chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
music777
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/10/25

1件〜100件

  • 暑中お見舞い申し上げます。

    一日に以下のバナーを各々一回ずつクリックお願いいたします。(ちなみに過去の記事のバナーをクリックして頂くことによりさらにブログランキングのPVポイントが加算されます。)にほんブログ村暑中お見舞い申し上げます。猛暑の日々が続いておりますが、皆様におかれましては健康に留意しご自愛ください。今後も近い内に、音楽関係の記事等を記載させて行く予定である事をここにご報告させて頂きます。宜しくお願い致します。落合氏の事を記載しているブログが他にもありますのでここにそのアドレスを記載させていただきます。(先方の許可を取って掲載させて頂きます。)このブログは2021年春頃から2022年6月中旬くらいまで人気ブログランキングの音楽のオーケストラランキング、現代音楽ランキング、ソウル・R&Bランキング、音楽(洋楽)ランキング等...暑中お見舞い申し上げます。

  • 2022年のヴァンクライバーンピアノ国際コンクールについて

    最近落合氏の関係者から、落合氏が言われたと思われる、2022年のヴァンクライバーン国際コンクールについてのお話がありましたのでここに記載いたします。<2022年のヴァンクライバーンピアノ国際コンクールについて>2022年のヴァンクライバーンピアノ国際コンクールは、特に決勝戦などは、とにかく出場者のレベルが高かった様だとの事でした。(なんでも400人近い参加者がいたらしい。)落合氏はそのセミファイナリスト選あたりから見られたそうですが今回の若手のピアニストの全体的な水準の高さは目を見張るものがあったと思われたらしいです。決勝選には6人のピアニストが選ばれました。誰が優勝しても良いと思われるほどの高水準で、その中で最終的には韓国人の若手ピアニストが優勝されました。2位には31歳のロシアの女性のピアニストが、3...2022年のヴァンクライバーンピアノ国際コンクールについて

  • ウクライナでの戦争等をはじめとして、、、。

    世界的に緊張状態が続く中、落合氏側から多少お話を頂いたので記載させて頂きます。本来はこのブログは音楽関係のブログですのでそれら関連の内容を主眼にするのが一番最適なのかもしれませんが、今だに世界的に緊張状態が続く中であるのでそれらについても含めての内容について落合氏側から多少お話を頂いたので記載させて頂きます。今後ももしかしたらこの様な内容をはじめとする事柄等が含まれる事となるかもしれません。まずは、世界情勢として、ウクライナで2022年2月頃から戦争が続いている訳です。これにより多くの方が亡くなられていると報道されています。落合氏側も亡くなられた方の冥福を心からお祈りさせて頂きますという事でした。とにかく誰でも今後は特に世界全面核戦争だけは避けたいと思うところでしょう。これらに関係する国々について音楽からの側面...ウクライナでの戦争等をはじめとして、、、。

  • 世界的な緊張状態の中での医療についてのお話…

    落合氏側から多少お話を頂いたので下記に書かせていただきます。<現在の複雑な社会情勢から落合氏に聞いてみたその反応について記載いたします。>社会情勢が非常に緊張を持ち過ぎて行く中、このブログは音楽関係のそれであるが、落合氏に現在万延しているコロナ等について少し聞いてみたその反応等をここに記載いたします。落合氏の方はコロナについては、色々考えはある様ですがあまり言及して頂けませんでした。だたおっしゃられていた事は、落合氏自身は日本をはじめとしてもう30年以上俗に言う西洋の医者や病院等に世話になった事は全く無いという事でした。落合氏は俗に言う漢方医療が好きらしくもう半世紀近くそれに擦り寄る状態だそうです。それ故からか?今だに非常に健康であると言われていたそうです。具体的に少しお尋ねしたら、例えば頻繁に高麗人参茶を飲む...世界的な緊張状態の中での医療についてのお話…

  • 欧米の超一流オーケストラが日本に来日した時のお話を聞きました。

    前略寒暖の差が激しき折、皆様の健康をお祈り申し上げます。現在の国際情勢はウクライナで戦争が起きている状態からも非常に緊張が高いものを感じております。落合氏の方は当然の如くクラシックの現代音楽の作曲家ですが、実は処々の分野に通じられているので、今後は特に、現在の世界情勢等をも踏まえてお話が聞けたらいいと思っております。あと、最近ですが、落合氏側から過去に欧米の超一流オーケストラが日本に来日した時のお話を聞きました。このオーケストラには落合氏の作曲作品をニューヨークのカーネギーリサイタルホール等で演奏した演奏家がいたのですが、その関係で、あまり知る事の無い様な処々の興味深いお話を伺えました。そのうちここにそれについて記載できるかもしれません。よろしくお願い致します。草々当ブログ関係者追記昨年のかなり早い時期またはそ...欧米の超一流オーケストラが日本に来日した時のお話を聞きました。

