chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
サウンド オブ クロスステッチ http://blog.livedoor.jp/soundofstitch/

ひとつの×から作り出すクロスステッチの世界を楽しんでいます。ステッチ バイ ステッチです。

モクレンの花
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/09/21

1件〜100件

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(22)

    5枚目の図案に入りました。お兄さんの顔が見たいので、その近辺をステッチします。このお酒を壺に入れている人は確か、ハンチング帽みたいなのをかぶっていたような。早く帽子をかぶった顔が見たいです。どんぐりの枝が落ちていました。まだ緑色です。色づいてきた桜の葉など

  • ポーチ完成(4)//球根の植え付け

    ポーチが出来上がりました。18cmファスナーを使いました。横20cm、高さ15.5cm、マチ3cm後ろ側はハートが3つだけ。いつも表側の刺繍でエネルギーをなくし、反対側が手抜きになってしまいます。両面びっちり刺繍のポーチも今度は作ってみたいです。裏地は何度も使用しているブ

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(21)

    4枚目の図案が終わり、上の方に進むことにしました。今回の4枚目の図案は、比較的早いピッチで進んだと思ったのですが、やはり1か月かかりました。一枚の図案に1か月というのは変わらなかった。今度は左のお兄さんの顔が出てくる部分をステッチしていきます。秋風を感じる頃

  • 紫色の布に刺繍//エリザベス女王

    sajouの紫色の布にステッチです。『Création Point de Croix』の7月/8月 2020 年の号からです。いつも古い号を購入していて、今回は最新号だあ、と気持ちも上がっていたのに、結果手をつけたのは数年後といういつも通りの忘れたころにステッチに入るというパターンです。こ

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(20)

    4枚目の図案もあと一息。茶色のズボンをはいた足が2本見えて白いタイツのようなものをはいた人の足も見えてきました。あと少しのところがなかなか進まなくて、毎度糸替えがはげしすぎると、ぼやきます。しかもほとんどがブレンド糸。少し薄曇りの朝に高く高く伸びようとする

  • ビスコーニュ完成

    両面刺繍が終わりました。ビスコーニュの仕立て方を忘れているので本とにらめっこです。同じ図案でも色が異なれば全く雰囲気が変わります。こちらも以前のものはかっちりしていますが、今回は、ぼや~んな色合いです。小さな刺繍物は作るのが楽しいです。ピンクッションは、

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(19) 

    どんどん埋めていきます。↑ ↑ ↑前回の画像です。今回はここまで進みました。↓ ↓ ↓こげ茶色の靴を履いた人の2本の足が登場です。この刺繍は、飽きずにステッチできるような気がしています。4,5日前に横浜駅構内に小田和正さんの大きなコンサートポスターがありまし

  • ビスコーニュ作り/帯状疱疹ワクチン

    ビスコーニュを作ります。ステッチイディのビスコーニュ特集の図案を使いステッチしました。もう片側は、百合の紋章の図案を応用して作ります。最近は、とんとステッチイディも購入していないな。この本は、型紙も豊富で、制作過程も丁寧に書かれていて魅力的な季刊誌です。

  • ポーチ作りの刺繡(3)

    ポーチ用の刺繍が完成しました。ハートの図案の中に小さいハートが3つ。裏側の部分にもハートを入れました。ひさしぶりのポーチの仕立て。失敗しないように、思い出しながら進めていきます。渋ーいダークな葉っぱ!、と近づいたら黒々とした実も付いていました。赤く色づいて

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(18)

    永遠の茶系統の気がしています。同じ色が固まって出てくると、こんな些細なことでもうれしくなり、針が進みます。一人しんみりと静かな部屋で、一人うきうきとビデオ見たり、音楽聴いたり、一人無心になって進めたり、刺繍の楽しみ方は、時間により様々です。モミジアオイの

  • ポーチ作りの刺繍(2)

    あと一息でステッチが完了しそうです。グリーン系の葉が2種類あるのですが、配色の溶け込み方がアンバランスで、この色使いはどうなのかと思っています。勝手に色を変えてステッチするには、まだまだセンスが足りません。裏側は赤や青の実を配してみるか、ハートを並べるか考

  • ポーチ作りの刺繍(1)

    ポーチ制作の刺繍です。Zweigart Linen Cashel 28ctの布に色は適当に変えてステッチしています。こちらの本に載っている図案からです。こちらの本の糸は、ドイツのVaupel &Heilenbeck(V&H)ですが、フレメ糸のようで洗濯にどれほど耐えうるかがわからず、色も出たら困るな

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(17)

