chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
photomo
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/04/16

1件〜100件

arrow_drop_down
  • シグマの24-70mm f2.8 dg dn art を阿蘇で試し撮りしてきた

    昨日は阿蘇へと走った。シグマの24-70mmf2.8dgdnartを試すためで、本当なら前SEL2470Zと比較するべきだろうけれど、もう手元にないので今回は単焦点、SEL55F18Z。7㎏重のビデオ用三脚に確り固定して、絞り優先のf11設定。レンズ明るさの違いがあるので、ISOとシャッタースピードはカメラ任せのオートでJPG出し。撮り位置の外輪山から画像中心部の内牧温泉街まで約4km、左奥の阿蘇市街へは11km、噴煙の見える中岳までは15km。まず1枚目、神レンズと言われるSEL55F18Z55mmISO1251/125そしてシグマ24-70mmf2.8dgdnart51mmISO1251/250Zeissレンズの色を見慣れているせいかシグマは暖色系に感じる中心部を100%表示で、GIMPで横1024ピ...シグマの24-70mmf2.8dgdnartを阿蘇で試し撮りしてきた

  • 再アップの渓流画像もOKだった AdobeStock シャープネスは甘めに

    今開いたAdobeStockのサイト。先日の再アップの下画像、OK?NG?を確認したらOKだった。どうやらこれで今まで調整していたシャープネスでは、NGとなる可能性が高いと判断できた。でもどうしてそうなるのか?以前はNGなんて殆どでなかったのに?多分風景画像を、インスタにアップするようになってからの気がする。元がスマホ用として作られたインスタアプリは、「画質なんてどうでもよい」の考え方?アップした時点で細部潰れていて、はっきり感を出すためにシャープネスを強めにして来た。どうやらストックフォトもその傾向になったようで、用心。皆さんもAdobeStockへのアップは、シャープネス甘めがよろしい様で。再アップの渓流画像もOKだったAdobeStockシャープネスは甘めに

  • Adobeで却下となった画像を修正し再アップしてみた2

    再審査でOKに気を良くして先ほど、別の却下物を再アップしてみた。下取りに出したSEL2470Zレンズで撮った、ISO800f101/20秒画像。それを色を少し抑えて、シャープネスをかなり弱めにして修正。さてこれでOKなら却下は、シャープネスだったと判断できそうだ。あとは数日後の結果待ちで、これでまた却下なら原因探しで迷いそう。Adobeで却下となった画像を修正し再アップしてみた2

  • AdobeでNG物を修正して再アップ 今度はOKになった

    AdobeでNG却下となった画像を修正し再アップしてみた。下の2枚、上が却下NGで下は合格OK物。ブログにアップした時点で潰れ分からないと思うけれど、arw調整時色を薄くしてシャープネスを全く加えなかった。今まで何となく感じていたけれど、AdobeStockはシャープさを嫌うような気がする。こちらとしては「くっきりとシャープに・・」と欲張った物は不合格になるようだ。数多く申請される画像。いちいち目視検査している筈もなく、最初は今どきAIソフトにかけてふるい落とす?当然その基準から外れた物はすべて撥ねられ、AI迷いが人の目で最終判断するのだろう。これからはシャープネス抑えて出してみようと思う。何でも学習。AdobeでNG物を修正して再アップ今度はOKになった

  • デジタルカメラも進化した 当時は131万画素CCD c100からαへ

    新しいレンズを試すつもりが、昨日午後から続く今日も雨。雨の紅葉も良いかも知れないけれど、試しはやはり晴れ日にしたい。と言う事で紅葉写真を見ていたら、昔初めて買ったデジタルカメラを思い出した。何処かに・・と探し出して、オリンパスC100はそこそこ売れたようで。35mmフィルム換算の単焦点は、131万画素CCDを使い単3電池4本で動作。メモリーカードは16MBで発売2001年6月は、21年間でデジタルカメラも進化した。当時撮った紅葉と女の子。撮像素子にはマイクロフォーサーズがあるけれど、この子もマイクロミニだった。(スカート丈)デジタルカメラも進化した当時は131万画素CCDc100からαへ

  • SIGMA 24-70mm F2.8 DG DNをα7RⅣに付けてみた

    昨日午後「入荷しました」の連絡を受けて受け取り店まで出向いた。早速取り付けてみたのが下画像3枚。感想としては重い大きいずっしりと手に来る。持ちレンズ、SEL70300Gの854gと比べても24gしか軽くないけれど、SONYZEISSやGレンズより高級感がある。その実力はこれから見て行くとして、前使用レンズのSEL2470Z。タダ同然ならα5100用にと思っていたら27000円で下取りしてくれて、マ〇プ・・・の様に細かいケチは付けない。「当店基準で査定しています」とさらりと言ってのける、老舗のキタムラさんでの出費は86800円で済んだ。私の標準ズームレンズも新旧交代。SIGMA24-70mmF2.8DGDNをα7RⅣに付けてみた

  • 先に届いたPLフィルター 24-70mm f2.8 dg dn art用82mm

    先に書いたPlフィルター。シグマ24-70mmf2.8dgdnart用に追加注文していたら昨日、レンズより先に届いてしまった。82直径のCPLではなく、マニュアルフォーカス用と記された普通のPLフィルター。(アマゾンで2327円)さすがに前回49mm(909円)よりは、82mmと径が大きいだけに高額。さてレンズは何時になるのか。順調なら今日にはと思うけれど店頭受け取り、時刻によっては取りに行けない。先に届いたPLフィルター24-70mmf2.8dgdnart用82mm

  • 最初のアップから6年 ストックフォト

    標準レンズ付きα5100を最初に手にして、pixtaにアップしはじめてから6年。そのアップ枚数を見たら1167枚で、何とも不真面目なクリエイターぶり。adobeはと言えば825枚で、どちらも動画込みなのだからもっと不真面目。当然売り上げはカメラとレンズ1本分ちょっとで、でも良いのです。高いカメラ買ったから・・の義務、縛られ感でやるつもりはない。私年代の隠居者は、ストックフォトで生計を立てようなんて思っている人は居ない、多分。ある程度の余裕が有るから趣味に移れるのであって、日々の生活に追われているのならカメラに手は出せない、「レンズ沼にはまる・・」なんて事を書ける人は、老後何とか問題もクリアーしている悠々自適者。それにしても国力落ちの、これからの人たちは色々大変そう。「何とかなる」で暮らしている多くの人たち...最初のアップから6年ストックフォト

  • gump手作業で消している不要部分

    知らなかったけれど、フォトショップには要らない部分を簡単に削除(消す)事が出来るらしい。ただAIソフト任せだけに完全ではないとの記事も見て、完璧目指すならやはり手作業かなと。下は1本ポツンが綺麗なモミジを撮ったもので、実は少し手振れボケあり。そして案内板がどうにも邪魔なので、手作業gimpで消してみた。フォトショップAIは単純背景には良いのかも知れないけれど、こんな場合はどうなのだろう?少し面倒だけれどgimp手作業で消している。gump手作業で消している不要部分

