searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hawks-avispa.comさんのプロフィール

住所
福岡県
出身
未設定

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡についての試合の感想、チームに関する話題や問題について掲載しています。 両チームの記録や、読者の皆さんによるMVP記録なども掲載。 1997年から20年以上更新を続けている応援ブログサイトです。

ブログタイトル
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)
ブログURL
https://hawks-avispa.com/
ブログ紹介文
ホークスとアビスパの情報と試合レビュー、ファン投票、記録、戦力分析、応援歌、観客数などの資料を掲載
更新頻度(1年)

177回 / 169日(平均7.3回/週)

ブログ村参加:2012/07/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、hawks-avispa.comさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hawks-avispa.comさん
ブログタイトル
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)
更新頻度
177回 / 169日(平均7.3回/週)
フォロー
ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

hawks-avispa.comさんの新着記事

1件〜30件

  • 日ハム戦1−2 編成・ドラフトの長年にわたる問題が一気に

    2割打者が並ぶ打線では、試合を作れない。上沢のチェンジアップを攻略できる打者は、今のホークス打線から一人も現れず。相手のエースと対戦する、カード頭の試合は、特に勝率が悪いと思う。エース級を攻略できる策が、正直無いのだ。相手に合わせて、右左を

  • 大谷がMVPをとれたら

    筒香がMLBで成功せず、また日本人野手の評価が落ちているようだ。投手はそこそこ通用するけど、野手はダメ。これが一般的な日本人選手に対する固定評価だろうし、これから挑戦しようとする野手にも厳しい契約を迫られるだろう。しかし、イチローと大谷の2

  • オリンピック代表 年功序列というか実績重視というか

    【投手】菅野智之(31、巨人)、中川皓太(27、巨人)、青柳晃洋(27、阪神)、岩崎優(29、阪神)、大野雄大(32、中日)、山崎康晃(28、DeNA)、森下暢仁(23、広島)、栗林良吏(24、広島)、平良海馬(21、西武)、田中将大(32

  • 野手のトレードを考えないのか

    他球団では、トレードが活発化している。ホークスはどう考えているのだろうか。-交流戦のチーム打率が低迷していたこと。-サードの後継問題が解決していないこと。-代打に起用した選手の結果が出ていないこと。こういった客観的事実からも野手のトレードは

  • パリーグの他のチームに迷惑をかけた・・

    セパの年度別勝敗数が、14勝1敗とセリーグを圧倒していることを誇らしく思っています。一昨年まででパリーグは10連勝中。強いリーグで、優勝争いをしていることに面白みも感じていました。しかし、今年はセリーグに敗退。(広島が3連敗すると逃れるけど

  • ヤクルト戦4-6 ヘッドコーチの采配にざわつくファン

    今日もヘッドコーチが仕掛けた代打策が裏目に。今年の交流戦は、とにかく作戦が当たらない小久保さんに振り回された感じ。チーム防御率はそこそこなのに、大きく負け越す結果となったことに、ファンはざわついている。代打に明石を重用すること。接戦でミスを

  • ヤクルト戦2-4 ベンチの最悪采配が、チームの志気と流れを削ぐ

    好投していたマルティネスは、勝ち投手になれるかどうかを確認するために、ベンチから見つめていたが、アウトを2つ、易々と相手に差し上げる判断をしたベンチの采配をどう思ったか。ボールになる変化球を投げておけば、松田はバットに当てられそうになかった

  • ヤクルト戦0-1 接戦に弱いチームに成り下がる

    チャンスが無いわけではないんだけどダメ。柳田に対して、ボールになっても良いと、割りきって投げられた。最近、柳田に対する申告敬遠でうまく逃げられることも多くて、試合展開がうまく進まない。これは、層の薄さを表していると思う。中村は良いバッターだ

