chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
北海道へ行こう! https://usiuri.blog.fc2.com/

これまでの北海道旅行での情報や風景を中心としたブログです。また地元の関西周辺のお出かけ見聞録も多く掲載しています

1993年に初めて北海道を訪れて以来、何度となく訪れた北海道の見聞録です。また地元の関西周辺のことも掲載しています。

なべさん
フォロー
住所
尼崎市
出身
尼崎市
ブログ村参加

2008/10/31

1件〜100件

  • 謎の鬼ノ城

    鬼ノ城は大和朝廷によって国の防衛のために築かれたとされる古代山城です。岡山県総社市にあります。いわゆる一般的にイメージされる天守を持つ中世の城と違い、山全体に城壁を築いた古代の城です。写真の西門は柱穴の跡・石段・敷石などがきれいに残っていたため、城門の構造も推定できたので復元されました。復元された西門から望む風景は見事です。これだけの見晴らしゆえにここに城が築かれたのでしょう。現在も史跡調査や整備...

  • かがり火がモチーフの展望塔

    昨夜の京都五山の送り火は直前の大雨で点灯時間が遅れましたが、無事に5つの文字や絵が点灯されました。3年ぶりの完全な形でかがり火を点灯しての五山の送り火だっただけに祇園祭に続いて「待ってました!」という感じですね。ところで、かがり火つながりでいえば、道央の三笠市の三笠IC近くの達布山にかがり火をデザイン化した塔があります。高さ15mの「達布山展望台」です。明治時代に地形図を作成する折、この達布山と近く...

  • 意味が違う「大」と「牛」

    今夜は京都五山の送り火です。過去2年間はは新型コロナ対策で人が集まらないよう文字の中のいくつかのポイントだけ点火され、「大」の文字は確認できませんでした。しかし今年はコロナ前のように完全点火されます。五山送り火はお盆に迎えた精霊(おしょらい)さんをあの世へ送り返す意味があります。そしてこの行事とともに京都のお盆は終わります。それに対してまったく宗教的な意味がないのが、北海道・中標津の「牛」文字山で...

  • きたひろ「くるるの杜」

    くるるの杜は北海道北広島市にあるホクレンの複合施設です。そこに農畜産物直売所があると知って行ってみると、ちょうど感謝祭をやっていて多くの人で賑わっていました。仮設テントでは地元の果物や野菜、さらにそれらを使った食べ物も販売されていました。昼時だったので話題の農村レストランの方へ行ってみましたが、さすがの人気で1時間待ちということであっさりと断念・・そこで感謝祭で並んだ仮設テントの方へ戻り、おいしそ...

  • 道北ひまわり2+1枚(__)

    今日は過去画像だけです(__)名寄サンピラーパークのひまわりですこれだけだと名寄かどうかわからないので遠景写真も追加で1枚(北海道名寄市:名寄サンピラーパーク)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 今や老舗の「くりーむ童話」

    弟子屈にある手作りアイスクリームの店「くりーむ童話」本店に行きました。北海道のアイスクリーム店としては今や老舗です。私が初めてここに行ったのも20年ほど前になりますが、新緑の季節に訪れたのは初めてです。店内には常時14種類のアイスクリームが用意されています。このときはミルク・ブルーベリー・メロンのトリプルでいただきました!窓の外には硫黄山がそびえ眺望もすばらしいです。本店ならではの風景です。アイスク...

  • 災害続き・・中川町

    昨日、道北・中川町で震度5弱・5強という大きな地震が続いて発生しました。ニュースを見る限りでは大きなけがをした人はいないようですが、道路が陥没したり、タンスが倒れた家もあったようです。また、その前には大雨で音威子府村と中川町を結ぶ国道40号線が土砂崩れで通行止めになっています。この国道は音威子府・名寄・旭川へとアクセスしているので、寸断されると中川町にとっては不便です。北海道の地名はアイヌ語が語源に...

  • ソフトクリーム店の看板ポニー

    北海道安平町の溝口牧場ミルクプラントの濃厚なソフトクリームを前回紹介しました。私がここに寄ったのはこの濃厚ソフトクリームと、店の前にいる看板ポニーに会うためです。行ったときも店の前に2頭いました。下の写真の左の茶色いのが男の子コタローで右が女の子のユメです。コタローは若く、ひもで繋がれています。ユメはベテランで、何にも繋がれておらず自由行動できます。それでも遠くへ行かず店の周辺にいます。店内には10...

  • 溝口牧場「ミルクプラント」

    北海道安平町にある溝口牧場ミルクプラントです。溝口牧場が経営するジェラート&ソフトクリームの店です。このときはプレミアム生ソフトをいただきました。ジャージー乳を使った乳脂肪12%以上の濃厚なソフトクリームです。さすが牧場直営の味です。場所は道東自動車道の追分町ICから国道234号線を南へ20kmほど走った道路沿いです。ウトナイ湖に近い安平町遠浅という地区にあります。下の写真のような目立つ看板がありますので...

  • 城下町アピールでイメージ変えたい

    2019年春に再建された尼崎城です。私は2回目の「登城」です。最上階の5階が展望ゾーンです。しかしまわりを高いビルや高速道路に囲まれているのでそんなにいい展望ではありません。下の写真は江戸時代初期に城下町整備のために寺院が集められた寺町方面です。3階は尼崎城の「金の間」をイメージした大広間で、お姫様や武士のレンタル衣装を来て写真を撮れます。この場所は実際に天守があった場所とは少し離れていますが、建物は...

  • 北海道での燃費にビックリ!

    自家用車をトヨタのヤリスに買い換えたのは2020年春でした。下はその納車時の写真です。ハイブリッド車なので、広い北海道を一定速度で走るとどれくらい燃費が伸びるか楽しみでしたが、買った頃から新型コロナ感染者が増え始め、しばらく北海道旅行も行けずにいました。そして買ってから2年以上経った今年の春、その時点ではコロナ感染もやや下火ということもあり、ようやくヤリスで北海道へ行きました。北海道旅行での走行距離と...

