searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
okkanabikkuring
ブログURL
https://okkanabikkuring.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
平和に見えるおばちゃんライフにも、危険や冒険、発見はある。そんな、おっかなびっくりな日々の報告。
更新頻度(1年)

367回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2014/04/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ぢょん・でんばあさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ぢょん・でんばあさん
ブログタイトル
okkanabikkuring
更新頻度
367回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
okkanabikkuring

ぢょん・でんばあさんの新着記事

1件〜30件

  • ぐるっと話。

    ギフトショップの前に バス停ありますよ教えてくださったのは、徒歩でここに来た私が、ユデダコみたいに暑そうだったからだろう。ご親切に応えて、帰りはバスにしよう。自動ドアを出ると、たちまちムッとした外気に包まれる。待つのはユウウツだなと思っていたら、着くや着かずのいいタイミングで、派手なカラーリングの小さなバスがやってきた。渡りに船とはこういうことだ。ホイホイと乗り込んだ車内には先客もなく、最後尾の座...

  • めいめい話。

    昨夜の雨がやんで、緑濃い遊歩道。風が涼しくて、スイスイ歩けそうだけれど、足元が気になるのは〰こいつらのせいである。ミミズがなぜ、降っても照っても路上に現れ、集団自殺の様相を呈するのか、理由は分からない。(→ミミズノ本。)この道に、路面で干からびているにょろにょろが多いのは、植込の土の中に、豊富に生息しているためだろう。う…ヤバイ…つぶやいたのは、踏んづけそうになったからではない。名前を思いつきそうだ...

  • おしらせ話。

    通知とは、連絡のために、事実や意思を表立って知らせることである。法律用語としては、特定または不特定多数の人に対し、特定の事項を知らしめる行政庁の行為で、一定の法律効果が付されている。いきなり何をとお思いであろう。わざわざ辞書を引いたのはこんなメールが来たからである。読みたい本を探して、図書館の書架の間をブラブラする楽しみも、今はお預け。ホームページで検索、予約して、届いたらそそくさと取りに行く。ち...

  • おおとろ話。

    週末だというのに仕事。うだるような暑さの中、帰りの駅にようようたどり着いたときには、お腹もペコペコだった。券売機に向かって歩いていたら、改札の脇に新しい店ができている。持帰り専門の寿司店のようだ。しかも閉店が近いため、全品20%引のプレートが出ているではないか。これはもう、今日はお寿司にしなさい、という神のお告げであろう。(何の神だ)品薄の棚の中からも、好みのパックを選んで、ウキウキとレジに向かう...

  • えがおの話。

    おはようございまーす!快活な挨拶に返事しようと、声の主に目をやって、思わず二度見した。悪いオヤジだ。悪いオヤジこと管理人ナニガシは、私の天敵。(→てんてき話。)着任以来今日まで、いずれがコブラか、マングースかという血闘をくりひろげてきた。テキもこちらが敵視しているのに気づいて、挨拶も会釈も、仕方なくシブシブという風情である。それが今朝はどうした、やけにサワヤカじゃないか。あ、私と気づかなかったのか...

  • もすらの話。

    こんにちは~久しぶりに実家に行ったら、おばーちゃんは冷房の効いた部屋で、オリンピック観戦中だったが、私の顔を見てテレビを消した。いいよ、見ててよいいのよ ロシアの選手がネチャネチャして 退屈してたとこ…女子柔道の試合は、延長戦だったらしい。お茶を淹れてくれながら何てったかしら  あのロシアの選手…ナントカスカヤとか、ナントカシコワとか?もうダメだわ~ カタカナ名前…あー、私も!トシとともに、外国語の...

  • ただよう話。

    隔週で歩く小さな駅前商店街。しもた屋風の事務所の前を通りかかると、必ず、ふっと漂う匂いがある。お昼どきなので、ご飯支度だろうが、それにしてもいつも同じ匂いがする。ここんちは毎日、同じ昼ご飯なのかしら。それとも私の通る日、偶然同じになったのだろうか。出汁のような、スープのような、昔から知ってるような、何にせよ、お腹の減るニオイだ。先月はつい、帰りにコンビニに寄ってしまった。おダシっぽい、スープのある...

