住所
尼崎市
出身
尼崎市
ハンドル名
なべさんさん
ブログタイトル
北海道へ行こう!
ブログURL
https://usiuri.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
これまでの北海道旅行から得た情報や風景を中心としたブログです。関西の風景も掲載していきます。
自由文
1993年に初めて北海道を訪れ、以来今日まで北の大地にはまっている関西人です。自分がこれまで感動したり、密かに見つけた北海道について語らせてもらってます!
更新頻度(1年)

56回 / 3762日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2008/10/31

なべさんさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(IN) 783 792 805 791 828 808 852 949197サイト
INポイント 410 450 330 470 380 510 410 2960/週
OUTポイント 250 330 230 320 270 410 280 2090/週
PVポイント 3620 3940 2990 3830 4450 4010 3760 26600/週
旅行ブログ 180 173 176 178 179 169 180 41448サイト
北海道旅行 2 2 2 2 2 2 2 422サイト
写真ブログ 31 31 31 30 33 34 35 33073サイト
風景写真 9 9 9 9 9 9 9 3215サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 4 4 4 5 6 6 6 5565サイト
北海道情報 1 1 1 1 1 1 1 971サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 6114 6052 6330 6137 6075 5870 6398 949197サイト
INポイント 410 450 330 470 380 510 410 2960/週
OUTポイント 250 330 230 320 270 410 280 2090/週
PVポイント 3620 3940 2990 3830 4450 4010 3760 26600/週
旅行ブログ 822 810 836 822 795 776 821 41448サイト
北海道旅行 8 8 7 9 8 8 9 422サイト
写真ブログ 28 28 32 30 29 28 31 33073サイト
風景写真 7 7 8 7 7 7 7 3215サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 62 60 59 59 59 57 67 5565サイト
北海道情報 4 4 4 4 4 4 4 971サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(PV) 1359 1386 1443 1422 1426 1448 1497 949197サイト
INポイント 410 450 330 470 380 510 410 2960/週
OUTポイント 250 330 230 320 270 410 280 2090/週
PVポイント 3620 3940 2990 3830 4450 4010 3760 26600/週
旅行ブログ 297 305 312 314 314 322 330 41448サイト
北海道旅行 4 4 4 4 4 4 4 422サイト
写真ブログ 22 22 22 22 23 23 25 33073サイト
風景写真 4 4 4 4 4 4 4 3215サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 9 10 11 10 11 11 11 5565サイト
北海道情報 4 4 4 4 4 4 4 971サイト

なべさんさんのブログ記事

?
  • うなぎで満腹!

    浜松市にある浜名湖かんざんじ温泉の舘山寺サーゴロイヤルホテルに宿泊しました。浜名湖に突き出た半島にあり、それだけに眺望は抜群です。夕食はバイキングでした。とくにうなぎの蒲焼はおいしく、いくつ食べたか覚えていません・・出汁もありますので、ごはんに乗せてひつまむしのようにしていただくこともできます。そもそも高級食材のうなぎは普段は滅多に口にすることはありません。ましてや、もうお腹いっぱいで食べられませ...

  • 三笠天然温泉「太古の湯」

    三笠市にある三笠天然温泉「太古の湯」です。この日帰り温泉施設にホテル「TAIKO」が2017年にオープンし、今回ここに宿泊しました。新しいだけあって部屋もきれいです。風呂は部屋から「太古の湯」まで長~い渡り廊下を歩いていきます。もうひとつの併設ホテル「旅籠」は夕食付ですが、「TAIKO」は夕食なしです。すぐ隣にイオンがありますので食事をする店はいくらでもありましたが、外へ行くのも面倒だったので館内の食事処で済ま...

  • 高校生のレストラン

    三笠高校生レストラン「ESSOR(エソール)」が2018年7月にオープンしました。フランス語で「飛翔」という意味だそうです。道内の公立高校で唯一の食物調理科単科校・三笠高校の生徒が、調理から接客まで担当するレストランです。施設内には調理部が運営する「まごころきっちん」と製菓部が運営する「Cherie(シェリー)」があります。この日は訪れた時間が遅くいずれも閉店していました。それでも売店の「ESSOR STORE(エソールス...

  • アンモナイト多すぎ!

    北海道にある三笠市立博物館です。ここは別名「化石の博物館」と呼ばれています。実際に第1展示室に入ると1mを超えるアンモナイトの化石がずらーっと並んでいます。大きさもですが、その数に圧倒されます。もともとこの博物館は開拓や炭鉱の歴史を伝える郷土博物館だったそうで、今でも第2展示室以降はそれがテーマになっています。しかしその後、周辺の地層からいろいろな化石が発掘され、それに伴って博物館も一転して地質学...

