プロフィールPROFILE

ごーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
後悔と反省
ブログURL
http://koukaitohansei.seesaa.net/
ブログ紹介文
日々の暮らしの中で、後悔したこと、反省したことをつづります。悔いの多い人生でした……。
更新頻度(1年)

61回 / 204日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2019/04/21

ごーさんのプロフィール
読者になる

ごーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 23,553位 26,033位 25,906位 22,610位 22,562位 22,582位 22,564位 977,694サイト
INポイント 10 10 0 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 10 0 30 10 20 10 90/週
PVポイント 20 50 0 30 20 30 20 170/週
哲学・思想ブログ 520位 536位 530位 510位 517位 517位 517位 13,099サイト
悩み・苦しみ・迷い 7位 7位 7位 7位 7位 8位 8位 408サイト
その他日記ブログ 414位 442位 438位 411位 406位 400位 404位 27,341サイト
愚痴・ぼやき 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 335サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 37,385位 38,204位 32,987位 29,882位 30,831位 30,760位 30,746位 977,694サイト
INポイント 10 10 0 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 10 0 30 10 20 10 90/週
PVポイント 20 50 0 30 20 30 20 170/週
哲学・思想ブログ 579位 587位 513位 459位 487位 483位 490位 13,099サイト
悩み・苦しみ・迷い 9位 10位 9位 7位 8位 8位 9位 408サイト
その他日記ブログ 547位 555位 456位 387位 404位 399位 406位 27,341サイト
愚痴・ぼやき 4位 4位 3位 3位 3位 2位 2位 335サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 15,675位 15,828位 14,493位 13,496位 12,892位 12,728位 11,992位 977,694サイト
INポイント 10 10 0 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 10 0 30 10 20 10 90/週
PVポイント 20 50 0 30 20 30 20 170/週
哲学・思想ブログ 217位 217位 202位 188位 175位 173位 162位 13,099サイト
悩み・苦しみ・迷い 7位 7位 5位 4位 4位 4位 4位 408サイト
その他日記ブログ 249位 256位 226位 212位 200位 193位 176位 27,341サイト
愚痴・ぼやき 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 335サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ごーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ごーさん
ブログタイトル
後悔と反省
更新頻度
61回 / 204日(平均2.1回/週)
読者になる
後悔と反省

ごーさんの新着記事

1件〜30件

  • ブックオフに行ってきた

     ブックオフに行って、十数冊引き取ってもらった。前回行った時には引き取られなかった本に、今回は値段がついたというのは不思議なことである。そして、バーゲン本で安く買ったものにわりといい値段がついて、定価で買ったものはそうでもなかった。  本を処分するのはとてもつらい。昔の私に「家にある本を全部読んでから、新しいのを買いなさい」と言いたい。今回は、まったく読んでいない本も持っていったのである。うう…

  • 高木悠鼓『楽しいお金』

     1991年に出版された本の電子版。1991年といえば、私がお金を以前よりたくさんつかいはじめた頃で、当時はあまり何も考えずに入った分だけつかっていたように思う。あの頃、この本に出会いたかった。

  • マイケル・プロンコ、矢羽野薫 訳『僕、トーキョーの味方です』

     副題に「アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由」とあるが、何も難しいことはなく、若い人が書いた気楽なエッセイといった感じ(著者の年齢を私は知らないが)。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[])…

  • 村上征生『きつね』

    絵・村上征生 文・リース・ダグラス・モートン 日本語文・坪内稔典  左のページに日本語の文と英語の文、右のページに絵。森に暮らす一匹のきつねが描かれている。

  • 首里城

     沖縄には一生縁がないと思っていた。ところが2012年に縁あって、行くことになった。  行き先は那覇で、一泊二日。1日目はホテルの自転車を借りて近所を見て回り、夕方からは那覇在住の人に案内してもらって、居酒屋で飲食。沖縄料理というのを食べたのは、この時がたぶんほとんど初めてのことだったと思う。海ぶどうとか、豆腐ようとか、初めて食べた。そのあと市場見学、おしゃれなバーでもう一杯。  2日目は一人で観…

  • 片岡輝、三輪滋『鬼の面をかぶった娘』

     日照りで作物がとれなかった年に、ある夫婦は一人娘を奉公に出すことにする。奉公先では、少なくとも飢えることはないだろうと考えたからである。奉公先では同僚にちょっとした意地悪をされるのだが、その意地悪が結果としては、娘と娘の故郷の村に喜びをもたらすことになるのだった。

  • 『びっくり世界一 自然のひみつ』

    『びっくり世界一 自然のひみつ』,日々の暮らしの中で、後悔したこと、反省したことをつづります。悔いの多い人生でした……。

  • 今日の後悔と反省

     先月末に、姑のお友達が亡くなった。その人に私が初めて会ったのは、私と夫の結婚式(といっても、役所に届けを出しただけ)のあと、家で小さな集まりをした時。  一緒に美術館に行ったこともあった。お宅を訪問したこともあったし、姑の誕生日には、ここ数年はいらっしゃらなかったけど、その前は毎年来てくれていた。  今日、facebookのメッセンジャーのやりとりを見たら、今年の正月のが最後になっていた。今になっ…