  • 毛蟹のコースを堪能

    前回紹介したオーセントホテル小樽での夕食です。流氷明け毛蟹のコースです。オホーツク海産流氷明け毛蟹の浜茹で茹で揚げグリーンアスパラとずわい蟹のフリット サフランマヨネーズずわい蟹のちらし寿司 花咲蟹の鉄砲汁レストランは最上階で夜景を楽しみながら食事ができるシチュエーションです。この料理も「カニかにドライブパック」の特典です。今回はこのパックのおかげで贅沢な気分を味わうことができました。にほんブログ...

  • オーセントホテル小樽

    オーセントホテル小樽に宿泊しました。前回紹介しましたように、ヴィーナストラベル「カニかにドライブパック」の特典としてこのホテルでの1泊と夕食が付いていました。部屋はスタンダードツインです。特典なので料金は気にしていませんでしたが、調べて見ると同じ部屋の素泊まりで2万円程でした。小樽駅からも小樽運河からも近い中心地で便利な場所にあります。特典の1泊分には駐車料金も含まれていました。ホテルには立体駐車...

  • カニかにドライブパックで北海道へ

    北海道へ車で行くのに今回初めて利用したのがヴィーナストラベルの「カニかにドライブパック」です。新日本海フェリー舞鶴-小樽又は敦賀-苫小牧 大人2名(ステートルーム)と乗用車1台で往復11万~11万5千円という値段です。そのパックにはいくつかの特典が付きます。①フェリー往路で昼食の海鮮ランチ(4500円相当)実際の写真が下です。もちろん特典なので食べましたが、そうでなければ通常昼食はカップ麺で済ませていました。...

  • 上賀茂神社でブラタモリ

    上賀茂神社(正式には賀茂別雷神社)は京都で最古の神社です。古来より厄除・災難除け・必勝の神として信仰されています。国宝2棟、重要文化財41棟を含む境内全体がユネスコ文化遺産に登録されています有します下の写真は一の鳥居です。一の鳥居から二の鳥居までの広大な敷地は、競馬(くらべうま)などの五穀豊穣の神事が行われる開放的な芝生となっています。二の鳥居の手前にあるのは神馬舎です。日曜日には白馬がいますが、こ...

  • マイナーからメジャーの「さくらの滝」

    斜里岳のすそ野・清里町にある「さくらの滝」です。この滝では7月から8月にかけてサクラマスが滝越えのジャンプを見せてくれます。私は3度目ですが、このときはジャンプするサクラマスの数が少なかったです。下の写真は前回来た時のものです。いっぱい飛んでいてシャッターを押しさえすればサクラマスの姿をとらえることができました。この滝は昔海底であったころの砂岩が崩れてできた滝だそうです。落差はそうでもないですが、...

  • 海跡湖の網走湖1枚(__)

    今日は網走湖の過去画像1枚だけです(__)前回紹介したあばしりフロックス公園からも見える網走湖は海跡湖です。海跡湖というはもともと海だった所が砂州などで海と切り離されてできた湖です。オホーツク沿岸にはコムケ湖・サロマ湖・能取湖・網走湖・藻琴湖・涛沸湖などの海跡湖がずらーっと並んでいて、世界的にも珍しいそうです。にほんブログ村人気ブログランキング...

  • フロックス公園

    「あばしりフロックス公園」は、平成14年、平均年齢67才(当時)の皆さんが自分たちで山林を開墾し、1000株のフロックスを植えることから整備が始まりました。私が地元の方に教えてもらって初めて訪れたのは2011年でした。それからも少しずつ畑の面積は増えています。高台にありますのでフロックスとその背景の網走湖や網走の街の風景が楽しめます。最近ではガイドブックなどにも掲載されて訪れる人も増えているようです。それでも...

  • 兵庫県彫刻家連盟展

    神戸市の原田の森ギャラリーで催されている「2022兵庫県彫刻家連盟展」に行きました。ここ数年は、この時期にこの会場で開催されています。そして昨年と同様に親しくさせていただいているお二人の方が出展されているので行きました。松原一彦氏 題名「封じ込められた釘Ⅵ」 島崎將氏 題名「地球からのメッセージ」 今回は総勢27名の方々が出展されており、それぞれに個性のある作品が並んでいました。これまでも新型コロナの影...

  • 道の駅「にしおこっぺ花夢」

    前回紹介したおこっぺアイスの興部町の隣の西興部村にある道の駅「にしおこっぺ花夢」です。ここのポイントはその名の通り「フラワーパーク花夢」です。約6haのフラワーガーデンです。もともとこのガーデンがあってここが道の駅になったようです。そしてもうひとつの見どころは「からくりオルガン・音木林(おとぎばやし)」です。定刻になると、丸いステージの上で58体の木の人形が風の力を使って音に合わせて演奏します。ところ...

  • おこっぺアイス

    道の駅おこっぺの売店にはJA北オホーツクのおこっぺアイスがあります。私の中では絶品アイスです。興部といえば酪農王国です。このアイスは興部産牛乳を100%使っっており、乳脂肪分が高く、濃い味とコクが特徴です。こちらで「濃厚バニラ」をいただきました。知人と自分に送るつもりでしたが、こちらの道の駅の販売店からは地方発送していません。そこで近くの直営店に行きました。道の駅から車で数分の場所にあります。オホーツ...

  • 道の駅「おこっぺ」

    北海道の興部町にある道の駅「おこっぺ」です。この場所は廃線となった名寄線興部駅の跡地です。交通記念館があり、名寄線のパネルやレールなどが展示されています。公園内には2両の車両が設置され、その内の1両は「HOSTEL・出あいの宿」という無料の宿泊施設になっています。もう1両は「SALOON・語らいの舎」という、座席を一部残した無料で利用できる休憩所です。大きな売店があるわけではないですが、鉄道ファンや宿泊するライ...

