chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
わたし歩記-あるき- https://hanahiroinoniwa.hatenablog.com/

写真家/産業・心理カウンセラーです。愛着障碍、複雑性PTSDの情報を発信しています。撮影・カウンセリング等、お気軽にお問合せください。

miu
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/06/27

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 「愛されなかった不足分、愛されたら癒される」という勘違い

    Sonyα7Ⅲ with sigma 85mm f1.4 DG DN Art 愛着トラウマを負った人が、知らず知らず陥ってしまう思考に、 「本来なら自分が得られて然るべきだったはずの愛情、愛されなかった不足分だけ愛されたなら、自分はこの生きづらさから解放されるし、癒されるはずだ」 というものがあります。 確かに、適切なタイミングで、ヘルシーな養育者による感情の協働調整を十分になされていたとしたら、現状のような苦しみを味わうことはなかったのかも知れません。 ですが、 不足している「愛情の量」を取り戻す=愛着トラウマが癒される とは、残念ながら、ならないのです。 何故なら、幼児期の養育者による協働…

  • その心理療法が自分に効果的かどうかの見極め

    Sonyα7Ⅲ with sigma 85mm f1.4 DG DN Art 自分の生きづらさをどうにかしたくて、様々なカウンセラーや心理療法を、転々とジプシーしてしまうこと、珍しいことではないと思います。 でも(無意識的には違う場合があったにせよ)、やはり辛い状態を改善したくて、カウンセリングに通っているわけですし、楽になるのに越したことはありません。さらに言えば、正直セッション代金は、どこのクリニックでも平均して8,000円~15,000円と決してお安くはないわけで、できれば少しでも早く寛解したいと思うのは当たり前です。 とは言えです!心のことって、身体のこととは違って、数値的なものや、画…

  • 本日メルマガを発行してます

    本日メルマガを発行してます 毎月1回、メルマガを発行しています。 miusato.com 今月のテーマは、春の季語「桜」です。 「桜」は春の季語だから、秋や冬とは関係ないんじゃない?と思われるかも知れませんが、やっぱりさすがの日本人!そんなことはないのです。 では、どんな風に、春の桜は季語として姿を変えていくのでしょうか? そんなことをテーマにして書かせていただきました。 季語って不思議なもので、一度知って記憶に残ると、思いがけない場面でそれがリンクして、日々の暮らしの中で気づきとなって経験されるのです。 その気づきがあるからこそ、被写体への愛情が深まったり、紡ぐ言葉の精度が増したりもする。 …

  • 明日で11月も終わりですね

    Sonyα7Ⅲ with sigma 85mm f1.4 DG DN Art 50歳の誕生日と共に始まった11月も、明日で終わろうとしています。 この1ヶ月と言うのは、まあ、とにかく激動で(笑)。でも、本当に抱えきれないくらいのギフトを運んできてくれたひと月だったなあ・・・と改めて振り返っています。 9月の終わり、これまでことあるごとに一緒に過ごしてきた妹が、東京を引き払い、実家に戻ってしまった後の自分には、どれだけ孤独で寂しい日々が待っているんだろう?と内心鬱々した気持ちでいました。 それが、いざ蓋を開けてみれば、撮影や講座のお仕事も入ったり、カウンセリングのお仕事も少しずつ軌道に乗り、さら…

  • オーガニックちんすこうの美味しさを知る

    ココナッツちんすこう View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • たけまたなつえさんの個展にお邪魔してきました

    View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • 「おもしろい人になりたい」と言う悩み

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM 先日、カウンセリングでこんなお悩みを聴く場面がありました。 「わたし、人からつまらない人だと思われているみたいなんです。だから、おもしろい人になりたいんです」 そこでわたしは、クライエントさんに尋ねました。 「どんな人をつまらない人だと思ってますか?おもしろい人だと思っていますか?」 すると、クライエントさんはこう仰いました。 「つまらない人はわたしみたいな人。おもしろい人はわたしみたいじゃない人。」 うん、恐らく、そう来ますよね。そうお答えになるのではと思っていました。何故なら、わたしも同じように答えていた時期があったので。 言葉っ…

  • 秋の光と揺らぎをお届け♪

    www.youtube.com ご近所の紅葉で動画を録ってmovieにしてみました。あなたの束の間の休息になれたら嬉しいです^^ チャンネルのお気に入り登録、大歓迎です♪(*^^) 展示会に出展します!↓ ↓ ↓ 出展します^^ ギャラリー国立までのアクセスです きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • 12月の展示のご案内です

    12月8日~13日まで 12月8日から13日まで、ギャラリー国立にて開催されます歳末特別展2022に参加します。 展示に出展を決めた頃は、まだギャラリーで撮影の仕事をさせていただくことになるとは思ってもみませんでした。 私は2つ作品を出展します。 ひとつは最近のもの。もうひとつは2015年に撮影した作品です。 後者の作品に関しては、(今振り返ってみると)この時の作品が、後々まで続く私の視点や作風に強い影響を与えているのではないか?と分析している、私にとっては転機となったとても大事な作品です。 作品は一応販売という形をとっていますけれども、もし手元に残ったとしても、大切に我が家に飾りたいと思い、…

  • 十牛図を読む~心理発達理論との関係から~

    オンライン開催です^^ 「十牛図」ってご存知でしょうか? 「十牛図」は、中国の宋の時代に描かれた、禅宗の書。ひとりの牧人が、失った牛を探し求める様子を10枚の絵で表したもので、人間が仏門に入ってから真の悟りに至るまでの過程を表していると言われています。 わたしと「十牛図」との出逢いは、認定心理士の資格を取るために、40代で編入した、二度目の大学生活においてでした。 学んだ大学は、専攻に関わらず、仏教が必修となっていました。最初は、「めんどくさいな~」と思っていましたが、学び始めたら、まあこれが、すごく面白くて! 中でも、この「十牛図」には、多くの気づきを得ました。人生の羅針盤・・とでも言ったら…

  • ”葛藤”はヘルシーな心理発達あってこそ

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ Macro f2.8 G OSS 「悩まない自分になりたいんです!」 と、最初の面談(インテーク)で仰るクライエント様は少なくありません。 わたし自身も悩みがちな性格をしているので、そう願う気持ちには、正直、非常に共感できます。 ただ、振り返ってみた時に、「悩まない自分になりたい!」と必死だった頃の自分は、どこか”病的な安定”を求めていたなあと言う気がしています。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com こちらの記事でも触れていますが、悩みと言うのは”葛藤”を緩めていくことで、改善へと向かっていきます。 ところが、この”葛藤”自体…

  • 問題の解決が目的ではない

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ Macro f2.8 G OSS わたし自身もそうだったのですが、愛着トラウマを負った方というのは、カウンセリングを申し込むに至るまでに、時間がかかってしまうケースが多いようです。 その理由ですが、通常の成人期の方であれば、 仕事で○○をしたい。でも、そうしようと思って頑張っているけれど、どうしてもできない。どうしたら出来るようになれるのか? とか、 自分はいま、○○だと分かっているにも関わらず、心がどうしても身体に追いついていけずに苦しい。もう少し楽になりたいのだけど、どうしたらいいのか? といった具合に、悩みのベースには、「○○したい、でも、できな…

  • なぜ「どうしたの?」なのか

    Sonyα7Ⅲ with sigma 85mm f1.4 DG DN Art hanahiroinoniwa.hatenablog.com 昨日の記事(↑)、自分自身に何かしんどさを感じた際に、自分への声掛けはまず、親しみを込めた 「どうしたの?」 から始めてみてください・・と書きました。この理由を今日は深掘りします。 愛着障害やアダルトチルドレンの方というのは、反応に一貫性のある養育者に育てられていないケースが少なくありません。 例えば、同じことをして、昨日は褒めてもらえたのに、今日は怒られてみたり、昨日は抱きしめてもらえたのに、今日は叩かれたり・・・。昨日はレストランで食べきれないほど食べ…

