早く治療していれば治りも速かったのに。そして椅子に立って後頭部を強打、脳髄液が鼻から漏れるという大失態。 体のことばかりではない。くうみん母が大腿骨骨折のため毎日のように「あれを持って来い、これを持って来い」と言われたり、介護保険の認定申請で、...

  • 漫画家のとりいかずよし先生が身罷った

     土曜日、朝食を食べ終えて、紅茶を飲みながら新聞を読んでいた。いわゆる3面記事の死亡欄を見てちょっと驚いた。 トイレット博士 とりいかずよし氏 75歳 すい臓がんで死去 本名 鳥居一義 漫画家、元愛知淑徳大教授 週刊少年ジャンプで発表したギャグマンガ「トイレット博士」は」ストレートな下ネタが物議をかもしたが、人気作に。 どひゃ~!!とりいかずよし様、亡くなったの?! はい、好きでした、トイレット博士...

  • 介護施設に入居するタイミングを考える

    今回、くうみん母の引っ越しで、いろいろ思う所があった。 年寄りというのは、ある時を境に急に認知や体力が衰えるものらしい。 何がどうなったかというのは、シャレにならないので言わないことにする。 しかし、かなり来てる~。  もうだいぶ前からこんな感じで、私が気付かなかっただけだかも知れない。 本人も、それが変なこととは思っていないようだった。 認知が進むと、おかしい、変だということも分からなくなるよう...

  • 考えてしまった来し方行く末

     まだまだバタバタする日々を過ごしている。 正確には、体はそんなに忙しくない。でも、気が忙しいのだよ。 基本、母は入院しているから、食事も身の回りの面倒も、病院側がしてくれるから、「あれを持って来い、これを持って来い」攻撃が落ち着いた今、そこそこ平和な日々が続いている。 しかし、気になる。介護保険の決定はいつになるのか?介護度はどの程度か?サービスは予算に合わせると、どんなものが受けられるのか?な...

  • 今日は大雪 

     昨日、2月9日はいい天気で、夕焼けもきれいだった。夕焼けがきれいだと次の日は晴れ、のはずだったが、朝起きたら、雨が降っていた。次第に雨は雪になり、見渡す屋根は白く変貌しつつある。 雪は関東地方で5センチくらい積もるのではないかという予報。雪国の人は笑ってしまうだろうが、これでも都心は大慌てなのだ。 以前、1月に台湾に行ったとき、「気温10度、大寒波」 とのテレビの字幕を思い出す。それこそ日本人の...

  • 安くならなかった恵方巻

     最近、7時過ぎにスーパーに行くことが多くなった。フィットネスクラブで風呂入って帰りに寄ると、ちょうどこれくらいの時間になる。 そしてスーパーの魚売り場に行くと、やってるやってる、お値引きセール。 運がいいと半額か、半額以下で買える。下手打って10%オフ、20%オフだと、買わない。だって、元が高いんだもの。 持ち帰ってすぐに食べられるようにしてある刺身は、安くなるのが遅いけど、料理しなければ食べら...

  • 自転車で走っていたら、おまわりさんに捕まった

     母の届け物、手間もさることながら電車賃もバカにならない。なので、ここ何回かは自転車で行くことにしている。 自転車なら35分ほどで到着する。駅までの歩きと、待ち時間を考えると、大して変わらないように思う。 おじさんもくうみんが入院しているとき、毎日自転車で来てくれたな。1時間以上かかるはずだけど、やはり電車賃の節約と、運動を兼ねていたようだ。 な~んて、しみじみしていたら、「そこの自転車、止まってく...

  • 病院への届け物

     台所で夕飯の支度をしていたら、携帯が鳴った。手を拭き拭き電話に出た。「はい」「こちら、〇〇病院の看護師の山田です。お母様から持ってきて欲しいものがあると言われたのですが」「はい、何でしょうか?」「アイマスクと単一の電池を4個買ってきて欲しいと」「はい、わかりました」 仕方ない。明日にでも行って行くか。電池はこの間頼まれたカセットにでも使うのか。 しかし、今回は買っていけばいいもので助かった。 ア...

