searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

むくさんのプロフィール

住所
横須賀市
出身
奥州市

Author:渡邊むく 神奈川県横須賀市と山梨県山中湖村に在住。男。産業技術英語通訳・翻訳者。俳句歴:2000年から。

ブログタイトル
渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜
ブログURL
http://junobird2012.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
日々詠む駄句を雑文と写真とともに書き留めるメモ代わりのブログです。
更新頻度(1年)

126回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2014/04/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、むくさんの読者になりませんか?

ハンドル名
むくさん
ブログタイトル
渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜
更新頻度
126回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜

むくさんの新着記事

1件〜30件

  • リラの花

        リラの花ヘップバーンのとこしなへ /むく        (りらのはな へっぷばーんのとこしなえ) 五月富士 (2020.05.25 山中湖村:山梨県) リラの花 リラの花咲く湖畔の道を少し遠くまで歩いて、去年サンコウチョウ(三光鳥)を見た場所へ。 前日に続いてカメラ三脚を背負って。 しばらく待ったが、サンコウチョウは声もなく。 毎年同じ場所に来て営巣すると言うのだが。 帰りの道端で、思いがけなくヤマ...

  • 松蟬(まつぜみ) / 蟬の声

        松蟬や山湖俄かに活気づく        (まつぜみや さんこににわかにかっきづく)    ふるさとや春夏秋の蟬の声 /むく        (ふるさとや はるなつあきのせみのこえ) 五葉あけびの花 (2020.05.25 山中湖村:山梨県) ハルゼミ マツゼミ(松蝉)はハルゼミ(春蝉)のこと。 ナワシロゼミ(苗代蝉)、タウエゼミ(田植蝉)など、地方によっていろいろな呼び名があるようだ。 子供の頃、直ぐ...

  • 蕨狩り / 蕨採り

        Gパンの腿にも煤や蕨狩        (じーぱんのすそにもすすや わらびがり)    母いつも真剣なりし蕨採り /むく        (ははいつもしんけんなりし わらびとり) 焼け芒も少し伸びて (2020.05.24 山中湖村:山梨県) 蕨狩り?蕨採り? 村のあちらこちらの家の庭でミヤマオダマキを見かけるので、ヤマオダマキも咲いているかと、去年見た草原へ。 探し歩きながら、だんだん自分の愚かさに気...

  • 深山苧環(みやまおだまき)

        山に棲み深山をだまき藍深し /むく        (やまにすみ みやまおだまきあいふかし)ミヤマオダマキ  (2020.05.22 山中湖村:山梨県) オダマキ 名前はミヤマオダマキでも園芸種もあるようだ。 杣の人の住まいの石垣に植えてあったのを撮った。 野生種か園芸種かは分からない。 富士山には野生種のミヤマオダマキがあると聞くが、標高二千メートルぐらいのところだと言う。 ヤマオダマキなら、標高約...

  • 春マスク / 寄居虫(やどかり) / 雪解富士(ゆきげふじ) / 蝸牛(かたつむり) / 豆の飯

        老いけらし転ばぬ先の春マスク        (おいけらし ころばぬさきのはるますく)    やどかりや吾は最後の転居なり        (やどかりや われはさいごのてんきょなり)    いまごろは傘の骨かも雪解富士        (いまごろはかさのほねかも ゆきげふじ)    その殻を脱ぐではないぞ蝸牛        (そのからをぬぐではないぞ かたつむり)    かたつむり海の恋しとこの...

  • 野鶲(のびたき)

        トーチカの上で手庇のびたき観る        (とーちかのうえでてびさし のびたきみる)    のびたきや拠りどころなき焼け芒 /むく        (のびたきや よりどころなきやけすすき)ノビタキ♂  (2020.05.17 山中湖村:山梨県) ノビタキ ノビタキは夏鳥。 その名が示すように草原の鳥である。 勿論、それ以外の場所にもいるだろうが、写真を撮ろうということになると、ロケーションにも少しは...

  •     日照り雨二重の虹のなかに富士 /むく        (ひでりあめ ふたえのにじのなかにふじ)キビタキ♂  (2020.05.17 山中湖村:山梨県) 虹の富士山 日照雨には「ひでりあめ」のほか、「そばえ」の読み方もある。 いわゆるお天気雨で、狐の嫁入りと言ったりするのも同じ現象かと思う。 二重の虹がかかった富士山を見たのは私ではない。 去年の五月に初めて山中湖の寓居を訪ねた娘。 一人で過ごしたいと言う...

