プロフィールPROFILE

@函館生活さんのプロフィール

住所
函館市
出身
北斗市

はじめまして。@函館生活です。函館生まれの男性。 好きな食べ物:魚介類、麺類(特に蕎麦) 趣味:水産加工・釣り・写真・アウトドア・地理歴史・地名名字・MMORPG・アニメ・旅行など。 モノではなくコトを重視して身の回りの出来事や道南函館での生活、趣味など自由に書いています。頑張って更新してますので、もし興味を持ったらブログをご覧ください。美味しい魚介類やアイヌ語地名に出会えます。

ブログタイトル
Hakodate Life
ブログURL
https://hakodate-life.com/
ブログ紹介文
趣味で作る美味しい魚介類の加工やアイヌ語地名を調べたり、自分の周りをモノではなく好きな楽しいコトで埋めていきたいそんな管理人の身の回りの出来事や道南函館での生活、趣味など自由に書いています。
更新頻度(1年)

42回 / 64日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2019/11/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、@函館生活さんの読者になりませんか?

ハンドル名
@函館生活さん
ブログタイトル
Hakodate Life
更新頻度
42回 / 64日(平均4.6回/週)
読者になる
Hakodate Life

@函館生活さんの新着記事

1件〜30件

  • タラ肝(真鱈の肝)を作る

    表題、タラ肝とか言われてもなんのこっちゃ?という感じでしょうが、端的に説明すると真鱈の肝を蒸して食べるだけです。(笑)あんこうの肝(あん肝)の真鱈バージョンと解してくれれば大丈夫です。真鱈って丸ごと買ったり、頭だけ買ったりすると成熟した肝な

  • 中島廉売

    前回ははこだて自由市場をご紹介しましたが、毎週土曜日に新鮮な魚介類をお得に仕入れるルーチンワークの中には中島廉売へ訪れることも含まれております。というわけで、自由市場に続き中島廉売も取り上げていきたいと思います。自由市場同様、個別のお店の紹

  • はこだて自由市場

    今日は「はこだて自由市場」を紹介していきたいと思います。今回、個別のお店は紹介しませんが全体の雰囲気を感じてもらおうと写真多めにアップしています。はこだて自由市場入り口①はこだて自由市場の由来はこだて自由市場は公式ホームページによると、 戦

  • たらこ(真鱈子・真子)でカラスミを作る

    大きい真鱈子が安く売っていたので、また醤油漬けにしようか迷いましたが、今回は酒の肴に真鱈子でカラスミを作っていきたいと思います。前回の真鱈子の醤油漬けはこちら↓塩水で洗い血抜きをする先ずはボウルに水を入れて軽く塩を入れ塩水を作ります。その中

  • 道の駅 なとわ・えさん

    休日を利用して久々に道の駅なとわ・えさんに行ってきました。なとわ・えさんの「なとわ」とはこの地方の言葉で「な(=あなた)」と「わ(=わたし)」という意味です。元々は東北の津軽弁ですが、この地方にそちらの出身者が多かったせいかもしれません。南

  • ババガレイ(母母鰈・婆鰈)の煮付けを作る

    前回、超弩級のババガレイを頂いて4分の1をお刺身して頂きました。残りの部分を今回煮付けにしていきたいと思います。前回の刺身は↓記事をどうぞ。煮汁を作るまずは煮汁を作っていきます。特に他の煮付けと変わったことはありません。お好みの味付けで仕込

  • ババガレイ(母母鰈・婆鰈)の刺身を作る

    釣り師のIさんからまたお魚を頂きました。今回はババガレイですが、二人で飲んだときに「今度ババガレイの刺身が食べたいから、活きの良くてデカいの釣ってきて下さいよ!(笑)」と酔いながら話たのがきっかけであります。それからわずか三日あまり、詳しく

  • 沼の家(ぬまのや)に行ってきた!

