searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
酒とソラの日々 / Lazy Days of Liquor and the Skies https://7cascades.blog.fc2.com/

空と雲の写真は記事内容に関係なくほぼ毎日更新しています。空のこと、雲のこと、大気光学現象のこと、気象のこと、写真のこと、酒のこと、北海道のこと、映画のこと、詩のこと、短歌のこと、本のこと、私のことなどなど、飲んだくれの酩酊雑記です。

さえき奎(けい)
フォロー
住所
埼玉県
出身
釧路市
ブログ村参加

2019/05/14

1件〜100件

  • 北海道サマーの宵にどうでもいいことでちょいと吠えてみる ── SHIN・夏待日記 令和四年五月十九日(木)

    「シュッとしてるかしてないか」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は一週間ほど前に撮影した「毛状巻層雲」だ。決して、飛行機の大編隊が通過して残した飛行機雲の雲列などではない(笑)。実は「毛状雲」という雲種は巻雲(すじ雲)にもあって、慣れないとちょっと見分けがつきにくいところもあるんだが、基本的に雲の輪郭が巻雲は「シュッと」、巻層雲は「ぼうっと」...

  • 夕化粧が咲きました(続報) ── SHIN・夏待日記 令和四年五月十八日(水)

    「図鑑的高積雲之図」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、数日前に撮影したいかにも"高積雲らしい高積雲(ひつじ雲)"だ。おれはこういう典型的な雲を「図鑑的○○雲」と呼んでいるんだよね(笑)。高積雲や巻積雲(うろこ雲)は秋の雲の代表のように思われているが、そんなことはない。四季を通じてごく普通に見られる。というか、十種雲形でその季節...

  • 美しいものが儚いのは雲も人も同じだ ── 第2回「乳房雲コレクション展」をやってみる

    「真夏の証明」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight残照に映えるかなとこ雲と乳房雲。どこに乳房雲があるのかというと、かなとこ雲の「朝顔型」に開いた縁の下側にぼこぼこと見える突起がほぼ全て乳房雲だ。かなとこ雲には、このようなフォルムの乳房雲が形成されることが多い。 突然思い立って、第2回「乳房雲コレクション」をやってみることにした(笑)。乳房雲が出現するという...

  • 「Nearly Equal 永遠」なれ! ── SHIN・夏待日記 令和四年五月十六日(月)

    「飛行機雲は千変万化である (その6)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、太陽の近傍を横切った飛行機雲が時間の経過とともに(おそらく)巻積雲に遷移して「釧路ラーメンの極細強縮れ麺」のようなフォルムとなって、そこから簾のように尾流雲を生じたところだ。うれしいことに、22度ハロ(内暈)も共演してくれているじゃないか(笑)。タイトルのとおり、...

  • Key Me War Eye, Sue! ── NEO-夏待日記 令和四年五月十五日(日)

    「平行四辺形に切り取られた夕空」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60s, ISO400, WB:Daylight 本日は、早朝7時から町内会の資源ごみ当番だったんだが、数日前から天気のことばかり気にしていた。というのは、昨年は冷たい雨がざんざん降りしきる中、レインウェアで完全装備しての強行軍だったからね(笑)。幸い今回は、時折陽も射す薄曇りの天気だったので事なきを得た(笑)。それにしても、分別に対する住...

  • 今年は先に来てくれました ── NEO-夏待日記 令和四年五月十四日(土)

    「ある飛翔(その47)── 黄昏発黄泉(こうせん)行 第2便」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は数日前の夕暮れ近くの西の空。飛行機雲がゆるやかなカーブラインを描いて飛んで行くところを数カット押さえた。たまにこういう軌跡を見かけるが、スーッと一直線に伸びるコントレイルもいいんだけれど、俺的にはこんなのも好きなんだよね。別カットを拡大してみたら、先端付...

  • 内側からは鈍色 ── NEO-夏待日記 令和四年五月十三日(金)

    「湧き立つ午後」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、先月のある日の午後遅く西の空に出現した積雲らしい積雲だ(笑)。素晴らしい勢いで湧き上がって来るのが見えたので数カット撮影したカットのうちの一枚だ。この頃は春とは言え、陽が傾くと急速に気温が下がって来る。もしかしたらベール雲か頭巾雲が出現するかもと淡い期待も抱いていたんだが、風が強かったせい...

  • 黄昏発黄泉(こうせん)行 ── NEO-夏待日記 令和四年五月十二日(木)

    「ある飛翔(その46)── 黄昏発黄泉(こうせん)行」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 昨日は、酔いに任せて「淡々」と生きるやら「タンタン♪」と飲むのがどうたらなどとくだを巻いていたら、心優しきフォロワー・読者諸兄姉の皆様方から温かいコメントやメールを頂戴した。改めて、熱く厚く御礼申し上げる次第だ。ああいうことを書くということは、何かしら心に鬱積があるんだろ...

  • タンタン♪と生きる ── NEO-夏待日記 令和四年五月十一日(水)

    「春愁への一撃 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250s, ISO100, WB:Daylight太陽の左斜め方向に「雲の影」が、真上方向に微かに「飛行機雲の影」が見えているのがお分かりいただけるだろうか。「春愁への一撃 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight左幻日のアップ画像。太陽高度(この時は約8度)が低く赤味が強い割りにはきれいに光彩が分散している。 ...

  • 【改訂版】 A Toadstool Comes up in a Night / 毒茸と楢(オーク)の木 ── クリスティーナ・ロセッティの詩を読んでみる 第4回

    画像出典:「ベニテングダケ」(2019年7月5日 (金) 03:38 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』 Ak ccm 氏を著作権者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 オランダ ライセンスの下に提供されています。 トップ画像は、童話の絵本などによく登場する「ベニテングダケ」だ。見た目が毒々しいだけではなく、実際問題として毒キノコなんだが、一般に思われているような猛毒ではない。大量に摂取すると腹痛・嘔...

  • 早くも走り梅雨らしい ── NEO-夏待日記 令和四年五月九日(月)

    「初期鋭敏性に翻弄されるシーラスストリーク」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylightトップ画像に写る帯状の雲は、元々は「シーラスストリーク/Cirrus Streaks」(ジェット巻雲の一種)と思われる雲列だったんだが、上と下に見える雲が全く異なる変化をしていることに注目されたい(笑)。上の雲は見事にねじれているのがお分かりいただけると思うが、巻雲としての特徴は残っている。対...

