chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
くるみおれんじ https://kurumiorange.com/

アラフィフ主婦です。最近はクロスステッチにハマっています。折り紙で作ったくす玉も紹介しています。

すこんぶ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/08/28

1件〜100件

arrow_drop_down
  • フレメ『FORVENTNING』4

    デンマークのフレメのキット『FORVENTNING』です。まわりの鍵穴のデザインができました。ラメ糸の代わりに黄色の花糸を2色買いました。蛍光色の黄色の方は浮いて見えてしまったのでもう一色の落ち着いた黄色の方を使うことにしました。

  • フレメ『FORVENTNING』3

    フレメのキット『FORVENTNING』の続きです。まわりの鍵穴のデザインをステッチしています。雪だと思われる白抜きの部分は等間隔になっているので、それほど慎重にならずにステッチできます。昨日、Modern Folk Embroideryのの2023年のSALが発表されました。

  • フレメ『FORVENTNING』2

    フレメの『FORVENTNING』というクリスマスツリーのキットの続きです。ラメ糸をステッチしてみました。糸自体は柔らかいのですが、ステッチするとあまり滑らかな仕上がりになりません。DMCのディアマントというラメ糸も試してみましたが同じようでした。

  • フレメ『FORVENTNING』1

    フレメのクリスマスツリーのデザイン『FORVENTNING』を新しく始めました。FORVENTNINGはデンマーク語で「期待」という意味。キットの糸の色は5色ですが、そのうちの1色は金色のラメ糸です。糸がねじれやすいので、ゆっくりステッチしたいと思います。

  • Barbara Ana Designs『Dreaming of Klimt』3

    Barbara Ana(バーバラアナ)の『Dreaming of Klimt』の続きをやっていましたが、完成しました!麻の目の粗い生地ですが、しっかりしていてステッチしやすかったです。今回も楽しくできました。次はクリスマスに向けてステッチしようと思います。

  • 季節性うつ?美味しいもの、きれいな景色、明るい色で気分を上げたい!

    急に気温も下がり雨の日が続き、日照時間も短くなってきました。昨日は、いつも聴いているラジオが終わる頃に私が20代から30代頃に聞いた懐かしい歌謡曲が流れました。懐かしいと同時に寂しさも感じました。季節性うつの症状なのかなと思いました。

  • ステッチイデーミステリーSAL2022(6)

    ステッチイデーミステリーSAL2022です。左右対称のデザインの右側と最後にボーダーの模様をステッチして、ステッチイデーvol.37に掲載分ができました。ミステリーSALの最終回、ステッチイデーvol.38は12月発売です。

  • ステッチイデーミステリーSAL2022(5)

    ステッチイデーvol.37よりミステリーSAL2022の続きです。まず、全体の中央にデザインされている星をステッチしました。右側の方は左側と左右対称になっているデザインで、また鹿が登場します。

  • 原田マハ『リボルバー』をKindle本の読み上げ機能で聴いた感想

    ステッチをしながら、原田マハさんの『リボルバー』をKindle本の読み上げ機能で聴きました。史実を元にしたフィクションですがいつものように事実かのように引き込まれる小説でした。Kindle本の読み上げ機能は読み間違いもありますが、手を動かしながら聴くのでとても便利です。

  • ステッチイデーミステリーSAL2022(4)

    9月に入り、ステッチイデーのvol.37が届いたので、ミステリーSAL2022の続きを始めました。左側の枠の部分から始め、今回のメインのデザインの一つでもある鹿かトナカイかをステッチしました。枠など単純なステッチもありますが、色を埋めていくデザインとはまた違った楽しさがあります。

  • Barbara Ana Designs『Dreaming of Klimt』2

    バーバラ・アナの『Dreaming of Klimt』です。お顔の目を入れ、髪の毛や洋服の部分をステッチしました。髪の毛がメインの奇抜なデザインです。古代エジプトの壁画に描かれているような豪華な装飾品を着けた女性に見えます。