  • 季節は巡る 日々のつれづれ

     寒い時期ではあるが、できるだけランニングするようにしている。 もうすぐ名古屋ウィメンズマラソンだけど、今年は捨てだ。5時間以内にゴールできれば良しとしよう。 オミクロンが取りざたされているけど、大丈夫だろうか? オミクロンはそんなに重篤な症状が出ないと聞くので、私自身は、開催してもいいのではないかと思うが、世間はどう判断するか。またオンラインマラソンになっても、いいや。 寒いので、厚着をして走る...

  • 手術は無事終わりました

     どうでもいい報告ですが、手術は無事終わりました。主治医の説明によると、大腿骨骨折の治療法として、保存的療法と外科手術があるとのこと。 保存的療法というのは、ギプスをして骨が固まるのを待つ治療法。だけど、時間がかかって、筋肉量が減り、年寄りの場合、認知も進むので、これは選択肢にならないと。「今は100歳を超える人も手術しますよ」 というので、そんなもんかと思い、手術をお願いした。 おじさんのお母さ...

  • 新春温泉旅行は波乱含み その三 老人問題勃発 私は冷たいのだろうか?

     三日目の朝。窓の外を見るときれいな朝焼けだった。「わあ、きれい」 きれいな朝焼けは、分単位でオレンジ色がどんどん薄くなっていく。 明日はもっと早起きしよう。朝焼けがまた、見られるかもしれない。 くうみんは朝ぶろに入って、ビールを飲んだ。至福のひと時。そして朝食。 ふと、スマホの画面を見た。電話がかかってきた記録がある。くうみんが風呂に入っている時間だ。 何だろう、と思ってみると、母からだった。ど...

  • 線旬温泉旅行は波乱含み その二

     日光二日目。 いつものように朝ぶろに入ったが、今日は神社仏閣に初詣する日。朝ぶろは体を清めるためという大義名分が通るが、朝ビールはよろしくない。 神仏には敬意を払わねばならない。 そう思ったくうみんは、朝は冷たい水を飲むにとどめた。朝食はたらふく食べたのは言うまでもない。 めでたい宿、鶴亀大吉は、二荒山神社のすぐそばにある。しかし、そこから参拝するのも何なので、順路通りに行くことにした。 まず、...

  • 新春温泉旅行は波乱含み その一

     くうみんは正月明けが楽しみだった。 11月半ばからこの1か月半、走り回ってばかりだった。年末年始はどこかの温泉にでも行きたい。でも、モロ年末年始は宿代が高い。 そう考えて、1月5日から栃木県日光に宿を取ったのだった。 東照宮にほど近い宿を取って、お参りし、今年の無病息災、家内安全を願う。強力なパワースポットだもの、きっといいことがあるに違いない。 そう思って、ニコニコ顔でその宿を訪れた。そこは、小槌...

  • 年明け早々 サ高住を考える

     明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 母が来ると思ったので、おせち3人前と煮ものを大量に作った。そしたら、「寒いからいい」と言われてしまった。一人を満喫するのはやぶさかではないが、春からおせち地獄、煮物地獄に落ちるとは日頃の行いが悪いのだろうか? さて、母のサ高住問題は、市役所の介護保険申請を待つことになり、一時休止状態。 改めて前の施設の資料を見てみると、契約書からして...

  • くうみん走る! その五 ま~こんなもんか~

     結果を先に言います。引っ越しは無事済みました。 引っ越し屋さんは以前くうみんが引越しをお願いした会社に。 引っ越し当日。新居の掃除をし終わって、うちから持ってきたカーテンをつり、コンビニのサンドイッチを食べて待っていると、引っ越し屋さん到着。家具の配置をどうしようかと思っているうちに母到着。 蛍光灯というか、今はなんというのかな?ともかく電灯がないというので、近くの量販店に買いに行った。帰ったら...

  • くうみん走る! その四 つい本音が出たらしい

     候補の住居を見に行く前夜、母はくうみんの家に泊まり、朝から見学に行くことになった。 Aサ高住とBサ高住は最寄り駅は同じだ。駅から遠いBサ高住から見にいくことにした。入り口近くには営業マンが待っているのが見えた。「どうも、お待ちしておりました」 担当者の蒲口優人氏だ。営業らしく、声も笑い声も大きい。しかし、営業の人というのは、お客さんの前では元気にしているけど、お客がいなくなるとがっくり肩を落とし...

