searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

photomoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
撮りにこだわらずの風景写真
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kanaphoto
ブログ紹介文
SONYのα7RⅣとドローン飛ばして 主に記録としての自然風景を撮っています 花や鳥画像は殆どありません
更新頻度(1年)

128回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2020/04/16

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、photomoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
photomoさん
ブログタイトル
撮りにこだわらずの風景写真
更新頻度
128回 / 365日(平均2.5回/週)
フォロー
撮りにこだわらずの風景写真

photomoさんの新着記事

1件〜30件

  • 今 何かと制約多いドローンだけれど 上位置からしか撮れない画像もある

    だんだんと規制厳しくなるドローン。その内免許制になるのではとの噂も聞こえる中、買ってはみたものので手放す人も出て来そうです。それでも地上から撮れない画像が撮れるのは素晴らしい。現役自体、ヘリ取材をしていたある局のビデオカメラマンさんが、「今は良くなりましたね」でドローン撮り。ヘリは150m以下では飛べない飛行高度制限でズームになり撮りが難しい、鮮明度も落ちるらしいのです。と言う事で今の季節。周りは麦田と新幹線です。のどかですね。-------ドローン飛行には国土交通省の全国飛行許可承認(年間包括)を取得。阿蘇などの国立公園では、環境省への届け出と承認も得て撮影しています。勝手に飛ばしているのではありませんので念のため。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村今何かと制約多いドローンだけれど上位置からしか撮れない画像もある

  • やはりカメラは小さく軽い方が良い 所詮道具 場によっては浮く感じがする 

    春らしい晴れ空になっています。ちょっと出て、青空背景に庭の木を1枚。ではと構えて重いα7RⅣ持ち出すかと言えば軽いα5100で十分。今スマホ撮りが増えたのは、手軽にそこそこ画質で撮れるから。小さい画面ならそんなに高解像度は要らない、フルサイズやそれより大きい撮像素子なんて要らない。自身もそうで、重いカメラ持ちだしてちょっと撮りしようなんて思わない、小型のα5100で十分。場によっては大型カメラ構えていると浮くでしょう?、「こんなカメラ持ってます、使ってます」の「いかにも・・の感じで、「それとなく自慢?」とも思われそう。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村やはりカメラは小さく軽い方が良い所詮道具場によっては浮く感じがする

  • やはり気になる純正の二文字

    タイトル通りで、何にでも純正なる物があります。レンズもそうで、純正の他に専業メーカー製もある。でもなぜか気になる純正の二文字。カメラメーカーがその機種に合わせて作るのだから良さそうに思える。ひょっとして、専業メーカーの方が性能良いかも知れないのに。 ソニーのレンズは割と高額、ちょっと手を出しにくいと言われる。そこで価格手頃の専業メーカー製を買ってみる。でもネット検索などすると、「純正は・・、オートフォーカスが早い・・」なんて書いてあったりする。カメラ列の中の、なぜか気になるZEISSの文字を冠したレンズ。そうなって来ると人の心は弱いもので、「やはり純正の方が・・」なんて心穏やかではない、結局買い換える。沼にはまるなんて言うそうですね、カメラ始めて知りました。 今は我慢してお金貯めて、純正買うのが近道のようですね...やはり気になる純正の二文字

  • フィルム時代には無かったデジタルの便利さ

    青空の良い天気に薄く、月が出ていました。何とはなしにシャッター押して、見たら少しズレて鷺が一羽。ちょうど月にかかって飛んでくれて、「これはシャッターチャンス」と1枚が下。と言うのは嘘で合成です。こんなにうまく飛んではくれない。元はこんな月だけの画像で・・こんな鷺を切り抜いてだからこんなふうにだって飛んでくれる。デジタルの今は、よほどあら探ししなければ見分けできない程に合成できる。風景にあたかもそこに人が居る様にも出来るし、デジタルだからこそ撮像面のホコリも簡単に消せる。フィルム時代は合成どころか、現像してみないとちゃんと写っているかも分からなかった。懐古趣味か信仰かフィルムカメラを使う人も居るそうですが、多分私はそうはならない、便利さは変えられない。多画素CMOSがある今、フィルムとどれだけの差があるのでしょう...フィルム時代には無かったデジタルの便利さ