  • Barbara Ana Designs『Dreaming of Klimt』1

    Barbara Anaの『Dreaming of Klimt』を始めました。このデザインは、バーバラ・アナがグスタフ・クリムトに捧げたオマージュだそうです。グスタフ・クリムトはオーストラリアの画家。フレメのリネン生地にDMCの刺しゅう糸でステッチしています。

  • Anchor「Cottage Garden in Bloom」7

    7月から始めたアンカーのキット、「Cottage Garden in Bloom」を完成させました。フレンチノットとバックステッチの部分が残っているのですが、これでも十分絵になるので完成としました。亡き母の誕生日までに完成させたいと思って続けていたのですが、間に合いました。

  • Anchor「Cottage Garden in Bloom」6

    Anchor(アンカー)のキット「Cottage Garden in Bloom」の続きです。コテージに続くアプローチ(小道)その左側の花壇ができてきました。クロスステッチの部分がもう少し残っていて、残りはハーフステッチ、バックステッチ、フレンチノットの部分です。

  • Anchor「Cottage Garden in Bloom」5

    アンカーのキット「Cottage Garden in Bloom」の続きです。コテージの屋根と煙突の部分ができました。あとはこの下の方の庭の花やコテージに続く石畳の小道がクロスステッチの部分です。

  • Anchor「Cottage Garden in Bloom」4

    ドイツのメーカー、Anchor(アンカー)の「Cottage Garden in Bloom」をやっています。右下の角までできました。大きな赤い花、小さな白い花、そして紫色の花をステッチしました。

  • Anchor「Cottage Garden in Bloom」3

    クロスステッチのキット、アンカーの「Cottage Garden in Bloom」の続きです。同じ色がまとまっている部分はステッチしやすくどんどんと進められます。いちおう右端にも到達しました。16ctは思ったより細かいなぁと感じています。

  • Anchor「Cottage Garden in Bloom」2

    Anchor(アンカー)の「Cottage Garden in Bloom」です。コテージの屋根、下の方の赤いお花などがステッチできました。色変えがあるとなかなか進みませんが、底辺に届き、下からステッチできるようになったら調子よく進められそうです。

  • Anchor「Cottage Garden in Bloom」1

    ドイツのメーカーAnchor(アンカー)社のキット「Cottage Garden in Bloom」を始めました。かわいいコテージの庭にお花が咲き乱れているデザインです。ハーフステッチを久しぶりにやったら針の進め方に迷ってしまいました。

  • ステッチイデーミステリーSAL2022(3)

    雑誌『ステッチイデーvol.36』掲載分のModern Folk EmbroideryのミステリーSAL2022ができました。全体の3分の1が完成したことになります。ステッチイデーの次号の発売は9月の予定です。

  • 離れて暮らす高齢者の買い物に楽天西友ネットスーパーが便利でした

    離れて一人で暮らす義母が高齢になり足が悪いこともあって普段の買い物が億劫になってきたようです。楽天西友ネットスーパーの配達可能地域だったので東京で注文をし関西地方の最寄りの西友から配達してもらえました。とても便利だったので今後も利用しようと思います。

  • Le Bonheur des Dames『Medieval』Marque-pages ②

    ル・ボヌール・デ・ダムの『Medieval(中世)』シリーズのブックマークができました。実の生っている木とお花のデザインです。Creative Poppyのサイトを参考に、裏にフェルトを縫い付けました。やや手こずりましたが、できあがるとやっぱりうれしいです。

  • Le Bonheur des Dames『Medieval』Marque-pages ①

    ル・ボヌール・デ・ダムの『Medieval(中世)』シリーズのブックマークのキットを始めました。18ctで全面刺しです。小さいからすぐできるだろうと高を括っていましたが、2色の糸を合わせたり微妙に違う色を2、3目だけ刺したりとなかなか手強いです。

  • ステッチイデーミステリーSAL2022(2)