  • くうみん走る!!その三 候補のサービス付き高齢者住宅

     おじさんの両親の施設を探した時も、PC検索のお世話になった。これがなければ、知っている人のつてや、通りがかりのところにたまたまあった施設くらいしか見つからないだろう。 広いところが希望ということで、ずいぶんと対象は限られてくる。60平米というのはなかなかない。結局、40平米の「Aサ高住」と、50平米の「Bサ高住」に絞った。あとは番外編として公団を一軒追加した。ここは60平米あって、エレベーターも完...

  • くうみん走る! その二 大いに問題ありの某サ高住

     その夜、くうみんは寝床の中で考えた。 確かに40平米なら、サ高住としては広い方だ。今まで60平米もあったのは、ラッキーだった、おまけだったと考えればいいのかも知れない。しかし、今までより狭いなら、値下げして当然だろう。新しい部屋の単価を高くして、「お前たちは今まで通りの家賃で住まわせてやる」という理屈って通るものなのか? それ以外にも悪い話があった。 母は施設長に100万円というお金を貸したとい...

  • くうみん 走る! その一

     アップの回数が少ないのはいつの日からか?始めた頃は毎日更新していた。どうしてあんなに書けたのか、今ではわからない。何かに憑りつかれていたのか? そんなことはどうでもいい。このところのアップの少なさは、実は駆け回っていたからだ。「なに!!あれほど走るなと言っていたのに、駆け回っていた?!バカが、もう知らんぞ!」 そう言うかもしれない。 しかし、大人なら足の指の骨が折れようとも、鼻の穴から脳髄液が漏...

  • 忙中閑あり 味噌作りに挑戦

     このところ、暇人のはずのくうみんがやけに忙しい。あっちこっち駆けずり回っている。 何がそんなに忙しいのか?無事に終わったら報告したい。 そんな忙しい中にも、ひと時、何かするくらいの時間がある。味噌作りに挑戦した。 きっかけはフィットネスクラブのオバ仲間との世間話。「味噌づくりの教室で作った味噌がいい匂いになってきたの。味噌汁作ったら、おいしくって」「えっ、味噌って作れるの?」「私は教室に入ったか...

  • ご心配をおかけしました 気にしているのはスタイルじゃなくて

     皆様が、「脳神経外科を受診した方がいい」 というので、それもそうだと行ってきました。「転んだ後、意識はありましたか?」「はい、意識はずっと。痛かったです」「一応、撮った方がいいですね」「お願いします」 脳神経外科はそんなに患者が多くなくて、割とすぐにMRIを撮ることができた。 ビ~~~ン、ゴゴゴ、ガ~~~~ あの独特な音…頭だけだったので5分程度で終わった。全身とかだったら、大変だろうなあ。「くう...

  • 一難去ってまた一難 遠いプリケツへの道

     やっと足の親指骨折が治って、ほっとしていたある日。 今日は何をしようかしら?筋トレか、または外をランニング?そんなことを思っていたら、壁の穴が目についた。これは扇風機が付いていたんだけど、何か月か前の地震で扇風機が取れてしまった跡だ。 扇風機も壊れてしまったので、捨ててしまった。その跡だけが残っている。 これをどうにかしなきゃな。そう思って補填材を道具箱から取り出し、椅子を壁の穴の前に置いた。椅...

  • ひと月運動しなかった肉体

     くうみんはこのひと月の間、まったく運動をしなかった。こんなことはいつ以来であろう?癌になった時も、おじさんが亡くなった時も、運動をしなかったのは、10日か2週間くらいのものだったのではないか? おのが肉体がどのように変化するのか、非常に興味があった。 体重はむしろ減った。たぶん、筋肉が減ったんだろうと思った。フィットネスジムで「インボディ検査」をしたら、筋肉は100グラム減っていて、体脂肪は200...

  • くうみんはどこから来たのか 遺伝子検査を受けてみた

     新型コロナの検査キットを使ったとき、検査キットの会社のHPで、遺伝子検査キットがあるのを知った。 自分の体質、太りやすいか、筋肉の質はどうかや、なりやすい病気が分かるらしい。そして、自分がどこから来たのかも。なんとなく気になる。 くうみんは血縁が薄いのか、親戚という人たちに会ったのは、子供の頃と2回ほど列席した葬式くらい。だから、自分は何者なのか、遺伝子レベルでいいから、知りたいとも思った。 定価...