    新しいページに入りました。左へと進みます。果てしなく、また似たような色が続きます。とても集中してステッチする日とたまらなく違う刺繍をしてみたくなる日が交互に押し寄せてきます。セミの鳴き声と共に今日もまだまだ暑い夏ですよ、とサルスベリも大きく枝を拡げていま

  • 「ミステリー・フォレスト」(5)と「シウマイ御弁當」

    5回目発表のミステリー・フォレストです。勝手に隣の段の下と同じ場所から始めれば良いのだと思い込み、半分程ステッチしたら上がそろわないことに気がつきかなりの部分をほどき、なおしました。一体どういう感じになるのか想像がつかないミステリー・フォレストです。東京や

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(16)

    図案3枚目のステッチができました。一体どの部分のステッチなのかがわからず進めていましたが、瓶から小さな入れ物に手を添えてお酒を入れている図でした。右側は左腕でした。ウィーン美術史美術館で購入した大きなカレンダーと見比べてみました。色味が異なり、驚きました。

  • テープ刺繍の小袋(3)

    テープ刺繍の袋のステッチが完成です。リースの中にブルーの小花が入ったデザインです。『Ausflug an das MeerKreuzstichmotive』Christiane Dahlbeckの本より色は適当に変えました。脇を縫って、紐を通して出来上がり。日々の服用の薬でない鎮痛薬とかバンドエイド等を入れ

  • 小さな刺繍(2)

    テープ刺繍が一つでき、もう一つ作成中です。10cmのテープ幅は横が54目なので、その中におさまる図案を選ばないとなりません。『DMC クロス・ステッチ図案集花とメルヘン』雄鶏社もう一つの小袋はこちらの本からで中央のハートは省略し、色も適当に変えています。挿し木で

  • 「農民の婚宴」(15)とコロナ検査

    早朝5:30のウォーキングも済ませ、朝の家事も終えて、9時頃からずーとステッチ三昧です。ただただ、指定色を一針一針です。絵画のどの部分なのかもわからずに進めています。何だかわからない部分のステッチですが、それでも楽しい。クロスステッチ最高!先日、総合病院の前を

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(14)

    少しお昼寝をしようかと思ったのにブリューゲル刺繍を始めてしまいました。↑ ↑ ↑ 前回の状態↑ ↑ ↑ 今回の状態 いくら刺繍をしても肩がこったりしないのは助かります。つなぎ合わせたラップフィルムの芯2本を布に巻き付けてステッチしているので、姿勢も余りうつ

  • 小さい刺繍がしてみたくなり

    小さな刺繍が少し楽しみたくなりました。10cm幅のテープを使用。刺繍をしたら両サイドを縫うだけで小袋が出来上がるように上の紐通し口も作ってあります。あと少し花をステッチしたら完成です。いくつか作りストックしていましたが、差しあげて数も少なくなったのでまた、

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(13)・早朝歩き

    3枚目の図案に入りました。同じ色系統ばかりの中に黄色が入ると気分も変わります。右に進むと子供の姿が出てきますが、はやる気持ちを押さえて、もう少しつまらない壺をステッチするために図案は上に進むことにしました。夏の朝、5時起床して5時30分から毎日ウォーキングをし

  • スミレの籠のふた完成

    気になっていた刺繍物を仕立てました。相変わらずの適当な採寸の仕方で型紙をとり、ふたのサイズになるように表と裏の生地やキルト芯をカットしました。刺繍小物をちょこっと入れているかごのふたの出来上がりです。縦30cm、横36cmの楕円形。ふたをどのように固定するのが良

  • ブリューゲル「農民の婚宴」2/30完(12)

    図案の2枚目が終わりました。30枚のうちの2枚です。右上の目玉の様なものは床に落ちているクジャクの羽です。まだこれだけではわかりません。やはり一枚の図案を仕上げるには3~4週間はかかりそうです。ランキング参加中こちらのマークを押していただけるとうれしいです。

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(11)

    どんどん埋めていきます。お先走り癖の私は、2枚目の図案完了が目前となり、次の図案を横に進めるか上にのぼらせるかと拡大コピーをとってにやにやしています。婚宴で飲み干したお酒の壺がかごの中に無造作に置かれています。かごの取っ手が見えてきてそれがわかります。京都

  • ラフな感じのクッション(6)完成

    クッションに仕立てることが出来ました。44cm×44cm『クロス・ステッチ作品と図案集』雄鶏社 イルゼ・ブラッシ著30年以上使い背中があたり糸が切れた箇所もあり2018年に右のものに作りかえ、その時ブログで「さようなら」→「こんにちは」と新旧を並べて画像アップしました