  • 自分の中のクライエント

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ Macro f2.8 G OSS 例えば目の前で、突然腹痛を訴えて倒れ込んだ人が居たとして、あなただったらどうしますか? その人は、「痛いよお、痛いよお」と声を絞り出すようにして、涙を浮かべて必死に痛みに耐えています。 きっと殆どの人が、「どうしたんですか?」と声をかけ、状況によっては即座に救急車を呼んだり、その人が不安そうであれば、背中をさすってあげるなどすることでしょう。 ところが、これが自分自身の心の痛みだったとしたらどうでしょう? 「痛いよお、痛いよお」と啼いている自分自身に、いつもどんな言葉をかけていますか?どんな態度で接していますか? 私自…

  • もういい加減大人なんだから

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 DG DN 「もう、いい加減大人なんだから、幼少期の親との関係が~とか、生きづらいとか、人間関係が辛い~とか言ってないで、自分のことは自分でどうにかすれば?」 ヘルシーな愛着発達を遂げた方の中には、こんな風に思っている方も少なくないのではないでしょうか? 実はこの「いい加減大人なんだから」という部分にこそ、愛着トラウマの落とし穴があるのです。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 以前、こちらの記事で、愛着は「手続き記憶」であると書きました。 簡単に言うと、一度獲得されてしまった愛着スタイルをベースに、人間関係…

  • 自己主張できていますか?

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ Macro f2.8 G OSS 今日は1日、HCMカウンセリング 精神科医 高橋和巳先生の講座でした。2年目の受講となりますが、毎回新しい気づきと、学びの深まりを感じています。 大学2年間の学びと、高橋先生の講座に最初に出逢えたことは、私にとっては本当に幸運なことだったと思っています。なぜなら、どこまでが自分の技量で向き合えるケースなのか?どこからが、リファーが必要なのかが、明確に分かって傾聴なり、カウンセリングに臨めるからです。 今日も数え切れないくらいの情報量でしたが、なるほど!そうか!と思ったことの覚え書きをしておきたいと思います。 View …

  • ギャラリー国立での仕事が始まりました

    View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • 6割で頑張るとか、助けを求めるとか

    Sonyα7Ⅲwith carlzeiss batis 40mm f2 CF よく、「6割で頑張ればいい」とか、「困ったら人に助けを求めればいい」とは言うものの、それがどうしたって難しいのが、愛着トラウマを負った人たちではないでしょうか?終いには、「どうしたら6割で頑張れるの?」とか、「どうしたら人に上手に助けを求められるの?」って、それ自体が頑張りの目標になってみたりする・・・。これでは、本末転倒。楽になれるはずがありませんよね。^^; その背景には、頑張っても、頑張っても、「それでいい」と受け止められた経験が少ないが故に、適切なリミッターの感覚がないことがあるし、人を頼ったら突き放されたと…

  • 稲畑汀子の追悼講座振り返り

    Sonyα7Ⅲwith carlzeiss batis 40mm f2 CF 今日から立冬ですね。晩秋から初冬へ・・季節がまた一歩進んでいきます。 11月1日、NHK学園で開催された、稲畑汀子の追悼講座、 「わたしたちの稲畑汀子~花鳥諷詠~」に参加してきました。講師は、稲畑廣太郎先生、鈴木章和先生のお二人でした。 講座の内容が多岐に渡り深く、未だ消化も出来ず、書ききれないほどなので、わたしが「そうだったのか!」と思った点を2点だけ、今回は書き留めたいと思います。 先ず、「季語」と「季題」の違いについて。 え?同じものではないの?!と思ってしまったのですが、ホトトギス派の稲畑先生によれば、違うそ…

  • 悩み事とかなさそう

    今よりもっと若かった頃、 「みゆきさんって、悩み事とかなさそうだよね~」 と何故か言われることが多くて、そのたびに、顔では笑いながら、心の中では、 「フン、こいつら、なんも分かってねーな!」 と、白目むいて、舌打ちをしていたものでした。^^; でも、この頃は、そう言われることは、どこか”勲章”のような気がしています。 50年も生きてきたら、どんな人にだって、それなりの苦労があるものです。何もない人の方がおかしいと思うし、起こって来る出来事自体が、どうしたってヘヴィなことの方が多いのですからね。 でも、「悩み事とかなさそう」って言ってもらえるってことは、それが微塵も滲んでないってことなわけで、逆…

  • 誕生日でした

    Sigma 85mm F1.4 dgdn art 本日ついに、50歳の扉を開けてしまいました。自分的には、もっとライトな感じに、「はは~ん、50歳か~♪」なんて、鼻歌くらい歌えるんじゃ?と思っていましたが、なんかちょっと違いました。 ずしーーーん・・・・と、言葉にならない重圧?!そういった実感に包まれたというか。 40歳になった時は、そうでもなかったんですよね。 10年後、生きているかどうかの確信が、40歳当時よりも格段に下がった・・という気もしています。 当時85%くらいあった生存確率ですが・・・今は、 生きてる65%死んでるかも35% なんと20%も目減りしている!!!そんな感じなのですよ…

  • 今日はオンラインフォトレッスンでした

    Sonyα7Ⅲ with sigma 85mm f1.4 DG DN Art オンラインフォトレッスンで始まった月曜日でした。 毎回、レッスンが終わるたびに、「情報量多かったかなあ・・・。」「生徒さんは、情報の洪水であっぷあっぷしてないかしら?」 と気がかりに思うのですが、どうしてもこれだけは伝えたい!自分の中にある感性の絵具を組み立てて、自分だけのオリジナルレンズ(心眼レンズ)を持つには、絶対に欠かせない!と思うことを伝えていると、どうしてもこのボリュームの内容になってしまうんですよね。^^; ですから、レッスン終了後の生徒さんの感想に、 「(レッスン)とにかく感動です!」 の文字を見つけた…

  • あなたの身体はあなたの味方ですか?それとも敵ですか?

    Sonyα7Ⅲ with SIGMA85㎜ f1.4 DG DN Art あなたの身体はあなたにとって味方ですか?それとも敵でしょうか? そう訊かれた時、「え?別に身体と言い争ってるわけでもないし、身体に攻撃されてるわけでもないから、敵とか味方とか、そもそも考えること自体、おかしいんじゃないの?!」 と、思った方は、自分の身体とデフォルトで仲良くできている人か、もしくは、身体の感覚を感じなくなってしまうくらい、自分の感情を殺してきた人かのどちらかだと思います。わたしにとって、わたしの身体は長い間”敵”でした。 なぜなら、わたしにとって身体は、”不快な感覚”をたくさん運んでくる存在だったから。 …

  • ひきこもりの当事者研究

    View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) 林さんも「居場所」の大切さを述べています。わたしがこれから広げていきたい活動についてのヒントを学べればと思います。 ひきこもりの真実 ──就労より自立より大切なこと (ちくま新書) 作者:林恭子 筑摩書房 Amazon この『ひきこもりの真実』という著書、素晴らしい内容です。当事者の方にとっては本当の意味で救いになる言葉が詰まっているし、心理関係の従事者、心理師さんは、いかに間違った声掛けをしていたのかを知ることができます。ぜひ一度お手にとってみてください。 きょ…

  • 神代植物公園に秋薔薇を撮りにいきました

    View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • 北上川のほとりで

    View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 11月1日にNHK学園で開催の わたしたちの稲畑汀子 ~花鳥諷詠~俳句講座です。オンラインでも参加可能のようですよ^^ https://culture.n-gaku.jp/course/939 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniw…

  • ”締め切りは10月末日”案件が多すぎる件

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 諸々がちょっと慌ただしくて、インスタ投稿をそのままUPする横着をお許しください^^;。 12月に急遽展示に参加することが決まったり、仕事の納期とコンテストの締め切りが被ったりで、あと数日は、バタバタします。 View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiro…

  • 土曜日は男性の生徒さんとの座学レッスンでした

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) 写真表現がマンネリ化してしまった方にもおすすめかも知れません。 サイコセラピーなども絡めながらの、ちょっと変わったフォトレッスンしています。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroin…

  • 反復強迫のループに陥っていませんか?