  • 広島戦1-1 工藤監督が打撃コーチに苦言を言う背景

    今年は、攻撃のちぐはぐさを感じる試合が多い。レイによる、あれだけの好投があった試合で、楽天にゲーム差を広げられる結果になったのはまずい。9回の川島の送りバント失敗がきつかった。8回に3塁ランナーを返す工夫が無かった今宮は、もっと厳しい結果だ

  • 広島戦8-4 機能する1,2番、中村らしい粘り

    そんなにファームで打ちまくっていたわけではない柳町でしたが、良いときに上げたと思う。初スタメンの試合でヒットが出たからか、落ち着いて打席に入れている。周東をむりやり1番でつかっていた時期とは違って、柳田までつながる打線がスムーズだ。今日の勝

  • Jリーグジャッジリプレイのジャッジリプレイ

    Jリーグのジャッジリプレイがすごく面白くて勉強になる。・戻りオフサイド・オフサイドディレイ・PA内のバンドの判定・DOGSOの4要件何度もリプレイを見て、識者の議論からサッカーを理解すると、観戦がより楽しくなった。今回、このジャッジリプレイ

  • 広島戦1-1 プロが、シチュエーションを判断できない

    武田は、セリーグの打者を相手にすると、結果が出る。いつも以上にストレートがきれていたようではあるが、広島打線が高めのボール球をずいぶん空振りしてくれて助かった。武田の軌道を見慣れているパリーグの打者であれば、四球が増えていたと思う。それでも

  • あぁ ロドリゲス

    後半戦に中継ぎ投手の底上げできる選手だと思ってたのですが。そして、あのスライダーを1軍で見たかったなぁ。グラシアスとかモイネロは、同じチームメイトが易々と亡命して、高額年俸を手に入れるための挑戦が出来ていることをどう思っているのだろうか。ホ

  • 阪神戦8-3 初回の三森の得点

    三森が初回に得点できたことが、勝因の大きな部分を占めていると思う。とにかく、栗原と柳田の前にランナーを出したい。得点力の改善のためには、とにかくこのことから手をつけて欲しい。1軍と2軍の壁のようなものに、ぶつかっている三森ではありますが、牧

  • 阪神戦10-2 ゲームの流れがゴロッと変わる

    相手エラーに助けられての勝利。勢いのある相手に3敗しなくて本当に良かった。5回の近本の飛び出しで、ゲームの流れが変わりました。それにしても、柳田がおかしい。難しい球に手を出して引っ掛けてしまうか、ボールになる球に空振りするか。満振りしながら

  • 阪神戦1-6 逃がした魚がでかすぎる

    オープン戦で、阪神の佐藤に打たれたとき、そのうちプロの洗礼をあびるはず、と余裕ぶっこいていましたが、ルーキーが活躍するチームとそうでないチームの実力差がモロに出てしまう試合結果を見せつけられている。6月に入って、タイムリーはたった1回。初物

  • DeNA戦3-4 だんだんとチーム雰囲気がおかしくなっている

    去年の前半戦も打線が極めて低調でしたけど、必死に1点を取りに行く打順で凌いだ。今年はどうだろうか。1番周東にこだわったり、小技と強襲の両方ができるからと、1割打者の今宮を2番に置いてみたり、真砂よりも、過去の実績で、上林の起用にこだわったり

  • DeNA戦1-1 新戦力無し、底上げ無し

    実績無い若い投手に、ポンポン打ち取られる打線の低調ぶり。1番から始まった6回のチャンスくらいしか見せ場も無く、打線の弱々しさが目立つ。今宮を2番に上げでると、打線がぷっつり切れる。良い選手だけど、今は使えないよ。ベテラン野手が精一杯のプレー

  • DeNA戦3-4 今年は信じられない敗戦が多い

    8回に松本がコールされたとき、正直 良い選択だと思いましたよ。本人も自信を持って中継ぎで投げていましたし、泉ばかり頼るわけにもいけませんから。きっとメンタルなんだと思います。絶対に抑えないとという力みを止められないのでしょう。先頭打者からの

  • みんなで5月のホークスMVPを決めよう!