  • クチュリエ「ミステリー・フォレスト」(4)

    4回目公開のミステリー・フォレストです。牛、羊(?)、ネズミ(リス?)が見えてきました。フォレストに羊は不自然でしょうか。ミステリーだから良いのかな。それとも耳の長いこの動物は羊ではないのか?DMC154使用です。寒天と黒砂糖であんみつを作りました。果物や ぎゅう

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(10)

    涼しい部屋で一日ステッチをしています。↑ ↑ ↑前回の進み具合です。今回のステッチです。↓ ↓ ↓同じような色ばかりですが少しづつ埋まっています。Scarlet Quince「A Country Wedding」Pieter Bruegel今年はくちなしの花の開花期間が長い気がします。まだポツポツと

  • ラフな感じのクッション(5)ステッチ完

    クッション用の刺繍が出来ました。43cm程のクッションにするために縁を2本のライン状にしました。家にある木綿の布を利用して裏布は縫い付けます。今年も芭蕉のバナナ風の房をみつけました。存在感はすごいのに高い位置にあり、しかも笹なども繁っているので気がつく人は少な

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(9)

    テーブルの上に図案や色鉛筆糸の束やオーガナイザー、糸くず入れ等を拡げてステッチをしています。ポツポツと全体的に埋まってきました。ここからの道のりが険しい。グリット線を引いた方が目安になり、誤りがなくなるのだとわかりますが、その線自体を私はずらしていたりで

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(8)とコースター

    7月中に2枚目のステッチができ上るように予定生活をしてみようと思っています。同色でも飛んでいる部分は、間違えそうなので普段はすでにステッチ済みを道しるべにして進めています。今回は、同色が比較的かたまっていて気持ちよく埋まっていきます。しかし、最初に楽しい同

  • ブリューゲル用にニードルオーガナイザー

    ブリューゲル「農民の婚宴」をたくさんの色を使って製作中です。今あるニードルオーガナイザーでも糸針が不足するので、作ることにしました。以前はフエルトを筒状にして中に綿をいれて箱に収めました。今回は、破棄するセーターを切って敷き詰めました。出来上がりました。

  • ラフな感じのクッション(4)と言葉使い

    だいぶ形になってきました。以前制作したクッションよりも布目の加減で同じ図案をステッチしたら小さくなりそうです。周囲にさらにラインをいれて大きくするか否か思案中。もっと考えるべき事柄がたくさんあるのに、こんな枠をどうするかで、「思案中」なんて大げさな言葉を

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(7)

    一区切りついて、また新たな気分でステッチ開始です。油絵具をキャンバスに乗せる時に、まだ乾いていない絵の具と色が微妙に混ざるとこんな風なミックス糸状態になるなあと、感じながら混ざり糸も楽しめるようになってきました。絵の具チューブのたった一色で塗っている名画

  • ブリューゲル「農民の婚宴」1/30完(6)

    やっと1枚の図案が出来ました。30枚ある図案の30分の1です。埋め尽くされると壺が転がっている様子がわかります。よーく見るとブレンド糸がわかります。Scarlet  Quinceの図案はブレンド糸が多用されているということでしたが、このブリューゲル「農民の婚宴」は9割以上が

  • クチュリエ「ミステリー・フォレスト」(3)

    3ブロック目の公開のミステリーフォレストです。2つのブロックの頃はいつ公開かと気になっていましたが、不定期でなかなかアップされないので、3ブロックをステッチされた方のブログから情報を頂きました。DMC154使用樹木の幹が右に出ているのが大樹を予想させます。左のカー

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(5)

    一か月にプリント図案一枚のペースになりそうです。↑ ↑ ↑前回がこちらで今回の進捗がこちら↓ ↓ ↓たいして変化なしかっ。。。ならば視線を下から移せばうんうん、埋まってきている実感あり。鉢に3つの球根を植えました。先週は黄色が咲き、今はピンクが咲いています

  • ブリューゲル「農民の婚宴」(4)

    うっすらと何だかわかってきたような。夢中でステッチしていると、布目と針先しか見ていない感じです。この様に画像にすると転がっている壺の存在に気がつきます。なんの絵かと、やっと認識できます。『ブリューゲルの世界』森洋子 新潮社の本はブリューゲルの絵画を楽しむ

  • 「MB雪の広場」(7)と世界遺産白川郷

    巨大な雪だるま君です。右側のマントにまたもやだんだら模様がついています。ひと休みした部分がどこなのかが明白です。どうしたら差がなく ステッチ出来るのかと思います。一色の時はラインで区切らず近辺は飛び飛びランダムに針を運んだ方がよいのかもしれません。しかし