  • シグマの24-70mm f2.8 dg dn art を注文した

    タイトル通りで24-70mmを買い換える事にした。今持っているsel2470zは左側の解像度が極端に悪い。下は午後の紅茶の見晴台駅(熊本・南阿蘇鉄道)を撮った画像。中央部分左側24mmは良いとしても70mmは見ての通りの解像でとても使えない。中古で買ったハズレ品は、良い部分だけをトリミングして使っている状態で。そこで別の24-70mmを探してシグマの24-70mmf2.8dgdnartに。SONYのGMⅡがいくら小型高性能と言っても、高額過ぎて買う気になれない。シグマ新品117700円は1か月待ちとの事で、中古の113,800円(Aクラス)に。新興マップカメラは或る事で信用無しで、老舗のキタムラカメラから。さて、6100万画素に合う解像を見せてくれるのか?シグマの24-70mmf2.8dgdnartを注文した

  • タダ物ソフトに助けられる  RawTherapeeとgimp使用中

    昨日手近な山へ紅葉を撮りに行って、でも沢の方が魅力あって下の2枚。ISO800f/101/20秒撮りはさすがに手振れ心配で、一脚使いのカメラ任せjpg出し。(sel1635zはこんな場では暗い)でもちょっと暗くノイズっぽかったので、ARW(RAW)で調整してjpgにしたのが下。AdobeのLightroomやPhotoshopは使わない、使用料払うのが勿体ない。使うのはRawTherapeeとgimpで、ほぼAdobeと同等の機能らしく、それならタダ物で十分。気に入っているのはシャープニングとノイズ低減で、効果が素晴らしい。ISO落として撮ると輝度ノイズが目立つようになって、それを低減すると全体軟らかく潰れる感じになる。でも輝度細部の復元なんて機能がちゃんと付いていて、効果抜群。多分Adobeにも同じ様な...タダ物ソフトに助けられるRawTherapeeとgimp使用中

  • PLフィルターを使ってみた ミラーレスにはCPLは要らないみたい

    先のPLフィルターを使ってみた。全てjpeg出しで、色々いじると変わるので設定はカメラ任せのプログラムオート。SONYILCE-7RM4にSEl55F18Zmarumi49mmフィルター使用フィルター無しの、太陽は南30度ほどの撮り位置背後から。f/111/200秒ISO100PLフィルター付き。f/91/125秒ISO100背後からの光では桂の葉がくすんで発色が抑えられた感じ、でも眩しい感じはない。フィルター無し太陽は右からf/111/200秒ISO100フィルターあり太陽は右からf/81/100秒ISO100この角度ではフィルター効果を感じられる普通のPLフィルターではフォーカスが合わないと言われているようで、携帯鉄塔をオートフォーカスで撮ってみた。撮り位置からの距離、240m結果は問題無しで、私の目...PLフィルターを使ってみたミラーレスにはCPLは要らないみたい

  • CPLではない普通のPLフィルターを買った(SEL55F18Z用) 

    神レンズとも言われている、SEL55F18Z用にPLフィルターを買った。「ミラーレスにCPLは必要ない」の記事を見かける様になって、それならと普通のPLフィルターを。marumiブランドの49mmを探して909円(送料込み)は安い。SONYZEISSレンズ・SEL55F18Zに取り付け左からPLフィルター、CPLフィルター(7623円)、NDフィルター(3709円)。撮り試しするつもりが曇り空では効果不明で後日に。CPLではない普通のPLフィルターを買った(SEL55F18Z用)

  • 紅葉と女の子

    先に続いてこんな2枚も。今モデルリリースなど厳しいので、人物特定できない程度にボカシやら色々と。それにしても赤も交じって、日本の紅葉は綺麗。Adobepixta紅葉と女の子

  • 紅葉の季節 秋の山道と女の子

    紅葉の季節になって、滅多に撮らないこんな2枚。コンデジは写り甘いけれど小型の分、ちょっと撮りには便利なカメラ。普段人物撮りはしない、撮ってもストックフォトには出さない。紅葉の季節秋の山道と女の子

  • 紅葉の季節 秋の山道

    紅葉の季節になって、こんな2枚。コンデジは写り甘いけれど、小型の分こんなちょっと撮りには便利。普段人物撮りはしない、撮ってもストックフォトには出さない。紅葉の季節秋の山道

  • NG連発 ストックフォト

    最近AdobeStockはNG連発で良くない。下のは最近アップしたNGの数枚集。外輪山から見た阿蘇市内と五岳文化遺産として残されている旧国鉄宮原線の橋梁(九州)慣れと言うか、以前より丁寧撮りしなくなって来たせいだろう。ただでさえ売れにくい風景写真。初心に戻らなくては。NG連発ストックフォト

  • 久しぶりのng

    久しぶりにAdobeStockでNGとなった。(pixtaはOK)下の様な画像を5枚アップして全滅で、被写界深度不足(f4)の絞りか無理気味に上げた明るさのせいでノイズが増えた?(場が暗かった)熊本山中の渓流は稲田用水を下流へ引く起点で、雰囲気良かったのにと思って撮ってNG。重くても(7㎏)三脚持ち込んで撮るべきで、やはり手抜きは良くない。久しぶりのng

  • 桜が咲いた

    緑の葉を出していた庭の染井吉野。つぼみを見つけて気にしていたら今日開花しました。ウッドデッキから花見ができるよう、リビング南側に植えた桜。落葉の速い年はこんな事もあります。桜が咲いた

  • 渓流と小滝の風景

    これからの季節、見ごろになる紅葉と渓流の風景。熊本県阿蘇山の伏流水を集めて流れる菊池渓谷。一番水量の少ない時期でもこれだけの流れで、熊本県の上水はすべて阿蘇山からの伏流水で足りるそうで。こんな小さな滝が幾つもあります。SONYILCE7RM4SEL2470Z33mmf/102秒シャッターjpg撮り渓流と小滝の風景

  • 夕焼け

    今頃の季節、よく見る夕景。夕焼け

  • 鴨飛来の季節

    今頃の季節になると家横の小川にやって来る鴨を室内からフェンス越しに撮影。気付かれて飛び去る様子を1枚。それでもまたやって来ます。毎年の事ですから。鴨飛来の季節

  • セイタカアワダチソウ 1本だけ

    セイタカアワダチソウ。最近は見なくなったと思っていたら、横の小川土手に1本。一時は問題視されたのにすっかり忘れられて、こうして見ると綺麗に思える。セイタカアワダチソウ1本だけ

  • 季節外れの若葉

    9月も終わろうとする時期に桜の若葉。葉が落ちて寒くなり、再び暖かい日が続くとこんな事が起こるそうで。   染井吉野も季節感がおかしくなる?   季節外れの若葉

  • 土手の柿

    横の小川の柿は土手の工事で伐採されて。それでも残った根から幹を伸ばし、2mほどまでに大きくなって枝葉をつけて実をつけて。自然のままの無農薬は、虫や鳥に食べられて。生きようとする力強さ。土手の柿

  • 堤防の草刈り風景

    夏の終わりは毎年、近くの川の除草作業。市から委託された土木業者が、自分の管轄する地域の草刈りをします。重機を使っての作業は、それでも何日もかかっての大仕事。 綺麗になった右岸側。  堤防の草刈り風景