  • だんじりだけではない

    だんじり祭りで有名な大阪府岸和田市にある岸和田城です。楠木正成一族が築城したという伝承はありますが、正確にいつ誰がて建てたのかわかっていません。天守は1827年落雷により焼失し、現在の天守は昭和29年に再建された模擬天守です。城壁や櫓も昭和44年に再建されました。ですから、近世以前の遺構は石垣と堀のみです。とはいえ立派な石垣と堀ですので城全体に重厚感が漂います。再建された天守は3層3階ですが、絵図などによ...

  • 六花亭からオーシャンビュー!

    前回書きましたように、新しくできた函館の六花亭漁火通店に行きました。そして2階の喫茶室に上がり、カウンター席でケーキセットをいただきました。とにかくこの店は海に面した大きな窓が特徴です。目の前は津軽海峡です。晴れていれば青森の下北半島が見えます。この日もよく見えていました。また視界の右には函館山も見えます。そもそも六花亭のケーキは安いですが、その喫茶室からこのような景色が広がるとさらにお得感満載で...

  • 六花亭漁火通店

    函館にある六花亭漁火通店です。2021年末オープンした新しい六花亭です。ここで話題になっているのが海に面した大きな窓です。目の前が海なので実に開放的な景色が広がります。2階にはカフェコーナーがありますので、そちらでお茶でも飲もうと上がっていきした。にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 北防波堤ドーム(__)

    今日は過去画像だけです(__)(稚内市:北防波堤ドーム)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 結局は山鉾見てきました

    先週このブログで祇園祭について取り上げたものの、この時期の京都の暑さは厳しいので自分は祇園祭には行ったことがないという話をしましたが、結局意を決して木曜日に各町に置いてある山や鉾を見に行ってきました。前祭りは先週終わり、今週は後祭です。前祭に比べると後祭の巡行に参加する山鉾の数は少ないです。鉾は下の写真の大船鉾のみです。巡行の最後を飾ります。そして10の「山」が巡行に参加します。下の写真は南観音山で...

  • 網走でホエールウォッチング

    先日紹介した通り、ロシアとの中間線に阻まれ消化不良だった羅臼でのホエールウォッチングでしたが、リベンジとばかりに網走のホエールウォッチングに申し込みました。1時間近く進んだ時に船長さんが「前方にイルカがいますよ~」船を先導するかのようにイルカが泳いでいます。ただ猛スピードで泳いでいるので撮影が難しく、また水上にジャンプして出てくるタイミングもマチマチで姿もよくわかりません。イルカたちは入れ替わり船...

  • クジラの見える丘公園

    羅臼に「クジラの見える丘公園」という場所があります。前回紹介した羅臼国後展望塔からも見えます。(下の写真の灯台あたり)80mの高さにあり、羅臼の海を一望できます。公園といっても、羅臼灯台の横に簡単な展望デッキがあるだけです。波の穏やかな日にはその名の通りマッコウクジラの姿を確認できるという謳い文句です。しかし、ホエールウォッチングツアーに参加したとき、探して待ってやっと海面に出てきたクジラの尻尾だ...

  • 羅臼国後展望塔

    羅臼国後展望塔は羅臼町の市街地にほど近い167mの高台にあります。天気がよければ、国後島の姿を見ることができます。この日もうっすらではありますが見えました。カメラを望遠にすると山肌の様子も確認できます。ちなみにテレビで羅臼を紹介するときに流れる映像は、ここから見た羅臼漁港だと思われます。これまで何度となく羅臼に来ていますが、夏には水蒸気が多いのか意外と国後島がくっきり見えることは少ないような気がし...

  • 羅臼でホエールウォッチング

    羅臼に宿泊したとき、宿のオプショナルツアーでホエールウォッチングに出かけました。観光船事故以前の話です。クジラのよく出没するポイントまで30分ほど船を走らせます。そうすると北方領土である国後島がだんだんと近づいてきます。下の島の写真の左端は国後島の北端部分になるそうです。天候はよくなかったのですが、カメラの倍率を上げると山肌の様子もよく見えました。私のイメージでは双眼鏡でクジラを探すのだと思ってい...

  • やはり留萌線も廃止

    JR留萌線の石狩沼田-留萌間が来年3月に、石狩沼田-深川間が3年程度で廃止というニュースが流れました。正式決定ではないようですが、近く沿線首長が集まって最終判断するとのことです。私が最後に留萌駅に行ったのは2018年夏でした。2016年にここから増毛駅までの路線が廃止になったので、現在は留萌駅が留萌線の終着駅になっています。駅の1日の利用客数は80人程度で、すでに訪れた2018年には留萌線も廃止の方向で検討されてい...

  • 涼しければ行く・・

    京都の八坂神社は、疫病退散を祈願する祇園信仰の総本社です。コロナ禍で再注目されていましたが、残念ながらこの八坂神社の祇園祭は2年間中止されました。そして今年3年ぶりに行われています。今日は前祭クライマックスの山鉾巡行です。八坂神社の本殿は江戸時代前期に焼失したあと、徳川家綱によって承応3年(1654年)に再建されました。2年前に国宝に指定されました。偉そうに祇園祭のことを書きましたが、私は祭りには行っ...

  • まだまだ十勝は「なつぞら」です

    十勝地方は広大な高原や牧場、畑が広がるこれぞ北海道という風景が広がる場所です。だからこれまで数多くの映画やドラマのロケ地にもなりました。最近では2019年NHK連ドラ「なつぞら」が脚光を浴びました。3年前のドラマ放映中に十勝に来たときも「なつぞら」一色で、十勝の町のあちこちにヒロインの広瀬すずのポスターがありました。ミーハーな私はドラマの中に出てくる吉沢亮扮する山田天陽のアトリエのロケセットやその山田天陽...

  • 要チェックの帯広駅エスタ東館

    前回JR帯広駅構内を紹介しましたが、旅行者にとって要チェックなのはエスタ東館です。ここの2階にとかち物産センターととかち観光案内所が入っています。とかち物産センターは大きなスペースではありませんが、たまにマニアックな品物を見つけることがあります。反対側のエスタ西館にオーソドックスなお土産物屋さんが集中していますが、こちらのとかち物産センターもチェックしておいた方がいいと思います。またとかち観光案内所...