    5月はチーム打率が.271と比較的好調で、主力選手の打率が伸びて、チーム得点力が上がりました。一方、先発QS達成率は40%台のままで、試合序盤でリードできずに、そのまま負けてしまうゲームも多かったと思います。けが人が多い上に、チーム状態が上

  • 大分戦1-2 3バックの対策を再検討すべき

    輪湖の横にロングボールを蹴られて、そこから縦の突破を図ろうとしてくる大分。スカウティングどおりにコトが進んで、さぞかし気持ちいいだろう。2試合続けて、3バックのチームを相手に対して、中盤でボール拾えず、試合の前半を大惨事にしてしまった。スタ

  • 巨人戦3-4 どこまでも当たらないベンチの策

    6回ノーアウト1,2塁のチャンスで、栗原にバントをさせたベンチの策。これが今日のゲームの結果に直結した。この交流戦は、牧原と栗原そして柳田の3人が結果を出している。ましてや、得点圏打率の高い栗原でバントを選択し、柳田を自動的に申告敬遠に結び

  • 巨人戦8-3 ”変態打ち”と”マルティネスの安定”

    この2つが今のホークスの強みだ。柳田のボールのシバキ方は、説明付きにくい。体制を崩されても、バットの真芯に当てて、強く振りぬくという人間業でない打撃手法。打った瞬間は、ファールか外野フライにしか見えないから、実況アナウンサーはすぐに打球の行

  • キューバ危機とバレンティン

    1発目のホームランは、体制を崩されてでも運んだもので、彼の能力の高さを示していたと思います。2発目は、球速の遅いツーシームを完璧に捉えた当たり。速球に合わせることが難しくなっているようなので、比較的セ・リーグの投手と対峙する今の時期が、彼の

  • 中日戦3-3 私がいままで見た最悪の”置きにいった球”

    笠谷は、1球1球の球の質は、悪くないから逆にたちが悪い。ベンチは最初からショートスタートと決めていたのに、そこそこ通用していたから代え時を間違った。2者連続でファーボールで、投手コーチと監督ががっつりベンチで話し合い、継投をさせたのだから、

  • 地下鉄空港線と長者場駅の接続計画

    実現して欲しいとは思うが、画期的な路線とは思えない。福岡空港駅から地上に出て、志免町亀山付近で、志免駅を作る。さらに原町駅付近で、JR福北ゆたか線と平行に走り、長者原駅で乗り換え可能にする。こういう構想になるのでしょうか。メリットは、飯塚方

  • 横浜FC戦1-1 3バック相手だと中盤で拾えない

    横浜FCは、サロモンソンが上がるのを徹底して封じる策をとってきた。逆サイドの志知もターンオーバーで休ませたので、いつもより両サイドの上がりが弱くなってしまった。プレスでボールを奪いかけても、3バックを相手にすると、中盤の人数で負けて、良い攻

  • 中日戦0-2 周東を1番で起用したいなぁという妄想

    足が速くて出塁率もそこそこある1番バッターになったらいいなぁという妄想のようなものを持ちながら、シーズンの1/3が終わってしまった。打率2割の先頭打者を使い続けるハンデは、きつすぎる。柳はすごく良いピッチャーでしたけど、初回は荒れていて、ホ

  • オフサイドルールの変更 好きじゃない

    オフサイドルール、改正へ 来夏導入の見通し―FIFAオフサイドラインに体の一部が残っていれば、オンサイドとみなされるというこの変更。ディフェンダーが押し上げて、ギリギリでオフサイドラインを作るときって、だいたい体半分だけとかそういうレベルで

  • オリックス戦7-2 野球の神様がどちらに勝たせたいのか

    まず、規律違反をしたオリックスの選手は、猛省してほしい。約束を破ってファンを裏切った形になり、試合内容も圧倒されるようでは、ファンがつきにくいと思う。試合の方ですが、休養明けの和田には体力が残っていました。変化球がワンバウンドするなど少し荒

カテゴリー一覧
商用