searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

なべさんさんのプロフィール

住所
尼崎市
出身
尼崎市

1993年に初めて北海道を訪れて以来、何度となく訪れた北海道の見聞録です。また地元の関西周辺のことも掲載しています。

ブログタイトル
北海道へ行こう!
ブログURL
https://usiuri.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
これまでの北海道旅行での情報や風景を中心としたブログです。また地元の関西周辺のお出かけ見聞録も多く掲載しています
更新頻度(1年)

243回 / 365日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2008/10/31

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、なべさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
なべさんさん
ブログタイトル
北海道へ行こう!
更新頻度
243回 / 365日(平均4.7回/週)
フォロー
北海道へ行こう!

なべさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 北竜町と比べると・・

    「咲き誇る黄色の大輪 農業公園のヒマワリ満開! 尼崎」という新聞記事に誘われ、ひまわりを見に行きました。記事は「尼崎市田能の市農業公園で、約1000本のヒマワリが満開になった。長引く雨で弱っているものもあるが、鮮やかな黄色の花の周囲をチョウなどが飛び交い、夏を演出している。」という文面でした。しかし行ってみるとひまわりが咲いているのは、公園内の15m四方ほどのほんの少しのエリアです。1000本って...

  • ウエモンズハートの意味

    帯広にあるウエモンズハートです。広瀬牧場という牧場が経営する人気のアイスクリーム店です。毎朝作られる14種類のジェラートが店に並んでいます。私はダブルで注文し牧場のミルク&ティラミスを選びました。ちなみにウエモンズハートという店名のウエモンズは意味は知らないけれど英語だろうと思っていたら、実は広瀬牧場の初代の「廣瀬宇右衛門(うえもん)さんの心」ということで「ウエモンズハート」と付けられたそうです。...

  • どうにか存続「塩狩駅」

    JR塩狩駅は北海道和寒町にある宗谷本線の駅です。無人駅ですが木造の駅舎は残っています。2021年3月廃駅予定でしたが、町の働きかけで4月から和寒町が駅の維持管理をするという形で存続されています。塩狩峠の上にあります。秘境駅と言ってもいいかもしれません。しかしタイミングよく1日に上下9本しかない列車に出会いました。ところで塩狩峠が有名なのはある事故のためです。その事故というのは・・明治42年、塩狩峠に差しかか...

  • ブラタモリ・石垣SP見ました

    17日のNHK「ブラタモリ」は「日本の石垣スペシャル 〜加賀百万石の城でわかる石垣の魅力とは?〜」でした。6年前に番組で金沢を取り上げたものの金沢城の石垣についてはほとんどカットされたため、今回その未公開映像を再編集したとのことでした。それで私も2年前に金沢城を訪れたときに多種多様な石垣に感動したのを思い出し、写真を再選択してまとめました。金沢城ではいろいろな年代に築かれた石垣を見ることができます。とく...

  • 私には秘湖の羅臼湖

    知床ネイチャーオフィスの羅臼湖トレッキングコースもいよいよ目的の羅臼湖に到着しました。最大水深4m、周囲約3.7kmの堰止湖です。羅臼岳の頂上からでも確認できる大きさです。いろいろな話を聞きながらの片道3km1.5時間の道のりはとても楽しくあっという間でした。多くの人が訪れるといっても車で簡単に行くことはできず、片道1.5時間の歩きは私にとっては十分に秘湖の部類です。当然来た道を帰ります。羅臼湖トレッキングコ...

  • 沼を見ながら羅臼湖へ

    もうずいぶん前の話ですが、知床ネイチャーオフィスの羅臼湖トレッキングコースに参加しました。知床横断道路の途中に羅臼湖へ続く道の入口があり、ここから羅臼湖まで約3kmあります。途中に大小5つの沼が点在しており、それを見ながら歩きます。下の写真は三の沼です。5つある沼の中でもこの三の沼は羅臼岳を背景に眺めるとなかなかのビューポイントです。条件が良ければ沼に羅臼岳が映りこんできれいそうです。四の沼まで来...