  • 日本で一番遅い桜が咲いた ── NEO-夏待日記 令和四年五月八日(日)

    「日本で一番美しい桜 ── エゾヤマザクラ」花も大きく色も濃いエゾヤマザクラは、ソメイヨシノよりはるかに美しく見栄えがする。道産子の脳には「桜とはこういうものだ」という刷り込みがされている。画像出典:中村昌寛氏 撮影によるこの作品は 写真AC から提供されています。 本日釧路地方気象台は、俺の故郷である釧路市で桜が開花したと発表した。もちろん例年のとおり、全国で一番遅い開花となった(但し、気象庁の全国58の...

  • されど予定は立てねばならぬ ── NEO-夏待日記 令和四年五月七日(土)

    「ある飛翔(その45)── 私、通ってます」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、先日高層雲の切れ間にたまたま飛行機雲が通過して行くのが見えたのであわてて撮ったカットだ。それも楕円形の雲の隙間の長径方向に沿って通って行ったんだよね。まあ、ただそれだけのことなんだが、ソラ屋としてはこんなことでもちょっとうれしくなるんだよね(笑)。そうだね、笑っ...

  • 予定は未定にして ── NEO-夏待日記 令和四年五月六日(金)

    「飛行機雲は千変万化である (その5)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 信じられないかも知れないが、この妖しげな雲は"飛行機雲由来"なんだよね。何故自信を持ってそう断言できるかというと、ずっと見ていたからだ(笑)。ベール状やもつれ雲状の構造から、おそらく巻雲と同定して間違いないと思うんだが、よく見るとなかなか複雑な変化をしている。飛行機雲は何か...

  • 五月晴れの一日の選択は「洗濯」だった ── NEO-夏待日記 令和四年五月五日(木)

    「Crossing Distrails ── 雲を消して行く飛行機雲 (その5)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は「雲を消して行く飛行機雲」つまり「消滅飛行機雲」なんだが、よく見ると二本の消滅飛行機雲が交差していることに注目されたい。過去記事で何度か触れているが、消滅飛行機雲は広義には「穴あき雲」の一種だ。飛行機が雲の中を通過する際に、排気熱や乱気流によっ...

  • 明日から「ほぼ」四連休 ── NEO-夏待日記 令和四年五月四日(水)

    「おたくのおたくによるおたくための発見」 Canon EOS 5Ds R, EF70-200mm F2.8L USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は四月のある日、恒例のソラのチェックをしている時、南の空に浮かんだレンズ雲もどきの上部に微かに「ケルビンヘルムホルツ不安定性の雲」が見えた。すぐにカメラを抱えてベランダに飛び出したんだが、あまりにも遠かった。「間に合ってくれ!」と祈りながら部屋に戻り、あわてて望遠ズームに換...

  • 忙(せは)しかるまじ、繊月よ ── NEO-夏待日記 令和四年五月三日(火)

    「春の朧の高積雲 ── VHFアンテナのある空景 (その44)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 今日は久々に北海道サマーの一日だった。晴れて湿度が低く、おまけに微風が吹いて実に爽快だ。窓という窓をを全開して昨日の淀んだ空気を入れ換えた。絶好の休日勤務日和(?)なので、さぞかし仕事の方も捗ったかというと実はそうでもない(笑)。午前中は、ネットニュースや藤井聡太竜...

  • 白い蝶々が僕に飛んでくる ── NEO-夏待日記 令和四年五月二日(月)

    「ある飛翔(その44) ── 曲線はいつだって魅惑的だ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 今日は朝から晴れてはいたが肌寒い一日だった。最高気温は19度止まりで、午後からは風が強まり一時小雨がぱらついたりした。埼玉県南部や都内では雷雨になったところもあって、雨上がりにはでっかい虹が出たそうだ。あ、俺のところは、今日も何にも出なかったよ(笑)。 ところで、今日の晩...

  • 「カツ丼」は人生の抗生物質である ── 再び・夏待日記 令和四年五月一日(日)

    「ある飛翔(その43)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 最近晴れの日が一日しか持たない。日中は半袖で過ごした昨日から一転して、今日は気温が14度までしか上がらず午後からは雨模様の天気となった。夕方からは猛烈に冷え込んで来たので、たまらずファンヒーターに出動してもらったよ(笑)。まさか五月になってファンヒーターのお世話になるとは思わなかった。うーん、今年は...

  • 待てば海路の日和あり ── さてさて・夏待日記 令和四年四月三十日(土)

    「春の朧の内暈」 Canon EOS 5Ds R, EF16-35mm F4L IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は何の変哲もない「22度・・・ハロ(内暈)」なんだが(毎度しつこいようだが"ハロ"じゃないからね)、最近大気光学現象に飢えているので、この程度のものでも小躍りしてしまう自分が不憫だ(笑)。よく見ると内側にもう一つ"ハロらしき"ものがある。角距離的は確かに「9度ハロ」の位置なんだが、いろ...

  • 予言者と占星術師の黄昏 ── さてさて・夏待日記 令和四年四月二十九日(金)

    「ソラのアミガサタケ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight何だか蜂の巣状雲の穴ぼこがアミガサタケに見えてしまうんだよね。 世間一般的には今日から連休らしい。久々にまん延防止措置が全面解除された連休ということで、あれこれプランを練って楽しみにしている方も多いと思うし、観光地の関係者なども大いに期待するところがあるだろう。ただ、武漢肺炎は依然として沈静化された...

  • 私は陽気な馬鹿者 ── さてさて・夏待日記 令和四年四月二十八日(木)

    「春愁の午後 (その3)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000s, ISO100, WB:Daylight ここのところしばらくソラ屋の出番がない。天候不順だということもあるんだが、晴れていても大気光学現象はおろかフォトジェニックな雲に遭遇することもないんだよね。せめて夕空が美しい茜色に染まってくれたらうれしいんだが、それすらない。ここ数年の4月の撮影履歴を調べてみても、こんな4月は一度もなかった。トッ...

  • 森の貴婦人「オオバナノエンレイソウ」について少々書いてみる ── さてさて・夏待日記 令和四年四月二十七日(水)

    「延齢草の咲く森は魔性に満ちて」北海道の森のオオバナノエンレイソウの大群落。画像出典:...

  • パン ── 『一冊の小瓶/朝の詩』から磯貝裕美さんの詩を読んでみる 第15回

    「春愁の午後 (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/125s, ISO100, WB:Daylight もう何度も書いているが、産経新聞の一面最上段に掲載される『朝の詩』を楽しみしていた・・。過去形なのは、選者を詩人の新川和江先生が担当されておられた頃に比べて、掲載作品のレベルが格段に落ちたからだ。毎日毎日他人の日記や備忘録のような「詩」を読まされるのに耐えられなくなった今は、まず作者名を確認して...