  • らすかる話。

    金メダルを獲得したスポーツ選手が、試合直後のインタビューで、他の選手とラスカルの話してました 答えたというので、話題になっているらしい。今の子供は動画視聴するから、意外に古い歌や、古いアニメを知っていて、驚くことがある。この曲も、大杉久美子の伸びやかな声が好きで、私も画面を見ながら歌ったものだ。コロコロして愛らしいイメージが、覆されたのは最近のこと。祖父が亡くなり、祖母が施設に入居して、空家になっ...

  • おなすの話。

    …でね 思ったのよ…ちょっとうるせーオバサンだな、とは思ったのだ。会うのは2度目くらいか、よく知らない人で、作業しながらしきりに隣に話しかけている。いちおう周囲を憚って声は落としているし、仕事の手が停まっていなければ、こちらが文句を言う立場ではない。私はといえば、手を動かしつつも、目下の最重要事に頭を悩ませていた。ナスである。ここのところ、料理をする時間もなく、冷蔵庫に食材が溜まっている。そこへもっ...

  • しなやか話。

    言いたかないが、今日もくたびれた。言いたかないが、やっぱり今日も暑かった。這うように帰宅、もはや手も足も、1ミリも動かしたくない。しかし容赦なくお腹は減る。なんか… なんか食べるもの…ウナりながら冷蔵庫を探る。うー…なんもない…いや、野菜も肉もある。何もない、わけじゃない。ただ加熱調理の必要があるものばかりなのだ。くたびれてるのに、しかも暑いのに、マナイタ出して、ガス点けて、料理なんかやってられっか!...

  • 29ばん話。

    ネットでアンケートに回答した。年齢、性別など、求められる基本情報の中には、お住まいの県というのがある。クリックすると出てくる中から該当を選ぶのだがこれって長すぎないか。男女、性別、未既婚など、2、3の選択肢から1つを選ぶなら、プルダウンは便利がいい。しかし、47都道府県がズラーっと並ぶ中、選ぶのはけっこう大変だ。北から並ぶ県の、秋田、山形くらいまでは、1度のクリックで出てくるし、逆に九州、沖縄なら...

  • みてない話。

    今朝の話題は、やっぱり開会式。ドラクエだ、ナガシマだ、面白かった、ショボかったと、さまざまな感想で事務所は喧しい。…ぢょん子さんは?珍しく静かな私を不審に思ったか、サカイさんが水を向ける。いや私は…見てないからアラ~! 途端に白けた空気が流れた。ほれ見ろ、だから黙ってたのに。それにしても、けっきょくみんな見たんだなあ。そこにいるナントカさんも、特に名を秘すナニガシさんも、たしか開催反対だったよね。口...

  • しゃわーの話。

    お風呂は浴槽に浸かる派だけれども、こう暑いとそうも言っていられない。マスクを剥ぎ取り、汗でくっつくTシャツを脱ぐのももどかしく、シャワーの下に飛び込む。ひやっ!最初は水。うちはボイラーと風呂場に距離があるせいか、お湯が出るのに時間がかかる。出るまで待てばいいとお思いだろうが、なにしろ私はケチである。流れ出る水に手もひたさず、看過することはできない。冬は無理だが、今の季節、手足なら水でも大丈夫だ。足...

  • まごまご話。

    友だちのカナイさんとも、ずいぶん会わない。前に会って(→てんぷら話。)から、数えてみたら2年近く経つ。ふと思い立って、夕食の終わった頃合いに電話をしてみた。♪ぷるるる… ぷるる… ハイ、カナイ… わー!モシモシ?カナイさん?大丈夫?あー、ぢょん子さん! ダイジョブ、ダイジョブなんだけど…なんか大変そうだから、かけなおすねアリガト!大丈夫、とは言うけど、あの様子はただ事ではない。実家と義家、双方の親御さん...

  • はつらつ話。

    日課であり、健康の柱でもあるテレビ体操。高齢者でもできる体操だから、けっして難しくはない。それでも、体調がイマイチな時は、踏み込む歩幅も、伸ばして曲げる動きもつい小さくなる。運動音痴の私にとって、画面で躍動するお姉さんの動きに近づくことは、立派な目標なのだ。それが、最近やけに調子が良い。われながらハツラツと、十全に動けているという感じがある。継続は力なり学生のときさんざん言われて、フンと鼻で笑った...