  • 下から見る今のラピュタの道

    昨日阿蘇方面へと走って2枚。1枚目は現在のラピュタの道で、上から画像は多いので下の長寿ヶ丘公園から上昇して140m位置からの撮り。ぐるりと回転して、阿蘇市内と五岳風景。台風が去った後で、普段より見通しは良くなっていました。下から見る今のラピュタの道

  • 名も知らぬ草花

    台風の曇天下、風も涼しく家周りの草取りをしたらこんな草花が。名も知らずで、でも綺麗に思えてむしらず残して2枚撮り。すっと立って、か細くも凛とした姿に見えます。何と名付けられた草花なのでしょうね。名も知らぬ草花

  • そろそろ秋の季節

    蝉の季節も終わりかけ、横の小川を見たら自生の小さな朝顔?毎年勝手にこんな花を咲かせます。横の田んぼには水が入れられ、稲も穂を出して。朝晩は涼しくなって、そろそろ夏も終わり。そろそろ秋の季節

  • 蝉の季節

    早めの梅雨が明けて、庭の木を見たらセミの抜け殻が幾つも。ここで出てくるのは毎年クマゼミで、鳴かずの1匹発見。これから本格的な夏になると、耳栓が必要になります。蝉の季節

  • 久しぶりに阿蘇へ

    6月の夏空の下、阿蘇山まで走りました。途中で立ち寄った新朝大橋とすぐそばにある第一白川橋梁熊本地震で壊れて架設中の南阿蘇鉄道第一白川橋梁阿蘇長陽大橋側から見る久しぶりに阿蘇へ

  • カラ梅雨かなの夏 

    「今年はカラ梅雨かな」なんて思いながら、時にはこんな昔画像。(データ量減ピクセル縮小)女の子はこれくらいの年頃までが一番綺麗だと思う。カラ梅雨かなの夏

  • 250m離れた位置から撮った携帯基地局メンテナンスの様子 (300mm撮り)

    目視の距離に建っている携帯電話の基地局から物音がするので見たら、どうやらメンテ中の様子で1枚。撮り位置は250m離れのほぼ実寸大sel70300g使用気温30℃に近く、地上は陽炎で揺らぎ気味。曇り空になりかけで、すっきりとした青空ではないのが残念。250m離れた位置から撮った携帯基地局メンテナンスの様子(300mm撮り)

  • 放ったままのストックフォト

    もうと言うか飽きたと言うか、ここ何ヵ月かアップしていません。それでもぼちぼち売れは、放って置いてもいくらかにはなるのがストックフォトのようです。pixtaもそんなぼちぼちで、こちらが指定した訳でも無いのに勝手にLサイズ限定で売られる物もあって、???です。最低ランクですから1枚で990円で、でも他のスト社よりも高額。流行に左右されないジャンル画像は安定していて、pixtaも安売りはしたくないのでLサイズ指定なのでしょう。こちらも人物撮りのようにすぐに古びるファッションなど、撮り直しに気を使わずに済んで良い。その気になるまでアップは、しばらくの間は現状になりそうです。放ったままのストックフォト

  • ビデオテープ時代の不安定さ

    昔の映像をデジタル化しながら思うのは、ビデオテープの不安定さです。今のメモリーカードに保存するのとは違うテープの出来の不具合で、記録された内容がとても不安定だったのだと感じます。特にテープサイズが小さい8ミリビデオがそうで、大きなベータテープや後のDVカセットと比べても不安定。下は8ミリビデオで、当時ソニーはメタルテープの高性能を謳っていましたが、今見るとメタルタイプが一番不安定に感じます。カセットサイズを小さくするために、狭いテープ幅に無理を詰め込んだ、そんな感じでしょうか。ヘッド汚れの再生画像ちょっとした読み込み回転ヘッドの汚れでこうなる当時家庭用の記録機器としてベータとVHS方式が競い、ベータ方式は完敗しました。それには色んな事情があったのですが安定性で、据え置き型ホームビデオはベータからVHSに替えまし...ビデオテープ時代の不安定さ

  • 歴代のビデオテープ デジタルデータ化へ

    私は静止画より動画が先でした。ビデオカメラを持つたのは40年ほど前で、ベータ方式のテープが取り掛かり。それから下のように変遷して、今はSDカードとなっています。左上から8ミリビデオその下が解像度が上がった高画質Hi8(ハイエイト)右上がミニDVその下がベータカムSPそして長時間記録できるラージカセットのベータカムSPと、上に乗っているのがDVCAM一番上の8ミリビデオの先にホームビデオ形式のベータテープがあるのですが、処分してありません。ベータカムSPテープは業務用仕様で、当然カメラと再生機器はまた別物。詳しい方なら編集機器など含めてどれだけの費用がかかったかは分かる筈で、ライカのカメラが高額と言いますがビデオ機器は桁が違う。個人でそこまでと今になっては思いますが、沼にはまっていたのです。そんな機器で撮り溜めた...歴代のビデオテープデジタルデータ化へ

  • sdカード届く 

    先日のカクカク動画解消のSDカードが届きました。左が旧で、新タイプが右。書き込みスピードが1から3へ、SDからXCになって64GBに容量もアップ。価格は送料込みでアマゾンプライム2050円は、メモリーも安くなりました。sdカード届く

  • adobeでng pixtaでokの動画

    久しぶりのNG動画タイトル通りでadobeではNGでした。少しカクカクした動きで、「これで審査通るかな?」の懸念通りに。でもpixtaでは許容範囲だったようで、審査基準の差かなと。下の動画分がNG(大分県竹田市に在る水路橋)今回の訳はSDカードの書き込み速度不足で、その時によって微妙に違う。全く問題ない時もあればカクカク動きで記録される事もあって、タイプ1を3に変える事にしました。注文して到着待ちです。adobeでngpixtaでokの動画

  • 審査が早くなった ストックフォト

    久しぶりにpixtaとadobeに動画をアップしたら、2日目にはokが来ました。何より驚いたのはpixtaの審査の速さで、以前なら2週間待ちは当然が一変。いったい何が?いつ頃から早くなったのか?何にしても早く結果が出るのは良い事です。(下を動画審査でアップ)大分県竹田市の白水溜池堰堤(白水ダム)。この日はしゅんせつ工事中で、多分数十年に一度の滅多に無い機会が撮れました。審査が早くなったストックフォト

  • 岡城址へ行ってきた

    久しぶりに大分県の方まで走りました。荒城の月(滝廉太郎)で歌われた武田市の岡城とその近辺の石造りの造形物を見に。兵庫県に在る竹田城は天空の城として有名ですが、個人的には大分県の岡城の方が凄いと感じます。多分規模は同じくらいの山城ですが石垣の組み方が綺麗で、大分県や熊本県は石造りにたけた名工が多かったのでしょう。 こんな断崖の上に、どうやって石組みをしたのだろうと思わされて、何より竹田城のような石垣の端の安全策が何もない凄さ。上から見ると高さの目測が出来ない、目がくらむ様な怖さが在るのに縄張りもフェンスも何もないのです。ここは小さな子連れは目が離せない、危ない。 木を伐採せず残してあるのが石垣全体を見渡せる竹田城との違いで、損している感じです。二の丸三の丸の石垣の端に立ってみてください、足がすくみます。 岡城址へ行ってきた

