searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

kanaphotoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
そんなに構えずこだわらずの写真ブログ(仮タイトル)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kanaphoto
ブログ紹介文
建(立)つ物が好きで撮っています
更新頻度(1年)

39回 / 45日(平均6.1回/週)

ブログ村参加:2020/04/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kanaphotoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kanaphotoさん
ブログタイトル
そんなに構えずこだわらずの写真ブログ(仮タイトル)
更新頻度
39回 / 45日(平均6.1回/週)
読者になる
そんなに構えずこだわらずの写真ブログ(仮タイトル)

kanaphotoさんの新着記事

1件〜30件

  • イースター島の正式許可を受けて建てられた 日本のモアイ像

    見ての通りのモアイ像です。在るのは宮崎県(サンメッセ日南)のテーマパークで、イースター島ではありません。とは言ってもイースター島からの正式許可を受けて建てられた像で、どこかの国の様に無断パクリ物ではありません。日本のクレーンメーカーが、自費を投じてイースター島のモアイを再建した事へのお礼として、ここに建てることを許可したそうです。もうずいぶんと前テレビで、イースター島現地での再建の様子が流されていました。日本の企業にもまだ、余力が有った時代の事です。ここへは是非、天気の良い日に行ってください。画像の様に、目の前に太平洋が開けています。イースター島の正式許可を受けて建てられた日本のモアイ像

  • 廃校舎

    学校の統合で使われなくなった小学校です。雑草が生えっぱなしです。木製テーブルや椅子が朽ちています。防火用水として使われているプールで、黒カビが生えています。掃除されているふうでもなく、こうなるとみじめ、哀れな感じさえします。廃校舎

  • 鍋ケ滝とラピュタの道 (熊本県阿蘇郡)

    熊本県阿蘇郡小国町にある鍋ケ滝です。或るペットボトルのお茶CMに使われて話題になりました。ありそうなスローシャッターで、この時は後ろに人が居て下がれず位置での撮り。裏見の滝としても知られています。その裏で奥までえぐれているのですが、力量不足で遠近感出ず。本当は上ではなく、撮りたかったのは下。天空の道、ラピュタの道が地震の後どうなっているかでした。(2016年4月の熊本地震)こんな感じで、完全通行止めでした。以上全て、2016年8月24日撮影。鍋ケ滝とラピュタの道(熊本県阿蘇郡)

  • 使われなくなった木製遊具

    20年以上前に造られた公園の木製遊具です。当時は休日など子供連れの姿も多かったのですが、もう殆ど遊ぶ姿を見ません。特に今はコロナの影響もあるのでしょう。朽ちかけている部分もあって、こんな遊具は飽きられるとそれまでの感じです。使われなくなった木製遊具

  • 意外と大きいビーナス

    ストライキばかりやっている感の有る国のビーナスです。意外にも間近で撮る事が出来ます。この日はストライキ明けの初日で観光客が多かった。2013年3月に撮影後ろからの写真は少ないので1枚。思っていたより大きい。モナリザ周りもこうで、警備員が前に1人居るだけ。スマホ以外にも皆、色んなカメラで撮っていましたが何も言われない。驚くほどに緩いです。他にも色々あってここ、1度くらいは行って見る価値ありでしょう。意外と大きいビーナス

  • 欧州には人の像が多い

    今日は立っている人の像。ヘルシンキのエスプラナーディ公園に在るルーネベリ(名)だそうです。(国歌の詩を書いたらしい)2016年6月コンデジ撮影こちらはヘルシンキ中央駅。ここにも立っている人の像がありますが、名は知りません。欧州を旅して思うのは、偉人像が多い。欧州には人の像が多い

  • Mont Saint-Michelの立像 フランス

    2013年3月に撮ったもの。建物入り口にある像で、説明は聞きましたが覚えていません。これは中に。撮ったのはフランス旅のパンフレットでよく見るここです。この時はまだ陸続きで、橋は工事中でした。雲天下のコンデジ撮り。MontSaint-Michelの立像フランス

  • 保護色 変身中のアマガエル 蛙嫌いの人は見ないように

    立ってはいないですが、這うアマガエルです。壁にペタリと張り付く姿を見つけてシャッター押し。実サイズを横900ピクセルで切り出し。まだ少し緑色残っていますが、もうしばらくしたら茶色の身体に変わります。(Sonnar、T*FE55mmF1.8ZA)保護色変身中のアマガエル蛙嫌いの人は見ないように