  • 強風の神威岬

    積丹半島の名所である神威岬です。20年前に訪れましたが、記憶が薄らいできたので再訪しました。先端まで駐車場から770mの距離を歩いていかねばなりません。意外ときつかったことは覚えていました。しかもその道は半島の尾根道なので強風時には通行止めになります。残念ながらこのとき通行止めでした。仕方なく、そのまま横道を進んでいくと辛うじて尖った神威岩が見えるポイントがありました。見られただけでもよしとしましょう...

  • 積丹ブルーの島武意海岸

    積丹半島の西側に島武意海岸があります。この海岸へ行くには駐車場から真っ暗なトンネルを抜けていきます。本当に「真っ暗」です。それだけにトンネルを抜けた瞬間に目に飛び込んでくる青さは衝撃です。まさしく「積丹ブルー」と呼ぶに相応しい青です。このときは泳いでいる若者たちがいました。北海道の海水浴は海に入らずに浜でばBBQが定番と聞きますけどね。夏でも海水は冷たいのでしょうね。積丹は日本海ですが、オホーツク海...

  • マネキンが観光資源に!?

    前回紹介した兵庫県の生野銀山ですが、関西では数年前から一部で話題になっています。それは昔の採掘作業を再現するための人形です。前回のブログの写真にも登場していましたが、百貨店などで使われていたマネキンの再利用で、そのため顔立ちが採掘作業者とは真逆の西洋風イケメンです。ところがこのギャップが図らずも女性を中心に人気を集めたのです。そこで「いける!」と思った運営会社は、2017年に人形たちを地下アイドル「GI...

  • 生野銀山

    兵庫県の生野銀山は平安時代初期の開坑と伝えられ、織田信長・豊臣秀吉の直轄時代を経て、江戸時代には生野奉行が置かれ幕府の貴重な財源になっていました。昭和48年(1973年)に閉山するまでに掘り進んだ坑道の総延長は350km以上(大阪-静岡相当)、深さは880mの深部まで達しました。現在はその一部が観光坑道として公開されています。江戸時代採掘ゾーンでは、作業者ひとりがやっと通れるほどの穴で採掘されている様子が再現され...

  • 利尻空港

    利尻島を訪れたとき、私はフェリーで渡ったのですが何となく利尻空港に行ってみました。展望デッキに上がると、滑走路の背景に利尻山が見えました。しかも空は雲ひとつない快晴です。さらに、たまたま訪れたにも関わらずちょうど1日1便の飛行機が離陸する直前でした。実にいい写真が撮れました。利尻島には多くの観光スポットがありますが、利尻空港も侮れないスポットです。にほんブログ村人気ブログランキング...

  • ウニ丸ちゃん

    利尻島の第二の港・沓形港に「ウニ丸ちゃん」という店があります。島をレンタカーで巡る途中でたまたま見つけ昼ごはんを食べました。メニューはいろいろありましたが、私はうに・いくら丼をいただきました。店内は私が行ったときは観光客と地元の方が半々くらいという感じでした。にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 利尻の沼

    利尻島にはいくつかの風光明媚な沼があります。姫沼は点在する小さな沼と湧き水を利用して湧水をせきとめてつくられた人造湖です。ヒメマスを放流したことから「姫沼」と名付けられました。オタトマリ沼は島内で最大の沼ですが、周囲1キロほどです。遊歩道が整備されているので、湖面に映る利尻山を眺めながら散策できます。ペシ岬は、鴛泊港にある標高90mほどの巨大な岩山です。溶岩ドームだということですが、頂上までの急な...

  • 利尻山に近い展望台

    利尻島の見返台園地は島の西部にある見晴らし台です。そして山頂を目指す人の沓形コースの登山口があります。ここは標高約450mの地点で利尻山5合目になります。そのため車で行ける範囲では最も利尻山を近くに感じることができます。着いたときはモヤがかかり山容は見えなかったのですが、少し粘っていると徐々に晴れてきました。モヤの状態は分単位で変化するので、場合によっては待ってみることも大切ですね。展望台へは駐車場か...