  • 背を向け文化が生まれた

    室町幕府8代将軍の足利義政が政治に嫌気がさし、引退して別荘として築いたのが銀閣です。今や日本の「わびさび」の象徴として国宝にも指定されています。場所は京都盆地の端っこの東山地区です。ですから敷地に京都盆地を囲む崖があり、上から銀閣を見下ろすことができます。そして実はこの銀閣の立地にこそ政治から無縁になりたかった足利義政の気持ちが表れています。下の写真からもわかるように銀閣の背後が京の都です。完全に...

  • 道の駅「流氷街道網走」

    道の駅「流氷街道網走」です。ここ数年連続して立ち寄っています。ただ今回訪れたときは、新たに映画「北の桜守」の撮影セットが組まれていました。「北のカナリヤたち」は見たのですがこの映画は見ていません。上映時には堺雅人がテレビで宣伝していて、舞台が北海道ということで興味はあったのですが・・やはり実際に映画を見ていないとセットだけ見ても感想は浮かびませんね。店では網走の特産品を販売しています。海産物や野菜...

  • さぬきうどん「もり家」

    高松にあるさぬきうどん店「もり家」に行きました。そもそも私がこの店を知ったのはかつて「とんねるずのみなさんのおかげでした」でノリさんが訪れていたからです。けっこうな有名店で、行ったときも多くの人が並んでいて30分して食べることができました。食べたのは「特上かき揚げおろし」(冷) 1080円 です。まず、かき揚げの大きさに驚きますが、HPには『単に大きいだけでなく、小海老•玉葱・さつまいも・南京・きざみ三...

  • 士別で「味の時計台」

    札幌ラーメンの味の時計台士別店へ行きました。(夏の話・・)士別市は前回ご紹介した今週末に行われる「北の天文字焼き」の名寄市の南にあります。店の名前は知っていますし、札幌市内ではよく見かけますが、入店したことはありませんでした。ここ道北の士別で初めて入店しました。迷わず味噌ラーメンを食べました。味噌のうま味と麺のこしが合った、これぞ札幌ラーメンという感じです。場所は道北を縦に走る国道40号線沿いで、イ...

  • いよいよ「北の天文字焼き」

    いよいよ道北名寄市で、恒例の「北の天文字焼き」が2月9日(土)(午後6時点火)に行われます。1989年(平成元年)に始まり今回で29回目となります。一昨年には『「大きさ日本一」から「大きさ世界一」へギネス世界記録に挑戦』と銘打ち、見事に認定されました!(燃焼装置の数が270個で認定)今や主催者のみなさんを中心に地元が後押するイベントになっています。3年前に事務局の方から『雪の少ない地域の方々に知っていた...

  • 回転寿司「根室花まる」

    回転寿司「根室花まる」中標津店へ行きました。北海道の回転寿司チェーンもいくつかありますが、「根室花まる」はあまりあちこちでは見かけません。それをたまたま通りかかった中標津で見かけたものですから迷わず入店しました。ちょうど昼食時でお腹がすいていたことと久しぶりの「根室花まる」ということもあって、最初の数皿は無意識のまま食べていたような・・いつもは旅行の終盤に札幌のJRタワーの「根室花まる」へ行って長い...

  • 回転寿し「旬楽」

    苫小牧にある回転寿し「旬楽」です。北海道の回転寿司はどこもレベルは高いですが、ここもそのひとつだと思います。鮭のちゃんちゃん焼き風握りなぜか店が一押しするものだからつい注文するだし巻玉子北海道旅行を終えてフェリー乗船前に「なごみの湯」という銭湯で汗を流すのですが、この回転寿し「旬楽」はすぐ隣にあるのでここで夕食をとることが多いです。にほんブログ村人気ブログランキング...

  • すし丸本店の鯛釜めし

    以前、愛媛県松山市に行ったとき、せっかく松山まで来たのだから郷土料理をいただきたいと思い「すし丸本店」に行きました。場所は松山城に近い大街道という市内で最も賑やかな場所にあります。雑誌には「寿司を中心に瀬戸内の小魚や山里の幸が味わえ、日本料理の専門店として地元でも人気が高い」と掲載されていました。そして、おすすめメニューとして「松山鮓」が紹介されていましたが、私はお品書きを見て「鯛釜めし膳」(1350...

  • ほがじゃ小清水北陽工場

    ほがじゃ小清水北陽工場に行きました。箱に大きく「ほ」って書いてある北海道のお土産屋店ならどこでも見かけるお菓子ですね。これを作っている工場です。中に入るとガラス越しに製造過程を見ることができます。直売店ではほがじゃをはじめ福太郎(株)の商品が並んでいます。お土産に定番のほがじゃを2箱購入しました場所は小清水町の国道244号線沿いにあります。これまで何度も通っていたのですが知りませんでした。元北陽小学...