  • 春 川べりの風景

    自転車走りの途中で見た川べりの漁船と鰻釣りをする人。この川は天然鰻が良く釣れる、スマホ撮りこの隣にもう一人の釣り人。春川べりの風景

  • 頼まれて自転車修理

    ちょっとした自転車の修理を頼まれていました。小さい頃から知っている近所の子からで、「いいよ」と引き受けて調べたらブレーキワイヤーの不具合で注文交換。試乗りを見たら絵になると思い「撮らせて」の1枚。 これならとOKで、ちょっとボカシ処理。  頼まれて自転車修理

  • 上空からの桜 廃校と新幹線

    近くに河川公園があって、毎年こんな感じの桜が咲きます。田舎は細かい制限がない分、空からの撮影もできます。見づらいですが、近くの廃校小学校と田んぼの中を走る九州新幹線。春です。上空からの桜廃校と新幹線

  • 満開になった庭植え染井吉野

    我が家の染井吉野もほぼ満開になりました。あいにくの曇り空で映えませんが、こんな感じです。孫の代になっても、この桜は咲き続けるのでしょう。満開になった庭植え染井吉野

  • 染井吉野と分からない木

    ここのところ桜ばかりですが、そんな春なので染井吉野です。まだつぼみも残っていて、しばらくは咲き続けるでしょう。御衣黄は是が葉なのか、これから緑の花が咲くのか?これは何だか分かりません。特別植えたでもなく、ただの色づいた葉(多分)鳥が運んで来た種から勝手に出てきたようです。こんな分からない木やグミの木が、ほったらかしの庭(空き地)には一杯あります。これからの季節奥の空き地には草も生えて来て、年数回の刈り取りが大変です。150坪刈るのに2時間ほどかかります。メジロが去って今上画像の木から、ウグイスの鳴き声が聞こえ始めました。もうしばらくすると多分、カササギやキジバトが来ます。染井吉野と分からない木

  • 我が家の染井吉野咲く 御衣黄は??

    先日のソメイヨシノが開花した。5年ほど前1mほどだったのが今は2m超で、咲き始めたのは3年前から。まだ鉢植えの御衣黄は見ての通りで、今年咲くのかは分からない。緑色の花が咲くというので買ってみたが、さてどんな緑なのか。我が家の染井吉野咲く御衣黄は??

  • 桜の季節

    今は花の季節で庭の桜啓翁桜染井吉野はまだつぼみもう少しで全開花桜の季節

  • ハートの葉の木

    今日の日中気丘は16℃と表示されていて、芽吹きはと見たらまだ少し早くて。桂の木植えてから16年。今4mを超す大きさで、30mほどまでになるとか。ハートの葉が付いて、庭一面落葉の秋には良い香りを漂わせる木。でも狭い庭先に植える木ではなくて、大きくなった先は大変そう。ハートの葉の木

  • 庭の草花と朝露

    朝庭に出たら、まだ露が残る中に小さな花。何か学名はあるのでしょうけれど知らないので、無名。全体1cmほどの大きさsel55f18zで撮ったのですが、こんな色より冷たい金属物の表現の方がZEISSは得意のように感じます。庭の草花と朝露

  • もっと開いて枇杷の花

    先日のビワが全ての枝に花開かせて、蜜蜂も飛び回って春近しです。(6100万画素撮りでもアップした時点で潰れていると思いますが)それにしてもアナログからデジタルになって、カメラメーカーの勢力図も変わり始めました。新興SONYが力を付けて、CanonやNikonが劣勢に立たされているように思える。「今までの使い慣れたメーカーが良い」は良しとしても、過去の名声に酔う信者がまだまだ居てライカやハッセルを崇拝する。ただ数が出ない、製造単価高いから価格設定も高いだけの、もう実力の衰えたメーカーを。本当に良いなら、プロの世界はそんなブランドばかりでしょうに。それって多分に「こんなカメラ買える(持てる)んだぞ」の見栄?と自己満足?見せびらかしたい心理?もっと開いて枇杷の花

  • 土手の菜の花

    散歩の途中で見つけた土手の菜の花。いつも思うに山並みの木々もそうで、色の近いこんな風景ははっきりと写らない。何か靄っとした感じで接写ではっきりは当然の事、でもこれくらいでも写って欲しい。ポケットに入れたα5100とパンケーキレンズ撮りで、いくらSONYが小型だとは言ってもα7RⅣとレンズ組みはポケットには入らない。そこでGIMPで輪郭補正かけてみたけれど、アップ後にかなり潰れるようで見た目ほとんど変わりませんね。土手の菜の花

  • すぐそこまでの春を感じる

    何も考えずに、ただ800万画素のスマートフォンカメラで撮った梅の花。6100万画素なんて使わなくても、そこそこ綺麗に写ります。  風は冷たいものの、すぐそこまでの春。   すぐそこまでの春を感じる

  • ビワの花と虫

    庭の枇杷花が一段と開きました。今年は少し遅い気もして、でもちゃんと開いて虫も呼んでいます。メジロも来ているのですが用心深く、虫のように簡単には撮らせてくれません。もう少し暖かくなったら横の啓翁桜と、ソメイヨシノが花びらを見せてくれます。ビワの花と虫

  • 確り解像 冷たい感じのレンズ

    田んぼに水を引く送水管です。これはバルブの一種だと思われて2枚。元画像は9504x6336ピクセル縦横800ピクセルの実寸大縦横800ピクセルの実寸大α7R4+SEL55F18Z撮り確り解像して冷たい感じが好きなレンズです。確り解像冷たい感じのレンズ

  • 菜の花が咲いた

    まだまだ風は冷たいのですが、我が家の空き地に菜の花が咲きました。今年最初の春告げ花です。菜の花が咲いた

  • 球磨川沿いの車風景

    新年2回目は球磨川沿いの車風景。ちょっと写り込んでいる肥薩線はまだ不通です。球磨川沿いの車風景

  • 昨年最後のストックフォト

    ストックフォト昨年末28日に売れた1枚さて今年は・・。昨年最後のストックフォト

  • 琵琶の花が咲く季節 蝶と蜜蜂も

    最近の暖かさのせいか枇杷の花が咲いて、蝶や蜜蜂が寄っています。ところでPC版のインスタグラムを開設してみました。まだ数日ですが、感じとしては何となく煩わしそうです。いいね!はまだマシにしても、フォーローしたりされたりに気を使いそう。されたらお返しにこちらもしなくてはいけない?なんて・・。それに、元がスマートフォン向けに開発されたアプリの様で、遊び要素が強い。写真の世界に居る人にはその表示大きさや質など不満で、すぐ辞めてしまいそうです。琵琶の花が咲く季節蝶と蜜蜂も