  • 追加 熊本に帰るSL人吉 4Kビデオから切り出し

    明日から少し天気崩れる予報で、晴れ日にと帰りのSLを撮りました。どうしてもSLが先頭走る画像が多いので、あえてディーゼル機関車に引かれる姿です。 さすがに帰りの撮り鉄さんは少なくて、ホームに一人だけ。「写り込んでしまいますけれど、済みません」と断りを入れたら「ここ良いですよ」と隣を空けてくれました。こんな機関車が引っ張っています。フォーカスは客車に。   2枚とも4Kビデオからの切り出しです。このサイズくらいだと、言わなければビデオからJPG出しの830万画素だとは分かりませんね。   にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村追加熊本に帰るSL人吉4Kビデオから切り出し

  • 300mmレンズ撮り 昨日の爺と孫 500メートル離れると電柱もゆがむ

    昨日のSL画像、爺と孫と思える画像。撮影位置から500メートル離れた被写体を100%表示にしたら、下の様に写っていました。元画像9504×6336ピクセルを1024×683ピクセルで表示α7RⅣとSEL70300G使用300mm撮りそして100%で切り取り1024×683ピクセル表示昨日の天候は晴れ時々曇り、風速5m気温18℃。5月にしてはとても寒い日で、それでも12時半はすでに線路が焼けているから?SLボイラー排熱も加わって空気揺れている?まあ、これはこれで変に良い感じもするけれど・・。それにしても、「一緒に来てくれるのはこの年頃までかなー」の、ほのぼの風景ですね。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村300mmレンズ撮り昨日の爺と孫500メートル離れると電柱もゆがむ

  • SL撮ってきた でもそれより微笑ましい爺と孫の様子

    12時半、通過したSL人吉を撮って来ました。10台ほどの車と相応のカメラ列。300mm構えて普通に撮って、でもそれはありふれていて今回は下。よく見ると、撮り鉄さんがカメラを構える方向には爺と孫で仲良く撮り鉄参加。こんな光景も良いなとここまで移動して1枚。皆さん登場、ありがとうごさいます。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村SL撮ってきたでもそれより微笑ましい爺と孫の様子

  • 前回 鬼滅の刃・無限号として走ったSLが昨日から走っている JR九州鹿児島本線

    昨日からJR九州は、鬼滅の刃(無限)として走らせたSL人吉(8620形蒸気機関車58654号機)を、鹿児島本線の熊本・鳥栖間で走らせています。5・6月の土日祭日のみの運行のようで、今キーボードを叩いているリビングから遠目に見える所を走ります。昨日は見そこねて、12時半頃はちょうど昼食時でうっかりします。今日は撮りに行こうかと考えているのですが、昨日からかなりの強風で上から撮るのはやめた方が良さそうです。撮って来たら後で、またアップしましょう。Googleマップより拝借連休でももあって、今回も撮り鉄さんが多いと思います。ここは割と知られた直線撮りの場所で、無限の時は長崎や佐賀からの人も居ました。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村前回鬼滅の刃・無限号として走ったSLが昨日から走っているJR九州鹿児島本線

  • 最後の飛行実績報告書を出して phantom3からMavic Air 2へ

    ドローンも、首相官邸への墜落事故から急激に規制が厳しくなりました。航空法から抜き出して即席で作ったような法律と、それに現行法を含めて厳しく適用すれば、日本中で飛ばせる所は殆どありません。私も2016年4月に国交省の飛行許可承認を取得したものの、それでも1年間有効で毎年更新。当時は手探り作成して郵送やメール添付での、結構な手間の面倒事でした。ドローン空撮を考えたクリエイターさんも居た筈で、でもいざ飛行承認許可を得ようとしたら面倒で、諦めた人も多いのでしょう。(注)現時点でドローン飛行には免許も許可も要りません、各現行法に引っかからなければOKです。ただ上に書いたように、厳密にそれを適用すれば飛ばす所は殆ど無いと思えます。他人の土地上(300m高さまで)飛行も持ち主の許可が必要など。そんなドローン。規制厳しくなる前...最後の飛行実績報告書を出してphantom3からMavicAir2へ