  • 風景写真の「三悪」

    以前、ブログ「野付牛・四季彩々(いろいろ)」の野付ウシさんが「電線の地下化」について書かれていました。災害や景観の面で課題になっている「電線の地下化」ですがコストや労力のこともあってなかなか実現しません。私も何度となく電線に「撮影の邪魔」をされました(笑)きれいな雪景色の羊蹄山の前を横切る電線・・見事な山容の利尻山の手前にも電線・・京都の古い町並みにも太い電線・・風景写真には写したくない「三悪」とい...

  • オホーツクイン

    網走市にあるホテル「オホーツクイン」に宿泊しました。今回は網走に連泊したのですが、ツイン素泊まり連泊で14000円という価格(1人あたり1泊3500円)でした。あくまで男性ターゲットのいわゆるビジネスホテルで、ホテルの浴場も男性用しかなく、女性は部屋の浴室を使うしかありません。場所は道の駅「流氷街道網走」の近くで利便性はいいです。駐車場も無料です。とにかく泊まるだけで多少は快適にというレベルならおすすめのホテ...

  • 巨大な銭形砂絵

    香川県観音寺市有明浜の白砂に描かれた巨大な砂絵の「寛永通宝」です。東西122m南北90mという正円ではないサイズは、前にある琴弾公園の山頂展望台から見ると円形に見えるように造られているそうです。標高60mの展望台へは歩いて上がることもできますがかなりきついようです。私は車で上がりました。駐車場もあります。砂絵を眺めるには下の写真の岩の上がおすすめポイントです。そもそもこの砂絵、私は地元の人が観光目的で製...

  • 網走ちゃんぽん

    以前網走に行ったとき網走のB級グルメの「網走ザンギ定食」を食べましたが、今回は新たに人気が出てきたという「網走ちゃんぽん」を食べました。網走市内で提供している店はいくつかありますが今回は網走セントラルホテルの中の店へ行きました。レストラン「グラングラシェ」は以前B級グルメの「網走ザンギ定食」を食べた店です。網走ちゃんぽんは ①雲仙小浜ちゃんぽん用スープをベース ②網走かまぼこ業者4軒の商品を使用 ③網...

  • ラーメン純水

    釧路の「ラーメン純水」北大通店に行きました。食べたのは「あっさり釧路正油ラーメン」650円で、煮玉子をトッピングしました。「釧路ラーメン」といえばは細ちぢれ麺とあっさりした醤油味のスープを基本としたラーメンです。ただここには生姜とニンニクの風味を生かした「純水風」なるオリジナルラーメンがあり、それは味噌の方が合うらしい・・しょっちゅう来るわけでもない釧路に来たので、釧路ラーメンを食べましたが、次にこ...

  • 鉄砲痕に気をつけて

    初詣に訪れた京都の護王神社のすぐ前に御所の入口である「蛤御門」があります。ここは幕末に長州と薩摩・会津が衝突した「蛤御門の変(禁門の変)」で有名な場所で、門には当時の鉄砲痕があるといわれています。実際にそれらしき痕が門のあちこちにあります。しかしそのほとんどはいたずらで付けられたものだそうです。ネットなどにはいたずらの鉄砲痕の写真が本物のように載っていたりします。下の写真もいたずらです。係りの方の...

  • 道産食彩「HUGマート」

    札幌にある道産食彩「HUGマート」です。旬の野菜や農家お手製の無添加味噌や漬け物などが販売されています。直売所ですので札幌の中心でもそこそこ値段は安いです。となりには飲食店が並ぶ道産食彩「HUGイート」があり、合わせて道産食彩「HUGハグ」として好評です。場所は狸小路5丁目です。要するに狸小路商店街の中です。ホームページによると商店街指定の駐車場があるらしいです。このあたりの駐車料金は高く、いくら安い買い...

  • 豚丼「新橋」

    帯広の豚丼「新橋」です。行ったのは2回目です。ここの豚丼の特徴はタレの色です。まっ黒に近いです。かといって辛すぎるとか焦げみたいだということはありません。厨房を見ていると、豚丼店特有の炭火ではなく、フライパンで火柱が上がるくらいの超強火で豚肉を焼き上げて、タレと絡めていました。食べるととても深いコクがありました。普通の豚丼750円、肉大盛900円です。ごはんはもともと多いので女性は少なくしてもらった方が...