    大沼公園に行ったついでに久々に沼の家によって大沼だんごを買ってきました。この日は寒かったことも原因か店の中には誰も観光客がいませんでした。いつもなら観光客、とくに外国人でいっぱいなんですけどね。沼の家の大沼だんごは醤油+あんこのセットから醤

  • 永田方正『初版 北海道蝦夷語地名解 復刻版』(草風館、1984年)

    北海道のアイヌ語地名を調べるなら、やはりこの本は避けては通れません。当サイトでも『北海道蝦夷語地名解』を開きながら道南地名の旅をしていますが、それも永田氏が明治の昔にこの本を纏めていたおかげというわけです。通称『永田地名解』と呼ばれますが、

  • 昆布館へ行ってきた!

    大沼へ行く途中、久しぶりに昆布館に行ってきました。敦賀にあるヤマトタカハシ株式会社が昆布加工品を製造していますが、その自社商品の販売促進のために運営している施設と思われます。商売と直結してはいますが、無料で入れる昆布ミュージアムとなっており

  • 亀田八幡宮旧社殿(現神輿殿)

    前回記事で亀田八幡宮に初詣に行ってきました。前から亀田八幡宮を取り上げる記事をいつ作ろうかと思っていましたが、今回初詣に行ったとき色々写真を撮ることが出来ましたので、アップしていこうと思います。初詣で人がいっぱいいて全景を撮ることが困難だっ

  • 亀田八幡宮へ初詣へ行く

    年末年始は仕事でしたので、ようやく4日に時間ができて初詣に行ってきました。三が日は大変込み合っていて道路が渋滞するなどしていました。出店もありましたのでかなり賑わいがありましまたね。4日は普通に駐車して参拝することができました。それでも、駐

  • 恵山の地名由来

    恵山は道南の最東端の地名であり、今では山や岬、町名としてその名前が残っています。恵山の地名のルーツを探っていくと、やはりアイヌ語に行きつくのですが、『北海道蝦夷語地名解』には岬と山について恵山の意味が二つ書いてあります。まずはエサン、岬の説

  • 2019年サイト内記事ランキング

    今日で2019年、令和元年も終わりということで非常に早く感じた一年でした。多くの方にサイトを見て頂いて本当にうれしい限りです。来年もまた頑張って更新していきたいと思います。今年一年を振り返って当ブログで最もアクセスされた記事を、頼まれてもい

  • 函館市立潮見中学校と函館市民運動場

    函館公園からの帰り道、函館山側に石階段があるので近づいて見てみると、ロープが張られて人が入れなくなっていました。石階段には「函館市立潮見中学校」の表札があり、階段を上がったその奥にには「函館市民運動場」の記念碑が残されていました。ロープが張

  • 鮭の氷頭なますを作る

    さて前回新巻鮭から鮭とばを作っていきましたが、余ったアラや頭をどうするか・・・鍋など汁ものにすると簡単なのですが、やっぱりお酒のつまみにしたいということで、氷頭なますを作っていきたいと思います。すでに塩を振られ冷凍された鮭ですので、寄生虫の

  • 新巻鮭(塩鮭)で鮭とばを作る

    普段は1本2,000円ほどで売っている新巻鮭が特売で1,499円でした。これは買って鮭とばを量産しておこう!と思い新巻鮭から鮭とばを作っていきます。出来ればオス鮭のほうがいいのですが、大体安く売ってるのはメスだったりしますので、選べればオス

  • 鰊(にしん)の切り込みを作る

    前回、5尾買ってきた鰊を一尾だけ刺身にしました。残りの鰊4尾で切り込みを作っていきたいと思います。今回の材料は下記の通り。鰊(にしん)4尾(約250g×4)乾燥こうじ100g塩40g砂糖70g輪切り唐辛子適量日本酒100mlウロコを落として

  • 鰊(にしん)の刺身を作る

    中島廉売にいい型の活きの良い鰊が売っていたので、刺身にしていこうと思います。鰊はサバと同じく痛み易いので獲って直ぐのものしか刺身に出来ません。今日の鰊も朝上がりのものです。鰊の刺身が食べられるなんて流通が発達した証拠ですね。活きのいい鰊の選

  • 年末ジャンボ宝くじを買ってきた!