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 ふと気づくと、以前と同じような人間関係のパターンに巻き込まれていること、あなたにはありませんか? 最初は上手く行っていたはずなのに・・以前とはタイプが違う人だから、今度はきっと大丈夫・・ それなのに、自分が「こうなったら、絶対に嫌だ!」と思ってることほど、次々と再現されてしまう。そして、 「あ~なんでまた、こうなっちゃうの?」 と、人付き合いそのものが疎ましくなり、避けるようになってしまう。 クライエントのこのような状態を精神分析家であるフロイトは”反復強迫”と呼びました。 どのようなものか簡単に説明すると、 幼児期に養育者に対して受…

  • マニュアルモードを最初に教えるのは何のため?

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 わたしのフォトレッスンで、先ず初めにお伝えするのは、マニュアルモード撮影です。理由は?と聞かれたら、それが一番簡単で楽だから、です。 一般的には、カメラに元々備わっている、プログラムオートだったり、絞り優先モードだったり、スピード優先モードで撮影するのが、初心者さんには一番簡単だと思われがちですよね。^^; でも、このあらかじめカメラに内蔵されているモードで撮影することがいかに初心者にこそ難しいことなのかは、レッスンを受けていただければ分かるはずです。 ところで、マニュアルモード撮影を教えたからと言って、それは、 「いかなる時と場合で…

  • 昨日はフォトレッスンの実践編でした

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 昨日は、オンラインでの座学レッスンを終えられた生徒さんの、実践レッスンに昭和記念公園へ行ってきました。 少しだけひんやりした秋の風に、薄く筆で引いたような雲が泳ぎ、その下にはコスモスが揺れる・・という何とも夢心地なロケーションの中、フォトレッスンがスタートしました。 実践編の導入部(座学もですが)では、心理療法や脳科学の視点からのアプローチなんかも使います。これも恐らく、普通のフォトレッスンの教室等ではしていないことばかりだと思います。^^テキストに書いていない内容の方が、重要なんです。そのため、座学のレッスンテキストはレッスン後にお…

  • 明日はフォトレッスン実践編です

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ Macro f2.8 G OSS View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • イマジネーションとリアルの狭間で

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • 鎌倉殿の13人”源実朝”にみる愛着障碍性

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70mm f2.8 DG DN先週末は岩手県、遠野に行ってました。^^写真は、釜石線です。 あなたは人から 「あなたの好きにしていいよ!」「自由にしたらいいんじゃない?」「やりたいようにしたら?」 と言われた時、身体と心にどんな反応が起こりますか? 自分だったら、 「OK、やったね!」 「了解!そうするね!」 と返事をし、やる気と心地良さがみなぎってくるんじゃないかな?と想像できる方は、ヘルシーな愛着(他人との対等な境界線)とヘルシーな自律神経(自分はこの世界にそのままで存在していても安心・安全)で生きられている方ではないでしょうか? ところが一方で…

  • 直感と思い込みの違いって?

    Sonyα7Ⅲwith Contax Planar 50mm f1.4 MMJ 誕生日の1ヶ月前ということで、今朝は運転免許の更新に行ってきました。そもそもがペーパードライバーですので、この5年、無事故無違反は当たり前^^;。30分のビデオ講習を受け、そそくさと忙しない警察署を後にしました。 そうそう、ビデオ講習の中で、「だろう運転」と「かもしれない運転」というワードが出て来ました。 「だろう運転」の例としては、大型バスが横断歩道の前で停車しているとして、その向こう側の死角には「誰もいないだろう!」と通常スピードで右折してしまうこと等で、まんまと死角に居たスクーターをはねてしまう映像が映し出さ…

  • 未来予想図~メタバースSNSの時代へ~

    Sonyα7Ⅲ with sigma 85mm f1.4 DG DN Art 今朝、まだはっきりと頭が目覚めていない布団の中で、面白い夢?ビジョン?をみたので、忘れないように書き記しておこうと思います。 その夢の中で、わたしはSNSのアプリのようなものを立ち上げて、何やら映像を見ています。その映像は静止画ではなく動画で、わたしは昨今話題のメタバース空間で使用するような、変なメガネ?みたいなものを着けているのです。 驚いたことに、そのメタバースのメガネ越しに見る動画では、まるで実際に自分がその場にいるかのような体感覚が得られ、投稿者の人が経験したのと同じ体験を”いま、ここで”追体験しているかのよ…

  • 今日からフォトレッスン再開です!

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM 昨夜の満月・・とってもきれいでしたね~^^本日より、2年ぶりにフォトレッスンを再開します! View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) きょうも最後までお読みくださりありがとうございました。 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • YouTubeチャンネル始めました^^

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ Macro f2.8 G OSS 連休2日目。いかがお過ごしでしょうか?急に寒くなってしまったためか、まだ肌感覚と脳の認知とがズレているらしく、何を着たら良いか毎朝混乱しております。^^; 8月に少しだけブログでもご紹介しましたが、ひっそりと(笑)、YouTubeチャンネルを開設し、ぼちぼちと投稿もしております。 www.youtube.com わたしが使用しているレンズで撮った写真の作例紹介がメインのコンテンツですが、忙しない日々にほっと一息ついていただけるような、動画や写真のスライドショーをお届したいと思っております。^^また、レンズのご購入で迷わ…

  • 最期の保証があったとしたら

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ Macro f2.8 G OSS 40代後半を迎えた頃からでしょうか。悲観的だと思われても仕方がないのですが、1日の内に数回、本当になんでもない瞬間に、ふと考えてしまうことがあります。それは・・ 「わたし、この家の中のどこで最期を迎えるんだろう?」 ということ。 わたしには子どもがいませんし、妹も未婚で遠方暮らしです。まあ順番でいけば、夫が先に逝くのでしょうから、(有料老人ホーム等に入らない限りは)最終的には、この家の中でひとりぽっちになるわけです。 例えば、階段で転んで骨折する、お風呂場で急に心臓麻痺で倒れる、夜中に起き上がろうとしたら心筋梗塞で倒れ…

  • 年に一度の健康診断へ~難儀する心電図~

    Sonyα7Ⅲ with Sony 90㎜ Macro f2.8 G OSS 昨日は年に一度の健康診断でした。あと1ヶ月弱で、ついに50歳。これでまるっと半世紀生きたことになってしまいます。^^;(ほんと、よくここまでどっこい生き抜いたなあ。) 天命を知る50歳と言われておりますが、不惑の40歳さえも留年中の自分としては、最低限、せめて肉体のメンテナンスだけはしっかりしようじゃないかと、今回はいつもよりも念入りな検査をしてきました。 実は毎年のように難儀する検査項目があります。 それは、心電図!! いま、ここを読まれた多くの方が、 「え?あの、ただ寝てるだけのヤツでしょ?」 と思われたかも知れ…

  • 鶴見大学書道部主催 全国俳句コンクール

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ Macro f2.8 G OSS 今日は朝から夕方まで1日撮影で屋外にいました。 実は1年の内で一番日焼けをするのが、今の時期、9月末~10月はじめなんですよね。 盛夏の間は、クライアント様にとっても屋外撮影は厳しいので、屋内やスタジオ撮影がメインとなります。で、ようやく屋外もまあまあいけそうかな?という気配になるのが、9月末です。ただ、陽ざしはまだまだ盛夏並みに強いものだから、油断しているとがっつり日焼けしちゃう。^^;毎年、「秋に小麦色」の女です。(笑) 予定より納期が早まるかも?という流れで、編集作業にバタバタと取り掛かり、ようやく落ち着いた頃に…

  • スマホカメラでのフォトレッスンについて

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ Macro f2.8 G OSS View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) 昨日ご案内したフォトレッスンに早速お申込みをいただいております^^ありがとうございます。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 実は数名の方から、「スマホでのフォトレッスンはないのですか?」というお問い合わせをいただきました。 ごめんなさい。m(__)m 今回はカメラ、一眼レフ・ミラーレスカメラをお使いの方を対象としたレッスンとさせていただいております。 実はメニュ…

  • 妹が東京を発ってから1週間

    Sonyα7Ⅲ with Sony90㎜ macro f2.8 秋うららな行楽日和が続く東京です。先週末は写友さんと一緒に、昭和記念公園に行ってきました。 暑い日だったので、撮影後、公園のキッチンカーで売られているビールとたこ焼きでお疲れ様の乾杯をしました。 園内は金木犀の甘い香りでいっぱい♪それだけでもなんだか心は軽やかだったし、楽しいひとときでした。 金木犀と言えば、昨日、月一のメルマガを配信しております。テーマは「金木犀の俳句~香りを詠むことについて~」です。 毎月気になる季語をピックアップしてご紹介している淡々としたメルマガですが、宜しければ、あなたのお気に入りの読み物に加えていただけ…

  • 2年ぶりにフォトレッスンを再開します!