    ステッチイデーのミステリーSAL2022の続きです。真ん中の鳥2羽ができたのでブログにアップしようとした写真を見てミスに気づきました。けっこう思い込みでステッチしていて間違うことがあります。一旦は止めるのですが、時間が経つとステッチしたくなります。

  • ステッチイデーミステリーSAL2022(1)

    雑誌『ステッチイデーvol.36』よりミステリーSAL2022を始めました。今年もJacobさんのデザインでテーマは「A SAMPLER GARDEN」で糸の色は4色です。私はツヴァイガルトの32ct、Platinumの生地に、グリーン系とオレンジの糸にしました。

  • Barbara Ana Designs『Strawberry Dreams』(フリーパターン)

    Barbara Ana Designsよりフリーパターンの『Strawberry Dreams』をリボンテープにステッチしました。まるいヘアがかわいいです。ラベンダーのドライハーブがあるのでサシェにしようと考えています。

  • パナソニックのスティッククリーナーで掃除が楽しくなりました

    2ヶ月前に購入したスティッククリーナー、パナソニックのMC-SB85Kという機種です。初めてコードレス&サイクロン式の掃除機です。充電は使った後に常にしているので、気になったときにすぐに使うことができます。さらにゴミが目に見えることで掃除のやりがいもあります。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2022)5

    Modern Folk EmbroideryのSAL2022、5月分です。先月、余白が足りないことに気づいて、ややモチベーションが下がってしまいました。今月分のモチーフは、メインの花瓶、その上下に、2羽の白鳥、猟犬、ウサギです。

  • Luca-S(ルーカス)Flower Garden 6

    Luca-s(ルーカス)のFlower Gardenの続きです。このデザインは図案が8枚あるのですが、そのうちの約3枚が終わりました。薄い青色が何色かあって、微妙に色が違うだけなので、間違えないように神経を使いました。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2022)4

    4月分の上部のツタの部分からステッチし始めて気づきました。右側のスペースが少ない!改めて新しい布で初めからやり直そうかとも考えましたが、このまま続けることにしました。今月は、名前の完成と孔雀、フラワーポット、鹿をステッチしました。

  • Luca-S(ルーカス)Flower Garden 5

    4月に入っても続けてルーカスのFlower Gardenをやっていました。左側の方をほとんど埋めることができました。また右側に戻ってステッチしています。始めた頃には完成させられるか心配でしたが、今では早く仕上げたい気持ちでやっています。

  • Luca-S(ルーカス)Flower Garden 4

    Luca-S(ルーカス)のキット『Flower Garden』の続きです。今回は上の方の生い茂る木々の部分をステッチしました。赤やピンクなどの明るい色をステッチしたいのですが、しばらくは青や緑などが続きそうです。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2022)3

    Modern Folk EmbroideryのSAL2022の3月分ができました。3月分は2月分ととてもよく似たデザインです。また代替のデザインが用意されていましたが、そのままのデザインをステッチすることにしました。

  • ウクライナカラーで小さいビスコーニュ

    また『クロスステッチで作るフランスのかわいいピンクッションビスコーニュ』から鳥のデザインのビスコーニュを作りました。バックステッチの1辺のステッチ数が今回は奇数だったので、かがり合わせるとき調整が必要でした。この前より小さめのピンクッションができました。

  • Modern Folk Embroidery:A Ukrainian Peace Pattern

    Modern Folk EmbroideryのJacobさんが、ウクライナの平和を願って無料のパターンをアップしてくれたので、手持ちの材料で早速取り掛かりました。ウクライナの国旗は青い空と黄色の麦畑を表すそうです。一日も早く穏やかな日々が戻りますように。

  • クロスステッチで八角形のビスコーニュ(ピンクッション)

    クロスステッチで作る八角形のビスコーニュ(ピンクッション)を初めて作ってみました。『クロスステッチで作るフランスのかわいいピンクッションビスコーニュ』という本を参考にしました。布をかがり合わせる所は、本の通りに進めると初心者の私でもスムーズにできました。