  • 春の「珍客」が今年も来てくれました ── さてさて・夏待日記 令和四年四月二十五日(月)

    「春の珍客 ── 今年も来てくれました #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60s, ISO400, WB:Daylight今年も来てくれました。並んだアミガサタケの子実体(左は高さ9cm・傘の最大径3cm、右は高さ10cm・傘の最大径4cm)。見た目はアレだが、非常に美味なキノコとして知られている。 今朝リビングの雨戸を開けると、庭の右手に何やら茶色い塊がいくつか見えた。まあ、我が家の庭には時折名前もわからない怪しげ...

  • お布団学習は睡魔との戦いだった ── さてさて・夏待日記 令和四年四月二十四日(日)

    「春の朧の左幻日」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 早速だが、昨日の午後遅く偶然撮影したレア画像をご紹介させてもらいたいと思う。これは、な、何と尾を引きながら大気圏に突入して来た輝く「大火球」だ・・・というのは真っ赤な嘘です(笑)。以前の記事でも触れたかも知れないが、火球とは、流星の中でも特に明るく輝くものをそう呼ぶんだよね(惑星より明るいものまたは概ねマ...

  • 心のつっかえが取れた午後は酒が美味い ── さてさて・夏待日記 令和四年四月二十三日(土)

    「春の朧の右幻日 ── VHFアンテナのある空景 (その43)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250s, ISO100, WB:Daylight いよいよ「庭木ボーボー問題」がのっぴきならないことになって来た。よく見ると・・・いや、よく見なくても、レッドロビンの先端が明らかに隣家の庇にかかっているんだよね(笑)。これはヤバい(笑)。今日は夏日になるとの予報だったので、朝8時頃に起き出してとっとと片付けることにした...

  • 【改訂版】 滝は春だ! そうなのです

    「滝は春だ! そうなのです」 Canon EOS-1N, EF28-80mm F2.8-4.0L USM, f11, 1/2sec., Ektachrome DYNA HighColor100(EBX)水の流れををこういう色合いに発色してくれるのはEktachrome E100VS/EBXだけが持つ個性だ。誤解をしている人が多いんだけれど、日本の風景によく似合い馴染んだ発色をするのは、実はEkatchromeなんだよね。「渓流の星ヒメレンゲ」 Canon EOS 620, EF28-80mm F2.8-4.0L USM, f16, 1/2sec., Ektachrome E10...

  • シュンとなる春愁の一日 ── さてさて・夏待日記 令和四年四月二十日(水)

    「雲は雲なりの激動の生涯」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、シーラスストリーク(ジェット巻雲の一種)が巻積雲に遷移した後、真横からの強い気流に煽られて90度向きを変え、蜂の巣状雲を形成しながら散逸してその短い生涯を終えようとしている姿だ・・・。などとクサいことは百も承知で擬人化して書いてみたりしたんだが、おそらく春愁のせいじゃないかと思う...

  • 【三訂版】 There Will Come Soft Rains / 優しく雨ぞ降りしきる [暁にめざめし春の女神すら我らが去りしことをばそれと心づかざらん ── サラ・ティーズデールを訳してみる 第1回]

    「人のうからのなべて絶え果つるとも、 小鳥も草木も空も雲も、これに心掛くることあるまじ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight 本ブログの恒例となった『やさしく雨ぞ降りしきる』をご紹介させていただく季節となった。記事中にもあるが、この詩の冒頭にある「戦時」とは「第一次世界大戦」のことなんだけれど、一昨年も昨年も「この詩が読まれるべきは、今こそがふさわしい時...

  • 〽雨が降ります、雨が降る…… ── さてさて・夏待日記 令和四年四月十八日(月)

    「眉目麗しき春の光彩(ひかり)よ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/4000s, ISO100, WB:Daylight 本日は先日撮影したなかなか眉目麗しい光環をご紹介させていただきたいと思う。光環は、太陽光が雲を構成する水滴を通過する際の回折・分散によって生じる現象なんだが、水滴の粒の大きさが揃っていない場合は、光が散乱してきれいな同心円状に光彩が分散してくれないんだよね。同じ光環でも花粉によって生じ...

  • My Melancholic Weekend ── さてさて・夏待日記 令和四年四月十七日(日)

    「錯覚の楽しみ (その4)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、本ブログのフォロワー・読者諸兄姉の皆様にはすっかりお馴染みの「飛行機雲の影」だ(笑)。俺は一応「ソラの伝道師見習い」を勝手に自負しているので、しつこく説明させていただくことを何卒ご容赦願いたい。一見すると下にある飛行機雲が上にある巻層雲(うす雲)に影を投じているように見えるんだが...

  • 「煉獄たまご」で昼酒三昧の土曜日 ── さてさて・夏待日記 令和四年四月十六日(土)

    「高きに雨ぞ降りしきる (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は巻積雲に生じた尾流雲なんだが、たまにこういうゆるゆるとした簾のような長い尾を引くことがある。時にはくす玉を割ったように派手に長い尾を広げたりすることもあるし、シュッとした短い尾を引くこともある。まあ、上空の気流や様々な要因が絡んだ結果だとは思うんだが「巻積雲の尾流雲だからこう...

  • いい匂いするアイコンタクト ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月十五日(金)

    「ゆるゆると暮れ行くうるうるとしてしまう空」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/250s, ISO100, WB:Daylight トップ画像はゆるゆると暮れて行く春の空だ。大楠の彼方に広がる波状高積雲が美しい春の色を醸し出しているんだが、俺的にはバーボン色に見えるんだよね(笑)。今日は雨も降っているし、連日の夏日から一転して寒さに震え上がっているのでとても無理だが、ベランダで飲るハイボールが美味い季節に...

  • ドラマは何時だって突然始まる ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月十四日(木)

    「ドラマは何時だって突然始まる #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight「ドラマは何時だって突然始まる #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight ある日の午後遅く、恒例の空をチェックしていたら西の空に妙に直線状に整った波状高積雲が見えた。数カット撮影するうちに、そのうちの数列の一部が突然開き始めたんだよね。いや、違うな...

  • ほぼほぼ真夏日の宵に ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月十三日(水)

    「春だからという訳ではないが朧な光環」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/8000s, ISO100, WB:Daylight 本日は、面白くも何ともないフツーの光環だ。強いて言えば、太陽の輪郭とオーレオールらしき青い環がはっきりと見えることと環の左側が雲端と一致していることくらいか(笑)。ところで、一昨日京都地方でかなり明瞭な環水平アークが出現したそうだ。各地から「こちらでも出ました!」などというニュース...