  • 4回目の知床第一

    知床・ウトロの知床第一ホテルです。このホテルに泊るのはこれで4回目になります。部屋は西館の和洋室です。夫婦2人ではもったいないくらい広いです。ここの一番の楽しみは夕食のバイキングです。ズワイガニも食べ放題です。ただ最初に泊まった15年前は確かタラバガニだったんですけどね。前回と違うのは朝食会場が別の新しい場所になっていたことです。大きな窓からはオロンコ岩もよく見えました。料理、温泉施設、部屋の満足度...

  • 2つの荒神さん

    前回、足腰の弱っている親のため「足腰の守護神」である護王神社に初詣に行ったという話をしました。このあと引き続いて「荒神さん」へ行きました。関西で「荒神さん」といえば宝塚の清荒神清澄寺が有名で、たくさんの初詣客が訪れます。下の写真は昨年の初詣で訪れた宝塚の清荒神です。しかし今年お参りしたのは護王神社の近くにある京都の「清荒神」です。正式名は護浄院です。年末にキッチンをリフォームしたので台所の神様であ...

  • 足腰に効く「いのしし神社」

    京都御所の西にある護王神社に初詣に行ってきました。平安時代の貴族である和気清麻呂が祀られています。和気清麻呂は道鏡の野心を退けたことで怒りを買い、足の腱を切られ鹿児島に流されましたが、後年に足が治ったことから、ここは「足腰の守護神」として有名です。私や家内の親たちが足腰が衰えてきたのでここへお参りしました。さらに和気清麻呂が流される途中に道鏡より送られた刺客からいのししが救った伝説から「いのしし神...

  • 大健闘の支笏湖

    前回の「富士山VS琵琶湖」の続編のような話題です。有名な支笏湖もさすがに面積では琵琶湖にはかないません・・琵琶湖の670平方㌔に対して支笏湖は78平方㌔ですから8分の1以下の面積です。ところが湖の水量では琵琶湖の4分の3と健闘しています。支笏湖は貯水量だと日本で第2位の湖なのです。その要因はまわりを1000m以上の3つの火山に囲まれ、口の狭~い深~い花瓶のような形状をしていることにあります。最大深度...

  • 日本一は富士山?琵琶湖?

    初夢で見ると縁起のいい富士山の話からのスタートです。まずは問題です。「富士山を切り崩して、琵琶湖を埋め立てることはできるでしょうか?」つまり富士山の体積と琵琶湖の容積の比較です。たぶん富士山を逆さまにして琵琶湖にはめこむ絵をイメージした人もおられると思います。正解は何と!富士山の土で琵琶湖20個分を埋め立てることができます。その歴然とした差に驚きませんか?(私は驚きました)冷静に考えると富士山は30...

  • 平成最後の元日

    あけましておめでとうございます!今年の干支は「亥」ですが、あいにくイノシシの写真がありませんので、親戚の「豚」の写真でスタートです。平成最後の大晦日に引き続いて、平成最後の正月になりますね。最後と言えば・・大阪梅田の地下にある泉の広場もリニューアルされます。昭和から親しまれてきた噴水(下の写真)も最後のお正月です。平成20年に始めた当ブログも何だかんだで今年の9月で丸11年になります。どうぞ今年も...

  • 平成最後の大晦日

    大掃除も終わり、正月の準備も整って、我が家もすっかり迎春モードです。平成最後の大晦日だと思うと感慨深くもあります。年を重ねると時間が早く過ぎるといいますが、確かに私の中では平成の30年間はあっという間でした。今年はどちらかと言えば私も周りの方々もあまりよくないことが多かった年でしたので、せめてもと大掃除はかなり念入りにやりました。ぜひとも来年は良い年にしたいものです。それでは、どちら様もよいお年を...

  • フェリー乗船中に感じた疑問

    新日本海フェリーに乗船していたとき、ふと疑問に思ったことがあります。敦賀-苫小牧航路は「すずらん」「すいせん」の2隻が行き交っています。そして両船に北行き・南行きの場合の主な場所の通過予定時刻が掲示されています。疑問な点は両船のすれ違う時刻についてです。姉妹船と行き合いが「南行きは10:15 北行きは10:20」となっています。当然同じ時刻にすれ違うはずなのに5分のずれがあるというのはどういうことか・・?...

  • 路面電車で火曜市へ

    高知市の日曜市は1㎞以上にわたって430軒もの露店が並び、多くの人でにぎわいます。しかし、実はそのほかの曜日でも20~70店舗と規模は小さいながらも市は出ています。私は月曜日に高知に宿泊したので火曜市に行きました。市は曜日によって場所が違います。日曜市は高知城前の中心地で開かれますが、私が行った火曜市は上町4丁目あたりで高知駅からだと路面電車で行く距離でした。行くと水路に戸板を渡して250mほどの距離に40店...