  • 作曲家の耳と通常あるべき人間の耳について

    落合氏側から現代音楽作曲家が音楽を聴く上での耳(感覚)と通常一般的に感じるだろうそれ等について興味深いお話がありました。それらについて下記に要約してお伝えさせて頂きます。8割から9割位は下記のような内容だったとも付け加えてお伝えさせて頂きます。<作曲家の耳と通常あるべき人間の耳について>今から30年以上も前の話になります。落合氏が作曲を勉強している学生の頃の話です。その頃先生のつてでヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を取った映画の音楽を作曲した外国人の作曲家と米国のボストンにて会う事があったそうです。その作曲家もボストンで音楽を勉強した事があったらしく、過去を非常に懐かしがりながら、話をしていたそうです。中略その話の中で、「一般の聴衆が好む音楽とは何であるのか…」という問題についての話になったそうです。その作曲家...作曲家の耳と通常あるべき人間の耳について

  • 寒中お見舞い申し上げます。

    寒中お見舞い申し上げます。非常に寒い日が続いておりますが、お体を大切にして、ご自愛ください。2022年2月追記落合氏側から最近、現代音楽作曲家が音楽を聴く上での耳(感覚)と通常一般的に感じるだろうそれ等について興味深いお話がありました。そのうちそれらについてお伝えできるかもしれません。一日に以下のバナーを各々一回ずつクリックお願いいたします。(ちなみに過去の記事のバナーをクリックして頂くことによりさらにブログランキングのPVポイントが加算されます。)にほんブログ村寒中お見舞い申し上げます。

  • あけましておめでとうございます。

    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。2022年1月寅年落合氏は現在日本にいらっしゃるという噂です。もしかしたら南国の沖縄にいらっしゃるのかもしれませんね...?それとも東京でしょうか????一日に以下のバナーを各々一回ずつクリックお願いいたします。(ちなみに過去の記事のバナーをクリックして頂くことによりさらにブログランキングのPVポイントが加算されます。)にほんブログ村あけましておめでとうございます。

  • ピエール・ブーレーズ氏(世界の誇る現代音楽作曲界の巨匠)と落合英範氏が交流した時の事について。

    一日一回クリックお願いいたします。にほんブログ村落合氏が現代音楽作曲家で指揮者の巨匠故ピエール・ブーレーズ氏に初めて会ったのは1990年代の初頭らしい。米国ニューヨークのカーネギーホールで行われた作曲家のためのマスタークラスに選抜された事が始まりらしい。当時落合氏は氏に相当興味を持っていたらしく、その作曲作品やその指揮者としての演奏等について良く知っていたらしい。NYであったピエール・ブーレーズ氏について落合氏はこう語っているらしい。ピエール・ブーレーズ氏はありとあらゆることに関して非常に批評的であり、その方向性は常にというかどちらかと言うと非常にネガティブなベクトルの方向性を持っていたという事であった。ブーレース氏は、フランス人であるが、それこそかれの母国であるフランスに非常に誇りを持っており且つ特に自国の文...ピエール・ブーレーズ氏(世界の誇る現代音楽作曲界の巨匠)と落合英範氏が交流した時の事について。

  • 快挙!! 日本人ピアニストがショパンコンクール第二位入賞!!おめでとうございます!!

    一日一回クリックお願いいたします。にほんブログ村落合氏側から今回のショパンコンクールについての情報が少し入りましたので記載させていただきます。<快挙!!日本人ピアニストがショパンコンクール第二位入賞!!おめでとうございます!!>まずは、遅ればせながら入賞者の方々おめでとうございます。クラシックの演奏家にとってコンクールに入賞する事が全てではありませんが、過去に日本を代表する世界的なピアニストの内田光子さんが第二位に入賞した事のあるショパンコンクールに日本人が16年ぶりに入賞した事は同胞として非常に嬉しい事です。そして内田さんが入賞してからは本当にかなりの時が流れ日本人の若いピアニストの反田恭平さんが内田さんと同じく第二位に入賞されました!!入賞者の方の今後の活躍が非常に楽しみです。ショパンコンクールの本選会はポ...快挙!!日本人ピアニストがショパンコンクール第二位入賞!!おめでとうございます!!