  • 少しずつのストックフォト 5年間で1163と73

    2016年の5月。それまでのコンデジから、α5100を購入して始めたShutter・Adobe・pixta。そして5年経ち、どれくらいの結果になったろうと調べたストックフォト。安値たたき売り感のある〇〇〇tterはもう捨てて、登録動画は全て削除して対象外。Adobe636枚、pixta1068枚登録は5年間で少ない?他の人が万単位登録だとしたら「そんな数で売る気あるの?ストックフォトなめてない?」と言われそう。そんな事で個別に書くのは面倒なので大雑把に、売れた写真1163動画73でした。これってどう?かなり少ない?最初の登録は宮崎県山中の渓流まあ良いかなと。多分分皆さんもストックフォトは趣味程度、主なる生活の糧ではない。そこそこ暮らせていて、必死に稼ぐ必要もない人たち。一番売れないと言われる風景写真で、少しずつ...少しずつのストックフォト5年間で1163と73

  • 最初のHDDは27.3GBだった パソコンは粗大ごみとして捨てられない でも自作品は?

    昔のメーカー製パソコンは、使わないアプリ満載の高額物でした。そんなメーカー製を買う気にもならずで、自分で作り始めたのがWindows98OSが出た頃から。パーツを集めて組み立てるだけのデスクトップ型。ドライバーとラジオペンチくらいあれば作れてプラモデルよりも簡単で、AOpenだったかのマザーボードにcpuなど取り付けて、その時最初のHDDが下でした。27.3GBなんてSDカードより少ない容量ですが、これにFDDからビデオ編集アプリなんてインストールしていたのですから・・。今見ればハンガリーで製造されたもののようで、IBMブランドもすでに海外製だったのですね。Windows98にはそれまで無かったHP製作ソフトのFrontPageExpressが付いていました。当時すでにホームページビルダーなんてHP製作アプリも...最初のHDDは27.3GBだったパソコンは粗大ごみとして捨てられないでも自作品は?

  • 昔のカメラ見つけた 記念品の頂き物?カメラ

    今は空き家の実家で探し物をしていたら、電池入れたまま液漏れしているカメラを見つけました。一眼レフではない、レンジファインダー型?(この種のカメラは分からない)FUJIとメーカ―名は分かっても型番らしきものが無いので、zoomcardia200と上に書いてある型番?で調べたら1984年発売物の様。裏に〇〇ビル建設記念なんて書いてあるので、父か記念品として貰った物でしょう。こうしてフィルムが入ったままの状態。父に写真の趣味はなかったので何となくフィルム入れてみて、現像には出さなかった。昔はこんなカメラが主流だったのでしょうね。今は一眼レフが主で、日本のカメラメーカーが世界を席巻しています。レンジファインダー式カメラもあるようですが少数で、ライカなどがやっと生き残っているくらいでしょうか。ライカは高価格で知られていま...昔のカメラ見つけた記念品の頂き物?カメラ

  • 写真画像は良いけれど・・ 動画はいまいちかなと感じる事もある

    たまにストックフォトサイトを開いて、他人様の画像を見る事があります。主は風景撮りですが、時には人物撮りも。思うに色んな撮り方があって、中には表情の引き出し方が上手いワンカットが有ったりして。多分かなりの数を撮って、その中から選ぶのだろうなと・・。オフィス物なら、それがクリエイターの腕なのか社会人モデルの力量なのかと。でも、飽きる程に似た場面が多いのはなぜ?そしてビデオですが、「このクリエイターさん、写真は良いけれど動画は慣れてないな」もあります。被写体引き立たせたいための部分照明かも知れませんが、背景との明暗差ありすぎたりして「こんな場面無いでしょう」も。皆、得手不得手はあって他人の事は言えませんけれど。私の人撮りは、ビデオ動画からの切り出しが多いです。動画の中では作り笑顔の持続は難しく、その瞬間の本音を撮りた...写真画像は良いけれど・・動画はいまいちかなと感じる事もある