  • 若葉冷(わかばびえ) / 小椋鳥(こむくどり)

        若葉冷わが豚汁の具だくさん        (わかばびえ わがとんじるのぐだくさん)    イズムなど持たずに生きて小椋鳥 /むく        (いずむなどもたずにいきて こむくどり)コムクドリ  (2020.05.17 山中湖村:山梨県) 卯の花腐し この五日ほどの間で雨が降らなかったのは日曜日だけ。 富士山はほとんど顔を見せていない。 が、「霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き」と芭蕉が言ったように、富...

  • 末黒野(すぐろの)

        風のなき或る日末黒の野となりし /むく        (かぜのなきあるひ すぐろののとなりし)新緑の山中湖  (2020.05.17 山中湖村:山梨県) 末黒野へ 山菜取りの季節。 立入り日の昨日、北富士演習場に野鳥を観に。 蕨採りではないところが私流♪ 入会地の野焼きが行われたのはたしか四月の上旬。 もう芒の青い剣に覆われて。 もっと早く来てみるつもりもあったが、蕨採りもせず、ただの焼け野原を見ても...

  • 蓬餅(よもぎもち)

        よもぎ餅山菜摘に振舞はる /むく        (よもぎもち さんさいつみにふるまわる)アオゲラ♂  (2020.05.11 山中湖村:山梨県) 木の芽採り この一週間ほど、どこに行っても山椒の葉を摘んでいる人に出合う。 岳麓には山椒が多い。 熔岩流の土壌が好きなのだろうか。 いや、そういう土壌も意に介しない植物なのだろうか。 サンショウバラという植物もある。 別名をハコネバラとも言うようだ。 そろそ...

  • 愛鳥日

        バルコンに水盤ひとつ愛鳥日 /むく        (ばるこんにすいばんひとつ あいちょうび)キビタキ♂  (2020.05.13 山中湖村:山梨県)♂の近くにキビタキ♀も  (2020.05.13 山中湖村:山梨県)巣材を咥えたキビタキ♀  (2020.05.13 山中湖村:山梨県) 愛鳥週間 五月十日から今日五月十六日までが愛鳥週間(バードウィーク)。 今日は雨で探鳥には出られず。     バードウィーク鳥観るための家探し...

  • 朴若葉

        朴若葉してきましたと目瞑りて /むく        (ほおわかばしてきましたと めつむりて)朴若葉  (2020.05.14 山中湖村:山梨県) LINEで句会 5月の1回目の句会。 通算3回目のLINE句会。 私も含めて慣れていないこともあるかもしれないが、どうも勝手が違う。 我慢するしかない。 句会を出来ることだけでありがたいと思うことに。 これまでいろいろな所をご案内くださった地元の皆さんのご親切に、...

  • 郭公(かっこう)

        初郭公二羽か三羽か谺しつ /むく        (はつかっこう にわかさんばかこだましつ) 葉を見つけてから半月余り、蕾を見つけてから一週間あまり。 やっと咲いたヤマシャクヤク。 でも、一週間と咲いていないんだよね。 もう会えないかもしれないと思うと、ひとしお愛しい。ヤマシャクヤク  (2020.05.14 山中湖村:山梨県)  (2020年5月14日 山中湖にて) ご訪問ありがとうございました。ブ...

  • 風五月

        スーパーに出張研ぎ師風五月 /むく        (すーぱーにしゅっちょうとぎし かぜごがつ)コムクドリ  (2020.05.2 山中湖村:山梨県)  小椋鳥 ムクドリとコムクドリ、“コ”が付くだけで俄然可愛らしく思える。 事実、てるてる坊主の頬に紅を注して目をまん丸く塗りつぶしたようなコムクドリの顔は可愛いい。 一方のムクドリのほうは…まぁ、容姿のことは言うまい。 夕方になると何百羽が群れて街路樹の...

