searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Φさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

数学者岡潔の言葉より自然科学の問題点を考察。自然科学は明らかに間違いです。また、葬り去られたファラデーの単極誘導について研究してます。

ブログタイトル
弧理論(Ark Theory)解説ブログ
ブログURL
https://www.arktheory.com/wp-ark/
ブログ紹介文
数学者岡潔の言葉から「自然科学の問題点」の研究、歴史から葬り去られた単極誘導についての研究。
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2015/06/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Φさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Φさん
ブログタイトル
弧理論(Ark Theory)解説ブログ
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
弧理論(Ark Theory)解説ブログ

Φさんの新着記事

1件〜30件

  • 人に気(キ)づくことを強制できない。

    岡潔の「わからないものに関心を集め続ける」というのは、わからないから考え続けるのであって、わからないものがあるかどうかさえ考えが及ばないのは、どうしようもありません。 岡潔は「情・知・意」の順に働くと云いました。知と意は … 続きを読む →

  • このまま 人類は滅びる が、防ぐ方法はある。

    岡潔は、「世界は間違った思想の洪水である。このままでは 人類は滅びる 。」と述べました。岡潔は、何がどのように間違っているかを大雑把に述べています。 自然とはこうだと決めて、これを科学したものの寄せ集め。 人文科学・社会 … 続きを読む →

  • 自然科学 は何処でどう間違ったか?

    これまでの考察により 自然科学 の間違いは概ねわかっています。 図1 電磁気学の成立過程において、電気磁気現象の非対称部分を意図的にそぎ落としたらしいことはわかっています。   一方で図1とは異なる観点から整理 … 続きを読む →

  • 皆、 本当のこと に興味はない。

    近頃感じるのは、世の中の人たちは皆、 本当のこと に興味がないということです。2年ほど前に某会にてスピーチする機会を得ました。その会の方たちは、 本当のこと に興味を持って参加しておられると思っていました。ところ後で考え … 続きを読む →

  • 時間 とは事の「質」である。

    時間 とは何かについて、これまで散々考えてきましたが、まだ気づくことがありました。前回記事にて、ご紹介した動画の内容について、解説します。 動画1 人の五感でわかるのは、「物と事」です。最初に「事」について気になりだした … 続きを読む →

  • 動画「自然という映像の仕組み。熱力学エントロピーと情報エントロピーは同じ事」を掲載しました。

    動画サイトに「#06自然という映像の仕組み。熱力学エントロピーと情報エントロピーは同じ事」を掲載しました。 動画1 ここのところ、当サイトの過去記事を元に、まとめを動画にしてきたのですが、漸く一山越えたようです。岡潔が「 … 続きを読む →

  • 唯物主義と還元主義 の末路は”人類の滅亡”

    5月26日の記事「唯物主義と共産主義」にて、感じたことの続きです。 岡潔は、「五感でわからないものはないとしか思えない。これを唯物主義という。」と述べました。その行き着く先が「共産主義:非宗教という宗教」なわけです。はな … 続きを読む →

  • 動画「二つの心(後編)その2」を掲載しました。

    岡潔による「2つの心」について、第2の心を解説した動画を掲載しました。 動画1 実は、簡単すぎて誰も考えないから説明されてもいまいちわからないのです。 これで2つの心の仕組みと働きについて、「別の次元軸からの投影による映 … 続きを読む →

  • 動画「 2つの心 (後編)その1」を掲載しました。

    数学者岡潔の言葉より考察した「 2つの心 」について、動画サイトに掲載しました。 動画1 2つの心 の内、第1の心の詳細について説明した後、ヲシテ文献にあるタマシヰとの比較をしました。参考しにしたのはヲシテ研究者の池田満 … 続きを読む →

  • 動画「 2つの心 (前編)」を掲載しました。

    動画サイトに「03 2つの心 (前編)」を掲載しました。 動画1 これまで数学者岡潔の言葉より考察した内容のうち「2つの心」について、「第1の心」の仕組みと働きを解説しました。 神の数式なるものがありますけれど、インチキ … 続きを読む →

  • 動画「 自然科学 は循環である」を掲載しました。

    当ブログにて、考察した中からまとめた部分を動画サイトに「#02 自然科学 は循環である」として掲載しました。 動画1 録音、録画、編集とも下手くそながら、内容に誤りはないと考えます。   自然科学は量ではない時 … 続きを読む →