  • ポーチ持参で岐阜高山旅行

    高山白川郷の旅行を楽しみました。プレゼントしたというか、強引に渡したポーチをお連れ仲間は旅先にも持参し、使ってくれていました。うれしかったので並べてパチリ。何を入れているのかな?高山市の中心部を流れる宮川の東部伝統的建造物保存地区の江戸の面影を残す古い町

  • ラフな感じのクッション(3)

    こちらのステッチは目が喜ぶ気がします。気分を変えてブリューゲル刺繍に入ろうとしたら、布目がいつになく細かくなってしまった印象をうけました。こちらのざっくりなステッチをしていたので、視力が慣れていない感じです。ですから、こちらの刺繍はブリューゲルに飽きた時

  • ピーテル・ブリューゲル「農民の婚宴」(3)

    同じ色系統が続きます。かなり進んだ気になっているのは本人だけで、見栄えがしません。図案の左下からはじめたものの絵画のどの部分かも夢中でステッチしているとわかりづらいです。ブリューゲル関連の本を眺めながらひと休みです。春に楽しませてくれた花々も終わります。5

  • 小学校の友達にポーチを

    コロナ以来の再会です。小学校時代の友達と丸の内で会いました。作り置きしてあるポーチをプレゼントしました。彼女らのお誕生月の花のポーチがあると良いなと思いましたが皆さん夏の生まれで、夏の花の刺繍はしていませんでした。アルファベットの本から3人のイニシャルを裏

  • ラフな感じのクッション(2)とイギリス山地区

    10目で3cmのジャバクロスはザクザクと気持ちよく進みます。マタルボンの8本撚りを4本にしてステッチしています。ひと目が大きい刺繍は、糸の引きやよれ具合の粗が目立ちます。まっ、気にしない気にしないです。サイズは45cmのクッションにする予定です。『クロス・ステッチ作

  • ピーテル・ブリューゲル「農民の婚宴」(2)とアメリカ山

    始めたばかりですがとても楽しい。2色の糸の2本どりのステッチは、すっごーく面倒と思っていましたが、組み合わせてしまえばいつもと変りなく負担もなく進められそうです。糸が多いので、二つのリングに番号順にとめておこなっています。東急東横線のみなとみらい駅のすぐ上

  • ピーテル・ブリューゲル「農民の婚宴」(1)

    新たな全面刺しは、ブリューゲルの「農民の婚宴」に決めました。30ページで構成されている図案集です。左端の下から進めることにしました。2色のブレンドが多く、間違えても気がつきにくそう。慎重に慎重に進めます。左利きの私は、右にラップフィルムの芯をつなげたものに布

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(28)完了

    2021年8月に始めた「りんごとオレンジ」のステッチが終わりました。ステッチカウント:210wX165h出来上がり:33cmX26cm使用布:Zweigart Belfast 32ct糸:DMC 83 色好きなセザンヌのリンゴを図案におこしていただいたものです。Copyright(C)2021crosstitch_r_nたびたびセ

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(27)

    今回のアップでセザンヌステッチ完了を報告したかったけれど、そう簡単にはゴールに至らずでした。下の部分は終わりました。上の部分もあと一息です。外の陽の光の下で撮ったらちょっと濃厚な雰囲気になりました。もう一度実物の「リンゴとオレンジ」を見て確かめたいです。

  • ブリューゲルかクリスマスか・横須か?

    セザンヌの全面刺しの終わりがみえてきたので、次なる図案を考えています。二つともブリューゲル図案右は「バベルの塔」でステッチカウント:300w×220hZweigart Belfast 32ctで48cm×約36cmDMC 69色Copyright(C) 2020r.nakamuraだいぶ前に意気込んで始めたものの布の裁断

  • ミース・ブロッホ「MB雪の広場」(6)

    黄色い帽子はインパクトありです。たいそうおしゃれな雪だるま君です。背景の空の色が気に入っています。大きく広がるので、少しづつ進めることにします。同じ色が比較的続くこの図案はテレビ録画を見ながらでもすいすい行きそうですが、穏やかに取り組みこういう図案こそス

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(26)

    終わりがみえてきたような。最後の角が埋まってきました。これから上の方をせっせ、せっせと進めます。セザンヌの全面刺しをみつけました。Scarlet Quince社のものでした。一瞬心惹かれましたが、色々眺めているうちに今度は違う画家のステッチをしてみたくなりました。カー