  • Luca-S(ルーカス)Flower Garden 3

    Luca-S(ルーカス)のキット『Flower Garden』を進めています。窓辺の華やかな花が現れてきました。上の枠の近くまでステッチが届き、そうしたら右側の枠までステッチしたくなりました。絵が見えてくるとステッチも進みます。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2022)2

    Modern Folk Embroideryの2022年SAL、2月分ができました。今月の一部のモチーフでJacobさんが代替の図案を用意して下さっていました。私は少しだけ考えましたが、そのままの図案で色も1色でステッチすることにしました。

  • 両面くす玉セット『てまり』で伝承くす玉

    トーヨーの「両面くす玉セット『てまり』」で伝承くす玉を作ってみました。40枚の両面折り紙と、さらに4分の1の大きさに切った折り紙を40枚使います。4つにまとめたパーツの束を球体にする作業が難しいです。最後に小さいパーツを差し込んでできあがりです。

  • Luca-S(ルーカス)Flower Garden 2

    昨年(2021年)の9月に始めたLuca-Sのキット『Flower Garden』を年末年始にやっていました。同じ色をサクサクとステッチするのは楽しいですが、色変えが激しくなるとやる気が失せます。窓の部分ができてきました。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2022)1

    Modern Folk Embroideryの2022年のミステリーSALを始めました。デザインはオランダの女性、Engeltje Tjakkesさんのデザインを元にしたサンプラーです。布と糸選びにすごく迷いましたが、1月分を終えて布と糸の色合いに満足しています。

  • 2021年クロスステッチ完成したものと2022年の予定

    2021年をふり返って、クロスステッチで完成した作品です。意外とこまごまと小さい作品をたくさん作っていたんだなぁと思いました。一番大きな作品はModern Folk EmbroideryのSAL2021『The furuits of Plenty』です。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)18 完成

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021が完成しました!一年間、毎月決まってステッチすることで、私なりの効率よくステッチする方法を模索しながらやりました。32ctという布にステッチすることが私には合っていたのか、気分も穏やかにステッチできました。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)17

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、11月分ができました。図案のミスと思われる部分を2ヶ所見つけました。空白のイニシャルを入れる部分はこれから考えます。色のバランスがよくない出来ですが、初めてのSALはとても良い経験になりました。

  • 高島屋の輪バラの包装紙でユニットくす玉を作ってみました

    頂き物をラッピングしてあった高島屋の輪バラの包装紙を見て、いつものくす玉を作ってみたくなりました。5cm角に切って、30枚使用のユニットくす玉を作りました。バラの部分をなるべく多く表面に出したかったのですが、なかなか調整が難しかったです。

  • Modern Folk Embroidery『SMALL CHRISTMAS SAMPLER』3

    Modern Folk Embroideryの『SMALL CHRISTMAS SAMPLER』ができました。上二段のデザインをステッチして華やかなクリスマスサンプラーになりました。DAISOで買ってきた額に入れてみました。

  • Modern Folk Embroidery『SMALL CHRISTMAS SAMPLER』2

    Modern Folk EmbroideryのSMALL CHRISTMAS SAMPLERを進めています。下段の雪の結晶のような模様をステッチしましたが、図案に印を付けながらステッチしないと混乱してしまうような繊細なデザインでした。

  • Modern Folk Embroidery『SMALL CHRISTMAS SAMPLER』1

    何かクリスマスのデザインをステッチしたいと思い、Modern Folk Embroideryから『SMALL CHRISTMAS SAMPLER』という小さい図案を始めました。モチーフの一つ一つがかわいくて、次々にステッチしたくなり楽しいです。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)16

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、10月分ができました。まず八角形の周りの部分をステッチし、枠の中の花瓶、枝葉、鳥をステッチ、最後に果実と花をステッチしました。果実は水色、花はピンクにしました。

  • Luca-S(ルーカス) Flower Garden 1

    Luca-S(ルーカス)のFlower Gardenというキットを始めました。Luca-Sはモルドバ共和国にある会社です。18ctの布なのでとても細かく、糸も似たような色がたくさんあって、すでに音を上げています。なんとかがんばってステッチしようと思います。

