TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
  •  中宮寺(ちゅうぐうじ)奈良

     奈良 第七番 「半跏思惟像に自己をゆるされるひととき」  半跏思惟のこの像は、飛鳥時代の最高傑作のひとつで、国際美術史学者間では、この像の顔の優しさを評して、数少い古典的微笑の典型として高く評価され、エジプトのスフィンクス、レオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれています。  天寿国繍帳残闕(てんじゅこくしゅうちょう ざんけつ)日本最古の刺繍遺品として知られる「天寿国曼荼羅繍帳(てんじゅこくまんだらしゅうちょう)」は、622年聖徳太子の妃である橘大郎女が、太子薨去ののち、宮中の采女に命じて、太子が往生なされている天寿国のありさまを刺繍したものです。 画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・ 撮影:2010.04.09(画像の一部はHPよりお借りしています) 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北JR関西本線(大和路線)法隆寺駅 ..

    地域タグ:斑鳩町

    tarou

    綺麗なもの見つけた(街角探検隊)

カテゴリー一覧
商用