プロフィールPROFILE

なべさんさんのプロフィール

住所
尼崎市
出身
尼崎市

1993年に初めて北海道を訪れて以来、何度となく訪れた北海道の見聞録です。また地元の関西周辺のことも掲載しています。

ブログタイトル
北海道へ行こう!
ブログURL
https://usiuri.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
これまでの北海道旅行での情報や風景を中心としたブログです。また地元の関西周辺のお出かけ見聞録も多く掲載しています
更新頻度(1年)

244回 / 365日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2008/10/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、なべさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
なべさんさん
ブログタイトル
北海道へ行こう!
更新頻度
244回 / 365日(平均4.7回/週)
読者になる
北海道へ行こう!

なべさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 2つあった清水舞台!?

    京都市左京区一乗寺にある狸谷山不動院です。『タヌキ谷のお不動さん』の愛称で親しまれ、境内にはその名の通り「タヌキ」の焼き物が多く置かれています。「タヌキ→他抜き→他を抜く」ということから芸能人やスポーツ選手も多く参拝に来られます。最寄り駅の叡山電車一乗寺駅から歩いて20~30分ですが、後半はかなりきつい坂道で、お寺に着いてからも250段の階段が待ち受けます。 階段の途中には参拝者を迎える「お迎え大師」 そし...

  • 洞爺湖の湖底に

    先日、洞爺湖の湖底に大木が沈んでいるというネットニュースを見ました。「洞爺湖北側の湖底に長さ約10メートル、直径1メートル以上とみられる大木が1本立っているのが見つかった。旧洞爺村時代に編さんされた村史の記述などから、少なくても100年以上湖底に沈んでいるとみられる。洞爺湖北岸の地形変化の変遷を知る手がかりになる可能性があり、町は新年度以降、この木の調査を進める考え。」大木が見つかったのは、温泉街から写...

  • 建築中!?道の駅「おとふけ」

    道の駅「おとふけ」です。帯広市街地から十勝川を渡り少し北へ走ったところです。屋根と壁面にブルーのパイプを組み交わしたまるで建築途中のような一風変わった外装が目を引きます。中は小さな売り場があるだけです。豆・乳製品・ジャムなど音更町の特産品が販売されています。2階には中華料理レストランがあるようです。それにしてもこの青いパイプが何を意味しているのか、ネットでも調べたのですがまったくわかりませんでした...

  • オフの詩仙堂

    京都市北部にある詩仙堂です。もともと徳川家の家臣であった石川丈山が隠居のため造営した山荘でここで詩歌三昧の生活を送りました。ですから庭園も見事です。ちなみに庭園にある「ししおどし」は日本で初めて作られたものだと言われています。見学中も「カ~ン」といい音を出していました。ここの紅葉はすばらしいです。以前紅葉シーズンに訪れましたが下の写真のように大勢の人でいっぱいでした。ところがシーズンがはずれると実...

  • 市場で朝食

    前回書きましたように帯広に宿泊した翌朝に帯広地方卸売市場に行きました。そして買い物をしたあと、2階にある市場食堂ふじ膳で朝食をとりました。店内は2部門に分かれていて、定食部門は午前6時からで寿司部門は午前7時からです。人気なのは限定20食の寿司の朝定食です。私が行ったのは6時半で7時からの「寿司の朝定食」目あての行列はできていましたが、私は朝からがっつりと定食部門の特製海鮮天丼900円を食べました。家...

  • 帯広地方中央卸売市場

    昨年、帯広に宿泊した翌朝に帯広地方中央卸売市場に行きました。土曜日でしたので市場の取引はなく場内は閑散としていました。市場へ来た目的は2つです。1つは食堂での朝食。もう1つは、ホタテやホッケを買う予定だったサロマ湖の北勝水産が休みでしたので、代わりにここで海産物を購入することでした。買ったお店は鏑木水産という店でしたが、発送用の箱に入れば他の店で買ったものも同梱して送ってくれるとのことでした。ここ...