  • バージニア・リー・バートン『ちいさいおうち』

     頑丈に作られた小さなおうち。おうちはずっとそこにあるのに、まわりがどんどん変化して、おうちは居心地悪いような気持ちになる。最後はよい終わり方。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(ar…

  • D・カーネギー『人を動かす 文庫版』

     「この電子書籍は、現行の公式版である『新装版 人を動かす』から主要部分を集約し、本編30章を収録した文庫エッセンシャル版です。」と書かれている。そう言われると、新装版にはもっと大事なことが書かれているのかもしれないと思って、気になってしまうではないか!  書いてあるのは当たり前のことばかりなのだが、その当たり前を実行するのは難しい。  著者の教えもいいけど、有名人の逸話や、著者の講習会に参加…

  • 天皇陛下万歳!

     私が子供だった頃、父が私に冗談で「おまえもがんばれば浩宮様と結婚できるかもしれないぞ」と言った。そんなことありえない、だいたい私なんかがどこでそういうお方とお知り合いになれるというのか、と私は思った。  外国語に興味があったので、将来は外語大に行きたいなあと思っていたのだが(世界史の成績が壊滅的だったのであきらめた)、それを聞いた父は「では、外語大に行って外交官になればいい」と言った。外交官…

  • 日本が弱っていくのを見ている

     昔、両親と一緒に鎌倉へ旅行に行った。駅の近くに外国の民芸品を売るような店があって、刺繍の入った厚手のセーターが売られていた。五千円だった。その頃、厚手のセーターは一枚一万円くらいしていたし、自分で毛糸を買って編んでも一万円近くかかっていたから、とても安いと思った。店のおじさんに「どうしてこんなに安いのですか?」と尋ねると、「ペルーで安く作らせている」という返事だった。  その頃からだろうか、…

  • ゴキちゃん

     私は二十歳過ぎまで、ゴキブリという生き物を見たことがなかった。それは大きくて黒光りしていて、時には空を飛んだりするという。どんなに恐ろしい生き物なのだろうかと、想像するだけで身震いしたものだ。  二十歳過ぎの頃、飲食店でアルバイトをしていた時に、初めてゴキブリを見た。ところがそれは、それまでに想像していたものよりかなり小さくて、あまり恐ろしいとは思えなかった(たぶんチャバネゴキブリというもの…

  • 代わりに死にたかった

     私は最近、「自分が代わりに死にたかった」と思うことが多くなった。それなりに年をとって、自分より若い人の死を見聞きするようになったからか。建設的なのは「死んだ人の分も頑張って生きよう」なんだろうけど、私が頑張って生きようが死んだ人には関係ないもんね。  2015年に、私よりもずっと若い知人が亡くなった。その時、初めて「自分が代わりに死にたかった」と思った。偽善ではなく、心からそう思った。それ以来、…

  • 瞑想

     二年前の春、瞑想についての本を読んだ。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")…

  • 南雲吉則『20歳若く見えるために私が実践している100の習慣』

     以前の記事で書いた母のために買った本だが、ようやく読み終わった(過去記事「南雲式」)。「スポーツしない」「食べない」「飲まない」「考えない」「洗わない」「温めない」「夜更かししない」の全部で7章。  普段の生活にすぐに取り入れられそうなことが書かれていて、参考になった。運動はもともとしていないし、朝食も食べ…

  • 増税前の買い物

     9月中に自転車のタイヤは新しくした。kindle paperwhiteの新しいのがほしいかなあと思ったのだったが(防水だし、前の型より軽いらしい)、今使っているのが壊れたわけでもないので、買わなかった。 ↓これは今使っているpaperwhite。これが壊れたら新しいのを買うかな。

  • 暑さ寒さも彼岸まで

     「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるが、去年までは「確かにそうだなあ。うまい言葉を考えついた人がいるものだ」と感心していた。今年は違う。ここは関東地方、正午の気温30度。まだ暑い。  しかし、tenki.jpの去年の記事を見ると、 「東京都心で真夏日 10月最多に並ぶ」 https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2018/10/07/2330.html というのもあるから、今年が特別というわけではないらしい。  真夏日って…

  • 地球温暖化

     スウェーデンのグレタ・トゥンベリさんという16歳の人が、国連で地球温暖化について演説した。私はこの人ほどいろんなことを調査をしているわけではないけど、賛成できる。経済が果てし無く成長し続けるなんてことはありえないし、人間の活動が地球環境を破壊しているのだと私は思っている。

  • 年長者の話を聞く

     今日は母と一緒に母の実家へ行ってお墓参り。そのあと出前のうな重をごちそうになりながら、いろんな話を聞いた。初めて聞く話もたくさんあった。  たとえば、今日のうなぎは町の鰻屋さんのものだったのだが、祖父は生前、「外食で待たされるのは大嫌いだが、この店のうなぎはいくら待たされてもいいから食べたい」とよく言っていたそうだ。というのも、そのお店は祖父の同級生の家だったから。病気で入院していた祖父は死…