  • ストックフォト ノイズをどこまで許容するか 4240万画素で良いと思う 

    同じCMOSの大きさなら画素数が多いほど、ノイズも多くなると言われます。それは感じていて、下は先日の阿蘇望橋を下から撮ったISO1000の画像。元画像で、少しノイズが多いかなの感じです。下はRawTherapee5.8ソフトで輝度ノイズ低減したもの。でもこれくらいの表示大きさだと、それほど大差はないようにも見えます。そして元画像の100%原寸大表示だとこんな感じで、かなりノイズがあるのだと分かります。同じく、RawTherapee5.8ソフトを使って輝度ノイズ低減するとこれくらい。さてこれでストックフォトはOKとなるのでしょうか?私は審査に出しません、自身審査ではNGで許容できません。同じフルサイズのα7RⅡ(4240万画素)とα7RⅣ(6100万画素)では、α7RⅡの方がノイズが少ないと感じます。自分が使って...ストックフォトノイズをどこまで許容するか4240万画素で良いと思う

  • 阿蘇高原のドライブレコーダー画像

    先日阿蘇へ行った時のドライブレコーダー画像で、色関係調整せずのそのままです。意外と横長で、2560f×1080ピクセル。車の記録としては、上下より横が大事と言う事でしょう。     阿蘇高原は、こんな道が続きます。 一般に阿蘇山と言いますが、そんな山はありません。阿蘇山は阿蘇の山並みの総称で、強いて言うなら阿蘇五岳と呼ばれる高岳・中岳・根子岳(ねこだけ)・烏帽子岳(えぼしだけ)・杵島岳(きしまだけ)でしょうか。   にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村阿蘇高原のドライブレコーダー画像

  • フルサイズの方が無理が効く?

    先の上色見熊野座神社画像ですが、APS-Cよりフルサイズの方が、明暗の記録幅が広いのではと感じました。ダイナミックレンジと言うか、暗い部分を持ち上げても破綻し難い感じです。 元画像 こちらが暗部を持ち上げた方 元画像から白とび気味ですが、かなり無理が効く感じです。CMOSが大きい分だけフルサイズか有利なのでしょう。    にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村フルサイズの方が無理が効く?

  • 5年生は親離れ父親離れの年頃

    先に書いた5・6年生の2人、まだ他の子達とは距離感があります。ただ昨晩は5年生ちゃん。稽古場に入って来るなり「こんなにした・・」と前髪を少し変えたのを見せに来てくれました。4年生までは1人でも端っこに座っていた子の微妙な変化は、ちょっと嬉しい、話しやすくなった。前髪を気にするようになったのは、そろそろお年頃入り口?そうすると6年生も入って来て会話の時間も持てて、少し進展かなです。 何にしても5年生頃からの関わり方は結構難しい。その年ごろを持つ親御さん、そう感じませんか?毎日接していると逆に気付かないかも知れませんが、対外には確実に変わってきます。少しずつ親離れ、女の子は父親離れの年頃です。    中学生の子小学生の子5年生は親離れ父親離れの年頃

  • 阿蘇高原・阿蘇望橋・上色見熊野座神社・高森駅のおじきをする高校生

    昨日は阿蘇の方へと出かけました。ちょっと撮りたいビデオがあったのと、ついでの観光です。まず定番は外輪山から見た眺望。毎度ここへきて思うのは、「どんな広角高解像度のカメラで撮っても、この雄大さは表現しきれない」です。ここを撮るために6100万画素とSEL1635Zを入手したのですが、それに加えて55型のFHDテレビでも表現しきれません。ここに来ればどんなに綺麗に撮ったつもりでも、所詮写真でしかないと感じさせられます。そして阿蘇望橋で、ここはまだ菜の花の季節でした。。5年前ほど前Googleマップに場所登録してから、マップの掲載画像も増えました。上色見熊野座神社。蛍火の杜へのアニメのモデルになった地だそうで、平日だというのに20~30代と思われる男女20人程と出会いました。作者は熊本県出身のようで、私はそんなアニメ...阿蘇高原・阿蘇望橋・上色見熊野座神社・高森駅のおじきをする高校生