  • 無印良品のジュートマイバッグにクロスステッチ

    ネットで流行っているのを知り、無印良品のジュートマイバッグに刺しゅうをしてみました。一番小さいB5サイズに、バラの花をクロスステッチしました。布と違って刺しずらいのですが、実用的なものに刺しゅうすると使えるし、プレゼントにもよさそうです。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)15

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、9月分が完成しました。白抜きのデザインは進めていくごとに模様が現れるのが楽しくて、どんどんステッチできました。空白にはイニシャルではなく鳥のデザインを持ってこようかと考え中です。

  • Cuore e Batticuore『Summer in Quilt』5 完成

    6月下旬から始めたCuore e Batticuoreの『Summer in Quilt』がとりあえず完成しました。木のブロック、女の子のブロックを仕上げ、最後にバックステッチをして全てが完成しました。やはりバックステッチは難しかったです。

  • 小さいサイズの折り紙で小さいユニットくす玉に挑戦

    久しぶりにユニットくす玉を作りました。Instagramには海外の方のくす玉の作品がたくさん投稿されていてびっくりします。今回は形はスタンダードですが、5cm角、3.5cm角の折り紙を使って小さいユニットくす玉を作りました。大きさが違うと全然違う表情になります。

  • Cuore e Batticuore『Summer in Quilt』4

    Cuore e Batticuore『Summer in Quilt』の続きです。今回は、果実の生る木とハウス、そしてハチ?チョウ?のブロックです。ハウスの上の部分は色々な色が使われていたので大変でした。またハチの触角は糸の始末の仕方に悩みました。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)14

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、8月分が終わりました。8種類のデザインから鳥小屋のデザインを選びました。3色目のピンクが他の2色と合っていないような気がして後悔しています。独自の白抜きのデザインに仕上げました。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)13

    今月は図案をダウンロードしたらJacobさんからのサプライズが!メインのデザインであるお家が、今まで公表されているものの他に7種類追加されていました!自分の好きなお家のデザインを8種類の中から選んでステッチできるということです。どれにしようか悩みます。

  • Cuore e Batticuore『Summer in Quilt』3

    Cuore e Batticuoreの『Summer in Quilt』のつづきです。前回のヨットのブロックの上のひまわりのブロックを始めました。そして、隣りの熱帯魚のブロックへと移りました。色の飛び飛びがあるので、そこは糸をゆっくりと引くようにしています。

  • Cuore e Batticuore『Summer in Quilt』2

    イタリアの作家さんのCuore e Batticuoreより『Summer in Quilt』の図案を進めています。前回のアイスクリーム屋さんのワゴンのブロックに続き、今回はヨットのブロックができました。マストにつけられたハートの飾りがお気に入りです。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)12

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、7月分が完成しました。今回は、イニシャルを入れるスペースがあります。私の入れたい「S」の見本は、他の英字に比べてとってもシンプル!でも、とりあえずその通りにステッチしてみました。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)11

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、7月分に入りました。今月分を購入してダウンロードする際にちょっとしたトラブルがありました。7月分は初めは順調に進みつつも1ヶ所の間違いをきっかけに気が抜けてしまいました。

  • Cuore e Batticuore より『Summer in Quilt』1

    Cuore e Batticuoreというイタリアの作家さんのデザインで『Summer in Quilt』というタイトルの図案のクロスステッチを始めました。7つのブロックに分かれていて、今はアイスクリーム屋さんのワゴンのブロックをやっています。

  • 図案、布、刺しゅう糸を別々に購入するのとキットではどっちが安い?