  • 若葉寒(わかばさむ)

        外出の予断ゆるさず若葉寒 /むく        (がいしゅつのよだんゆるさず わかばさむ)キビタキ  (2020.05.10 山中湖村:山梨県)  所用で御殿場へ。 たった二年前の景色が懐かしい。 早苗田となった棚田、箱根道からの雪解富士、帰りに寄った水が塚からの至近の富士山。 人生とは思い出ならずや、と。キビタキ  (2020.05.10 山中湖村:山梨県) (2020年5月12日 山中湖にて) ご訪問ありが...

  • 母の日

        母の日を子の家に妻居踏ん張る /むく        (ははのひを このいえにつまいふんばる)アカゲラ  (2020.05.09 山中湖村:山梨県)  アカゲラ 人によって好きな野鳥も違うようだ。 タカなどの猛禽類が好きな人、コガラ、エナガといった小さな鳥が好きな人。 私は後者のほう。 キツツキという名の鳥はいない。 アカゲラ、アオゲラ、コゲラ、クマゲラ、ヤマゲラなど、木の幹を突く鳥を総称してキツツキ...

  • 聖五月

        聖五月子を案じゐる或る日ふと /むく        (せいごがつ こをあんじいるあるひふと)ヤマガラ  (2020.04.29 山中湖村:山梨県)  ヤマガラ 野鳥に餌を与えることはひと冬で止めた。 定住している人は少ないリゾートマンションとは言え、 周囲に糞害などの迷惑をかける惧れがあるので。 ヤマガラは人懐っこい鳥だ。 餌のない窓辺に来ては 水を飲み、浴びてゆく。 ヤマガラは賢い鳥だ。 かつては...

  • 余花(よか)

        余花として生れし小桜いとしめり /むく        (よかとしてあれしこざくら いとしめり)ホオジロ  (2020.05.08 山中湖村:山梨県)  銀輪 久しぶりに自転車に乗った。 まずはタイヤに空気入れ。 コンビニまでは下りでスイスイ。 でも帰りはなぁ…などと思いつつ。 高低差は50メートルぐらい。 笑われそうだが、帰りは途中で降りて自転車を押して歩いたり。 マスクのせいか、息が切れるのは。 子に...

  • 袋角(ふくろづの)

        戦ひしことも忘れて袋角 /むく        (たたかいしこともわすれて ふくろづの)  袋角 (2020.05.07 山中湖村:山梨県)  袋角 角がある鹿は雄で、雌は角を持たない。 つい先日落し角を見たと思ったら、もう袋角がこんなに大きく。 袋角とは春から初夏の頃の生え変った若角のこと。 出はじめはもっと丸くて文字通り袋型をしていて柔らかい。 袋角のいちばん外側は毛の生えた皮膚で覆われているとい...

  • 孕み鹿(はらみじか)

        跳ねるなよ柵飛び越へるなよ孕み鹿 /むく        (はねるなよさくとびこえるなよ はらみじか)  孕み鹿 (2020.05.04 山中湖村:山梨県)  火急 よりによってこんな時にではあるが、親として万止むを得ない事情から、昨日、一昨日と二日間仙台へ。 ガラガラに空いてはいるが車内販売もない列車での旅。 山中湖に帰った昨夜は、どっと疲れが出た。 ガンコちゃんは横浜の娘のところへ。 しばらく居続...

  • 春暮れる

        遊船の舫綱軋めき春暮るる /むく        (ゆうせんのもやいきしめき はるくれる)  イカル (2020.04.30 山中湖村:山梨県)  余花の雨久しぶりの雨。 二三日前から、林の中の窓に一番近い富士桜が咲き始めた。 建物に日射しを遮られる場所なので、殊に開花が遅い木のようだ。 花の数も少なめ。 余花として生まれて来たと思うと一入いとおしい。 落葉松がすっかり芽が吹いて、窓の景色が変わった。...

  • 余花落花(よからっか)

        余花落花茶屋の段なる坂の道 /むく        (よからっか ちゃやのだんなるさかのみち)  キビタキ (2020.05.03 山中湖村:山梨県) 茶屋の段 私が住むリゾートマンションは山中湖村山中字姥ノ懐というところにある。 痺れるほど杣めいた字名だ。 むかし平家の落武者が…などという話が山里にはよくあるものだが、そういう話を山中湖村で聞いたことはない。 鎌倉往還があるので、早くから通行・軍事の要...