  • インスタ映え「くくり猿」

    京都・東山にある「八坂庚申堂」です。ここが最近「インスタ映え」すると人気を集めています。ここ八坂庚申堂は中国から伝わる庚申信仰の日本発祥となる場所です。その象徴が境内のいたるところに奉納されているのがカラフルな布で作られている「くくり猿」です。図らずもこの鮮やかさがインスタ映えと人気のようです。猿は庚申の使いとされ「見ざる、言わざる、聞かざる」の3匹の猿も境内のいたるところにいます。猿がくくられて...

  • 上から時計台

    下の写真で札幌時計台の右横に建っているビルは札幌市役所です。以前にも記事にしたことがありますが最上階が展望デッキになっています。ここからだと札幌時計台を上から見下ろせます。この角度から時計台を眺めるのは貴重です。そして周りの高いビルに囲まれて窮屈そうになっている様子もよくわかります。札幌時計台ががっかり名所にあげられるのは、勝手に広大な場所にあると思っていたのが、行ってみるとこのように高いビルに囲...

  • 新装!札幌市時計台

    札幌市時計台です。内部が新しくなったという話を聞いて、今回初めて入館料を払って中に入りました。2階にクラーク博士が座っているベンチがあり、一緒に記念写真が撮れるようになっています。「春日のココあいてますよ」状態ですね。 同じく2階に実物兄弟時計が展示されています。そもそもこの建物は北海道大学の前身である札幌農学校の演武場です。当時は入学式や卒業式が行われていました。上の写真の右上に見えているのは札幌...

  • 外れて当たる

    私の両親の唯一の楽しみは競馬です。その両親が年末の有馬記念で人気投票をしたら「ターフィー賞」が当選しました。ターフィーはJRAのイメージキャラクターです。そのターフィーが干支のねずみの被り物をかぶっています。正月に実家に行ったら「あげる」と言われました。私自身は基本的に競馬はしませんが、有馬記念は母に依頼して少し買ってもらいました。でもダントツ1番人気のダイヤモンドアイが大コケしてアウトでした・・(...

  • 消えた時計台

    観光客がどう思おうと札幌時計台は立派なシンボルです。ですから札幌市内のあちこちに時計台を模したそっくり時計台があります。「新札幌時計台」 厚別区厚別中央4条2丁目11-15実は2015年に取り壊され、今はこの時計台はありません。線路のすぐそばにあったので、車窓からこの時計台を見て「札幌時計台が見えた~」と勘違いして感動する人もいたらしいです。もちろん、本物の時計台は車窓からは見えません。「北郷時計台」 白石...

  • 北海道の絵と写真

    福原記念美術館は以前にもご紹介したように撮影OKの美術館です。そこで撮影した北海道風景の絵画と実際に自分が撮った同じ風景の写真とを並べてみました。糠平湖 タウシュベツ川橋梁利尻島 オタトマリ沼美瑛 青い池旅行に出かけるとき、よく事前に見た写真と同じ構図の場所に立って「ここからの写真だ」と小さな喜びを感じることがありますが、逆に自分が撮影した構図と似た構図の絵をあとから見たときもうれしいものですね。に...

  • 神仏は喧嘩しません

    よく複数の神社仏閣に初詣に行くのは神仏が喧嘩するのでよくないということも言われますが、実際のところはご利益も違うこともあり、まったく問題はないようです。ということで自分以外に親の代理祈願も含めてたくさんの神社仏閣を巡ってきました。京都烏丸の平等寺因幡堂はがん封じにご利益京都御苑の西の護王神社は足腰の病気にご利益京都御苑の東の護浄院(清荒神)は台所(かまど)の神様京都の河原町の仲源寺は眼の病気にご利...

  • ねずみ神社に参詣

    京都市鹿ケ谷にある大豊神社に行きました。実は今年話題になること必至の神社です。少彦名命を祀るために平安時代に創建されましたが、後に応神天皇・菅原道真も合祀されました。ただ小さなこの神社が有名なのは本殿の右にある末社の大国社です。写真の通り、そこにいるのは狛犬ならぬ「狛ねずみ」です。左の狛ねずみは長寿を表す水玉を抱えています。右の狛ねずみは学業を表す巻物を抱えています。社務所にもねずみに関係したお守...