  • 【改訂版】 「ラーメンについて大いに語ってみる 第1回」 そもそもあんたって誰なのよ?(ロング・インタビュー その8)

    「夕空の入江、茜雲の波」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight  前回へ戻る:そもそもあんたって誰なのよ?(ロング・インタビュー その7)    すみません。ずっと昔に「第1回」をやったまま忘れていました(笑)。あるフォロワーさんから「いつ第2回をやるんだ?」とお叱りいただきましたので、とりあえず第1回の改訂版を再掲してみました。"たき&さわ"からも、最近ず...

  • 連日の夏日の宵はピッチが速い ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月十一日(月)

    「華麗に化ける飛行機雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、ご覧のとおり飛行機雲が巻積雲に転生中と思われるところだ。まあ、それ自体は特段珍しいことではないんだが、よく見ると部分的に二層になっているようにも、"逆Uの字形"に湾曲しているようにも見える。 さて、関東地方は連日の夏日となった。俺のところでは、雲が多めながらも最高気温が26度ま...

  • 夏日の宵の悪夢 ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月十日(日)

    「やせ細る波状雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は並列する飛行機雲ではない(笑)。巻積雲の波状雲が簾のように尾流雲を落として、どんどんやせ細って先端から消滅しているところだ。おそらく一本一本が回転しているじゃないかと思う。巻積雲に尾流雲を生じることは決して珍しいことではないし、尾流雲が簾のように水滴や氷晶を落とすこともしばしばあるんだが、...

  • スクラッチノイズは意味がある存在だ ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月九日(土)

    「春愁の午後」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 昨日の記事で書いたように、今朝は「春眠暁を覚えず」でなければ「お布団読書」を敢行する予定でいたんだが、それを意識しながら眠りに着いたせいか6時前に一旦目が覚めた。覚めたんだが、またすぐに眠りに落ちた(笑)。8時頃にまた目覚めたので、スマホでニュースをチェックした後「さあ、始めるべや」と短歌誌を読み始めたら、...

  • 反比例する僕の春愁 ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月八日(金)

    「オーバーラップする巻積雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、すこしづつオーバーラップする三群の巻積雲(うろこ雲)なんだが、じっと見つめていると重なっているのか繋がっているのか分からなくなって来るんだよね(笑)。まあ、後端部分(画像右側)がオーバーラップしているのは間違いないと思うんだが、全体としては一群の雲塊だと考えられるので、こういう...

  • 俺は今でもよろめき続けている ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月七日(木)

    「ねじれ尾流雲現る」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は「ねじれ尾流雲現る」などというタイトルにしてみたんだが、ご覧いただいたとおり尾流雲そのものがねじれている訳ではなく、元雲の方がねじれているんだよね(笑)。このション○ンみたいな尾流雲を生じている元雲は、おそらく飛行機雲由来だと思うんだが、残念ながら俺はそのプロセスを見ていないので断定...

  • 春のうららのベランダ・ハイボール ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月六日(水)

    「薄暮に光の降るごとく」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO400, WB:Daylight トップ画像は、薄暮の空にほのかな石楠花色に染まった毛状巻雲だ。斜光線は、凄まじい速さで移動しているように感じる。ほんの数カット撮る間もなく、巻雲はたちまち色褪せて行った。 ところで、今朝千葉県など関東地方の一部で「環天頂アーク」「上部ラテラルアーク」「上部タンジェントアーク」「幻日」などが同時に出...

  • 春の陽気戻る ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月五日(火)

    「上部タンジェントアークに遷移中の外接ハロ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、ほぼ水平に見える大気光学現象なんだが「環水平アーク」ではない。よく見てほしい。赤が下側になっているからね(笑)。実は太陽高度が35度の時の「外接ハロ」の上部だけが出現している。理想的な条件が整っていれば、この時の外接ハロは大きく歪んだ楕円形で下部が上に膨らん...

  • It's Going to Rain Today ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月四日(月)

    "Blowin' in the Wind" Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight ある日、巻雲のもつれ雲を撮影していたら、上空の気流に煽られてみるみるうちに尾を引き始めた。もつれ雲は上空の気流が弱いことの証なんだが、この画像は強く吹き始めた気流に煽られて忽ちその姿を変えて鈎状巻雲へと遷移して行く瞬間だ。画像左上の雲片群は巻積雲(うろこ雲)だと思われるが、もしかしたら房状...

  • 影遥かなり春採の丘 ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月三日(日)

    「へろへろ飛行機雲とぼんやり22度ハロ ── VHFアンテナのある空景 (その41)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、昨日ベランダに干してある洗濯物を掻き分けながら撮影した22度ハロ(内暈)とそれを横切る飛行機雲だ。飛行機雲がへろへろ状態なのは、通過してから少し間が開いたために形が崩れてしまったということで、別に飛行機がへろへろ飛んでいた訳ではない。...

  • 今日も花冷えの一日 ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月二日(土)

    「花冷えの空」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight 本日の画像は、数日前の花冷えの午後に撮影した層積雲の波状雲だ。層積雲には「くもり雲」の別名もあるように、この時もにわかに半天を覆って鬱陶しい空模様になった。一般的には、とらえどころのない平凡な雲に思われている節もあるんだが、実はけっこう多彩な顔を見せてくれる面白いやつなんだよね。 長野県の諏訪大社四宮の最大...

  • 四月の始まりは花冷えと花粉光環 ── いよいよ・夏待日記 令和四年四月一日(金)

    「四月を告げる空」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 今日から四月ですな。午後遅く、定例のソラのチェックをしていたら西の空に飛行機雲由来の巻積雲の帯が数本出ていた。何となくVICTORYの"V"の字に見えたので思わず撮ってみたんだが、まあ、こんなもんだね、春の空は(笑)。太陽の周囲にうっすらと光環が出ているんだが、これはおそらく「花粉光環」だと思う。今日...

  • 何もかも先が見えないような気がして来た ── また・夏待日記 令和四年三月三十一日(木)

    「雲だって浮かれたくなる時がある」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO400, WB:Daylight トップ画像はちょっと分かりにくいかも知れないが、くるくると渦巻く雲塊だ。けっこう高くまで伸びて行って、その先端が気流に煽られて高積雲に遷移しているようにも見える。左奥側にも立ち上がり始めた渦巻く雲塊が見えるんだが、暗くてはっきりしない。もちろんこ、くるくる渦巻いているからといって竜巻な...

