searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

TAKAさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
TAKAのJリーグがある幸せ ~鹿島アントラーズ編~
ブログURL
https://takaantlers10.com
ブログ紹介文
Jリーグ開幕時から鹿島アントラーズを応援しています。公式戦は全試合チェック中です。魂込めて毎日記事を書いています。
更新頻度(1年)

42回 / 38日(平均7.7回/週)

ブログ村参加:2020/09/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、TAKAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
TAKAさん
ブログタイトル
TAKAのJリーグがある幸せ ~鹿島アントラーズ編~
更新頻度
42回 / 38日(平均7.7回/週)
読者になる
TAKAのJリーグがある幸せ ~鹿島アントラーズ編~

TAKAさんの新着記事

1件〜30件

  • 誰を呼ぶか日本代表FW【大迫右膝を負傷】

    今年2度目の日本代表の活動が近づいてきました。今度は11月13日(金)23:15からパナマ、11月18日(水)5:00からメキシコと対戦します。(キックオフは日本時間)会場は2試合ともオーストリアのメルクールアレーナです。

  • 大活躍中のエヴェラウド【3年ぶりのハットトリック】

    エヴェラウドの得点が止まりません。第24節サンフレッチェ広島戦では1-0の決勝点を挙げ今シーズン13得点としました。得点ランキングでもオルンガに次ぐ第2位です。エヴェラウドのすごいところはコンスタントに得点をするところです。

  • レンタル移籍中の選手の現在地【鹿島に戻るのは誰だ】

    現在鹿島アントラーズから他チームへレンタル移籍中の選手は7人います。ここ数年鹿島は出番の少ない若手を積極的にレンタル移籍する傾向にあります。しかし活躍できずに残念ながらそのまま移籍してしまう選手が多いです。レンタルチームでは活躍できても鹿島に戻ったら活躍できずに結局去る選手もいました。

  • 鹿島アントラーズ歴代外国人ベストイレブンの発表

    鹿島アントラーズというチームが誕生してから今年まで228人の選手が所属してきました。前回は歴代ベスト11を出場数から選定しました。そして結果的に全員が日本人でした。そのため外国籍選手のみでベストイレブンを調べてみました。

  • 染野唯月伝説の始まり【パリ世代のエースへ】

    10月19日に今年度の高校サッカー選手権大会が開催されると発表されました。ひとまず開催が決まってよかったです。高校生にとって一番大きな大会であり注目されます。ここで活躍してJリーグ内定を勝ち取る高校生がたくさん出てくるといいですね。

  • 天皇杯決勝が元日に国立で行われるワケ

    今年の天皇杯は記念すべき第100回大会です。第1回大会は1921年(大正10年)に行われています。その後戦争や世界情勢のため開催されなかった年がありましたが中止大会も含めているため通算で今回が100回になります。本来であればもっと盛大に行わ

  • 植田直通のAマッチ初ゴールは5年前のデジャブ

    2020年の日本代表初ゴールは植田直通でした。10月14日のコートジボアールとの親善試合でアディショナルタイムに得意のヘディングで叩き込み日本に勝利をもたらしました。元鹿島アントラーズで現在はベルギーのセルクル・ブルージュでレギュラーになりつつあります。

  • 敵となったイケメン西大伍【過去の対戦成績】

    ACLとの日程重複のため10月21日に第33節ヴィッセル神戸戦がノエビアスタジアム神戸で行われます。ヴィッセルはフィンクから三浦淳寛に代わってから6試合を行っており3勝1分2敗とまずまずの再スタートを切っています。お互い中2日での4連戦目ですので相当疲労は溜まっているはずです。

  • 今年度の鹿島の最終成績はどのくらいか【例年との比較】

    リーグ戦は24試合を終え、残り試合は10試合となりました。ここまで勝ち点39の6位です。内訳は12勝3分9敗で得点36、失点32の得失点差4となっています。そこであくまでもこのペースでいった場合、最終成績はどのくらいになるか数値化しました。

  • 小泉慶は右サイドバックが適任なのか

    小泉慶がここに来て鹿島のキープレイヤーになっています。本職は守備的なボランチです。ただ現在は右サイドバックのレギュラーとして出場しています。果たしてこのポジションが合っているのでしょうか。

  • 最後の大物はベベト

    Jリーグ草創期にはブラジルからスーパースターが続々と入団しました。アントラーズサポーターに名前が知れているのはジーコ、レオナルド、ジョルジーニョかと思います。そしておそらくその中に入るくらい有名な選手が入団してます。

  • 鹿島アントラーズ歴代ベストイレブンの発表

    鹿島アントラーズというチームが誕生してから今年まで228人の選手が所属してきました。ここで突然ですが歴代ベスト11を決めてみようと思います。しかし選定根拠はサポーター1人ずつ異なります。そのためベスト11を決めるとなると実績なのか貢献度なのかそれぞれ基準が違います。

  • 次のJ1通算100得点は誰だ

    10月7日の第20節でガンバ大阪の渡邉千真がJ1通算100得点をしました。これは歴代15人目の記録です。渡邉はルーキーイヤーの2009年にいきなり13得点し新人の最多得点記録を更新しました。現在もこの記録は抜かれていません。

  • 和泉竜司4年ぶりの大記録なるか

    10月14日のJ1リーグ第22節サガン鳥栖戦で和泉竜司がリーグ戦100試合出場となりました。和泉は名古屋で4シーズンを過ごし、今年から鹿島に加入してプロ5年目での達成です。ただ名古屋ではJ2が1年ありましたので、J1は4年弱で100試合ということはほぼずっとレギュラーであった証です。