  • 巨大ねずみと巨大絵馬

    明けましておめでとうございます!今年は子(ね)年ということで、巨大ねずみのカピバラの写真でスタートです。そして下の写真は近所の富松神社の巨大絵馬です。今年で17回目の巨大絵馬には毎年その年の干支と富松で生まれたとされる鬼の「茨木童子」が描かれるのが恒例です。このブログを始めてもう12回目の新年を迎えました。今年もどうぞよろしくお願いします!にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 新年に「つい乗りすぎるチケット」

    いよいよ今年も残すところあと数時間となりましたね。我が家では初詣に阪急電車を利用しますので、毎年阪急・阪神電車1日乗り放題の「ニューイヤーチケット」を買います。値段は千円ですが、最寄り駅から京都まで行って大阪に寄って帰るだけでも千円以上かかりますので得になります。また特典としていくつかの神社では初詣祈念品をもらえます。不思議なもので運賃が千円を超えたらそれで十分なのに、チケットをフル活用しようと意...

  • 煩悩に負けるな除夜の鐘

    今年も残すところあと1日ですね。掃除や片付けもほぼ終わり、あとは除夜の鐘を待つだけです。そういえば除夜の鐘が近所迷惑だというクレームから昼に鐘をついたり辞めたお寺が増えているらしいですね。年に一度のことなのに世知辛いなあと思います。世の中から寛容さが消えつつある典型的な例ですね。ちなみに下の写真は京都の知恩院の大鐘です。日本三大梵鐘(知恩院・方広寺・東大寺)の1つで、親綱を引く僧侶と子綱を引く16人...

  • 米津玄師で有名に

    今年もいよいよあとわずかとなりました。そこで昨年のNHK紅白歌合戦にも関係のある話題です。下の写真は徳島県の大塚国際美術館にあるシスティーナ礼拝堂です。ローマ教皇の公邸で、本物はバチカン宮殿の中にあります。大塚美術館の礼拝堂はこれを細部まで忠実に再現したものです。天井画はルネッサンス期の代表作でミケランジェロによって描かれました。天井のカーブまで正確に再現されているというから驚きです。正面の壁画は「...

  • 近所の史跡

    私の住む兵庫県尼崎市には全国的に有名な史跡はほとんどありません。近所にもいくつかの史跡がありますが、市民でさえ知らないと思います。阪急塚口駅を東に500m行くと中世の塚口城跡があります。といっても祠と案内板があるだけです。高校時代の通学路でしたがまったく知りませんでした。周辺には水路が流れており堀の痕跡と考えられています。ここからさらに東に800mほど進みます。すると三菱電機の工場があり、その敷地の合間...

  • 滝川イチ押し「タキカワカイギュウ」

    滝川市美術自然史博物館です。ひとつの建物の中に美術部門と自然史部門を併せ持った珍しいタイプの博物館です。自然史部門には、500万年前ここに生息していたタキカワカイギュウやティラノサウルスの骨格標本などを展示しています。とくにタキカワカイギュウはこのあたりで発掘されたのでイチ押しという感じでした。実際にこのあと車で走っていると空知川沿いに「タキカワカイギュウ化石採取地」という看板を見つけました。ちなみ...

  • レストラン「くるりんく」

    前回書きましたように道の駅「ノンキーランド」に併設されている宿泊施設に泊まりました。宿泊に付いている食事は朝食のみでしたが、網走まで行かないと近くには夕食をとれる場所はなさそうでした。それで結局はホテル1階のレストラン「くるりんく」で夕食を食べました。注文したのは牛ステーキ定食1200円です。おいしかったです。なお宿泊に付いている朝食もこのレストランで食べます。いわゆる朝定食という感じでした。ここで昼...

  • 東藻琴に泊まる

    今夏、初めて道の駅「ノンキーランド」に併設されている宿泊施設に泊まりました。網走市街地から車で30分くらいです。木のぬくもりを感じるフロントです。ホームページの情報では歯ブラシはないはずだったのですが、チェックイン時に「必要でしたらどうぞ」とフロントで渡されました。ツインですが十分に広い部屋です。トイレとバスが別々というのもホテルには珍しいです。部屋から外を見たようすです。すぐ目の前にセイコーマート...