  • ペパーミントの小瓶 ── また・夏待日記 令和四年三月三十日(水)

    「遥かなり大いなる影」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、ある日偶然見かけた「でっかい雲の影」だ。特に中央の二筋の影は、元になっている雲の形をしているのがお分かりいただけると思う。まあ、雲の影といえば日没直後に長大な影を見せることもあるんだが、実は日中でもしばしば見られる現象なんだよね。ただ、ソラおたく以外の人にはほとんど気づかれることはな...

  • 【改訂版】 俺の好きなフレーズ ── また・夏待日記 令和四年三月二十九日(火)

    「黄昏れても、自分が黄昏れないために俺は飲む #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight「黄昏れても、自分が黄昏れないために俺は飲む #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight 先週末の二つ玉低気圧通過以来、どうも関東地方のお天気がすっきりしない。雨続きなどという感じではないが、終日どよ~んとした曇り空で時折雨もぱらつ...

  • 春未ダ浅キ窓霜ノ空 ── また・夏待日記 令和四年三月二十八日(月)

    「積雲ってやつは、けっこう面白いやつなんだ (その4)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000s, ISO100, WB:Daylightもし、この画像を一目見て「積雲」と同定出来たなら、貴方は立派なソラ屋である。「積雲ってやつは、けっこう面白いやつなんだ (その5)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000s, ISO100, WB:Daylightその雲端は激しく蒸散している。 本日のトップ画像は、積雲(わ...

  • 異世界ニュースみたいだね ── また・夏待日記 令和四年三月二十七日(日)

    「ざわめく午後」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/4000s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、雲の影が出ているくらいで他に特段面白い現象や雲が写っている訳でも何でもないんだが、ちょっと妖しげな午後の空だ。どういう訳が、昔聴いたワーグナーの『神々の黄昏』のレコードジャケットを思い出してしまったよ(笑)。 本日は、仕事の方も目処がついたことでもあるし、本格的「お布団読書」を敢行する予定...

  • 少々ワーカーズ・ハイな宵 ── また・夏待日記 令和四年三月二十六日(土)

    「新・白頭巾ちゃん気をつけて」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/2000s, ISO100, WB:Daylight 未掲載画像の中から危うくお蔵入りするところだった「頭巾雲」をご紹介したいと思う。このくらいの規模になると「ベール雲」と呼んでもいいんじゃないかとも思うが、一応俺の基準では「広がりが母雲の基底部(必ずしも母雲全体の雲底ではなく、べール雲や頭巾雲を生じさせている高まり部分)を大きく越える」もの...

  • 錯覚の朝 ── また・夏待日記 令和四年三月二十五日(金)

    「太っちょなソラのクリオネ?」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight トップ画像はある風の強い日、つるし雲もどきというか壺形をした雲の回転体を見つけたので撮影してみた。ちょっと太目だが、頭に角があればクリオネそっくりだと思わないか(笑)。 昨夜の夕餉の「山かけ鮪漬け丼」は、皆様方から多くのコメントを頂戴した。改めて熱く、厚く御礼申し上げる次第だ。少しだけご報...

  • 君のSONYは木目のSONY ── また・夏待日記 令和四年三月二十四日(木)

    「晴雨それぞれの主張」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 画像の上半分を覆う黒雲は乱層雲なんだが、雲底に「尾流雲」を生じているのがお分かりいただけるだろうか。過去記事でも触れたことがあるんだが、もしこの尾流雲が地上に到達することがあったとしたら、その瞬間にそれは「降水雲」と名を変えるんだよね(参照:続・尾流雲とは何か? ── その雨が「決して地上に届くことは...

  • 【改訂版】 短歌と写真は似ている ── 今宵も俺が悲しい酒を飲る理由

    「切り取るのも捨てるのも極めて難しいソラ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO100, WB:Daylight何の変哲もないごちゃっとした空と雲に見えるかも知れないが、ソラ屋的にはなかなか胸躍る光景だ。まずこれは「巻積雲」の「二重雲」だ。それだけでもけっこうすごい。さらには、ところどころが「波状雲」になったり「尾流雲」や「蜂の巣状雲」に遷移しているし、けっこう忙しいソラなんだよね。「短...

  • 冬将軍リターンズ! ── また・夏待日記 令和四年三月二十ニ日(火)

    「飛行機雲は千変万化である (その4)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、飛行機雲由来の巻積雲だと思うんだが、撮影した時は波状雲のなり損ね・・・・か何かと思っていた(笑)。飛行機雲が波状雲に遷移することはよくあることなので、その時はあまり気にも留めていなかったんだが、現像してみるとその微細構造がなかなか面白いことになっていた。波状雲のそれぞれ...

  • 昼が反攻を開始する日 ── また・夏待日記 令和四年三月二十一日(月)

    「春の朧の上部タンジェントアーク」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は先日の夕刻に出現した上部タンジェントアークだ。以前の記事で、太陽から角距離で22度離れた12時や6時の位置周辺に見える光彩は、22度ハロ(内暈)ではなく外接ハロの一部かタンジェントアークの可能性が高いということを書いたんだが、このくらい太陽高度が低くなってくると(約15度)&quo...

  • それでも「花は咲く」 ── また・夏待日記 令和四年三月二十日(日)

    「春の朧の内暈」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は巻層雲に出現した22度ハロ(内暈)だ。フォロワー・読者諸兄姉の皆様方は耳タコだと思うが、何度でも言わせてもらう。これは"ハロ"ではない!ハロという名のハロはこの世に存在しない。これは種々あるハロの中の一つ"22度ハロ(内暈)"である! 俺がこのブログでいくら喚いたところで何の効果も...

  • お布団読書三昧の季節来たる! ── また・夏待日記 令和四年三月十九日(土)

    「交差する尾流雲列」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight ある日の正午過ぎ、頭上に交差する尾流雲列が見えたので急いで数カット撮影した。並行する二列とそれに交差しようとする一列の尾流雲がお分かりいただけると思う。なかなか躍動的で美しい尾流雲だったが、プロセスは見ていないので元雲ははっきりしない。高積雲か、もしかしたら飛行機雲由来かも知れない。 本日は、久々に...

  • 低温と停電の一日 ── また・夏待日記 令和四年三月十八日(金)

    「大楠の彼方の春のうらら」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/125s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、数日前の午後遅い西の空の様子だ。高積雲(ひつじ雲)がシルエットになっていて「ああ、高積雲って春の雲だな・・・」なんてことを思った。もしこの時、層積雲(うね雲)が出ていて、そこそこのいい絵が撮れたなら多分同じことを言ったと思うんだが(笑)。 今日の関東地方は「寒の戻り」なんてものじゃな...