  • 再び同じ図案でクッション制作(1)

    もう一度同じ図案のクッションが作りたくなりました。リビングの椅子の背あてクッションは、数十年背中を受けとめて糸が擦れてしまったので、新しく左側の赤いクッションに作り変えたのが2018年でした。毎日使用です。当時マタルゴンDMC4番と呼ばれていた刺繍糸を使いました

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(25)

    ピッチをあげて取り組んでいます。↑ ↑ ↑前回は、わずかに下の部分でした。今回はかなり進んでいます。↓ ↓ ↓ここまで来たので一気に埋め尽くしたい気分です。右端の布が波打ってきているのが気になってきました。糸の引き具合なのでしょうか。アイロンをかけ、落ち

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(24)

    一区切りついて埋め尽くされています。自分で勝手に図案をブロック分けしています。最後のブロックに入りました。完成を急ぎたい気持ちです。年々株が大きくなり、鉢の中でパンパン状態の多分 野生種の蘭が今年も咲きました。上品な薄桃色です。株分けをして楽な状態で根が

  • ミース・ブロッホ「MB 雪の広場」(5)

    かわいい だんごっ鼻の雪だるまです。襟もとのおしゃれが笑えます。作った子供が自分のマフラーを巻いたのかも。なんと大きな竹ぼうき! ???黒い色なので、日本のような竹ではない造りの箒(ほうき)「ミース・ブロッホの図案屋さん」から『MB 雪の広場』白いつつじの

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(23)

    集中して取り組みたいのに、別のものにも手が伸びてしまいます。リンゴのそばのピッチャーの姿が浮かび上がってきました。ピッチャーの上の方をステッチすれば70%は済んだと言えそうです。フリージャやストックが今年もたくさん咲きました。右のお皿のお菓子は、溶かしたキ

  • 横浜山下公園と座布団完成(7)

    椅子の座布団ができました。ぴったりと納まりました。母が作った真綿の座布団なので、陽にあてると以前はふっくらしました。ヘタレ気味になってきているので、打ち直しをして作り変えると良いかもしれません。このシリーズの図案でステッチしていない動物を利用し、椅子の薄

  • 横浜公園チューリップとパッチワーク刺繍(6)

    大した数ではないですが、全てのピースをつなぎ合わせました。予定している座布団の上に置いてみました。数十年ぶりのキルトのしつけです。三層に重ねたものの、どんな風に始めるのか手順から振り出しにもどっています。確か、放射線状にした記憶が。細い棒状のピースなので

  • ポール・セザンヌの「りんごとオレンジ」(22)

    やってもやってもテーブルクロス部分が埋まらず、でした。一色、二色とまばらに残っていた部分もやっと仕留めました。下を脱出してリンゴ部分です。一番楽しい部分のステッチです。>三浦半島をめぐってきました。ヤシの並木の馬掘海岸、森林ハイキングや横須賀美術館のある観

  • アーティゾン美術館と「MB 雪の広場」(4)

    突然の黒い物体男の子の鼻先に天からの巨大浮遊物ではありません。箒(ほうき)です。箒(ほうき)がクローズアップされて背景の家々が小さいです。雪の中でカラフルな家が映えます。前身のブリヂストン美術館の開館から70年を迎えた、2020年に誕生のアーティゾン美術館に行って

  • クチュリエ「ミステリーフォレスト」(2)

    2つ目のブロックをステッチしました。首を長ーくして待っていました。なかなか2つ目の図案が公表されず、いつかもわからないので、だんだんやる気も失せてきた頃でした。DMC154を使いました。手頃なバッグにするために布も裁断してしまったので、続けていきます。次は早めに3

  • パッチワークとクロスステッチ(5)

    ステッチ部分の4つ目です。これは水鳥だと思われますが、名前は、わかりません。これから、ピースワークの縫い合わせ作業に入ります。ほのかにストックは良い香りがします。今を盛りにたくさん咲きました。横浜の大岡川沿い約3.5㎞に伸びる桜並木です。神奈川の桜の名所です

  • パッチワークとクロスステッチ(4)

    3つ目の図案が入りました。DMC931を使っています。意外と糸を消耗しました。4つの刺繍が入る座布団カバーの制作ですが、こんな画像を眺めていると縦に4つの動物を並べてパッチワークのラティスのベルプルなんて有りうると思いました。どんな感じになるかとパッチワーク布も置

  • ミース・ブロッホ「MB 雪の広場」(3)

