searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ナカさんさんのプロフィール

住所
春日井市
出身
犬山市

高齢者介護、障害者支援歴は通算14年。「人の、どうにもならない想い」に寄り添う介護を心掛けています。   また言葉を通じて応援する「しるしの魔術師」としても活動しています。   趣味は読書。ダイエットの一環で自宅筋トレをゆるく継続中。 また「メモの魔力」のメモを毎日1つSNSで発信しています。

ブログタイトル
想い紡ぐ介護士、ナカさんのブログ
ブログURL
https://www.photo-ac.com/profile/3218510
ブログ紹介文
通所・入所型施設、派遣社員・契約社員・臨時職員・正職員、フロアリーダーにサービス提供責任者及びその指導者として、幅広い働き方を通算14年行うなかで培った人々の想いや経験談、学んだことを紹介します。
更新頻度(1年)

53回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2020/07/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ナカさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ナカさんさん
ブログタイトル
想い紡ぐ介護士、ナカさんのブログ
更新頻度
53回 / 365日(平均1.0回/週)
フォロー
想い紡ぐ介護士、ナカさんのブログ

ナカさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 介護士の5ステップ ②ステップ2:「はたらく」意味を知る

    仕事上介護職の方とお話しすることが多いのですが、「話がかみ合わないなぁ」と感じることが多々あります。その原因がどこにあるのだろうと分析してみた結果、介護士の性質は5段階に分かれていることが見えてきました。今回は「介護士の5ステップ」と称して

  • 「豊かになる」介護士の5ステップ ①ステップ1:無気力から抜け出す

    仕事上介護職の方とお話しすることが多いのですが、「話がかみ合わないなぁ」と感じることが多々あります。その原因がどこにあるのだろうと分析してみた結果、介護士の性質は5段階に分かれていることが見えてきました。今回は「豊かになる介護士の5ステップ

  • 「施設に託す」という選択 ~自分の家族が認知症になったら~

    過去三回に渡り「自分の家族が認知症になったら」をテーマにお話ししてきました。参照:まず認知症を知ろう ~自分の家族が認知症になったら~  :認知症を受け入れる ~自分の家族が認知症になったら~  :ともに過ごす ~自分の家族が認知症になった

  • 「責任感の強い人」が自分自身を受け入れるためには

    「仕事は辞めたいけど、でも…」毎日の業務に追われ、残業をして、ボロボロになって家に着くまでに退職・転職を考えては踏みとどまる。そんな経験はありませんか?特に介護・福祉に携わる方は「責任感の強い人」が多く、自分が仕事を辞めることで多くの人に迷

  • 介護現場で働く人が「推し」を受け入れたほうが良い理由

    公益財団法人介護労働安定センターの「令和元年度 介護労働実態調査の結果」によれば、介護労働者の20.5%が男性であり、10年前の平成21年と比べると2%増でした。(参照:平成21年度 介護労働実態調査結果について)(参照:令和元年度「介護労

  • ともに過ごす ~自分の家族が認知症になったら~

    高齢者介護から離れて8年ほどになりますが、時折「親(家族)の介護のことを教えてほしんだけど」と相談をもらいます。その中でも多いのが「認知症」についての相談で、相談のたびに学び直してから「こうした方がいいですよ」とお話ししています。やはり介護

  • 認知症を受け入れる ~自分の家族が認知症になったら~

    高齢者介護から離れて8年ほどになりますが、時折「親(家族)の介護のことを教えてほしんだけど」と相談をもらいます。その中でも多いのが「認知症」についての相談で、相談のたびに学び直してから「こうした方がいいですよ」とお話ししています。やはり介護

  • まず認知症を知ろう ~自分の家族が認知症になったら~

    高齢者介護から離れて8年ほどになりますが、時折「親(家族)の介護のことを教えてほしんだけど」と相談をもらいます。その中でも多いのが「認知症」についての相談で、相談のたびに学び直してから「こうした方がいいですよ」とお話ししています。やはり介護

  • 「リーダーは理不尽だ」と思ったなら… ②理不尽をなくす

    介護現場で働いていると自分ばかりリーダーから大変な仕事を振られていたり、風当たりが強かったりすることを感じるかもしれません。あるいはリーダーだからといって部下の不手際の責任を一身に背負わされたり、過度な期待をされたりすることもあるでしょう。

  • 「リーダーは理不尽だ」と思ったなら… ①リーダーの資質を知る

    介護現場で働いていると自分ばかりリーダーから大変な仕事を振られていたり、風当たりが強かったりすることを感じるかもしれません。あるいはリーダーだからといって部下の不手際の責任を一身に背負わされたり、過度な期待をされたりすることもあるでしょう。

  • 「介護ってなんだろう?」と悩んだら読み返す。何度でも。

    新年度が始まり、今月から介護を始められた方も多いかと思います。それが仕事であっても家族介護であっても、介護をしてみて「介護ってなんだろう?」と考える瞬間が出てくるころかと思います。なので今回は「介護ってなんだろう」の疑問に答えるべく、「介護

  • 「手取り15万からの介護士」の『豊かさ』を考える ③介護報酬改定

    令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 産業別によれば、「医療・福祉」の平均年収は約221万~となり、月収手取りに換算すると「およそ15万ほど」となります。この「手取り15万」という数字は一時期twitterのトレンドワードにも上がり、様

  • 「手取り15万からの介護士」の『豊かさ』を考える ②家計を見直す

    令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 産業別によれば、「医療・福祉」の平均年収は約221万~となり、月収手取りに換算すると「およそ15万ほど」となります。この「手取り15万」という数字は一時期twitterのトレンドワードにも上がり、様