  • 足の指その後

     骨にひびがいっているという診断を受けたのが11月1日。それから1週間後にレントゲンを撮って診察。「2週間後にまた来るように」  その間、くうみんは足に添え木を付け、不自然な格好で歩く羽目になった。足の親指を曲げることができないというのは、かなり体に負担がかかるようで、左腰が凝ったように痛くなった。 早く治したい。運動はNG。なるべくつま先に圧力をかけないよう、注意して歩いた。 そしてついに2週間が...

  • なんてこったな足の指

     それは10月初めくらいのことだった。トイレに入った時か出た後か覚えていないが、とにかくトイレのドアの角で左親指の中ほどをしたたかに打った。「痛~い!」 見ると、血が出ている。久々に絆創膏を貼った。この傷はすぐに治った。その後、大したことはないが、親指が赤黒く腫れているのに気づいた。 どうしたんだろう?骨折するとすごく腫れるっていうけど、大した腫れじゃないからこのまま様子を見るか。 ストレッチの時に...

  • 期待の温泉 初めての敦賀の温泉

     スーパーでビールやチューハイを仕入れたくうみんは、駅に向かった。もうすでにホテルの送迎が来ている。ロッカーから荷物を取り出すと、送迎バスに乗った。「お世話になります」 車で10分くらいのところだと言っていた。しかし、ずいぶん距離があるように感じた。ホテルは高台にあるので、景色がいいとの話。そのうち、目の前にあまり立派とは言えない鉄筋の建物が迫ってきた。 チェックインをして部屋に通された。仲居さんは...

  • 初めての敦賀観光

     くうみんは駅のロッカーに荷物を預け、インフォメーションに行って、観光地図をもらってきた。 歩いて行ける範囲内に、ずいぶんと見どころがあるようだ。 道路沿いにこんな彫刻が なんていう花だろう? 「銀河鉄道スリーナイン」の、メーテルのお母さんプロメシューム。鉄郎をねじに変えようとした悪党 メーテルの母プロメシュームは機械帝国の女王だが、父・バンは半機械化を目指している。メーテルの父母は仲が悪かったら...

  • 初めての敦賀 第一日目は駅前ホテル

     敦賀第一日目 五時ちょっと過ぎに敦賀に着いた。今宵の宿は駅前のビジホ。予約が遅かったせいか、ここしか空いていなかった。ここしか空いていない…この言葉をしみじみと思わせるホテルだった。 零細ビジホなので、実名を出したせいで潰れてしまうようなことがあっては後味が悪い。名前は言うまい。 フロントはマンションの管理人室のようで、慣れない感じの女性が応対してくれた。まあ、部屋は清潔だった。 風呂に入って温...

  • トロッコ列車は寒かった

     季節にもよるようだが、紅葉のこの時期、トロッコ列車は2、30分に一本程度ある。ここから宇奈月までは順調に行きそうだが、宇奈月からの連絡はあまりいいとは言えない。 宇奈月から乗る電鉄富山は田舎の鉄道で、本数が少ない。しかし、古い駅舎がレトロで趣がある。  あらかじめ調べて置いた乗換案内では、11時46分のトロッコに乗ればいいとしてあるが、それまで1時間近くある。ここで時間をつぶすか、宇奈月で時間を...

  • オバさんは山を下りる

     この朝も誰かのスマホの目覚ましで目が覚めた。5時だ。 すぐに顔を洗って、出かける準備をして、弁当を食べる。う~んやっぱりちゃんとした朝ごはんにすべきだったかなあ、でも、早く立たないと、敦賀に着くのが遅くなるし… この山小屋は、電気は自家発電だろうに、必要なところには一晩中、電気をつけてくれるのがありがたい。昨日は手探りの洗面や食事も、電気のおかげで不自由ないし、スマホの充電もできる。 この山小屋、...

  • 山小屋の夜は更けて 山小屋の主の話とDVD

     阿曽原温泉小屋は、温泉がある。山小屋から10分ほど下ったところに、湯船があって、すのこが置いてある。そこらへんで適当に脱いで、湯に浸かる。もちろん男女入れ替え制。 しかし、方位を気にしているくうみんは、温泉には浸からない。何でも、凶方位の温泉はNGだとか。持ってきたタオルを濡らして、体や頭を拭いた。結構さっぱりする。 夕食は6時からで、宿に着いた順に2回に分けて食事をする。くうみんは第一弾。 以前は...