  • トレイダージョーズのエコバッグ

    (2013年の日記から) ーーーーーーーーーーー  今日は美容院に行き、ふだんは見ないような主婦向け雑誌を読んだ。  その雑誌によると、最近、巷ではトレイダージョーズ(アメリカのスーパーマーケット)の買い物袋がはやっているのだという。ふうむ。買い物袋から突き出て、ちょっとかっこ悪い長ネギも、トレイダージョーズの袋に入れるとおしゃれ、みたいなことが書いてあった。  ネギにおしゃれも何もないだろうと…

  • また子供が殺された

     埼玉で小学四年生の男の子の他殺体が発見された。  最近、徒歩や自転車で行ける距離の習い事へ、親や祖母が車で送り迎えしているのを見かけたり、公立小中学校の前に、迎えの車の列ができると聞いたりして、なんだかなあと思っていたのだが、こういう事件があるとそれも仕方のないことなのかなあと考えをあらためた。  ということを昨夜の食卓で発言したのだったが、母は「この事件は身内が怪しいよ」と言った。  …

  • 南雲式

    (過去の日記から)  先週、母がまた入院してしまったので(私は初めて救急車に乗った。救急隊員はてきぱきしてそれでいて優しくて、かっこよかった)、弟が週末に来てくれた。  ところで母は今、南雲吉則医師のファンなので、その人の著書を熱心に読んでいる。その本には二十歳若返る秘訣とやらが書いてある。入院したら暇なので、私がもう一冊買ってきたところ、それを見た弟が、俺も読んだと言う。 私「へえ~、K…

  • 少子化対策

     まだこれから子供を持つ可能性はあるかもしれないなあと思っていた頃、フィンランドの出産準備セットの存在を知ってとても憧れた。赤ちゃんに必要な服(生まれたてから一年まで)と道具、寝具が一つの大きな箱に入っている。大きな箱は赤ちゃん用の簡易ベッドにもなる。  フィンランドではこれから子供(実子でも養子でも)を迎える親たちに、国からこのようなセットが贈られるとのこと。1938年に開始された時は低収入の家…

  • 日本人をやめたい

     外国にいて外から見る日本はとても魅力的だった。普通の人が銃で殺されるとか、強盗殺人とか、まったくないわけではないけれど、頻繁にあるわけではない。春夏秋冬がある。子供同士で連れ立って買い物に行ける。子供が親の同伴なしで電車通学できる。商品が魅力的(特に文房具)、本が安い等々。そして日本語が通じる。  2011年に日本に戻ってきて8年たったが、私が思っていた日本とはだいぶ違うと思うようになった。 …

  • デイヴィッド・イーグルマン、大田直子訳『あなたの知らない脳ー意識は傍観者である』

    「私」が自分で決めていると思っていることでも、実はそうでもないらしい?ということをたくさんの論文や資料をもとに探っていく。  世界の研究室では、いろんな実験が行われているものだと感心する。印象に残ったのは、複数の男性が着用したTシャツを使い、「女性はそのTシャツのわきの下に鼻をうずめ、好みの体臭を選ぶ。」というもの。わー、くさそう! 結果は、「女性たちは自分と似ていないMHCの男性を好んだ。」そう…

  • お金の話

     ある本の出版記念講演会の無料入場券をもらったので、行ってきた。会場がちょっと遠かったので、帰宅したら日付が変わっていた。  著者は話の上手な人で、人気があるのも納得。テレビに出るような人や人気YouTuberも会場に来ていた。この本のための販売促進動画も流された。そこにも有名人が何人も出演していた。こういう人たちは幸せなんだろう、少なくともお金の悩みはなさそうに見える。  翌日、母に「昨日の講演会…

  • 映画『アイズ ワイド シャット』

     有名な映画だけど、初めて見た。1999年の映画。 (function(t,e,i,d){var o=t.getElementById(i),n=t.createElement(e);o.style.height=90;o.style.width=728;o.style.display='inline-block';n.id='ibb-widget',n.setAttribute('src',('https:'===t.location.protocol?'https://':'http://')+d),n.setAttribute('width','728'),n.setAttribute('height','90'),n.setAttr…

  • 病院のひどい話

     N病院S科のひどい話を聞いた。患者はよくなりたくて病院に行くのに、ひどい扱いをしてより悪くするとは、どういうことだ! 話を聞いていて、怒りがわいてきた。  N病院S科は私も2012年に関わりを持ち、ここの看護婦は偉そうだし香水くさいし、最低だな、と思ったのだった。  あれから7年、今でも同じ看護婦がいるとは思えないのだが、あそこの看護婦詰所は悪魔の巣窟か何かなのだろう。  私はN病院のN科で、私と…

  • 映画『トゥルーマン・ショー』

     有名な映画だけど、初めて見た。1998年の作品のわりには、登場人物たちの服装が上品で古風だ。  世界が書き割りだという話は、特に目新しいものでもないのだが、これはさらにひどい世界。こんなことを考えついて映画にしてしまう人たちがいるというのに驚いたが、一方でいろいろと考えさせられる場面も多かった。幸せ、友情、広告……。 (function(t,e,i,d){var o=t…

カテゴリー一覧
商用