  • もう夏日

    今日は23℃の最高気温で、明日の26℃予報はもう夏日です。そんな青空を見上げるといつもの鳶で1枚。 右にターン中 こうなってくるともう暑い、ちょっと動けば汗ばみます。それでもまだ衣替えまでは学校も冬服で、我が娘たちの頃は「脱げないから暑い・・」なんて言っていました。今は中高校もブレザータイプが多くなって、下にシャツで脱げるようですが。  風景だけではなく、こんな被写体も撮ります。対象は厳選しますけれど。  近隣の中高校はまだ、こんなセーラー服が残っています。    にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村もう夏日

  • 風景撮りのF4とF22 CMOS面のホコリ汚れ

    間近な被写体撮りで「綺麗なボケが・・」なんて言ってる人には関係ない話ですが、主に風景撮りする者にとってはCmos面の汚れは気になります。絞り込みするとどうしても見えてくる、あれ(ホコリ)です。下はその例で、空の一部を切り取ったF4とF22。F4F22雲の形は時とともに変わるもので、「回析現象が・・」なんて話も横に置いてF22は何とも派手にCMOS面の汚れが目立っています。こんな写真では、ストックフォトなら完全NG。普段ここまで絞る事はないですが、外輪山の上から阿蘇市内全景をF14辺りで欲張り撮りする事はあります。そうなるとどうしても、上のようなホコリ目立ちが出てしまうのです。勿論そんな場合は下の様に、処理ソフトで被せて誤魔化す。鳥は残しました雲のUFOはオマケ風景撮りは、場合によっては後処理が面倒ですね。にほん...風景撮りのF4とF22CMOS面のホコリ汚れ

  • 撒き餌レンズと冷遇されても 私レベルには十分写り良いと思う

    こうすると何とも不釣り合いな組み合わせに見えるレンズとカメラ。レンズはα5100純正のSEL16F28で、カメラは見ての通りです。フルサイズにAPS-Cレンズを装着して撮ると約1.5倍と言われるので、画角は24mmでしょうか。同じレンズでも、α5100で撮れば6000×4000=2400万画素。それが上の組み合わせでは6240×4160=約2600万画素となって、画素数だけで言えばこちらが有利となります。撒き餌レンズと呼ばれて冷遇?されていますが、ポケットに入れてのちょっと撮りに多用しています。安いけれど良いレンズだと思っていて、F4では暗い場で使います。GレンズとSONYZEISSですが個人的にはZEISSの、特に金属系を撮った時の冷たい光感が好きですね。にほんブログ村撒き餌レンズと冷遇されても私レベルには十分写り良いと思う

  • 熊本地震から5年 あの頃の阿蘇ラピュタの道・天空の道

    2016年に発生した熊本地震から5年。4月14日の前震から本震で多くの建物などが壊れ、大災害になってしまいました。今日16日は本震と言われる日で、私も4日後現地に入ったのですが酷かった。国の重要文化財の阿蘇神社は、楼門と拝殿が全壊していました。阿蘇大橋も崩落地滑りの部分に架っていました地震の前までは日曜祭日など、県外ナンバーも見られた天空の道・ラピュタの道。地震後はこんな形に変わってしまいました。地震の7か月後に撮影先月ここを通ったのですが、今も進入禁止になっています。地震から5年が経ちました。にほんブログ村熊本地震から5年あの頃の阿蘇ラピュタの道・天空の道

  • 家の周りの緑

    春らしいとても良い天気で、これから5月にかけて若葉の緑も綺麗な季節です。そこでと、家周り庭周りの緑を撮ってみました。花や木の名前は知りませんので、適当です。まず、染井吉野桜モミジシマトネリコ???と上は紫陽花???自然発生したモミジこれはツバメスイセンらしい啓翁桜啓翁桜の下に???これも???桂フェンスの外の麦田舎でしょう。家真横の小川ではも鰻も釣れるのですから。にほんブログ村家の周りの緑

  • ビデオ編集定番ソフトはAdobe Premiere?  私はEDIUS Pro

    ビデオ編集ソフトは何を使うとなると、一般にはAdobePremiereProが定番ソフトのようです。私はグラスバレー(旧カノープス)社のEDIUSProを使っています。殆ど全てのファイル形式が読み込み可能な事や、自社開発の編集用コーデック(GrassValleyHQX)でパソコンへの負荷も軽く書き出しも早い。ストックフォト程度の長さ4K動画なら、数秒から数十秒で終わる速さが良い。日本製のソフト使用は20年以上前のDVStorm時代からで、やはり慣れたソフトが使い良い。EDIUSProの基本画面皆が使っているからと毎月数千円の使用料を払って、今更PremiereProに乗り換える気にはなりません。にほんブログ村ビデオ編集定番ソフトはAdobePremiere?私はEDIUSPro