    クロスステッチのキットを買おうと思いましたが、かわいい図案を見つけたので、布、刺しゅう糸を別々に購入してそろえることにしました。図案はEtsy内のデザイナーさんのショップから購入してダウンロード、布と刺しゅう糸は楽天内のお店から購入しました。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)10

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021の6月分が終わりました。体の不調や気分の落ち込みなどで、今月中に終わらないかも?と思っていましたが、なんとか無事終了。白抜き部分以外は時間がかかりましたが、白抜き部分に入ると調子よくできました。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)9

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021の6月分に入っています。しかし、先月末頃から五十肩で痛みがあったり、気がかりなことがあったりしてステッチが進んでいませんでした。気分転換になることを探し、ぼちぼちステッチをしています。

  • Textile Heritage「SCOTTIES & WESTIES」ラベンダーサシェ

    スコットランドのメーカー、Textile Heritage(テクスタイルヘリテイジ)の刺しゅうキット「SCOTTES & WESTIES」ラベンダーサシェを作りました。5cm幅のアイーダテープに刺しゅうをしドライハーブのラベンダーを入れてサシェにします。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)⑧

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、5月分が終わりました。メインの木の部分のまわりから始めたのですが、4月分のミスも見つかり、案外時間がかかりました。木の部分は新たに他の色にしようか悩みましたが、結局ピンク色にしました。

  • Modern Folk Embroideryの母の日パターン②

    Modern Folk Embroideryの無料ダウンロードより母の日パターンが完成しました。DMCのカラーバリエーション糸を使ったのですが、ピンク色の薄い部分は生地の色に映えないので図案がぼけてしまいます。生地の色に映える色の糸を選べばよかったです。

  • Modern Folk Embroideryの母の日パターン①

    Modern Folk Embroideryの無料ダウンロード、母の日パターンをやってみることにしました。糸はDMCのカラーバリエーション糸の4260番。紫色メインの色だと思ったのですが、ピンクが強いです。コロリ(Cororis)という糸もあるのでいつか使ってみたいと思います。

  • ステッチイデーvol.32より「赤毛のアン」④

    ステッチイデーvol.32に載っていた図案「赤毛のアン」が完成しました!3月下旬からやり始め、間にModern Folk EmbroideryのSALもやっていましたが、1ヶ月以内に完成しました。できあがってみてもやはり「赤毛のアン」のデザインはかわいいです。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)⑦

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、4月分ができました。ずっと刺しゅう枠をしないでやっていましたが、4月分に入ってから刺しづらさを感じていました。そこで、18cmの刺しゅう枠を買ってきました。やはり刺しゅう枠をつけるとやりやすいです。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)⑥

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、4月分に入りました。白抜きの部分をやり始めると夢中になってやってしまいます。図案とにらめっこで結構大変なのですが、だんだんと白抜きの模様が出てくるのが楽しいです。いつか全面白抜きの図案をやってみたいです。

  • ステッチイデーvol.32より「赤毛のアン」③とループメソッド

    ステッチイデーvol.32の特集、モノトーンのステッチの図案より「赤毛のアン」のステッチを始めて約10日です。物語の登場人物、マリラやギルバートをステッチしました。あっちをやったりこっちをやったりしています。最近、ループメソッドという刺し始めの方法を知りました。

  • ステッチイデーvol.32より「赤毛のアン」②

    ステッチイデーvol.32の表紙にもなっている「赤毛のアン」のクロスステッチをしています。まちがえないように確認しながら刺しているつもりですが、まちがえてしまったようです。Anne of Green Gables の文字も入り、刺しゅう糸一束が終わりました。

  • ステッチイデーvol.32より「赤毛のアン」①

    ステッチイデーvol.32の表紙でもある「赤毛のアン」のステッチをすることにしました。手芸デザイナー、イラストレーターの堀内さゆりさんのデザインです。32カウントのリネン、DMCの777番の刺しゅう糸を使っています。物語を思い出しながら楽しんで刺したいと思います。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)⑤

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021の3月分を刺し終わりました。お花の部分を春らしいピンク色にしました。色はDMCの3326番です。新しい色を追加したことで気分転換にもなりました。

  • 折り紙を40枚使って伝承くす玉

    昔からある伝承くす玉を作りました。使った折り紙はセリアのグラデーション折り紙。40枚のユニットを作り、糸を使ってまとめます。4つにまとめたユニットをさらに紐で球体にして作ります。球体にするところが難しかったです。