  • 私の北海道旅行必須マップ

    北海道旅行で私の必須の地図があります。それは「ツーリングマップル北海道(昭文社)」です。値段は少々高くて3080円ですので、一度きりではなく、何度も北海道へ行く人向けの地図といえます。ライダーだけでなく、車で旅する私のような者にもありがたい地図です。とくに気に入っているのは、地図中にちりばめられた「コメント情報」です。店や施設、ビューポイント、道路状況など様々なジャンルの情報がこれでもかとばかりに多数...

  • 与島PA

    瀬戸大橋のほぼ中央にある与島パーキングエリアは、上下線のどちらからでも立ち寄れます。瀬戸大橋を一望できる絶好のロケーションで有名です。屋上にある展望台から、瀬戸大橋とその先にある讃岐富士を見ることができます。また見る方向を西にすると瀬戸内海と小さな島々も見えます。瀬戸大橋は車だけでなく電車も通っています。見ていたときにちょうど「アンパンマン列車」が通過していきました。パーキングエリア全体が芝生広場...

  • 就実の丘

    旭川の就実の丘はほとんど美瑛といっていいような場所にあります。旭川方面からも美瑛方面からも行ったことがありますが、いずれも少し迷いました。旭川方面へと続く道はアップダウンのある真っすぐな道で、就実の丘から見ると「ジェットコースターの道」みたいです。丘からよく見るとポプラが並んでいる丘が見えます。このあたりが赤羽の丘です。赤羽の丘(下の写真)へは最近行ってませんが、近くの森が伐採され雰囲気が変わった...

  • 羅臼の宿「まるみ」

    知床半島にある羅臼の宿「まるみ」です。最初に泊まったときは小さな民宿でしたが、その後リニューアルされて大きくなりました。玄関ホールのクジラがインパクトがあります。食事はボリューム的にはサロマ湖の船長の家レベルまではいかないものの、毛ガニやタラバのほかに刺身や焼き魚など豪華な夕食です。晴れていれば宿から国後島が見えるはずですが、泊まった時は雨でまったく見えませんでした。時期によってホエールウォッチン...

  • ダチョウに羊蹄

    ニセコ町が条例により指定した優れた景観を眺望できる「ふるさと眺望点」が2カ所あります。そのうちのひとつは前回紹介した「羊蹄山とサクランボの木」の風景ですが、もうひとつは「羊蹄山とダチョウ」の風景です。羊蹄山を背景にたくさんのダチョウが走っている違和感が印象に残ります。ダチョウにエサをやることもできますが、油断していると手のひらまで突かれます。場所はニセコ町字豊里です。道の駅ニセコビュープラザから車...

  • 羊蹄山とサクランボの木

    ニセコ町は優れた景観を眺望できる場所を条例で「ふるさと眺望点」として2カ所指定しています。そのうちのひとつはニセコ町曽我の「2本のサクランボの木と羊蹄山」です。桜の木はかなりの老齢の様子で枝には地面から支え棒がしてあります。それでも春には花が咲いてとてもきれいようです。場所は少しわかりづらいです。道道から未舗装道路に入って少しだけ走った場所なのですが、予め地図で確認してから行かれることをおすすめし...

  • 新酪農村展望台

    北海道別海町にある新酪農村展望台です。新酪農村とは、昭和48年から国家プロジェクトとして巨額を投じて整備された大規模酪農村で、1戸当たり50haほどの牧草地と牧場を有しています。新酪農村展望台はその中にあり、周辺に広がる大規模な新酪農村の景観を360度見渡せます。ただ展望台といっても写真のような鉄パイプで組まれた簡易的な作りですので上るのが少々怖く、しかも少し揺れます。高さは10mほどありますので晴れた日には...

  • 神戸市役所と東遊園地

    神戸市役所はJR三ノ宮・阪急神戸三宮駅から南に歩いてすぐの場所にあります。前回紹介した札幌市役所と同じで、最上階の24階には無料展望ロビーがあり、六甲山や神戸港を望むことができます。下の写真は神戸大橋・ポートアイランド方向です。(宣言中は休止でした)市役所の南側には東遊園地があります。公園の歴史は古く、1868年に居留地の外国人によって作られた日本初の西洋式運動公園です。開園当時は外国人専用でした。(遊園...