    Harmonic Photo Lesson のご案内です 10月になりました!爽やかな秋晴れの週末からのスタートですね^^。(嬉) この度、2年ぶりにフォトレッスンを再開します。思えばこの2年は、心理学を学び直すために大学に再び編入したり、愛犬の死があったり、コロナ禍があったり、父の癌宣告等で、なかなか腰を据えてフォトレッスンをお届けする心持ちになれず、ご要望はあっても延び延びになっていたような状況でした(HPのメニューからも消してしまっていましたしね。^^;)。 それらすべての懸案事項が、どうにかこうにか落ち着き始めた今、自分でも不思議なくらい、仕事に関して”やる気”と”気力”が戻ってきたの…

  • 南武線のクリスペプラー車掌に会った日

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM だいぶ日中過ごしやすくなってきたので、ここ数日は真夏の間にはできなかったロケハンをしています。 巷の方は、写真家というのは、いつからでもどこからでもフルスロットルで撮影に臨んでいると思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、そんなことはありません!あ、ひょっとしたら、居るかも知れませんが、少なくともわたしは、そういうタイプではありません。^^;現場で気持ちがノって来るのに、それなりに時間がかかります。 でもまあ、この気持ちがノってくるまでの時間は、短ければ短いほど、実際の仕事の現場では有利なのかな?とは思います。 そこで、このノっ…

  • 何かを信じることの尊さと危うさ

    Sonyα7Ⅲ with Sony20㎜ f1.8 G 今朝はインスタで以下のような投稿をしました。 View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) 以前にもブログでご紹介した、中村文則著の『教団X』についてです。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com インスタでは長くなるので割愛しましたが、加筆したいと思います。 わたしは、カルトや似非宗教による悲劇というものは、 我々に元々備わっている、「何かを信じる」ことを「快楽」だと感じる性質と、それを利用し、悪用する側とのマッチング(需要と供給…

  • GOOPASSでレンズのレンタルサブスクを初めて利用してみました

    Sonyα7Ⅲ with SIGMA85㎜ f1.4 DG DN Art 1週間前くらいから、GOOPASSさんでレンズのレンタルサブスクを始めています。 goopass.jp そもそも高価なレンズをサブスクでレンタルってどうなんだろう?と最初は不安でした。あと、レンタルしたい機材が、結局ずっと貸し出し中になってるとか嫌だな~なんて訝ったりして。ですが、いざ始めてみると、ちゃんと借りたいレンズが借りられるし、オーダーから返品までのストレスフリーなシステムにすっかりハマってしまいました。宅配もオーダーした翌日には届くし、送り返す際も、送料は着払なので安心です。 サブスク費用の内訳はこんな感じ こ…

  • 新しい生活に向かって

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM 終末期の父の介護のため、東京での生活に幕を閉じ、実家へと戻る妹を先ほど見送ってきました。 20日に部屋を引き払いましたが、不動産屋さんによる部屋の内検が別日だったために、今日まで6日間、妹とは一緒に暮らしました。その間、東京での良い思い出が一つでも増えるよう、いろいろな場所に、二人で出かけました。こんなにも毎日のように姉妹で出歩くのは、一体いつ以来だったことでしょう。 わたしと妹は、彼女が中学2年生、わたしが高校2年生の時以来、家の事情で別々に暮らすことになったため、共に生活できた時間は、実はそう長くはありません。 その後もわたしは東…

  • 不思議なおじさん

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき カウンセリング・傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • 広角レンズデビュー

    Sonyα7Ⅲ with Sony20㎜ f1.8 G 広角レンズデビューをしてきました。 長年マクロレンズがメインだった者からすると、広角の「おっしゃ!なんでもかかってこーい!どどーーん!」みたいな懐の広い世界観は、ほんっと新鮮。^^; ここまで入って来るの?え?こんなに広く?と、終始驚きっぱなしの1日でした。 Sonyα7Ⅲ with Sony20㎜ f1.8 G ただ、やっぱりテーブルフォトは、40mmあたりがベストかもですね~。周辺歪曲がどうしても気になってしまいました。 とは言え、もともとは動画撮影用に購入したレンズですので、静止画で先ずは画角に慣れていきたいと思っています。^^ そ…

  • 自己愛が暴走する時期をどう扱うか

    最近、カルトや霊感商法、偽宗教での弊害が世の中で取り沙汰されているので、そこに働く人間心理を読み解くのに、何か参考になる文献はないかな?と探していると、たまたまこの本に出会えたので読んでみました。 教団X (集英社文芸単行本) 作者:中村文則 集英社 Amazon 『教団X』中村文則著。2012年~2014年にかけて、「すばる」で連載された長編小説。書籍での出版は2014年。となると8年前に出版された本ということになりますが、今だからこそ、改めて神妙に響いてくる内容だなと感じました。 カルトや洗脳に関する書籍は、これ以外にも、篠田節子さんの、 失われた岬 (角川書店単行本) 作者:篠田 節子 …

  • 上手な愚痴の吐き出し方

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM 稲の穂がだいぶ重たそうに垂れてきています。もうじき新米がいただけるのか~と思うと楽しみです。 人間、生きていればご機嫌な日ばかりではいられません。むしろ、それ以外のことの方が人生には圧倒的に多いはずなので、どうしたってその「苦しさ」を、何らかの手段を用いて解消したくなるのは当然です。そう、「書く」という手段は、その一つですね。 SNSなどを見ていると、時々、先を読むのが辛くなるような嘆きや悩み、愚痴に、たまさか遭遇することがあります。ひょっとしたら、このブログにも、そんな記事が書かれている場合もあるやも知れません。^^; 辛い想いを吐…

  • 上質な黒への憧れ

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM わたしの写真を年単位で見てくださっている方たちから、この頃よく、 「みゆさんの写真、最近、変わりましたね」 と声をかけられることが増えました。7月から8月にかけて、カメラ本体については言うまでもありませんが、レンズも含め、それに伴うガジェット関係が、ほぼまるっと入れ替わったわけで、以前と同じ”画作り”にはならないことは確かです。写真家にとって、カメラ環境が変わるとは、それまでいた銀河系を引っ越すみたいなものなので。(笑) でもそこで、何が一番変化したのかなあ~?と考えた時に、「黒」の扱いを躊躇しなくなったかも・・というのがあります。 …

  • 午後は花拾い句会のシェア会でした

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM hanahiroinoniwa.com 今日の午後は、花拾い句会の8月投句のシェア会でした。 これはオンライン句会独特のシステムですが、前月の投句と選句を終えた状態で、月が改まってから、zoom上で対面の「シェア会」と言う場を持っています。 「シェア会」で初めて、句を詠んだ作者に名乗り出てもらい、その句を詠んだ背景を語ってもらい、他の方は傾聴し、その後、共感をこめた感想を送り合います。 この、 「話す・聴く・共に感じ合う」 という3本柱を、飽きずに繰り返しながら、気づけば今日で(茶話会も含めて)9回、メンバー様と時間を共にしてきました…

  • 適切な心理教育とセラピーで愛着トラウマは必ず改善されていく

    Sonyα7Ⅲwith contax planar 50mm f1.4 MMJ この週末は、精神科医である高橋和巳先生の講座に参加していました。今回のテーマは「愛着障碍」。わたしにとっては、3度目の受講となります。(愛着障碍がどのようなものであるのかは、このブログ内でも書いておりますので、カテゴリ欄よりご覧ください。) 3年前、初めて「愛着」の回を受講した時は、まだ大学に入学する前でした。内容を聴きながら、時々苦しくなって、涙が出てしまったのを覚えています。その涙は、時間を追うごとに、「怒り」を孕んだものとなり、次に「絶望」を孕んだものとなり、最後に「悲しみ」を孕んだものとなり、今は「自己理解…

  • Photoback for Biz Award 2022 銀賞を受賞しました!