  • 電柱電線に鳥

    夕方散歩していたら電柱の上に、近づいても逃げない鳥を見つけてシャッター押し。今の日の長さは午後5時45分でも十分の明かるさがあります。付けていたのが55mmでズームできず、下。100%を部分切り出し。鳥の名は知りません。電柱電線に鳥

  • 台湾の建物と日本の高校生

    台湾の建物です。よく見かける写真なので、説明は要らないでしょう。そこに向かう修学旅行の生徒たちで、多分日本の子供たちです。昔まだバブル名残の頃。ニュージーランドでも高校生と一緒になりましたが、今はどうなのでしょうね。台湾の建物と日本の高校生

  • 九重夢吊大橋(大分県)

    昨日は海に架る橋だったので、今日は谷に架る吊橋です。九重夢大吊橋で、大分県玖珠郡九重町に在ります。歩道の吊り橋としては日本一の高さだそうで、長さ390m、高さ173m、幅1.5m。こんなワイヤーで吊られています。引っ張りささえ部分。写真では良く伝わりませんが、がっしり確り造られています。今はコロナの影響で閉鎖中。九重夢吊大橋(大分県)

  • 宮古島の灯台

    昨日が与那国島だったので、今日は宮古島の平安名崎灯台。撮影は11月のとても良い天気の日でした。そしてお馴染み、伊良部大橋。この日は曇り空で、1日違いで天気が変わりました。凄く高低差があるように見えますが、実際走ってみるとあまり感じません。こんな風景はやはり、青空の下が映えます。宮古島の灯台

  • 島の灯台

    立っている物で10年前、コンデジで撮った灯台です。いかにも、「灯台はこんな所に建ってなくては」の島の先に在ります。この島です。今もこの診療所は在るようです。島の灯台

  • 春の運動会は中止

    いつもの年なら近郊小学校は運動会時期なのですが、コロナの影響で今年は全て取りやめ。そんな事で、ちょっと前に撮った持ち歩きのコンデジ写真。顔部分は少しのボカしこの年頃が一番元気ですね。春の運動会は中止

  • あまり見ない位置から撮った大畑駅(JR九州・肥薩線・えびの高原線)

    昨日は嘉例川駅だったので今日は、ネット上でよく見る写真ではなく違う位置から撮った大畑駅。鉄道マニアならまず知らない人は居ないと思われる、日本唯一のループ式スイッチバックが近くに在る駅です。奥は人吉方面で、駅舎位置からほぼ北を見ています。お馴染み、ループを走るいさぶろうしんぺい号。これは駅側から北西を見ていますが、意外と知られていないループ途中のトンネル部分。ネット上でもまだ、この位置から撮った写真を探し出せません。一部トリミングで、観光案内のため停車したいさぶろうしんぺい号が見えます。撮り位置は駅舎東で、後方に線路止めがあり列車は来ません。来るならここでは撮れないでしょう。それにしても今はコロナで遠出できません。写真趣味の人たちも今年ばかりは自粛でしょう。このブログも過去物の焼き直しが多くなっています。あまり見ない位置から撮った大畑駅(JR九州・肥薩線・えびの高原線)

  • 嘉例川駅(JR九州肥薩線)

    鹿児島県霧島市隼人町に在る嘉例川駅です。10年ほど前訪れた時の写真で、コンパクトデジタルカメラ撮り。100年以上の歴史がある木造駅舎ですが、駅名表示板は替えられてまだ新しい感じでした。ホーム10~50戸ほどの山あい集落の中に在る無人駅です。嘉例川駅(JR九州肥薩線)

  • ビニールハウスと途中で会った高校生

    毎日少しの散歩をしていて、途中で目に入ったビニールハウス。持ち主に挨拶して撮らせてもらった内部で、立っている鉄骨。ナスの棚時期が終わって収穫されない完熟トマト途中で会った新高校生。今はコロナで5月中休校との事で、別れ際の1枚。ビニールハウスと途中で会った高校生

  • 阿蘇 大観峰の地デジアンテナ

    昨日に続き、阿蘇と言えばここ大観峰で、抜群のロケーションに建つアンテナ。地デジテレビの中継局。今の季節連休は、全国から集まった車やバイクで混雑している筈ですが、今年は多分ガラガラ状態でしょう。阿蘇大観峰の地デジアンテナ

  • 立木に馬一頭

    以前阿蘇へ走った時の風景です。立木に馬1頭。特別飾り立てずとも、こんな風景も良いなとシャッター押し。ゆっくりと時間が流れる感じです。立木に馬一頭

  • 隣の社

    家の隣に在る小さな社。こんな屋根造りを何と呼ぶのかは知りません。そして動物を形どった置物で、天満宮の分院と言う事で牛です。子供の頃はこの上に乗ったり跨いだりの遊び場でした。昔はもっとはっきりとした形だったのでしょうけれど、年月と風雨の下、今はよく見ないと何だか分かりません。隣の社

