searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
アナログからデジタルへ https://digitize.blog.fc2.com/

昔のフィルム写真をフィルムスキャナーでスキャンしアップする、アルバムと備忘録を兼ねたブログです。

露出の失敗や現像ムラなどでボツになったものや、経年劣化でカビやキズの発生した写真をPhotoshopで修正しています。

すんや
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2013/11/19

1件〜100件

  • 第187回 南多摩尾根幹線旧道 星谷戸トンネル付近 平成13年

    今回は「ちょっと気になった風景」ということで、これまでも何度か紹介してきた「都道158号線 南多摩尾根幹線」の旧道部分の一部を紹介してみようと思います。「第179回 切り替えられた道 ~南多摩尾根幹線旧道~ 平成13年」ではかつて存在した米軍の由木通信所前を通る旧道部分を紹介しましたが、今回の写真は同じ日に撮影した続きのフィルムとなります。今回のネタから故障したニコンのフィルムスキャナーに変わって新たに入...

  • 第186回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2004 その6 平成16年

    前回の多摩川橋梁編でタイトル回収できたこのシリーズもいよいよ今回が最終回。登戸駅西側へと移動してきた今回は、高架新線への切り替えを翌日に控えた向ヶ丘遊園駅との間の末端部の様子を中心に紹介してみたいと思います。登戸駅小田原寄り高架下道路の様子◆ 撮影日:2004/10 Nikon F5 / AiAF Nikkor 28mm F2.8D最初は登戸駅西側(小田原方面)の高架下を潜る道路の様子から。ここは路線バスも通る交通量の多い道路ですがゴミ集...

  • 第185回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2004 その5 平成16年

    前回はJR東日本の南武線登戸駅に寄り道した「変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2004」シリーズ。再び小田急線側に戻り今回はタイトルにもある「多摩川橋梁」を中心に撮影した様子をお送りします。この日を最後に長年使用されてきた従来の登戸駅ホームが廃止され翌日からは新たな高架駅に切り替えられますが、それに連なるガーダー橋の多摩川橋梁も新たな多摩川橋梁へと切り替えられることになります。旧多摩川橋梁を力走する小田急線の...

  • 第184回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2004 その4 平成16年

    これまでは小田急線の登戸駅を中心にしてお送りしてきた「変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2004」シリーズですが、今回はJR東日本南武線の登戸駅の様子を公開したいと思います。高架複々線事業に伴い高架駅へと改築が進む2004年当時の小田急線の登戸駅ですが、JR南武線の登戸駅でも橋上駅舎化の工事がスタートしたこともあり、前回2003年1月の訪問では撮影しなかった南武線側の状況も記録することにしました。今回は特にあまり目が向...

  • 第183回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2004 その3 平成16年

    2004年に記録した登戸駅と多摩川橋梁のシリーズも三回目。今回は小田急とJR南武線両駅の改札口周辺の写真を中心に紹介していきます。これまで撮影日を「2004年8月」としてきましたが、今回公開する写真の被写体から「2004年10月2日」の撮影であることがわかりましたので、公開済みの記事も撮影日を修正しました。ここまで新2番ホームと仮設旧1番ホーム新宿方で多摩川橋梁を渡る列車などを撮影、次は反対側の様子を記録してみようと...

  • 第182回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2004 その2 平成16年

    高架複々線化事業に伴いこの年10月の下り線移設を控えて改装工事中だった2004年の小田急線登戸駅。新線に切り替え済みの上り線ホームの様子を撮影した前回に引き続き、今回は仮設の旧ホームである1番線下りホームの様子を紹介してみようと思います。小田急線 登戸駅 改装工事中の新改札口付近◆ 撮影日:2004/08 Nikon F5 / AiAF Nikkor 28mm F2.8D新線に切り替えられた上り線仮2番ホームから一段下りてくると1番ホームと改札口へ...