  • 落合英範氏は世界最高の指揮者の一人であるヘルベルト・フォン・カラヤン氏の実の娘さんと友達の様です。

    ー落合氏側から漏れてきた事柄を記載いたしますー<落合英範氏は世界最高の指揮者の一人であるヘルベルト・フォン・カラヤン氏の実の娘さんと友達の様です。>落合英範氏は1980年代から90年代は米国のボストンに住まわれていました。その頃現地で知り合った友達には世界最高の指揮者の一人であるヘルベルト・フォン・カラヤン氏の実の娘さんもいらっしゃったそうです。当時、カラヤン氏の娘さんであるアラベルは、ニューヨークの写真学校で勉強した後、ボストンで音楽を学んでいたそうです。(アラベルには100枚をも超える現代音楽のCDを貸した事もあるぐらい彼女は当時勉強熱心だったそうだ。)アラベルといえば、一目見ただけでそれこそ気品を感ずる、非常に良い意味で特殊な雰囲気を当時から持ち合わせていた事が落合氏には今だに鮮明に記憶にあるらしいです。...落合英範氏は世界最高の指揮者の一人であるヘルベルト・フォン・カラヤン氏の実の娘さんと友達の様です。

  • 落合英範氏は故齋藤秀雄氏の孫弟子の様です。

    最近落合英範氏サイドから漏れてきた情報によると、落合英範は作曲家ですが指揮をする技術もあられる様で、海外で指揮を学んだ事はある様ですが、それで且つ指揮者であり音楽教育家の故齋藤秀雄氏の孫弟子の様です。なんでも故齋藤秀雄氏の最初期の直弟子?(指揮者小澤征爾氏の兄弟子)にも、若い時期に、指揮を学んだ事があるらしい。齋藤秀雄氏といえば日本の音楽界にたいへん大きな貢献をもたらした方です。サイトウキネンオーケストラなどという名のオーケストラまで有るくらいで、そのお弟子さん達の日本のクラシック音楽界に対する影響は今だに非常に大きいものです。西洋音楽を多くの西洋の作曲家に師事して学んできた作曲家が、その血筋の中に、孫弟子のレヴェルですが、日本の音楽界のそれがかすかに?通っているらしいという事に何となく深い意味を見出した気がい...落合英範氏は故齋藤秀雄氏の孫弟子の様です。

  • 20世紀を代表する日本の現代音楽作曲家である故武満徹氏との落合英範氏の交流について、、、。

    20世紀を代表する日本の現代音楽作曲家である故武満徹氏との落合英範氏の交流について落合氏サイドから漏れてきた情報を下記に記載させていただきます。落合英範氏は生前の20世紀を代表する日本の現代音楽作曲家である故武満徹氏と交流があったそうです。落合氏に武満氏を紹介したのはイギリスのこれまた大作曲家で当時米国のハーヴァード大学の音楽部の作曲家の教授をしていたのバーナード・ランズ関係であったそうです。(武満氏はバーナード・ランズ氏と非常に親しい交流があったそうです。)参考にまで書いておきますが、当時バーナード・ランズは米国のボストンにも住んでいて教授職にも忙しんでいたらしいとの事でした。ランズ氏はボストンではそのダウンタウンの大手スーパーマーケットの上にある最高級のコンドミニアムに住まれていたらしいです。だだその部屋の...20世紀を代表する日本の現代音楽作曲家である故武満徹氏との落合英範氏の交流について、、、。

  • ビルボード紙の1位に日本の音楽も入れられる…!

    にほんブログ村日本で制作した音楽を米国ビルボード紙のヒットチャートに食い込ませるという事、、。(前回の記事に一部加筆)作曲家落合英範氏関係の知り合いから下記の様な軽音楽に関する興味深い事をお聞きしましたので記載させていただきます。現代音楽(現代版のクラシック音楽)の中でも最前衛の作曲家である-ジョン・ケージ、テリー・ライリー等-の弟子で且つその作品がニューヨークタイムズ紙により20世紀最高の現代音楽作曲家であるオリビィエ・メシアンの作風の一番美しい部分を彷彿させると評価されている様な作風を持つまたその作品が世界最高のレニングラード交響楽団等が演奏等している現代音楽の作曲家の落合英範氏が、米国のビルボード紙に載るような軽音楽の事に関して言及する事は非常に異質な気がしますが、落合氏は米国の音楽界でも仕事をしているの...ビルボード紙の1位に日本の音楽も入れられる…!