  • 道路拡張にかかる土地と家 どれくらいの評価になるのか

    写真とは関係ない話です。ずっと以前から実家前の県道拡張工事話が持ち上がっていて、その地100坪の7割ほどが拡張部分に当たり測量も終わっていました。父から譲り受けた地は上物(家)の評価審査も先週終わって、建物の規模は勿論、上下水配管や浄化槽の規模まで細かく調べて、庭木の種類(木名)が何本あるかまでも。20代後半まで住んでいた私もその数44本を知らずで、来年2月ほどに審査結果が出るそうです。さてど田舎とも言える土地と、倉庫として使っていた古い家46坪はどれ程の価値評価になるのでしょう。残り地30坪ほその対象外で昔は全土地買い上げだったとかで、今それをやると周りから不平不満が出るそうです。焼け太りではないですがそれも分かる気がします。道路拡張の後はその近辺に真新しい家が立ち並びますからね。私も今の住家横に真新しい倉庫...道路拡張にかかる土地と家どれくらいの評価になるのか

  • raw撮りなんてしない ストックフォトもjpg撮り

    やはりpixtaの審査は早くなって、土日を挟まなければほぼ1週間で出る様になりました。2日ほど動画結果が早くて、以前のように2週間以上なんて無くなって。アップしたら結果を早く知りたいもので、NGなら次の撮り方処理の仕方も変えなくてはいけませんし。昔と違い今はデジタル処理で、撮った画像もかなり雰囲気変えられる。巷を見ると「こんなではないだろう」が好評価されたりもするしで、何が本当かはもう分かりません。そんな事でとりあえずオートで撮って後処理をする、今のカメラはそんな事が出来る便利な記録道具。それらしい人達がやたらと奨めるraw撮りなんてしない、jpgで良いと思っている。ストックフォトは全てjpg撮り。ひょっとして未熟な手で処理したraw後のjpg画像よりも、カメラ任せのjpgの方が良いかも知れないのに。raw撮りなんてしないストックフォトもjpg撮り

  • SEL2470Z 使えない部分は捨てればよい α7RⅣとの組み合わせ

    主にカメラに付けっぱなしのレンズは皆さんにもあると思えて、私の場合はSEL2470Zです。ネット上では何かと評判悪いレンズは割安で売られているようで(中古の場合)、私物も広角とズーム側で左が流れます。たた小さく軽いのと、ツアイスらしい眩しくない画像が好きで、流れる部分は切り取ればよいとして使います。α7RⅣとの組み合わせでは9504x6336で記録されて、約6022万画素で下のような写りに。そして流れる部分を切り取って、下画像の様にアップします。この例では7332×5172ピクセルになっていて、それでも3792万画素で、審査に出す分としては十分でしょう。(特に左を1620ピクセル分切り取り)こんな時、多ピクセル機種の良さを実感します。私のSEL2470Zは35~50mmくらいの範囲が良く解像します。SEL2470Z使えない部分は捨てればよいα7RⅣとの組み合わせ

  • せいぜい800KBとまり 表示容量

    gooブログはアップロードしようとすると、画像ファイルの最大サイズは15.7MBですと表示されます。当然ながらα7RⅣのjpg、50MBに近い容量は拒否されますから別ソフトでデータ縮小する必要があります。そこで14MBに減らしたデータをアップしたら、gooで152KBにまた減らされて表示されたのが下。横800ピクセル逆に65KBまで極端に落とした容量をアップしたら103KBへと変換されていました増えたのはどうして?そして見えるのは、空の微妙な色の差がもう表現されていない。上の152KBさえ変で、下に至ってはグラデーションが破綻している。色々試したらgooブログは、ピクセルの小・大の差はあるとても50~800KBくらいの範囲で縮小されるようです。つまりどんなにオリジナルをアップロード制限ギリギリの15.7MBiに...せいぜい800KBとまり表示容量

  • 以前より輝度色度を上げめに調整

    Adobeに先週金曜日アップしていた動画が全てOKとなり、残りは翌日アップした動画2本と静止画4枚の結果待ちです。やはりAdobeの審査は早くて、土日を挟まなければ翌日には結果が出ます。以前審査提出して4時間後に結果が出たこともあって、そのタイミングも関係するのでしょう。ところでストックフォトを始めて初期の頃は、輝度色度を上げるのが嫌でした。どちらかと言えば地味系が好きで、でもそれでは買い手側にアピールできない。数あるアップ動画などの中からどれにするかを選ぶとなれば、どうしても派手な方に目が行きそうでしょう。そんな訳でアップ作品は、輝度色度を審査に通ると思われる範囲で上げめにしています。買う側(選択者)も見た目で選んで、諸調整してまで使うとは限りませんから。以前より輝度色度を上げめに調整

  • A判定の検診と前立腺PSA1.010ng

    先日阿蘇に走った分の静止画像と動画。7本の動画と静止画4枚をAとP社にアップしました。両社とも土日は休みのようでA社は数日後、P社も2週間経たずに結果が出るでしょう。「今年の秋は暖かくて・・」なんて書こうとしたら、来週から平年並みに気温も下がるようです。そうなると外に出なくなり、シャツターを押す機会も少なくなります。寒風の中カメラ持ち歩く程好きでもないので、もっぱら身軽に自転車で走り回るくらい。是が実にメタボには効果的で毎週2~4回、私の場合は1時間半ほど走れば体脂肪率は下がります。(現在14%前後)健康診断はA判定で肺・腸のがん検診も異常無し。男性特有の前立腺PSAも今回は1.010ngでした。皆さん、健康への気配りしていますか。A判定の検診と前立腺PSA1.010ng

  • ぽつんと1本 オートポリス近くの紅葉

    先日の阿蘇へ行った時、オートポリスの近くの山中で見つけた1枚。オートポリスは大分県日田市上津江町に在るレース場で、最近はトヨタの水素自動車のTVCM(カローラ?)で見かけます。上が元画像で下が修正綺麗だと思い撮ったらやはり逆光気味。修正物が見た感じに近くて、少し色を乗せて下の紅葉部分だけを別選択し、明かるく色づけしました。ぽつんと1本オートポリス近くの紅葉

  • 動画編集ソフトは EDIUS Pro Adobe premiereは使わない

    昨日から阿蘇で撮ってきた動画の編集に取りかかりました。私の編集ソフトは一般にはあまり使われていないEDIUSPro。何故使われないかと言えば、機能は多いけれど取り扱いが難しいアマチュア向きではない。知られているAdobepremiereProは扱い方など、YouYubeやグーグルで検索すればどれだけでも出てくる。EDIUSはその逆で、分かり易い取り扱い方なんて出て来ない。それでもなぜEDIUSかと言えば、まだカノープス(社名)時代の編集ソフト(DVRex)から使っている、今は外資系でもちゃんとした日本発だから。何より動作が軽くて速いのが特徴で、数十万円もする高価な編集パソコンを使う必要が無い。私の8年ほど前に入手したntel(R)Core(TM)i5-6500プロセッサパソコンでも4k編集ができます。ビットレー...動画編集ソフトはEDIUSProAdobepremiereは使わない