  • 第181回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2004 その1 平成16年

    今回から「変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁」の新シリーズとして2004年に撮影した写真を公開していきます。2004年10月3日に下り線が移設されるのを控えた8月のある日に記録した今となっては懐かしい登戸駅を中心とした写真の数々をご覧ください。(今回の撮影ではなぜ移設前日ではなかったのか?17年も前のことなので今となっては記憶の彼方です)小田急線 登戸駅 移設工事中の仮1番ホームと仮2番ホーム◆ 撮影日:2004/08 Nikon F5...

  • 第180回 シリーズ定点撮影 その9「柿生駅周辺のいまむかし」

    末尾「0」の回恒例の定点撮影シリーズ、今回は小田急線の柿生駅周辺の今と昔を比較してみます。私のルーツとしての関わりがあるこの町の20年前の記録と現在。その間にどんな変化があったのか?この足でその変化を確かめに行ってみました。今回は以前公開した「第142回 街かどスナップ 〜柿生界隈ぶらり散歩〜 その1 平成13年」と「第142回 街かどスナップ 〜柿生界隈ぶらり散歩〜 その2 平成13年」からいくつかの写真を...

  • 第179回 切り替えられた道 ~南多摩尾根幹線旧道~ 平成13年

    第179回の今回は「ちょっと気になった風景」ということで今からちょうど20年前の夏に訪れた都道158号線南多摩尾根幹線の旧道の写真を公開します。以前2002年に訪問した、新道への切り替えで廃道化された区間の訪問の様子を公開しましたが、今回は在日米軍由木通信所があった旧道区間が車での通行が可能であった2001年当時の様子を辿って行きましょう。都道158号線 南多摩尾根幹線旧道との接続部◆撮影日:2001年8月28日 KYOCERA Sl...

  • 第178回 竹岡駅とヒカリモを見に行く 平成15年

    さて、春先に電源が入らなくなったニコンのフィルムスキャナーはあいかわらず故障中なので、今回も引き続き中判ネガフィルムの写真をスキャンしてみます。前回公開したの日野橋のネガフィルムをスキャンした際、同じ保存袋にあったネガには長らく陽の目を見ることのなかった見覚えのある画像の数々が。撮影時の記憶はあったものの記録がなかったためいつ撮影したのか定かではありませんでしたが、今回はこれらの画像を公開してみた...

  • 第177回 試し撮りで日野橋へ 平成14年

    図らずも「多摩川シリーズ」となったここ数回の記事ですが、今回も多摩川に架かる「日野橋」の写真をスキャンすることとなりました。というのもこれまで10年以上に渡って愛用してきたニコンのフィルムスキャナーが春先に故障。電源が入らなくなったことから予定してたスキャンのスケジュールを大幅に変更せざるを得なくなりました。今後のネタをどうしよう?と悩んでいた訳ですが、どうせならこれまでしなかったことを試してみよう...

  • 第176回 旧関戸橋界隈 平成13年

    今回はカテゴリー「ちょっと気になった景色」として、多摩川を挟んで多摩市と府中市の都道18号線に架かる旧関戸橋の2000年代初頭の様子をお送りしてみようと思います。この写真を撮ったのはちょうど写真撮影の趣味を再開した頃で、なにかテーマを決めて撮影してみようと思い身近な存在でもある多摩川に架かる橋を記録するシリーズとして一番目に訪れた場所でした。結果から言うとこれ以降そのシリーズを意識した撮影が続く事はなか...

  • 第175回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2003 その5 平成15年

    2003年1月25日に訪れた小田急小田原線の複々線化事業に伴う上り線の新線切り替えを翌日に控えた登戸駅と多摩川橋梁を巡る一連のシリーズもいよいよ今回が最終回。登戸駅→和泉多摩川駅→和泉多摩川2号踏切→多摩川水道橋を渡って再び川崎市側へと戻ってきた前回に引き続き、今回は登戸駅北側から向ヶ丘遊園駅までの区間を巡った様子をお送りします。多摩沿線道路をまたぐ小田急登戸駅新ホーム◆ 撮影日:2003/01/25 Nikon F5 AiAF Nik...