  • いよいよクリスマス

    いよいよクリスマスですね。大阪の梅田界隈もクリスマス一色です。私は「新規参入」のハロウィンよりも小さいころから馴染みのあるクリスマスの方が好きです。ちゃやまちアブローズタワーのツリーです。高さは約10mあります。同じ場所の昨年のツリーさらに一昨年は下のようなツリーでした。毎年変化しています。グランフロント大阪のツリーです。『Brilliant Tree』というタイトルの高さ8mのツリーです。昨年は約2万5000個の...

  • 大きめ野菜のスープカレー

    以前に紹介した記事で恐縮ですが・・大通公園の南にある「CURRY SHOP エス」です。このカレー店を知ったのは、昔に関西で放映された北海道の人気番組「ハナタレナックスEX」でチームナックスのリーダーの森崎博之さんと安田顕さんが訪れていたからです。私が注文したのは「冬限定 ルスツ産もち豚しゃぶと道産冬野菜のカレー」です。スープは透明感のあるサラサラとしたスープです。芽キャベツ・大根・インカのめざめなどの野菜...

  • hirihiriでヒリヒリ

    札幌のスープカレーの店「hirihiri2号」に行きました。札幌駅西口からすぐで高架下にあります。ベジタブルカリーを注文。辛さのランクは4(上から2番目の辛さ)にしました。自分はけっこう辛さには強い方だと思っていましたが、もう少し下げればよかった・・文字通りヒリヒリしました。店内はエスニック調で個性的なインテリアが印象的な店です。ほかにも、地下鉄大通駅すぐの「スープカリーhirihiri OH! Do-Ri」、北海道近代美...

  • 「ポロクル」で札幌観光

    今夏、たまたま札幌駅の近くを歩いていて見つけたレンタサイクル厳密にいうとシェアサイクルといい、愛称は「ポロクル」というそうです。札「ポロ」に「来る」という意味なんでしょう。街中にある約40ヵ所のポート(専用駐輪場)で自由に貸出・返却ができます。借りたポートと違うポートに返却してもOKというシステムです。しかも電動自転車です。頻繁に使う場合は会員登録をしますが、観光などの場合は会員登録なしで1日1500円で...

  • 国宝になった明治の学校

    旧開智学校は、長野県松本市に残る明治初期の洋風校舎です。1873年(明治6年)に開校し、校舎は1876年に建設されました。 文明開化時代の小学校建築を代表する建物として知られています。この校舎が2019年9月に国宝に指定されました。正面の唐破風には2体の天使が校名の額を掲げており、このデザインは東京日日新聞の題字がモチーフになっているそうです。建築物だけでも十分価値がありますが、内部にも明治初期の学校資料、明治...

  • 食事処ふじ田

    稚内での昼食を食事処ふじ田でいただきました。私は稚内丼Aを注文。ホタテとタコを玉子でとじた丼です。家内は稚内丼B。ホタテとカニを玉子でとじた丼です。それぞれおいしくないわけがないです。実際に美味でした!お店はJR稚内駅の構内にあります。下の写真のワッカナイセレクトの奥です。海の幸が豊富な稚内ですから駅を出てもいろいろなおいしいお店はありますが、とりあえず鉄道やフェリーの時間待ちなどにはいいお店です。に...

  • 車輪止めが追い出された

    前回紹介した道の駅「わっかない」が併設されたJR稚内駅です。日本最北端の駅です。下の写真は10年前の2009年に来た時のものです。2012年に駅舎がリニューアルされました。上の写真の黄色い車輪止めが駅舎の外にあります。ということは以前のホームと黄色い車輪止めの間に新しい駅舎が作られたということですかね。何か追放された感じです。『最北端の線路』の木製看板は新しくなっています。新しい駅舎の中には上からホームを...

  • 道の駅「わっかない」

    道の駅「わっかない」です。JR稚内駅がリニューアルされた2012年に鉄道の駅に道の駅ができました。そもそもターミナル駅にはお土産店や食堂などあるのが普通なので、ここが道の駅という感じはしません。観光案内所もありますので周辺の観光情報が入手できます。廃線になった鉄道の駅が道の駅として生まれ変わることはよくありますが、現役の駅で稚内駅のような規模のターミナル駅に道の駅が併設されるのは珍しいです。両者が補いあ...

カテゴリー一覧
商用