    Sonyα7Ⅲwith carlzeiss batis 40mm f2 CF 昨日は、我ながらびっくりな嬉しい知らせが飛び込んで来てくれました! なんと、5月に開催した観遊花ふたり展 「色なき色を映すもの」 で、展示した作品を1冊にまとめた写真集 『色なきいろを映すもの』 が、Photoback for Biz Award 2022で、 銀賞を受賞したと言うではありませんか! 実はこの日、わたしは密かに別の知らせを待っていました。それがこちら・・・ shiki-museum.com 6月に応募していた、第57回子規顕彰全国俳句大会の結果です。 昼過ぎ、花拾い句会のメンバーで、この俳句大会に応募…

  • オールドレンズっぽい写りを今使ってるレンズで楽しみたいという方へ

    Sonyα7Ⅲwith carlzeiss batis 40mm f2 CF 「オールドレンズ」に興味はあるけれど、カメラボデイに専用のアダプターが必要だったり、マニュアルフォーカスで撮影しなくちゃいけないみたいだし、コスト面も技術的にもなんだかハードルが高そう・・・。 そんな風に思っている一眼カメラ(レフ機、ミラーレス共に)ユーザーの方に、今日は、今使っているレンズを”オールドレンズ風”にしてくれる、面白いフィルターを2つご紹介します。 NiSi 円形フィルター ブラックミスト 1/4 72mm NiSi Amazon NiSi ソフトフィルター Allure Soft 67mm NiSi …

  • 他人との境界線ちゃんと引けていますか?

    Sonyα7Ⅲwith carlzeiss batis 40mm f2 CF あなたは人間関係において、他人との境界線がちゃんと引けていますか? 私が愛着の問題を解決したいと願い、SE™(ソマティック・エクスペリエンシング)のカウンセラーさんの元を訪ねた際に、真っ先に言われたのが、 「先ずはバウンダリー(境界線)の問題から、一緒に取り組んでいきましょう」 でした。 ところで、あなたは「境界線」って何だと思いますか?わたしは、最初、正直よく分かりませんでした。だって、人間関係の「境界線」って、ホテルやマンションの壁と違って、目に見えないじゃないですか。^^;ここから先は自分で、ここから先はあなた…

  • 句会発足から8ヶ月が経ちました

    Sonyα7Ⅲwith batis 40mm f2 CF 主宰しているオンライン句会『花拾い句会』ですが、発足から8ヶ月が過ぎようとしています。 hanahiroinoniwa.com 現在登録しているのは私を含めた9名。内、半数以上の方が、当初、それまで一度も俳句を詠んだことがなかったという方たちばかりでした。 それが今ではどうかというと、何かと私生活での厄介ごとが重なり、気分的になかなか投句出来ずにいる主宰者を除き、他のメンバーは皆、毎月Maxで投句をしてくださっているという状況です。^^;月末のメンバーさんの句が一斉公開となる選句期間は、本当に楽しみでなりません。そして、メンバーさんの中…

  • 妹が東京から引っ越すことになりました

    Sonyα7Ⅲ with batis 40㎜ f2 CF 「もう入院はしたくない、家で死にたい」と、抗がん剤をやめ、自宅での緩和ケアに入った父ですが、抗がん剤の副作用が収まってきたのか、少しずつ食事がとれるようになってきました。そのせいか、60㎏を切りかけていた体重が少し増えて、不安定だった精神状態もだいぶ落ち着いてきました。人間の”生きる基本”って、食事なんだな~と、つくづく感じます。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 8月の始め、東京を引き払って地元に戻ってこいと執拗に父から迫られていた妹でしたが、お盆過ぎ、最終的に実家へ戻ることを決めました。苦しい決断だったに…

  • もったいないなと思うこと

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM 月が改まるタイミングだからなのか?新学期が始まるタイミングだからなのか?私がフリーランスでアカウント登録しているからなのか?よく分かりませんが、最近インスタを見ていると、頻繁に「インスタで簡単に集客できる!」みたいな広告が流れてくるようになりました。 ひと昔前は、これ、フェイスブックに多かったんですよね。でも、どうやら”これ系”の発信をする方たちの主戦場がインスタへと移って来ているのでしょう。釣り広告が近頃異常なほど上がってくるのです。 実は密かにもったいないなあ・・と思っていることがあって・・・。それは、コツコツと真面目に心理の学び…

  • 言葉を尽くした分だけ共感してもらえるとは限らない

    Sonyα7Ⅲwith CONTAX carlzeiss planar 50mm f1.4 「言葉を尽くした分だけ共感してもらえるとは限らない」 これ、以前のわたしは真逆で、「言葉を尽くせば尽くした分だけ共感してもらえるはずだ」と思っていました。なので、SNSなどで時々散見される(あくまでこれは一例ですが)、 「今日はすっごく寒~い!あったかいコーヒーでも飲んで、みんなあったまろう♪♡」 みたいな投稿に、どうしてあっという間に”数百”もの”いいね”がつくのか、全く理解できませんでした。それらを目にしても、心の中にはいつも、「で?」、「は?」、「だから?」みたいなクエスチョンマークがびゅんびゅん…

  • 夏の思い出

    youtu.be この夏は遠出する機会もなく、気づけば終わってしまっていた感じですが、唯一お出かけした北軽井沢で撮った動画をまとめてみました。 今回、一眼で撮影した素材を、初めて本格的な動画編集ソフトを使って作品にしてみました!^^;いつかショートシネマを録りたくて、今猛勉強しています。 写真の時と同じカメラを使っていても、動画となるとカメラワークが全く違うことに戸惑うばかり。ジンバル等をまだ持っていないので、ハンズオンで撮影しましたが、まあ、ブレる、ブレる。(苦笑)見せ方も、アプローチも、静止画の時の考え方から180度変えないといけない。そこにプラス編集ソフトの扱いやら、音楽と映像とのバラン…

  • Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 MMJ 作例

    Sony α7Ⅲ with Contax Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 MMJ オートフォーカスが利くレンズで撮る方が、諸々のシーンにおいて楽ちんであることは明白なのですが、それを差し引いてもこのレンズを使いたくなってしまうのは、やはり他のハイスペックなレンズをもってしても、決して切り撮れない世界がそこに映し出されるからだと思っています。 Contax Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 MMJ もうすっかり当たり前で、今更改まって口にすることもなくなっていたこと・・・。 「カメラとは光を撮るツール」 そのことを、このレンズは強く思い起…

  • 軽井沢へ小旅行に行ってきました

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 昨日、一昨日と、軽井沢に出かけてきました。宿泊したのは、北軽井沢にあるワンコ同伴OKのペンション・リーブルです。こちらには、先代のベルが亡くなる前年まで、毎年のようにお世話になっていました。 亡くなってしばらくは、「こんなに辛い思いをするのなら、もう二度と犬なんて飼わない」と塞いでいましたし、リーブルにもこの先一生訪れることはないだろうと思っていました。でも、2021年の春に今のベルを迎えることになり、コロナ禍も経て、再び「ただいま」を言うことができたのでした。 ペンション内のレストラン こちらのペンションの目玉は、ワンコと泊まれるこ…

  • 〇〇の前提がもたらす人間関係への不協和音

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM 今日は昨日のブログの続きを書いていこうと思います。まだお読みでない方はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ hanahiroinoniwa.hatenablog.com ”自分は人から愛されないという前提” ”自分は人から受け入れてもらえないという前提” ”他人は自分を傷つけてくるという前提” これらの前提が、思考や認知に基づくものである以前に、自律神経系にすり込まれた、自律神経系の反応をベースに生まれたものであることについて昨日は書きました。 この幼少期にすり込まれた自律神経系の反応ベースに基づいて、わたしたちは人生で関わる人との物語を紡…