  • 黄金色の阿蘇高原 Mavic Air 2は穏やかになった気がするオート撮り

    前回阿蘇分の審査が全て終わったので、再び阿蘇高原へ出かけました。今頃の阿蘇は秋一番の綺麗な時期。下は盆地内から北を見た外輪山で、南に傾いた阿蘇五岳方面からの陽が当たるとこんな景色です。(午前11時頃撮影・動画から切り出し)紅葉は終わりかけですが、牧草の黄金色が見事でした。ドローンから下はかなりの高低差で(800mほど?)で飛ばすには勇気で、こんな所で落ちたら後が大変。phantom3の時は突然コントロールを失い牧草地に落ちて本体も割れ、カメラジンバル部が外れ散らばっていました。ローター(回転翼)が回転している分、自然落下より早く急激に落ちます。MavicAir2になってからは安定して、センサーも増えてぶつかる事も無くなり、警告音も有難い。phantom3の時は木に引っ掛けるのが怖くて、こんな渓流の奥までモニター...黄金色の阿蘇高原MavicAir2は穏やかになった気がするオート撮り

  • 1200万画素で良し 買い替える必要無し

    先日からのストックフォト審査は静止画22枚と動画8本。その後4本の動画も追加して、NGは動画2本と静止画4枚でした。(Adobe)pixtaは全てOkで、やはり審査基準が会社によって違います。ところで昨日書いたDIPSに申請したドローンはMavicAir2で、phantom3はカメラジンバル部が不調になって現役引退です。動画の写りも良く気に入っていたのですが、肝心のカメラが動作しないでは仕方ありません。MavicAir2は基本、1200万画素で動画撮りします。個人的には4800万画素は暗部のノイズが多くて使いたくない、使い物にならない。MavicAirを使ってある方が、数字の大きさに惑わされて買い換える必要はないでしょう。1200万画素で良しです。1200万画素で良し買い替える必要無し

  • ドローン情報基盤システムからOKが来た

    今月9日で切れていたドローン飛行の包括申請(1年間有効)を延長するために、新たに電子申請していた分の連絡がドローン情報基盤システム(Drone/UASInformationPlatformSystem)から来ました。申請6回目ともなれば不備はなく、新たに今月20日から来年11月19日まで有効となります。包括の年間申請は趣味としては受け付けられないようで、業務として申請しないといけません。ただブログに載せるだけだとしても業務として扱われるようで、勿論誰かに頼まれて撮るのも業務扱い。趣味としては飛ばすたびに申請の必要があって、それなら包括(1年間)申請となるでしょう。先では免許制に移行するようで、さて来年はどうなる事やら。免許貰うためにどこかのドローン教室で試験を受けるなんて面倒そう。早くから申請していた者には実績...ドローン情報基盤システムからOKが来た

  • 何とも機械式 古い車の開放レバーとロックキー

    寒くなって久しぶりにエンジンをかけたら、バッテリー弱り気味の車。普段乗りしない車にはこんな物が付いていて、珍しいかなと1枚。運転席右前にあるエンジンルームと給油口を開けるレバーで、ちょっと欠けている一番下はそのロックキー部分。後ろ開きの絵はエンジンが後で、正確には運転席と後輪の間のミッドシップと言われる形式。こんな機会式レバーやロックキー、今の車には無いかも知れなくて古いから。そんな訳で、年間1500kmも走らない車はただ今充電中。何とも機械式古い車の開放レバーとロックキー

  • SL人吉は良くて九州新幹線は駄目 Adobeストックフォト

    先ほど12時35分頃、SL人吉が座っている位置から見えました。汽笛が聞こえて外を見たら、ちょうど通過中。ところで、SL人吉はOKでも九州新幹線は駄目です。これはNGこれはOK知的財産権の侵害だそうで、何度か手を換え挑戦したのですが駄目。多分映像そのものより、タイトルやタグ内に九州新幹線の文字が入っている事自体が駄目のようです。PixtaはOKになるので、各社の審査基準の違いですね。SL人吉は良くて九州新幹線は駄目Adobeストックフォト

  • 副業は無理としてもレンズ代くらいにはなるかも ストックフォト

    先日から書いている、Adobeで却下かも?の下2枚はOKになりました。そして今回もPixtak審査が早かった。1週間で結果が出て22枚すべてが難なくOKで、やはりPixtaの方が審査緩めです。風景が主で、プロパティやモデルリリースか要らない所ばかりを撮っているつもりでも、Adobeでは??と合否を迷う場もあるのでしょう。前に「もうストックフォトは・・、副業は無理・・」みたいな事書いて、趣味程度ならやっても良いとも書きました。せっかく一眼カメラなんて持っていたらストックフォト、始めてみるのも良いのかも・・。以前のようなコントリビューター(投稿者)になるための最初の写真審査もないようですし、いちど登録してしまえば後の写真アップはそれほど面倒でもありません。(要は慣れの問題)1枚数十円から数百円程度ですが続けていれば...副業は無理としてもレンズ代くらいにはなるかもストックフォト

  • 久しぶりにPixta動画 1年半ぶり

    最近はストックフォトの話題が多くなって、ランキング・日常写真のカテゴリにはどうかなですが・・。先ほどPixtatから下の動画が売れたとメールが来ていました。(前回から1年半ぶり)動画は全て単品販売設定なので36.00クレジット。定額制で安売りする気は無くて、必要と思うなら高額でも買ってくれます。昨年7月の熊本豪雨で流出した球磨川第一橋梁を渡るSL人吉私の場合Pixtaではあまり売れなくて、どちらかと言えはAdobe優先になっています。そして時々メールが来て「売れたんだ・・」となります。それにしても昨日のAdobe2枚、まだ結果が出ません。もっと上の方で審査中?久しぶりにPixta動画1年半ぶり

  • 残り18枚中 OKは16枚 2枚は???中 

    22枚アップして4枚がNGとなり、先ほど確認したら残り18枚の内16枚がOKとなっていました。さて残り2枚は下で多分文字が入っているから?・・でNGになりそう。この文字を消し忘れたこの文字も問題?Adobeはこんな部分、とても問題にするのです。残り18枚中OKは16枚2枚は???中

  • またNGの技術的問題 Adobeストック

    最近NG連発のAdobeストックで、今回は下。見ての通り壊れた線路で、でもどこの技術的問題?確かにフォーカス甘い部分もあって、それはどこを見せたいかの意図でのF4。でも風景商品としては全てF8~10位で、無難に全般ハッキリ写らなければ駄目なのでしょう、被写界深度深くして。今回22枚アップの内、4枚がNGとなりました。またNGの技術的問題Adobeストック

  • Adobeにアップ動画8枚全てOK 標準プレーヤーはGOMに

    先週金曜日Adobeにアップした動画8枚、先ほど確認したら全てOKとなっていました。土日が挟まってどうかなと思いましたが、意外と早い結果でした。同日アップしたpixtaは遅くて、でも最近は早いので1週間待ちと言うところでしょうか。ところで、上の各サンプル画像の右下のマークはGOMプレーヤーです。ウインドウズのプレーヤーでは再生できない拡張子でも、GOMでは再生できるのでこちらを標準に。.mp4ですら再生できない事もあるWindowsプレーヤーは使い辛いのです。Adobeにアップ動画8枚全てOK標準プレーヤーはGOMに