  • 動画で音声が欲しい場面 電池の持ちが気になる

    普段静止画撮り(人物など)をやっている方には関係ない話です。動画でストックフォトをやっていると、「ここは音声入れたが良いな」と思う場面はあると思います。下などはそうで、この時は静止画と4K動画に音声を入れて撮りました。 こんな場面で録られた方なら分かると思いますが、普通鉄橋のまだずっと先にSLが走っている時点で録画(録音)をスタートします。当然ここには周りに他のカメラマンも居て、困るのは普段静止画しか撮らない人たちはその決定的場面が来るまでは仲間内で雑談などする。時には子供連れでの見物者も居て騒ぐ。それを指向性のないカメラ内臓マイクで拾う。だからと、「音録りしているので静かにしてください」とは言えない。となれば自衛するしか無くて、下のマイクセットなど準備する事になります。左からガンマイクと3入力音声ミキサー  ...動画で音声が欲しい場面電池の持ちが気になる

  • 春の枇杷の実と・・反響音

    いよいよ紫外線強い春日になりました。緑も綺麗で、庭の枇杷の実も大きくなっています。 そんな昨日、孫が来たので1枚。この子最近。ここ7m程高さの吹き抜けで、自分の声の反響音にはまっています。  にほんブログ村春の枇杷の実と・・反響音

  • この携帯電話基地局のてっぺんに留まっている鳥は?

    昨日の鷺です。今日は下に降りて魚狙いしていました。近寄ったら飛んで・・、鷺ってこうして見ると意外と綺麗です。もっと近づいたら逃げてしまいました。ところで、この携帯電話基地局のてっぺんに留まっている鳥は何?川鵜や鴨にも見えますけれど。色んな鳥が身近に居ます。この携帯電話基地局のてっぺんに留まっている鳥は?

  • カラスと猛禽類と鷺 一緒だからと親交を深めてはいない

    近くの川、欄干の上にカラスと猛禽類が並んで留まって居ます。この二羽、「今日は黄砂多いよね」なんて話しながら親交を深めているのではありません。この近くにカラスの巣があって、鳶?が邪魔でしょうがないのです。それで行く先々に、敵わぬまでもついて追いかけまわしています。それをすぐ横の可動堰に乗って眺めている鷺。「早くどいてくれないかなー、気が散って魚捕れないんだけど・・」でしょうか。それにしても、カラスたちは40mほど、鷺も60メートル先でこんな画像撮れるのですから、田舎の鳥はやはりのどかですね。にほんブログ村カラスと猛禽類と鷺一緒だからと親交を深めてはいない

  • 今日の月

    午前中大雨で、午後から上がってこんな月になりました。私には19時6分の月がこんな色に見えました。aps-c超解像で900mm相当今日の月

  • これから大きくなる桜に耐えられる 田舎の庭

    庭の桜が満開状態になって青空の下、これは撮っておかないととシャッター押しました。これは密ですね。花びらさん代表として選抜隣の菜の花も一緒に桜さんには引き立て役お願いして昨日午後、所用で小学校まで出向いたのですが、子供たちは春休みでだれも居らずで、校庭の桜を眺めました。見事な桜の大木群で、思った事。どうして桜を家の庭に植えないのか?桜を家庭に植える事に関しては色々言われているようですが、一番の問題は大きくなり枝が横に広がるからでしょう。地方なら在りそうな、あの〇〇の1本桜を見ても大きい、狭い庭には植えられない、都会ならなおさらで、植える地がない現実があるのです。上の写真を撮りながら、桜の木を植えられる田舎の贅沢さを知りました。「ここなら先の大きさにも耐えられる・・」と。にほんブログ村これから大きくなる桜に耐えられる田舎の庭

カテゴリー一覧
商用