searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

music777さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/freeworld
ブログ紹介文
現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。
更新頻度(1年)

5回 / 76日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/10/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、music777さんをフォローしませんか?

ハンドル名
music777さん
ブログタイトル
現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。
更新頻度
5回 / 76日(平均0.5回/週)
フォロー
現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。

music777さんの新着記事

1件〜30件

  • ビルボード紙の1位に日本の音楽も入れられる…!

    にほんブログ村日本で制作した音楽を米国ビルボード紙のヒットチャートに食い込ませるという事、、。(前回の記事に一部加筆)作曲家落合英範氏関係の知り合いから下記の様な軽音楽に関する興味深い事をお聞きしましたので記載させていただきます。現代音楽(現代版のクラシック音楽)の中でも最前衛の作曲家である-ジョン・ケージ、テリー・ライリー等-の弟子で且つその作品がニューヨークタイムズ紙により20世紀最高の現代音楽作曲家であるオリビィエ・メシアンの作風の一番美しい部分を彷彿させると評価されている様な作風を持つまたその作品が世界最高のレニングラード交響楽団等が演奏等している現代音楽の作曲家の落合英範氏が、米国のビルボード紙に載るような軽音楽の事に関して言及する事は非常に異質な気がしますが、落合氏は米国の音楽界でも仕事をしているの...ビルボード紙の1位に日本の音楽も入れられる…!

  • 日本で制作した音楽を米国ビルボード紙のヒットチャート最上位等に食い込ませるという事は可能であるという事について、、、。

    日本で制作した音楽を米国ビルボード紙のヒットチャートに食い込ませるという事、、、。作曲家落合英範氏関係の知り合いから下記の様な軽音楽に関する興味深い事をお聞きしましたので記載させていただきます。現代音楽(現代版のクラシック音楽)の中でも最前衛の作曲家である-ジョン・ケージ、テリー・ライリー等-の弟子で且つその作品がニューヨークタイムズ紙により20世紀最高の現代音楽作曲家であるオリビィエ・メシアンの作風の一番美しい部分を彷彿させると評価されている様な作風を持つまたその作品が世界最高のレニングラード交響楽団等が演奏等している現代音楽の作曲家の落合英範氏が、米国のビルボード紙に載るような軽音楽の事に関して言及する事は非常に異質な気がしますが、落合氏は米国の音楽界でも仕事をしているので、純粋音楽とは別に、落合氏は、若い...日本で制作した音楽を米国ビルボード紙のヒットチャート最上位等に食い込ませるという事は可能であるという事について、、、。

  • 最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので内容を追加させて頂きます-その3-

    <最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので内容を追加させて頂きます-その3->最近ある所にあった現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴の一部を入手いたしました。(落合氏の情報はクラシック音楽家の人名辞典である”音楽年鑑”ー音楽の友社刊行、に1990年代から記載されていました。)特殊な経路で手に入れたので内容に多少間違いがあるかもしれません事をご了承ください。尚、英語のまま掲載いたします。落合氏は、サイバー文明に大きな疑問を持つ方の様なので、処々に掲載等しそれを維持するのが難しいらしく、インターネット等で落合氏の情報を入手するのは極めて難しいようです。それ故に貴重なものだと思います。あと、このブログは日本人以外の外国人のアクセスが多い様ですが、本ブログとは全く関係無いのですが、日本語の落合英範氏の経歴等の内容の...最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので内容を追加させて頂きます-その3-

  • 最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆 -その2-

    <最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆させていただきます-その2->最近ある所にあった現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴の一部を入手いたしました。(落合氏の情報はクラシック音楽家の人名辞典である”音楽年鑑”ー音楽の友社刊行、に1990年代から記載されていました。)特殊な経路で手に入れたので内容に多少間違いがあるかもしれません事をご了承ください。尚、英語のまま掲載いたします。落合氏は、サイバー文明に大きな疑問を持つ方の様なので、処々に掲載等しそれを維持するのが難しいらしく、インターネット等で落合氏の情報を入手するのは極めて難しいようです。それ故に貴重なものだと思います。<BioofcomposerHidenoriOchiai>HidenoriOchiaiwasbornin1967.Mr,Ochiai...最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆-その2-

  • 最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆させていただきます。

    <最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆させていただきます。>最近ある所にあった現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴の一部を入手いたしました。(落合氏の情報はクラシック音楽家の人名辞典である”音楽年鑑”ー音楽の友社刊行、に1990年代から記載されていました。)特殊な経路で手に入れたので内容に多少間違いがあるかもしれません事をご了承ください。尚、英語のまま掲載いたします。落合氏は、サイバー文明に大きな疑問を持つ方の様なので、処々に掲載等しそれを維持するのが難しいらしく、インターネット等で落合氏の情報を入手するのは極めて難しいようです。それ故に貴重なものだと思います。<BioofcomposerHidenoriOchiai>HidenoriOchiaiwasbornin1967.Mr,Ochiaistud...最近新たにMr,Ochiaiの情報を入手したので加筆させていただきます。

  • 現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。

    最近ある所にあった現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴の一部を入手いたしました。特殊な経路で手に入れたので内容に多少間違いがあるかもしれません事をご了承ください。英語のまま掲載いたします。<BioofcomposerHidenoriOchiai>HidenoriOchiaiwasbornin1967.Mr,OchiaistudiedcompositionwithJohnCage,TerryRiley,GeoegeRussellandsoforth.Mr,OchiaistudiedatNewEnglandconservatoryofMusic(U.S.A),BerkleecollegeofMusic(U.S.A),HarvardUniversity(U.S.A),KeioUniversity(Japan,Lawdep...現代音楽作曲家の落合英範氏の経歴を入手いたしました。

カテゴリー一覧
商用