  • 第174回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2003 その4 平成15年

    和泉多摩川2号踏切を中心に撮影した前回に引き続き、今回は徒歩で多摩水道橋を渡って川崎市側の多摩川橋梁周辺を撮影した様子までを辿ってみたいと思います。小田急線 和泉多摩川2号踏切に差し掛かる湘南急行新宿行き 5000形電車◆ 撮影日:2003/01/25 Nikon F5 AiAF Nikkor 20mm F2.8D高架化によって近い将来廃止される予定の和泉多摩川2号踏切で何本かの列車を撮影。すぐ横に作られた新しい線路に切り替えられる上り線の線路...

  • 第173回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2003 その3 平成15年

    高架複々線工事が進む2003年の小田急登戸駅とその周辺を見に行くシリーズも折り返し地点となる三回目となりました。和泉多摩川駅から見た上り線の新線切り替え前日の様子から引き続き、今回は多摩川河川敷からみる多摩川橋梁周辺と高架化によって廃止される和泉多摩川2号踏切を撮影した写真を中心にまとめてみました。多摩川緑地公園グラウンドへ至る道◆ 撮影日:2003/01/25 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D高架化工事によって線...

  • 第172回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2003 その2 平成15年

    前回から始まったシリーズ「変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2003」、今回は登戸駅ホームでの撮影から上り電車で隣駅の和泉多摩川駅へ移動して反対側からの多摩川橋梁の様子を見てみます。翌日に登戸駅と新たに建設中の多摩川橋梁への上り線の移設を控えた2003年1月25日、移設前の様子を記録すべく登戸駅へやってきました。ホーム上の様子を撮影後、通過していく優等列車などを撮影しつつ和泉多摩川駅への各駅停車が来るのを待ってみ...

  • 第171回 変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁2003 その1 平成15年

    第171回の今回からは「変わりゆく登戸駅と多摩川橋梁」と題して新たなシリーズを始めてみたいと思います。「東関東撮影旅行シリーズ」が終了してからのここ数回は主に道路をネタとしたシリーズを展開してきた当ブログですが、意外なことに地元ネタとして多数のアクセスをいただいたようで、驚きとともに今後の展開への手ごたえを感じさせるものがありました。さて、そんな中ようやく材料の整理に目途がついて公開するに至ったこの...

  • 第170回 シリーズ定点撮影 その8 「鶴川駅周辺のいまむかし」

    なかなかブログ用の材料整理がままならず、ここ最近道路ネタが続いている当ブログ。末尾「0」の回恒例の定点撮影シリーズですが(多少の鉄分を含めつつ)今回もほぼ道路ネタとなってしましました。さて今回公開するのは2001年当時再開発に伴って移設された都道3号線を中心に撮影した小田急線鶴川駅周辺の様子をお送りします。比較的よく通る道ではあったもののこれまであまり用事がなかったこともあってほとんど訪れたことがなか...

  • 第169回 使われなくなった道 〜南多摩尾根幹線旧道〜

    前回から引き続き道路ネタが続く形となりましたが「ちょっと気になった風景」ということで、今回は2020年東京オリンピックで自転車ロードレースのコースに選ばれた事でも有名になった「南多摩尾根幹線」の都道158号線旧道部分を紹介します。免許取得以降現在まで何度となく通った身近な道路ということでその変化の様子を目の当たりにしてきましたが、2002年当時大きな変化があった箇所として注目していた場所でもありました。ある...