  • 囀り(さえずり)

        あかときの樹海あまねく囀れり /むく        (あかときのじゅかい あまねくさえずれり)  キビタキ (2020.05.02 山中湖村:山梨県) リフォーム工事 開始出来ないでいた秦野の転居先のマンションのリフォーム工事を、やっと始められそうになってきた。 なかなか始められなかった一番の理由は、やはり新型コロナウィルス問題。 ほぼ全面リフォームなので、いろいろな設備や建築材料が要る。 住宅設備...

  • 雪解富士(ゆきげふじ) / 雪解川(ゆきげがわ)

        どつと人流れ来る日か雪解富士 /むく        (どっとひとながれくるひか ゆきげふじ)    流れ来しふたしかなもの雪解川 /むく        (どっとひとながれくるひか ゆきげふじ)  雪解富士 (2020.05.01 山中湖村:山梨県) 雪解富士 一般的に雪解け(雪融け)は春の季語だが、「雪解富士」は夏の季語。 地球温暖化の影響で雪解けも年々少しづつ早くなっているのかもしれないが、それで...

  • 孕み鹿(はらみじか)

        朝もやに濡るる物音孕み鹿 /むく        (あさもやにぬるるものおと はらみじか)  靄の朝 (2020.04.29 山中湖:山梨県) 〆切 月末で投句、原稿の締切り日。 記事は改めて。 新樹晴れ  (2020.04.29 山中湖:山梨県) (2020年4月30日 山中湖にて) ご訪問ありがとうございました。ブログランキング: 日本ブログ村  FC2...

  • 花吹雪(はなふぶき) / 遅桜(おそざくら)

        天空は神の領域花吹雪 /小島一慶        (てんくううはかみのりょういき はなふぶき)  花満つ (2020.04.05 笛吹市:山梨県) 小島一慶さん 名アナウンサーとして活躍された小島一慶(こじま・かずよし)さんが4月23日に亡くなられた。 享年75歳。 お名前はもっぱら「いっけい」さんで親しまれた。 生前は面識もなく、華やぎに満ちた一慶さんの人生は私のそれとは程遠いのだが、昨年、句集『入...

  • 黄鶲(きびたき)

        太陽の色を纏ひて黄鶲来 /むく        (たいようのいろをまといて きびたきく)  ナミテントウムシ (2020.04.03 山中湖村:山梨県) テントウムシ 物の芽に二つ星のテントウムシが。 ナミテントウムシと言うらしい。 益虫とされている。 幸運をもたらしてくれるのだとか。 野焼きの季節だったので、野焼きの芒原から逃げてきたのだろうかと思ったが、写真を撮ったのは4月3日。 北富士演習場内の...

  • 釘煮(くぎに)

        釘煮来る単身赴任の男らへ /むく        (くぎにくる たんしんふにんのおとこらへ)  メジロ (2020.04.24 山中湖村:山梨県) 消毒用エタノール 酒を飲むとはアルコールを飲むことだが、どんなアルコールでも飲める訳ではない。 飲めるのはエチルアルコール(=エタノール)だけである。 しかし、エチルアルコールだからといって、「消毒用エタノール」を飲んではならない。 消毒・殺菌用のエタノー...

  • 日永(ひなが)

        山賤の蓬髪の身に日永し /むく        (やまがつのほうはつのみに ひながし)  270mmレンズで撮ったアカゲラ (2020.04.22 山中湖村:山梨県) 夏鳥  目が覚めるといの一番に窓を開けてバルコニーに出る。 数日前は氷点下の朝もあったが、今朝は7℃。 耳を澄ますと遠くからツツドリのくぐもった鳴き声が。 アカゲラ、コサメビタキ、キクイタガキ…。 今朝は聞こえなかったがクロツグミも鳴きはじめた...

  • 春田道(はるたみち)

        春田道ふるさとに来てゐるやうな /むく        (はるたみち ふるさとにきているような) ばっこやなぎ (2020.04.19 山中湖村:山梨県) 春の風邪 少し風邪っけ気。 朝、二時間ほど散歩したらポケッティッシュが一袋なくなった。 時節柄、風邪にも怪我にも用心しなくては。 たんぽぽ (2020.04.16 富士吉田市:山梨県) (2020年4月25日 山中湖にて) ご訪問ありがとうございました。ブロ...

カテゴリー一覧
商用