  • がんばれ!帯広駅

    根室本線のJR帯広駅です。意外と知られていませんが、駅前には旧帯広駅の線路跡があります。商店やホテル、バスターミナルなどにぎやかな北口に比べると南口は観光客は行かない生活感のあるエリアです。駅中のエスタ西館は「とかち食物語」というお土産店が集中するエリアになっています。構内連絡通路です。右端にお菓子メーカー「柳月」の広告が写っていますが、「三方六」ではなく、NHK連ドラ「なつぞら」に登場した「あんバタ...

  • 晴明2枚(__)

    今日は過去画像2枚だけです(__)(京都市:清明神社)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 紋別でもラベンダー

    紋別にある北海道立オホーツク流氷公園です。ラベンダー畑・ピクニック広場・パークゴルフ場・海のサロンの4つのエリアに分かれています。私はラベンダー畑のあるAブロックに行きました。今回で2度目です。4品種1万7000本のラベンダーが咲いています。入場無料です。オホーツクを走る国道238号の沿線ですのでアクセスもよく、おすすめの公園です。意外と北海道へ旅行で訪れる方でラベンダーは富良野に行かないと見られないと思...

  • かなやま湖のラベンダー

    空知川の上流に建設された金山ダムによってできたかなやま湖は北海道有数の湛水面積(満水時の湖の表面積)と貯水量を誇るダム湖です。周囲をエゾマツやトドマツなどの原生林に囲まれ、天然の湖の雰囲気があります。 「幻の魚」といわれるイトウやオショロコマも棲息しているそうです。金山ダムは平成5年「地域に開かれたダム」の指定を受けており、湖の周辺は「日帰り散策エリア」「宿泊ウォーターフロントエリア」「ファミリーエ...

  • 役割終えてもシンボルの信号所

    神戸ハーバーランドにモザイクというショッピングエリアがあります。その南端にあるのが神戸港旧信号所です。大正10年に第4突堤に建設され、長い間、船の交通整理を行っていましたが、平成2年に役目を終えました。その後、ここに移築・保存されています。 鉄塔の下部は重厚な石壁になっています。レトロな洋館のようですね。大正時代に造られたのが感じられます。高さ46mの淡いエメラルドグリーンの鉄塔はとても美しく絵になります...

  • 薬師寺1枚(__)

    今日は過去画像1枚だけです(__)(奈良市・薬師寺金堂と西塔)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 「雪月」の力で地名も変わる!

    道の駅おとふけ なつぞらのふる里の敷地にNHK連ドラの「なつぞら」の「しばた牧場」が再現されている話をしましたが、そのエリアの斜め前にこれまたドラマに出てきた菓子屋「雪月」のセットが再現されていました。ドラマでは山田裕貴扮する小畑雪次郎が安田顕扮する父の菓子屋「雪月」を引き継ぎ、新商品を考案するなどして大きくしていきました。このドラマは実在の人物や会社・学校を微妙に名前を変えて登場させていました。こ...

  • 「なつぞらのふる里」の意味

    前回紹介した新しく大きくなった道の駅おとふけの続きです。外にサイロのような建物があるので行ってみました。するとゲートに「しばた牧場」という看板があります。「しばた牧場」といえば2019年のNHK連ドラ「なつぞら」の舞台になった牧場で、それを再現した施設のようです。十勝が舞台となった広瀬すず主演のこのドラマは私も見ていました。そういえば新しい道の駅の名前に「おとふけ なつぞらのふる里」とサブタイトルが付い...

  • 道の駅「おとふけ」に仰天!

    道の駅おとふけに行きました。ナビに入れて向かうときに「何か前と場所が違うなあ・・」と思いながら走ったのですが、最近移転してリニューアルオープンしたのですね。しかもものすごく大きくなっていてビックリ!以前来たときはこじんまりとした施設で人も少なかったのが、日曜日の昼ということもあって超満員でした。ただ入口の前にある踏切の警報機は見覚えがあります。おそらくリニューアル前のもの(下の写真)を持ってきたの...

  • 道新のちょっとした「踏ん切り」

    昨日のネットに『北海道新聞社は紙面で使用してきた「黒電話マーク」を2022年7月1日夕刊の記事から廃止した』というニュースが出ていました。つまりこれまで紙面で「問い合わせは☎011(***)****まで」というように使ってきた電話番号の前に付けていた黒電話☎の記号を廃止したということです。その理由として「何のマークか分からない人が増えたこと」を挙げています。確かに今回のKDDIの通信障害でも公衆電話の使い方がわからず困...

  • ロコソラーレは「おらが町の代表」

    先週の金曜日の「タモリステーション~タモリ、カーリングを勉強する~」を見ました。タモリさんが常呂町に行き、ロコソラーレメンバーとブラタモリ風に町を歩いたあと、平成25年に新しくなった「アドヴィックス常呂カーリングホール」で対談しました。ここには6つのリンクがありますが、これは日本最大の規模です。ホールの2階には競技を見学できる観覧スペースがあります。木の香りのする落ち着いた雰囲気です。番組ではここに...

  • ロイズあいの里公園店

    ロイズあいの里公園店です。このあいの里公園店と前回紹介したふと美工場直売店は札幌市と石狩市になりますが、JRだと1駅で、車だと5~10分くらいの距離です。要するにすぐ近くということです。店内では自家製パンも販売されています。とくに生チョコクロワッサンが人気です。それを買って店内のイートインコーナーで食べることもできます。工場直売店と違ってホットコーヒーが無料で飲めることがあいの里公園店のメリットです。...

  • 仰天の新ロイズ

    前回紹介した新しくできたロイズふと美工場です。直売店も信じられないくらい広くなりました。以前の小さな「売り場」を知っている私は仰天しました。品揃えもどこのロイズ店よりも充実しています。以前の売り場は下の写真のような感じでした。たとえば妻がいつも複数店舗に足を運んで探し出すハンドクリームとリップクリームも置いてあり、さっそく喜んで友人の分も買ってました。店内には広いイートインスペースもあります。これ...