  • 第168回 シリーズ「変わり行く街並み」 〜2004年の新百合ヶ丘北口界隈〜

    第168回は前回から引き続き、シリーズ「変わり行く町並み」の新百合ヶ丘北口界隈の2004年の様子をお送りします。前回の記事では2003年の新百合ヶ丘北口万福寺地区の再開発に伴いそれまであった道路の付け替え工事が進む様子を中心にお送りしたところですが、公開後の整理で翌年の道路付替が済んだあとに撮影した時のネガが見つかりました。約半年が経ち工事の進捗とこの地区にどのような変化があったのか?記録と共に記憶を掘り起...

  • 第167回 シリーズ「変わり行く街並み」 〜2003年の新百合ヶ丘北口界隈〜

    今回は当時大きな変化を遂げつつあった、新百合ヶ丘駅北口周辺の様子をお送りしてみます。当時よく通る道ではあったものの変化しつつある日常を前に意識して記録していくといった行為が希薄だったな、と思い至ったのが今回の写真を撮った経緯でもありました。以前のものも含め今現在とは違う、「変わり行く街並み」をスナップした写真がいくつかあることに気がついたので、今後はシリーズとして公開していこうと思います。さて、周...

  • 第166回 東関東撮影旅行2004 「銚子電鉄 外川駅編」  平成16年

    約1年間に渡って連載してきた「東関東撮影旅行2004」もついに今回が最終回。2004年の1月に東関東各地の数々のローカル鉄道を訪問、三日目の最終日は宿泊地の銚子からほど近い銚子電鉄のいくつかの駅を訪問しました。本銚子駅、笠上黒生駅に続いてやってきたのは終点の外川駅。この時点ではその後の廃線の危機に関わって話題になる「ぬれせんべい」もまだ知名度が高くなく、個人的には昭和の時代に朝の連続ドラマで舞台になった事く...

  • 第165回 東関東撮影旅行2004 「銚子電鉄 笠上黒生駅編」  平成16年

    「東関東撮影旅行」の最終日に訪れた銚子電鉄。前回の本銚子駅に続いてやってきたのはお隣の「笠上黒生駅」。銚子電鉄線では唯一上下列車の交換可能な主要駅の一つです。銚子電鉄 笠上黒生駅の駅名板と木造駅舎◆ 撮影日:2004/01 Nikon F2 AiAF Nikkor 28mm F2.8Dこの時点では趣のある木造駅舎と昔ながらの駅名板が残る、よくある地方鉄道の典型的な駅の風景が見られました。夜間に駅名板を照らすための「照明」があったであろう...

  • 第164回 東関東撮影旅行2004 「銚子電鉄 本銚子駅編」  平成16年

    「東関東撮影旅行2004」の旅もいよいよ大詰め、今回からは最終日に訪れた千葉県東部銚子市のローカル線「銚子電鉄」の様子をお送りしてみようと思います。と、その前に前回の鹿島鉄道鉾田駅からこの日の宿泊地である銚子へ向かう途中での一コマなど。鹿島港の夕景◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D道中には鹿島臨海鉄道が並走する区間があったりしますが時はすでに日没間近。後ろ髪を引かれつつも地図上で気にな...

  • 第163回 東関東撮影旅行2004 「鹿島鉄道 鉾田駅編」 その3  平成16年

    西日に照らされたドラマティックな光景にすっかり虜になり、フィルム一本分を使い果たす勢いで撮影をつづけた鉾田駅。東関東撮影旅行2004「鹿島鉄道 鉾田駅編」も今回で三回目となりました。鹿島鉄道 鉾田駅 駅裏から構内全体を望む◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D駅構内全体を見渡せる場所から西日に照らされた長い自分の影を写しこんでみたり。それに加えて妖しげな雲の様子も相まって、より印象的な絵に...