  • 天災は忘れない頃にもやって来る ── また・夏待日記 令和四年三月十七日(木)

    「風は激しく (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、激しく気流に煽られる尾流雲だ。風に横向きになびいた尾が、さらに煽られて上向きに拡散している様子がお分かりいただけるだろうか。画面右端に飛行機雲が友情出演している(笑)。 まずは昨夜の地震で被災された皆様に、心より御見舞い申し上げたいと思う。フォロワー読者諸兄姉の皆様方のところでは如...

  • いろんなものが飛んでいる春のソラ ── また・夏待日記 令和四年三月十六日(水)

    「早春の外接ハロ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は巻層雲(うす雲)に霞む空に出現した外接ハロの下端部分だ。以前の記事でも書いたが、太陽から角距離で22度の12時や6時の位置に光彩が見えている場合は、22度ハロ(内暈)ではなく外接ハロの一部であることが多い。22度ハロと外接ハロの同定は難しそうに思うかも知れないが、実は慣れてしまえばそれほどでもない...

  • 空 ── 『一冊の小瓶/朝の詩』から磯貝裕美さんの詩を読んでみる 第14回

    「ある飛翔(その11)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight「Twilight X ? ── 『コントレイル祭のソラ』より」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/125sec., ISO400, WB:Daylight 敬愛する詩人磯貝裕美さんの作品の中で、俺が最も気に入っている一篇をご紹介させていただきたいと思う。実は"とっておき"の一枚が撮れたら、その拙作を添えて・・・なんて...

  • 北海道サマーの宵はハイボールが美味い! ── 新々・夏待日記 令和四年三月十四日(月)

    「飛行機雲は千変万化である (その3)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 昨日に引き続いて、本日のトップ画像も「飛行機雲」由来の巻積雲だ。二本の飛行機雲が、見る見るうちに横に広がったと思う間もなく波状雲に遷移した姿を見せてくれた。両サイドに肋骨雲のような筋状の雲も見えたので、これが尾流雲になるかと期待したんだがそうは問屋が卸さなかった(笑)。でもまあ飛行...

  • 北帰行の時 ── 新々・夏待日記 令和四年三月十三日(日)

    「飛行機雲の日」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight トップ画像には8本ほどの帯状の雲が写っているが、この日は終日ほぼ快晴で、半天を覆う雲は全て飛行機雲由来だった。左上から右下に伸びる雲は、一見したところ飛行機雲が肋骨巻雲に遷移しているようにも思えたんだが、飛行機雲が巻積雲に転成し、そこに尾流雲を生じているものと思われる。 昨日の埼玉県北部地方は、最高気温が...

  • 【改訂版】 え、豚汁ってジャガイモじゃないの?── 新々・夏待日記 令和四年三月十二日(土)

    「雲を貫く雲の影」 Canon EOS 5D Mark II, EF 24-105mm F4L IS USM, f11, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight 過去記事で、「え、すき焼きって豚肉じゃないの?── 道産子のソウルフードなどについて語ってみる 」「え、それって白菜じゃないでしょう?── 道産子のキャベツ愛について語ってみる」などというしょーもない話を掲載したことがあったんだが、道産子って郷土愛が強いことと、陸続きで隣接する都府県が存在していないため...

  • あれから11年 ── また巡り来る花の季節は

    「風の電話」出典:映画『風の電話』(令和2年/2020年諏訪敦彦監督作品)公式サイト 今年もまた、忘れ得ぬあの日が巡って来た。何故に自分の短い生涯の間に千年に一度の未曾有の超巨大地震が起こったのか、俺が今生きながらえているのは、たまたま少々離れたところに住んでいたというだけの偶然だったのではなかったのか・・・。あの日のことは決して忘れない。例年のように、今宵もバーボンとペリエとジュースを献杯して、静かに過...

  • 夢想は捨てた方がいい! ── 新々・夏待日記 令和四年三月十日(木)

    「消えゆく層積雲 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO200, WB:Daylight「消えゆく層積雲 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO400, WB:Daylight 数日前の日没前後、西の空に気流に煽られながら消えつつある層積雲(うね雲)が見えた。最初の画像は、一見したところ雲端から尾流雲を生じているように見えるかも知れないが、これは単に気流に煽られた結果尾を引いてい...

  • しーちゃんではない「魔女」の一撃を食らった日 ── 新々・夏待日記 令和四年三月九日(水)

    「パラレルな尾流雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 以前の記事でも書いたことがあるかも知れないが、尾流雲ってパラレル(横二列)な形態で出現することが多いような気がする。まあ、時には巻積雲や高積雲の雲片が一斉に遷移して尾流雲化することもあるんだが、タンデム(縦二列)に現れた尾流雲を見た記憶がないんだよね。もしかしたら気象学的な理由があるのかも知れないが...

  • 【改訂版】 俊敏な褐色の狐は愚鈍な犬の上を跳び越えた ── 新々・夏待日記 令和四年三月八日(火)

    「組んず解れつする巻雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は巻雲の「もつれ雲」だ。巻雲は5,000〜16,000 mといった高空に出現するので、気流に煽られて「鈎状巻雲」や「毛状巻雲」のように一定方向に長い尾を引くことが多い。しかし気流が弱かったり乱れている時には、このように様々な方向に短い尾を引いてあたかも糸くずがもつれたように見える。まあ、人間界...

  • 「現代の九尾の狐」は武漢肺炎じゃないのか? ── 新々・夏待日記 令和四年三月七日(月)

    「春の椿事というほどのものではないけれど」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 昼過ぎ、恒例のソラのチェックをしていたら帯状になった巻層雲(うす雲)に「ケルビン・ヘルムホルツ不安定性の雲」を生じているのが見えた。まあ、元雲が巻層雲ということもあるし、先日ご紹介した「芸術的ケルビン・ヘルムホルツ不安定性の雲」はもちろんだが「俺の撮った中でもそこそこのもの」に...

  • Sunday Morning, Sleepy Face ── 新々・夏待日記 令和四年三月六日(日)

    "The Spring Twilight Sky" Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO400, WB:Daylight 本日は、春一番が吹いた昨日とは一転して気圧配置が冬型となり、埼玉県北部地方の最高気温は6度も低い12度止まりだった。春一番は、日本海を低気圧が進むことで、温暖前線と寒冷前線に挟まれた部分(「暖域」という)に暖かい南風が吹き込むことによって起こる現象だ。この低気圧が東へ抜けると、翌日は「西高...