  • ロイズのふと美工場が(*゚Q゚*)

    いつも近くに行くと寄るロイズふと美工場です。今回行って見ると「工場移転」の掲示があります。移転先はすぐ隣なので行ってみました。すると白い巨大な建物があります。これが新しいふと美工場のようです。しかも以前は申し訳程度にあった工場直売店も生まれ変わったみたいです。工場が新しくなったのは行って初めて知りました。ニュースで札沼線にロイズタウン駅という新駅が出来たと聞いて、どうして北海道医療大学駅から新十津...

  • 西郷どんと篤姫

    鹿児島市の「歴史と文化の道」は国道10号の歩道に整備された散歩道です。まずは台座を含んだ高さが8mある大きな西郷隆盛像です。桜島を見据えるようにして立っています。ちなみに作者は渋谷のハチ公像と同じ人らしいです。国道を挟んだ向かいの中央公民館前からが撮影ポイントだといいますが、交通量が多いので車の流れの切れ目を狙って撮らないといけません。さらに記念写真を撮る場所と像が離れているので人にピントを合わせる...

  • 島津家別邸「仙厳園」

    鹿児島の仙巌園は1658年に島津家19代光久によって、島津家の別邸として築かれました。大河ドラマ「西郷どん」で渡辺謙が演じた島津斉彬はいち早く西洋の技術を取り入れようとした先進的な藩主として描かれていました。それは決して創作ではなく、実際にそうだったというのはここへ来れば垣間見ることができます。入口正面にあるのは反射炉の跡です。鉄製大砲の鋳造のため、島津斉彬が築きました。鶴灯篭は鶴が羽を伸ばした姿に見え...

  • 花々と有珠山

    前回紹介した有珠山サービスエリアには四季折々の花々が植えられています。訪れたときはチューリップの季節でした。そしてこの花々と有珠山などを同時に撮れるのもこのサービスエリアならではです。夏に来たときはひまわりと有珠山を撮りました。ただいつの季節でも青空が必要です。写真がきれいというのはもちろんですが、そもそもどんよりしていると有珠山でさえも見えないことがあります。ということでせっかくの快晴時にここを...

  • 有珠山SAから見える山々

    道央自動車道の有珠山サービスエリアです。その名の通り有珠山がきれいに見えますが、晴れていればそれ以外の有名な山々も見えます。しかし見えている山が何山かよくわからないので、あとで確認できるようにまず設置してある解説パネル(下の写真)を撮りました。そして実際の山々の風景が下の写真です。さすがに正面の有珠山とその右の山肌がむき出しの昭和新山は一目瞭然です。その昭和新山の左に顔を覗かせているのがニセコアン...

  • 六甲のあじさい4枚(__)

    今日はあじさいの過去画像のみです(__)(神戸市立森林植物園)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • ガーデンフェスタ北海道

    第39回全国都市緑化北海道フェア(愛称:ガーデンフェスタ北海道2022)が恵庭市を舞台に今日から開催されます。開催期間は6月25日から7月24日まです。期間中は全国都市緑化祭をはじめ、企業による庭園出展コンテストなどがあります。本来なら開催中に行って見たかったのですが、私が訪れたのは開催前で、庭園出展コンテストの施工の最中でした。メイン会場は道の駅花ロードえにわ内の「はなふる」です。こちらも工事中でした...

  • 新しい「かのな」

    農畜産物直売所「かのな」です。道の駅花ロードえにわに併設されています。2020年に道の駅のリニューアルに合わせて、新しくなって移転しました。移転といっても道の駅の敷地内です。ちなみに下の写真はリニューアル前の「かのな」です現在この場所にはスターバックスができていました。新しくなって売り場面積が広くなり、動線もすっきりしました。麻生氏が間違って「コチピカリ」と口にした「ゆめぴりか」も並んでいました。場所...

  • 道の駅「花ロードえにわ」

    道の駅花ロードえにわです。木と石の素材感あふれる外観です。2020年に全面リニューアルされました。新しくなってからは初めて行きました。ここの地元産の食材を使ったベーカリーの焼き立てパンは定評があります。目についたのは「ひつじの石けん」です。羊の毛に付いている保湿成分を加え、洗ったあとはしっとりとするそうです。ただ下の写真の「エニワ」のTシャツばかりは買う人がいるのかどうか・・テーマは「花・水・緑・田園...

  • 浜中駅1枚(__)

    今日は過去画像1枚だけです(__) 今ではこのあたりはルパン三世だらけみたいですね。(北海道浜中町・JR浜中駅)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 活性化のための橋が活性化の邪魔に・・

    室蘭の道の駅に行ったときに大きな船が停泊しているのが見たので、気になって車でそちらの方に行ってみました。すると「クルーズ船内覧会」と書かれたゲートがありました。そこにいた係の方に「予約していないのですが入れませんか?」と尋ねると「船の外から見ていただくことはできます」とのことでしたので入場しました。船は「ぱしふぃっくびいなす」という大型クルーズ船です。何やら式典も行われており、そもそもがこの場で何...

  • 「オホーツクール」支えるロコソラーレ

    ロコソラーレが日本カーリング選手権で優勝しました。オリンピックで銀メダル獲得後の凱旋試合を本拠地の北見市・アドヴィックス常呂カーリングホールで戦って優勝で飾るあたり、やはりスター性があるのでしょうね。美幌町で見つけたロコソラーレの顔はめパネル。オホーツクでの人気は留まるところを知りません。網走市でも違ったパターンの顔はめパネルを発見!横に貼ってあるポスターを見ると、「オホーツクール」というプロジェ...