  • 第162回 東関東撮影旅行2004 「鹿島鉄道 鉾田駅編」 その2  平成16年

    少し間が空きましたが今回から再び「東関東撮影旅行2004」シリーズの再開です。日没近い時間に到着した鹿島鉄道線終着駅の鉾田駅。列車を待つ人もなく閑散とした待合室の様子を撮影した後、入場券を購入してホームへと足を向けてみました。鹿島鉄道 鉾田駅終端部の車止め◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D改札を抜けて最初に目に留まったのは西日に照らされた車止め。終着駅ならではの光景として当たり前の景色...

  • 第161回 シリーズ定点撮影番外編 変わりゆく登戸の街並み 2019〜2020

    本来なら「東関東撮影旅行」シリーズの鉾田駅編を再開するところでしたが、定点撮影シリーズの撮影で訪れた登戸駅周辺の変化が予想より大きかった事もあって今回はその様子を少しだけ紹介してみたいと思います。前回の小田急登戸駅編とその前のJR登戸駅編を公開するにあたって2019年3月と2020年1月に訪問した登戸駅周辺。以前より車窓から変化しつつある様子を眺めていたものの、実際に降り立ち歩いてみるとみると以前の街並みが想...

  • 第160回 シリーズ定点撮影 その7 「小田急登戸駅のいまむかし」

    今回の「シリーズ定点撮影 その7」は、前回の「JR登戸駅」に続く形で「小田急登戸駅」を取り上げたいと思います。JR登戸駅の回でも書いた通り、高架複々線化工事に伴う形でここ20年の間に大きく変化があった駅ですが、令和に改元された現在、小田急・JRそれぞれの駅改築に続いて駅周辺の再開発が進んでいる状況のようです。まずは駅改築工事が進み始めた2004年当時の小田急登戸駅の様子から。小田急登戸駅 旧駅舎◆ 撮影日:2004/...

  • 第159回 東関東撮影旅行2004 「鹿島鉄道 鉾田駅編」 その1  平成16年

    2019年最後の更新は「東関東撮影旅行2004」の続き、「鹿島鉄道 鉾田駅」の写真をお送りします。鹿島鉄道線は日立電鉄線と同様に今回の訪問の数年後となる2007年に廃止され現存していません。廃止後に再訪する機会がありましたが、偶然とはいえ現役時代に訪問できたことは貴重な体験となりました。2004年の1月に訪れたこの撮影旅行では個人的な目的として当時東関東に存在していた地方私鉄を巡る旅をテーマとし、ここまで「日立電...

  • 第158回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その2  平成16年

    今回も、前回に引き続き後編として茨城交通湊線の終着駅「阿字ヶ浦駅」の終端部分の様子をお送りしてみます。2004年1月早々、東関東の地方私鉄を巡る旅で訪れた阿字ヶ浦駅。正月ということもあって勝田駅への列車が出発してしまうとひとけのない広い構内はより一層ひっそりとした雰囲気に。茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅構内側線に留置されていたキハ201と無蓋貨車のトラ15・16◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 50mm F1.4Dそん...

  • 第157回 東関東撮影旅行2004 「阿字ヶ浦駅編」 その1  平成16年

    東関東の地方私鉄を巡る撮影旅行の二日目、かつて茨城県に存在していた地方私鉄「日立電鉄」を訪れた前回に引き続き、2008年に「ひたちなか海浜鉄道」に引き継がれ名称を変えた「茨城交通湊線」の阿字ヶ浦駅へやってきました。車での移動ではありますがこの日の宿泊地が決まっている都合で全線をくまなく周ることもできなかったため、今回は湊線の終点である阿字ヶ浦駅のみの訪問となりました。茨城交通湊線 阿字ヶ浦駅◆ 撮影日:2...

  • 第156回 東関東撮影旅行2004 日立電鉄編 その2  平成16年

    第156回の今回も前回に引き続き「東関東撮影旅行2004 日立電鉄編」の続きを書いてみます。2004年の1月早々に訪れた東関東を中心とした友人との撮影旅行の二日目、かつて存在した茨城県の地方私鉄「日立電鉄」鮎川駅周辺を撮影した我々はすぐ近くにある海岸へと足を向けてみました。日立電鉄鮎川駅近くの海岸◆ 撮影日:2004/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 28mm F2.8D真冬の海ということもあって海岸への道中も含め人影を見ることもなく...