  • 二日目はメインの行程

     同室の人のスマホが目覚ましの音を立てている。「何時?」「5時」 まだ電気がつかないので、手探り状態で顔を洗いに行く。他の人がスマホの明かりで顔を洗っている。その横の水道を使っていると、人の光で結構手元が見えた。 ごそごそ支度をしているうちに、ヘッドライトがあることに気づき、頭につけて朝食を食べた。 スマホの光よりも、ヘッドタイトの方が便利だ。スマホの光で十分かと思ったが、やっぱりヘッドライトは必...

  • 一日目はほぼ現地に移動するだけ

     某駅から「特急あづさ」に乗ることになった。駅ホームに特急券の販売機がある。それを使って特急券を買うのだが、オバさんというのはこんなものが苦手だ。 近くにいたオバ二人組と、ああでもない、こうでもないと試行錯誤の末、買うことができた。オヤジが後ろで待っていたので、待たせては気の毒と思い、くうみんの順番を譲ったのだが、このオヤジもよくわからないようで、戸惑っていた。 曇り空に薄く透けて見える太陽。明日...

  • 旅行に行っていましたの

     くうみんは登山が好きだが、行く山域はほぼ決まっている。立山か、日光、尾瀬、富士山など2、3か所程度だ。 去年はどこの山小屋も営業していなかったのだが、今年は密を避けた営業をしているという。よし!立山に行こう!そう思ったのだが、絶対に外せない阿曽原温泉小屋はもう連日満員で、空きがないという。 毎日のようにその山小屋のホームページを見て、空きの出るのを待った。  そしてついに、「空きが出ました」という...

  • どこかに行きたいな

     富士山に登ろうと思ったのは、8月のこと。でも、おじさんの警告で、行かずじまい。何だよと思ったけど、泊まろうと思った山小屋で新型コロナ発生!おじさんもだいぶ力を付けてきたらしい。 コロナも下火になってきた。今なら紅葉がきれいだろう。本当はもっと早く行きたかったんだけど、お目当ての山域の山小屋は、今年も休みか、人数制限をしているかで、空いていなかった。キャンセルがあればいいんだけどな。 おじさんもく...

  • やっぱりカラスはかわいそう

     最近東京の原宿にムクドリの大群が出るそうだ。この近辺をねぐらにしているらしい。その他にも、埼玉副都心駅前や、住宅街にも大群が現れるという。 鳴き声や、フン害で近くの人たちはずいぶんと被害を被っているそうだ。「ふんが空気中を待っているので、洗濯物が干せないんです」 なるほどね、困ったもんだ。 ということで、その対策として、市役所の人が、ムクドリの嫌いな音を立てて追い払っているという。しかしなかなか...

  • 雨の日、徒然なるままに

     朝起きたときは雨が降っていなかった。 今日は自治会のハイキングの日だ。でも、雨がぽつぽつ降り始め、本降りになってハイキングは中止になった。 ハイキングに、最初に参加したのは、引っ越して3か月ほどたった10月。結構楽しかったのだが、老人会にスカウトされたので驚いた。 老人会というのは何歳から入れるのか?歳は若くても、見た目が老けていれば入れるのか?当時辛くも50代だったのだが、意地悪ばあさんから、...

  • 男は筋肉質を目指す

     以前通っていた整形外科で、整骨の施術を受けたことがあった。施術師の先生は、背は160㎝あるかどうかの小男なのだが、白衣の上からでも筋肉質であることがよく分かった。そして、かなりの威圧感がある。 いつもムスッとしている。体の大きな男性には威圧感を感じることがよくあるが、彼は横幅と表情だけで威圧感を感じさせていた。 そしてなぜか、背は小さいんだけど、かっこいい。「あの先生、何かスポーツをしているんだろ...

  • 華燭の宴外伝 くうみんは隠れ健康オタクだったのか

     超豪華結婚披露宴が終わり、くうみんは引き出物を片手にぶら下げて、乗り換えの駅を歩いていた。 昔の引き出物は「多ければ多いほどよい。重ければ重いほど良い」というスタンスだったのか、帰りは一苦労だったが、今はいいものを少しだけと言う風潮になった。今回も袋だけは大きいが、そんなに重くない。 何が入っているのかな~。楽しみ!な~んて思いながら前をふと見ると、黒い礼服を着た女子が歩いている。あれは金子姉さ...