  • あじさい3枚(__)

    今日は近所のあじさい画像だけです(__)(兵庫県尼崎市)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • テーマは「びん」

    芦屋市にある小さなギャラリーPawですここでは定期的にあるテーマが出され、それを独自に解釈した作品が展示されます。今回のテーマは「びん」です。所狭しといろいろな作品が並んでいます。そして知人の造形作家の松原氏もよくここに出展されていて、今回もご案内状を頂きました。ただいつも素材は真鍮か木なので「びん」はどうするのだろうと拝見すると・・真鍮で作られたグラスとワインの「びん」でした。ちなみに出展するのは...

  • どこでも芝桜

    北海道では滝上、東藻琴、倶知安で立派な芝桜庭園を見ました。しかし北海道を車で走っていると道端や個人宅の玄関先などいたるところで芝桜を見かけました。私の住む尼崎はそもそもアスファルトばかりなのでわかりませんが、こうも芝桜というのはあちこちで植えられているものなのでしょうか。あくまで芝桜はわざわざ見に行く花で、そこら辺に咲いているイメージはないのですが、少なくとも北海道では函館もニセコも道央も道東も5...

  • 三島さんの芝桜

    倶知安町の「三島さんの芝桜庭園」です。その名の通り、個人で芝桜庭園を開放されています。訪れたときはまだ咲き始めではありましたが、それでもなかなかのものです。とくに羊蹄山を背景にした構図は数ある芝桜庭園の中でも随一です。個人の庭といっても4000平方メートルの広さがあります。1人だけで世話されているわけではないとは思いますが、それでもこれだけの芝桜庭園を造って好意で無料開放するのはなかなかできるものでは...

  • 北の大仏1枚(__)

    昨日の奈良の大仏に続いて今日は北の大仏画像1枚だけです(__)(札幌市・真駒内滝野霊園)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • やはり規格外に大きい!

    東大寺の大仏殿に12年ぶりに行きました。前を素通りしたことは何度かありましたが、今回は拝観料を払って中に入りました。大仏殿は世界最大級の木造建築で、国宝に指定されています。ちなみに前にある燈籠も同じ頃に鋳造された高さ約4.6mの八角燈籠です。日本最大最古の金銅製の燈籠で、国宝に指定されています。大きな大仏殿の前にあるので5m近くあるようには見えません。大仏が造立されたのは752年です。当時の聖武天皇は飢饉...

  • 仁王像トップ2が接近

    奈良国立博物館のなら仏像館に大きな仁王像が展示されています。これは奈良県吉野町の金峯山寺の仁王門(国宝)に安置されている金剛力士立像(重要文化財)です。像は令和元年に仁王門の修理のために搬出されました。最近、像の修理が終了したため、仁王門の修理が終わるまで展示されています。阿形像吽形像高さ5mの仁王像は東大寺南大門像に次いで2番目に大きい像です。像内の銘文より南北朝時代の1338年から翌年にかけて南都大...

  • 本気度MAXの安平町の菜の花

    安平町に来たときに、ここも滝川市に負けじと菜の花推ししていることを知り、マップをもらい訪ねてみました。すると本家の滝川市を凌ぐ菜の花畑です。畑が奥に続いていたり、上下2段になっていたりして、実に立体的な印象を受けました。ところで安平町の人の話では滝川市に追いつくべくいろいろな工夫をされているようです。たとえば下のマップですが、畑に番号が付いていて、右側にはマップコードが載せてあります。滝川市では迷...

  • 滝川の菜の花畑

    前回書きました道の駅たきかわでもらった菜の花畑マップを頼りに車を走らせました。一言に菜の花畑と言っても観光用の大きな公園があるわけでなく、20ヵ所以上の場所に点在しています。滝川市が観光の目玉の一つにしているだけあってきれいな黄色が広がっています。あまり駐車スペースはないので考えて止めないといけませんし、畑の中に入ることも絶対にだめです。悪質な観光客のため一部の美瑛や富良野の農家は名物の木を切るなど...

  • 道の駅「たきかわ」

    道の駅たきかわです。大規模な道の駅ではありませんが、2020年にリニューアルされ、農産物直売所が拡張されて建物内に移動しました。菜の花が満開の時期でしたので、周辺の菜の花畑の情報がないかと思い寄りました。建物の外では訪れた日の週末に開かれる菜の花まつりの準備に追われていました。ということで置いてあった菜の花畑マップを片手に車を走らせました。にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 上から藤

    藤の花といえば下の写真のように藤棚を下から見て楽しむことが普通です。でも、まわりの造りによって藤棚を上から見ることができる場所もあります。この場所もそうですが、藤棚の横に小高い場所があって上から見下ろすことができます。そうするとよく見る藤棚の下からの景色と違って新鮮な感じがします。ちなみに今日の写真は1枚目は大阪・野田であとは函館です。にほんブログ村人気ブログランキング...

  • ひがしもこと芝桜公園を上から

    前回に引き続いてひがしもこと芝桜公園です。こうして眺めると滝上町の芝桜公園よりも高いように思います。視野を公園の外に向けると田園と山の風景が広がります。やはり訪れた時は満開をやや過ぎたのでしょうね。色が薄くなっている部分があります。こちらの公園は芝桜そのものを楽しむ以外にも多くのアトラクションが用意されています。写真の遊覧車やゴーカート、釣り堀のほかに、日帰り温泉やキャンプ場もあります。この公園の...

  • ひがしもこと芝桜公園を下から

    滝上町の芝桜公園に行った翌日に藻琴山の麓にある芝桜公園にも行きました。ひがしもこと芝桜公園で山の斜面全体に芝桜が咲いています。この日はHPでは見頃でしたが、少し緑の部分が目立つ場所もありました。園内に植えられた芝桜の面積は約10万平方メートルといいますから、滝上の芝桜公園と同じですね。ただこちらの方が高低差があり、傾斜も急です。ということで上からの景色を見るべく急な階段を意を決して上がります・・階段が...