  • 先日の動画をアップロード

    豪雨水害の地、球磨川まで走って撮った動画や画像。数多くて処理進まずで、今日は動画分のみ編集修正してストックフォトにアップしました。ストックフォトはある程度の修正をしないと審査に通らない。明暗彩度、勿論画像に余計なものが写り込んでいたら削除修正。今はデジタルで簡単で、そこに無い物(者)をあるように見せる事もその逆も簡単にできますし、元から記録された撮影日時だって変えられる。フリー素材も一杯有って、修正してもOK物もある。そんな画像を使えは法的にも問題なくて、私のスマホ待ち受け画像も合成もの。ただそれを本物だと勘違いする人も居て誤解のもとにもなります。スマホを使いこなす自信が無くてガラケーを使い続けるなど、化石頭で時代に付いて行けない人も居るのです。先日の動画をアップロード

  • カレーもOK 社内事情が変化? pixtaの審査

    先日のAdobeでNGのカレー分2枚。PIXTAではOKとなり、一緒にアップしたビデオ5枚画像15枚も全てOKになりました。何より驚くのは審査結果が出るのが早かった。今までは2週間以上待たされていたのに、今回は1週間かからず。何か社内事情が変わった?カレーもOK社内事情が変化?pixtaの審査

  • 球磨川第一・第二橋梁 水害から1年4か月後の姿

    豪雨災害から1年4か月後の球磨川近辺。昨日200枚ほど撮って来て、その中の球磨川第二橋梁の様子です。もう流出して水没していた橋梁部分は撤去されて、遺構として保存されるそうです。流出する前の橋梁とやませみかわせみこれが造られたのは1908年昨日現在の様子第一橋梁跡見て回った感じとしてはJR九州はもう、会社単独での復旧はやらないのではと・・。線路も浮いて、こんな所ばかりでした。とても残念ですが、公的な補助が無ければこのまま廃線でしょう。球磨川第一・第二橋梁水害から1年4か月後の姿

  • 今日は球磨川近辺へ 昨年7月の豪雨災害後を記録予定

    今日は昨年7月の豪雨で大きな被害の出た、球磨川近辺へと出かけます。肥薩線の球磨川第一・第二橋梁あたりも撮ろうと思っていますが、道路状況がどうなのか、そばまで行けるかどうかは分かりません。早く帰ったら画像アップします。今日は球磨川近辺へ昨年7月の豪雨災害後を記録予定

  • 結局2枚だけNG Adobeの審査結果

    先日から書いているAdobeでのNG。結局2枚だけで、後は全てOKとなりました。上画像のカレー分2枚が却下で、他は全て採用です。動画は下で、全てOK。AdobeもですがPIXTAも動画に関しては審査甘い?感じで、審査結果が出るのも早い。PIXTAでは、左端1枚が審査中で他4枚はOKとなっています。結局2枚だけNGAdobeの審査結果

  • 庭で落ち葉焚き ありふれた風景

    秋は落葉の季節で、集めて落ち葉焚きです。田舎住宅は一般に土地は広くて、私も400坪の土地持ちで庭も有る。自宅で燃やすのは日常の風景で、隣家とはかなり離れているので迷惑にもならない。近隣どの家も、落ち葉や刈り草を燃やすのはありふれた風景。(消防法でも違反ではないらしい)庭で落ち葉焚きありふれた風景

  • 再びNG やはりこんな画像は駄目らしい

    先日Adobeにアップした2枚のカレー画像はどちらもNGになりました。やはりこんなものは、商品ではなくスナップ画像の部類としてNGなのでしょう。何と言うか、個人としては遊び心が無いと感じる。傷付いたテーブルも椅子も屋外の雰囲気も、全体として商品になると考える私との感覚のズレですね。さてPIXTAではこれをどう判断するのか?2週間ほど後の結果待ちです。再びNGやはりこんな画像は駄目らしい

  • もうストックフォトで利なんて考えられない 特に風景ジャンルでは

    今はそうでもないですが一時期、ストックフォトで副業なんてありました。まだ各社乱立ではなく、そこそこ利益も出ていたであろう時代の話です。そして現在は各社。生き残りをかけての値引き競争薄利多売で、当然私たち撮り手側のs取り分も減らされています。もし今からストックフォトを始めようなんて思っている人が居たら、「止めた方が良いですよ」と言います。ネット上では未だにストックフォトを良く書く記事もありますが、もう現実とはかなり違うと思った方が良いでしょう。これから始めようとするのなら、利益を考えず趣味のついでつもりで。もう投入(購入)した機材の元なんて取れません。自身は趣味の一環として、発表の場としてのストックフォト。最も売れないと言われる風景で、自分の写真が使われているのを見つけるのは楽しい。ストックフォトなんて、それ位の...もうストックフォトで利なんて考えられない特に風景ジャンルでは

  • 動画 MP4で書き出すかMOVにするか

    ストックフォトをやっている皆さんは、動画をどんなファイル形式で書き出してあるのでしょう?私はMP4で撮る時からそう。理由はOSWindows10と編集ソフトEDIUSでは、最終書き出しの速さが圧倒的にMP4の方が早いからで、MOVは実に遅い。MOVの遅さはマック用として開発されたファイル形式なので、互換性の違いかも知れません。もう一つの理由は今MP4が主なファイル形式で、どのプレーヤーでも再生できること。殆どのストックフォト社がMP4もMOVも受け入れるので、それなら処理時間の速いMP4となります。幾つもの動画を書き出す時、数十秒数分待ちの差は大きい。先日の阿蘇動画、審査提出が終わりました。動画MP4で書き出すかMOVにするか

  • 買う側となれば・・スマホ撮りよりは高画素機撮り

    下は3カメのiPhoneで撮った屋根部分です。娘夫婦が建てている家の分ですが、撮って送った来たのが1108×1478ピクセル。これが撮影時の元データかどうかは分かりませんが綺麗で、ブログで見るには支障ありません。ところがこれも拡大するとやはりで、高解像度を謳う機種とは違う。手軽に撮れるスマホが、細部までこだわっての高画素機で撮るか。でも写真を買うなら同じ金額を出すとしたらスマホ撮りより、部分切り出ししても余裕のある6100万画素撮りに目が行きそうです。それにしても住友林業の家。林業と会社名に入っているのに、どうして使う木は集成材?資源を大切にして木材を無駄にしないため?それともコストカットが本当のところ?買う側となれば・・スマホ撮りよりは高画素機撮り

  • 久しぶりにAdobe Stock審査NGになる その前が何時だったか忘れるくらいに

    もういつだったか忘れるくらい久しぶりに、AdobeStockで下画像が審査NGとなりました。4664×2928ピクセルでアップしたこれ。よくある「いくつかの技術的な問題が見つかったため・・」なのですが、Adobeは具体的にどこと指摘しないために分からない。上部にシェフの顔の一部が写り込んでいるせいなのか?ボカし入れたので、これくらい良いかなの判断が甘かった?それともテーブルなどの汚れや傷がリアルすぎて、売る商品としてはふさわしくない?何にしてもNGなのだそうです。久しぶりにAdobeStock審査NGになるその前が何時だったか忘れるくらいに