  • HARU-ICHI-BANG! ── 新々・夏待日記 令和四年三月五日(土)

    「尾流雲に咲いた花」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 昨日、ショボい幻日と上部タンジェントアークの画像を掲載した記事をアップしてからふと思い出した。ちょうど一年ほど前の夕刻近く、西の空に見えた巻積雲の素晴らしい尾流雲に上部タンジェントアークが出現したんだよね。ソラ屋的にはなかなか面白い絵が撮れたと思いながら、ついつい掲載チャンスを逸して、というかその存...

  • ショボいながらもうれしい幻日 ── 新々・夏待日記 令和四年三月四日(金)

    「春は幻日とともに」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylightぼうっとした巻層雲に出現したぼうっとした右幻日。「春はタンジェントアークとともに」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight太陽の真上22度付近に明るい光彩が見える時は、外接ハロか上部タンジェントアークの一部が出現しているケースが多い。 本日は日が傾いてから、春霞のよう...

  • 春だから、春だもの、まあ、とにかく春だべさ ── 新々・夏待日記 令和四年三月三日(木)

    「春だから、春だもの、まあ、とにかく春だべさ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight 本日は桃の節句、春ですな。トップ画像の夕景の雲の影にも、そこはかとなく春の気配を感られると思わないか(笑)。 今日の仕事はきつかった・・・。で、仕事上がりのハイボールをガンガン呷りながら鼻歌で『木遣りくずし』なんかをやっていたら、いろんな「春歌」を思い出したりしてバンバン唄っち...

  • 今が二十一世紀だということが信じられない ── 新々・夏待日記 令和四年三月二日(水)

    「はにかむハニカム構造の雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、高積雲が「蜂の巣状雲」に遷移し始めたところだ。蜂の巣状雲は巻層雲(うす雲)や高積雲(ひつじ雲)に出現する変種で、本来雲は上昇気流によってその形状を維持しているんだが、下降気流が優勢になって来ると雲片の薄いところから次第に消滅して残った輪郭がハニカム(蜂の巣)状の構造を呈して来る...

  • 「SPRINGはずむかも」の三月 ── 新々・夏待日記 令和四年三月一日(火)

    「『SPRINGはずむかも』のソラ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:DaylightA carp springs out of a spring like spring in spring and springs into a dragon.その意味は? ←辞書を引くのがめんどい方は、ここをマウスオーバーしてみなはれ! 冒頭から「こいつは何を浮かれているんだ?」「危ないと思ってはいたが、ついにイカれたか!」などとお思いの方もおられるかと思いますが、そり...

  • 【改訂版】「10年後の私たちは何をしているんだろう?」 ── 新・夏待日記 令和四年二月二十八日(月)

    「さりげなくマルチレイヤーな雲たち」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight二層に重なる層積雲。はるか上空には巻雲。そして地平付近に広がるのは巻層雲だ。 いつもお邪魔している方のサイトにこんな記事が載っていた。一念発起スマホの操作方法を習熟しようとした時の感想なんだけど「スマホって聞きもしないことを蕩々とまくしたてるおたくみたいだ」というようなことが書いてあ...

  • ある陰謀に気づいた朝 ── 新・夏待日記 令和四年二月二十七日(日)

    「Cirrus Streaks ── ジェット気流の落とし子 (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight「『ジェット巻雲』につき、断じて『地震雲』なんかじゃありませんぜ!」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight トップ画像の「シーラスストリーク/Cirrus Streaks」(ジェット巻雲の一種)は、「先日掲載したシーラスストリーク」とは別の...

  • 後悔は足らぬ言葉の吹き寄せ ── 新・夏待日記 令和四年二月二十六日(土)

    「太陽と雲が交歓した結果が光環だ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/4000s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、最早フォロワー・読者諸兄姉の皆様には珍しくも何ともない光環だ(笑)。ただ、この光環は高積雲の「蜂の巣状雲」に生じたという意味でちょっと面白いかも知れないと思っている。「何が面白いのか?」って、ほら、穴の空いた雲片から太陽の輪郭が見えているところとか、何となくバブルっぽいと...

  • そうだったらいいのにな ── 新・夏待日記 令和四年二月二十五日(金)

    「飛行機雲は千変万化である (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 本日の画像には四本の帯が写っているんだが、何れも飛行機雲由来の雲だ。最上段は飛行機雲が高積雲に転成し、そこから糸を引くような尾流雲を生じているものと思われる。その下はもう少しフレッシュな飛行機雲が広がり始めたところで、これからどういう化け方をしてくれるのか期待を持たせてくれる(笑)...

  • 【改訂版】 新しいものは文化と歴史がクロスするところに生まれる ── 新・夏待日記 令和四年二月二十四日(木)

    画像上:「空(ソラ)のクロス」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight画像下:「渓(たに)のクロス」 Canon EOS-1N, EF28-70mm F2.8L USM, f11, 4sec., Ektachrome E100VSこの2葉の写真は、文字どおり「天」と「地」の光景でもあり、撮影日には十数年の隔たりがある。しかし、時空のスケールを少し拡げて見た時、両者の間に隔たりは全く感じられない。どちらも果てしなく遠く小さ...

  • 町内にヤクザとチンピラが住んでいると大変だ ── 新・夏待日記 令和四年二月二十三日(水)

    「組んず解れつ」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は一見「鈎状巻雲」のように見えるかも知れないが、気流に煽られ激しく捻れて絡みあう尾流雲だ。気がついた時には既にこの状態だったので元雲は定かではないんだが、もしかしたら飛行機雲のなれの果てかも知れない。 報道などでご存じだと思うが、オーストラリアのEEZ(排他的経済水域)であるアラフラ海で、オースト...

  • 世界中のにゃんこ達に幸あれ! ── 新・夏待日記 令和四年二月二十二日(火)

    「冬の午後の錯視」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、飛行機雲がほぼ半天を覆った巻層雲(うす雲)に影を生じているところだ。過去記事をお読みいただいているフォロワー・読者諸兄姉の皆様方はご存じだと思うが、その位置関係は飛行機雲が上で巻層雲が下だ。どう見ても下にある飛行機雲が上にある巻層雲に影を投じているように見えるかも知れないが、よく考...

  • 年に一度の贅沢だから ── 新・夏待日記 令和四年二月二十一日(月)

    「朝の珍客」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は数日前の朝、西の空に出現した高積雲の吊るし雲だ。最近の記事でも書いたと思うが、レンズ雲や吊るし雲は富士山などの独立峰の周辺だけで見られる芸術的なフォルムを有する雲は別として、そこそこのものや「もどき」なら関東平野のど真ん中の空でも割と普通に見られるんだよね。 さて、北海道の東方で発達したいわゆる...