  • 「〇〇の前提」についてどう理解するか

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM 「生きづらさ」や「自己改革」等を謳ったセミナーなり、セッションを受けたことのある方なら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 「それはあなたが”自分は愛されないということを前提”にしているからです」「それはあなたが”自分は人から受け入れてもらえないことを前提”にしているからです」「それはあなたが”他人は自分を傷つけてくるということを前提”にしているからです」 まだまだ挙げれば切りがありませんが、だいたいこんな感じのフレーズです。 この、 ”自分は愛されない前提” ”自分は人から受け入れてもらえない前提” ”他人は自分を傷つけ…

  • 朝から家族LINEでぐったり

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM 妹は30歳になった時に、父母の反対を押し切って実家から東京に飛び出し、それから17年、契約社員として食品業界で働いています。結婚はしていません。 父は倒れる以前から、「契約社員なんていう、中途半端な勤務形態に甘んじないで、田舎に帰って、結婚して、孫のかおでも見せろ!」が口癖で、帰省するたびに、妹は「また始まったよ・・」と鬱陶しそうな顔でやり過ごしてきました。 そもそも、家を飛び出した時点で「もう二度と、家の敷居は跨がせない!」と豪語していたにも関わらず、次の夏前には、「お盆休みはいつ帰ってくるんだ?」と急き立てる始末。口で言ってること…

  • 思い通りにならないという”快”もある

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM 昨日の夜は、久しぶりにクーラーをつけずに眠れました。熱中症が心配なので、寝ている間もクーラーをつけっぱなしにすることが近頃では常識になっていますが、身体にとって望ましいことではないことは、目覚めた瞬間に分かります。何故って「あ~すっきり!」ではなく、「あ~、しんど・・」って感じなので。 東京は久しぶりに日中の気温が30度を切ったそうで、変な話、「今日は寒いな~」と感じている自分がいました。体感温度って、こんなにも相対的なものなんでしょうか? で、暑さに壊滅的に弱い私は、この機会を逃したら、いつ屋外の撮影ができるか分からない!と思い、今…

  • 二人の父

    Sonyα7Ⅲwith carlzeiss planar 50mm f1.4 実家の父の容態が一進一退、遅々としてなかなか凪の時を迎えられません。身体に合っていなかったと思しき新薬を絶ってから、もうじき1ヶ月になろうとしているのですが、吐き気も相変わらずあるそうで、これなら喉を通るのでは?と先日届けた、介護用の栄養ドリンクも、やっぱり飲めないとそのままになっている様子。正直、本当に参りました。 昨夜の母からのLINEのメッセージには、 お父さんは相変わらずで食べれたり食べれなかったりです。リハビリの人やヘルパーの人が来ると元気に振る舞っています。夜眠れないようでお休みの挨拶に行くと切なくて泣い…

  • わたしにとってはまだまだ現役のレンズです

    CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 MMJ View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) ☆きょうも最後までお読みくださりありがとうございました^^ 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき 傾聴のお申込み、花拾い句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • Nikon Z fcを手放した理由

    メイン機をSonyのαに乗り換えた後も、フィルムカメラ時代が偲ばれるその懐かしいデザインと愛らしさで、最後の最後まで売却を迷っていたNikon Z fcでしたが、ある出来事がきっかけとなって、先日、手放すこととなりました。 「写真を撮るにはAPS-C機では物足りないけれど、将来Vlogで動画撮影なんかをすることがあるかも知れないし・・だとしたら、Z fcのスペックは必要十分だし、何より軽さは正義よね~」 これが売却を迷っていた一番の理由でした。 ところがある日、室内でワンコの写真を撮ろうと思い、近くにあったZ fcをぱっと手に取って、構えながらシャッタースピードダイヤルをいつものように回したと…

  • 高幡不動尊全国俳句大会の結果が届きました

    昨日、高幡不動尊全国俳句大会から「入選」の通知が届きました。提出ギリギリまで、”これでいいのだろうか?”という迷いと不全感に苦しんだ今回の投句でした。また、このところ、気の滅入ることが続いていたからでしょうか。今回のこの知らせは、まるで一筋の光明のように、わたしの弱った心を照らしてくれました。 これまで俳句大会への投句に関しては、(今の自分から言わせてもらうと)割とスパっと思い切りよく提出していたなあと思います。それがこのところ、どうしてこんなにも一句を仕上げるのに”うんうん”と悶え苦しんでいたかと言えば、昨今の精神面的な要因もあるにはありますが、やはりこちらの本を読んだことがきっかけだったよ…

  • 「ありのままでいい」ってそう言う意味だったのか!

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM かれこれもう20年以上になるかと思うのですが、明確な答えが分からず、ずっと問い続けてきたことがあります。 それは、 「ありのままでいい」って具体的にどう言うこと?! という謎です。今日は20年以上かかって見つけた、私なりの「答え」を書いてみたいと思います。 様々な心理セラピー、カウンセリング、ヒーリング、自己啓発、コーチング、鑑定、そう言った自己を変容、改善するための機会を得るたびに、言われてきました。 「あなたは、ありのままのあなたでいいんです。どんな自分も認めて、受け入れてあげて」 って。 そう言われたその瞬間は、なんだかこの世に…

  • マクロレンズをすべて手放したというお話

    Sonyα7Ⅲ with Sony 135mm f1.8 GM この1ヶ月は、父のことでも心がかなり揺さぶられましたが、もうひとつ、カメラというものを介して、わたしの内側で、何かこう言葉にし難い”大変容”が起きていたのではないか?と感じています。”起きていた”と書くと、あたかもそれは完了したかのような口振りですが、実際はまだ現在進行形であって、でも、まもなく落ち着きそう・・・そんな予感にうっすらと包まれている今日この頃です。 先日、所有していたNikonのマクロレンズ2本(105mm)をすべて手放しました。マクロレンズと言えば、わたしの写真の代名詞みたいなもの。「え?マクロレンズ以外のレンズで…

  • ”エビデンス”のある心理療法の方がいいんですか?という質問

    Sonyα7Ⅲ with Sony135㎜ f1.8 GM これまでに私のところに傾聴のお申し込みをくださった方たちの中には、既にご自身でも様々なセラピーを受けられたり、数多の書籍等で心理のお勉強をされた方が多くいらっしゃいます。それは恐らく、私が発信している主たるテーマが、愛着障害や発達性トラウマに帰属するため、そこに響いておられる方が、お申し込みをしてくださるからだと考えられます。 ではなぜ、愛着障害や発達性トラウマの方(と、推測される方)たちが、自らの”生きづらさの原因”について、(下手をすると)広義のカウンセラー以上か、それと同等の知識を持ち合わせているかと言えば、愛着のトラウマを持っ…

  • 実家から東京に戻りました

    Sony FE 135mm F1.8 GM 父の介護のために帰省をしていましたが、東京に戻りました。インスタではさらっとご報告するにとどめましたが、こちらでは、自分の気持ちの整理も兼ねて詳しく書きたいと思います。 View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) hanahiroinoniwa.hatenablog.com 5月半ば、ホルモン療法が以前ほど効かなくなった父に新薬の投与が始まったものの、期待していた改善が見られず、それどころか、吐き気や足の痺れに見舞われ、食事が全く出来なくなったために、6月の半ばに…

  • 明日から実家へ帰省します

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) ☆きょうも最後までお読みくださりありがとうございました^^ 写真家・認定心理士,産業カウンセラーさとうみゆき 愛着に傷つきを持つ方のピアグループありおりカフェ、繊細な方のための読書会、傾聴のお申込み、句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • セカンダリー・ゲイン(二次的利得)という考え方