  • 久々の華燭の宴

     おじさん方の甥、銀子姉さんの息子である万年雪男君から、招待状が届いたのは、まだ8月のことだった。 …この度私たちは結婚式を挙げることになりました。…ささやかながら、披露の小宴を催したいと存じます。 籍はもうすでに入れていて、同居もしているのだが、コロナのおかげで式だけ延び延びになっていたらしい。 しかし、結婚するというのも、突然だったらしい。「付き合っている人がいるなんて、全然知らなかったのよ」 ...

  • 雨の日は鬱

     台風が来ているので、ここ、スモウ原にもかなりの大雨が降りしきっている。雨の日でもできることはたくさんあるけど、雨が降ると何をする気もなくなる。 洗濯はできないよなあ。掃除も窓が開けられないから、気分良くはできない。それなら料理でも断捨離でもすればいいのだが、なんだか雨の日は、鬱っぽくなってしまう。 先日スポーツジムの知り合いが、自分の家でみそを作ったと言っていた。話を聞いて、その気になり、大豆と...

  • 柔軟剤の香り(臭い)合戦、いい加減にしろ~!

     春秋の気候のいい時期や夏のちょっとだけ暑い日は、窓を開けていることが多い。すると、どこからともなく、人工的な香りが漂ってくることがある。 なんだろう?いつも漂ってくるとは限らないが、匂ってくるのはどうやら昼間に限られる。ずっと気付かなかったのだが、ある日、やっぱり人工的な香りが漂ってくるのを感じた。 そっと網戸を開けてベランダに出た。においが強くなった。隣のベランダから洗濯物を干すような音が聞こ...

  • 服を買うって面倒で嫌だと思いませんか?

     ある日、厚みのある郵便物が届いた。久々に見る、結婚式の招待状だった。 銀子姉さん(おじさんのお姉さん)の子供、私にとって甥にあたる男子がめでたく結婚するという話は以前から聞いていた。「くうみんさんもお式に、出てちょうだいよ」 と言われたので、ありがたく出席させていただくことにした。 籍も入っているし、同居もしているのだが、新型コロナのおかげで結婚式・披露宴だけ、延び延びになっていたという。 美容...

  • お彼岸の墓参り

     このところ、雨の多い日が続いた。お彼岸なので、墓参りに行かねば。19日は天気予報で雨と言っていたが、ふたを開けてみればいい天気だったので、この日に墓参りを決行した。 墓の正面に十字架が彫ってあるのだが、この十字架の白い塗料が剥げていた。ダイソーで買ったアクリル絵の具を持っていくことにする。 墓の近くに花屋があるが、そこで買うと高いので、いつの日からか、家の近くのスーパーで購入することになった。 黄...

  • 採集と栽培の秋

     栗拾いは、今たけなわという感じだが、ライバルもたくさんいてくうみんが行ったときには何も残っていないということは大変多い。 あったとしても、人の入れない柵の向こうに落ちている栗、手を伸ばしてやっと採ったのだが、手の届かないところにある栗は諦める。 丸々と太った、山の栗…ああ、欲しい。でも、手が届かない。 しかし、次に行った時にはその手の届かないところの栗が、何者かによって持ち去られていた。柵の上に...

  • もうすでに収穫の秋

     今日、10日は気温が上がると天気予報で言っていたが、もうすでに秋の気配が濃厚だ。 昨日、9日は昼間の間結構な雨が降って、そしてやんだ。 野生児くうみんは、目を付けていた栗の木が実を落としているのではないかと睨んだ。 今までだれかが拾った後ばかりだった。しかし、この雨で、人はあまり行かなかっただろうし、栗も実を落としているかも知れない… これはチャンスだ!! すぐにランニングウェアに着替え、スマホの...

  • 2年前にも同じようなことがあった 信じるか信じないかはあなた次第な話

     2年前にも、こうしてお伺いを立てたことがあった。 まだコロナ前だった2019年10月。くうみんは立山縦走をもくろんでいた。 しかし、台風が来ていた。このままだと危ないかも。そこで、今回と同じように、お伺いを立てた。 立山に行っても大丈夫ですか? → 大丈夫♡(縦揺れ) 台風ですけど? → 大丈夫♡(縦揺れ) 立山に行くのは危険ですか? → そんなことはないです。(横揺れ) とまあ、大丈夫だから行きな...