  • 自然科学は何も説明しない。 現代宇宙論 は破綻 している。

    2018年に自然科学は循環であるとわかりました。 図1 自然科学の時間空間というモデルは、初めに「空間があり、物質がある。時間の経過により運動する。」というものです。量ではない角度から作る時間は物理量ではありません。物理 … 続きを読む →

  • 唯物主義 と共産主義

    岡潔によれば 唯物主義 を次のように述べています。「【3】五感でわかるもの」より。 どんなに工夫しても五感でわからないものはどうなのかというと、そういうものはないと思っている。「ない」といってるんじゃありません、「ない」 … 続きを読む →

  • 日月神示 の「理屈は悪じゃ」は、弧理論の「カガミ:社会科学」に同じ

    昨日、「 日月神示 、神一厘のシナリオ:中矢伸一著、徳間書店」を読んでいたら、「理屈は悪じゃ」という一文がありました。管理人が主張している社会科学の基本にかなう合理的な解釈だと感じ、メモします。   まず、弧理 … 続きを読む →

  • 重力と電磁力 との類似点について

    2017年9月9日の記事で、「電磁誘導と ローレンツ力 はなぜ同じ起電力を与えるか~ とね日記よりメモ」を書きました。電磁誘導と単極誘導は、誘導起電力に差がなく、まったく区別が付きません。ですから、数式では、2種類の起電 … 続きを読む →

  • 動画 「 時間は物理量ではない 。」を掲載しました。

    漸く、解説の動画「 時間は物理量ではない 。」をYouYubeにアップしました。 研究は11年目を迎え、2017年頃より弧理論の全体像がつかめてきました。それ以降、幾つかについて、まとまってきたものの文字では伝わりにくい … 続きを読む →

  • 量子場 と岡潔の云った空間

    前回の記事で電磁気現象と岡潔による「2つの心」との関係を示しました。今回の記事では、 量子場 の模型と岡潔が「空間」について述べたこととの関連について記します。   2020年1月21日の記事「自然 >( 時間 … 続きを読む →

  • 還元主義 の終端

    ある科学者は現在の科学について次のように例えました。 科学知識を求める人間は木に登るアリのようなものだ。自分では上方へ動いていることがわかっていても、その視野は狭すぎて幹全体を見通せない。そのために幹を離れていることに気 … 続きを読む →

  • 自然>( 時間・空間 )

    ある人から云われました。「岡潔って、何か宗教っぽい。」 それには理由があります。 数学者岡潔は、次のように述べています。【2】自然科学者の時間空間より。 自然科学者は自然というものをどういうものだと考えているかということ … 続きを読む →

  • 自身を含まない 量子場理論 は間違っている 

    研究対象とは別の位置に自身を置いて論ずることは間違っていると、かなり前に指摘しました。そういう研究は、自身を”神”の位置に置くのと同じだということです。自然科学、特に物理学に違和感を持っていたのはこの点でした。 先般より … 続きを読む →

  • 量子場 を説明する簡単な模型

    前回までにご紹介したカルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」から興味深い点を読みます。 写真1 『カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その6』の中で引用した子どものための量子 … 続きを読む →

  • カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その6

    前々回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」から興味深い点を読みます。 写真1 いつも引用するある科学者の言葉から得た管理人による考察と比較して検討します。著者は、「物ではなく、出 … 続きを読む →

  • 数学者岡潔「 2つの心 」・・・頑としてわからぬ人たちが居る

    数学者岡潔は、人には 2つの心 があることを説いています。ところがどういうわけかあまり詳しく解説していません。晩年になって、自身の時間が残されていないからなのかわかりませんが、先を急いでいるような感じを受けました。 岡潔 … 続きを読む →

  • カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その5

    前回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」から興味深い点を読みます。 写真1 著者は、1960年代から、時間変数を含まずに量子重力を記述する努力がなされてきたことを紹介しています。 … 続きを読む →

  • カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その4

    前回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」から興味深い点を読みます。 写真1 数学者岡潔による「自然科学は間違っている」から得た管理人による考察と比較して検討します。著者は「時間と … 続きを読む →

  • カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その3

    前回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」の前半から興味深い点を読みます。 写真1 その際、数学者岡潔の講演録から「時間」に関する発言を元に考察した結果と比較検討します。 &nbs … 続きを読む →

  • カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その2

    前回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」の前半から興味深い点を読みます。 写真1 その際、数学者岡潔の講演録から「時間」に関する発言を元に考察した結果と比較検討します。 今回は、 … 続きを読む →

カテゴリー一覧
商用