  • バッテリーが持たなくなった 人も同じで歳を取るとガタが来る

    車のCMなどにも良く使われる阿蘇ですが、季節の良い今の時期はバイクや自転車で走る人の姿を多く見ます。気の合う仲間と数台連なってのツーリングは楽しいものでしょう。バイクだけではなく自転車も良く見かけて、先日の自転車ガールさんも多分、先に走り抜けた人たちの連れだったのでしょう。上はカレーを食べた所で話した、ライダーさんのバイク。見ないタイプだと思い聞いたら、カスタム化するために本体と同程度の費用をかけたとかで、どこの世界にも好きな人は居ます。ところで小形ビデオのバッテリー減りが早くなりました。先日も点けっぱなしてしていたら、ガールさんが走り抜けたあたりで切れていて。人もそうで、年を取るとガタが来る物忘れする。昨日は家を出る時携帯電話を忘れて取りに帰りました。どうやら妻の方が酷い様で、勝手口の照明は何度も点けっぱなし...バッテリーが持たなくなった人も同じで歳を取るとガタが来る

  • 秋の阿蘇高原 牧草刈り取りの時期

    昨日は阿蘇へと走りました。ちょっと風はあったものの高原は割と暖かく、写真も取りやすい状態で。今頃の阿蘇高原は下の様に牧草刈りの時期でもあります。ドローン撮り元は8000×6000ピクセル4800万画素で下は実寸大切り抜きこんなトラクターが何台も走り回り、牧草を刈り取っていました。牧草のロール小形ビデオを据えていたら、こんなタンクローリー?車。そして通りかかった自転車ガール?昼食はここ、阿蘇高原カレーで。税込み1100円の日向夏(カレー名)。バイクや自転車で走る人たちもいて風もさわやかで、阿蘇高原は今が一番良い季節です。秋の阿蘇高原牧草刈り取りの時期

  • 庭のキジバト また大きくなった

    先日のキジバトのヒナ。ちょっとの間にまた大きくなっていました。邪魔になるのか、巣にしていた小枝を蹴落とした様にも見えて。 逆光で明暗補正(α7R4+SEL2470Z撮り) さて、巣立ちは何時になるのでしょう。庭のキジバトまた大きくなった

  • 庭木のキジバト ヒナの顔が見えた

    庭木のキジバトの巣に、ヒナの顔が見え始めました。二羽が居るようで、親鳥から餌を待っています。「こんな細い枝部分に未完成にも見える巣を・・」と思っていたのですが、確りと温めヒナが育っています。時々来るカササギは追い払われて親は強しで、後は巣立ち待ちです。庭木のキジバトヒナの顔が見えた

  • 貨物列車と実った稲

    踏切近くを自転車で走っていたら、カンカンカンの警報音。見れば貨物列車でスマホ撮り1枚。ここを土・日曜日の12時半頃、SL人吉が走ります。それにしても稲刈りの時期で、左の田んぼも今日明日くらいには刈られるでしょう。貨物列車と実った稲

  • 川沿いにコスモス

    川のそばでコスモスを見つけました。多分近所の人が植えたものと思われて、黄色など混じって彩綺麗なので撮らせてもらって。こんな花見ると秋を感じます。川沿いにコスモス

  • 住宅地に在る炭鉱遺跡 排気抗跡の風景 昔は線路が敷かれていた

    市内中学校のそばにこんな物があります、そして立札が。よく見ると排気抗と書いてあるようにも見えるのですが、60年ほど前までは塞いである所から左に線路が伸びていました。左の民家の所に線路が敷かれていて、それが100mほど伸びていてトロッコが走って。出水で塞がれたと聞きましたが、本当の事は分かりません。とりあえずのフェンスはしてありますが、「どうぞ入ってください」状態で、すぐそばまで行けます。今でも住宅など無い頃の情景がはっきりと頭に残っていて、旧三池炭鉱の跡です。住宅地に在る炭鉱遺跡排気抗跡の風景昔は線路が敷かれていた

  • 目が覚めると見える風景

    朝、ブラインドを開けると見える、今日の7時はこんな風景。自室に2畳があって目覚めるとこんな風景、寝転がってスマホ撮り。目が覚めると見える風景

  • まだまだ夏の様 30℃超え

    朝晩の寒暖差はあるものの10月とは思えない暑さで、今日も30℃超えの予報でになっています。日中の空はまだ夏色で、でも朝夕は少し秋色にはなって来ました。下は有明海に出る川の様子で、海苔の時期を前に漁船か出入りしています。こんな堤防も近年の災害多発でかさ上げされています。こんな所にはゴジラが似合いそう。これは合成ではありません。人物部分だけボカシ入りたまにはこんな画像もまだまだ夏の様30℃超え

  • AdobeとPixtaの住み分け

    昨日ストックフォトの話題だったので、今日も少し。pixtaは販売サイズを自分で選べて、私はSサイズは無し、定額制無しの設定にしています。ストックフォトのきっかけがコンデジからレンズ交換カメラに替えたついでなので、叩き売りをする気は無いのです。それはpixtaも同じようで、なぜか数出る画像はLサイズ限定になっています、こちらが設定した訳でも無いのにMサイズが無い。最近売れたのはLにExサイズが加わっての14.40クレジット分。(クリエイターランクは最低)定額制設定無しで数は出ませんが、時々こんな事があります。数はAdobeに任せて、Pixtaは少し高額路線の住み分けと言うところでしょうか。AdobeとPixtaの住み分け

  • SL人吉 ストックフォトで売れたのはこちら

    昨年、鬼滅の刃の無限列車として走ったSL人吉。それよりずっと前、まだ肥薩線が不通になる前に白石駅で撮ったSL人吉が売れました。「これはどうかな?」でとりあえずアップして、Adobeで売れた1枚。こちらが無難なようにも見えますが、購入者には上が良かったのでしょう。画像が横長なのは4Kビデオから切り出したものだから。今SL人吉はJR九州鹿児島本線の、熊本・鳥栖間を走っています。令和2年7月の豪雨で鉄橋などが流された肥薩線が不通になっているからで、11月までは土日祭日に走ります。このブログを書いているリビングからも見る事が出来ます。下はもう、流出してなくなった球磨川第一橋梁同じく流出した球磨川第二橋梁ドローンからその後どうなっているのか、行ってみようと思っています。SL人吉ストックフォトで売れたのはこちら

  • 飛ばない鷺(サギ) 羽根が折れているように見える

    2週間ほど前から羽根が変な鷺を見ます。横の小川に居たり、ちょっと離れた田んぼに居たりと。人が近付いたら逃げるのですが、飛びはしない。よく見ると右の羽根が変で、多分折れている?こんな状態では餌も取れないと思われて、何れ弱ってカラスや野良猫の餌食になりそうです。タヌキが狙うかどうかは知りませんが、最近狐も見ますから。飛ばない鷺(サギ)羽根が折れているように見える

  • 網戸越しのカワセミ

    朝、横の小川を窓越しにのぞいたら一羽のカワセミ。急いでシャッター押して、でも網戸越しではボケ写りで。この中に居る。部分拡大やはりボーっとした感じで写っているそれでも時々5mほどの距離で、窓から見られるのは良しでしょう。網戸越しのカワセミ

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、photomoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
photomoさん
ブログタイトル
日常写真+ストックフォト
フォロー
日常写真+ストックフォト

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用