    いよいよ今年も残り3日となりました。販売締め切り前に年末ジャンボ宝くじを買っておきました。有馬記念は残念な結果でしたが、年末ジャンボが当たればよい正月が迎えられます。当たると信じて、画像の当選番号はボカシておきました。強盗に狙われたら困るの

  • 鮭とばスライスを作る

    鮭とばを作っていきますが、今回は鮭とばスライスを作っていきます。鮭を捌いて干す捌いて干してある程度乾くまでは以前の記事を参考にして下さい。乾いた鮭を切る干してある程度(一週間ほど)乾いた鮭を切っていきます。今回は半身を丸ごとスライスしていき

  • 市立函館博物館へ行ってきた!

    冬の函館公園へ行ったついでに、敷地内にある市立函館博物館へ久々に行ってきました。常設展観覧料さて、料金はいくらだったっけなあ、なんて思って入り口までいくと一般100円でした。(笑)めっちゃ安い!中に入ると受付の女性がちょっと驚いた様子で出迎

  • 函館公園へ行ってきた!

    函館公園というと春先に桜の名所として、花見に訪れる人々に人気ですが、この厳冬の季節に物好きにも顔を出してみました。今上天皇御即位記念碑前案の定、人気もなく静まりかえって閑散としています。春先の函館公園を知っている人にとっては信じられない光景

  • 第64回有馬記念の馬券を買ってきた!

    明日は今年最後のGI有馬記念、普段馬券を買わない人(=筆者)でもついつい買ってしまう日であります。函館は3Kがある街、3Kとは競馬場・競輪場・刑務所です。残念ながら競艇は無い。(笑)この年末は有馬記念→競輪グランプリ→年末ジャンボと今年一年

  • 平目(ヒラメ)の煮付けを作る

    以前いただいた釣りヒラメ、大きいやつとばかでかいやつはお刺身になりましたが、小さい方の2尾を煮付けにしました。どうしてもヒラメは刺身というイメージがありますが、煮付けも抜群に美味しいですよ。ヒラメを捌く表面のウロコを金タワシで取っていきます

  • 静狩(しずかり)の地名由来

    函館方面から国道37号線を海岸沿いに長万部方面へ抜けていくと、37号線は左に曲がり静狩峠へ向かいますが、真っ直ぐというかやや右に反れながら静狩市街に入っていく道があります。静狩市街を真っ直ぐいくと右手に漁港が見えて行き止まりとなります。長万

  • 知里真志保『アイヌ語入門ーとくに地名研究者のためにー』

    北海道の地名はそのほとんどがアイヌ語に由来するものです。このサイトでもいくつか紹介しましたが、道南も早くから和人が定住したものの、ルーツをたどるとアイヌ語がもとになっている地名は多くあります。もし、アイヌ語地名に興味があるなら、手にして読ん

  • 道の駅 江差

    繁二郎浜の横駐車場にひっそりと建つ道の駅江差、以前から営業しているのだろうか・・・というくらい存在感のない建物でしたが、今回リニューアルして存在感が増しました??道の駅江差元々存在感がない道の駅でしたが、今回のリニューアルを機に一新されたと

  • イカの一夜干しを作る

    ↓前々回記事で釣り師Iさんより頂いた真イカ、最高のお刺身とイカゴロ醤油漬けルイベになりました。頂いたイカは3杯だったので、記事も3つまで引っ張りたいと思います。(笑) 最後は干物ということで、あまったゲソを一夜干しにしました。冷蔵庫を使った

  • イカワタ(イカゴロ)の醤油漬けを作る

    ↓前回記事で釣り師Iさんより頂いた真イカ、活き活きしていましたので最高のお刺身なりました。そのイカゴロも新鮮な状態です。捨てるのは当然勿体ない!そのまま生で食べてもよかったのですが、今回は醤油漬けにして酒のあてにしていきたいと思います。味噌

カテゴリー一覧
商用