  • おじいちゃんといっしょにバラ1枚(__)

    今日は過去画像1枚だけです(__)(兵庫県伊丹市・荒牧バラ園)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • アップもいいチューリップ

    前回に続いてかみゆうべつチューリップ公園です。このよう広大なチューリップ畑は全体の美しさに目がいきますが、花が大きいので1輪単位で見てもきれいです。しかもチューリップは色も形も多彩です。たとえば下のチューリップは花びらに緑色が刻まれています。また下の品種はバラのような形ですね。そもそもこのチューリップ公園には200品種があるそうです。この日は幼稚園か保育園の園児たちが遠足で来ていましたが。あまりに...

  • 広い!かみゆうべつチューリップ公園

    湧別町のかみゆうべつチューリップ公園に行きました。敷地の総面積12.5万平方メートルで、作付け面積は7万平方メートルの広さです。歩くのが大変な場合は周遊バス(300円)に乗るのもいいかもしれません。ところで、遠くから見るとチューリップでぎっしりでも、近づいて畑に対して縦方向に撮ると意外に土部分が目立つことがあります。でも畝の横方向から撮ると花がぎっしり詰まって撮れますね。しかもチューリップの色がグラデーショ...

  • 鳴門市ドイツ館

    鳴門市大麻町板東には、大正6~9年の約3年間、第一次世界大戦時のドイツ兵俘虜が収容されていた「板東俘虜収容所」が存在しました。当時千人のドイツ人俘虜が収容されていましたが、人道的な管理方針から世界でも類を見ない模範収容所と評されていました。現在は板東俘虜収容所跡地のうち、東側の約1/3は現在「ドイツ村公園」となっており、当時の収容所の基礎や給水塔跡が残っています。跡地から車ですぐの場所に鳴門市ドイツ館が...

  • 道の駅「香りの里たきのうえ」

    芝ざくら滝上公園を出てすぐの場所に道の駅香りの里たきのうえがあります。さほど大きな道の駅ではなく、中には滝上町の特産品などを販売する売店があるだけです。ただ目を引いたのは外に飾ってあったモザイクアートです。さきほど訪れた芝桜の公園が描かれています。そして近づいて見ると絵は小さな写真で構成されています。1枚1枚は芝桜公園で撮られた風景や人物の写真のようです。この絵の前に立って、3mほど離れたり、30c...

  • 芝桜で映える

    前回に引き続き芝ざくら滝上公園です。訪れる人の多くは写真を撮るので、主催者もいわゆるインスタ映えを意識します。下の写真も椅子に座って芝桜を背景に撮れるようにセットしてあるのでしょう。所々にチューリップが植えてあるのもそうなのかもしれません。ペットのワンちゃんもインスタ映えする撮影のために協力させられています(笑) お利口にも看板前の台に飼い主さんが納得の写真を撮れるまでじっとしていました。場所は小...

  • 圧巻の芝ざくら滝上公園

    滝上町の芝ざくら滝上公園です。訪れたのは5月20日でしたが、ほぼ満開でした。小高い丘の斜面一帯に芝桜が咲いていて圧巻の一言に尽きます。面積は10万平方メートルに及び、甲子園球場だと7個分になります。それでも入場料は500円というのはうれしい。関西にも芝桜の名所はありますが、ここまで凄い場所はありません。にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 遅かった・・たんぽぽ公園

    ししゃもで有名な鵡川の河川敷にたんぽぽがきれいな公園があるというので行ってみました。着くと広大な緑の原っぱがあるだけです。場所を間違ったかと思い、近くの案内板を確認してみるとここで合っていました。よく見ると一面に綿毛になったたんぽぽがあります。どうやら訪れたのが遅かったようです・・そんな中でもまだ咲いているたんぽぽをアップに撮っておきました。案内パンフレットでは今が見頃の時期だったはずですが、どう...

  • 尼のバラ2

    尼崎の大井戸公園バラ園です。尼崎には7つのバラ園があるそうで、昨日紹介した潮江公園やこの大井戸公園もこれらのバラ園に含まれます。大井戸公園バラ園は約130種類、2000本のバラ園があり季節になると美しい花々が楽しめることで有名です。昨年コロナ禍の制限でどこへも行けず、家から徒歩圏内のこのバラ園に行きました。ということでこのバラ園のブログでの紹介は2年連続になります。そして昨年も書きましたが、公園内には大井...

  • 尼のバラ

    尼崎の潮江公園にバラ園があります。ブログに載せるタイミングがずれてしまいましたが撮影日は5月5日です。ちょうど満開でした。バラ園の面積はさほど広くはないですが、ここには70品種1000本のバラがあるそうです。花壇にはていねいに品種名の札がありましたが、それをきちんと記録していないので「それぞれに美しいバラ」としか紹介できません。公園には野球グランドがあります。今では下の写真のように整備されており、使うのも...

  • 晴れの知床峠を切望

    知床峠です。ここへは何度となく訪れていますが、晴れていたことは稀です。下の写真は私がこれまで訪れた天気では「上中下」の「中」で、モヤってはいないものの目の前の羅臼岳の山容はまったく見えません。これで「中」かと思われるでしょうが、視界が数メートルというときもあったので、まだマシな方です。このときは羅臼方向を見て目を凝らせば国後島がうっすらと見えます。望遠レンズを通せば国後島の山肌も確認はできます。こ...

  • 足すくむ瞰望岩

    遠軽のシンボル「瞰望岩(がんぼういわ)」です。地上約78mの火山礫凝灰岩の岩丘です。近くを流れる湧別川の浸食によってこのあたりの平野部ができましたが、この岩は非常に固く浸食されずに残ったと考えられています。下から見ると岩の頂上へ行くのは困難と思われますが、実は岩の向こうから頂上近くまで車で上がれ、駐車スペースから歩いて5分ほどで岩の先端部に行くことができます。岩の頂上は岩肌がむき出しで、柵も設置され...