    手前にグッとアップの女の子です。図案は上半身までなので、余計にダイナミックな感じです。ソリ遊びの動きが感じられます。ミースさんのソリが出てくる刺繍を思い出しました。12か月カレンダーの1月です。こちらは後ろから押しています。マフラーがたなびいているので、スピ

  • メトロポリタン美術館展とセザンヌ「りんごとオレンジ」(21)

    メトロポリタン美術館展西洋絵画の500年に行ってきました。予約の入場制限のためかゆっくりと堪能できました。何より楽しみにしていたのが、ポール・セザンヌの「リンゴと洋ナシのある静物」です。1891-92頃 油彩/カンヴァス毎日鑑賞できるようにミュージアムショップで購入

  • パッチワークとクロスステッチ(3)

    二作目のステッチがはいりました。これは2羽のキジでしょうか。キジの尾っぽってどんなん?面白い座布団ができそうな予感がしてきました。左右の上の部分の図案が終わったので、これから下の左右の図案にとりかかります。東京の桜の開花宣言がなされたので、横浜あたりの桜チ

  • パッチワークとクロスステッチ(2)

    4か所に入れる図案が決まりました。上下のボーダーのドット柄と同じような色でステッチしました。幾何学模様を入れようかとも思いましたが、4つは飽きること間違いなしなので異なる動物を入れることにしました。GERDA BENGTSSONさんと『クロスステッチ ILSE BRASCH作品集』

  • お菓子の箱からヒントを頂く

    昨夜の大きな地震には驚かされました。やはり地震は怖いです。この地は震度4でした。頂いた「赤坂柿山」のお菓子です。すみれ・つくし・れんげ・たんぽぽ桜・チューリップ等の春の花を職人方が手刷りで描いたものだそうで、箱は大塚あや子さんの刺繍です。お菓子と刺繍が同

  • 願いは一つ「Peace」

    「Secret Base」ブログのグレイさんが教えてくださったフリーチャートです。願いは一つ平和の象徴の鳩はオリーブをくわえています。「Crocette a gogò」のフリーチャート「peace」です。69目×69目アイーダ16ct使用以前のような日常生活がもどりますように。内枠13.5cmの額

  • パッチワークとクロスステッチと春のお届け(1)

    パッチワークも面白い!を実感しています。ピースワークがわずかなすき間時間に出来るのが魅力です。やかんのお湯が沸く迄に、ゆで卵が出来上がるまでに等と手縫いの小さなピースを楽しみます。パッチワークとクロスステッチの手触りを両方求めたくて、自分の机の椅子の座布

  • ミース・ブロッホ「MB 雪の広場」(2)

    黄色をたくさん埋めています。持っている黄色糸だけで足りるか心配でしたが他の部分の黄色も大丈夫そうで、最後までいける予定です。少し黄色に飽きたのでソリの子供をステッチしてみました。「ミース・ブロッホの図案屋さん」『MB 雪の広場』今年も種で育てたストックがプ

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(20)

    テーブルクロスばかりのステッチです。テーブルに垂れているテーブルクロスです。このあたりが終わればまた景色が変わります。早く進みたいです。フロランタンをひさしぶりに焼きました。いびつな焼き上がりを見て割り箸を両側に置いて、綿棒で伸ばせばクッキー部分が長方形

  • ミース・ブロッホ「MB雪の広場」(1)

    こんな刺繍をしてみたかった。ダイナミックな図案に気持ちも高まります。左足のブルーのタイツがだんだら模様になりタイツがちゃんと上にたくし上げられていない子供っぽい履き方にみえます。実際は糸の引き具合にむらのあるへたっぴ刺繍なだけです。ミース・ブロッホさんは

  • スミレの花束 ステッチ完(5)

    花束が完成しました。花びらの黒色が最初は気になっていましたが、出来上がってみると違和感なく自然な花色です。「OEHLENSCHLÄGEROOE-DESIGN 11542」刺繍の小物入れに使っている籠です。普段は、水色の布をかぶせているだけです。今回は、籠のふたになるようにスミレを楕円

  • ひさしぶりの購入品

    足りない糸や布を揃えました。神戸のド手芸品(株)で注文しました。クリスマスHAEDの色を調べていつするかもわかりませんが不足糸をとりあえず準備です。「Point de Xのこと」ブログのaya-mimoさんがオープンされた「ミース・ブロッホの図案屋さん」から購入の「カーニバル」

  • スミレの花束(4)

    あと一息です。下の方の葉をステッチすれば終わります。最後に全部の花芯をまとめて入れるつもりでしたが、様子を見たくなり黄色とオレンジ色が入りました。やはり引き締まった感じになります。乾燥気味続きでも植えられた花の水やりがちゃんとなされて通りすがりに楽しめま