  • 過去のリーグ優勝とMVPの関連性について

    Jリーグ最多の8回の優勝を誇る鹿島アントラーズ。しかしながら個人タイトルとはあまり縁がありません。得点王は2008年のマルキーニョスただ一人です。2016年にリーグ優勝した際はベストイレブンですら昌子源の一人しか選ばれなかったこともあります。

  • 鹿島では大卒選手は輝かないのか

    鹿島アントラーズでは近年大卒選手はあまり活躍しているイメージはありません。レギュラーになっているのは高卒か移籍組のような気がします。しかし本当にそうなのでしょうか。

  • KING KAZUのJ1最年長出場記録に思いを馳せる

    9月23日の第18節川崎フロンターレvs横浜FC戦で三浦知良が53歳6ヵ月28日でJ1最年長出場記録を更新しました。今までは中山雅史の45歳2ヵ月1日が記録でしたので8歳以上の更新となります。これまでずっとプロとしてあり続け体を維持し20代と一緒にプレーすることは並大抵の努力ではできないことだと思います。

  • KING KAZUのJ1最年長出場記録に思いを馳せる

    9月23日の第18節川崎フロンターレvs横浜FC戦で三浦知良が53歳6ヵ月28日でJ1最年長出場記録を更新しました。今までは中山雅史の45歳2ヵ月1日が記録でしたので8歳以上の更新となります。これまでずっとプロとしてあり続け体を維持し20代と一緒にプレーすることは並大抵の努力ではできないことだと思います。

  • サッカーの2点差は1番危険【5年ぶりの記録】

    鹿島アントラーズが横浜FCに3−2で逆転勝利し連敗を2で止めました。ホームで劇的な勝利でしたね。こういった勝利はチームに勢いがつきます。前半は0−2で負けておりどうなることかと思いましたが交代策が見事的中した試合でした。

  • 鹿島アントラーズvs横浜FC戦は開催されるか【台風接近中】

    10月10日に行われるJ1リーグ第21節の横浜FC戦が台風14号の影響を受けそうです。そのため開催の可否が注目されています。公式HPでは前日の10月9日19時に試合開催を予定していると発表されましたが当日まで油断はできません。過去日本ではJリーグ、ルヴァン杯(旧ナビスコ杯)など公式戦が台風や豪雨、地震などの天候不良や自然災害を理由に中止された試合が多くありました。

  • 森保よ 鈴木優磨を日本代表に呼べ

    みなさん鈴木優磨を覚えていますか。小学1年生からアントラーズ一筋であれほどインパクトのある選手を忘れるわけないですよね。現在はベルギーのシント=トロイデンで活躍しています。今シーズンも開幕戦で開始2分でゴールを決めていました。

  • コロナ禍でのカシマスタジアムの観戦状況について【東京駅高速バス】

    今年はコロナにより昨年までのサッカー観戦と全く変わってしまいました。今回は現在のスタジアム観戦の状況について説明していきます。まず私が観戦した試合日の詳細は以下の通りです。

  • 日本代表のメンバーはオール海外組の時代へ【背番号付き】

    ついに約1年ぶりの国際Aマッチが行われます。オランダ・ユトレヒトで行われるカメルーン戦(9日:日本時間21時)とコートジボワール戦(13日:日本時間23時45分)のメンバーが発表されました。いよいよ日本代表がオール海外組で編成できる時代が来たんですね。

  • 伊東幸敏よがんばれ

    第19節の大分トリニータ戦で山本脩斗が今季リーグ戦初出場をしました。これでリーグ戦でまだ出番がないのは伊東幸敏ただ一人です。(特別指定の常本は除く)伊東はルヴァン杯には出場していますのでトップチームの全員が公式戦に出場するという記録は達成しています。

  • Jリーグにも平日開催のデーゲームがあった

    日本ではJリーグに限らずプロ野球でも平日の日中に試合が行われることは聞かないです。しかしアメリカのスポーツ事情はどうなのでしょうか。たまに大リーグの中継を見ると昼間に行われているような気がします。そこで平日のデーゲームが行われているか調べたところ普通に行われていました。

  • 荒木遼太郎は鹿島最高のルーキーになれるか

    今年のルーキーはすごいです。過密日程、交代枠が5人あるとは言え高卒で入団した4人全員リーグ戦にデビューしています。そして荒木、染野は毎試合メンバー入りし戦力として計算されています。特に注目されているのは荒木遼太郎です。

  • 反撃の終盤戦が始まる

    いよいよ10月に入りました。例年であれば残りは6~7試合しかありません。そろそろ優勝争いも何チームかに絞られる時期です。しかし今年は中断期がありチームによってばらつきがありますが20試合ほどしか終わっていません。

  • オルンガは移籍しなければJリーグ史に残る得点王になる

    今シーズンは過去最高の得点王が誕生する予感がします。その名は皆さんご存知のオルンガです。反則級のフィジカルと左足のシュートがあります。

  • アントラーズに入団するには高校かユースか

    9/30に鹿島アントラーズに2021年に入団する高校生の内定が発表されました。埼玉県の昌平高校から須藤直輝と小川優介の2人です。2日前には小見洋太のアルビレックス新潟への加入も発表されており同校から3人もJリーガーを輩出しています。

  • 本間至恩は来年の移籍マーケットの目玉となる選手

    本間至恩という選手をご存じでしょうか。名前は『ホンマ シオン』と読みます。アルビレックス新潟U-15、アルビレックス新潟U-18と順調に昇格しトップに上がっています。

カテゴリー一覧
商用