  • ばーがー話。

    今日はハンバーガーの日。50年前の今日、東京銀座にマクドナルドの1号店が開店したのだという。私の住む田舎町にハンバーガーがやってきたのは、それより10年遅かった。ハンバーグはあっても、ハンバーガーは無い子供時代だったわけだ。なぜそれが分かるかといえば↑こんなものを持っているからである。昭和50年代、チラシとして撒かれたメニュー。ハンバーガー170円、フィレオフィッシュ240円、ドリンクMは150円…...

  • いたりー話。

    暑くなってきたので、涼しいネマキを着たい。去年ボロいのを1枚捨てたので、代わりの新品が欲しいところである。しかし、買物に行く前に、私にはやることがある。押入の在庫を探ることだ。パジャマ、シーツ、クツシタ…。おばーちゃんには、誰がいつ着る当てもない衣類を、むやみに買い置きする趣味がある。むろん老母ひとりに消費しきれるはずもなく、ブツは私に回ってくる(→みのうえ話。)。アンタ、これ着ない?渡されたパジャ...

  • わたしの話。

    ♪ぺぽん♪着信音が鳴ってLINEを開けると、ムスメから何か来ている。週末、夏服を取りに帰ると言ってたけど……ん…写真?ダイヤモンドゲームの駒みたいなものが描かれた、メモの写真。新型ウィルス感染者の濃厚接触者と、濃厚ではないが一緒に仕事をした、ということらしい。こういうことだから 今日はやめとく追いかけるように、メッセージも届いた。はー、なるほどね。いよいよ身近にウィルスが迫ってきた気がするが、不思議に怖く...

  • いちまつ話。

    新型ウィルス感染拡大に伴い、全国各県の知事の姿を目にすることが増えた。老若男女、思想信条、さまざまな知事がいて、その違いや評価をここで云々するつもりはない。例によってつまらないことが気になる私はなぜ知事の背後は市松模様なのか?ということを考えている。(こういうやつです)長期政権の老人も、少壮の新人も、テレビに映るとなると、もれなく市松模様をしょっている。四角の中には、チマチマと特産品やらイベントの...

  • ゆうげの話。

    今日もまた、忙しくてヘトヘトだ。ゴハンの心配をするのもイヤで、ひさしぶりにお弁当を買って帰った。夕げのお伴はテレビのニュース。ナ~ニがオウチゴハンじゃ!ブツブツと、ヒトリゴト。新型ウィルスの影響で、家での食事が増えたのを、オウチゴハンなどと称するようだが、私はこういう、カマトトくさい新語はダイキライである。外食という言葉があるのは、そもそもご飯は家で食べるものだからじゃないのか。…と文章にすると、...

  • かみなり話。

    …どどど…がらぴしゃ!どすん!未明、暗い地鳴りを前触れに、大音響で目が覚めた。カミナリだ。身体を起こし、カーテンを引いて外を見る。明るくなりだした空をみるみる黒雲が覆って、やがて大粒の雨が屋根を、地面を叩き始めた。怖いような、爽快なような気分で、ガラスを打つ雨粒を見ながら、ふとムスメを思い出す。ムスメは小さいころ、悪天候の日にかぎって、表に出たがった(→たいふう話。)。見慣れた風景が一変する、非日常...

  • うごかぬ話。

    今日の仕事は単純作業。考え込んでばかりは煮詰まるので、同じことを繰り返す、こういう仕事もたまにはいい。休みなく手を動かしながら、頭はヒマである。…動かないのは誰だっけなヒマな頭の中に、とつぜん疑問が浮かんだ。誰かが動かないんだよ… 誰だっけ?どんな物識りがいても、これじゃ答えられない。誰だっけな… 永井荷風?何の脈絡もなく、文士の名が浮かぶ。荷風は、若い頃は欧米に遊学したし、帰朝後も銀座のカフェーへ...