  • 普通に見るカササギ

    特別鳥撮る趣味は無いのですけれど、近くの電線に留まったカササギです。見かける時は殆どペアで、1羽単独の行動はしないようです。周りに普通に居るのに天然記念物らしい夕方6時の撮影で、ちょっと夕陽がかった白に写っています。普通に見るカササギ

  • 呉の港

    昨日に続き、ここは呉港。ヘリコプター空母と巡洋艦でしょうか。退役潜水艦で、中の見物が出来ます。大和ミュージアムは、勿論ここで作られた大和の大型モデルが展示してあります。海のクジラ館前の実物潜水艦。大和ミュージアム。他にも大和の砲弾や、ゼロ戦など展示してあります。呉の港

  • こんなに大きく重い物が浮く

    神戸港に行った時見た、浮きドックとクレーンです。それにしても大きい。ついでに横で見た潜水艦で、観光船に乗って普通に撮影できました。こんなのって、軍事機密にはならないんですね。よくこんな物が浮き沈みします。考え出して作った人たちは凄い。こんなに大きく重い物が浮く

  • 踏切傍に立っている物

    近くの踏切で撮ったこんな物。鉄道関係の趣味は無いので、これが何かは知りません。信号の一種でしょうか?線路に入って撮ってはいないので念のため。田舎には車は通れないけれど、人と犬猫?は渡れる踏切が在るのです。踏切傍に立っている物

  • 長い堤防

    建物ではないですが、もう何十年も前から少しずつ整備されている堤防の最新部分。先の方で左に緩やかに曲がるのですが、下に見えるだけでも約1㎞はあります。全長は7kmほどで、ここは最近完成しだ所。時々、近くの高校のランニングコースとして使われているようです。その近くで。ちょっとお願いして夕方撮り。長い堤防

  • 端島 軍艦島

    もう語るまでもなく、長崎市の沖に在る端島(軍艦島)です。ここへは観光船も出でいますが、今はコロナもありどうでしょう。昔は普通に上陸できたそうですが、世界文化遺産とやらへ登録されてからは、許可が要るようです。勝手に上陸は出来ないけれど、そばまで行く分は構わないので、船をチャーターして見てきました。ここも変に手を入れて欲しくない所ですね。端島軍艦島

  • レンガ造りの深水発電所跡

    熊本県の球磨川沿いに在る、深水発電所跡です。赤レンガ造りで、製紙工場のが大正10年に建てたものだそうですが、今は使われていません。屋根は朽ちかけていましたが、今は補修されています。先日の三池炭鉱跡と言い、熊本県人は古い建物を大切にするのでしょうか。建物の裏にも回れましたが、私有地ですから入れません。このすぐ裏をSLが、走ります。最初行った時、「何だこの音は・・」と思っていたら、いきなり飛び出して来る感じで側を走り抜けます。レンガ造りの深水発電所跡

  • 長崎造船所のコスタ・アトランティカとコスタ・セレーナ

    アップしたものかどうかと迷いましたが、先日の造船所クレーン撮影の時、長崎三菱造船所で撮ったクルーズ船です。今の騒動になるとは思わず、たまたまの左がコスタ・アトランテイカで右がコスタ・セレーナです。4月4日撮影この頃はすでに、感染者が出ていたのかも知れません。長崎造船所のコスタ・アトランティカとコスタ・セレーナ

  • 長崎造船所のコスタ・アトランティカとコスタ・セレーナ

    アップしたものかどうかと迷いましたが、先日の造船所クレーン撮影の時、長崎三菱造船所で撮ったクルーズ船です。今の騒動になるとは思わず、たまたまの左がコスタ・アトランテイカで右がコスタ・セレーナです。4月4日撮影船の名は横で撮っていた人が教えてくれましたこの頃はすでに、感染者が出ていたのかも知れません。長崎造船所のコスタ・アトランティカとコスタ・セレーナ

  • 今は解体されて無い欄干灯台

    この欄干灯の高さは3mほどありました。ありましたの過去形は、現在この橋自体が解体され、今は横に新橋が架けられています。当時はここが九州を貫く道でした。昭和5年と刻んであって、橋自体はその後広げて架け替えられて、でもこの灯台だけは立派だったので残されたのでしょう。これを見ると電灯式ではなかったようです。今は横にこの橋が架かっています。今は解体されて無い欄干灯台

カテゴリー一覧
商用