  • 第155回 東関東撮影旅行2004 「日立電鉄編」 その1  平成16年

    今回から「東関東撮影旅行2004」と題して数回にわたって新たなシリーズを始めたいと思います。この数年前から遠ざかっていた写真撮影を再開し、旧友との数日間に渡る初の撮影旅行にあたって選んだ場所は茨城・千葉と福島南部を含む東関東の海岸沿いの地域。それまで訪れたことのなかった未知の世界はどのような風景を見せてくれるのでしょうか。(※今回からレスポンシブデザインへの変更に伴い画像を高解像度化しましたので、PCで...

  • 第154回 きっぷコレクション その6 「東京駅開業70周年記念入場券」 昭和59年

    第154回はシリーズ「きっぷコレクション」から「東京駅開業70周年記念入場券」をお送りします。 国鉄時代の昭和59年(1984年)12月20日、タイトル通り開業70周年を迎える東京駅の記念入場券として発売されたものですが、よくある短冊形の絵入り記念きっぷと違ったある特徴がありました。 筒状の収納袋に入った「東京駅開業70周年記念入場券」 収納袋には「東京駅開業70周年記念」「国鉄東京南鉄道管理局」の記載 販売形態は写真の...

  • 第153回 2003年の大崩海岸 旧石部隧道 その2 平成15年

    前回に引き続き2003年の正月に訪問した、静岡県の大崩海岸「旧石部隧道」の様子です。正月早々の曇天の早朝に訪れた大崩海岸。この時の訪問では友人との二人での訪問でしたが当時足を負傷していた友人は車に残り、一人での撮影は不安感の漂うものでした。静岡県静岡市 大崩海岸 崩壊した東海道本線旧線路盤跡◆ 撮影日:2003/01 Nikon F5 AiAF Nikkor 20mm F2.8D半分崩れ落ちた旧石部隧道の抗口を後にして、ほぼ消失しかかった旧...

  • 第152回 2003年の大崩海岸 旧石部隧道 その1 平成15年

    今回は2003年の正月に訪問した静岡県の大崩海岸・旧石部隧道の写真をアップします。今ではネット上でもすっかり有名になったこの地ですが、当時「鉄道廃線跡を歩く」という本に載っていた一枚の写真を見ていつかは行ってみたいと思っていた場所でした。新年早々の正月三が日内でしたが、たまたま時間ができたのきっかけに現地へと車を走らせました。(旧石部隧道についての情報は今や私が語るまでもないので興味のある方は調べてみ...

  • 第151回 2002年の小田急線多摩川橋梁界隈 平成14年

    前回の「シリーズ定点撮影」で取り上げた登戸つながりではありませんが、今回は高架複々線工事が始まり徐々に変化し始めた2002年当時の小田急線・多摩川橋梁周辺の様子を撮影したポジをスキャンしてみることにしました。免許を取りバイクやクルマに興味の対象が移り写真撮影の趣味から遠ざかっていた1990年代でしたが、2000年頃から再び一眼レフカメラを手に取るようになりました。この頃からNikonのカメラを使用するようになり、...

  • 第150回 シリーズ定点撮影 その6 「JR登戸駅のいまむかし」

    第150回の今回は下一桁「0」の回恒例の「定点撮影シリーズ」です。連載100回目以降月一更新のスローペースでやってきましたがようやくの150回です。このシリーズ、これまではすでに公開した写真の中から現在の様子を見にいくという形で進めてきましたが、今回は今後公開予定の未公開のネガから題材を取り上げてみました。JR東日本 南武線 登戸駅◆ 撮影日:2019/3 OLYMPUS PEN E-PL6 M.ZUIKO DIGITAL 12-50mm F3.5-6.3 EZ EDさて...