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(19)

    右側の図案に入りました。ただ右に進んだだけなのに気分が新たになります。テーブルに垂れ下がるクロスの濃淡部分です。半分以上は進んでいると思いたい。種から育てたキンセンカが寒い朝に鮮やかに咲いています。つっやつやのオレンジ色。ランキング参加中です。こちらのマ

  • スミレの花束(3)

    花束らしくなってきました。半分程進んだ気がします。どう見ても葉がスミレの葉に見えなくて、バラの葉の様に思ってしまいます。今回は左側の花を中心にステッチしたので、今度は右側にいきます。小さなビオラです。ランキング参加中です。こちらのマークを押していただける

  • THEA GOUVERNEUR のローマ(36)

    トリニタ・デイ・モンティ教会がはっきり現れてきました。スペイン階段を上りつめた広場に立つふたつの鐘楼を持つ教会です。鐘楼の間に見えるオベリスクは巡礼者の歩く道順を示す目的で18世紀頃置かれたものだそうです。朝は階段に座っている人はいません。日中はびっしり観

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(18)

    図案の左側ステッチが出来上がりました。オレンジの背後にかけられている柄の布です。左側が済んで、一区切りついた気分になっています。「メトロポリタン美術館展」が2/9ー5/30 国立新美術館で始まりました。西洋絵画の500年です。ポール・セザンヌの《リンゴと洋ナシのある

  • スミレの花束(2)

    何だか面白くなってしまい家事もせずに、一日中これをステッチしている感じです。花や葉が見えてきました。出来上がったら籠のふたにすると使用目的をはっきりさせたので針が進むのかもしれません。幸い刺繍による肩こりはなく何時間でもできますが、根をつめずに、刺繍は夜

  • スミレの花束(1)

    スミレのポーチを作りながらスミレの花って良いなあと思っていました。一つスミレのキットを持っていることを思い出し箱の中をゴソゴソ。OOE見つけました。ちょっと刺し散らかしている感じがします。下の黒は間違えてしまい、ほどいている途中です。スミレの花の部分に黒がけ

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(17)

    日によって布目が見えやすかったり、見にくかったりすることがあります。陽の光の入り具合かもしれません。左方面はあと8cm正方ぐらいでステッチ終了です。丸く形づいている白い布の半分のグレー色の部分はいったい布がどのように敷かれているのかと思います。背後の柄の布も

  • クチュリエ「ミステリーフォレスト」(1)

    クチュリエ20周年記念特別企画のステッチです。「ミステリーフォレスト」クロスステッチの図案が一年を通して9回にわたって紹介されます。フリーチャートで皆で手づくりを楽しんでもらいたい思いが込められています。「Secret Base」のグレイさんのブログで知り、早速とりか

  • ローマ(35)コロッセオは大きい

    コロッセオが堂々と姿をあらわしてきました。図案では一部の姿のみですが、やはり大きい!背後の緑はパラチーノの丘かもしれません。ローマには7つの丘があり、この画像は図案の裏側のパラチーノの丘からみた雄大なコロッセオです。人が誰もいないエリアはローマ時代の時の声

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(16)

    セザンヌの展覧会図録を眺めていると他の絵画のステッチもしてみたくなります。りんごとオレンジの絵画ですが、今は背後の布ばかりのステッチです。現在THEA GOUVERNEUR のローマもステッチ中ですが、あれは布が重たく感じられて手が疲れます。こちらはそれほど大きくなく布

  • スミレのポーチ完成(4)・おしゃべり家電

    タイミングを逃さずに仕立てもちゃんとして、やりっぱなし在庫は増やさないようにします。と、口先だけの宣言。横21.5cm×縦16.5cmファスナー20cm数年前に購入してあった2色使いのファスナーも利用することが出来ました。裏布は藤色の小さな星があるものを使用しました。シャ

  • セザンヌの「りんごとオレンジ」(15)

    まだまだ先なのにもう次のステッチばかり考えています。茶色が増えてきたので針が進みそうです。下は前回のステッチなので自分でもやる気を出し始めているのがわかります。↓ ↓ ↓前回のステッチさあーて、このまま突っ走って完成を目指そう!といかないのが全面刺しです

  • THEA GOUVERNEUR のローマ(34)

    コロッセオが姿を現してきています。ローマのシンボルと言えばコロッセオを思い浮かべる方は多いと思います。ここで、残忍な人間と猛獣・猛獣同士の戦いに熱狂した人々の歓声を想像するのは難しいです。とにかく広くてトイレを探して一周したらクタクタになりました。長い方