  • 「手取り15万からの介護士」の『豊かさ』を考える ①介護の豊かさ

    令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 産業別によれば、「医療・福祉」の平均年収は約221万~となり、月収手取りに換算すると「およそ15万ほど」となります。この「手取り15万」という数字は一時期twitterのトレンドワードにも上がり、様

  • 障害者支援を通して学んだ「常識を疑う」という人生訓

    このブログでは高齢者介護のついてお話しすることもあれば、障害者支援についてお話しすることもあります。これは高齢者介護の経験が7年ほど、障害者支援の経験が8年ほどあるためで、どちらについてもある程度明るいのが僕という介護士の特色になっています

  • 震災10年を前に、被災地視察を振り返る ~2日目②~

    2021年2月13日。福島県沖で震度6強の地震が発生しました。家屋や人的な被害が見られるものの2021年2月22日現在では死者は出ておらず、一時的に交通機関が運休したり約83万世帯が停電したりといった混乱もありました。この地震について気象庁

  • 震災10年を前に、被災地視察を振り返る ~2日目①~

    2021年2月13日。福島県沖で震度6強の地震が発生しました。家屋や人的な被害が見られるものの2021年2月22日現在では死者は出ておらず、一時的に交通機関が運休したり約83万世帯が停電したりといった混乱もありました。この地震について気象庁

  • 震災10年を前に、被災地視察を振り返る ~1日目~

    2021年2月13日。福島県沖で震度6強の地震が発生しました。家屋や人的な被害が見られるものの2021年2月22日現在では死者は出ておらず、一時的に交通機関が運休したり約83万世帯が停電したりといった混乱もありました。この地震について気象庁

  • 自己分析がまだ済んでいない方のための「メモの魔力」

    このブログでは人生の大きなテーマとなる「自分と向き合う」という話を過去何回か行ってきました。誰にとっても自分と向き合うことは欠かせず、「なぜ自己分析をする必要があるのか」から「自己分析をどのようにするのか」といったものまでお伝えすることで自

  • 高齢者介護をして大変だった3つのポイント

    前回の記事「高齢者介護をして良かった5つのポイント」では「良かったこと」に焦点を当て、誰にとっても欠かせない「なぜ『今』が大切なのか」のお話しをしました。今回は介護の中でも「高齢者介護をやっていて大変だったこと」を3つ、その時僕がどのように

  • 高齢者介護をして良かった5つのポイント

    今回は介護の中でも「高齢者介護でこの仕事をやっていてよかったこと」を5つ紹介していきます。その5つとは1.仕事を「好き」にさせてもらった2.自分にはまだ見えていない能力を引き出してもらった3.「創意工夫が問題を解決する」と体験させてもらった

  • なぜ介護士は「介護は誰にでもできる仕事か」を誤解するのか

    ネットニュースやSNSの投稿を眺めていると、定期的に「介護は誰にでもできる仕事か」このテーマについて賛否に分かれて自身の考えを述べられるのを見かけます。また友人知人からも「介護の仕事って大変じゃない?」と聞かれることもあるので、今回は「介護

  • 資格を取るって本当に大切? ⑦未来を切り拓く

    前回の記事「介護の資格ってどこまで必要?」では、資格の定義から現存の資格を捉え直したとき「介護の資格は取る『必要』はなく、取る『目的』がある場合に取ればいい」というようなお話をしました。「何がしたいか」を見失って「こうすべき」という周囲の論

  • 資格を取るって本当に大切? ⑥一線を越えてしまったら

    前回の記事「介護の資格ってどこまで必要?」では、資格の定義から現存の資格を捉え直したとき「介護の資格は取る『必要』はなく、取る『目的』がある場合に取ればいい」というようなお話をしました。「何がしたいか」を見失って「こうすべき」という周囲の論

  • 資格を取るって本当に大切? ⑤資格が保証するもの

    前回の記事「介護の資格ってどこまで必要?」では、資格の定義から現存の資格を捉え直したとき「介護の資格は取る『必要』はなく、取る『目的』がある場合に取ればいい」というようなお話をしました。「何がしたいか」を見失って「こうすべき」という周囲の論

  • 資格って本当に必要? ④介護福祉士を受験するにあたって

    前回の記事「介護の資格ってどこまで必要?」では、資格の定義から現存の資格を捉え直したとき「介護の資格は取る『必要』はなく、取る『目的』がある場合に取ればいい」というようなお話をしました。「何がしたいか」を見失って「こうすべき」という周囲の論

  • 資格を取るって本当に大切? ③目的を欠いた資格

    前回の記事「介護の資格ってどこまで必要?」では、資格の定義から現存の資格を捉え直したとき「介護の資格は取る『必要』はなく、取る『目的』がある場合に取ればいい」というようなお話をしました。「何がしたいか」を見失って「こうすべき」という周囲の論

  • 資格を取るって本当に大切? ②実力勝負ができるか

    前回の記事「介護の資格ってどこまで必要?」では、資格の定義から現存の資格を捉え直したとき「介護の資格は取る『必要』はなく、取る『目的』がある場合に取ればいい」というようなお話をしました。「何がしたいか」を見失って「こうすべき」という周囲の論

  • 資格を取るって本当に大切? ①大学時代とお金の話

    前回の記事「介護の資格ってどこまで必要?」では、資格の定義から現存の資格を捉え直したとき「介護の資格は取る『必要』はなく、取る『目的』がある場合に取ればいい」というようなお話をしました。「何がしたいか」を見失って「こうすべき」という周囲の論

  • 介護の資格ってどこまで必要?

    先日twitterで「認定介護福祉士」についてのつぶやきを見かけました。資格の是非やどれくらい稼げるかといった話になっており、「そもそも資格ってそんなに必要なのかな?」と考えるようになりました。なので今回は「介護の資格ってどこまで必要なのか

カテゴリー一覧
商用