  • 坂本龍馬1枚(__)

    今日は過去画像1枚だけです(__)(高知市・桂浜)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 羊と雲の丘

    道北・士別の「羊と雲の丘」です。サフォーク種の羊を中心に、観光牧場では100頭を超える羊が放牧されています。このときはもう夕方でしたので1頭もいませんでした。丘の頂上にあるのが「羊飼いの家」です。平成27年にリニューアルオープンされました。中にはレストランやカフェ、売店などがあります。ここの2階から眺めれば「羊と雲の丘」全体が見渡せます。また遠くに目をやるとく天塩連山が見えます。本来なら放牧された...

  • 修道院1枚(__)

    今日は過去画像1枚だけです(__)(北海道函館市・トラピスチヌ修道院)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 留萌の景勝地

    JR留萌本線の留萌駅です。2016年にここから増毛までの路線が廃止になり、そのため終着駅になりました。留萌の高台にある千望台です。このあたりは海抜180mのなだらかな丘陵地帯で、留萌港を中心に広がる市街地を一望することができます。このときここへ行くつもりはなかった、というより知らなかったのですが、留萌駅で見た観光案内に「留萌唯一の景勝地」という表現があり、ウソでも唯一などと書かなくてもと思いながらも逆に興...

  • 増毛の繁栄

    増毛は幕末にはロシアからの重要な防衛拠点でしたし、明治から昭和にかけてはニシン漁で栄えました。当時の増毛駅周辺には多くの建物が並び、今に残る建築物からはその繁栄ぶりを伺うことができます。そのニシン景気に乗じて財をなした豪商が丸一本間家です。100年前の屋敷は今も残り、平成15年に国の重要文化財に指定されています。丸一本間家は呉服商や造り酒屋を営んでいました。下の写真は当時の呉服店舗の様子を再現した部屋...

  • 旧増毛駅と風待食堂

    2016年に留萌本線の留萌-増毛間が廃止となり、それに伴って増毛駅も廃駅となりました。しかし駅舎の復活を望む声が多く、2018年4月に駅舎が開業時と同じ広さに復元されました。駅の内部は当時のまま復元しているのではないですが、鉄道の歴史を伝えるパネルなど展示されています。ちなみに写真の人物パネルは増毛出身の三国清美シェフです。ホームと線路は残されていますが、もともと終着駅ですので南方向には線路はありません。ま...

  • 天王寺に散った真田信繁

    大阪では真田信繁(幸村)は根強い人気があります。たぶん大坂の陣で徳川家康をあともう少しというところまで追いつめたことが、反東京の大阪人の心情に合うのかもしれません。真田信繁が大阪冬の陣で大阪城を守るために築いた出城の真田丸の場所は謎でした。下の写真の三光神社に真田丸があって銅像の横にある穴が大阪城まで続いている抜け穴だという伝説もあります。しかし調査が進み、真田丸はもう少し西の明星学園高校の敷地に...

  • 天王寺七坂を巡る

    大阪市は数百年前まではほとんど海で、半島のように突き出た陸地の先端に大阪城が作られました。その後、現在のように平野になりましたが、昔から陸地だった大阪城から南へ10km幅2kmの部分は高さがあるので「上町台地」と呼ばれ、必然的に急坂が多いです。天王寺七坂は谷町九丁目から天王寺までの谷町筋と松屋町筋の間にある七か所の坂道です。それを北から順に巡ってみました。①地下鉄の谷町九丁目駅から西へ歩くと見えて...

  • 春の五重塔と秋の十三重塔各1枚(__)

    今日は過去画像2枚だけです(__)(奈良県宇陀市・室生寺五重塔)(奈良県桜井市・談山神社)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 札幌駅の駅近の森

    札幌の北海道大学植物園です。正式名称は「北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 耕地圏ステーション植物園」という長い名前です。植物園の奥にあるバラ園にはきれいな花が咲いていました。ここでは大きな樹木が森林を形成しており、どちらかといえば上の写真のような花は脇役的な存在です。その中でも印象的だったのは「ハルニレの森」です。ハルニレの木といえば十勝・豊頃町のシンボルのハルニレの木を思い出します。(...

  • 日本唯一の馬具メーカー

    ソメスサドル砂川ファクトリーショールームです。ソメスサドルというのは革製品を製造販売する会社で、炭鉱の全盛が過ぎつつあった歌志内市の誘致で1964年に誕生しました。原点は「馬具づくり」で、今でも多くの乗馬・競馬用品を作っています。日本唯一の馬具メーカーです。下の写真は武豊騎手の鞍です。ソメスサドルの製品はすべてハンドメイドです。それだけに値段は高いですが品質には定評があります。とくに鞍の形をモチーフに...

  • 黄金の鳥居1枚(__)

    今日も過去画像だけです(__)(__) (京都市・御金神社)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 北と南のモアイ各1枚(__)

    今日は過去画像2枚だけです(__)(札幌市・真駒内滝野霊園)(宮崎県日南市・サンメッセ日南)にほんブログ村人気ブログランキング...

  • 城&城彩苑&あか牛丼で十分

    最近よく旅番組などで見かける阿蘇の「あか牛丼」 予定では本場の阿蘇で食べるつもりでしたが、天候の影響で阿蘇へ行けなくなり、熊本城の近くの「山見茶屋」という店で食べました。阿蘇の草原で育つあか牛は、赤身が多く脂肪が少ないのが特徴です。ミディアムレアに焼かれたあか牛ステーキのスライスがご飯の上に敷き詰められたのが「あか牛丼」です。店によって半熟玉子がトッピングされています。やわらかい赤身肉と脂肪のバラ...

  • 天守並みの宇土櫓

    熊本城の宇土櫓は、本丸の西北隅、20メートルの高石垣の上に建つ地上約19メートルの櫓で、天守並みの構造と大きさを誇ります。下の写真を見てもどこの天守だろうと思うような規模と風格です。以前はこの櫓は近くの宇土城を移築したものだという説がありましたが、その後の調査で移築の痕跡がなく、最初からここに建てられたというのが現在の定説です。それにしても立派な櫓です。加藤清正が当初は天守にしていたという話もあります...

ブログリーダー」を活用して、なべさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
なべさんさん
ブログタイトル
北海道へ行こう!
フォロー
北海道へ行こう!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用