  • 【改訂版】 星影さやかな夜にほろ酔い気分で切々と書いてみる ── 新・夏待日記 令和四年二月二十日(日)

    「飛行機雲は時に運河を掘る」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11 1/500sec., ISO100, WB:Daylight トップ画像は、ショボい光環を撮影中に偶然写っていた「消滅飛行機雲」のバリエーションだ。画像右下の高積雲が上を横切った飛行機雲によって消滅飛行機雲が形成され、その空隙が次第に広がって長方形状にスパッと抉られたようなフォルムになった。この雲の特徴である尾流雲(降水条)が、抉れた部分の左辺に沿っ...

  • 陽も朧に雲の彩り ── 新・夏待日記 令和四年二月十九日(土)

    「陽も朧に雲の彩り」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/4000s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、帯状の高積雲(もっと正確に言えば帯状になった波状高積雲)に出現した光環だ。まあ、光環としてはどうということのないレベルなんだが、朧な光彩がなかなかいい感じに撮れたので割りと気に入っているカットなんだよね(笑)。もう何度も書いているが、光環や彩雲など太陽の近傍に出現する大気光学現象を撮影...

  • 一行に全身全霊を込めた時代もあった ── 新・夏待日記 令和四年二月十八日(金)

    「飛行機雲のそれぞれの一生」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像に写っている三本の雲は、いずれも飛行機雲由来のものだ。鳥の羽根のように見える左下から右上に横切る雲は三本の中でも一番フレッシュな状態で、今まさに肋骨巻雲へと遷移しているところだ。飛行機雲は、少なくとも航空機が発明される以前には存在しなかった雲なので、昔の人がこの雲を見ることは...

  • 想定外に酔いの早い宵 ── 新・夏待日記 令和四年二月十七日(木)

    「オーバーラップする高積雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は「二重高積雲」だ。ちょっと分かりにくいかも知れないが、画像の右下から左上に伸びる高積雲の上にほぼ直交する形で左右方向に流れる高積雲が確認できると思う。「二重雲」とは、十種雲形の同じ「類」、つまり十種雲形の基本形の雲が2層以上に重なって出現するものを指す。「雲塊の配列による分類...

  • あなたは「洗濯機」を回せるか? ── 新・夏待日記 令和四年二月十六日(水)

    「翻弄の果てに」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight トップ画像は、強い気流に煽られ絡み合って捻れる尾流雲だ。尾の方だけではなく、雲頂部も尾流雲となる前に「首流雲」と化して上方に舞い上がってしまっている(笑)。上手いネーミングが思い浮かばないんだが、こういうのは「炸裂雲」とでも呼んだらいいんじゃないだろうか(笑)。 さて週末の南岸低気圧の影響で、昨日までパッ...

  • 【改訂版】 嗚呼、積ん読山脈よ、釈明と忌避の彼方に連なる混沌の中の整然よ ── 続々・夏待日記 令和四年二月十五日(火)

    「うー」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight 原因は何なのか釈然としない。俺がビンボー症だからか・・・? まあ、確かに育ちはあまりよくはないよ。だから、フツーの人からみれば廃棄物とか粗大ゴミにしか見えないものでも捨てられない。断捨離どころか、整理整頓だって苦手なんで、何でもかんでもどんどん溜まる一方だ(笑)。だけど、それだけが原因じゃないような気がするんだよ...

  • 22度の奇跡 ── 続々・夏待日記 令和四年二月十四日(月)

    「22度の奇跡 #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight飛行機雲のなれの果てが肋骨巻雲に遷移したところに右幻日が出現した。「22度の奇跡 #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight太陽との位置関係はこんな案配だ。 一昨日の午後遅く、まるで何も期待していなかったほぼ快晴の空に右幻日が出現した。「ほぼ」快晴の空というのは、この時...

  • 黙っていることは美徳じゃない! ── 続々・夏待日記 令和四年二月十三日(日)

    「高積雲の出汁ガラ #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250s, ISO100, WB:Daylight「高積雲の出汁ガラ #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 本日の画像は、波状高積雲が「蜂の巣状雲」に転成して、次第にその姿を消しつつある姿を捉えたカットだ。巻積雲(うろこ雲)や高積雲(ひつじ雲)の上方から弱い下降気流が広範囲に降りてくると、雲の薄い部分から...

  • 尾流雲一刀両断 ── 続々・夏待日記 令和四年二月十二日(土)

    「尾流雲一刀両断」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は、ソラの神様が居合いの腕前を披露して、尾流雲を一刀両断にして見せてくれた・・・なんてことがある訳がない(笑)。では尾流雲を真っ二つにするこの空隙は一体何だろう? 「消滅飛行機雲」だろうって? あのね、いくら俺でも二日続けて消滅飛行機雲は掲載しないべさ(笑)。実はこれ、「雲の影」なんだよね。...

  • 北の海がおかしい ── 続々・夏待日記 令和四年二月十一日(金)

    「よく見るとなかなか忙しいソラ (その2)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/500s, ISO100, WB:Daylight 本日のトップ画像は「光環」を横切る「消滅飛行機雲」なんだが、それだけじゃない。一面を覆った高積雲のところどころに小さな「穴あき雲」や微かな「尾流雲」も見えている(画像左上や右上)。以前も書いたが、消滅飛行機雲は穴あき雲の一種なんだよね。おそらくこの高積雲は、穴あき雲や消滅飛行機...

  • 南岸低気圧と寒気はコラボする ── 続々・夏待日記 令和四年二月十日(木)

    「巻いている巻雲こそ『ザ・巻雲』だ!」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125s, ISO100, WB:Daylight 最近巻雲(すじ雲)の画像ばかり掲載しているような気もするが、俺は元々巻雲マニアなのでどうか生温かい目で見守ってやってほしい(笑)。巻雲は学術名で"Cirrus(シーラス)"と表記するんだが、この"Cirrus"はラテン語で「巻き毛」を意味するところから日本語訳も「巻雲」とされて...

  • 穴が空くのには理由がある ── 続々・夏待日記 令和四年二月九日(水)

    「穴が空くのには理由がある #1」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60s, ISO100, WB:Daylight尾流雲の根元には穴あき雲が形成されているのがお分かりいただけるだろうか。「穴が空くのには理由がある #2」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60s, ISO100, WB:Daylightハート型の尾流雲は、意外とよく見られる。穴の中には尾流雲の痕跡が確認できる。 本日ご紹介させていただく二葉は、先月...

ブログリーダー」を活用して、さえき奎(けい)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
さえき奎(けい)さん
ブログタイトル
酒とソラの日々 / Lazy Days of Liquor and the Skies
フォロー
酒とソラの日々 / Lazy Days of Liquor and the Skies

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用