  • 日本で制作した音楽を米国ビルボード紙のヒットチャート最上位等に食い込ませるという事は可能であるという事について、、、。

    日本で制作した音楽を米国ビルボード紙のヒットチャートに食い込ませるという事、、、。作曲家落合英範氏関係の知り合いから下記の様な軽音楽に関する興味深い事をお聞きしましたので記載させていただきます。現代音楽(現代版のクラシック音楽)の中でも最前衛の作曲家である-ジョン・ケージ、テリー・ライリー等-の弟子で且つその作品がニューヨークタイムズ紙により20世紀最高の現代音楽作曲家であるオリビィエ・メシアンの作風の一番美しい部分を彷彿させると評価されている様な作風を持つまたその作品が世界最高のレニングラード交響楽団等が演奏等している現代音楽の作曲家の落合英範氏が、米国のビルボード紙に載るような軽音楽の事に関して言及する事は非常に異質な気がしますが、落合氏は米国の音楽界でも仕事をしているので、純粋音楽とは別に、落合氏は、若い...日本で制作した音楽を米国ビルボード紙のヒットチャート最上位等に食い込ませるという事は可能であるという事について、、、。

  • 最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので内容を追加させて頂きます-その3-

    <最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので内容を追加させて頂きます-その3->最近ある所にあった現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴の一部を入手いたしました。(落合氏の情報はクラシック音楽家の人名辞典である”音楽年鑑”ー音楽の友社刊行、に1990年代から記載されていました。)特殊な経路で手に入れたので内容に多少間違いがあるかもしれません事をご了承ください。尚、英語のまま掲載いたします。落合氏は、サイバー文明に大きな疑問を持つ方の様なので、処々に掲載等しそれを維持するのが難しいらしく、インターネット等で落合氏の情報を入手するのは極めて難しいようです。それ故に貴重なものだと思います。あと、このブログは日本人以外の外国人のアクセスが多い様ですが、本ブログとは全く関係無いのですが、日本語の落合英範氏の経歴等の内容の...最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので内容を追加させて頂きます-その3-

  • 最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆 -その2-

    <最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆させていただきます-その2->最近ある所にあった現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴の一部を入手いたしました。(落合氏の情報はクラシック音楽家の人名辞典である”音楽年鑑”ー音楽の友社刊行、に1990年代から記載されていました。)特殊な経路で手に入れたので内容に多少間違いがあるかもしれません事をご了承ください。尚、英語のまま掲載いたします。落合氏は、サイバー文明に大きな疑問を持つ方の様なので、処々に掲載等しそれを維持するのが難しいらしく、インターネット等で落合氏の情報を入手するのは極めて難しいようです。それ故に貴重なものだと思います。<BioofcomposerHidenoriOchiai>HidenoriOchiaiwasbornin1967.Mr,Ochiai...最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆-その2-

  • 最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆させていただきます。

    <最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆させていただきます。>最近ある所にあった現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴の一部を入手いたしました。(落合氏の情報はクラシック音楽家の人名辞典である”音楽年鑑”ー音楽の友社刊行、に1990年代から記載されていました。)特殊な経路で手に入れたので内容に多少間違いがあるかもしれません事をご了承ください。尚、英語のまま掲載いたします。落合氏は、サイバー文明に大きな疑問を持つ方の様なので、処々に掲載等しそれを維持するのが難しいらしく、インターネット等で落合氏の情報を入手するのは極めて難しいようです。それ故に貴重なものだと思います。<BioofcomposerHidenoriOchiai>HidenoriOchiaiwasbornin1967.Mr,Ochiaistud...最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆させていただきます。

  • 現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。

    最近ある所にあった現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴の一部を入手いたしました。特殊な経路で手に入れたので内容に多少間違いがあるかもしれません事をご了承ください。英語のまま掲載いたします。<BioofcomposerHidenoriOchiai>HidenoriOchiaiwasbornin1967.Mr,OchiaistudiedcompositionwithJohnCage,TerryRiley,GeoegeRussellandsoforth.Mr,OchiaistudiedatNewEnglandconservatoryofMusic(U.S.A),BerkleecollegeofMusic(U.S.A),HarvardUniversity(U.S.A),KeioUniversity(Japan,Lawdep...現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。

ブログリーダー」を活用して、music777さんをフォローしませんか?

ハンドル名
music777さん
ブログタイトル
現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。
フォロー
現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用