    もう随分前の話ですが、某心理メソッドの団体に所属されているカウンセラーさんの単発講座を受けた際に、「セカンダリー・ゲイン(二次的利得)」というワードを耳にしたことがあります。 「セカンダリー・ゲイン(二次的利得)」とは、 悩みを抱えている本人にとっては一見辛い症状(主訴)が、実は無意識レベルでは、何らかの本人の利得に繋がっている。 という考え方です。 分かりやすくするため、簡単な例をあげると、 何か大きなイベントの前になると、必ず体調を崩してしまうことで悩んでいる人がいたとします。顕在意識では元気にイベントに参加できることを望んでいるのですが、無意識レベルでは、体調を崩すことで第三者から心配し…

  • 悩みの深刻さをナラティブ(語り)で測らない

    ここのところ、不安定なお天気が続いていた中、比較的安定して晴天に恵まれた3連休でしたね。連休が始まる前は、特に予定も入っていなかったので、読みかけの本や論文を読破するぞ!なんて意気込んでいましたが、たまたま傾聴カウンセリングのお申込みが重なったため、結果、お仕事に全集中した連休となりました。 それにしても、セッション後、逐語を起こしながら毎回思うのは、「もっと勉強しないとなあ・・・」ということ。ちゃんと”聴けていなかった部分”は逐語の流れがスムースでなくなる場合が多いのですが、こればっかりはもう、経験を積むよりほかないのでしょう。内省ばかりが募りますが、そんな時は、精神科医の高橋和巳先生の『ち…

  • その感情を恥じなくてもいい

    愛着の傷を抱えて生きてきた方というのは、ほんの少しの生理学的非礼(「疎外感」、「ネグレクト」、「孤独」等、認知ではなく自律神経が安全ではないと判断する状況)を味わうことで「耐性の窓」が簡単に過覚醒か低覚醒に移行してしまいます。 例えば、グループでレストランに食事に行ったとしましょう。あなた以外のメンバーがオーダーした食事は運ばれてきましたが、あなたのプレートだけが、何故かまだ運ばれてきていないとします。そんな時に「じゃ、みんな揃ったみたいだし、食べましょうか!」と仲間の一人が声をかけたとします。あなたは「え?わたしの分はまだ届いてないんですけど・・・」と声を張り上げたい衝動に駆られるのですが、…

  • 傾聴は”自分の声”を聴くことでもある

    Sonyα7Ⅲwith carlzeiss sonnar 55mm f1.8 今年度に入ってから少しずつですが、傾聴のお申し込みをいただいています。臨床心理士や公認心理師のカウンセリングほど構造的ではないけれど、もし、早急に医師やより精緻な専門家のサポートが必要だと判断した際には、正しくリファー(紹介・引継ぎ)を行うことを心掛けながら、おひとりおひとりの声に耳を傾けるようにしています。また、それができるよう、精神科の医師の元で見立て(心理アセスメント)の学びを続けています。 傾聴のお申込みをしてくださる方の多くが、「上手く話せないかも知れないのですが、それでも大丈夫ですか?」と遠慮がちに尋ねて…

  • Nikonの一眼レフ新規開発からの撤退

    今朝のNHKニュースより 今朝の7時のNHKニュースで、Nikonの一眼レフ新規開発事業からの撤退が報じられていました。 先日の株主総会でも出ていた話題だったので、驚きはしなかったのですが、一眼レフカメラ時代の終焉を感じて、やはり一抹の寂しさが・・・・。(とは言え、フィルムの時ほどではないけど^^;) 日常における“カメラ”と言う”メカ”の用途、立ち位置がすでに多様化している現在、映像表現の方法も多様化してきており、この流れは致し方ないのだろうと思います。 寂しい・・とか言ってるわたし自身、先日から身体への負担を軽減するために重たい一眼レフを手放した経緯もありますし。^^; hanahiroi…

  • 人と親密になること=その人を喜ばせること?!

    Sonyα7Ⅲwith carlzeiss sonnar 55mm f1.8 特定の誰かと”親密になりたい”と思うことは、誰しにもあることです。ただ、あなたはこんな風に思っていたりいませんか? 人と親密になること=その人を喜ばせること え?それのどこがいけないの?当たり前のことじゃないの? 何の疑いもなくそう思った方は、もしかしたら過去の人間関係を振り返る時間を、ほんの少しだけ持ってみるのが良いかも知れません。 例えば、こんな経験はありませんでしたか? 「いつも自分だけが相手に与える関係に陥りがち」「自分が与えた配慮や愛情と同じだけの質のものが相手からは返って来ず、哀しくて寂しくて関係を切って…

  • 写真~新たな表現の模索へ~

    Sonyα7Ⅲ with sigma 28-70 f2.8 6月の終わりぐらいから、何となくプライベートで写真をすご~く撮りたい!という欲がなくなっていて、自分では「暑さのせいかな?」なんて思っていました。可笑しなことに、俳句も全く詠めなくなっていて、これも「暑さのせいかな?」と思っていました。 そんな中、新しいカメラとレンズを迎え、撮り出してみて分かったのです。表現したい切り口が、気づけばだいぶ変わっていたことに。 もちろん、以前はMACROレンズがメインだったので、写せる画が単純に変わったというのもあるけれど、そうではなくて、もっとあからさまに言えば、自分の写真表現に「飽きた」・・・という…

  • 父の泪

    ゴールデンウィークが終わった後くらいから、前立腺がんの数値が徐々に悪くなり、再発を宣告された父でしたが、抗がん剤の新薬を二度変えたものの、状態はあまり改善されず、吐き気とめまいが出始めたために、6月末から再び入院生活を送っています。 今度入院したら自分は生きて家には戻って来られないと思いこんでいるのでしょう。7月に入った頃から、父は精神的に乱れることが多くなりました。具体的にどう乱れるかというと、電話越しに声を張り上げて子どものように泣いてしまうのです。 「電話が来るだけで嬉しい」「心細い」「みんなに迷惑をかけている」「お母さんを頼む」「みんなともう一度会いたい」「ご飯をみんなで食べたい」 そ…

  • 新しいカメラを迎えました

    Sony α7Ⅲ ,Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA たまには本業のカメラのお話等したいと思います。 実はこの週末、新しいカメラを迎えました。以前からひどい肩こりに悩んできましたが、最近少し詰めて仕事をしたところ、肩と目への負担が思っていた以上にきつくて・・^^;これ以上重たいD850を使い続けるのはどうだろう?今後も仕事を続けようとするのであれば本気で何らかの対策を考えなければいけないのではないか?と思い至ったのでした。 そこで新しい相方として選んだのは、D90以来、D750,D850と10年以上にも渡ってお世話になってきたNikonのカメラではなく、2018年に軽さとフル…

  • 結局は基本へ戻る

    この間の日曜日、高幡不動尊へ句友3人と共に吟行へ出かけました。来月7日が締め切りの、高幡不動尊全国俳句大会に提出する句作が目的でした。 帰宅後、俳句歴が私より倍以上長い友人から、「これ、おすすめ」と言って本を数冊紹介してもらいました。その中の1冊には、どのページを開いて読んでも、「イテテテテ・・」と自作の句を内省し得る内容が詰まっており、もう、苦いやら恥ずかしいやら・・・。 俳句 (講談社学術文庫) 作者:阿部 ショウ人 講談社 Amazon こちらの本、所謂、「~~するべからず論」が延々と説かれています。藤田湘子先生の著書を初めて読んだ時にも、「すみません。それ、普通にやっておりました!」と…

  • 観遊花ふたり展第2章はじまります!