  • Treasured Friend Teapot(DIMENSIONS)⑥

    昨年末から始めたDIMENSIONSの『Treasured Friend Teapot』のキットがようやく完成しました!途中、バックステッチが大変で嫌になってしまいましたが、なんとか完成してよかったです。かわいいデザインが気に入っています。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)④

    Modern Folk EmbroideryのSAL2021、3月分に入りました。メインの花瓶に入ったお花の紺色の部分を刺し終えました。残りの水色の部分を他の色に変えてアレンジしようか悩み中です。Jacobさんの新しい図案が公開されました。

  • Treasured Friend Teapot(DIMENSIONS)⑤

    DIMENSIONSのTreasured Friend Teapotのキットの続きをやりました。苦手だったバックステッチは一目一目刺さなくても良いことを知ったらバックステッチが少しだけ楽になりました。また足りない色が出てしまったので取り寄せます。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)③

    Modern Folk Embroideryの2021年のSALをやっています。2月分を2月中に終わらせることができました。刺し終わってからハートの部分を薄ピンクにしたらかわいいかなぁ思いました。キレイに切れる糸切り用のハサミ欲しくなりました。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)②

    Modern Folk Embroideryの2021年のSALの進行状況です。Instagramで皆さんの進行状況を見ていますが、色使いに一人一人個性があっておもしろいです。私はまだ図案通りに刺すことで精一杯ですがいつかはオリジナリティが出せるようになりたいです。

  • Modern Folk Embroidery(SAL2021)①

    ステッチイデーvol.32の中で紹介されていたModern Folk EmbroideryのSAL2021に参加することにしました。SALに参加するの初めてです。1ヶ月ごとに図案が公開され1年で完成するようになっています。自分のペースでできるのがいいですね。

  • Tresured Friend Teapot(DIMENSIONS)④

    DIMENSIONSの『Tresured Friend Teapot』のキットをやっています。クロスステッチの部分は終わったのですが、バックステッチがけっこう大変で心が折れそうになります。嫌になる前に、他の作品も並行して始めました。

  • Tresured Friend Teapot(DIMENSIONS)③

    DIMANSIONSの「Tresured Friend Teapot」、バックステッチの部分に入っています。足りなかった色は代替のDMCの糸を探してネットで注文しました。バックステッチはかなり手強いです。でも絵が引き締まるのでもう少しがんばります。

  • 初めてのフレメ刺しゅう(チューリップ)

    まだDIMENSIONSのキットの途中ですが、買ってあったフレメのキットを刺しました。フレメは初めてですが、花糸と言われる刺しゅう糸の色がとてもかわいい色です。小さなキットだったので2日くらいで完成しましたが、麻布が初めてだったので何度も刺し間違えてしまいました。

  • Treasured Friend Teapot (DIMENSIONS) ②

    DIMENSIONSの刺しゅうキット、『Treasured Friend Teapot』をやっています。ずっとハーフクロスステッチの部分をやっていたのですが、クロスステッチの部分も刺し始めました。たまにクロスするのを忘れてしまうことがあります。

  • Treasured Friend Teapot (DIMENSIONS) ①

    クロスステッチのキット、DIMENSIONSのTreasured Friend Teapotを始めました。ハーフステッチが多いキットです。

  • ブックマークの完成と新しいキット(DIMENSIONS)

    ル・ボヌール・デ・ダムのブックマークはなんとか完成しました。キットに入っていた裏布は付けませんでした。新しく購入したキットはアメリカのメーカー、DIMENSIONSのものです。ティーポットのかわいらしいデザインです。

  • ル・ボヌール・デ・ダムの刺繍キット(Les recettes)

    ル・ボヌール・デ・ダムというフランスのメーカーのクロスステッチキットを購入して刺しゅうをしています。できあがるとブックマーク(しおり)になります。細かい目ですがその分きれいに見えます。夢中でやっていると座ったままなので適度に体を動かすようにしています。