  • おじさんのお告げ 信じるか信じないかはあなた次第

     去年はコロナの影響で富士山に行けなかった。今年こそは行きたいと思った。 幸い、今年は富士山の山小屋も営業しているらしい。 コロナ蔓延の今日この頃、いつもすし詰め状態の富士山の山小屋も、間を空けているらしい。 だったら、普段よりも快適なんじゃないかな? そう思っていく日を見計らっていたら、お盆の頃は雨が多くて行けず、行けそうなのは8月も下旬になりそうだ。  ここらへんで行くか…くうみんは25日くらい...

  • くうみんが勉強したこと 

     現代医学に疑問を持っているくうみんだが、民間療法にはもっと大きな違和感を感じていた。 がんに効くというサプリや健康食品。そして、個人クリニックの行う免疫療法。 きっと現代医学に見捨てられた人たちが、藁をもすがる思いで試すのだろう。 こういった治療は高いし、本当に効果があるのかわからない。まず、有効な標準治療は何なのか、調べて行った。 教科書にしたのは図書館で借りた本や、パソコンで検索した医療サイ...

  • 乳がんについて質問がありました。ど素人ですが、くうみんの場合 そして豆乳ヨーグルトの作り方

     くうみんの子のブログには、いろいろなことで悩んでいる人も訪れる。ハネがひどいトイレの相談もあったし、「亡くなった愛する人に会いたい、ミディアムさんを教えて欲しい」というのもあった。最近出てきたのが、乳がんになったが、どうしたらがんがなくなるのか?という質問だ。 もに様がコメントで質問なさった。 もに様の質問① 再手術を勧められて、良く断りましたね。(要約) だって、全摘の再手術だよ。切ったらまた...

  • 再手術宣告と再手術を断った時のこと

     このブログは今は思い出話を交えて、一人暮らしのつれづれを書いているが、もとは乳がんブログだった。 それで、乳がんの人が今でも結構訪れているようだ。病気で鬱々としている人に、希望の明かりを。 今ではがんは、なんと消滅してしまったが、13年前はかなり深刻な状態であると、医者から指摘を受けていた。 手術前  たぶん一期でしょう。治療もホルモン剤と放射線治療で十分。 手術後  病期は2期b。リンパ節転移...

  • そー言えば、思い出した!!乳がんから13年 番外編

     今から1年前に乳がんが発覚して手術したのだが、その年は何かと懸賞に当たった。今でも覚えているのは、当時の最新鋭オーブンレンジ、シャープのヘルシオと、ビスケットの詰め合わせ。 ヘルシオはアサヒビールのシールを集めて応募した。忘れた頃に大きな荷物が届いた。何も注文していないけど、どうしたんだろうと思ったが、それが当選したヘルシオだった。「わ~い!」 その時使っていたオーブンレンジは、結婚した時に買っ...

  • 乳がんから13年

     早いもので、乳がん発覚から13年が経過した。手術したのは9月だが、発覚したのはちょうど今頃だった。 乳がんになったガン友に聞くと、定期健診で見つかった人より、自分で見つけた人の方が圧倒的に多かった。マンモ、超音波、そして医者の触診よりも、ど素人の感覚が一番鋭いらしい。 くうみんも、自分で気が付いた。朝、起きるとき、偶然胸のしこりに触れた。「なんだろ?どうせ大したことはないだろうけど、一応医者に行...

  • 今年も来たイソヒヨドリ

     彼の姿を見たのは5月くらいだっただろうか?聞き覚えのある鳥のさえずりが聞こえたので、そのたびに見渡すのだが、なかなか見つからなかった。 そのうちに見つけたのだが、くうみんの住んでいる階の2階ほどど上の、壁のくぼみに半身を出しているのが見えた。オレンジ色の胸が確認できた。あれはイソヒヨドリのオス!! イソヒヨドリのオスは、「幸せの青い鳥」と言われていて、おなかはオレンジ色だけど、他は青い色をしてい...

ブログリーダー」を活用して、ひねくれくうみんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひねくれくうみんさん
ブログタイトル
先に逝くのは私だと思った…
フォロー
先に逝くのは私だと思った…

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用