    インスタでさらっとご案内を出してから、だいぶ日が経ってしまいました・・・^^;。 5月に地元のギャラリー国立さんでふたり展をした友香さんと、この度新たなプロジェクトをスタートさせることになりました。 題して、 『観遊花ハーモニックランチ会』 です。(*^^*) * 今年上半期は、3月、銀座でのお父様との展示会にはじまり、5月には国立でと、アーティストとしての活躍が目立っていた友香さんですが、友香さんと言えば、やはりホームは森のユカフェ。そして、彼女の「暮らし」の原点ともいえるお料理は、”正木友香”という人物を語る上では欠かせないものです。 「いつかレシピ本を出せたらいいなあ~と思ってて・・。そ…

  • 根っこが同じ、だから惹かれる、だから喰われる

    これまでずっと、愛着障碍をもつ人が、まるで吸い寄せられるようにして、気づけば次から次へと自分を傷つける人物とのつながりを持ってしまうことが、不思議で仕方がありませんでした。 ちなみに、これらの人物の多くがDSM-5によるパーソナリテイ障碍B群に分類される人たちだと言われています。 ・自分は利用されているだけだと分かっているのに、関係を切れない。・自分には経済的余力がまるで残っていないにも関わらず、お金を貢ぎ続ける。・相手の要求が倫理的におかしいと頭では分かっているのに「NO」が言えない。・とにかくその人から認められなければ自分は終わってしまうと感じる..etc まだまだ枚挙にいとまがありません…

  • 1年前の記事を再度胸に刻む日

    午前中は傾聴のカウンセリングが入っていたのですが、終わった後、ふと1年前の今頃に書いた記事を思い出し、再度読み返してみました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 上の記事を書いた頃は、実験レポート地獄でひーひー言ってた時期でした。 あれから1年経つけれど・・ 心理士という職業は、クライエントにも社会にも必要とされなくなることを願い続ける業種 先輩のこの言葉は、どれだけ肝に銘じても、銘じ足りないくらいの言葉であるなと改めて感じています。 今一度、再確認の日。 愛着に傷つきを持つ方のピアグループありおりカフェ、繊細な方のための読書会、句会等の開催のご案内はこちらから・・…

  • わたしたちをゆったり大きく包むもの

    昨日の午後は、気軽に季語を持ち寄って集う『オンライン 花拾い茶話会』を開催しました。 俳句を始めるずっと以前、学生のころから、「歳時記」に出てくる言葉の美しさには常々ときめきを覚えていた私でしたが、一昨年から俳句を本格的に詠み始めてからは、いつか誰もが”季語へのときめき”をオープンに語れる場を持ってみたいと思うようになりました。 ただ、当時は、「キャリアや実績のないわたしのような者が、おこがましいのでは・・・?(いわんや”句会”をや・・・)」という想いが強く、なかなか行動に移すまでには至りませんでした。(その引け腰な想いを、当時、現在花拾い句会のメンバーである方に告白したことがあるのですが、そ…

  • 自分と同じ何かを「好き」という人に出逢った時

    今日は久々の晴れ間となりそうですが、気温も急に高くなるのだとかで、夏が超絶苦手なわたしにとっては、いよいよ試練のシーズンのはじまりでもあります^^;。 さて、あなたは自分と同じ何かを「好き」という人に出逢った時、普段どんな反応をしていますか? 「え?そうなの?!わたしも好きなの!同じだね!嬉しいな~!」「じゃあ、こんど一緒に〇〇(その好きなこと)しませんか?」「わたし、〇〇持ってますよ!よかったらお貸しますよ!」 恐らくですが、8割以上の方が当たり前のように、こんな風な反応をされるのではないかと推察します。そう、基本そこに流れている感情は、「快」であり「歓」であり「嬉」でありましょう。 ところ…

  • 俳句で自律神経を調えられるのでは?!と思った理由

    わたしが最初に「俳句には何らかの心理療法的な癒しの効果があるのではないか?」と考えるようになったきっかけは、以下のような理由からでした。 ↓ ↓ ↓ hanahiroinoniwa.hatenablog.com この他にも、エリクソンが言うところの基本的信頼感*(*養育者への人格的な信頼感を通し、自分がこの世に存在することを肯定的に捉え、人生には生きる意味や生存する価値があり、世界は信頼するに足るものだという感覚)が希薄なまま育った愛着の傷を持つ人たちにとって、対人での信頼関係の構築は困難を伴うものですが、自然や四季、植物や動物たちといった、自分を取り囲む世界とのつながりを作る方法として、季語…

  • 生きやすくなるとは耐性の窓が広がること

    前回の記事の最後で少しだけ触れた「耐性の窓」について今日は書きたいと思います。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com 私たちの自律神経系というのは実に優秀で、例えば「安心・安全」な場所に居て、リラックスできている状態の時には社会性を促す副交感神経の中の腹側迷走神経複合体が働き、不意な「危険」に直面した時には、「逃げる・闘う」を促す、交感神経系が直ちに優位になります。そして、もし、闘うことも逃げ切ることもできない場合には、身体や心に及ぶ痛みや傷を最小限にするために、「凍り付き」や「シャットダウン」モードを促す副交感神経の中の背側迷走神経複合体が優位になります。このブログで…

  • 「変えられるのは他人ではなく自分だけ」という言葉の罠

    前回の記事では、わたしが「変われた」ことを実感するための基準としていたことが、すべて他人によってもたらされる環境に依拠していたと述べました。 hanahiroinoniwa.hatenablog.com ですが、そんなわたしでも、「変えられるのは他人ではなく自分だけ」いう言葉の意味は重々承知していたし、そう在ろうとしたからこそ、自分を変えるために、四半世紀近くも様々なメソッドを試行錯誤しながら試してきたわけです。 では、なぜ望むような変化を遂げることができなかったのでしょうか?それは皮肉にも、「変えられるのは他人ではなく自分だけ」という言葉が原因だったのでは?と考えられます。 「自分を変える」…

  • ダメなところを取り除こうと必死だった四半世紀

    一昨日、近所を散歩している最中、わずかなブロック塀の空洞に自生する一輪のドクダミを見つけました。その「ここは、わたしのだけの居場所よ」とでも言いたげな様子に、植物の「自分を生きる本能」っていうのはすごいものだなあと感心してしまいました。 20代のはじめから40代半ばくらいまで、わたしは「自分のダメなところ」をどうしたら改善、除去できるのだろう?と必死に模索し続けていたように思います。 ・このすぐに人と比較して自分を卑下するところを・この人を妬みやすい性格を・この自分の要求をちゃんと言葉にできずに後で後悔してばかりなところを・この欲しいものを素直に欲しいと言えないひねくれた性格を・この人や世の中…

  • 「髪洗う」は夏の季語

    View this post on Instagram A post shared by さとうみゆき (@miu___sato) 茶話会への参加お申し込みはこちらから↓^^ form.run 愛着に傷つきを持つ方のピアグループありおりカフェ、繊細な方のための読書会、句会等の開催のご案内はこちらから・・。 hanahiroinoniwa.com 写真を眺めてほっと一息^^ miusato.com

  • 人と”違う”ことに安心していく

    昨日は花拾い句会、5月のシェア会でした。句会メンバーが増えたこともありますが、昨日は投句をした方がたまたま全員参加ということで、過去最多人数での開催となりました。 ↓ ↓ ↓(投句は、夏雲システムというオンラインプログラムを使わせていただいてます。現在メンバー募集は一旦休止中です。) ntgm.nolimbre.com 40句近い句を、1句ずつ、作者(詠み手)の想いを聴きながら鑑賞していくのですが、17音のみで受け取っていた時の印象とだいぶ違う句もあれば、「そんな稀有な背景があったんだ!」と知ったことで、より理解が深まる句があったりと、とにかくシェア会は愉しいものです。 同じ対象を観察して俳句…

  • 泣いても笑っても、同じ1日

    昨日は、ここ数年、もはや年に一度の恒例行事になりつつある、ブレスリメイクを森のユカフェでしてもらいました^^。 あきえさん リメイクをしてくださるのは、あきえさん。今月末に開催されるDELIGHTの主催者でもあり、初心者さん向けの星読み講座やCHVと言って、クリスタルボウルを演奏しながら感じる色彩やイメージから、その人が近い将来に紡ぐであろう物語のビジョンを、まるで映画の予告編みたいに美しく、ときに面白おかしく伝えてくれる才能を持った人です。 わたしは職業柄カメラが干渉するため、ブレスレットを身に着けられない状況も多いのですが、あきえさんがブレスレットを組んでいく様子がとにかくアート過ぎて(驚…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、miuさんをフォローしませんか?

ハンドル名
miuさん
ブログタイトル
わたし歩記-あるき-
フォロー
わたし歩記-あるき-

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用