  • せーるの話。

    ウワ―!忘れてた!12時!ふと時計を見て、思わず声が出る。私はオバサンなので、生協をやっている。オバサンはオバサンなりに進化して、以前は紙に記入していた注文もネットになった。ネット注文では曜日限定のタイムセールがあり、在庫処分や訳あり品をお得に買える。数量限定、先着順の売切れ御免である。とうぜんセールの開始時刻には、注文が殺到する、その時刻を逃したのだ。あー、しまったァー…目玉商品は、開始10分でほ...

  • あきびん話。

    月に1度の資源回収の日。透明のビン、茶色のビン、ミドリ… 紅茶の缶、ビールの缶…ブツブツ唱えながら、所定のカゴに入れる。背後に人の気配を感じ、ハッとして振り向いた。顔だけ知ってる、隣の棟の奥さんだ。オハヨウゴザイマス…ヒトリゴト聞かれたかしら。ちょっと気まずい感じで会釈して、場所を譲る。10歩も歩いたところで、提げていた袋の底に、アルミ缶が1つ残っているのに気づいた。慌てて引き返すと、さきほどの奥さ...

  • ねねねの話。

    1人暮らしで、仕事も9時5時のオフィスワークではない。誰の指図も受けず、好きに暮らしているように見えて、なかなか完全に自由とはいかないものだ。行動を縛ってくるもののひとつに、期限がある。振込の期日に、カードの決済日、仕事の締め日。ゴミの日だって、考えようによっちゃ期限だし、食品には賞味期限がある。金曜日の10時までにコレしなきゃ…月末までにアレを済ませないと…日々、大小さまざまな期限に追われているの...

  • あまみず話。

    訪問先は、しもた屋風の小さな事務所。シャッターを閉めたままの表玄関から裏にまわり、実家の勝手口のような扉から招き入れられた。差してきたカサを閉じてえーと… カサは…聞こうと思った相手は、先になかに入ってしまっていて、仕方なくドアの横に立てかけて置く。朝から降ったり止んだりの雨模様。そこにいる間にも、ザーッと叩きつけるような大降りになったかと思えば、いきなり日が差したりと、まったく目まぐるしい。このご...

  • だらだら話。

    昔から、あんまり人をうらやましいと思わない。恵まれた境遇の友人の話を聞いたり、テレビでセレブリティの生活を見てへえ、いーなーそのときは思っても、ま~ヨソはヨソ、さ~次々、という感じである。そんな私が、唯一とてもうらやましい人。それは涼しげな人である。私は汗っかきで、この季節コップで汲めるんじゃないかと思うほどだ。デブだからだと思いきや、さにあらず。小鹿のような娘時代も、女豹のごときバブル時代も(冗...

  • あいすの話。

    …うー…あっちいなァ~…マスクの中につい、ヒトリゴトがもれる。蒸し暑い雨の日の午後、人けのない駅のホーム。電車を待ちながら眺めるは円錐形の例のアイスの自販機だ。この駅には、いくつか私立の学校があるから、学生目当てに設置されているのだろう。その割に、食べている子はほとんど見ない。31とか17とか、アイスの数ってなんで素数なんだろう、などとぼんやり考えていたら、階段を上がってくる人影が見えた。私と同じか...

  • ばたばた話。

    ♪さーさーのーは さーらさら のーきーばーに ゆーれーる♪♪おーほしさーま きーらきら きーんーぎーん すーなーご♪ 幼稚園で習った「たなばたさま」の歌。ピンクのエプロンの先生に教わりながら、短冊にお願い事を書いた、あの時以来今日まで、何十回歌ったろうか。それなのに、この歌は、私の心に全然しみこんでいないらしい。「たなばたさま」の前奏が流れると、どうしても♪たーなーばーたー …と歌いだしてしまうのだ。い...

  • うちゅうの話。

    米オンライン通販大手の創業者が 自身が設立した宇宙開発企業で初の有人宇宙船に搭乗し 宇宙旅行に出発する計画を発表しました…また宇宙かあ。この人に比べればだいぶ小物だが、日本でもしばらく前、宇宙へ行く宇宙へ行くと騒いでいた。たしか、あれもネット通販の社長ではなかったか。人は通販で大儲けすると、宇宙へ行きたくなるのだろうか?私には、宇宙に行きたがる気持が分からない。たとえば自分が公務員で、国の仕事とし...

カテゴリー一覧
商用