  • 札幌市役所展望フロア

    札幌市役所です。時計台のすぐ近くです。知らない方も多いですが、屋上は展望回廊になっています。すぐ目の前にはテレビ塔があります、外側は窓になっているため写真を撮る時は反射してあまり綺麗に撮影出来ないことがあります。真下には時計台があります。なかなかレアな角度の時計台です。地上19階ですのでそんなに高いわけではありませんが、無料開放されていますので行く価値はあります。ただ冬期と市役所閉庁時は閉まっていま...

  • 2島を1日で巡る

    天売島・焼尻島へ渡るには羽幌・天売・焼尻を結ぶ羽幌沿海フェリーを利用します。船の運航ダイヤは時期によって異なるので事前に調べておく必要があります。また高速船「さんらいなあ2」もあり、これだと時間は短縮されます。私は2島を1日で回りました。羽幌の出航時間は午前8時です。そして天売島に着くのが午前9時。焼尻島へ向けての出航時間は午後1時20分ですので、天売島滞在は3時間20分です。ちなみにこの行程だと...

  • めん羊とオンコの焼尻島

    焼尻島の見どころはざっくりと2つあります。ひとつはめん羊牧場です。島の中央部に広がる平原には、サフォーク種の羊が放牧されています。島の中心部は広大な牧草地になっており、ここが小さな離島とは思えない風景です。そして、もうひとつはオンコ原生林です。秋から冬にかけての強風の影響で、幹が上に伸びることができず、かわりに枝が左右に成長して奇妙な育ち方をしているものが多いです。樹高が1.5〜2mしかないのに直径が1...

  • 海鳥の天売島

    天売島は対岸の羽幌から高速船で約1時間の離島です。島は日本有数の海鳥繁殖地です。ウミガラス(オロロン鳥)はかつてはこのあたりでも1万羽以上が生息していましたが、今や十数羽しかおらず、絶滅危惧種に指定されています。下の写真は赤岩です。 海面から38メートルの高さに垂直に切り立った奇岩です。ただ上から見るとその高さは実感できません。島は切り立った崖で囲まれ、3〜7月にかけて多数の海鳥が飛来します。ちなみに...

  • ピースで有名な動物園

    愛媛県砥部町にある県立とべ動物園です。この動物園が有名になったのはシロクマのピースの存在でした。日本初のシロクマの人工哺育に成功してメディアにも取り上げられました。以前NHKの「しろくまピース20歳 完全版」を見ました。母親が育児をしなかったため、飼育員だった髙市敦広さんが育てることになり、夜は自宅にピースを連れて帰り、家族みんなで育てた話でした。下の写真のプールでひきつけを起こして溺れそうになった...

  • 函館どさんこファーム

    函館どさんこファームは函館市街地から車で20分ほどの場所にあります。ここではその名の通り、どさんこの乗馬が体験できます。下の写真がオーナーです。こうしてみれば馬の大きさはサラブレッドよりかなり小さいのがわかります。ここは流鏑馬もできるという珍しい牧場で、よく旅番組などでも紹介されています。どさんこは丈夫で安定感があり、急な斜面や険しいアップダウン、樹林の中もグングン歩いていきます。トレッキングコー...

  • 近い距離で見た摩周湖

    ずいぶん前の話ですが、川湯パーク牧場のホーストレッキングに参加しました。私が参加したのはいくつかあるコースの中で最もハードな摩周湖ホーストレッキングで、往復約20km、約4時間のハードなコースです。大草原コースであればここまでです。硫黄山を背景に記念撮影。摩周湖コースはここからけもの道を通って摩周湖に向かいます。けっこうアップダウンがあります。そして摩周湖近くのエゾシカが休憩するという少し開けた場所が...

  • ややこしい!? 2つの神社

    岡山県にある吉備津彦神社は、備前の国の一宮です。吉備津神社が分社して造られた神社です。境内の左右に大きな灯籠があります。高さ11mのこの灯籠は1859年に建てられたもので、日本一の石灯籠といわれています。ただほかの神社にも日本一と銘打つ灯籠はあり、実際のところはわかりません。一方、吉備津神社は備中の国の一宮です。1425年に再建された本殿と拝殿は全国で唯一の吉備津造り(比翼入母屋造り)という建築様式を採用し...

カテゴリー一覧
商用