  • 第149回 '92 International F3 League  富士スピードウェイ その5 平成4年

    前回の記事で一旦終了した1992年インターF3リーグの様子を撮影したパノラマ写真ですが、フルサイズ版のネガが出てきたので今回も当時の富士スピードウェイ様子をお送りします。とはいえ、パノラマ版と似たような絵面が多いので今回は個人的に気になったコマをスキャンしてみました。富士スピードウェイ グランドスタンドから◆ 撮影日:1992/11/29 撮りっきりコニカ MiNi / Nikon COOLSCAN IV ED最初の写真はP1-B駐車場とグランド...

  • 第148回 '92 International F3 League  富士スピードウェイ その4 平成4年

    これまで3回に渡って公開してきた1992年に富士スピードウェイで行われた「インターF3リーグ」の様子。四回目の今回は富士スピードウェイの第一コーナーで撮影した写真を中心にお送りします。前回は予選A組・B組のレースが終わり決勝レースまでの間に再び旧コースの30度バンクを見に行ったところまででしたね。前日夜出発で寝不足だったことに加え、予選レース開始前に30度バンクを含む旧コースの見学をしたことですっかり満足して...

  • 第147回 '92 International F3 League  富士スピードウェイ その3 平成4年

    連載三回目の今回も引き続き1992年に行われた「ユーロ-マカオ-ジャパン チャレンジカップ インターナショナルF3リーグ(EURO-MACAU-JAPAN CHALLENGE CUP INTERNATIONAL F3 LEAGUE )」を観戦しに行った時の富士スピードウェイの写真をお送りします。過去二回記事タイトルにレース名を冠しておきながらレースの写真が一切ないということでご不満の方もいたでしょうが、今回からようやくレースの写真が登場します。(笑)富士スピー...

  • 第146回 '92 International F3 League  富士スピードウェイ その2 平成4年

    今回も1992年に行われた「ユーロ-マカオ-ジャパン チャレンジカップ インターナショナルF3リーグ(EURO-MACAU-JAPAN CHALLENGE CUP INTERNATIONAL F3 LEAGUE )」を観戦しに行った時の富士スピードウェイの写真をお送りします。この時初めて訪れた富士スピードウェイですが、インターF3リーグのレース観戦よりどちらかというと「30度バンク」を見ることのほうが楽しみで、それが目的だったと言っても過言ではありませんでした。こ...

  • 第145回 '92 International F3 League  富士スピードウェイ その1 平成4年

    ちょうど26年前の今日、1992年11月29日に静岡県の富士スピードウェイで行われた「ユーロ-マカオ-ジャパン チャレンジカップ インターナショナルF3リーグ(EURO-MACAU-JAPAN CHALLENGE CUP INTERNATIONAL F3 LEAGUE )」を観戦しに行きました。ここしばらく当ブログのヘッダーに掲載していた画像からお気づきの方もいたと思いますが、今回から数回にわたってこの時に撮影した富士スピードウェイの様子をお送りしていこうと思います...

  • 第144回 きっぷコレクション その5 「上野駅開業100周年記念入場券」 昭和58年

    なかなかネタの整理が進まない今日この頃ですが、今回はシリーズ「きっぷコレクション」です。数ある乗車券・入場券のコレクションの中からどれを選ぼうか悩むところですが、あるきっかけから今回はこちらの記念入場券を公開することにしました。「上野駅開業100周年 記念入場券」の収納袋◆ EPSON GT-X700でスキャン左=明治30年頃の上野駅右=上の鉄道汽車出発の図「上野駅開業100周年 記念入場券」から引用まだ国鉄だった時代...

ブログリーダー」を活用して、すんやさんをフォローしませんか?

ハンドル名
すんやさん
ブログタイトル
アナログからデジタルへ
フォロー
アナログからデジタルへ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用