  • スミレのリース ステッチ完(3)

    ステッチが終わりました。色糸は適当に決めていますが、一番濃い緑色だけアンカーを使いあとはDMCで埋めています。ポーチの反対側になるワンポイントです。適当に選びましたが、このスミレの配色は気に入っています。部屋のあちこちに小さな器に寒菊を飾って今の季節を楽しん

  • スミレのポーチ(2)

    リースにだんだんなってきました。花芯の黄色を入れたらさらに引き締まると思います。真冬なのにペチュニアがこぼれ種で咲いています。スミレ色です。ポーチの後ろ側にも図案の一部をステッチ中です。紫濃淡のスミレ色ファスナーを使って仕立ててみます。録画したものを見た

  • ローマ(33)と外歩きのために

    数年ぶりの多めの雪で寒い一日でした。バックステッチをしました。アイーダのマス目でない所を通過させるB/Sは、ますます苦手意識が強くなります。こげ茶色の楕円ふうはコロッセオです。『THEA GOUVERNEUR ROME NO.499.05』今年も歩きます。左のハイカットは、がっちり固定

  • スミレのリースでポーチ作り(1)

    好きな図案で、急にステッチ気分になりました。16ctのコスモの布 アイボリーです。サクサクと気持ちよく進みます。こちらの本からです。エンブロイダラーズギルドのコレクションの中の、19世紀の刺繍図案集から選ばれたパターンが編集されている本と記されていました。本は

  • お正月

    新年おめでとうございます。やりたいことや行きたい場所への制限がなく安心して自由に行動できる年がやってきますように。マットはモスグリーンですが、なんだか水色に写っています。『ステッチイデーVol.30』に載っていた宗のり子さんの日本の情景歳時記の1月の図案ですが、

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(14)

    最強の寒波による積雪の映像をニュースで見ています。雪国で暮らす方の雪に対する備えのご苦労や除雪作業をして、車の立往生を防ごうと立ち向かう人々の姿にまた、物流を途絶えさせまいと奮闘してくださる方々へ自然現象といえどもこの過酷さが画面から伝わります。↑ ↑ 

  • ブリューゲル「バベルの塔」

    これでは何なのか分かりませんね。ミンネminneで写真や名画を図案にし、販売している方より購入したブリューゲルの「バベルの塔」です。絵画の始まりのこのあたりの左端下をステッチしていました。あれれ、このまま行ったら布が足りない!目数確認したら布の右に余白が出来な

  • クリスマスの図案

    HAEDの図案を購入しました。クリスマスの全面ステッチです。『Santa’s Workshop』Heaven and Earth DesignsChart No:HAEKINKADE20180325 届いた図案を見て枚数の多さに圧倒されてしまいました。何年もかかりそうです。やりかけのクリスマス刺繍もいくつかあるので、数年は

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(13)

    白い布が広がってきました。苦手な白色もこつこつとステッチしないと終わりません。図案は左端まで来たので上に進めて、左側を仕上げていこうと思います。挿し木で増やした寒菊が今を盛りに今年も咲いています。こちらも挿し芽で増えたシャコバサボテンです。親の株は今年は

  • クリスマスからお正月刺繍へ

    今年も何か一つお正月用刺繍を作りたくなりました。宗のりこさんデザインの日本の情景12か月の歳時記表現一月です。コスモ糸指定ですが、数本手持ちがなくてDMCの適当な色を使っています。『ステッチイデーVol.30』30××× 刺しゅうカレンダーから今回はフレメの木々を飾っ

  • ポール・セザンヌ「りんごとオレンジ」(12)

    全面埋め尽くしのステッチの面白さにはまってしまいました。HAEDの図案もやってみたいです。左端の白い布部分にきました。DMCのBLANCとB5200や3865はかせで見たら多少の違いは判りますが、わずかな目数部分のステッチでは違いがわかりません。しかし出来上がったら微妙な色の

  • プレイリーのサンタクロース壁飾り 完成(3)

    サンタ達をクリスマスリボンに縫い付けることにしました。リボン幅が6cmでぎりぎりおさまります。丁度、金とえんじ色のリバーシブルリボンもあり、上の部分につけました。刺繍は5cmの間隔で並べました。長さは77cmです。センテッドゼラニウムにひっかけてみました。『THE PRA

ブログリーダー」を活用して、モクレンの花さんをフォローしませんか?

ハンドル名
モクレンの花さん
ブログタイトル
サウンド オブ クロスステッチ
フォロー
サウンド オブ クロスステッチ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用