  • 折り紙でクリスマスリース:とても時間がかかりました

    クリスマスリースを折り紙で作れないかと思って検索し、YouTubeの動画を参考に作りました。動画とは使った紙の大きさが違います。色もカラフルにしました。とにかく地道に時間のかかる作業で、毎日少しずつ1ヶ月くらいでできました。キレイなリースができました。

  • 無印良品のおりがみ(小)と千代紙セット(小)でくす玉

    無印良品でセール価格で売っていた、おりがみ(小)と千代紙セット(小)を買ってきました。どちらも75mm角の折り紙で日本製です。千代紙の方はしっかりとした和紙で懐かしい紙の匂いがします。これらを使ってくす玉を作りました。濃い色はとくにしっかりとした紙質でした。

  • 『青木和子フランスししゅうキット my sweet garden』

    『青木和子フランスししゅうキット my sweet garden』を購入して作ってみました。できあがるとティーマットになります。ネットでステッチのやり方を検索して刺し方のコツをつかむと楽しくなります。まだまだステッチの練習は必要ですが夢中になって作ることができました。

  • 『はじめてでも組めるくす玉おりがみ』よりダンデライオン

    布施知子さんの『はじめてでも組めるくす玉おりがみ』よりダンデライオンのくす玉を作りました。難易度5なので、フェースの部分が細かくてつまようじを使って紙を開いたりして、一つのユニットを作るのに時間がかかりました。クリスマスカラーのダンデライオンになりました。

  • 初めてのフランス刺しゅう:基本ステッチキットと刺しゅう枠

    以前からやってみたかったフランス刺しゅう、基本ステッチのキットと刺しゅう枠を買って始めてみました。刺しゅう枠は直径10cmの樹脂製のもの。使っている時に布が緩んでくることがあります。ステッチキットはプリントされた図案を刺繍していくので手軽で楽しいです。

  • 『くす玉ユニット折り紙』より「ハーフポケット2」と「千変万化3」

    つがわみおさんの『誰でもかんたんにできるくす玉ユニット折り紙』より2点のくす玉を作りました。この本のくす玉は折り紙の裏面を活かしたくす玉が多く「ハーフポケット2」も裏面の見える割合が多いです。「千変万化3」は最後に花びらの部分を開くと花ができます。

  • 『くす玉ユニット折り紙』より「ノーマル」「リトルフラワー」

    つがわみおさんの『誰でもかんたんにできるくす玉ユニット折り紙』より2点のくす玉を作りました。「ノーマル」基本となるくす玉です。著者によって基本のユニットの折り方が全然違うのでおもしろいです。「リトルフラワー」は最後に花を咲かせるとかわいいくす玉になります。

  • 『はじめてでも組めるくす玉おりがみ』より「白波」と「なでしこ」

    布施知子さんの『はじめてでも組めるくす玉おりがみ』より「白波」と「なでしこ」を作りました。「白波」は紙にカールを付けるくす玉です。カールを付ける作業は面倒でしたが、できあがりの色合いが気に入りました。「なでしこ」はユニット作りも組む時も難しかったです。

  • 5cm角の折り紙で小さなくす玉2点

    くす玉作りでは折り紙を使う枚数が多いので、気に入った色の折り紙はすぐになくなってしまったり、中途半端に余ってしまったりします。15cm角の折り紙を5cm角に切って小さなくす玉を作れば折り紙の節約になるかなと思って、小さなくす玉を作ってみました。

  • 『かならず作れるユニット折り紙』より派生系ユニット2点

    北條敏彰さんの『かならず作れるユニット折り紙』より派生系ユニットのくす玉を2点作りました。24番はとてもシンプルなデザインのくす玉になりました。この24番とほとんど同じ折り方で最後だけ折り方を変えると26番の花が開いたようなくす玉になります。

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、すこんぶさんをフォローしませんか?

ハンドル名
すこんぶさん
ブログタイトル
くるみおれんじ
フォロー
くるみおれんじ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー