searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

那由多さんのプロフィール

住所
静岡県
出身
大阪府

自由気ままに暮らす毎日。過去から詩を書くのが趣味でした。 季節や心のおもむくがままにブログが書ければと思います。

ブログタイトル
なゆたのブログ
ブログURL
https://nayuta1115.muragon.com/
ブログ紹介文
日々のつれづれに詩を書いています。 たまに、ボランテアをしている花壇の話題や家庭菜園の成長記録など色々。
更新頻度(1年)

83回 / 40日(平均14.5回/週)

ブログ村参加:2020/05/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、那由多さんの読者になりませんか?

ハンドル名
那由多さん
ブログタイトル
なゆたのブログ
更新頻度
83回 / 40日(平均14.5回/週)
読者になる
なゆたのブログ

那由多さんの新着記事

1件〜30件

  • 『自信過剰に揺れた頃』

    『自信過剰に揺れた頃』 場末の居酒屋で グラスに何かを託して 心配事を笑い飛ばしながら 俺たちは将来を夢見てた こんな日が永遠に続くと 俺たちは歌い踊り満足してた 争いにもへこたれることなく 思い通りに暮らしてた 時には居酒屋に立って 不思議な思いに襲われることもあった グ...

  • 『こころの棲家』

    『こころの棲家』 闇をさ迷うことに慣れっこになった瞳は、 太陽の光を避けるのでしょう 胸に輝く微かな光だけが道しるべ 出口のない迷路 遠くて暗い路 溜息を漏らしながらも歩いている 見覚えのある所を何度も何度も通っている 行き場のない嘆きがいつもお供 『おいおい』 『いつまで...

  • 『孤独』

    『孤独』 不安で 自信がなくて 一歩も進めなくて うずくまっていた 茫然と遠くを見ていたことも 背中で泣いたことも有った 辛くて 淋しくて すがるものが欲しくて わざと陽気に振る舞って 道化師の気持ちがわかった 雑踏が孤独の棲家だってわかったことも有った 苦虫を噛み潰したよ...

  • 『花のたくらみ』

    『花のたくらみ』 咲く花は甘く麗し うつつ微睡みの夢 寄せては帰す円の舞 出会いと別れのアダージョ 風薫り穏やかにして 慈しみ深し 路傍に咲く花でさえも 栄華を極めしソロモンをも凌駕する ちりばめし濃淡に 蝶のいざないを良しとする 計画された巧妙は およそ陶酔するなりわい ...

  • 『不思議な夢を見た』

    『不思議な夢を見た』 朦朧とした夢とも幻ともつかぬ狭間で不思議な経験をした。 登場人物は、たぶん2人、そして3人 老人は、 疲れ果て生きる力がないと嘆く 若者は、 夢が無いと嘆く 明日をも知れない恐怖が自分を壊してしまうと言う 老人は呟く 夢なんて妄想 有りもしない事を求め...

  • 『大切なひとへ』

     『大切なひとへ』 あなたは、 ご自分の辛かったことは語らず どんな時にも涙もみせず  ただ笑顔でした あなたは、 何を支えに生きて来られたのでしょう わたしたちのために 自分を捨てることをいとも簡単に成し遂げた 夜、狭い部屋で 気づかれないように泣いていたあなたを 今でも...

  • 『解夏』

    『解夏』 柔らかな風が頬をよぎり 懐かしい想い出を 呼び醒まさしてくれる 見えないけれど 息遣いを感じる ここは 無垢な魂が駆け抜けた夢 喧騒から逃れ閉ざされた部屋 安易に生きることを嫌い 群れから離れ 心を虚しく過ごした日々 弱さを弱さと 受け入れる力が欲しかった そう願...

  • 月齢

    日本では、月齢を素的な言葉になぞらえている。 こんな風流を知る国はほかに無いのではないだろうか。 月齢 1:朔(さく)/新月(しんげつ) 2:既朔(きさく) 3:三日月(みかづき) 7/8:上弦(じょうげん) 13:十三夜(じゅうさんや) 14:小望月(こもちづき)/幾望(...

  • 今年「ムーミン75周年」

    今年、2020年は「ムーミン75周年」だそうです。 1945年に最初の小説『小さなトロールと大きな洪水』が発表されてから、四分の三世紀がたちました。 ムーミンはフィンランドの国民的作家であり、画家・芸術家であるトーベ・ヤンソンに よって、小説シリーズ、絵本、コミックスとして...

  • 『ひきこもりのこころ』

    『ひきこもりのこころ』 長い間生きて来て 本当の自分を出すのが臆病になることがある こころの殻が硬くなって ただ悶々と考え込んでいた 人目を気にするためじゃなく 自分を貶めるかも知れない不安のせい 何度となく失くしてきたものは 口から出た言葉によるものだから 茫然と行き過ぎ...

  • 『おぼろげの月』

    『おぼろげの月』 月夜に咲くはおぼろの花 焼き尽くす情念を蒼くたたえ 穏やかに光を放つ 無邪気には愛せぬと ささくれた心が 儚い夢に胸を焦がしてゆく 君よ、降り注ぐ光となり 窓辺に来たりて愛を奏でたまえ はらはらと散る言の葉 至高の淡き時は そこはかと静寂をきそう 叶わぬも...

  • 『異邦人』

    「異邦人」 紺碧の空は高く ハーバーから見る海は 果てしなく広い ここは西海岸 美しい海岸線に 温暖な気候と乾いた空気 行きかう人は 皆、あてもなく歩き 記念写真を撮っている 石畳の人波に 身を委ねて ゆらゆらとさ迷う リトルイタリーの 陽気でにぎやかな雰囲気 挽きたてのコ...

  • 『アンパンマンのマーチ』

    2013年10月に逝去された『アンパンマン』の作者として知られる漫画家 "やなせたかし"さんが残した名曲。 『アンパンマンのマーチ』の歌詞には、やなせたかしさんの人生哲学が詰まっている。 それも、難しい言葉ではなく誰にでもわかる言葉で 「小さな子供たちに口ずさむことが出来る...

  • 『黄泉がえり』

    『黄泉がえり』 満天の空に 見守る君がいて 月に御霊(みたま)宿る 流れ星 一つふたつ 魂はいつかは知らず 地に舞い降り 根をおろし ひっそりと息づいていく 朽ちる肉体は 地に溶け 土となり 水となり 自然に帰(き)して 遍く僕らを生かし続ける 時を越え繰り返される 魂のル...

  • 『JE SUIS MALADE 私は病気』

    日本では、あまりなじみが無いかも知れないのですが、とても有名な女性音楽アーティストを紹介します。それは、Lara Fabian。 Lara Fabian(ララ・ファビアン)は、1970年ベルギー生まれで、ベルギー人の父とイタリア人の母を持つ。性格的にはイタリア人気質、情熱的...

  • 『鎮痛剤』

    マリー・ローランサンは、20世紀前半に活動したフランスの女性画家・彫刻家 詩人としても有名です。 パステルカラーの美しい女性達の絵画を思い出す。 彼女の詩に『鎮静剤』という有名な詩が有ります。 この詩の最後の言葉 『死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です』  なん...

  • 『満月』

    若い頃 ギラギラと輝く太陽が すべてを焼き尽くし すべてを我がものにする そんな強さと情熱に憧れた 今は 蒼く輝き 虚空を飾る 母の眼差しに似た 穏やかな月明かりに憧れる 日の光は 即効の夢 月の光は 沁み込むほどの夢 齢を重ね うかつにも忘れてしまった 闇を照らす光 うっ...

  • 『未完の器』

    『未完の器』 無性に優しい言葉が欲しくなることがある そんな言葉にすべてを賭けてみたくなることがある 寄るべない思いを癒やしてくれるなら 他には何もいらないと思ったりして・・・ そして慟哭し 心をズタズタにしていく 甘ったるい感傷だけが人生じゃないと思うから 時に熱い魂を掻...

  • 『穏やかなメロディー』

    『穏やかなメロディー』 何も考えず 旋律に埋もれていたい 降り注ぐ音の雫は 優しく私を包み 溢れて 煩いや憂いを溶かしていく こんこんと湧きでる言葉の渦に 何を選び何を捨てるのかを問いながら 人知れず 道標のない旅を続ける                      なゆた

  • 『霧がかかったように』

    理由もなくブルーな気分 胃袋に鉛をほおりこんだような不快 今日も外は雨 記憶が霞んで 不思議の国のアリスのように ウサギの巣穴を探している 今日は、音楽でも聴きながら 何も考えない一日にしようか                なゆた

  • 『花咲く頃』

    『花咲く頃には』 パステルカラーの絵具を 撒き散らしたように さまざまな色彩に包まれ 花壇の妖精たちは 朗らかに微笑んでいます 口元は自然と リズムを口ずさみ ささくれた心も  しおれた思いにも 暖かな光が差し込んで 生気がまた巡りくるのです               なゆた

  • 『出せなかった恋文』

    『出せなかった恋文』 覚えていますか 胸が痛む出来事を 大切なあの日のことを ここには来れませんか あの笑顔は 夢だったのでしょうか あのままではだめですか あの楽しかった思い出は 幻だったのでしょうか 思い出してください 胸が痛む時 私がそこに居たことを 私のもとへは来れ...

  • 『不死鳥』

    『不死鳥』 数百年に一度 不死鳥は自ら香木を積み重ね 火中に飛び込み 煉獄の火に焼かれる その灰の中から再び蘇り 再び鳥となって現れる                  こんな生き物でも 「命を燃やして、がんばるぞ 負けるもんか」と まだ、ひ弱で真綿のような翼を広げている ...

  • 『心優しい人』

    あなたは 心優しい人 お隣の不幸を 不憫だと泣き 困った人には 思いやりを忘れない 親身になって 裏切られ 傷ついて泣いて それでも人を信じていたいと言う あなたは 心清らかな人 真っすぐ前を見て 疑う事を知らず きれいな思いだけで生き 醜い言葉をいつも避けて通る ただ そ...

  • 『雨だれの音』

    東海地方は、6月、7月としては異例の降水量の雨になった。 風も台風並みの強さ。 油断してしまいました。。。 ちょっと心配になるのは、家庭菜園のこと。花壇のこと。 きっと、トマト・インゲン・キュウリの支柱が倒れているんだろうな・・・。と 気が気でない(笑) 居方ないですね・・...

  • ダイヤモンド・プリンセス号に乗船していました(1)

    去年、実はダイヤモンド・プリンセス号に乗船していました。 タイトルだけだと、まさか今年のコロナ禍の時!!と驚かれる方が大勢いらっしゃる のではないでしょうか? つい最近まで、クルーズ船に乗って旅行したなんて、どんな顔して言えばいいのかと躊躇していました。 まだまだ新型コロナ...

  • 『裸足のこころ』

    『裸足のこころ』 裸足の心は 踏みつけたかけらに 今も怯えている 疼く傷口 萎えた気持ちを奮い立たせ 踏み出す勇気が欲しい 立ち止まったまま そのかけらを大事に抱えている あの痛みは 千切れ雲ほどの孤独 飲み干せぬほどに 深まる傷 今も途方に暮れる わたしがいる 梅雨の雨が...

  • 『閉ざされた部屋』

    突然の風が頬をよぎり 遠い想い出を呼び起こさせる 煉獄の漁火 戻らぬ青春の蹉跌 喧騒から逃れ閉ざされた部屋には 無垢な魂が駆け抜けた夢 群れから離れ心を虚しく過ごした日々 時代は無情にもすべてを押し流し 残照だけが今もリアルに息づくところ 青春は 希望と絶望の織りなす混沌と...

  • 『利己的な遺伝子』

    『利己的な遺伝子』 生きたい生きたいと 死んで逝く人がいる 死にたい死にたいと 生きている人がいる 生きているのに 死んでいる人がいる 愛を語る人がいて その心に刃を忍ばせる人がいる 憎しみに震えながらも 愛してやまない人がいる 説法を説く人がいて その心が空っぽの人がいる...

  • 『スプーン一杯の幸せ』

    焙煎したモカの香り 深い琥珀色 今日のコーヒーは なんとなくほろ苦い 苦さを紛らわすのは スプーン一杯の幸せでいい そとは雨 生乾きのこころを 今日はどこに吊るそうか              なゆた

カテゴリー一覧
商用